>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8938 : 2005

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日

本工業規格の追補である。これによって JIS C 8938:1995 は改正され,JIS C 8938:1995 の“1.

,附属書

1

11 及び参考 2”はこの追補によって変更される。


日本工業規格

JIS

 C

8938

: 2005

アモルファス太陽電池モジュールの

環境試験方法及び耐久性試験方法

(追補 1)

Environmental and endurance test methods for

amorphous solar cell modules

−Amendment 1

序文  この追補は JIS C 8938:1995 と併用されるものであり,JIS C 8938:1995 の一部は改正され,この

追補に置き換えられる。

JIS C 8938

:1995 を次のように改正する。

1.

適用範囲

備考 1.を次に置き替える。 

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS A 4111

  住宅用太陽熱利用温水器

JIS B 7753

  サンシャインカーボンアーク灯式耐光性及び耐候性試験機

JIS C 60068-2-2

  環境試験方法−電気・電子−高温(耐熱性)試験方法

JIS C 60068-2-3

  環境試験方法(電気・電子)高温高湿(定常)試験方法

JIS C 60068-2-52

  環境試験方法(電気・電子)塩水噴霧(サイクル)試験方法

JIS C 0920

  電気機械器具の防水試験及び固形物の侵入に対する保護等級

JIS C 8933

  アモルファス太陽電池測定用ソーラシミュレータ

JIS C 8939

  アモルファス太陽電池モジュール

JIS D 0205

  自動車部品の耐候性試験方法

JIS G 4305

  冷間圧延ステンレス鋼板および鋼帯

JIS R 3212

  自動車用安全ガラス試験方法

附属書 

表題の“

附属書 1”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 


2

C 8938 : 2005

表題の“

附属書 2”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 

表題の“

附属書 3”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 

表題の“

附属書 4”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 4  2.4  塩水

(4)

第一文を次に置き替える。 

(4) pH

値の調節は,試薬一級相当の塩酸又はかせいソーダを用いる。

附属書 

表題の“

附属書 5”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 

表題の“

附属書 6”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 

表題の“

附属書 7”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 

表題の“

附属書 8”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 

表題の“

附属書 9”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 10 

表題の“

附属書 10”の後に次を挿入する。

(規定)

 

附属書 11 


3

C 8938 : 2005

表題の“

附属書 11”の後に次を挿入する。

(規定)

 

参考 2  3.  装置

(4)

を次と置き替える。

(4)  I-V

計測器  測定器は,JIS C 1102-1 及び JIS C 1102-2 に規定する 0.5 級又はこれと同様の許容差のも

のとする。