>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8917 : 2005

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日

本工業規格の追補である。これによって JIS C 8917:1998 は改正され,JIS C 8917:1998 の“1.

,附属書

3

,附属書 4,及び参考 2”はこの追補によって変更される。


日本工業規格

JIS

 C

8917

: 2005

結晶系太陽電池モジュールの

環境試験方法及び耐久性試験方法

(追補 1)

Environmental and endurance test methods for crystalline solar PV modules

−Amendment 1

序文  この追補は JIS C 8917:1998 と併用されるものであり,JIS C 8917:1998 の一部は改正されこの追

補に置き換えられる。

JIS C 8917

:1998 を次のように改正する。

1.

  適用範囲 

備考の“JIS D 0205  自動車部品の耐候性試験方法”の次の行に次を挿入する。

JIS G 4305  冷間圧延ステンレス鋼板及び鋼帯”

附属書 3(規定)  3.3.1  引張強さ及び曲げ強さ 

(1)

を次に置き替える。

(1)

端子が露出している場合は,3.2.1 及び 3.2.2 による。

附属書 4(規定)  2.4  塩水 

(2)

を次に置き替える。

(2)

塩水は蒸留水又は脱塩水に塩を溶解して作り,塩水の濃度は,(5±1) %質量比とする。

附属書 4(規定)  4.  試験手順 

(3)

を次に置き替える。

(3)

次に供試品を恒湿槽に移し,温度(40±2)  ℃,相対湿度(93±5) %の条件で 7 日間試験する。ただし,

シーケンス試験の中でこの試験を用いるときは,試験時間は 20∼22 時間とする。

参考 2  3.  装置

(4)

 を次に置き替える。

(4)  I-V

計測器  測定器は JIS C 1102-1 及び JIS C 1102-2 に規定する 0.5 級又はこれと同様の許容差のもの

とする。