>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 9209

:2007

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS C 9209:1993 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 C

9209

:2007

電気こたつ類

追補 1)

Electric KOTATU

(Amendment 1)

JIS C 9209:1993

を,次のように改正する。

1.

(適用範囲)の

備考 1.の JIS A 1531 家具の常温液体に対する表面抵抗試験方法を,JIS A 1531  家具−常

温液体に対する表面抵抗の試験方法  に置き換える。

1.

(適用範囲)の

備考 1.の JIS A 9510  けい酸カルシウム保温材を,JIS A 9510 無機多孔質保温材に置き換

える。

1.

(適用範囲)の

備考 1.の JIS K 5400  塗料一般試験方法を,JIS K 5600-5-4  塗料一般試験方法−第 5 部:

塗膜の機械的性質−第 4 節:引っかき硬度(鉛筆法)に置き換える。

1.

(適用範囲)の

備考 1.の JIS K 7202  プラスチックのロックウェル硬さ試験方法を,JIS K 7202-2  プラ

スチック−硬さの求め方−第 2 部:ロックウェル硬さ  に置き換える。

1.

(適用範囲)の

備考 1.の JIS S 6006  鉛筆及び色鉛筆を,JIS S 6006  鉛筆,色鉛筆及びそれらに用いる

しん  に置き換える。

1.

(適用範囲)の

備考 2.を,削除し,本体の中で{  }で示している単位及び数値を,すべて削除する。 

6.1

(構造一般)(14)の 1 行目の JIS K 7202 を,JIS K 7202-2 に置き換える。

6.3

(電気絶縁物)(1)の 3 行目の JIS K 7202 を,JIS K 7202-2 に置き換える。

6.3

(電気絶縁物)(2)(b)の 1 行目の JIS K 5400 の 8.4.1(試験機法)を,JIS K 5600-5-4  に置き換える。

付図 2(衝撃試験機)の備考の 1 行目の“JIS K 7202”を,“JIS K 7202-2”に置き換える。