>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本電機

工業会  (JEMA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調

査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS C 9335-2-15:1998 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,  IEC 60335-2-15:2002,Household and

similar electrical appliances

−Safety−Part 2-15:Particular requirements for appliances for heating liquids を基礎と

して用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS C 9335-2-15

:0000 には,次に示す附属書がある。

附属書 C(規定)  モータの劣化試験

附属書 1(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表


日本工業規格

JIS

 C

9335-2-15

:2004

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性−

第 2-15 部:液体加熱機器の個別要求事項

Household and similar electrical appliances

−Safety−Part 2-15:

Particular requirements for appliances for heating liquids

序文  この規格は,2002 年に第 5  版として発行された IEC 60335-2-15  (Household and similar electrical

appliances

−Safety−Part 2-15:Particular requirements for appliances for heating liquids)  を翻訳し,技術的内容

を変更して作成した日本工業規格であり,JIS C 9335-1:2003 (家庭用及びこれに類する電気機器の安全性―

第1部:一般要求事項)と併読する規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書 1(参考)に示す。

1.

適用範囲  この規格は,定格電圧が 250 V を超えない家庭用及び類似の目的の液体加熱用電気機器の

安全性について規定する。

備考 101.  幾つかの機器は,食品加熱用に用いることができる。

102.

この規格の適用範囲内にある機器の例は,次による。

−  コーヒメーカ

−  調理なべ(鍋)

−  卵ゆ(茹)で器

−  ほ乳瓶ヒータ

−  定格容量が 10 L を超えない,やかん,その他の機器

−  牛乳沸かし

−  定格調理圧力 140 kPa 以下で,10 L 以下の定格容量をもつ圧力釜

−  スロークッカ

−  蒸し器

−  洗濯用大形ボイラ(煮がま)

−  ヨーグルトメーカ

−  電気がま

−  電気保温ポット

通常,家庭で用いない機器でも,店舗,軽工業及び農場において,一般の人が用いる場合に危険要因と

なる機器も,この規格の適用範囲とする。

備考 103.  上記の機器の例は,次による。

−  水ジャケット(過熱冷却用装置)付きのにかわなべ


−  家畜用飼料ボイラ

−  滅菌装置

この規格では,住宅の中及び周囲で,機器に起因して多くの人が予期せずに出会う共通的な危険性を可

能な限り取り扱う。

備考 104.  この規格の適用に際しては,次のことに注意しなければならない。

−  車両,船舶又は航空機搭載用機器には,要求事項の追加が必要になる場合もある。

−  多くの国においては,厚生関係機関,労働安全所管機関,水道当局その他の当局によっ

て,追加要求事項を規定している。

105.

  この規格は,次の機器には適用しない。

−  フライパン及び深めのフライなべ(JIS C 9335-2-13

−  貯湯式温水器(JIS C 9335-2-21

−  瞬間湯沸かし器(JIS C 9335-2-35

−  液体又は蒸気使用(湿式)表面清掃器具(JIS C 9335-2-54

−  可搬形投げ込みヒータ(JIS C 9335-2-74

−  営業用補給器及び自動販売機(JIS C 9335-2-75

−  医用器具(IEC 60601

−  産業専用器具

−  腐食しやすい,又は爆発性の雰囲気(じんあい,蒸気又はガス)が存在する,特殊な状態

の場所で用いるちゅう(厨)房機器

−  高周波加熱用の器具

−  圧力殺菌装置

106.

圧力容器のための要求事項が,圧力なべには適用されることに留意する必要がある。

備考.  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD(修

正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 60335-2-15

   Household and similar electrical appliances − Safety − Part 2-15 : Particular

requirements for appliances for heating liquids

(MOD)

2.

引用規格  引用規格は,JIS C 9335-1 の 2.による。

3.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 9335-1 の 3.によるほか,次による。ただし,3.1.9

は,この規格による。

3.1.9

通常動作(normal operation)  次の条件下での機器の運転。

3.1.9.101

やかん,湯を沸かすためのその他の器具,コーヒメーカ,牛乳沸かし,調理なべ,スロークッ

カ,ヨーグルトメーカ,洗濯物ボイラ,殺菌装置及びにかわなべは,それらの容器を定格容量の冷水で満

たした状態で運転する。ふたがあれば閉じる。スロークッカの水の量は,定格容量の 50 %を超えて維持す

る。

液体を保温するための熱板面をもつ機器は,容器をつけるか又はつけないか,いずれか不利な方にして

運転する。

3.1.9.102

卵ゆで器及び蒸し器は,取扱説明書で規定される最大量の水で,容器を満たした状態で運転する。


3.1.9.103

ほ乳瓶ヒータは,質量 190 g∼200 g で,容積がほぼ 225 ml をもつ耐熱ガラス製のほ乳瓶(円形か

六角形)とともに運転する。ただし,特殊なほ乳瓶が指定されている場合には,そのほ乳瓶を用いる。ほ乳

瓶には,定格容量か又は 200 ml のいずれか少ない方の容量の水を入れ,ほ乳瓶ヒータの中に置く。ヒータ

は,取扱説明書中に規定されたレベルか,又は取扱説明書がない場合には,最高レベルまで水を満たす。

3.1.9.104

家畜用飼料ボイラは,容器に定格容量の

2

1

の水を入れ,ふたを閉じた状態で運転する。

3.1.9.105

電気がまを除く圧力なべは,取扱説明書に従って運転するが,容器には深さ 25 mm まで水を入

れる。

3.101

定格容量  (rated capacity)    製造業者によって,機器に指定された容量。

3.102

定格調理圧力  (rated cooking pressure)    製造業者によって,機器に指定された圧力。

3.103

エスプレッソコーヒメーカ  (espresso coffee-maker)    その中で水を加熱し,蒸気圧又はポンプによ

って,コーヒ粉を通過させるコーヒメーカ。

備考  エスプレッソコーヒメーカは,蒸気又は温水を供給するアウトレットをもっていてもよい。

3.104

ほ乳瓶ヒータ  (feeding bottle beater)    ほ乳瓶中の準備された乳児用食品を,あらかじめ規定した温

度まで温める機器。熱は水によって伝達される。

3.105

圧力調整装置  (pressure regulator)    通常の使用中に,特別な値に圧力を維持する制御装置。

3.106

圧力緩和装置  (pressure relief device)    異常運転状態のもとで圧力を制限する制御装置。

3.107

コードレスやかん  (cordless kettle)    電熱素子を組み込んでおり,その関連するスタンド上に置か

れたときだけ電源に接続されるやかん。

3.108

蒸し器  (steam cooker)    食品が,大気圧において発生した蒸気によって加熱される機器。

3.201

電気がま  (rice cooker)   電熱を利用し,主として米飯を自動的に炊き上げる器具。保温できる機能

をもつものも含む。

3.202

電気保温ポット  (electric thermal insulation pot)  電熱を利用し,発熱体と容器を一体にした,湯を

沸かし自動的に保温機能へ移行する器具。

4.

一般要求事項  一般要求事項は,JIS C 9335-1 の 4.による。

5.

試験のための一般条件  試験のための一般条件は,JIS C 9335-1 の 5.による。ただし,5.2 及び 5.3 は,

この規格による。

5.2

JIS C 9335-1

の 5.2 によるほか,次による。

備考 101. 15.101 の試験を行う場合,3 個の追加サンプルが必要となる。

5.3

JIS C 9335-1

の 5.3 によるほか,次による。

19.101

の試験は,ほかの試験後,行う。

6.

分類  分類は,JIS C 9335-1 の 6.による。ただし,6.2 は,この規格による。

6.2

JIS C 9335-1

の 6.2 によるほか,次による。

洗濯用大形ボイラ及び家畜用飼料ボイラは,IPX3 以上でなければならない。

7.

表示及び取扱説明  表示及び取扱説明は,JIS C 9335-1 の 7.による。ただし,7.1 及び 7.12 は,この規

格による。


7.1

JIS C 9335-1

の 7.1 によるほか,次による。

清掃のために,一部分水中に浸せきする機器は,最高浸せきレベル及び次の内容を表示しなければなら

ない。

このレベルよりも上に浸せきしてはならない。

やかん及び電気保温ポットには,定格容量まで給水されたことを表示する水位マーク及びほかの手段が

付いていなければならない。ただし,定格容量以上に給水できないか,又は一杯に給水したときに,15.2

の試験に耐えられる場合は,この限りでない。やかん及び電気保温ポットを給水位置にしているとき,こ

の表示が見えなければならない。この水位マークが自明でない場合,やかん及び電気保温ポットの外側に

このマークについての言及が付いていなければならない。これは,やかん及び電気保温ポットが,通常使

用位置にあるとき,見えるものでなければならない。

圧力なべのふたの閉止位置が明白でない場合,この位置は機器の上に表示されなければならない。

コードレスやかんの附属のスタンドには,次の事項を表示しなければならない。

−  製造業者若しくは責任をもつ販売者の名称,商標又は識別マーク。

−  モデル又はタイプ。

7.12  JIS C 9335-1

の 7.12 によるほか,次による。

機器用インレットを組み込んでおり,清掃のために,部分的又は完全に浸せきされる機器の取扱説明書

は,機器を清掃する前にそのコネクタを外さなければならない旨,及び機器用インレットは,機器を再度

用いる前に乾燥しなければならない旨を記載しなければならない。

自動温度調節器を組み込んでいるコネクタとともに用いる機器のための取扱説明書には,該当するコネ

クタだけを用いなければならない旨を記載しなければならない。

やかん及び電気保温ポットは,熱湯が飛び出して危険が発生するおそれがないような構造である場合を

除き,取扱説明書には,やかん及び電気保温ポットに水を入れすぎた場合,熱湯が飛び出すことがある旨

を記載しなければならない。

ハンドル(取っ手)より下に位置するふたの開口部から給水するやかん及び電気保温ポットの取扱説明書

には,次の警告の内容を記載しなければならない。

警告:蒸気がハンドルにかからないように,ふたの位置を決めなければならない。”

備考 101.  蒸気がハンドルにかからないようにふたを閉めることができる場合,この警告は必要

ない。

警告:水が沸とうしている間は,ふたを外してはならない。”

コードレスやかんのための取扱説明書には,やかんが附属のスタンドだけを用いるべき旨を記載しなけ

ればならない。

やかん及び電気保温ポット又はコードレスやかんのスタンドが,やかんのハンドル(取っ手)を握ること

によって,一緒にもち上げることができる場合,取扱説明書には次の注意を記載しなければならない。

注意:やかんをスタンドから取り去る前に,スイッチが切れていることを確かめなければならない。”

ほ乳瓶ヒータのための取扱説明書は,次の内容を記載しなければならない。

−  食品は,あまり長く加熱してはならない旨。

−  正しい食品温度を超えていないかどうかを点検する方法。

通常,使用後清掃され,清掃のために水中に浸せきしない機器の取扱説明書には,機器を浸せきしては

ならない旨を記載しなければならない。

備考 102.  この要求事項は,通常,コーヒメーカ,牛乳沸かし,圧力なべ,調理なべ,スロークッカ,


蒸し器及びヨーグルトメーカに適用される。

圧力なべの取扱説明書には,蒸気を逃すための圧力調整装置中のダクトは,閉そく(塞)されていないこ

とを確認するために,定期的に点検しなければならない旨を記載しなければならない。また,その容器を

安全にあける方法の詳細を示し,圧力が十分に減少するまで,容器をあけてはならない旨を記載しなけれ

ばならない。

卵切り器装置が付いている卵ゆで器の取扱説明書は,次の内容を記載しなければならない。

注意:卵切り器による,けがに注意しなければならない。”

8.

充電部への接近に対する保護  充電部への接近に対する保護は,JIS C 9335-1 の 8.による。ただし,

8.1.2

は,この規格による。

8.1.2

JIS C 9335-1

の 8.1.2 によるほか,次による。

備考  コードレスやかんのスタンドの接続装置は,コンセントとは考えない。

9.

モータ駆動機器の始動  JIS C 9335-1 の 9.は,この規格では適用しない。

10.

入力及び電流  入力及び電流は,JIS C 9335-1 の 10.による。

11.

温度上昇  温度上昇は,JIS C 9335-1 の 11.による。ただし,11.211.411.611.7 及び 11.8 は,この

規格による。

11.2  JIS C 9335-1

の 11.2 によるほか,次による。

可搬形機器は,試験枠の壁から離して試験する。

11.4  JIS C 9335-1

の 11.4 によるほか,次による。

モータ,トランス又は電子回路を組み込んでいる機器で,温度上昇限度値を超える場合,また,入力が

定格入力より低い場合は,機器に定格電圧の 1.06 倍で給電して試験を繰り返す。

11.6  JIS C 9335-1

の 11.6 によるほか,次による。

複合機器は,加熱機器として試験する。

11.7  JIS C 9335-1

の 11.7 を,次のように置き換える。

機器は,11.7.10111.7.105 に規定された期間,運転する。

11.7.101

  温度制限器を組み込んでいるやかん(湯沸かし)に対しては,温度制限器は,動作した後 1 分経過

後,又は,その後できるだけ早く復帰させる。試験は,温度制限器が 2 回目に作動した後に終了する。

自動温度調節器を組み込んでいるやかんに対しては,試験は,水が温度 95 ℃に達してから 15 分後に終

了する。その他の湯沸かしに対しては,試験は,水が 95 ℃に達してから 5 分後に終了する。

11.7.102

  やかん以外の水を沸とうさせるためのその他の機器,卵ゆで器,牛乳沸かし,ほ乳瓶ヒータ,調

理なべ,洗濯物ボイラ,家畜用飼料ボイラ,殺菌装置及びにかわなべに対しては,試験は,次の場合に終

了する。

−  温度制御装置がない機器に対しては,容器中の水が 95 ℃,又はこの温度より低い場合は,それが達す

る最高温度に達してから 15 分後。

−  温度制御装置をもつ可搬形機器に対しては,温度制御装置が最初に作動してから 15 分後。

−  温度制御装置の付いた固定形機器に対しては,その温度制御装置が最初に作動してから 30 分後。

−  連続音響信号,又は 5 秒未満の間隔で繰り返される音響信号が鳴ってから 1 分後。


−  卵を保温する装置の付いた卵ゆで器及び液体を保温するための加熱面をもつ機器は,定常状態になる

まで。

11.7.103

  スロークッカ,ヨーグルトメーカ及び蒸し器は,定常状態になるまで運転する。スロークッカは,

取扱説明書に記載されている場合,乾燥状態で予熱される。

11.7.104

  エスプレッソコーヒメーカは,取扱説明書に従って運転する。コーヒフィルタに,指定最大量の

コーヒを入れるための指示されたタイプの最大量の新鮮なコーヒを入れる。抽出時間の後に,1 分間又は

取扱説明書に記載された休止期間が長い場合,その期間の休止時間をとる。水容器は,休止時間中に再び

給水する。

蒸気又は温水を供給するためのアウトレットをもつエスプレッソコーヒメーカに対しては,各休止時間

の前,コーヒ抽出時間の直後に,蒸気又はお湯の取扱説明書中に示された時間,供給を続ける。

備考  蒸気は,冷水容器中に吹き込まれる。

エスプレッソコーヒメーカは,定常状態が確立されるまで運転する。

その他のコーヒメーカは,取扱説明書に従って,最大量のコーヒを作るのに必要な時間運転する。それ

から,できる限り早くコンテナに給水し,コーヒメーカを再び運転する。

この手順を,定常状態になるまで繰り返す。

11.7.105

  電気がまを除く圧力なべは,最高調理圧力に達した後に 15 分間運転する。

11.8  JIS C 9335-1

の 11.8 によるほか,次による。

機器用コネクタが,自動温度調節器を組み込んでいる場合,インレットのピンのための温度上昇限度値

は,適用しない。

モータ,トランス及びそれらによって直接影響を受ける部分を含む電子回路の構成部品の温度上昇限度

値は,その機器が定格入力の 1.15 倍で運転されるとき,超過してもよい。

12.

(規定なし)

13.

動作温度での漏えい電流及び耐電圧  動作温度での漏えい電流及び耐電圧は,JIS C 9335-1 の 13.によ

る。

14.

過渡過電圧  過渡過電圧は,JIS C 9335-1 の 14.による。

15.

耐湿性  耐湿性は,JIS C 9335-1 の 15.によるほか,次による。ただし,15.2 は,この規格による。

15.2  JIS C 9335-1

の 15.2 によるほか,次による。

試験は,機器用コネクタを正しい位置に置いたときに限り実施できる。

疑義がある場合,こぼし試験は,機器を 5 °以下の角度で,通常の使用位置から傾けて実施する。

口を通して給水するやかんは,

口を最も高くして,水平面に対して 20 °の角度の傾斜面でも試験をする。

やかんに,食塩含有率が約 1 %の水を,表示が給水位置から見える場合は最高水位まで,そうでない場合

は水がやかんからあふれるまで入れる。その後,やかんの定格容量の 15 %の量をできるだけ早く追加して

入れる。

コードレスやかんについては,やかんを水平面上に置いた試験を行うが,やかんをスタンドの上に置い

た状態,また置かない状態で両方行う。口を通して給水するやかんの追加試験は,コードレスやかんをス

タンドから外した状態だけで行うが,16.3 の耐電圧試験を行うときは,やかんをスタンドに戻す。


15.101

清掃のために,部分的又は完全に水中に浸せきされる機器は,浸せきの影響を受けないように十

分な保護をもたなければならない。

適否は,次の試験によって判定する。この試験は,3 個の追加機器について行う。

機器は,自動温度調節器が最初に作動するまで,定格入力の 1.15 倍の入力で通常動作状態で運転する。

自動温度調節器がない機器は,定常状態が確立されるまで運転する。

機器は電源から外し,機器のコネクタを引き抜く。機器は,直ちに 10 ℃∼25 ℃の NaCl を約 1 %含む水

に全部浸せきする。ただし,それらが最高浸せきレベルを表示している場合には,このレベルより 50 mm

深く浸せきする。

1

時間後,機器を塩水から取り出し,乾燥し,16.2 の漏えい電流試験にかける。

備考  機器用インレットのピンの回りの絶縁から湿気を完全にとるよう注意する。

この試験は更に 4 回実施し,その後,機器は,

表 に規定された電圧で,16.3 の耐電圧試験に耐えなけ

ればならない。

5

回目の浸せきの後,最高の漏えい電流をもつ機器を分解し,沿面距離及び空間距離が,29.の値以下に

減少するおそれがある絶縁上の水のこん跡がないことを,検査によって確認しなければならない。

残りの 2 個の機器を,定格入力の 1.15 倍で,240 時間通常動作状態で運転する。この期間の後,機器を

電源から切り離し,再び 1 時間浸せきする。機器を乾燥し,

表 に規定された電圧で,16.3 の耐電圧試験

にかける。

検査で,沿面距離及び空間距離が,29.の値以下に減少するおそれがある絶縁上の水のこん跡がないこと

を確認しなければならない。

15.102

コードレスやかんのスタンドの接続装置は,それらの接続装置が,水による影響を受けないよう

な構造でなければならない。

適否は,次の試験によって判定する。

スタンドを水平面上に置き,食塩含有率が約 1 %の水 30 ml を,高さ 200 mm から接続装置に注ぐ。溶

液は,2 秒間にわたり,内径 8 mm の管を通して定常的に注ぐ。

それから,スタンドは,16.3 の耐電圧試験に耐えなければならない。しかし,強化絶縁に対する電圧は,

2 500 V

に低減する。

15.201

容器を着脱できるものにあっては,容器を取り外した状態で,水の影響を受けないようになって

いなければならない。

適否は,次の試験によって判定する。

容器を取り外した状態で,その部分に水を次の方法で 100 ml 注ぐ。

電気がまを水平に置き.

図 に示す装置によって電気がまの中心に注水する。この場合において,試験

は,器体が冷えている状態で行う。


図 1  注水試験

上記処理を行った直後に,機器は,16.3 に規定した耐電圧試験に耐え,かつ,沿面距離及び空間距離が,

29.

に規定した値を確保できなくなるおそれがある絶縁部分には,目視検査によって水が入った形跡があっ

てはならない。

16.

漏えい電流及び耐電圧  漏えい電流及び耐電圧は,JIS C 9335-1 の 16.による。

17.

変圧器及びその関連回路の過負荷保護  変圧器及びその関連回路の過負荷保護は,JIS C 9335-1 の 17.

による。

18.

耐久性  JIS C 9335-1 の 18.は,この規格では適用しない。

19. 

異常運転  異常運転は,JIS C 9335-1 の 19.によるほか,次による。ただし,19.119.419.7 及び 19.13

は,この規格による。

19.1  JIS C 9335-1

の 19.1 によるほか,次による。

やかんには,19.2 の試験を行わない。

やかんはまた,19.4 に適合するために使用者によってセットしなおすことができない非自己復帰形温度

過昇防止装置を組み込んだ機器を除き,19.101 の試験にもかける。

19.101

への適合を自己復帰形温度過昇防止装置の動作に頼っているやかんは,

19.102

の試験にもかける。

19.2  JIS C 9335-1

の 19.2 によるほか,次による。

機器は,試験枠の壁に可能な限り近づけて配置する。それらは,ふたをあけるか又は閉じるかの状態の

うち,いずれかより不利な方の状態にして,空のままの状態で試験する。

19.3

  JIS C 9335-1 の 19.3 によるほか,次による。

やかん及び電気保温ポットは,空にして,定格入力 1.15 倍で運転する。

やかん及び電気保温ポットに,電熱素子をカバーするのに十分な水を入れても試験する。容器内部に電

熱素子が配置されていない場合は,10 mm の深さまで水を入れる。ふたは,あけるか又は閉じるか,いず

れかより不利な状態とする。

19.4  JIS C 9335-1

の 19.4 によるほか,次による。

圧力なべの圧力調整装置は,各保護装置とともに,順番に運転できないようにする。


10 

19.7  JIS C 9335-1

の 19.7 によるほか,次による。

ポンプを組み込んだエスプレッソコーヒメーカは,5 分間運転する。

圧力なべの圧力緩和装置は,19.4 の試験中に,圧力が 350 kPa に達する前に作動しなければならない。

19.13  JIS C 9335-1

の 19.13 によるほか,次による。

19.101

やかんは,厚さ約 20 mm のベニヤ板の上に置く。19.4 の試験中に動作する温度過昇防止装置は短

絡し,やかんは,定格入力の 0.85 倍か又は 1.15 倍のうち,いずれか不利な方で空で運転する。

試験中,炎はやかんのエンクロージャ内にあり,支持面に着火してはならない。

試験後,充電部に可触できてはならない。

備考 1.  やかんが 2 個以上の 19.4 の試験中に動作する温度過昇防止装置を組み込んでいる場合,

それらを順次短絡する。

2. 

19.13

は,適用しない。

19.102

自己復帰形温度過昇防止装置を二つ組み込んでいるやかんは,一方の温度過昇防止装置を短絡し

て運転する。やかんは,定格入力の 0.85 倍か又は 1.15 倍のうち,いずれか不利な方で空で運転する。

もう一方の温度過昇防止装置が動作して 2 秒以内に,やかんを 15 ℃±5 ℃の温度の水で満たす。

1

分後,

やかんを空にする。

試験は,100 回行う。

備考

19.13

は,適用する。

19.103  着脱できる液体容器をもつ機器に対しては,その液体容器が不適切な位置に置かれた場合,一つ

の容器から別の容器までの自動移動によって電気的危険が生じてはならない。

適否は,その受容器を不適正に配置するか,取り外して機器を組み立てることによって判定する。排水

用パイプは,より不利になる場合,不適正に配置する。機器は,11.に規定するように運転するが,ただ1

サイクルだけとする。

機器は,16.3 の耐電圧試験に耐えなければならない。検査によって,沿面距離及び空間距離が,29.に規

定する限度値以下に減少するおそれがある水のこん(痕)跡がないことを確認しなければならない。

20.

安定性及び機械的危険  安定性及び機械的危険は,JIS C 9335-1 の 20.による。

21.

機械的強度  機械的強度は,JIS C 9335-1 の 21.によるほか,次による。

備考  ガラス部分の破壊は,8.1 及び 15.101 との適合が阻害されない場合は,無視する。

22.

構造  構造は,JIS C 9335-1 の 22.によるほか,次による。ただし,22.6 及び 22.7 は,この規格による。

22.6  JIS C 9335-1

の 22.6 によるほか,次による。

排水孔(ドレン孔)は,直径 5 mm 以上か又は面積 20 mm

2

以上(幅 3 mm 以上)でなければならない。

適否は,測定によって判定する。

22.7  JIS C 9335-1

の 22.7 によるほか,次による。

エスプレッソコーヒメーカは,定格容量まで水を満たし,定格入力で運転するが,コーヒフィルタは閉

そくし,蒸気の供給用のバルブは閉じる。到達した最大圧力を測定し,機器は,5 分間この圧力の 2 倍の

圧力をかける。

エスプレッソコーヒメーカは,破裂してはならず,自己復帰形の圧力緩和装置を通す以外の漏れがあっ

てはならない。また,機器は,その後の使用に適していなければならない。


11 

圧力を制限する制御装置は作動しないようにし,その機器は,最高圧力を決定するために,記述どおり

に再度運転する。

機器は,爆発してはならず,また,危険な蒸気の噴出があってはならない。もし,意図的に弱くした部

分が破裂する場合は,試験は,2 台目の機器で繰り返し,同一のモードで終了しなければならない。

備考 101.  過圧力は,外部の圧力源から供給してもよい。エスプレッソコーヒメーカが,コーヒを入れ

るための通常の温度になっているよう注意する。

102.

蒸気バルブが蒸気発生開始用スイッチに連結している場合,この連結部は最大圧力を測定し

ている間,乱してはならない。

103.

爆発による危険を回避するために,十分な安全措置を取らなければならない。

圧力を制限する制御装置は動作しないようにし,その機器は,最高圧力を決定するために,記述どおり

に再度運転する。機器は,爆発してはならず,また,危険な蒸気の噴出があってはならない。もし,意図

的に弱くした部分が破裂する場合,試験は,2 台目の機器で繰り返し,同一のモードで終了しなければな

らない

圧力なべのすべての圧力調整装置及び圧力緩和装置は作動しないようにし,ふたを閉じる。圧力

は,定格調理圧力の 6 倍まで,徐々に水圧によって増大する。容器は,破裂してはならない。

22.101

やかん及び電気保温ポットは,ふたが,水を注ぎ出すときに離れて落ちないような構造でなけれ

ばならない。

適否は,次の試験によって判定する。

やかん及び電気保温ポットに,その定格容量まで水を入れ,そのふたを取扱説明書に従って閉じる。や

かん及び電気保温ポットは,定格電圧で給電され,水が沸とう(騰)するまで運転する。水の約 90 %が,

通常のやり方でやかん及び電気保温ポットから注ぎ出される。ふたは,落下してはならず,水は口からだ

け放出されなければならない。

22.102

やかん及び電気保温ポットは,通常使用で用いるとき,使用者を危険にさらすおそれがある突然

の蒸気か又は熱湯の噴出がないような構造でなければならない。

備考  通常使用とは,ふたの位置及びハンドルをつかむときに使用者の手と思われる位置に関する取

扱説明書を考慮したものである。

適否は,11.の試験中の検査によって,判定する。

22.103

コードレスやかんの機器用カプラは,通常の使用中に発生する応力に耐えるような構造でなけれ

ばならない。

適否は,次の試験によって判定する。

やかんの 2 個の充電したピンは共通接続し,外部抵抗負荷を電源と直列に接続する。やかんに定格電圧

で供給するとき,定格電流の 1.1 倍の電流となるような外部負荷とする。

やかんは,そのスタンド上に配置し,約 10 回/分の速度で 10 000 回引き外す。試験は,電流を流さずに,

更に 10 000 回続ける。

試験後,やかんは,その後の使用に適さなければならない。また,試験後,8.116.327.5 及び 29.1 

の適否は,阻害されてはならない。

試験は,接触接点が負荷時に入・切することができない場合,電流を流さずに実施する。

22.104

  転倒するおそれがある 3 L より大きい定格容量をもつ,水を沸とうさせる可搬形機器は,放出速

度が制限されるような構造でなければならない。

適否は,次の試験によって判定するが,機器には,コードセット付のインレットを取り付ける。

機器は,取扱説明書にしたがって,ふたを閉じた状態で,その定格容量まで水を満たす。機器は,任意


12 

の通常の使用姿勢で水平面上に配置するが,最も不利な結果を生じるように位置に配置する。

その平面は,ゆっくりと角度 25 °まで傾斜する。機器が転倒した場合,この位置に 10 秒間放置し,そ

れから,その通常の位置まで戻す。水の残存量を測定する。水の放出速度は,次の式によって求める。

t

C

C

D

2

1

60

ここに,D  :液体の放出速度(L/min)

  C

1

:定格容量(L)

  C

2

:液体の残存量(L)

  t

:放出時間(秒)。これは,機器が転倒したときから測定する。

放出速度は,16 L/分を超えてはならない。

備考  傾いた平面での機器の滑りを防止するために,適切な手段を用いてもよい。

22.105

水を沸とうさせるための固定機器は,

容器が直径 5 mm 以上又は面積 20 mm

2

以上(幅は 3 mm 以上)

の開口部を通して,常に大気中にあいているような構造でなければならない。開口部孔は,通常の使用状

態で,ふさがれるおそれがない位置になければならない。

機器が,蒸気又は水のオーバフロー(あふれ)を放出するための装置をもつ場合は,放出用開口部孔は,

機器の底部にあり,下向きに垂直に放出しなければならない。

適否は,検査及び測定によって判定する。

22.106

エスプレッソコーヒメーカは,容器内に危険な圧力が残っている間,簡単な操作でコーヒフィル

タを取り外せないような構造でなければならない。

適否は,検査によって判定する。

備考  この要求事項は,コーヒフィルタを 30 °以上の角度を回転した後に外すことができる場合

は,適合していると考える。

22.107

  圧力がまは,過度の圧力又は温度を抑制する非自己復帰形圧力緩和装置を組み込んでないければ

ならない。

適否は,目視検査によって判定する。

22.108

圧力なべは,容器中の圧力が過度である間は,ふたを外すことができないような構造でなければ

ならない。ふたを危険なしに外すことができるような値にまで,容器内の圧力を解放するための手段を,

組み込まなければならない。

適否は,次の試験によって判定する。

圧力なべは,圧力調整装置が最初に作動するまで,11.に規定するように運転する。

それから,圧力なべは電源から遮断し,容器内の圧力を 4 kPa になるまで減らす。100 N の力が,ふた,

又はハンドル(取っ手)を握ることができる最も不利な点に加えられる。ふたを外すことが可能であっては

ならない。

それから,内圧は 100 N の力を保持しながら,更に徐々に低減する。ふたを外したとき,ふたの危険な

変位があってはならない。

この試験は,圧力なべについては,ふたを外す前に容器内の圧力を制御したやり方で,自動的に低減し

ていることを保証するねじ締め器具,その他の装置によってふたを固定している場合には行わない。

22.109

ほ乳瓶ヒータは,加熱時間が完了したことを示すための可視信号又は可聴信号を放たなければな

らない。

適否は,11.の試験中の検査によって判定する。


13 

23.

内部配線  内部配線は,JIS C 9335-1 の 23.による。

24.

部品  部品は,JIS C 9335-1 の 24.によるほか,次による。ただし,24.1.324.1.424.1.5 及び 24.4 は,

この規格による。

24.1.3

  JIS C 9335-1

の 24.1.3 によるほか,次による。

エスプレッソコーヒメーカ中に組み込まれ,抽出又は蒸気吐出しを開始するためのスイッチは,10 000

サイクル動作の試験を行う。

24.1.4

  JIS C 9335-1

の 24.1.4 によるほか,次による。

19.101

の試験に適合するのに要求される自己復帰形温度過昇防止装置は,

3 000

サイクル動作の試験を行

う。

24.1.5

  JIS C 9335-1

の 24.1.5 によるほか,次による。

自動温度調節器,温度過昇防止装置,又はヒューズをコネクタ中に組み込んでいる機器用カプラには,

次を除いて,IEC 60320-1 を適用する。

−  コネクタのアース接点は接触できてもよい。ただし,この接点がコネクタを挿入又は引き抜くとき

に,握られるおそれがないときに限る。

−  18.の試験のために要求される温度は,この規格の 11.の温度上昇試験中に機器用インレットのピン

について測定した温度である。

−  19.の遮断容量試験は,機器のインレットを用いて実施する。

−  21.の中で規定される通電部分の温度上昇は,測定しない。

備考 101.  温度制限装置は,IEC 60320-1 の温度シートに適合するコネクタでは認められない。

24.4

JIS C 9335-1

の 24.4 によるほか,次による。

備考  この要求事項は,やかんとコードレスやかんのスタンドとの間の接続には適用しない。

24.101

  19.4

に適合するために,やかん以外の機器に組み込まれる温度過昇装置は,非自己復帰形でなけ

ればならない。しかし,固定形湯沸かし器に対しては,10 000 サイクル動作試験を実施している場合に,

自己復帰形温度過昇防止装置を用いることができる。

適否は,目視検査及び 19.4 の試験中に判定する。

25.

電源接続及び外部可とうコード  電源接続及び外部可とうコードは,JIS C 9335-1 の 25.による。ただ

し,25.125.525.725.8 及び 25.22 は,この規格による。

25.1

  JIS C 9335-1

の 25.1 によるほか,次による。

IEC 60320

において標準化された機器用インレット以外の機器用インレットを組み込んでいる機器は,

コードセットによって給電しなければならない。

25.5

  JIS C 9335-1

の 25.5 によるほか,次による。

Z

形取付けは,卵ゆで器,ほ乳瓶ヒータ,蒸気殺菌装置,ヨーグルトメーカ及びコードレスやかんのス

タンドに対して,許容する。

25.7

  JIS C 9335-1

の 25.7 によるほか,次による。

家畜用飼育ボイラの電源コードは,ポリクロロプレン被覆していなければならない。

25.8

  JIS C 9335-1

の 25.8 によるほか,次による。

定格電流 10 A 以下の可搬形機器は,長さが 2 m 未満である場合,公称断面積の 0.75 mm

2

の電源コード


14 

を組み込んでもよい。

25.22

  JIS C 9335-1

の 25.22 によるほか,次による。

電源コードに過度の張力が加わった場合,やけどなどの傷害に特につながるおそれがある機器にあって

は,マグネット式プラグを用いてもよい。

25.101

やかん及び電気保温ポット用電源コード(ら旋状に置かれたものは除く。)は,75 cm より長くては

ならない。ただし,マグネットプラグを用いた機器は,この限りではない。

適否は,測定によって判定する。

コードレスやかんが,コード巻込み装置をもつ場合,そのコードの長さは,できる限り多くのコードを

巻き込んだ後に測定する。

備考  コードの長さは,プラグとコード又はコードガードが機器に入る点との間で測定する。

26.

外部導体用端子  外部導体用端子は,JIS C 9335-1 の 26.による。

27.

接地接続の手段  接地接続の手段は,JIS C 9335-1 の 27.による。

28.

ねじ及び接続  ねじ及び接続は,JIS C 9335-1 の 28.による。

29. 

空間距離,沿面距離及び固体絶縁  空間距離,沿面距離及び固体絶縁は,JIS C 9335-1 の 29.による。

ただし,29.2 は,この規格による。

29.2

  JIS C 9335-1

の 29.2 によるほか,次による。

マイクロ環境は,もし,絶縁が機器の通常使用中に生成された蒸気からの結露によって汚染されるかも

しれない場合,汚染度 3 である。

30.

耐熱性及び耐火性  耐熱性及び耐火性は,JIS C 9335-1 の 30.による。ただし,30.1 及び 30.2 は,この

規格による。

30.1

  JIS C 9335-1

の 30.1 によるほか,次による。

コーヒメーカ,卵ゆで器,蒸し器及びやかんについては,19.419.5 及び 19.101 の試験中に発生する温

度上昇は考慮しない。

30.2

  JIS C 9335-1

の 30.2 によるほか,次による。

水蒸留器並びに液体及び食品を,ある特定の温度に維持する機器に対しては,30.2.3 を適用する。

その他の機器に対しては,30.2.2 を適用する。

31.

耐腐食性  耐腐食性は,JIS C 9335-1 の 31.による。

32.

放射線,毒性その他これに類する危険性  放射線,毒性その他これに類する危険性は,JIS C 9335-1

の 32.による。


15 

附属書

JIS C 9335-1

附属書による。ただし,附属書 は,この規格による。


16 

附属書 C(規定)  モータの劣化試験

JIS C 9335-1

附属書 によるほか,次による。

附属書 表 の の値は,2 000 である。


17 

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS C 9335-2-15:2003

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性

第 2-15 部:液体加熱機器の個別要求事項

IEC 60335-2-15:2002 Household and similar electrical appliances-Safety-

Part2-15:Paticular requirements for appliances for heating liquids

(I)JIS

の規定

(

Ⅱ)国際規

格番号

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

項目番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

1.

適用範囲

定格電圧が 250 V 以下の家庭
用液体加熱機器の安全性

IEC 60335-

2-15 

1. JIS

に同じ。

ただし,電気がま及び

電気保温ポットを追
加。

MOD/

追加

JIS

では,日本で用いられている

電気がま及び電気保温ポットを

定義に追加し,適用を明確にし
た。

2.

引用規格

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

2. JIS

に同じ。 IDT

3.

定義

各製品の通常動作,製品の定
義 
3.1.9.105 
電気がまを除く圧力がまは,
取扱説明書に従って運転す
るが,容器には深さ 25 mm ま
で水を入れる。3.201 
電気がま(rice cooker) 電熱を
利用し,主として米飯を自動
的に炊き上げる器具。保温で
きる機能をもつものも含む。
3.202 
電気保温ポット(electric  
thermal insulation pot)

電熱を

利用し,発熱体と容器を一体
にした,湯を沸かし自動的に
保温機能へ移行する器具。

IEC 60335-

2-15 

3. 3.1.9.105

圧力がまは,取扱説明
書に従って運転する
が , 容 器 に は 深 さ

25 mm

まで水を入れ

る。

電気がま及び電気保
温ポットの定義なし。

MOD/

変更

・追加

JIS

は,IEC 規格で考慮されて

いない電気がま,電気保温ポッ
トを定義し,圧力がまの通常動
作条件から電気がまを除いた。

なお,電気保温ポットとやかん
との区別としては,電気保温ポ
ットは,使用中に人が離れても

よい器具であるとした。

電気がま,電気保温ポットの扱

いを明確化。


18 

JIS C 9335-2-15:2003

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性

第 2-15 部:液体加熱機器の個別要求事項

IEC 60335-2-15:2002 Household and similar electrical appliances-Safety-

Part2-15:Paticular requirements for appliances for heating liquids

(I)JIS

の規定

(

Ⅱ)国際規

格番号

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

項目番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

4.

一般要求事

安全の原則

IEC 60335-

2-15 

4. JIS

に同じ。 IDT

5.

試験のため

の一般条件

サンプル数,試験の順序など

IEC 60335-

2-15 

5. JIS

に同じ。 IDT

6.

分類

洗濯用ボイラ及び家畜用飼
料ボイラは,IPX3以上

IEC 60335-

2-15 

6. JIS

に同じ。 IDT

7.

表示及び取

扱説明

定格容量に対する水位マー

ク 
コードレスやかんにスタン
ドへの表示

各機器の取扱説明書へ警告
表示の記載内容

IEC 60335-

2-15 

7. JIS

に同じ。

ただし,電気保温ポッ
トへの適用なし。

MOD/

追加

JIS

では,電気保温ポットへの

適用を明確化。

8.

充電部への

接近に対する
保護

試験指及びテストピンによ
る検査

IEC 60335-

2-15 

8. JIS

に同じ。 IDT

9.

モータ駆動

機器の始動

適用しない。

IEC 60335-

2-15 

9. JIS

に同じ。 IDT

10.

入 力 及 び

電流

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

10. JIS

に同じ。

IDT

11.

温度上昇

設置条件,試験時間,試験電

圧及び温度測定箇所などを
規定。 
電気がまを除く圧力がまの

試験時間は,最高調理圧力に
達した後 15 分間。

IEC 60335-

2-15 

11. JIS

に同じ。

ただし,電気がま及び
圧力がまの区別が不
明確。

MOD/

追加

JIS

は,圧力式電気がまを圧力

がまから除外した。

IEC

規格では想定されていない

が,圧力式電気がまの圧力はそ
れほど大きくなく,通常の圧力
がまの試験時間を適用するより

は,米が炊きあがる時間で規定
した方が合理的である。


19 

JIS C 9335-2-15:2003

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性

第 2-15 部:液体加熱機器の個別要求事項

IEC 60335-2-15:2002 Household and similar electrical appliances-Safety-

Part2-15:Paticular requirements for appliances for heating liquids

(I)JIS

の規定

(

Ⅱ)国際規

格番号

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

項目番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

12. 

( 規 定 な

し)

規定なし

IEC 60335-

2-15 

12. JIS

に同じ。 IDT

13. 

動 作 温 度

での漏えい電
流及び耐電圧

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

13. JIS

に同じ。 IDT

14.

過 渡 過 電

空間距離の既定値を満たさ
ない箇所に対するインパル

ス試験による代替え試験

IEC 60335-

2-15 

14. JIS

に同じ。 IDT

15. 

耐湿性

いっ(溢)水試験,耐湿試験,
清掃時の水中への浸水試験,

スタンドへのいっ水,炊飯器
のいっ水

IEC 60335-

2-15 

15. JIS

に同じ。

ただし,炊飯器の容器

を取り除いた状態の
いっ水試験はなし。

MOD/

追加

JIS

では,容器を着脱できるも

のの方法(内なべを外した状態

で炊飯器の本体に水を注ぎ耐電
圧試験,目視などで確認)を追

IEC

規格では,炊飯器の安全性

試験が考慮されていないため,

電安法省令第1項と同等のいっ
水試験を追加した。

16.

漏 え い 電

流及び耐電圧

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

16. JIS

に同じ。 IDT

17.

変 圧 器 及

びその関連回
路の過負荷保

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

17. JIS

に同じ。 IDT

18.

耐久性

適用しない。

IEC 60335-

2-15 

18. JIS

に同じ。 IDT

19.

異常運転

放熱制限,やかんの温度過昇
防止装置の短絡試験など

IEC 60335-

2-15 

19. JIS

に同じ。

ただし,電気保温ポッ

トへの適用なし。

MOD/

追加

電気保温ポットへの適用を明確
化。

20.

安 定 性 及

び機械的危険

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

20. JIS

に同じ。 IDT


20 

JIS C 9335-2-15:2003

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性

第 2-15 部:液体加熱機器の個別要求事項

IEC 60335-2-15:2002 Household and similar electrical appliances-Safety-

Part2-15:Paticular requirements for appliances for heating liquids

(I)JIS

の規定

(

Ⅱ)国際規

格番号

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

項目番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

21.

機 械 的 強

感電及び浸水の保護に無関
係のガラス部分には,インパ

クトハンマ試験を適用しな
い。

IEC 60335-

2-15 

21. JIS

に同じ。 IDT

22. 

構造

構造一般,排水孔の大きさ,

エスプレッソコーヒメーカ
及び圧力がまの過圧力試験,
コードレスやかんの接続器

開閉試験,沸とう水の流量制
限,やかんからの突然の蒸気
噴出制限

IEC 60335-

2-15 

22. JIS

に同じ。

ただし,電気保温ポッ
トへの適用なし。

MOD/

追加

電気保温ポットへの適用を明確

化。

23.

内部配線

内部配線の屈曲試験など

IEC 60335-

2-15 

23. JIS

に同じ。 IDT

24. 

部品

スイッチ及び自動制御装置
の開閉試験 
サーモインプラグの規定な

IEC 60335-

2-15 

24. JIS

に同じ。 IDT

25.

電 源 接 続

及び外部可と
うコード

電源コードの種類,断面積,

長さ及びマグネットプラグ
の使用など。

IEC 60335-

2-15 

25. JIS

に同じ。

ただし,マグネットプ
ラグの使用について
は記載していない。

MOD/

追加

25.8

JIS

は,マグネットプラグを用

いた場合は,75 cm を超える長
さでもよい。

25.22

JIS

では,マグネットプラグの

使用を明確に認めた。

電気保温ポットへの適用を明確
化。

IEC 60320-1

では,マグネットプ

ラグの使用を認めていないが,
やけど防止の観点から電源コー
ドを引っかけてやけどにつなが

るおそれがある機器に限って,
マグネットプラグの使用を認め
ることにした(事実上,接地線

不要の 100 V 機器だけのため)

日本の家屋での使用形態


21 

JIS C 9335-2-15:2003

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性

第 2-15 部:液体加熱機器の個別要求事項

IEC 60335-2-15:2002 Household and similar electrical appliances-Safety-

Part2-15:Paticular requirements for appliances for heating liquids

(I)JIS

の規定

(

Ⅱ)国際規

格番号

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

項目番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

(畳の上に置く。

)を考えると,

やけど防止の安全対策上,マグ
ネットプラグは必要。 
マグネットプラグを用いた場合
は,電源コードを引っかけても
倒れる心配はないので,長さ制
限をしなかった。

26.

外 部 導 体

用端子

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

26. JIS

に同じ。 IDT

27.

接 地 接 続

の手段

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

27. JIS

に同じ。 IDT

28.

ね じ 及 び

接続

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

28. JIS

に同じ。 IDT

29.

空間距離,

沿面距離及び
固体絶縁

空間距離,沿面距離,固体絶
縁の厚さ 
汚損度 3 を適用する。

コードレスやかんのソケッ
トの沈み深さを規定

IEC 60335-

2-15 

29. JIS

に同じ。 IDT

30.

耐 熱 性 及

び耐火性

ボールプレッシャ試験,グロ

ーワイヤ試験,ニードルフレ
ーム試験

IEC 60335-

2-15 

30. JIS

に同じ。 IDT

31. 

耐腐食性

JIS C 9335-1

による。

IEC 60335-

2-15 

31. JIS

に同じ。 IDT

32.

放射線,毒

性その他これ
に類する危険

特に規定なし。

IEC 60335-

2-15 

32. JIS

に同じ。 IDT


22 

JIS C 9335-2-15:2003

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性

第 2-15 部:液体加熱機器の個別要求事項

IEC 60335-2-15:2002 Household and similar electrical appliances-Safety-

Part2-15:Paticular requirements for appliances for heating liquids

(I)JIS

の規定

(

Ⅱ)国際規

格番号

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の項目ご

との評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

項目番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

附属書

JIS C 9335-1

による。

ただし,

附属書 表 の P

の値(通電時間係数)は,2 000
とする。

IEC 60335-

2-15 

附 属

JIS

に同じ。 IDT

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価  MOD

備考 1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−IDT  技術的差異がない。

−MOD/追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

−MOD/変更  国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−IDT・  国際規格と一致している。

−MOD 国際規格を修正している。

−NEQ  技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。


23  

参考規格

参考規格は,JIS C 9335-1 の参考規格によるほか,次による。

JIS C 9335-2-13 

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性―第 2-13 部:深めのフライなべ,フラ

イパン及びこれに類する機器の個別要求事項

JIS C 9335-2-21

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性―第 2-21 部:貯湯式電気温水器の個別

要求事項

JIS C 9335-2-35 

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性―第 2-35 部:瞬間湯沸器の個別要求事

JIS C 9335-2-54 

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性―第 2-54 部:液体利用表面掃除機器の

個別要求事項

JIS C 9335-2-74 

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性―第 2-74 部:可搬形投込み式ヒータの

個別要求事項

JIS C 9335-2-75 

家庭用及びこれに類する電気機器の安全性―第 2-75 部:業務用ディスペンサ及び

自動販売機の個別要求事項