>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 9029-2-6

:2006 (IEC 61029-2-6:1993)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本電機

工業会(JEMA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申

出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS C 9029-2-6:2000 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 61029-2-6:1993,Safety of

transportable motor-operated electric tools

−Part 2-6: Particular requirements for diamond drills with water supply

を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。

JIS C 9029

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS C 9029-1

第 1 部:一般要求事項

JIS C 9029-2-1

第 2-1 部:丸のこ盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-2

第 2-2 部:ラジアルアームソーの個別要求事項

JIS C 9029-2-3

第 2-3 部:かんな盤及び一面かんな盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-4

第 2-4 部:卓上グラインダの個別要求事項

JIS C 9029-2-5

第 2-5 部:帯のこ盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-6

第 2-6 部:給水式ダイヤモンドドリルの個別要求事項

JIS C 9029-2-7

第 2-7 部:給水式ダイヤモンドソーの個別要求事項

JIS C 9029-2-8

第 2-8 部:単軸立面取り盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-9

第 2-9 部:マイタソーの個別要求事項

JIS C 9029-2-10

第 2-10 部:切断機の個別要求事項

JIS C 9029-2-11

第 2-11 部:マイタベンチソーの個別要求事項


C 9029-2-6

:2006 (IEC 61029-2-6:1993)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

1A.

  引用規格

1

2.

  定義

1

3.

  一般要求事項

2

4.

  試験に関する共通条件

2

5.

  定格

2

6.

  分類

2

7.

  表示

2

8.

  感電に対する保護

2

9.

  始動

2

10.

  入力及び電流

2

11.

  温度上昇

2

12.

  漏えい電流

2

13.

  無線及びテレビ妨害抑制

2

14.

  異物侵入に対する保護及び耐湿性

2

15.

  絶縁抵抗及び耐電圧

2

16.

  耐久性

2

17.

  異常運転

3

18.

  安定性及び機械的危険

3

19.

  機械的強度

3

20.

  構造

3

21.

  内部配線

4

22.

  部品

4

23.

  電源接続並びに外部可とうケーブル及びコード

4

24.

  外部導体用端子

4

25.

  接地接続

4

26.

  ねじ及び接続

4

27.

  沿面距離,空間距離及び通し絶縁物距離

4

28.

  耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性

4

29.

  耐腐食性

4

30.

  放射線

4

附属書

5


JIS C 0068

:1995

日本工業規格

JIS

 C

9029-2-6

:2006

(IEC 61029-2-6

:1993

)

可搬形電動工具の安全性−

第 2-6 部:給水式ダイヤモンドドリルの

個別要求事項

Safety of transportable motor-operated electric tools

Part 2-6: Particular requirements for diamond drills with water supply

序文  この規格は,1993 年に第 1 版として発行された IEC 61029-2-6,Safety of transportable motor-operated

electric tools

−Part 2-6: Particular requirements for diamond drills with water supply を基に,技術的内容及び対応

国際規格の構成を変更することなく作成した日本工業規格であり,JIS C 9029-1:2006(可搬形電動工具の

安全性−第 1 部:一般要求事項)と併読する規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格の内容を補ったものであるが,技術的

内容を変更するものではない。

1.

適用範囲  この規格の適用範囲は,JIS C 9029-1 の 1.によるほか,次による。

1.1

JIS C 9029-1

の 1.1 による。ただし,第 1 段落は,この規格による。

この規格は,コアビット径が 250 mm 以下の可搬形給水式ダイヤモンドドリルに適用する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 61029-2-6:1993

,Safety of transportable motor-operated electric tools−Part 2-6: Particular

requirements for diamond drills with water supply (IDT)

1A.

引用規格  JIS C 9029-1 の 1A.による。

2.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 9029-1 の 2.によるほか,次による。ただし,2.21

は,この規格による。

2.21

通常負荷  入力(W)が定格入力に等しくなるように,スピンドルにトルクをかけて,工具を連続

運転したときに得られる負荷。

備考  通常負荷は,定格電圧又は定格電圧範囲の上限に基づいている。

2.101

ダイヤモンドドリル  石及びコンクリートに穴を開けるように設計された給水式工具。この工具は,

ドリルスタンドに固定され,接合金具,真空,他の適切な装置で穴を開ける材料に,そのユニットを取り

付ける。


C 9029-2-6

:2006 (IEC 61029-2-6:1993)

3.

一般要求事項  一般要求事項は,JIS C 9029-1 の 3.による。

4.

試験に関する共通条件  試験に関する共通条件は,JIS C 9029-1 の 4.による。

5.

定格  定格は,JIS C 9029-1 の 5.による。

6.

分類  分類は,JIS C 9029-1 の 6.による。

7.

表示  表示は,JIS C 9029-1 の 7.によるほか,次による。

7.2

JIS C 9029-1

の 7.2 によるほか,次による。

給水式ダイヤモンドドリルには,工具のラベルに,次の表示を付けなければならない。

−  頭上穴開けを行うときには,集水装置を用いなければならない。

−  主電源への接続は,漏電遮断器(RCD,ELCB,GFCI など)又はクラス II 機器用の絶縁形変圧器を用

いて行わなければならない。

7.13  JIS C 9029-1

の 7.13 によるほか,次による。

取扱説明書又は手引書に,次の指示を示さなければならない。

−  工具の適切な使用についての正確な規定。

−  工作物に対する機械スタンドの固定。

−  集水装置の適切な使用。

−  定期点検を含む漏電遮断器の適切な使用。

−  クラス I 工具用の保護接地極をもつコンセントに対する工具の適切な接続。

8.

感電に対する保護  感電に対する保護は,JIS C 9029-1 の 8.による。

9.

始動  始動は,JIS C 9029-1 の 9.による。

10.

入力及び電流  入力及び電流は,JIS C 9029-1 の 10.による。

11.

温度上昇  温度上昇は,JIS C 9029-1 の 11.による。

12.

漏えい電流  漏えい電流は,JIS C 9029-1 の 12.による。

13.

無線及びテレビ妨害抑制  無線及びテレビ妨害抑制は,JIS C 9029-1 の 13.による。

14.

異物侵入に対する保護及び耐湿性  異物侵入に対する保護及び耐湿性は,JIS C 9029-1 の 14.による。

15.

絶縁抵抗及び耐電圧  絶縁抵抗及び耐電圧は,JIS C 9029-1 の 15.による。

16.

耐久性  耐久性は,JIS C 9029-1 の 16.による。


C 9029-2-6

:2006 (IEC 61029-2-6:1993)

17.

異常運転  異常運転は,JIS C 9029-1 の 17.による。

18.

安定性及び機械的危険  安定性及び機械的危険は,JIS C 9029-1 の 18.による。

19.

機械的強度  機械的強度は,JIS C 9029-1 の 19.による。

20.

構造  構造は,JIS C 9029-1 の 20.によるほか,次による。

20.101

  ダイヤモンドドリルは,クラス I 用に設計しなければならない。沿面距離及び空間距離は,内部

設計及び 27.のクラス II の要求事項に従わなければならない。

20.102

クラス I 構造の給水式ダイヤモンドドリルについては,工具に漏電遮断器を付けなければならな

い。また,次のように配置しなければならない。

−  漏電遮断器をドリルスタンドに固定して,ダイヤモンドドリルに永久的に接続するか,

−  又は,ダイヤモンドドリルを接続する別個の工具箱に,漏電遮断器を配置する(

図 101)。

図  101

20.103

クラス II 構造の給水式ダイヤモンドドリルは,次のとおりでなければならない。

−  20.102 の要求事項を満たすか,

−  又は,絶縁形変圧器を介して電源に接続する。


C 9029-2-6

:2006 (IEC 61029-2-6:1993)

20.104

通常の使用で,いかなる作業位置でも冷却水が電気部分に接触してはならない。

21.

内部配線  内部配線は,JIS C 9029-1 の 21.による。

22.

部品  部品は,JIS C 9029-1 の 22.による。

23.

電源接続並びに外部可とうケーブル及びコード  電源接続並びに外部可とうケーブル及びコードは,

JIS C 9029-1

の 23.による。ただし,23.2 は,この規格による。

23.2

用いることができる最もグレードの低いケーブルは,次のものである。

−  ポリクロロプレン外装可とうコード(コード分類  60245 IEC 65

24.

外部導体用端子  外部導体用端子は,JIS C 9029-1 の 24.による。

25.

接地接続  接地接続は,JIS C 9029-1 の 25.による。

26.

ねじ及び接続  ねじ及び接続は,JIS C 9029-1 の 26.による。

27.

沿面距離,空間距離及び通し絶縁物距離  沿面距離,空間距離及び通し絶縁物距離は,JIS C 9029-1

の 27.による。

28.

耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性  耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性は,JIS C 9029-1 の 28.

による。

29.

耐腐食性  耐腐食性は,JIS C 9029-1 の 29.による。

30.

放射線  JIS C 9029-1 の 30.は,この規格では適用しない。


C 9029-2-6

:2006 (IEC 61029-2-6:1993)

附属書

JIS C 9029-1

附属書 A及び附属書 IA による。