>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 9029-2-5

:2006 (IEC 61029-2-5:1993)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本電機

工業会(JEMA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申

出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS C 9029-2-5:2000 は改正され,この規格に置き換えられる。

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 61029-2-5:1993,Safety of

transportable motor-operated electric tools

−Part 2-5 : Particular requirements for band saws 及び Amendment

1(2001)

を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。

JIS C 9029

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS C 9029-1

第 1 部:一般要求事項

JIS C 9029-2-1

第 2-1 部:丸のこ盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-2

第 2-2 部:ラジアルアームソーの個別要求事項

JIS C 9029-2-3

第 2-3 部:かんな盤及び一面かんな盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-4

第 2-4 部:卓上グラインダの個別要求事項

JIS C 9029-2-5

第 2-5 部:帯のこ盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-6

第 2-6 部:給水式ダイヤモンドドリルの個別要求事項

JIS C 9029-2-7

第 2-7 部:給水式ダイヤモンドソーの個別要求事項

JIS C 9029-2-8

第 2-8 部:単軸立面取り盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-9

第 2-9 部:マイタソーの個別要求事項

JIS C 9029-2-10

第 2-10 部:切断機の個別要求事項

JIS C 9029-2-11

第 2-11 部:マイタベンチソーの個別要求事項


C 9029-2-5

:2006 (IEC 61029-2-5:1993)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

1A.

  引用規格

1

2.

  定義

1

3.

  一般要求事項

1

4.

  試験に関する共通条件

1

5.

  定格

1

6.

  分類

2

7.

  表示

2

8.

  感電に対する保護

2

9.

  始動

2

10.

  入力及び電流

2

11.

  温度上昇

2

12.

  漏えい電流

2

13.

  無線及びテレビ妨害抑制

2

14.

  異物侵入に対する保護及び耐湿性

2

15.

  絶縁抵抗及び耐電圧

2

16.

  耐久性

3

17.

  異常運転

3

18.

  安定性及び機械的危険

3

19.

  機械的強度

4

20.

  構造

4

21.

  内部配線

4

22.

  部品

4

23.

  電源接続並びに外部可とうケーブル及びコード

4

24.

  外部導体用端子

4

25.

  接地接続

4

26.

  ねじ及び接続

4

27.

  沿面距離,空間距離及び通し絶縁物距離

4

28.

  耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性

4

29.

  耐腐食性

4

30.

  放射線

4

附属書

5


JIS C 0068

:1995

日本工業規格

JIS

 C

9029-2-5

:2006

(IEC 61029-2-5

:1993

)

可搬形電動工具の安全性−

第 2-5 部:帯のこ盤の個別要求事項

Safety of transportable motor-operated electric tools

Part 2-5 : Particular requirements for band saws

序文  この規格は,1993 年に第 1 版として発行された IEC 61029-2-5:1993,Safety of transportable

motor-operated electric tools

−Part 2-5 : Particular requirements for band saws 及び Amendment 1(2001)を基に,

技術的内容及び対応国際規格を変更することなく作成した日本工業規格であり,JIS C 9029-1:2006(可搬

形電動工具の安全性−第 1 部:一般要求事項)と併読する規格である。

ただし,追補(Amendment)については,編集し,一体とした。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格の内容を補ったものであるが,技術的

内容を変更するものではない。

1.

適用範囲  この規格の適用範囲は,JIS C 9029-1 の 1.によるほか,次による。

1.1

JIS C 9029-1

の 1.1 による。ただし,第 1 段落は,この規格による。

この規格は,

帯のこの長さが 2 500 mm 以下で,

のこ車の径が 315 mm 以下の可搬形帯のこ盤に適用する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 61029-2-5:1993

,Safety of transportable motor-operated electric tools−Part 2-5 : Particular

requirements for band saws

及び Amendment 1(2001) (IDT)

1A.

引用規格  JIS C 9029-1 の 1A.による。

2.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 9029-1 の 2.によるほか,次による。

2.101   

帯のこ盤  2 個以上ののこ車で支えられている,回転するエンドレス帯のこで,木材及び他の材料

を切断するように設計された工具。帯のこ盤は,帯のこに対して手で送る工作物を,支持及び位置決めす

るための固定又は傾斜式テーブルをもつ。

3.

一般要求事項  一般要求事項は,JIS C 9029-1 の 3.による。

4.

試験に関する共通条件  試験に関する共通条件は,JIS C 9029-1 の 4.による。


C 9029-2-5

:2006 (IEC 61029-2-5:1993)

5.

定格  定格は,JIS C 9029-1 の 5.による。

6.

分類  分類は,JIS C 9029-1 の 6.による。

7.

表示  表示は,JIS C 9029-1 の 7.によるほか,次による。

7.1

JIS C 9029-1

の 7.1 によるほか,次による。

帯のこ盤には,次の表示を付けなければならない。

−  回転方向の表示。

−  保守を行う前に,機械を電源から断路しなければならないことを明示した警告。

この警告は,帯のこに触れるためには,開けなければならないドア又はガードの近くに配置しなければ

ならない。

7.6

JIS C 9029-1

の 7.6 によるほか,次による。

回転方向を,浮出し矢印若しくは彫込み矢印,又は同等に見えて消えない他の手段によって,表示しな

ければならない。

7.13  JIS C 9029-1

の 7.13 によるほか,次による。

取扱説明書又は手引書に,次の指示を示さなければならない。

−  損傷又は変形した帯のこを用いてはならない。

−  刃口板が摩耗したときには,交換しなければならない。

−  丸太を切断するときには,工作物のねじれを防止するための適切な装置を用いなければならない。

−  テーブルを傾けて斜め切断するときには,テーブルの下部に案内を置かなければならない。

−  帯のこ盤を使用するときには,集じん装置に接続しなければならない。

−  帯のこを保護するドア又はガードが閉まっていないときに,機械を用いてはならない。

−  ガードを,できる限り工作物の近くになるように調整しなければならない。

−  切断する材料に応じて,帯のこ盤及び速度を選択するように注意しなければならない。

備考  略図を用いて,動作モードを示すことができる。

8.

感電に対する保護  感電に対する保護は,JIS C 9029-1 の 8.による。

9.

始動  始動は,JIS C 9029-1 の 9.による。

10.

入力及び電流  入力及び電流は,JIS C 9029-1 の 10.による。

11.

温度上昇  温度上昇は,JIS C 9029-1 の 11.による。

12.

漏えい電流  漏えい電流は,JIS C 9029-1 の 12.による。

13.

無線及びテレビ妨害抑制  無線及びテレビ妨害抑制は,JIS C 9029-1 の 13.による。

14.

異物侵入に対する保護及び耐湿性  異物侵入に対する保護及び耐湿性は,JIS C 9029-1 の 14.による。

15.

絶縁抵抗及び耐電圧  絶縁抵抗及び耐電圧は,JIS C 9029-1 の 15.による。


C 9029-2-5

:2006 (IEC 61029-2-5:1993)

16.

耐久性  耐久性は,JIS C 9029-1 の 16.による。

17.

異常運転  異常運転は,JIS C 9029-1 の 17.によるほか,次による。

17.1  JIS C 9029-1

の 17.1 によるほか,次による。

備考  帯のこ盤は,可動部が動きにくくなりやすい工具とみなす。

18.

安定性及び機械的危険  安定性及び機械的危険は,JIS C 9029-1 の 18.によるほか,次による。

18.1  JIS C 9029-1

の 18.1 によるほか,次による。

のこ車及び帯のこは,最大切込み深さを達成するのに必要なテーブル上の部分を除き,すべての側面を

完全に保護しなければならない。

帯のこを交換するために,帯のこへの接触を可能にするガードを,工具を用いずに開けることが可能で

なければならない。

工具を用いずに,それらのガードを機械から取り外すことが可能であってはならない。

ガードは,帯のこの破片が飛び出すのを防止する設計でなければならない。

帯のこ盤は,のこびきに必要な部分を除いて,のこ車又は帯のこ歯に触れることができないような構造

であること,又はそれができないようにガードを取り付けなければならない。

ガードは,帯のこの交換が簡単に行える設計でなければならない。

入力が 750 W を超える工具については,帯のこを交換しているときには,帯のこが動作しない装置でな

ければならない。

この装置を,不注意で操作することが可能であってはならない。

テーブル上の帯のこの歯及び外側は,作業を行うのに必要な部分を除き,すべての切断高さについて調

整でき,あらゆる位置に固定できるガードによって覆わなければならない。

このガードは,工作物の移動を阻止せず,のこびき時に視野を妨げない設計でなければならない。この

ガードは,上部の移動式帯のこ案内と連結されていなければならず,その設定が帯のこ案内の設定と同時

に行われなければならない。

適否は,目視検査によって判定する。

18.3  JIS C 9029-1

の 18.3 によるほか,次による。

テーブルの前端に対して,送り方向に 300 N の押す力を加える。この条件の下で,帯のこ盤が転倒して

はならない。

100 N

の押す力によって,帯のこ盤が動いてはならない。

18.101

テーブルの帯のこ用の溝穴は,できる限り小さくなければならず,テーブルを通過する帯のこの

周囲の区域は,プラスチック,木材又はアルミニウムといった軟材性の交換可能なインサートでなければ

ならない。

18.102

帯のこ盤には,平行定規を付けなければならない。テーブルが傾斜している場合には,帯のこ盤

の両側で案内が使用可能でなければならない。

平行定規を,テーブルからじかに持ち上げることが可能であってはならない。

平行定規は,自由にスライド可能でなければならない。

18.101

及び 18.102 に対する適否は,目視検査によって判定する。

18.103

帯のこは,スイッチを切ってから 10 秒以内に停止しなければならない。


C 9029-2-5

:2006 (IEC 61029-2-5:1993)

適否は,測定によって判定する。

19.

機械的強度  機械的強度は,JIS C 9029-1 の 19.による。

20.

構造  構造は,JIS C 9029-1 の 20.によるほか,次による。

20.18  JIS C 9029-1

の 20.18 によるほか,次による。

適否は,直径が 100 mm±1 mm の球体をスイッチに押し当てて判定する。

球体によって工具が始動してはならない。

20.20  JIS C 9029-1

の 20.20 によるほか,次による。

電源遮断の後に電源が復旧したときには,作業者が再度スイッチを入れ直さない限り,帯のこ盤が自動

的に始動してはならない。

20.101

帯のこ盤は,一体式吸入装置又は木材,粉じん及び切り粉用の外部吸入装置の取付けを可能にす

る装置をもたなければならない。

21.

内部配線  内部配線は,JIS C 9029-1 の 21.による。

22.

部品  部品は,JIS C 9029-1 の 22.による。

23.

電源接続並びに外部可とうケーブル及びコード  電源接続並びに外部可とうケーブル及びコードは,

JIS C 9029-1

の 23.による。

24.

外部導体用端子  外部導体用端子は,JIS C 9029-1 の 24.による。

25.

接地接続  接地接続は,JIS C 9029-1 の 25.による。

26.

ねじ及び接続  ねじ及び接続は,JIS C 9029-1 の 26.による。

27.

沿面距離,空間距離及び通し絶縁物距離  沿面距離,空間距離及び通し絶縁物距離は,JIS C 9029-1

の 27.による。

28.

耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性  耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性は,JIS C 9029-1 の 28.

による。

29.

耐腐食性  耐腐食性は,JIS C 9029-1 の 29.による。

30.

放射線  JIS C 9029-1 の 30.は,この規格には適用しない。


C 9029-2-5

:2006 (IEC 61029-2-5:1993)

附属書

JIS C 9029-1

附属書 A及び附属書 IA による。