>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8282-2-2

:2010

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

2

3

  用語及び定義

2

4

  一般要求事項

2

5

  試験に関する一般注意事項

2

6

  定格

3

7

  分類

3

8

  表示

3

9

  寸法検査

3

10

  感電に対する保護

3

11

  接地接続の手段

3

12

  端子及び終端

3

13

  固定形コンセントの構造

4

14

  プラグ及び可搬形コンセントの構造

4

15

  インターロックされたコンセント

4

16

  耐劣化性,外郭による保護及び耐湿性

5

17

  絶縁抵抗及び耐電圧

5

18

  接地極の動作

5

19

  温度上昇

5

20

  開閉容量

5

21

  通常操作

5

22

  プラグを引き抜くのに必要な力

5

23

  可とうケーブル及びその接続

5

24

  機械的強度

5

25

  耐熱性

6

26

  ねじ,通電部及び接続部

6

27

  沿面距離,空間距離及びシーリングコンパウンドを通しての絶縁距離

6

28

  絶縁材料の耐過熱性,耐火性及び耐トラッキング性

6

29

  耐腐食性

6

30

  絶縁スリーブ付きピンの追加試験

6

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表

7


C 8282-2-2

:2010

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

工業規格である。

これによって,JIS C 8282-2-2:2007 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。

JIS C 8282

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

C

8282-1

  第 1 部:一般要求事項

JIS

C

8282-2-1

  第 2-1 部:ヒューズ付きプラグの個別要求事項

JIS

C

8282-2-2

  第 2-2 部:機器用コンセントの個別要求事項

JIS

C

8282-2-3

  第 2-3 部:固定配線用のインターロックをもたないスイッチ付きコンセントの個別要

求事項

JIS

C

8282-2-5

  第 2-5 部:アダプタの個別要求事項

JIS

C

8282-2-6

  第 2-6 部:固定配線用インターロックをもつスイッチ付きコンセントの個別要求事項

JIS

C

8282-2-11

  第 2-11 部:引掛形などの接続器の個別要求事項


日本工業規格

JIS

 C

8282-2-2

:2010

家庭用及びこれに類する用途の

プラグ及びコンセント−

第 2-2 部:機器用コンセントの個別要求事項

Plugs and socket-outlets for household and similar purposes

Part 2-2: Particular requirements for socket-outlets for appliances

序文

この規格は,2006 年に第 2 版として発行された IEC 60884-2-2 を基に作成した日本工業規格であるが,

日本の配電事情などを考慮し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格であり,JIS C 8282-1:2010(家

庭用及びこれに類する用途のプラグ及びコンセント−第 1 部:一般要求事項)と併読する規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格の適用範囲は,JIS C 8282-1 の箇条 によるほか,次による。

(第 1 段落を,次に置き換える。

この規格は,機器と一体にする,又は機器に組み込む若しくは機器に固定することを意図した,交流専

用で,接地極あり又は接地極なしで,定格電圧 250 V 以下,定格電流 16 A 以下のコンセント(以下,機器

用コンセントという。

)に適用する。

(第 4 段落の後に,次の文を追加する。

機器用コンセントは,固定配線に使用する場合,適切な取付ボックスに固定する手段を備える。

機器用コンセントは,事務用機器,コンピュータ,AV 機器・ビデオ機器,レンジフード,レンジなど,

据え付けて使用する装置又は機器に使用することを意図している。

必要であれば,機器用コンセントの使用に関することは,これを使用する装置及び機器の規格に規定す

る。

機器用コンセントの周囲の温度は,35  ℃を超えることを意図していない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60884-2-2:2006

,Plugs and socket-outlets for household and similar purposes−Part 2-2: Particular

requirements for socket-outlets for appliances (MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。


2

C 8282-2-2

:2010

2

引用規格

この規格で用いる引用規格は,JIS C 8282-1 の箇条 によるほか,次による。

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 4526-1:2005

  機器用スイッチ−第 1 部:一般要求事項

JIS C 8282-1:2010

  家庭用及びこれに類する用途のプラグ及びコンセント−第 1 部:一般要求事項

注記  対応国際規格:IEC 60884-1:2002,Plugs and socket-outlets for household and similar purposes−

Part 1: General requirements

及び Amendment 1:2006 (MOD)

JIS C 60068-2-75

  環境試験方法−電気・電子−第 2-75 部:ハンマ試験

注記  対応国際規格:IEC 60068-2-75,Environmental testing−Part 2-75: Tests−Test Eh: Hammer tests

(IDT)

IEC 61210

,Connecting devices−Flat quick-connect terminations for electrical copper conductors−Safety

requirements

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 8282-1 の箇条 によるほか,次による。

3.6

機器用コンセント”は,JIS C 8282-1 に追加されたため,この規格から削除した。)

3.101

平形接続子  (flatquick-connect terminations)

工具を使用しないで挿入及び引抜きが容易にできる,メールタブ及び平形接続端子からなる電気的接続

子。

注記  この平形接続子は,スナップオンコネクタ又はフラットプッシュオンコネクタとも呼ばれる。

3.102

平形接続端子  (female connector)

メールタブに差し込む平形接続子の部分。

3.103

メールタブ  (male tab)

平形接続端子を受ける平形接続子の部分。

4

一般要求事項

一般要求事項は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

5

試験に関する一般注意事項

試験に関する一般注意事項は,JIS C 8282-1 の箇条 によるほか,次による。

5.101

  機器用コンセントに平形接続子のメールタブが付いている場合,箇条 19,箇条 20 及び箇条 21 

各試験には,新しい平形接続端子を用いなければならない。

試験用平形接続端子は,めっきをしない銅合金でなければならない。


3

C 8282-2-2

:2010

6

定格

定格は,JIS C 8282-1 の箇条 によるほか,次による。

6.1

JIS C 8282-1

の 6.1 によるほか,次による。

JIS C 8303

表 に規定する極配置のコンセントを除き,機器用コンセントの定格は,JIS C 8282-1 

表 の定格電流 16 A 以下及び定格電圧 250 V 以下とする。

7

分類

分類は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

8

表示

表示は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

9

寸法検査

寸法検査は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

10

感電に対する保護

感電に対する保護は,JIS C 8282-1 の箇条 10 による。

11

接地接続の手段

接地接続の手段は,JIS C 8282-1 の箇条 11 による。

12

端子及び終端

端子及び終端は,JIS C 8282-1 の箇条 12 によるほか,次による。

12.1.1  JIS C 8282-1

の 12.1.1 によるほか,次による。

(最初の段落に,次の文を追加する。

機器用コンセントは,ねじ端子,ねじなし端子又は平形接続子のメールタブを備えていなければならな

い。

表 の注

a)

及び

b)

は,適用しない。

なお,JIS C 4526-1 の 11.1.2.6(はんだ付け端子)に適合するはんだ付け端子を用いてもよい。

平形接続子のメールタブは,16 A 以下のコンセントだけに使用できる。

12.101

平形接続子

試験用のメールタブ及び平形接続端子は,IEC 61210 に適合していなければならない。

12.101.1

構造に関する要求事項

12.101.1.1

メールタブは,IEC 61210 に規定する,次のいずれかの寸法でなければならない。

2.8 mm

×0.8 mm

4.8 mm

×0.8 mm

6.3 mm

×0.8 mm

適否は,三つの試験品を測定して判定する。すべての試験品が IEC 61210 の寸法に関する要求事項に適

合していなければならない。

逆向き挿入できない (Non-reversible) 平形接続子の丸形ディンプル戻り止め用くぼみ,角形ディンプル


4

C 8282-2-2

:2010

戻り止め用くぼみ及び穴付き戻り止め用の穴又はその手段は,IEC 61210 に適合していなければならない。

12.101.1.2

メールタブは,銅又は銅合金(地金のまま又はすずめっき付き)製でなければならない。規定

以外の材料及び表面処理を用いる場合は電気的,機械的特性,特に,耐食性,接触抵抗の安定性及び機械

的強度が劣ってはならない。

12.101.1.3

メールタブは,コンセントがこの規格に適合しなくなるような損傷を生じることがなく,平形

接続端子を引抜きできるように十分な強度がなければならない。

適否は,軸方向に

表 101 の力をゆっくりと加えて判定する。

その後の使用を妨げるような変形又は損傷を生じてはならない。

表 101−タブに加える力

メールタブの寸法(公称)

mm

押す力

a)

N

引く力

a)

N

2.8

×0.8

4.8

×0.8

6.3

×0.8

50

60

80

40

50

70

a)

上記の値は,平形接続端子をメールタブに挿入,引き抜くときの最大値である。

12.101.1.4

(隣どうしにある)メールタブは,適切な平形接続端子が接続できるように十分な空間がなけ

ればならない。

適否は,適切な平形接続端子を各々のメールタブに取り付けて判定する。この操作の間,メールタブ及

びメールタブ周囲の部位にひずみ又は変形が生じてはならない。また,沿面距離及び空間距離が箇条 27

の規定値未満になってはならない。

12.101.2

電気的要求事項

メールタブの寸法は,

表 102 のコンセントの定格電流に対応していなければならない。

表 102−メールタブの寸法と定格電流との関係

メールタブの寸法(公称)

mm

最大定格電流

A

2.8

×0.8 6

4.8

×0.8 10

6.3

×0.8 16

13

固定形コンセントの構造

固定形コンセントの構造は,JIS C 8282-1 の箇条 13 による。ただし,13.21 は,この規格による。

13.21

  機器用コンセントは,その部品の組立状態がコンセントを機器に固定するときに影響を受けないよ

うに設計しなければならない。

固定の方法は,コンセントを回転したり,工具を使わずに機器から取り外すことができてはならない。

14

プラグ及び可搬形コンセントの構造

プラグ及び可搬形コンセントの構造は,JIS C 8282-1 の箇条 14 による。

15

インターロックされたコンセント

インターロックされたコンセントは,JIS C 8282-1 の箇条 15 による。


5

C 8282-2-2

:2010

16

耐劣化性,外郭による保護及び耐湿性

耐劣化性,外郭による保護及び耐湿性は,JIS C 8282-1 の箇条 16 による。

17

絶縁抵抗及び耐電圧

絶縁抵抗及び耐電圧は,JIS C 8282-1 の箇条 17 による。

18

接地極の動作

接地極の動作は,JIS C 8282-1 の箇条 18 による。

19

温度上昇

温度上昇は,JIS C 8282-1 の箇条 19 による。

20

開閉容量

開閉容量は,JIS C 8282-1 の箇条 20 による。

21

通常操作

通常操作は,JIS C 8282-1 の箇条 21 による。

22

プラグを引き抜くのに必要な力

プラグを引き抜くのに必要な力は,JIS C 8282-1 の箇条 22 による。

23

可とうケーブル及びその接続

可とうケーブル及びその接続は,JIS C 8282-1 の箇条 23 による。

24

機械的強度

機械的強度は,JIS C 8282-1 の箇条 24 によるほか,次による。

−  機器用コンセントは,    24.101

24.101

機器用コンセントは,JIS C 60068-2-75 のスプリングハンマ試験装置によって,次の方法で打撃を

加えて判定する。

機器用コンセントを通常の使用状態に取り付けたとき,可触となるすべての表面を上記の試験装置で試

験する。

機器と一体,又は機器に組み込むように設計したコンセントは,通常の使用状態で試験する。

機器に固定するように設計したコンセントは,垂直に置いた 8 mm 厚,175 mm 角の金属の裏打ちのない

合板に取り付ける。合板は,レンガ,コンクリート又はこれに類する堅ろうな壁に固定した堅いフレーム

に取り付ける。

打撃は,可触となるすべての表面に加える。試験装置は,JIS C 8282-1 の適切な図及び

表 21 の振り子式

打撃子による打撃エネルギーを発生するように調整する。

各試験面に対し,その最も弱い箇所に打撃を 3 回加える(合計打撃数は 9 回)

注記 1  次のスプリングハンマのエネルギー値は,振り子が発生するエネルギー値に相当する。表 103

参照。


6

C 8282-2-2

:2010

表 103−振り子の落下高さとスプリングハンマのエネルギー値との関係

落下高さ

mm

エネルギー

J

100 0.22

±0.05

150 0.33

±0.05

200 0.44

±0.05

250 0.55

±0.05

一連の 3 回の打撃の結果が,それに続く一連の試験に影響しないように注意する。前の打撃による損傷

の疑いがある場合は,

この損傷を無視して新しい試験品を用い,

損傷が生じた同じ面に 3 回の打撃を加え,

試験に適合しなければならない。

試験後,試験品にこの規格に規定する損傷が生じてはならない。特に,充電部に JIS C 0922 の検査プロ

ーブ B が接触してはならない。

注記 2  27.1 に規定する沿面距離又は空間距離を減じない仕上げ面の小さいくぼみ,及び感電に対す

る保護又は水の有害な浸入に影響しない小さいきずあとは,無視する。

肉眼又は拡大しない矯正視力で見えないひび及び繊維強化成形品の表面のひびは,無視する。

コンセントの外表面の任意の部分のひび又はくぼみは,この部分を除いてコンセントがこの規格に適合

する場合,無視する。

25

耐熱性

耐熱性は,JIS C 8282-1 の箇条 25 による。

26

ねじ,通電部及び接続部

ねじ,通電部及び接続部は,JIS C 8282-1 の箇条 26 による。

27

沿面距離,空間距離及びシーリングコンパウンドを通しての絶縁距離

沿面距離,空間距離及びシーリングコンパウンドを通しての絶縁距離は,JIS C 8282-1 の箇条 27 による

ほか,次による。

27.1  JIS C 8282-1

の 27.1 によるほか,次による。

機器用コンセントは,金属フレームをサポートとして使用し,移動できる場合,これを最も不利な位置

に置いて試験する。

28

絶縁材料の耐過熱性,耐火性及び耐トラッキング性

絶縁材料の耐過熱性,耐火性及び耐トラッキング性は,JIS C 8282-1 の箇条 28 によるほか,次による。

28.1 の前に追加)

この試験の目的から,機器用コンセントは,固定形コンセントと考える。

29

耐腐食性

耐腐食性は,JIS C 8282-1 の箇条 29 による。

30

絶縁スリーブ付きピンの追加試験

JIS C 8282-1

の箇条 30 は,この規格では適用しない。


7

C 8282-2-2

:2010

附属書 JA

参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS C 8282-2-2:2010

  家庭用及びこれに類する用途のプラグ及びコンセント−第

2-2

部:機器用コンセントの個別要求事項

IEC 60884-2-2:2006

,Plugs and socket-outlets for household and similar purposes−

Part 2-2: Particular requirements for socket-outlets for appliances

(

Ⅰ)JIS の規定

(

Ⅲ)国際規格の規定

(

Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇条

ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(

Ⅱ)

国際規 
格番号

箇条番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

3.6

第 1 部による。 3

機器用コンセントの定義

削除

定義を削除した。

“機器用コンセント”の定義は,
第 1 部に追加されたため削除し

た。

6.1

定格 6.1

JIS

に同じ

追加

表 1 は,JIS C 8303 の表 1 に掲

げる極配置以外のコンセント
に適用する。

第 1 部の表 1 は,JIS C 8303 の表

1

に掲げる極配置以外のコンセン

トに適用されている。

12.1.1

端子の種類

12.1.1

JIS

に同じ

追加

JIS C 4526-1

の 11.1.2.6 に適合

するはんだ付け端子を追加し
た。また,平形接続用メールタ

ブは 16 A 以下のコンセントに
だけ使用できるとした。

欧州の AV 機器に用いているもの
はほとんどはんだ付け式であり,
海外でも認められている。

IEC 60760

では 16 A までのタイプ

しかカバーしていない。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:IEC 60884-2-2:2006,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

7

C

 828

2-

2-

2


20
1

0