>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本電機工業会(JEMA)/財団法人日

本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調

査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 61029-2-11:2001,Safety of

transportable motor-operated electric tools

−Part 2-11: Particular requirements for mitre-bench saws を基礎として

用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。

JIS C 9029

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS C 9029-1

第 1 部:一般要求事項

JIS C 9029-2-1

第 2-1 部:丸のこ盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-2

第 2-2 部:ラジアルアームソーの個別要求事項

JIS C 9029-2-3

第 2-3 部:かんな盤及び一面かんな盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-4

第 2-4 部:卓上グラインダの個別要求事項

JIS C 9029-2-5

第 2-5 部:帯のこ盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-6

第 2-6 部:給水式ダイヤモンドドリルの個別要求事項

JIS C 9029-2-7

第 2-7 部:給水式ダイヤモンドソーの個別要求事項

JIS C 9029-2-8

第 2-8 部:単軸立面取り盤の個別要求事項

JIS C 9029-2-9

第 2-9 部:マイタソーの個別要求事項

JIS C 9029-2-10

第 2-10 部:切断機の個別要求事項

JIS C 9029-2-11

第 2-11 部:マイタベンチソーの個別要求事項


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

1A.

  引用規格

1

2.

  定義

1

3.

  一般要求事項

2

4.

  試験に関する共通条件

2

5.

  定格

2

6.

  分類

2

7.

  表示

2

8.

  感電に対する保護

3

9.

  始動

3

10.

  入力及び電流

3

11.

  温度上昇

3

12.

  漏えい電流

3

13.

  無線及びテレビ妨害抑制

3

14.

  異物侵入に対する保護及び耐湿性

3

15.

  絶縁抵抗及び耐電圧

3

16.

  耐久性

3

17.

  異常運転

3

18.

  安定性及び機械的危険

3

19.

  機械的強度

6

20.

  構造

6

21.

  内部配線

6

22.

  部品

6

23.

  電源接続並びに外部可とうケーブル及びコード

6

24.

  外部導体用端子

6

25.

  接地接続

6

26.

  ねじ及び接続

7

27.

  沿面距離,空間距離及び通し絶縁物距離

7

28.

  耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性

7

29.

  耐腐食性

7

30.

  放射線

7

附属書

13


JIS C 0068

:1995

日本工業規格

JIS

 C

9029-2-11

:2006

(IEC 61029-2-11

:2001

)

可搬形電動工具の安全性−

第 2-11 部:マイタベンチソーの個別要求事項

Safety of transportable motor-operated electric tools

Part 2-11: Particular requirements for mitre-bench saws

序文  この規格は,2001 年に第 1 版として発行された IEC 61029-2-11,Safety of transportable motor-operated

electric tools

−Part 2-11: Particular requirements for mitre-bench saws を基に,技術的内容及び対応国際規格の

構成を変更することなく作成した日本工業規格であり,JIS C 9029-1:2006(可搬形電動工具の安全性−第

1

部:一般要求事項)と併読する規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格の内容を補ったものであるが,技術的

内容を変更するものではない。

備考  マイタベンチソーはこの規格以外に,労働安全衛生法第 42 条の規程に基づき,木材加工用丸の

こ盤並びにその反ぱつ予防装置及び歯の接触予防装置の構造規格(昭和 47 年労働省告示第 86

号)の適用も考慮する必要がある。

1.

適用範囲  この規格の適用範囲は,JIS C 9029-1 の 1.によるほか,次による。

1.1

  JIS C 9029-1 の 1.1 による。ただし,第 1 段落は,この規格による。

この規格は,2.101 に規定する,のこぎり刃直径が 350 mm 以下の,アルミニウムなどの非鉄金属,木材,

これに類する材料を切削するように意図された可搬形マイタベンチソーに適用する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 61029-2-11:2001

,Safety of transportable motor-operated electric tools−Part 2-11: Particular

requirements for mitre-bench saws (IDT)

1A.

引用規格  JIS C 9029-1 の 1A.による。

2.

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 9029-1 の 2.によるほか,次による。ただし,2.21

は,この規格による。

2.21

  通常負荷  入力(W)が定格入力に等しくなるように,スピンドルにトルクをかけて工具を連続運

転したときに得られる負荷。

備考  通常負荷は,定格電圧又は定格電圧範囲の上限に基づいている。

2.101

  マイタベンチソー  回転するのこぎり刃で,アルミニウムなどの非鉄金属,木材又はこれに類する


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

材料を切削するように意図した工具。これには,フェンスに押し付けて手で送る工作物を,支持及び位置

決めする下テーブルと,のこぎり刃の方へ手で送る工作物を支持及び位置決めし,溝穴から突き出した回

転のこぎり刃によって工作物を切断する上テーブルとの二つのテーブルが備えられる。

のこぎり刃は,テーブルの上につり下げられたアームに取り付けられていて,そのアームは一般にマイ

タソーサポートフレームに又は直接ソーテーブルに揺動可能に取り付けられている。場合によっては,の

こぎり刃の切断動作の後にスライド運動が続くこともある(

図 108,図 109 及び図 110 参照)。

2.102

  下テーブル  マイタソーとしての作業を行うために用いるテーブル。

2.103

  上テーブル  ベンチソーとしての作業を行うために用いるテーブル。

3.

一般要求事項  一般要求事項は,JIS C 9029-1 の 3.による。

4.

試験に関する共通条件  試験に関する共通条件は,JIS C 9029-1 の 4.による。

5.

定格  定格は,JIS C 9029-1 の 5.による。

6.

分類  分類は,JIS C 9029-1 の 6.による。

7.

表示  表示は,JIS C 9029-1 の 7.によるほか,次による。

7.1

  JIS C 9029-1 の 7.1 によるほか,次による。

マイタベンチソーには,次の表示を付けなければならない。

−  定格のこぎり刃直径

−  定格無負荷速度

−  のこぎり刃の回転方向の表示

−  ベンチソー作業における最大切込み深さ能力

様々な無負荷速度に変更できるマイタベンチソーには,速度変更方法の詳細及び結果として得られる無

負荷速度を調整手段の近くに表示しなければならない。この表示は,略図などで行ってもよい。

7.6

  JIS C 9029-1 の 7.6 によるほか,次による。

刃の回転方向を,スピンドル軸の近くの固定部に刃を交換するときに見える,浮出し矢印若しくは彫込

み矢印,又は同等に見えて消えない他の手段によって,表示しなければならない。

7.13

  JIS C 9029-1 の 7.13 によるほか,次による。

取扱説明書又は手引書に,次の指示を示さなければならない。

−  損傷又は変形したのこぎり刃を用いてはならない。

−  ガードが所定位置にない限り,マイタベンチソーを用いない。

−  刃口板は,摩耗したら交換しなければならない。

−  切断できる材料の仕様。

−  推奨された工作物以外の切断にマイタベンチソーを用いない。

−  必ず製造業者推奨のこぎり刃を用いなければならない。

−  マイタベンチソーを使うときには,集じん装置に接続しなければならない。

−  切断する材料に応じて,のこぎり刃を選択しなければならない。

−  最大切込み深さ。


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

−  長尺物の支持方法。

−  ダブルベベル切削が可能な場合の,安全に関する追加指示。

−  工作物をのこぎり刃から送り出すには,押し棒を用いなければならない。

−  割刃の使い方及び適正な調整の仕方。

−  上部のこぎり刃ガードの使い方及び適正な調整の仕方。

−  ベンチモードにおいて,溝穴を付けるときには注意しなければならない。

−  マイタモードにおいて,のこぎり刃の上部が完全に覆われていることを確認する。

−  ベンチモードにおいて,アームが所定位置に確実に固定されていることを確認する。

−  べベル切断を行うとき,アームが確実に固定されていることを確認する。

−  上テーブルが,選択した高さに確実に固定されていることを確認する。

備考  略図を用いて動作モードを示すことができる。

8.

感電に対する保護  感電に対する保護は,JIS C 9029-1 の 8.による。

9.

始動  始動は,JIS C 9029-1 の 9.による。

10.

入力及び電流  入力及び電流は,JIS C 9029-1 の 10.による。

11.

温度上昇  温度上昇は,JIS C 9029-1 の 11.による。

12.

漏えい電流  漏えい電流は,JIS C 9029-1 の 12.による。

13.

無線及びテレビ妨害抑制  無線及びテレビ妨害抑制は,JIS C 9029-1 の 13.による。

14.

異物侵入に対する保護及び耐湿性  異物侵入に対する保護及び耐湿性は,JIS C 9029-1 の 14.による。

15.

絶縁抵抗及び耐電圧  絶縁抵抗及び耐電圧は,JIS C 9029-1 の 15.による。

16.

耐久性  耐久性は,JIS C 9029-1 の 16.による。

17.

異常運転  異常運転は,JIS C 9029-1 の 17.によるほか,次による。

17.1

  JIS C 9029-1 の 17.1 によるほか,次による。

備考  マイタベンチソーは,可動部が動きにくくなりやすい工具とみなす。

18.

安定性及び機械的危険  安定性及び機械的危険は,JIS C 9029-1 の 18.によるほか,次による。

18.1

  JIS C 9029-1 の 18.1 によるほか,次による。

マイタベンチソーには,工具を用いないと取り外すことができない,適切なガード装置を付けなければ

ならない。

ガード装置は,18.1.101 の要求事項に適合しなければならない。

備考  規定されたものと同等に有効,かつ,確実な場合は,必要な機械的安全度を達成する他の手段


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

も許容する。

18.1.101

  ブレードガード

18.1.101.1

  マイタモード  ブレードガードを,マイタベンチソーの一部として設けなければならない。

のこぎり刃の切断作業を行わない部分は,ガード装置(すなわち,ベンチソーガード,リップフェンス)

によって完全に囲わなければならない。

のこぎり刃の残りの部分は,

のこぎり刃の歯の両面をカバーする可動ガードを装備しなければならない。

また,のこぎり刃を工作物から引っ込めたときには,自動的に休止位置へ戻らなければならない。

ガードは,マイタベンチソーが使用できるあらゆるマイタ及びベベル位置で,前記の要求事項に適合し

なければならない。

可動ガードは,次のとおりでなければならない。

−  のこぎり刃を完全に囲う U 字形構造(

図 101 参照)。

又は,

−  のこぎり刃の歯の両側を保護する開放形構造(

図 102 参照)。

適否は,目視検査及び

図 103 のテストプローブを,あらゆる可能な位置に適用することによって判定す

る。

いずれの場合にも,可動ガードは,少なくともフェンス F(

図 101 及び図 102 参照)の前面ののこぎり

刃部分を保護しなければならない。また,マイタベンチソーが休止位置にあるときには,手で持ち上げる

ことができないようにする阻止機構をもたなければならない。

適否は,次の試験で判定する。可動ガードは,下テーブルに垂直に,かつ,のこぎり刃の軸を通る 100 N

の力を加える。

図 103 のテストプローブを用いるときは,のこ歯への接近が可能であってはならない。

18.1.101.2

  ベンチモード  マイタベンチソーは,テーブルの上にのこぎり刃の上部及び正面用に関するガ

ードをもたなければならない。また,そのガードは調整可能なガード,自動ガード又はそれらの組合せと

することができる。

このガードは,テーブルの最高位置に設定したときに,のこぎり刃を取り囲む設計でなければならない

図 110)。

ガードは,接触した場合に,のこぎり刃の損傷が最小限に抑えられる材料(例えば,アルミニウム,木

材,プラスチック)製でなければならない。

ガードは,のこぎり刃との接触ができる限り回避されるように,製作及び固定しなければならない。

ガードが,透明でない材料で作られているときには,のこぎり刃の平面に合わせた切込線標識を付けな

ければならない。

ガードが,割刃によって直接支持されない構造である場合,ガードの支持体の厚さが割刃の厚さ以下で

ある場合に限り,支持体を割刃と一直線に配置してもよい。

調整可能なガードは,工具を用いずに調整可能でなければならないが,必要とされる保護を行うために

必要な位置に固定可能でなければならない。

自動ガードは,次のことを自動的に行わなければならない。

a)

切断する工作物が,のこぎり刃の方向へ進むにつれて工作物と接触することによって開く。

b)

工作物が切断されている間,工作物の上面と接触し続けてのこぎり刃の両側を少なくとも歯元まで及

び少なくとも工作物の上面と割刃の間を遮へいする。

c)

工作物が,ガードを通り過ぎると閉位置に戻る。

のこぎり刃のあらゆる切込み深さで,テーブルの下の可動部に触れることができてはならない。


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

適否は,JIS C 9029-1 

図 に規定するテストフィンガを用いて判定する。

18.1.102

  テーブル  テーブルののこぎり刃用の溝は,できる限り小さくすべきであり(図 104 参照),の

こぎり刃がテーブルを通過するのこぎり刃の周囲の区域は,プラスチック,木材又はアルミニウムなどの

軟材製の交換可能なインサートでなければならない。

適否は,目視検査及び測定によって判定する。

18.1.102.1

  下テーブル  下テーブルは,溝のすぐ近くの区域で工作物が支持される設計でなければならな

い。

適否は,目視検査によって判定する。

下テーブルには,フェンスを付けなければならない(

図 101 及び図 102 の F 参照)。

フェンスは,テーブルの全長に及んでいなければならない。また,高さが最大切込み深さの 0.5 倍以上

でなければならない。

18.1.102.2

  上テーブル  ベンチモードにおいて,工作物を支持するためのテーブルは,図 105 に適合し,

また,調整可能な場合は,選択した位置に確実に固定される設計でなければならない。

18.1.103

  割刃  マイタベンチソーには,ベンチモードにおいて割刃を装備しなければならない。

割刃は,しっかりと固定され,切断溝を自由に通れるようにのこぎり刃の平面に合わせて配置しなけれ

ばならない。

切込み深さを調整したときに,のこぎり刃に対する割刃の位置が変化してはならない。

割刃及びそのホルダは,定格切込み深さの 100  %と 90  %との間の切込み深さを生じるすべてののこぎ

り刃直径について,次の条件に適合するように割刃を調整できる設計でなければならない。

a)

上テーブルの上では,割刃とのこぎり刃の歯付きリムとの間の半径方向距離が,設定された切込み深

さで,どの点でも 5 mm 以下でなければならない。

b)

割刃の先端が,

図 106 に示されているように,歯頂から 5 mm 以内でなければならない。

割刃は,のこぎり刃が切断する溝の幅よりも厚くても,刃の胴部よりも薄くてもならない。

割刃は,硬度が 43 HRC±5 HRC でなければならない。

適否は,目視検査及び測定によって判定する。

18.1.104

  リップフェンス  マイタベンチソーには,ベンチモードの場合にリップフェンスを付けなけれ

ばならない。

リップフェンスの案内面の最小高さは,少なくとも最大切込み深さに等しくなければならない。

リップフェンスは,テーブルの前部からのこぎり刃を越えるところまで延びていなければならない(

110

参照)

適否は,目視検査及び測定によって判定する。

18.1.105

  クロスカットフェンス  マイタベンチソーは,クロスカットフェンスを備えて提供してもよい。

クロスカットフェンスの取付方法は,フェンスが定位置からもち上げられたり,外れたりすることがない

ようにしなければならない。

クロスカットフェンスとのこぎり刃との間の距離は,12 mm を超えてはならない。

クロスカットフェンスとのこぎり刃との接触が避けられない場合,のこぎり刃に近い部分は回転してい

るのこぎり刃と接触した場合に,破損せず又はのこぎり刃を破損させることがない材料のものでなければ

ならない。

適否は,目視検査及び測定によって判定する。

18.1.106

  フランジ  のこぎり刃をとめるフランジの直径は,のこぎり刃の直径の少なくとも 0.20 倍以上


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

でなければならない。

18.1.107

  切りくず排出穴の構造は,排出された切粉が使用者の視野を制限しない,又は負傷を引き起こし

そうにないものでなければならない。

18.1.108

  マイタモードでは,切削作業後にのこぎり刃が自動的に休止位置へ戻る設計でなければならず,

その位置に自動的に固定されなければならない。

のこぎり刃が自動的に休止位置へ戻るときに,本機がひっくり返ってはならない。

備考  ロック解放装置は,ハンドルを握った手で作動しなければならない。

ベンチモードにおいて,アームは所定位置に固定される構造を備えなければならない。

適否は,目視検査によって判定する。

18.1.109

  マイタベンチソーは,下テーブルの下からのこぎり刃に触れることができてはならない。

適否は,目視検査によって判定する。

18.1.110

  押し棒を備えてもよい。この場合,押し棒は,工作物を送るために必要な圧力に耐えることがで

きる耐衝撃性材料による構造でなければならない。材料は,例えば,木材又はプラスチック,のこぎり刃

と押し棒とが接触したときに危険を生じないものでなくてはならない。

押し棒の最小寸法は,400 mm とする(

図 107 参照)。

適否は,目視検査及び測定によって判定する。

19.

機械的強度  機械的強度は,JIS C 9029-1 の 19.による。

20.

構造  構造は,JIS C 9029-1 の 20.によるほか,次による。

20.18

  JIS C 9029-1 の 20.18 によるほか,次による。

テーブルの調整によって,電源スイッチ又は制御装置の操作が影響を受けてはならない。また,スイッ

チ又は制御装置に対する可触性が制限されてはならない。

20.20

  JIS C 9029-1 の 20.20 によるほか,次による。

電源遮断の後に電源が復旧したときには,作業者が再度スイッチを入れ直さない限り,のこ刃が自動的

に始動してはならない。製品の電源スイッチは,オンの位置に固定できるものでなければならない。

20.101

  のこぎり刃が防護装置によって自動的に保護されないマイタベンチソーについては,スイッチを

切ってから 10 秒以内にのこぎり刃が停止しなければならない。

20.102

  マイタベンチソーは一体式吸入装置又は木材,粉じん,及び切り粉用の外部吸入装置の取付けを

可能にする装置をもたなければならない。

21.

内部配線  内部配線は,JIS C 9029-1 の 21.による。

22.

部品  部品は,JIS C 9029-1 の 22.による。

23.

電源接続並びに外部可とうケーブル及びコード  電源接続並びに外部可とうケーブル及びコードは,

JIS C 9029-1

の 23.による。

24.

外部導体用端子  外部導体用端子は,JIS C 9029-1 の 24.による。


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

25.

接地接続  接地接続は,JIS C 9029-1 の 25.による。

26.

ねじ及び接続  ねじ及び接続は,JIS C 9029-1 の 26.による。

27.

沿面距離,空間距離及び通し絶縁物距離  沿面距離,空間距離及び通し絶縁物距離は,JIS C 9029-1

の 27.による。

28.

耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性  耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性は,JIS C 9029-1 の 28.

による。

29.

耐腐食性  耐腐食性は,JIS C 9029-1 の 29.による。

30.

放射線  放射線は,JIS C 9029-1 の 30.による。


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

 101  字形構造

 102  開放形構造


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

                                    単位  mm

 103  テストプローブ

                                              単位  mm

c

:最大 20

d

:最大 10

 104  テーブル内の溝の寸法


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

のこぎり刃の最大

直径

(D)

のこテーブルの最小寸法

mm

mm

L l a b c 

≦200 300 200 150  75  75

>200 1.5D

0.75D 75

又は D/3 のい

ずれか大きい方

75

又は D/3 のい

ずれか大きい方

 105  のこテーブルの寸法

図 106  割刃の位置


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

                                                    単位  mm

 107  代表的な押し棒の例

 108  ベンチモードのマイタベンチソー


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

 109  マイタモードのマイタベンチソー

 110  ベンチソーののこぎり刃ガード


C 9029-2-11

:2006 (IEC 61029-2-11:2001)

附属書

JIS C 9029-1

附属書 A及び附属書 IA による。