>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

C 9318 : 1999

  解説

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS C 9318 : 1999

  ポータブル・スポット溶接機用水

冷二次ケーブル

ISO 8205-1 : 1993

Water-cooled secondary connection cables for resistance welding

−Part 1 : Dimensions and requirements for double-conductor

connection cables

ISO 8205-2 : 1993

Water-cooled secondary connection cables for resistance welding

−Part 2 : Dimensions and requirements for single-conductor

connection cables

ISO 8205-3 : 1993

Water-cooled secondary connection cables for resistance welding

−Part 3 : Test requirements

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国際規格番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な場合,その理由
及び今後の対策

(1)

適用範囲

○  ロ ー リ ア ク タ

ン ス ・ ケ ー ブ
ル,単線往復式

ケ ー ブ ル に つ
いて規定。

ISO 8205-1

ISO 8205-2

ISO 8205-3

○ JIS と同じ。 =

(2)

引用規格

○  JIS C 9305 : 1

993

JIS C 9317 : 1

995

ISO 8205-1

ISO 8205-2

ISO 8205-3 

− ISO は IEC 

緊 密 に 連 結
し て い る と

表 現 し て い
るが,引用規
格 は 明 記 さ

れていない。

(3)

定義

○  ロ ー リ ア ク タ

ン ス ・ ケ ー ブ
ル,単線往復式
ケーブル,公称

断面積,ケーブ
ル長さを規定。

ISO 8205-1

ISO 8205-2

ISO 8205-3 

○ JIS と同じ。

(4)

種類

○  ロ ー リ ア ク タ

ンス・ケーブル
と 単 線 往 復 式
ケ ー ブ ル の 公

称断面積,ケー
ブ ル 長 さ を 規
定。

ISO 8205-1 

○ ロ ー リ ア ク

タンス・ケー
ブ ル の 公 称
断面積,ケー

ブ ル 長 さ を
現定。

ADP

ロ ー リ ア ク タ
ンス・ケーブル

の 公 称 断 面 積

150-160-200-25

0-315mm

2

公 称 断 面 積

160-200-250-

315mm

2

ISO

に対して

150mm

2

を 追

加した。

断面積 150mm

2

を国際規格

に追加するよう提案する。


2

C 9318 : 1999

  解説

JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国際規格番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な場合,その理由
及び今後の対策

ロ ー リ ア ク タ
ンス・ケーブル

1.0-1.25-1.5-1.6-

1.8-2.0-2.24-2.4-

2.5-2.8-3.15-3.5

5-4.0m

ケ ー ブ ル 長

1 000-1 250-

1 600-1 800-

2 000-2 240-

2 500-2 800-

3 150-3 550-

4 000mm

ISO

に対して

長 さ 1.5 ,

2.4m

を 追 加

した。

長さ 1 500,2 400mm を国
際規格に追 加する よう提

案する。

単 線 往 複 式 ケ
ー ブ ル の 公 称

断面積

150-160-180-20

0-250-315mm

2

ISO 8205-2 

○ 公 称 断 面 積

160-200-250-

315mm

2

ADP ISO

に対して

断面積 150,

180mm

2

を 追

加した。

断面積 150,180mm

2

を国際

規格に追加 するよ う提案

する。

単 線 往 復 式 ケ
ー ブ ル の 長 さ

0.5-0.6-0.63-0.8-

1.0-1.25-1.5-1.6-

1.8-2.0-2.24-2.4-

2.5-2.8-3.15-3.5

5-4.0m

単 線 往 復 式
ケ ー ブ ル の

500-630-800-

1 000-

1 250-1 600-

1 800-2 000-

2 240-2 500-

2 800-3 150-

3 550-4 000

mm

ISO

に対して

長さ 0.6,1.5,

2.4m

を 追 加

した。

長さ 600,1 500,2 400mm
を国際規格 に追加 するよ
う提案する。

(5)

標 準 使 用 状

○  ケ ー ブ ル の 使

用状態を規定。

(6)

冷却水

○  水温,水質を規

定。

(7)

特性

○  電 気 特 性 を 規

定。

ISO 8205-1

ISO 8205-2

ISO 8205-3 

○  7.1 

電気的特性 

理 論 値 と し て
規定。

○  7.1.1 

絶縁抵抗   

○  7.1.2 

抵抗及び

イ ン ピ ー ダ ン
 
抵 抗 及 び イ ン
ピ ー ダ ン ス 値

を規定。 
従来 JIS と ISO
を併記した。

○ 抵 抗 及 び イ

ン ピ ー タ ン

ス値を規定。

ADP 4. 

種類によ

る。(ローリ

ア ク タ ン
ス・ケーブル
と 単 線 往 復

式ケーブル)

今回は ISO の試験方法の
データが揃 わない ため,

ISO

の規定を併記した。将

来は,データを整備して規
定の統一化を図る。


3

C 9318 : 1999

  解説

JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国際規格番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な場合,その理由
及び今後の対策

○  7.1.3 

温度上昇   

○  7.2 

機械的特性   

○  7.2.1 

耐水圧性   

○  7.2.2

水性 
圧 力 損

定。

○ 圧 力 損 を 規

定。

ADP ISO

の試験法

を追加した。

次回は冷却 水流量 値の整
合化を図る。

○  7.2.3

とう性
曲 げ 力

定。

○ 曲 げ 力 を 規

定。

次回は試験 法の整 合化を
図る。

○  7.2.4

じれ性
ね じ り
力 を 規

定。

JIS

ISO

併 記 し
た。

○ ね じ り 力 を

規定。

○  7.2.5 

耐久性 

(8)

構造

○  導線,ホースカ

バー,セパレー
タ,ケーブル端

子寸法を規定。

ISO 8205-1

ISO 8205-2 

○  8.1 

ローリアク

タンス・ケーブ
 

○  8.1.1 

構成 

○  8.1.2 

導線 

○  8.1.3 

ホースカ

バー 

○  8.1.4 

セパレー

 

○  8.1.5 

ケーブル

端子 
ケ ー ブ ル 端 子
の形状,寸法を
規定。

従来 JIS と ISO
を併記した。

○ ケ ー ブ ル 端

子の形状,寸

法を規定。

ADP ISO

の端子を

追加した。

形状,寸法が異なるため,

JIS

の端子を国際規格に追

加するよう提案する。


4

C 9318 : 1999

  解説

JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国際規格番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な場合,その理由
及び今後の対策

(8)

構造

○  8.2 

単線往複式
ケーブル 

ISO 8205-1 

ISO 8205-2 

○  8.2.1 

構成 

○  8.2.2 

導線 

○  8.2.3 

ホースカ

バー 

○  8.2.4 

ケーブル

端子 
ケ ー ブ ル 端 子

の形状,寸法を
規定。 
従来 JIS と ISO

を併記した。

○ ケ ー ブ ル 端

子の形状,寸
法を規定。

ADP ISO

の端子を

追加した。

形状,寸法が異なるため,

JIS

の端子を国際規格に追

加するよう提案する。

○ (1)

変圧器側   

○ (2)

ガン側

○  8.3 

材料 

シ リ コ ン を 含
まず,最高温度
を規定。

ADP ISO

の端子を

追加した。

有毒ガスの定義,基準が不

明確なため,技術的に軽微
な差異であ るので 有毒ガ
スの発生に 関して は省略

した。 
今後,ISO の規定が明確に
なった時点 で再検 討を図

る。

(9)

試験

○  9.1 

定義 

形 式 試 験 を 規

定。

ISO 8205-1

ISO 8205-2

ISO 8205-3

○ JIS と同じ。 =

○  9.2 

電気的特性

試験 
試 験 方 法 を 規
定。

従来 JIS と ISO
を併記した。

○ 試 験 方 法 を

規定。

ADP ISO

の規定を

追加した。

今回は ISO の試験方法の

データが揃 わない ため,

ISO

の試験方法を併記し

た。将来は,データを整備

して試験方 法の統 一化を
図る。

○  9.2.1 

絶縁抵抗

試験 

○  9.2.2 

抵抗及び

イ ン ピ ー ダ ン
ス試験 
抵 抗 及 び イ ン

ピ ー ダ ン ス の
試 験 方 法 を 規
定。

従来 JIS と ISO
を併記した。

○ 抵 抗 及 び イ

ン ピ ー ダ ン
ス の 試 験 方
法を規定。

ADP ISO

の規定を

追加した。

今回は ISO の試験方法の

データが揃 わない ため,

ISO

の試験方法を併記し

た。将来は,データを整備

して試験方 法の統 一化を
図る。


5

C 9318 : 1999

  解説

JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国際規格番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な場合,その理由
及び今後の対策

(9)

試験

○  9.2.3 

温度試験  

備考 
等 価 連
続電流

等 価 連
続 電 流
値 を 規

定。

○ 等 価 連 続 電

流値を規定。

ADP ISO

の試験法

を追加した。

今回は ISO の試験方法の
データが揃 わない ため,

ISO

の試験方法を併記し

た。将来は,データを整備
して試験方 法の統 一化を
図る。

○  9.3 

械 的 特
性試験
試 験 方
法 を 規

定。

JIS

ISO

併 記 し
た。

○ 試 験 方 法 を

規定。

○  9.3.1 

耐水圧試

 

○  9.3.2 

通水性試

 
通 水 性 試 験 方
法を規定。

○ 通 水 性 試 験

方法を規定。

ADP 7.2.2 

通水性

による。

○  9.3.3 

可とう性

試験 
曲 げ 力 の 試 験

方法を規定。

○ 曲 げ 力 の 試

験 方 法 を 規
定。

7.2.3 

可とう

性による。

今回は ISO の試験方法の
データが揃 わない ため,

ISO

の試験方法を併記し

た。将来は,データを整備
して試験方 法の統 一化を

図る。

○  9.3.4 

ねじれ性

試験 
ね じ り 試 験 方
法を規定。

○ ね じ り 試 験

方法を規定。

7.2.4 

ねじれ

性による。

○  9.4 

耐久性 

・ケーブル取付
け 位 置 試 験 装

置 間 の 位 置 関
係で規定。

・ケーブル取

付 け 位 置

地 面 か ら
規定。

・取付け位置

の 寸 法 を

試 験 装 置
間で規定。

・移動距離,始

動位置

・移動距離

ADP

・始動位置の

規 定 を 追
加。

・移動距離だけの規定では

試 験 で き な い 場 合 が あ
る。

ISO

に提案する。

・インピーダン
ス 測 定 通 電 ご

とに測定。

・インピーダ

ン ス 測 定

2000

点 ご

とに測定。

≠ ・測定間隔を

JIS

では通

電 ご と に
変更。

・インピーダンスの値は非

常にばらつくため,すべ

て の 通 電 ご と に イ ン ピ
ー ダ ン ス を 測 定 す べ き
である。

ISO

に提案する。


6

C 9318 : 1999

  解説

JIS

と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II) 国際規格番

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な場合,その理由
及び今後の対策

(10)

検査

○  検 査 方 法 を 規

定。

ISO 8205-3

○ JIS と同じ。 =

(11)

製 品 の 呼 び

○  製 品 の

呼 び 方

定。

ISO 8205-1

ISO 8205-2

○ 製 品 の 呼 び

方を規定。

ADP ISO

の規定を

追加した。

次回は製品 の呼び 方の統
一化を図る。

(12)

表示

○  表 示 方

法 を 規
定。

JIS

ISO

併 記 し
た。

○ 表 示 方 法 を

規定。

次回は表示 の統一 化を図
る。

(13)

マーキング

−  従来 JIS に規定

がない。

ISO 8205-1

ISO 8205-2

○ マ ー キ ン グ

方法を規定。

= ISO の規定を

追加した。

(14)

発送条件

○  発 送 条 件 を 規

定。

ISO 8205-1

ISO 8205-2

○ 発 送 条 件 を

規定。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を

示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である.

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある.

“ADP”

JIS は.国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用し

た部分において,JIS として必要な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規

定内容の一部を不採用としている。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。