>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8282-2-5

:2007

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  一般要求事項

3

5

  試験に関する一般注意事項

3

6

  定格

3

7

  分類

4

8

  表示

4

9

  寸法検査

4

10

  感電に対する保護

4

11

  接地接続の手段

5

12

  端子及び終端

5

13

  固定形コンセントの構造

5

14

  可搬形アクセサリの構造

5

15

  アダプタのインターロックされたコンセント

8

16

  耐劣化性,外郭による保護及び耐湿性

8

17

  絶縁抵抗及び耐電圧

8

18

  接地極の動作

8

19

  温度上昇

8

20

  開閉容量

9

21

  通常動作

9

22

  プラグを引き抜くのに必要な力

10

23

  可とう電線及びその接続

10

24

  機械的強度

11

25

  耐熱性

12

26

  ねじ,通電部及び接続部

12

27

  沿面距離,空間距離及びシーリングコンパウンドを通しての絶縁距離

12

28

  絶縁材料の耐過熱性,耐火性及び耐トラッキング性

13

29

  耐腐食性

13

30

  絶縁スリーブ付きピンの追加試験

13

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

14


C 8282-2-5

:2007

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

工業規格である。これによって,JIS C 8282-2-5:2000 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS C 8282

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

C

8282-1

第 1 部:通則

JIS

C

8282-2-1

第 2-1 部:ヒューズ付きプラグの個別要求事項

JIS

C

8282-2-2

第 2-2 部:機器用コンセントの個別要求事項

JIS

C

8282-2-3

第 2-3 部:固定配線用インターロックをもたないスイッチ付きコンセントの個別要求

事項

JIS

C

8282-2-5

第 2-5 部:アダプタの個別要求事項

JIS

C

8282-2-6

第 2-6 部:固定配線用インターロックをもつスイッチ付きコンセントの個別要求事項

JIS

C

8282-2-11

第 2-11 部:引掛形などの接続器の個別要求事項


日本工業規格

JIS

 C

8282-2-5

:2007

家庭用及びこれに類する用途の

プラグ及びコンセント−

第 2-5 部:アダプタの個別要求事項

Plugs and socket-outlets for household and similar purposes

Part 2-5: Particular requirements for adaptors

序文

この規格は,1995 年に第 1 版として発行された IEC 60884-2-5 を基に作成した日本工業規格であるが,

日本の配電事情などを考慮したため,技術的内容を変更して作成した日本工業規格であり,JIS C 

8282-1:2007

(家庭用及びこれに類する用途のプラグ及びコンセント−第 1 部:通則)と併読する規格で

ある。

なお,この規格で側線及び/又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項で

ある。変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格の適用範囲は,JIS C 8282-1 の箇条 によるほか,次による。

(最初の

注記の下に追加)

この規格は,シャッタ付き及びシャッタなしで,ヒューズ付き及びヒューズなしの交流用アダプタに適

用する。

注記 1  (対応国際規格の NOTE は,他国に関する規定であり削除した。)

ヒューズ付きのアダプタのヒューズは,機器及びその部品の過負荷に対する保護を意図するものではな

い。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60884-2-5:1995

,Plugs and socket-outlets for household and similar purposes−Part 2: Particular

requirements for adaptors (MOD)

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していることを

示す。

2

引用規格

この規格で用いる引用規格は,JIS C 8282-1 によるほか,次による。

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。


2

C 8282-2-5

:2007

JIS C 3662

(すべての部)  定格電圧 450/750 V 以下の塩化ビニル絶縁ケーブル

注記    対応国際規格:IEC 60227 (all parts),Polyvinyl chloride insulated cables of rated voltages up to and

including 450/750 V (IDT)  及び (MOD)

JIS C 3663

(すべての部)  定格電圧 450/750 V 以下のゴム絶縁ケーブル

注記    対応国際規格:IEC 60245 (all parts),Rubber insulated cables−Rated voltages up to and including

450/750 V (IDT)  及び (MOD)

JIS C 8269

(すべての部)  低電圧ヒューズ

注記    対応国際規格:IEC 60269 (all parts),Low-voltage fuses (IDT)

JIS C 8281-2-1

:2004  家庭用及びこれに類する用途の固定電気設備用スイッチ−第 2-1 部:電子スイ

ッチの個別要求事項

注記    対応国際規格:IEC 60669-2-1:2002, Switches for household and similar fixed-electrical installations

−Part 2 : Particular requirements−Section 1 : Electronic switches (MOD)

JIS C 8282-1:2007

  家庭用及びこれに類する用途のプラグ及びコンセント−第 1 部:通則

注記    対応国際規格:IEC 60884-1 : 2002, Plugs and socket-outlets for household and similar purposes−

Part 1 : General requirements (MOD)

JIS C 8282-2-11

  家庭用及びこれに類する用途のプラグ及びコンセント−第 2-11 部:引掛形などの接

続器の個別要求事項

JIS C 8303

  配線用差込接続器

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 8282-1 の箇条 によるほか,次による。ただし,箇条 3

注記 33.25 及び 3.26 はこの規格による。

注記 3  用語“アクセサリ”は,一般的用語として使用され,プラグ,コンセント及びアダプタをい

い,用語“可搬形アクセサリ”は,プラグ,可搬形コンセント及びアダプタをいう。

注記 5  用語“アダプタ”は,一般的用語として使用され,特殊なものを除き,すべての形のアダプ

タをいう。

3.25

定格電圧  (rated voltage)  

製造業者によってアクセサリに与えられた電圧で,スタンダードシートがある場合,それによる。

3.26

定格電流  (rated current)

製造業者によってアクセサリに与えられた電流で,スタンダードシートがある場合,それによる。

3.101

アダプタ  (adaptor)

可搬形のアクセサリで,1 個のプラグ部分と 1 個以上のコンセント部分とを組み込んで一体化した構造

のもの。

3.102

ヒューズ付きアダプタ  (fused adaptor)

1 極以上の交換可能なヒューズを組み込んだアダプタ。

3.103


3

C 8282-2-5

:2007

有極性ヒューズ付きアダプタ  (polarized fused adaptor)

極性のある配線に取り付けられたコンセントに差し込んだとき,中性線,その他の相線の間の関係が正

しく保たれるような構造のヒューズ付きアダプタ。

3.104

マルチアダプタ  (multiway adaptor)

アダプタのすべてのコンセント部分に,同時に 2 個以上のプラグを接続可能なアダプタ。

3.105

変換アダプタ  (conversion adaptor)

コンセントに,直接接続できないプラグを接続可能にするアダプタ。

3.106

中間アダプタ  (intermediate adaptor)

コンセントに,一つ以上の形式のプラグを,調光器,タイマ,光電スイッチなどの制御器を経て接続す

ることを可能にするアダプタ。

それらの制御器は,

中間アダプタと一体又は可とう電線で接続するもので,

この場合は再接続が可能なもの及び不可能なものがある。

注記  制御器は,通常他の規格に含まれる。例えば,JIS C 8281-2-1

3.107

電線交換形中間アダプタ  (rewireable intermediate adaptor)

アダプタで,可とう電線を交換できる構造をもつもの。

3.108

電線非交換形中間アダプタ  (non-rewireable intermediate adaptor)

可とう電線を含めて完全な形状をもち,アダプタの製造業者によって接続し組み立てられたもの(14.1

を参照)

3.109

外部電線  (external cable)

電線で一部が中間アダプタの外部にあるもの。電源電線又は分離した器具の間を接続する電線。

4

一般要求事項

一般要求事項は,JIS C 8282-の箇条 による。

5

試験に関する一般注意事項

試験に関する一般注意事項は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

6

定格

定格は,JIS C 8282-1 の箇条 によるほか,次による。

6.101

アダプタの定格電圧は,対応するコンセントがアダプタを受け入れるものより低いものであって

はならない。変圧器内蔵形を除き,アダプタのプラグ部分の定格電圧及びアダプタに差し込むことができ

るプラグの定格電圧は,同一でなければならない。

6.102

アダプタの定格電流は,次に適合しなければならない。

次のどちらか低いものでなければならない。

−  アダプタのプラグ部分の定格電流。


4

C 8282-2-5

:2007

−  アダプタに差し込むことができる複数のプラグの定格電流の合計。

6.103

ヒューズ付きアダプタは,表示に従って取り付けたヒューズの定格と同等の最小定格をもたなけ

ればならない。

6.104

アダプタの各コンセント部分の定格電流は,差し込まれるプラグの最大定格電流以上でなければ

ならない。

6.105

制御器と一体の中間アダプタの定格電流は,制御器の定格電流又は取り付けることを意図するコ

ンセントの定格電流のいずれか低いものでなければならない。

6.101

から 6.104 の要求事項に対する適否は,目視検査によって判定する。

7

分類

分類は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

8

表示

表示は,JIS C 8282-1 の箇条 によるほか,次による。

8.1

JIS C 8282-1

の 8.1 によるほか,次による。

(最初のダッシュ文を置換)

−  定格電流を A(アンペア)で,及び/又は電力を W(ワット)で

(項目の最後に次を追加)

定格電流又は電力の表示は,

“最大”(MAX)を付けなければならない。

注記 3  これらの表示は,例として最大 2 000 W-最大 10 A,最大 2 000 W-10 A,最大 10 A,10 A 最大,

又は 1 500 W まで。

注記 4  電力は,公称供給電圧を使用して計算する。

最大許容電力の表示は,すべてのプラグを差し終わるまで容易に認識できなければならない。また,マ

ルチアダプタでは,この表示は,コンセントに差し込む側の面に付けてはならない。

ヒューズ付きアダプタは,ヒューズの存在を示す表示をアダプタに付けなければならない。この表示は

記号でもよい。

ヒューズ交換形中間アダプタは,ヒューズの定格電流を示すアダプタに付けなければならない。この表

示は,中間アダプタの上又ははり付けたラベルの上に表示してもよい。

ヒューズ非交換形中間アダプタは,取り付けた可とう電線及び共用する機器について製造業者が定めた

電流に適切なヒューズの定格電流を恒久的に表示しなければならない。

8.2

JIS C 8282-1

の 8.2 によるほか,次による。

ヒューズ…………………………………………………

 (IEC 60417-5016 参照)

9

寸法検査

寸法検査は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

10

感電に対する保護

感電に対する保護は,JIS C 8282-1 の箇条 10 によるほか,次による。

10.1  JIS C 8282-1

の 10.1 によるほか,次による。

(第 2 段落を次に置換)


5

C 8282-2-5

:2007

アダプタのプラグ部分を同じシステムのコンセントに完全に差し込んだ後,充電部に接触してはならな

い。

(第 6 段落を次に置換)

アダプタを,同一システムのコンセントに完全に差し込んだ後,すべての部位に試験指を当てる。

次の項目を追加

10.3

(対応国際規格の規定は,この規格では適用しない。

10.4  JIS C 8282-1

の 10.4 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

組立用のねじその他,導電部,接地ピン,接地用ストラップ及びピンの周りの金属のリングを除くアダ

プタの外部部品は,絶縁材料製でなければならない。

10.5  JIS C 8282-1

の 10.5 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

シャッタ付きアダプタのコンセント部分は,追加として,プラグを差し込まれている間を除き,

図 10

に示されたゲージによって,充電部に接触できない構造でなければならない。

10.101

ヒューズ付きアダプタは,アダプタを完全にコンセントから抜き去らない限りヒューズを取り外

したり,交換できてはならない。

適否は,目視検査によって判定する。

11

接地接続の手段

接地接続の手段は,JIS C 8282-1 の箇条 11 による。

12

端子及び終端

端子及び終端は,JIS C 8282-1 の箇条 12 によるほか,次による。

12.1.1  JIS C 8282-1

の 12.1.1 によるほか,次による。

(第 2 段落を次に置換)

電線交換形中間アダプタは,ねじ形端子を備えていなければならない。

13

固定形コンセントの構造

JIS C 8282-1

の箇条 13 は,この規格では適用しない。

14

可搬形アクセサリの構造

可搬形アクセサリの構造は,JIS C 8282-1 の箇条 14 によるほか,次による。ただし,14.114.13 及び

14.24

は,この規格により,14.25 は,この規格では適用しない。

14.1

電線非交換形中間アダプタは,次による。

−  可とう電線は,恒久的に使用できないようにする以外,アダプタから分離できない。

−  また,アダプタは,手又は一般的な工具,例えば,ドライバなどでは開くことはできない。

適否は,目視検査によって判定する。

注記  アダプタは,再組立するときに,当初の部品以外のものを使用しなければならないときは,恒

久的に使用できなくなったとみなす。

14.2  JIS C 8282-1

の 14.2 によるほか,次による。


6

C 8282-2-5

:2007

(第 1 段落を次に置換)

アダプタの栓刃は,十分な機械的強度をもっていなければならない。

14.3  JIS C 8282-1

の 14.3 によるほか,次による。

(適否の段落以外を次に置換)

アダプタの栓刃は,次のとおりでなければならない。

−  回転することに,安全又は機能を損なうことがない場合を除き,回転を防ぐようになっていなければ

ならない。

−  アダプタを分解しない限り,取り外すことができてはならない。

−  アダプタが通常の使用のように結線され,組み立てられているとき,本体の中で十分に固定していな

ければならない。

アダプタのピンが製造業者の取扱説明書のとおりに正しく組み立てられ固定されているとき,接地又は

中性線のピン及び接点を正しくない位置に取り替えることができてはならない。

14.4  JIS C 8282-1

の 14.4 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

アダプタの接地接点及び中性線接点は,使用中,回転を防ぐようになっていなければならず,工具を使

用しなければ取り外すことができてはならない。

14.11

JIS C 8282-1

の 14.11 によるほか,次による。

(1 行目を次に置換)

電線交換形中間形アダプタ

14.13

アダプタがピン(差し込み金具)の入り口のブッシングのあるカバー付きのものである場合,そ

れらのブッシングは,カバーを取り去ったとき,意図しないで内部から外れてはならない。

適否は,目視検査によって判定する。

14.15

JIS C 8282-1

の 14.15 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

アダプタのかん合面は,結線され通常の使用のように組み立てられたとき,ピン以外の突起があっては

ならない。

14.16

JIS C 8282-1

の 14.16 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

アダプタは,共用するプラグを完全に差し込んだとき,プラグのかん合面のいかなる突起にも妨げられ

ないように設計されなければならない。

14.23

JIS C 8282-1

の 14.23 によるほか,次による。

注記 を次に置換)

注記 1  プラグ付きの一体化器具の例は,アダプタ,電気カミソリ,ランプなどで,充電用電池,プ

ラグイン変圧器付きのものである。

14.23.2

JIS C 8282-1

の 14.23.2 によるほか,次による。

(第 1 段落の後に次を追加)

アダプタには,アダプタの各コンセント部分に最初に,227 IEC 53 又はその他のシース付きビニル電線

で長さ 1 m,導体断面積 0.75 mm

2

の丸形可とう電線付きの適切なプラグを取り付ける。

注記 1  電線の数は,関連するプラグの極数と同じでなければならない。

(この項目の後に次を追加)


7

C 8282-2-5

:2007

試験中,

(複数の)可とう電線は,アダプタから自由につるされていることに留意しなければならない。

注記 2  (対応国際規格の NOTE 2 は,他国に関する規定であり削除した。)

注記 3  (対応国際規格の NOTE 3 は,考慮中のため削除した。)

14.23.101

アダプタは,それらを挿入する器具によって加えられる横方向の張力に耐えなければならない。

適否は,JIS C 8303 

表 にある形状のコンセントを除き,図 13 に示された器具にかん合する場合,そ

れを使用した試験で検査する。

図 13 にかん合しない場合,JIS C 8303 の表 にある形状以外の場合は,製

造業者指定のプラグによって判定する。

試験品は,最初充電部の差込口の水平面を通る垂直な面に取り付け,試験する面が垂直位置で,垂直な

取付面に平行になるようにしなければならない。

次に器具は完全に結合し,5 N の力を垂直に下向きに加える。

器具を 1 分後に取り外し,アダプタは,取付面で 90゜回転する。この試験を 4 回繰り返し行い,アダプ

タは,各結合の後に 90゜回転する。試験中器具が外れてはならない。この試験をアダプタの各コンセント

部分に繰り返す。

試験後,アダプタは,この規格の意味する損傷があってはならない。特に,箇条 22 の要求事項に適合し

なければならない。

14.24

アダプタは,適合するコンセントから手で容易に引き離すことができるような形状及び材料で作

られていなければならない。

さらに,握る部分は,可とう電線付きの場合,それを引っ張ることなく,引き離せるような形状でなけ

ればならない。

14.101

アダプタのプラグ部分は,コンセント部分が接地用ピン又は極をもつ場合,接地用のピン又は極

をもっていなければならない。また,アダプタのコンセント部分は,プラグ部分が接地用ピンをもつ場合,

接地用のピン又は極をもっていなければならない。

注記  当面,接地付き極配置のコンセントをもち,接地栓刃がない変換アダプタで,コンセントの接

地極と導通のある接地端子又は口出線をもつものは,規定に適合するものとみなす。

適否は,目視検査及び JIS C 8282-1 の 11.5 の試験によって判定する。

14.102

アダプタで極性をもつコンセントに使用するものは,プラグピン,コンセントの極及び端子が,

アダプタの入力部分と出力部分で同じ極性を維持することを内部の接続で確実にする設計でなければなら

ない。

適否は,目視検査及び必要であれば電気的連続性試験によって判定する。

14.103

マルチアダプタは,埋込形ボックスに固定したコンセントに直接結合したとき,2 個以上のマルチ

アダプタを互いに差し込むことができないように,設計製造することが望ましい。

適否は,目視検査によって判定する。

注記  この推奨は,特定のシステムのスタンダードシートが,マルチアダプタが互いに差し込むこと

ができないようにするための詳細情報を提供していない場合,同一の製造業者のアダプタに対

してだけ適用する。

14.104

外付けの可とう電線の絶縁が,少なくとも関連する JIS による電線と同等でない場合及び電線と

その被覆を覆った金属はくとの間で行われる 17.2 の耐電圧試験に適合しない場合,電線は裸線として考え

なければならない。

14.105

ヒューズ付きアダプタの本体の中には,それが合理的に適用できる限り,JIS C 8269 に適合する

ヒューズが取り付く構造でなければならない。


8

C 8282-2-5

:2007

ヒューズは,アダプタプラグピン及び対応する相のコンセントの極の間に取り付けた接点の間にはめ込

まなければならない。

極性をもつシステムでは,ヒューズは相線のプラグピン及び対応する相のコンセントの極の間に取り付

けなければならない。

ヒューズは,接地回路に取り付けてはならない。

アダプタは,組み立てられるとき,ヒューズが不適切な接点に取り付けられないように設計されなけれ

ばならない。

適否は,目視検査によって判定する。

15

アダプタのインターロックされたコンセント

アダプタのインターロックされたコンセントは,JIS C 8282-1 の箇条 15 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

アダプタの刃受金具でスイッチに連結した構造のものは,コンセントの極が充電しているときは,プラ

グが差し込めず,完全に抜くこともできてはならない。また,アダプタのコンセントの極は,プラグをほ

ぼ完全に結合するまで充電できてはならない。

16

耐劣化性,外郭による保護及び耐湿性

耐劣化性,外郭による保護及び耐湿性は,JIS C 8282-1 の箇条 16 による。

17

絶縁抵抗及び耐電圧

絶縁抵抗及び耐電圧は,JIS C 8282-1 の箇条 17 による。ただし,17.1.1 は次により,17.1.2 はこの規格

では適用しない。

17.1.1

アダプタの絶縁抵抗は,次を連続して測定する。

a)

接続したすべての極と接触し得る外部の組立てねじを含む絶縁部品の外面に接触させた金属はくとの

間。

b)

各極とその他の極全部を接続したものとの間。

c)

該当する場合は,固定ねじを含むすべての電線止めの金属部分と,接地用のピン又は端子との間。

d)

中間アダプタでは,すべての電線止め部の金属部分と,可とう電線と同径の金属棒を電線の位置に押

し込んだものとの間(JIS C 8282-1 

表 17 参照)。

注記 1  端子に直接接触できないもの,例えば,電線非交換形アダプタなどで,これらの試験は,ピ

ンなどの接触可能な部品を使用して行わなければならない。

注記 2  金属はくで外面を包むとき又は絶縁部品の内面に接触して取り付けるときは,穴又は溝に対

し,過大な力を加えずに,無関節の試験指と同寸法のもので押し付ける。

18

接地極の動作

接地極の動作は,JIS C 8282-1 の箇条 18 による。

19

温度上昇

温度上昇は,JIS C 8282-1 の箇条 19 によるほか,次による。

(第 10 及び第 11 段落を次に置換)


9

C 8282-2-5

:2007

アダプタは,規格に適合した固定形コンセントを使用し平均的な特性をもつもので,もしあれば最小寸

法の接地用ピン付きのものを選び,これを使用して試験する。

アダプタをコンセントに差し込み,

表 101 の交流電圧を 1 時間通電する。

(第 13 段落の後に追加)

アダプタには,試験電流を次のように加えなければならない。

−  各々分離したコンセント部に順次に,対応するコンセント部の定格に適切な試験電流を通じる(

表 20

又は

表 20′参照)。

−  すべてのコンセント部に同時に,アダプタの定格に適切な電流を,各コンセントの定格に比例して分

割して通じる。

20

開閉容量

開閉容量は,JIS C 8282-1 の箇条 20 によるほか,次による。

JIS C 8282-2-11

の適用範囲にあるものは,JIS C 8282-2-11 の試験方法による。

(第 2 段落を次に置換)

適否は,平刃以外は,アダプタのコンセント部分と中空のピン付きのプラグ部分を,

図 16 に示す例のよ

うな適切な試験装置によって試験して判定する。平刃については,コンセントに過度のストレスがないよ

うな適切な試験装置による試験で判定する。

(第 4 段落を次に置換)

アダプタのコンセント部分は,疑義があれば,コンセントは,黄銅ピンで関連するスタンダードシート

に規定された最大寸法の公差−0.06 mm の試験プラグで試験する。スリーブの先端に関する限り,それら

の寸法は関連するスタンダードシートに規定する公差内であれば十分である。

(第 6 段落を次に置換)

アダプタのプラグ部分は,この規格に適合し,できる限り選択可能な平均特性に近い固定形コンセント

を使用して試験する。

(第 8 段落を次に置換)

アダプタのプラグ部分を,コンセントに差し込んで引き抜く動作を 50 回(100 ストローク)

,次の速さ

で行う。

−  定格電流が 16 A 以下であって定格電圧が 250 V 以下の場合,アダプタは,1 分間に 30 ストローク。

−  その他のすべてのアダプタは,1 分間に 15 ストローク。

(箇条 20 の終わりから第 2 段落の前に次を追加)

1 個のアダプタの各コンセント部分及びプラグ部分の試験は,別々に行わなければならない。

21

通常動作

通常動作は,JIS C 8282-1 の箇条 21 によるほか,次による。

JIS C 8282-2-11

の適用範囲にあるものは,JIS C 8282-2-11 の試験方法による。

(第 2 段落を次に置換)

適否は,平刃以外については,

図 16 に示す適切な試験装置を使用してコンセント,弾力性がある接地刃

受又は中空ピンを使用しているプラグの試験によって判定する。平刃については,コンセントに過度のス

トレスがないような適切な試験装置による試験で判定する。

(第 6 段落を次に置換)


10

C 8282-2-5

:2007

アダプタは,この規格に適合した,平均に近い特性をもつ固定されたコンセントを選び,これを用いて

試験する。

(第 8 段落を次に置換)

1 個のアダプタの各コンセント部分及びプラグ部分の試験は,別々に行わなければならない。

プラグを,アダプタのコンセント部分に挿入し,引き抜く動作を 5 000 回(10 000 ストローク)繰り返

す。アダプタのプラグ部分は,コンセントに挿入し,引き抜く動作を 1 000 回(2 000 ストローク)繰り返

す。動作の速さは,

−  定格電流 16 A 以下で定格電圧 250 V 以下のアダプタは,1 分間に 30 ストローク。

−  その他すべてのアダプタは,1 分間に 15 ストローク。

22

プラグを引き抜くのに必要な力

プラグを引き抜くのに必要な力は,JIS C 8282-1 の箇条 22 によるほか,次による。

JIS C 8282-2-11

の適用範囲にあるものは,JIS C 8282-2-11 の試験方法による。

(第 1 段落を次に置換)

アダプタの構造は,プラグを容易に抜き差しができる,そして通常の使用時,アダプタのコンセント部

分からプラグが抜け落ちてはならない。

22.1  JIS C 8282-1

の 22.1 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

アダプタを,

図 18 に示した装置の取付けプレート A に固定し,コンセントの極の軸が垂直でプラグの

ピンの入り口の穴の面が下向きになるようにする。

23

可とう電線及びその接続

可とう電線及びその接続は,JIS C 8282-1 の箇条 22 によるほか,次による。

23.1  JIS C 8282-1

の 23.1 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

中間アダプタで,可とう電線とともに使用することを意図するものは,導体を端子や端末部に接続した

ときに,張力及びねじりから開放するための,また,被覆をすりきずから保護するための電線留具を付け

なければならない。

23.3  JIS C 8282-1

の 23.3 によるほか,次による。

(第 1 段落及び

表 20 を次に置換)

電線非交換形中間アダプタで可とう電線とともに使用することを意図するものでタイプ 1 の場合,JIS C 

3662

(すべての部)及び JIS C 3663(すべての部)に適合するものを,タイプ 2 の場合,電気用品の技術

上の基準を定める省令(昭和 37 年通商産業省令第 85 号)別表第一に適合するものを,機器の定格特性に

よる電流を供給できる外部電線としてか,又は制御を意図する外部電線として付けなければならない。中

間アダプタの定格に関連する電線の断面積は,

表 101 の該当する列で与える。

注記  表 101 には,温度上昇試験及び通常動作の試験電流も規定している。

外部の可とう電線で制御を意図するものは,14.104 の要求事項に適合しなければならない。


11

C 8282-2-5

:2007

表 101(その 1IEC/TR 60083JIS C 8303 の表 以外)の極配置のアダプタ

アダプタ[IEC/TR 

60083

JIS C 8303 

表 以外)の極配置]

可とう電線(タイプ 1)非交換形

中間アダプタ

試験電流    A

断面積

試験電流    A

アクセサリの定格

箇条 19

箇条 21 mm

2

箇条 19

箇条 21

2.5A

4

 2.5

   0.75

 4

  2.5

130/250V

1

 4

  2.5

6A

 8.4

6

   0.75

 9

6

130/250V

1

9

6

10A

14

10

   0.75

10

10

130/250V

1

12

10

16A

20

16

   0.75

10

10

130/250V

1

12

12

  1.5

16

16

16A

20

16

  1.5

16

16

440V

  2.5

22

22

32A

40

32

  2.5

25

25

130/250/440V

4 31

31

4

42

32

注記  アクセサリで他の定格電流をもつものは,内挿法によって試験電流を求める。

表 101(その 2JIS C 8303 の表 の極配置のアダプタ

アダプタ(JIS C 8303

表 の極配置)

可とう電線(タイプ 2)非交換形

中間アダプタ

試験電流    A

断面積

試験電流    A

アクセサリの定格

箇条 19

箇条 21 mm

2

箇条 19

箇条 21

7 A

  9.8

7

0.75

7

7

12 A

15

12

1.25

12

12

15 A

18.75

15

2.0

17

15

20 A

25

20

3.5

23

20

30 A

37.5

30

5.5

35

30

23.4  JIS C 8282-1

の 23.4 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

可とう電線付きの電線非交換形中間アダプタは,電線をアダプタに入れるとき,過度の曲げに対して保

護しなければならない。

24

機械的強度

機械的強度は,JIS C 8282-1 の箇条 24 によるほか,次による。

(第 1 及び第 2 段落を次に置換)

アダプタは,使用中に加わる圧力に耐える十分な機械的強度をもたなければならない。

適否は,次の各項の適切な試験によって判定する。

−  アダプタ

………… 24.2 及び 24.10

・  エラストマ又は熱可塑性材料以外の外郭,ふた(蓋)及び本体 ………… 24.2 及び 24.10

・  エラストマ又は熱可塑性材料の外郭,ふた(蓋)及び本体

………… 24.224.424.5 及び 24.10


12

C 8282-2-5

:2007

−  アダプタのプラグ部分の,絶縁スリーブ付ピン

………… 24.7

−  アダプタのシャッタ付きコンセント部分

………… 24.8

24.2  JIS C 8282-1

の 24.2 によるほか,次による。

(第 4 段落の後に追加)

アダプタの試験回数は,次の値とする。

−  試験品の質量が 50 g 以下の場合,50 回

−  試験品の質量が 50 g を超える場合,25 回

(第 6 段落の最後のダッシュ文を次に置換)

−  丸ピンの場合,ピンは,0.4 Nm のトルクを最初一方向に 1 分間,次に反対方向に 1 分間加えたとき,

回転してはならない。

この試験は,

ピンの回転が安全機能を損なわないようなアダプタには行わない。

(第 7 段落を次に置換)

平刃式のものの試験回数は,次の値とすることができる。

−  試験品の質量が 50 g 以下の場合,30 回

−  試験品の質量が 50 g を超える場合,25 回

(この項の最後に次を追加)

注記 4  中間アダプタに組み込まれた部品の破損は,箇条 10 の要求事項に適合し,また,機器の機

能が危険な状態になるようでなければ,無視する。

24.7  JIS C 8282-1

の 24.7 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

アダプタのプラグ部分の絶縁スリーブ付きピンは,

図 28 に示す装置による試験を行う。

24.8  JIS C 8282-1

の 24.8 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

アダプタのシャッタ付きのコンセント部分は,プラグのピンが不注意によってコンセントの挿入口のシ

ャッタに押し付ける場合などで,シャッタが通常の使用時に受けるような,機械的な力に耐えなければな

らない。

24.10

JIS C 8282-1

の 24.10 によるほか,次による。

(第 1 段落を次に置換)

アダプタは,

図 30 に例示するように,アダプタのプラグ部分に適合する孔を付けた,堅い鋼板の上に置

く。

25

耐熱性

耐熱性は,JIS C 8282-1 の箇条 25 による。

26

ねじ,通電部及び接続部

ねじ,通電部及び接続部は,JIS C 8282-1 の箇条 26 による。

27

沿面距離,空間距離及びシーリングコンパウンドを通しての絶縁距離

沿面距離,空間距離及びシーリングコンパウンドを通しての絶縁距離は,JIS C 8282-1 の箇条 27 による

ほか,次による。

表 23 において 2 の 5 番目のダッシュ文を次に置換)


13

C 8282-2-5

:2007

−  外部の組立てねじ,

ただし,

アダプタのかん合面のねじ及び接地の回路から分離されたねじを除く  …

………… 3 mm

表 23 において 3 を次に置換)

アダプタのピン及びコンセントに完全にかん合したときピンに接続される金属部分とコンセントの非接

地可触金属部

b)

との間(最も不都合な状態

c)

で行う)  …………… 6 mm

d)

表 23 において 4 を次に置換)

コンセントの非接地可触金属部

b)

と完全にかん合させたアダプタのピン及びピンに接続される金属部分

との間(最も不都合な状態

c)

で行う)  …………… 6 mm

d)

表 23 において 5 を次に置換)

アダプタのコンセント部分(プラグを付けない)の充電部とその非接地可触金属部

b)

との間  …………

  …………… 6 mm

d)

表 23 において 7 の 5 番目のダッシュ文を次に置換)

−  外部の組立てねじ,ただし,アダプタのかん合面のねじ及び接地の回路から分離されたねじを除く

…………… 3 mm

27.1  JIS C 8282-1

の 27.1 によるほか,次による。

(第 6 段落を次に置換)

アダプタは,コンセントと結合して,対応したプラグを取り付けた状態又は取り付けないで検査する。

28

絶縁材料の耐過熱性,耐火性及び耐トラッキング性

絶縁材料の耐過熱性,耐火性及び耐トラッキング性は,JIS C 8282-1 の箇条 28 によるほか,次による。

28.1

(第 2 段落を次に置換)

適否は,28.1.1 の試験によって判定する。追加として,絶縁スリーブをもつアダプタのピンは,28.1.2

の試験によって判定する。

28.1.2

(第 1 段落を次に置換)

アダプタの試験品で,絶縁スリーブ付きのピンをもつものは,

図 40 に示す装置で試験する。

29

耐腐食性

耐腐食性は,JIS C 8282-1 の箇条 29 による。

30

絶縁スリーブ付きピンの追加試験

絶縁スリーブ付きピンの追加試験は,JIS C 8282-1 の箇条 30 による。

参考文献

IEC/TR 60083:2006

  Plugs and socket-outlets for domestic and similar general use standardized in member

countries of IEC


14

C 8282-2-5

:2007

附属書 JA

参考)

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS C 8282-2-5

:2007  家庭用及びこれに類する用途のプラグ及びコンセント−第

2-5 部:アダプタの個別要求事項

IEC 60884-2-5

:1995, Plugs and socket-outlets for household and similar purposes−

Part 2-5: Particular requirements for adaptors

 
(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定 

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇条番号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格

番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

2

引用規格 2

JIS

に同じ

追加

JIS C 8282-2-11

を追加した。

引掛形に対する対応。

6.101

ア ダ プ タ の 定 格 電

6.101

JIS

に同じ

追加

JIS

は変圧器内蔵形を除き電圧

変換を禁止した。

電圧変換は危険なため禁止した。
(海外旅行者用は,この規格の対
象外と考えた。

8.1

定 格 電 流 又 は 定 格
電力の表示

8.1

JIS

に同じ

追加

“1 500 W まで”を例示として
追加した。

日本での代表的な表示を追加し
た。

10.3

規定なし 10.3

プラグの片刃挿入の禁止

削除

IEC

規格で禁止しているプラ

グの片刃挿入の禁止は,JIS 

は規定しない。

JIS C 8303

のプラグ及びコンセ

ントでは対応ができない。

14.23.2

コ ン セ ン ト に か か
る荷重試験

14.23.2

JIS

に同じ

追加

IEC

電線以外の電線付きプラ

グで試験してもよいとした。

第 1 部のタイプ 2 に対応させた。

14.23.101

横方向の引張試験

14.23.101

JIS

に同じ

追加

JIS C 8303

の表 1 にある形状の

コンセントは,この規定の適用

外とした。

試験用プラグの外径が決定でき
ないので適用を除外した。

 
 
 
 
 
 

14

C

 828

2-

2-

5


2

007


15

C 8282-2-5

:2007

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定 

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇条番号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

14.101

ア ダ プ タ の プ ラ グ

部 と コ ン セ ン ト 部
の組み合わせ

 14.101

JIS

に同じ

ただし,IEC 規格では,
接地極付きコンセントと
接地極のないクラス 0 機

器用プラグとの接続を可
能にするアダプタを認め
ていない。

変更

IEC

規格は,NOTE で接地極付

きコンセントと接地極のない
クラス 0 機器用プラグとの接
続を可能にするアダプタを禁

止しているが,JIS ではこの主
旨を規定とし,本文に移した。
 
 
 

IEC

規格の規定では,接地極付

きコンセントをもつアダプタ
は接地極付きプラグをもたな

ければならないが,JIS では接
地極のないプラグであっても
接地端子付き又は接地口出し

線 付 き の ア ダ プ タ を 認 め た 。
(クラス I からクラス 0I への
変換を認めた。

接地極付きコンセントを普及さ

せるため,通則において,接地極
付きコンセントに接地極なしプ
ラグを挿入することを認めてい

るため,接地極なしプラグの挿入
を認める必要があるが,アダプタ
単体としては,IEC 規格の原則

(極数の一致)に整合するように

JIS

に規定として明記した。

 
クラス I からクラス 0I への変換
アダプタは,クラス I 機器を普及
させるために必要である。ただ

し,漏えい電流が大きい機器には
使用できないので,機器側規格で
の対応が必要となる。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

15

C

 828

2-

2-

5


2

007


16

C 8282-2-5

:2007

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定 

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇条番号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ) JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

追加

平刃用の試験装置に関する記

述を追加した。 

図 16 の試験用ジグは平刃には適
用できないので,当面の間は平刃
には

図 16 を適用しない。

追加

JIS C 8282-2-11

の適用範囲に

あるものは,JIS C 8282-2-11
の試験方法によるを追加した。

引掛形に対する対応。

20

開閉容量 20

JIS

に同じ

変更

試験用プラグは絶縁スリーブ
付き以外も使用できるように

した。

IEC

規格で試験用プラグに指定

している絶縁スリーブは,日本で

は一般的でないので絶縁スリー
ブなしの試験用プラグで試験を
行う。

追加

JIS C 8282-2-11

の適用範囲に

あるものは,JIS C 8282-2-11
の試験方法によるを追加した。

引掛形に対する対応。

21

通常動作 21

JIS

に同じ

平刃用の試験装置に関する記

述を追加した。 

図 16 の試験用ジグは平刃には適
用できないので,当面の間は平刃
には

図 16 を適用しない。

22

プラグを引き抜くの
に必要な力

22

JIS

に同じ

追加

JIS C 8282-2-11

の適用範囲に

あるものは,JIS C 8282-2-11
の試験方法によるを追加した。

引掛形に対する対応。

追加

電線非交換形の電線の適用規
格に電気用品安全法省令第 1
項適合電線を追加した。 

タイプ 2 の追加による。

23.3

試験電流

23.3

JIS

に同じ

試験電流を極配置で分けた。

第 1 部との整合。

 
 

16

C

 828

2-

2-

5


2

007


17

C 8282-2-5

:2007

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定 

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

箇条番号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際規格
番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

追加

ピンの回転トルク試験は,丸

ピンだけに適用する。 

規定対象を明確化した。

24.2

タ ン ブ リ ン グ バ レ

ル試験

24.2

JIS

に同じ

平刃式のものの試験回数を減
らした。

日本の平刃式のプラグでは栓刃が
変形するほどの衝撃のもとでは使
用されていないことから,栓刃の

変形しない程度の回数を定める。

変更 10.5:

    図 4 →図 10

14.23.101:      図 6 →図 3 
20:

    図 12→図 16

21:

    図 12→図 16

22.1:

    図 13→図 18

24.7:

    図 23→図 28

24.10:

    図 25→図 30

28.1.2:

    図 26→図 40

JIS C 8282-1

(通則)の改正により

図番号が入れ替わったため,修正
した。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD   IEC 60884-2-5:1995

被引用法規

電気用品安全法

 
注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

17

C

 828

2-

2-

5


2

007