>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8282-2-11

:2007

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

1

4

  一般要求事項

2

5

  試験に関する一般注意事項

2

6

  定格

2

7

  分類

2

8

  表示

2

9

  寸法検査

2

10

  感電に対する保護

2

11

  接地接続の手段

2

12

  端子及び終端

2

13

  固定形コンセントの構造

2

14

  プラグ及び可搬形コンセントの構造

2

15

  インターロックされたコンセント

2

16

  耐劣化性,外郭による保護及び耐湿性

2

17

  絶縁抵抗及び耐電圧

3

18

  接地極の動作

3

19

  温度上昇

3

20

  開閉容量

3

21

  通常動作

3

22

  プラグを引き抜くのに必要な力

3

23

  可とうケーブル及びその接続

3

24

  機械的強度

4

25

  耐熱性

4

26

  ねじ,通電部及び接続部

4

27

  沿面距離,空間距離及びシーリングコンパウンドを通しての絶縁距離

4

28

  絶縁材料の耐過熱性,耐火性及び耐トラッキング性

4

29

  耐腐食性

4

30

  絶縁スリーブ付きピンの追加試験

4


C 8282-2-11

:2007

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

工業規格である。これによって,JIS C 8282-2-11:2000 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS C 8282

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

C

8282-1

第 1 部:通則

JIS

C

8282-2-1

第 2-1 部:ヒューズ付きプラグの個別要求事項

JIS

C

8282-2-2

第 2-2 部:機器用コンセントの個別要求事項

JIS

C

8282-2-3

第 2-3 部:固定配線用インターロックをもたないスイッチ付きコンセントの個別要求

事項

JIS

C

8282-2-5

第 2-5 部:アダプタの個別要求事項

JIS

C

8282-2-6

第 2-6 部:固定配線用インターロックをもつスイッチ付きコンセントの個別要求事項

JIS

C

8282-2-11

第 2-11 部:引掛形などの接続器の個別要求事項


日本工業規格

JIS

 C

8282-2-11

:2007

家庭用及びこれに類する用途の

プラグ及びコンセント−

第 2-11 部:引掛形などの接続器の個別要求事項

Plugs and socket-outlets for household and similar purposes

Part 2-11: Particular requirements for twist lock and another

序文

この規格は,2002 年に第 3 版として発行された IEC 60884-1 を参考として,国際規格の様式によって作

成した日本工業規格であり,JIS C 8282-1:2007(家庭用及びこれに類する用途のプラグ及びコンセント−

第 1 部:通則)と併読する規格である。

1

適用範囲

この規格の適用範囲は,JIS C 8282-1 によるほか次による。

この規格は,引掛形,ロックナット式,抜止形などに適用する。

2

引用規格

この規格で用いる引用規格は,JIS C 8282-1 によるほか,次による。

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

)は適用しない。

JIS C 8282-1:2007

  家庭用及びこれに類する用途のプラグ及びコンセント−第 1 部:通則

注記  対応国際規格:IEC 60884-1 : 2002,Plugs and socket-outlets for household and similar purposes

−Part 1 : General requirements (MOD)

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 8282-1 によるほか,次による。

3.101

抜止形  (twist type)

差込接続器のプラグ受けの一種で,刃受け,配線接続端子などによって構成し,差込プラグを差し込み,

時計方向に回転させることによって,差込プラグが容易に抜けなくなる構造のもの。

注記  差込プラグは,一般差込式のものである。

3.102

引掛形  (twist lock type)

差込接続器の一種で,刃及び刃受けが円弧でわん曲しており,これに適合する差込プラグを差し込み,


2

C 8282-2-11

:2007

時計方向に回転させることによって,差込プラグが抜けなくなる構造のもの。この場合の差込プラグを引

掛差込プラグという。

4

一般要求事項

一般要求事項は,JIS C 8282-の箇条 による。

5

試験に関する一般注意事項

試験に関する一般注意事項は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

6

定格

定格は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

7

分類

分類は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

8

表示

表示は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

9

寸法検査

寸法検査は,JIS C 8282-1 の箇条 による。

10

感電に対する保護

感電に対する保護は,JIS C 8282-1 の箇条 10 による。

11

接地接続の手段

接地接続の手段は,JIS C 8282-1 の箇条 11 による。

12

端子及び終端

端子及び終端は,JIS C 8282-1 の箇条 12 による。

13

固定形コンセントの構造

固定形コンセントの構造は,JIS C 8282-1 の箇条 13 による。

14

プラグ及び可搬形コンセントの構造

プラグ及び可搬形コンセントの構造は,JIS C 8282-1 の箇条 14 による。

15

インターロックされたコンセント

インターロックされたコンセントは,JIS C 8282-1 の箇条 15 による。

16

耐劣化性,外郭による保護及び耐湿性


3

C 8282-2-11

:2007

耐劣化性,外郭による保護及び耐湿性は,JIS C 8282-1 の箇条 16 による。

17

絶縁抵抗及び耐電圧

絶縁抵抗及び耐電圧は,JIS C 8282-1 の箇条 17 による。

18

接地極の動作

接地極の動作は,JIS C 8282-1 の箇条 18 による。

19

温度上昇

温度上昇は,JIS C 8282-1 の箇条 19 による。

20

開閉容量

開閉容量は,JIS C 8282-1 の箇条 20 によるほか,次による。

(試験電圧,試験電流,負荷の力率,開閉速度及び開閉回数を次に置換)

試験電圧:定格電圧

試験電流:定格電流の 1.5 倍

負荷の力率:0.95 以上 1 以下

開閉速度:20 回/分

開閉回数:100 回

21

通常動作

通常動作は,この規格では規定しない。

22

プラグを引き抜くのに必要な力

プラグを引き抜くのに必要な力は,この規格による。

次に掲げる引張試験を行ったとき,各部に異状が生じてはならない。

a)

刃をもつものを刃受けをもつものに差し込み,刃をもつものとの間に,

表 に示す引張り力を連続し

て 1 分間加える。

表 1−引張荷重

引張り力  N

定格電流  A

引掛形のもの及びロック

ナット式のもの

抜止形のもの

15

以下のもの 150 100

15

を超え 20 以下のもの 200

150

20

を超え 32 以下 300

150

b)

刃をもつもの及び刃受けをもつものにそれぞれコードを接続し,刃をもつものとコードとの間及び刃

受けをもつものとコードとの間に,それぞれ

表 に示す値の引張り力を連続して 1 分間加える。

23

可とうケーブル及びその接続

可とうケーブル及びその接続は,JIS C 8282-1 の箇条 23 による。


4

C 8282-2-11

:2007

24

機械的強度

機械的強度は,JIS C 8282-1 の箇条 24 による。

25

耐熱性

耐熱性は,JIS C 8282-1 の箇条 25 による。

26

ねじ,通電部及び接続部

ねじ,通電部及び接続部は,JIS C 8282-1 の箇条 26 による。

27

沿面距離,空間距離及びシーリングコンパウンドを通しての絶縁距離

沿面距離,

空間距離及びシーリングコンパウンドを通しての絶縁距離は,

JIS C 8282-1

の箇条 27 による。

28

絶縁材料の耐過熱性,耐火性及び耐トラッキング性

絶縁材料の耐過熱性,耐火性及び耐トラッキング性は,JIS C 8282-1 の箇条 28 による。

29

耐腐食性

耐腐食性は,JIS C 8282-1 の箇条 29 による。

30

絶縁スリーブ付きピンの追加試験

絶縁スリーブ付きピンの追加試験は,JIS C 8282-1 の箇条 30 による。