>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8152-1

:2014

(1)

追補 1 のまえがき

この JIS C 8152-1 の追補 1 は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大

臣が JIS C 8152-1:2012 を改正した内容だけを示すものである。

JIS C 8152-1:2012

は,この追補 1 の内容の改正がされ,JIS C 8152-1:2014 となる。


   

日本工業規格

JIS

 C

8152-1

:2014

照明用白色発光ダイオード(LED)の測光方法−

第 1 部:LED パッケージ

(追補 1)

Photometry of white light emitting diode for general lighting-

Part 1: LED packages

(Amendment 1)

JIS C 8152-1:2012

を,次のように改正する。

箇条 8(全光束測定)の 8.4(自己吸収補正係数の測定方法)の次に,次の 8.5 を追加する。

8.5 

効率の測定 

効率 η

t

(lm/W)の測定は,箇条 に規定する被測定 LED の点灯条件として指定された入力電流 A

t

(A)

入力電圧 V

t

(V)

,及び 8.3 で測定する全光束 Φ

t

(lm)から,次の式で求める。

t

t

t

t

V

A

Φ

×

=

η

ここに,

η

t

効率(lm/W)

Φ

t

全光束(lm)

A

t

入力電流(A)

V

t

入力電圧(V)

箇条 11(測定結果の記載方法)の 11.2.3(全光束)を,次の文に置き換える。

11.2.3 

全光束 

測定結果に応じて,次の内容を記載する。

a)

光束値(lm)

b)

効率(lm/W)

参考文献欄の JIS Z 8720  測色用標準イルミナント(標準の光)及び標準光源を,JIS Z 8720  測色用の標

準イルミナント(標準の光)及び標準光源に置き換える。