>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8147-2-8

:2011

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  一般的要求事項

2

4.1

  コンデンサ及びその他の部品

2

4.2

  熱的保護機能付き安定器

2

4.2A

  過熱保護形安定器

2

5

  試験上の一般的注意事項

2

6

  分類

3

7

  表示

3

7.1

  強制表示

3

7.2

  該当する場合に提供する情報

3

7.3

  その他の情報

3

8

  充電部との偶発接触からの保護

3

9

  端子

4

10

  保護接地

4

11

  耐湿性及び絶縁性

4

12

  耐電圧

4

13

  安定器巻線の熱耐久性試験

4

14

  安定器の温度上昇

4

14.1

  予備試験,検査及び測定

4

14.2

  コンデンサ両端の電圧

4

14.3

  安定器の温度上昇試験

5

15

  高電圧インパルス試験

6

16

  故障状態

7

17

  構造

7

18

  沿面距離及び空間距離

7

19

  ねじ,通電部及び接続部

7

20

  耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性

7

21

  耐食性

8

22

  無負荷出力電圧

8

附属書 A(規定)導電部が電撃を生じる充電部であるかどうかを決めるための試験

9

附属書 B(規定)熱的保護機能付きランプ制御装置の個別要求事項

9

附属書 C(規定)過熱保護手段付き電子ランプ制御装置の個別要求事項

9


C 8147-2-8

:2011  目次

(2)

ページ

附属書 D(規定)熱的保護機能付きランプ制御装置の加熱試験方法

9

附属書 E(規定)t

w

試験での 4 500 以外の定数 の使用

9

附属書 F(規定)風防容器

10

附属書 G(規定)パルス電圧の値の由来の説明

10

附属書 H(規定)試験

10

附属書 I(規定)バリスタの選択方法

11

附属書 J(参考)安定器の温度に関する説明

13

附属書 K(規定)二重絶縁又は強化絶縁をもつ器具内用磁気回路式安定器の追加要求事項

16

附属書 JA(規定)追加の安全性要求事項

16

附属書 JB(規定)過熱保護形安定器の要求事項

17

附属書 JC(参考)JIS と対応国際規格との対比表

19


C 8147-2-8

:2011

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本電球

工業会(JELMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正す

べきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって JIS C 8147-2-8:2005 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS C 8147

の規格群には,次に示す部編成がある

JIS

C

8147-1

  第 1 部:通則及び安全性要求事項

JIS

C

8147-2-1

  第 2-1 部:始動装置の個別要求事項(グロースタータを除く)

JIS

C

8147-2-2

  第 2-2 部:直流又は交流電源用低電圧電球用電子トランスの個別要求事項

JIS

C

8147-2-3

  第 2-3 部:交流電源用蛍光灯電子安定器の個別要求事項

JIS

C

8147-2-8

  第 2-8 部:蛍光灯安定器の個別要求事項

JIS

C

8147-2-9

  第 2-9 部:放電灯安定器個別要求事項(蛍光灯安定器を除く)

JIS

C

8147-2-10

  第 2-10 部:管形冷陰極放電ランプ(ネオン管)の高周波動作用電子インバータ及び

変換器の個別要求事項

JIS

C

8147-2-11

  第 2-11 部:照明器具用のその他の電子回路の個別要求事項

JIS

C

8147-2-12

  第 2-12 部:直流又は交流電源用放電灯電子安定器の個別要求事項(蛍光灯を除く)

JIS

C

8147-2-13

  第 2-13 部:直流又は交流電源用 LED モジュール用制御装置の個別要求事項


C 8147-2-8

:2011  目次

(4)

白      紙


日本工業規格

JIS

 C

8147-2-8

:2011

ランプ制御装置−

第 2-8 部:蛍光灯安定器の個別要求事項

Lamp controlgear

Part 2-8: Particular requirements for ballasts for fluorescent lamps

序文

この規格は,2006 年に第 1.1 版として発行された IEC 61347-2-8 を基とし,技術的内容を変更して作成

した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表をその説明を付けて,

附属書 JC に示す。また,附属書 JA 及び附属書 JB は対応国際規格にはない事

項である。

1

適用範囲

この規格は,JIS C 7617-2 及び JIS C 7618-2 に規定する蛍光ランプ並びに JIS C 7605 に規定する殺菌用

低圧水銀放電管に用いる,50 Hz 又は 60 Hz の 1 000 V 以下の交流電源で使用する,定格二次電圧が 1 000 V

以下の抵抗形を除く安定器の個別安全要求事項について規定する。この規格は,まだ規格化していない蛍

光ランプにも適用する。

この規格は,安定器,並びにリアクタ,変圧器及びコンデンサのような構成部品に適用する。熱的保護

機能付き安定器に対する個別要求事項については,

附属書 に規定する。

商用周波数でランプを点灯する従来の安定器は含めるが,高周波でランプを点灯する交流及び直流電源

用蛍光灯電子安定器は適用外とする。それらについては,JIS C 8147-2-3 を適用する。

静電容量が 0.1 μF を超えるコンデンサについては,JIS C 4908 に規定する。静電容量が 0.1 μF 以下のコ

ンデンサについては,JIS C 5101-14 に規定する。

性能要求事項は,JIS C 8118 による。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61347-2-8:2006

,Lamp controlgear−Part 2-8: Particular requirements for ballasts for fluorescent

lamps(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 3215-0-1

  巻線個別規格−第 0 部:一般特性−第 1 節:エナメル銅線


2

C 8147-2-8

:2011

JIS C 4908

  電気機器用コンデンサ

JIS C 5101-14

  電子機器用固定コンデンサ−第 14 部:品種別通則:電源用電磁障害防止固定コンデン

JIS C 7605

  殺菌用低圧水銀放電管

JIS C 7617-2

  直管蛍光ランプ−第 2 部:性能仕様

JIS C 7618-2

  片口金蛍光ランプ−第 2 部:性能仕様

JIS C 8105-1

  照明器具−第 1 部:安全性要求事項通則

JIS C 8118

  蛍光灯安定器−性能要求事項

JIS C 8147-1

  ランプ制御装置−第 1 部:通則及び安全性要求事項

注記  対応国際規格:IEC 61347-1,Lamp controlgear−Part 1: General and safety requirements(MOD)

JIS C 8147-2-3

  ランプ制御装置−第 2-3 部:交流電源用蛍光灯電子安定器の個別要求事項

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 8147-1 の箇条 3(用語及び定義)によるほか,次による。

3.1

安定器巻線の定格温度上昇,

Δt(rated temperature rise of a ballast windings, Δt

この規格に規定する条件で製造業者が指定した温度上昇。

注記  電源及び安定器の取付けについての規定は,附属書 による。

3.2

短絡電力(電圧源の)[short-circuit power (of a voltage source)]

その出力端子に生じる電圧(開放状態)の二乗を(同じ端子から見た)電源の内部インピーダンスで除

したもの。

4

一般的要求事項

一般的要求事項は,JIS C 8147-1 の箇条 4(一般的要求事項)によるほか,次による。

4.1

コンデンサ及びその他の部品

安定器に組み込んだコンデンサは,JIS C 4908 又は JIS C 5101-14,その他の部品は該当する JIS の規定

による。

4.2

熱的保護機能付き安定器

熱的保護機能付き安定器は,

附属書 による。

4.2A

  過熱保護形安定器

過熱保護形安定器は,

附属書 JB による。

5

試験上の一般的注意事項

試験上の一般的注意事項は,JIS C 8147-1 の箇条 5(試験上の一般的注意事項)によるほか,次による。

5.1

  形式試験は,

形式試験のために提供した 8 個の安定器からなる 1 組の形式試験試料を用いて実施する。

7 個の安定器は熱耐久性試験用で,もう 1 個の安定器はその他の全ての試験用である。熱耐久性試験の適

合条件は,箇条 13 による。

さらに,高いインパルス電圧が発生する回路を用いた安定器の場合,箇条 15 に規定する高電圧インパル

ス試験用に 6 個の安定器が必要となる。試験中にこれらの安定器が故障してはならない。


3

C 8147-2-8

:2011

5.2

  試験は,

附属書 に規定する条件下で行う。一般に全ての試験は,それぞれの形式の安定器で実施

するか,

又はある範囲で類似した安定器を含んでいる場合には,

その範囲内のそれぞれの定格電力のもの,

若しくは製造業者の合意の下で代表的なものを選んで実施する。構造は同じで特性の異なる安定器が,試

験のために一緒に提出される場合,又は製造業者若しくはその他の試験機関からの試験成績書を試験所が

承認する場合は,

附属書 に規定する 4 500 以外の定数 の使用及び箇条 13 による熱耐久性試験の試料数

の低減,又はこれらの試験の省略が認められる。

6

分類

分類は,JIS C 8147-1 の箇条 6(分類)による。

7

表示

表示は,照明器具一体形安定器は,表示する必要はない。

7.1

強制表示

安定器(照明器具一体形安定器を除く。

)は,JIS C 8147-1 の 7.2(表示の耐久性及び判読性)に従って,

次の事項をはっきりと容易に消えない方法で表示しなければならない。

−  JIS C 8147-1 の 7.1(表示する項目)の a),b),e),f),g),k),qB)  及び r)。ただし,qB)  及び r)  は,

変圧式のものだけに適用する。また,k)  は,接地端子を除いて端子又は口出し線の数が 2 のもので,

かつ,接続が明らかなものには適用しない。

−  ピーク値が 1 500 V を超える場合には,発生する電圧のピーク値。この電圧が加わる接続部にも同じ

ように表示する。

グロースタータと安定器との組合せによって発生したパルスについては,この要求事項から除外す

る。

7.2

該当する場合に提供する情報

7.1

の強制表示に加えて,該当する場合には,次の情報を安定器に表示するか,又は製造業者のカタログ

若しくはこれに類似の資料に記載する。

−  JIS C 8147-1 の 7.1 の c),h),i),j),l),o),p),q)  及び qC)。ただし,l)  は,コンデンサケースの定

格最高温度とする。コンデンサが安定器外郭内に組み込まれ,コンデンサに近接した安定器外郭の表

面温度で代用する場合は,指定場所及び温度を表示する。

−  複数の分離したユニットからなる安定器の場合には,電流を制御する誘導性の要素にその他のユニッ

トの必要事項及び/又は必要なコンデンサの表示。

−  雑音防止用コンデンサ以外の分離した直列コンデンサを用いる誘導性安定器の場合には,コンデンサ

の定格電圧,静電容量及び許容差の表示。

7.3

その他の情報

製造業者は,提供できる場合,次の情報を表示してもよい。

Δの記号の後に,5 K の倍数で増加する巻線の定格温度上昇値。

8

充電部との偶発接触からの保護

充電部との偶発接触からの保護は,JIS C 8147-1 の箇条 10(充電部との偶発接触からの保護)による。


4

C 8147-2-8

:2011

9

端子

端子は,JIS C 8147-1 の箇条 8(端子)によるほか,次による。

器具内用の安定器の場合には,速結端子又は断面積が 0.75 mm

2

のコードをはんだ付けするのに十分な大

きさをもつラグ端子,独立形(屋内用だけ)安定器の場合には,速結端子をそれぞれ用いることができる。

10

保護接地

保護接地は,JIS C 8147-1 の箇条 9(保護接地)による。

11

耐湿性及び絶縁性

耐湿性及び絶縁性は,JIS C 8147-1 の箇条 11(耐湿性及び絶縁性)による。

12

耐電圧

耐電圧は,JIS C 8147-1 の箇条 12(耐電圧)による。

13

安定器巻線の熱耐久性試験

安定器巻線の熱耐久性試験は,JIS C 8147-1 の箇条 13(安定器巻線の熱耐久性試験)による。

14

安定器の温度上昇

安定器は,その取付部分の表面を含み,安全性を損なうおそれがある温度に達してはならない。

適合性は,14.114.4 の試験によって判定する。

14.1

予備試験,検査及び測定

試験前に,次の事項を検査及び測定する。

a)

安定器は,ランプを正常に始動及び点灯する。

b)

要求がある場合,各巻線の抵抗は,室温で測定する。

14.2

コンデンサ両端の電圧

定格周波数における,安定器に組み込んだコンデンサ両端の電圧は,次の a)  及び b)  に適合しなければ

ならない。これらの要求事項は,スタータ若しくは始動装置の中のコンデンサ,又は 0.1  μF(公称値)以

下の静電容量をもつコンデンサには適用しない。b)  の要求事項は,自己回復形コンデンサに適用しない。

a)

正常状態で,安定器を定格入力電圧で試験した場合,コンデンサ両端の電圧は,コンデンサの定格電

圧を超えてはならない。

b)

異常状態(14.3 参照)で,安定器を定格入力電圧の 110 %で試験したとき,コンデンサ両端の電圧は,

表 に規定するコンデンサの限度電圧を超えてはならない。

表 1−異常状態−コンデンサの試験電圧

分類

定格電圧(U

n

限度電圧

いずれでも

定格電圧は,240 V 以下,50 Hz 又は 60 Hz,及び最大定格温度

は 50  ℃以下

1.25 U

n

非自己回復形

その他の定格,50 Hz 又は 60 Hz

1.50 U

n

自己回復形

その他の定格,50 Hz 又は 60 Hz

1.25 U

n


5

C 8147-2-8

:2011

14.3

安定器の温度上昇試験

安定器を

附属書 の条件及び附属書 を参考にして試験した場合,正常状態及び異常状態の試験で,温

度は,

表 に規定する値を超えてはならない。

注記  異常回路状態は,JIS C 8105-1 の附属書 C(異常回路状態)に規定する。

表 2−最高温度

単位  ℃

最高温度

部品

定格入力電圧
の 100 %での

正常動作

定格入力電圧
の 106 %での

正常動作

d)

定格入力電圧
の 110 %での

異常動作

d)

定格温度上昇

Δを宣言した安定器巻線

a)

異常状態の温度を宣言した安定器巻線

b)

コンデンサ(コンデンサを安定器外郭に組み込んだ場

合,コンデンサに近接した安定器外郭温度)

−  温度宣言のないもの

50

−  安定器の外郭表面の定格最高温度(t

c

)の表示のあ

るもの

t

c

材料

−  木粉入りフェノール樹脂成形品  110

−  鉱物入りフェノール樹脂成形品  145

−  ユリア成形品

90

−  メラミン樹脂成形品

100

−  ラミネート紙,樹脂含浸積層紙  110

−  ゴム

−  熱可塑性材料

c)

注記  安定器外郭に組み込んだコンデンサ表面温度を安定器の外郭温度で代用し,安定器外郭に t

c

が表

示されているものは,安定器外郭の該当箇所が t

c

となる周囲温度で評価する。

a)

  定格入力電圧の 100 %における正常状態での巻線の温度上昇測定,すなわち,照明器具の設計に

情報を提供するための宣言値の確認は,強制的なものではなく,その測定は,安定器上に表示し

てある場合又はカタログの中で要求するその他の箇所に記載してある場合だけ行う。

b)

  この測定は,異常状態を発生する可能性がある回路に対して強制的に適用する。異常状態に対し

て宣言した巻線の温度限度は,理論的熱耐久性試験期間の少なくとも 2/3 に相当する日数に対応

する温度を超えてはならない(

表 参照)。

c)

  電線の絶縁に用いるもの以外の,充電部との偶発接触からの保護をしたりその部品を支持したり

する熱可塑性材料の温度も測定する。このようにして得た値は,JIS C 8147-1 の 18.1 の試験条件

を確立するために用いる。

d)

  附属書 又は附属書 JB に規定する保護機能付き安定器については,製造業者の要求がある場合,

定格入力電圧の 100 %で試験を行うことができる。

表 に規定する以外の材料又は製造方法を用いる場合には,それらの材料で証明した許容温度よりも高

い温度で動作させてはならない。

表 に規定のない絶縁物の温度限度は,JIS C 8105-1 による。

定格最高周囲温度  t

a

が宣言されている場合,宣言する定格最高周囲温度で安定器を用いた場合,

表 

規定する温度を超えてはならない。宣言していない場合,安定器の定格最高周囲温度は,巻線の定格最高

使用温度 t

w

と 100 %の定格入力電圧で測定した巻線温度上昇

Δとの差とみなす。


6

C 8147-2-8

:2011

表 330 日間の熱耐久性試験を行う安定器における,異常動作状態

及び表 の試験電圧での巻線の温度限度

単位  ℃

定数 S

巻線の定格最高使用温度

t

w

S 4.5

S 5

S 6

S 8

S 11

S 16

90

171 161 147 131 119 110

95

178 168 154 138 125 115

100

186 176 161 144 131 121

105

194 183 168 150 137 126

110

201 190 175 156 143 132

115

209 198 181 163 149 137

120

217 205 188 169 154 143

125

224 212 195 175 160 149

130

232 220 202 182 166 154

135

240 227 209 188 172 160

140

248 235 216 195 178 166

145

256 242 223 201 184 171

150

264 250 230 207 190 177

注記  安定器上にその他の表示がない場合,S 4.5 列に記載した温度限度を適用することが望ましい。

30 日を超える熱耐久性試験を行う安定器における温度限度は,JIS C 8147-1 の箇条 13(安定器巻線の熱

耐久性試験)の式(2)によって求めるが,目標試験期間(日数)は,理論的熱耐久性試験期間の 2/3 に等し

くなければならない。

14.3A

  正常温度上昇試験の直後に,500 V 絶縁抵抗計によって測定した巻線相互間及び充電部と接地する

おそれのある非充電金属部[器体の外郭の材料が金属製以外のものは,器体の外郭に隙間なく当てた金属

はく(箔)

]との絶縁抵抗は,5 MΩ 以上とする。

14.4

  上記の温度上昇試験後に,安定器は室温にまで冷却してもよく,次に適合しなければならない。

a)

安定器の表示は,判読できる。

b)

安定器は,箇条 12 による耐電圧試験に損傷なく耐える。ただし,試験電圧は,JIS C 8147-1 に示す値

の 75 %に減らした値とするが,500 V を下回ってはならない。

15

高電圧インパルス試験

7.1

の追加要求事項に従って表示した安定器は,次の 15.1 又は 15.2 の試験を適用しなければならない。

単一チョーク形安定器は,15.1 の試験を適用しなければならない。

単一チョーク形以外の安定器は,15.2 の試験を適用しなければならない。製造業者は,自社の製品に適

用した試験を宣言しなければならない。

15.1

  5.1 による 6 個の安定器のうち,3 個は箇条 11 及び箇条 12 に規定する耐湿性試験及び耐電圧試験を

適用する。

残りの 3 個の安定器は,恒温槽内で,安定器に表示した温度 t

w

に達するまで加熱する。ただし,安定器

の外郭表面の定格最高温度 t

c

を宣言している場合は,正常点灯の温度安定状態で外郭表面が t

c

で安定する

まで加熱する。また,定格最高周囲温度 t

a

を表示している場合は,t

a

で正常点灯し,巻線温度が安定状態

になるまで加熱する。


7

C 8147-2-8

:2011

これらの予備試験の直後に,6 個の安定器は,全て高電圧インパルス試験に耐えなければならない。

試験中の安定器は,可変抵抗器及び 3 ms∼15 ms の遮断時間(バウンド時間は除く。

)をもつ適切な回路

遮断器(例えば,H16 又は VR312/412 の真空スイッチ)とともに,直流電源に接続する。その後,電流を

調節し,回路遮断器を動作させて,安定器に電圧パルスを誘導させる。次に,安定器に表示したピーク電

圧に達するように,電流を増加させる。パルス電圧の測定は,安定器の端子で直接行い,

附属書 及び図

I.1

による。

注記 1  遮断時間が非常に短い電子式回路遮断器を用いる場合,非常に高い誘導パルス電圧の発生に,

注意する。

始動電圧に達したときの直流電流の値を記録しておく。次に,安定器にこの電流値で 1 時間通電を行う

が,その間に,3 秒間の電流遮断を毎分 10 回行う。

試験の直後に,6 個の安定器は全て,箇条 11 に規定する耐湿性及び絶縁試験に耐えなければならない。

注記 2  直列コンデンサをもつ試験回路では,コンデンサを短絡しなければならない。

15.2

  安定器の出力側にランプを接続しない状態で,スタータ及び安定器によって発生するパルス電圧が

安定器に表示した値になるよう,入力電圧を調節する。安定器の陰極加熱巻線には,疑似抵抗を接続する。

その後,ランプを接続しない状態で,安定器を 30 日間動作させる。

安定器の数,試験前処理及び試験後の条件は,15.1 に規定する内容と同じである。

遅延時間装置をもつ専用イグナイタと一緒に用いる旨を表示した安定器では,同じ試験を適用するが,1

回のオフ時間は 2 分間以上とし,250 回のオン・オフ試験を行う。

16

故障状態

故障状態は,JIS C 8147-1 の箇条 14(故障状態)の要求事項は適用しない。

17

構造

構造は,JIS C 8147-1 の箇条 15(構造)による。

18

沿面距離及び空間距離

沿面距離及び空間距離は,JIS C 8147-1 の箇条 16(沿面距離及び空間距離)によるほか,次による。

鉄心露出形安定器の場合,JIS C 3215-0-1 の 13.(絶縁破壊)のグレード 1 又はグレード 2 の試験電圧に

耐えるエナメル又は同様な材料の絶縁被覆の巻線を用いる場合,エナメル線で巻かれた異なる巻線間,又

はエナメル線とカバー,鉄心などとの間の絶縁距離は,JIS C 8147-1 

表 3[正弦波交流電圧(50/60 Hz)

の場合の最小距離]及び

表 4(非正弦波パルス電圧の場合の最小距離)に規定する値よりも 1 mm 少ない

値を最小距離としてもよい。ただし,この要件は,沿面距離及び空間距離が,エナメル被覆層に加えて 2 mm

以上である場合にだけ適用する。

19

ねじ,通電部及び接続部

ねじ,通電部及び接続部は,JIS C 8147-1 の箇条 17(ねじ,通電部及び接続部)による。

20

耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性

耐熱性,耐火性及び耐トラッキング性は,JIS C 8147-1 の箇条 18(耐熱性,耐火性及び耐トラッキング

性)による(18.5 は除く)


8

C 8147-2-8

:2011

21

耐食性

耐食性は,JIS C 8147-1 の箇条 19(耐食性)による。

22

無負荷出力電圧

無負荷出力電圧は,JIS C 8147-1 の箇条 20(無負荷出力電圧)による。


9

C 8147-2-8

:2011

附属書 A

規定)

導電部が電撃を生じる充電部であるかどうかを決めるための試験

JIS C 8147-1

附属書 A(充電部が電撃を生じる充電部であるかどうかを決めるための試験)による。

附属書 B

規定)

熱的保護機能付きランプ制御装置の個別要求事項

JIS C 8147-1

附属書 B(熱的保護機能付きランプ制御装置の個別要求事項)による。

附属書 C 

規定)

過熱保護手段付き電子ランプ制御装置の個別要求事項

JIS C 8147-1

附属書 C(熱的保護手段付き電子ランプ制御装置の個別要求事項)の要求事項は適用し

ない。

附属書 D 

規定)

熱的保護機能付きランプ制御装置の加熱試験方法

JIS C 8147-1

附属書 D(熱的保護機能付きランプ制御装置の加熱試験方法)による。

附属書 E

規定)

t

w

試験での 4 500 以外の定数 の使用

JIS C 8147-1

附属書 Et

w

試験での 4 500 以外の定数 の使用)による。


10

C 8147-2-8

:2011

附属書 F

規定)

風防容器

JIS C 8147-1

附属書 F(風防容器)による。

附属書 G 

規定)

パルス電圧の値の由来の説明

JIS C 8147-1

附属書 G(パルス電圧の値の由来の説明)の要求事項は適用しない。

附属書 H 

規定) 
試験

JIS C 8147-1

附属書 H(試験)による。


11

C 8147-2-8

:2011

附属書 I

規定)

バリスタの選択方法

I.1

  一般

電圧パルス測定中の電圧変動を避けるために,直列に接続した複数のバリスタを,試験中の安定器と並

列に接続する。

印加するエネルギーが小さいため,最も小さなバリスタでも十分目的が達成できる。

安定器に蓄えたエネルギーの一部が,スイッチで発生するスパークによって放出するため,安定器内部

で発生する電圧は,そのインダクタンス,直流電流及び静電容量 C

2

だけでなく,真空スイッチの品質にも

関係する。

したがって,回路に用いるスイッチとともにバリスタを選択する必要がある。

バリスタには許容差があるため,複数のバリスタを直列にすると誤差を加算したり打ち消したりするた

め,試験する安定器の各タイプごとに個々に選択する必要がある。

I.2

  バリスタの選択

最初に,C

2

両端の電圧が,予定する試験電圧よりも約 15 %∼20 %高くなるように,安定器の電流を調

節する。

次に,直列に接続したバリスタによって,電圧を目標値まで下げる。

試験電圧の大部分を分担するために,2 個又は 3 個の高電圧バリスタを,残りの試験電圧を分担するた

めに,1 個又は 2 個の低電圧バリスタを用いることを推奨する。次に,安定器の電流を変化させて,試験

電圧の微調整を行う。

1 個のバリスタの電圧の概略値は,関連するバリスタのデータシートの電圧電流特性から選ぶことがで

きる(例えば,I=10 mA における電圧値)


12

C 8147-2-8

:2011

記号 
1  直流電流測定用電流計 
2  自己静電容量が,30 pF を超えないパルス電圧測定用の静電電圧計 
 
構成部品 
C

1

 :0.66 μF

C

2

 :5 000 pF

C

3

 :50 pF

D

1

 :ダイオード ZD22

D

2

 :ダイオード IN4004

D

3

 :ダイオード(6 個)BYV96E

P  :供試安定器 
R

1

 :可変抵抗(約 100 Ω)

R

2

 :可変抵抗 R

2

≧安定器×20

S  :真空スイッチ 
V

a

 :バリスタ(選択方法は,この附属書を参照)

図 I.1−始動装置内蔵形ランプ用安定器の試験回路


13

C 8147-2-8

:2011

附属書 J

参考)

安定器の温度に関する説明

注記  この附属書は,新しい提案をするものではなく,要求事項の現在の状況を示すものである。

安定器の温度要求事項の目的は,安定器がその意図した寿命期間において安全に機能することを立証す

ることである。

安定器の寿命は,安定器の構造に関連した巻線の絶縁性能によって決まる。

安定器の熱の作用は,次の側面によって特徴付けられる。

a)

熱耐久性

b)

安定器の温度上昇

c)

試験方法

コイルタイプの安定器について,次に説明する。

J.1

  熱耐久性

まず出発点は,宣言した安定器巻線の定格最高使用温度 t

w

であり,その温度において 10 年間以上の連

続動作の寿命が期待できる温度を示している。巻線温度と安定器の寿命との関係は,次の式(J.1)によって

求めることができる。

⎟⎟

⎜⎜

+

=

w

0

1

1

log

log

T

T

S

L

L

(J.1)

ここに,

L

:  目標試験寿命(日数)

。標準は 30 日間であるが,製造業者は相

関のある低い温度において,更に長い試験時間を要求してもよ
い。

L

0

: 3

652 日間(10 年間)

T

:  絶対温度による理論的試験温度(t+273)K

T

w

:  絶対温度による定格最高使用温度(t

w

+273)K

S

:  安定器の設計及び用いる巻線絶縁物による定数。要求がない場

合,は 4 500 とするが,製造業者は関連する試験で証明した
場合は,その他の定数を用いてもよい。

したがって,熱耐久性試験は,相関のある高い巻線温度において 10 年間よりも非常に短い時間で実施す

ることができる。熱耐久性試験の標準期間は 30 日間であるが,120 日間までの長い試験期間を許容してい

る。

J.2

  安定器の温度上昇

照明器具に組み込むように設計した安定器は,照明器具の規格に従って照明器具内で正常状態で動作し

たとき,指定した安定器巻線の定格最高使用温度 t

w

を超えないことを確認することが望ましい。

さらに,例えば,蛍光ランプ回路でスタータが短絡するような異常状態では,安定器に表示した関連す

る温度限度を超えていないか,照明器具で確認しなければならない。この温度限度は,安定器の熱耐久性

試験の 2/3 の寿命に対応する温度と規定している。この要求事項は,30 日間の熱耐久性試験を適用する安

定器の温度限度及び理論的試験温度の表に基づいて得たもので,t

w

=90  ℃の安定器が紙で仕切った層をも

つ温度表示のない安定器の要求事項と同等であるという仮定に基づいている。


14

C 8147-2-8

:2011

これは,異常状態での温度限度が,例えば,30 日間の熱耐久性試験を適用する安定器では,20 日間の寿

命期間に相当する温度であることを意味している。この関係は,巻線の温度限度に対する以前からある限

度値及び熱耐久性試験の目標試験温度に基づいている。ただし,製造業者が希望する場合,自由に,より

低い温度を表示できる。

照明器具内での確認は,安定器に表示した温度限度に基づく。これは,製造業者がより低い温度で,か

つ,より長い熱耐久性試験を選んだ場合,異常状態での温度限度が,それに対応して低くなることを意味

する。

J.3

  試験方法

当初,安定器の温度は,再現性を改善するために何度も改良したバッテン状照明器具(

図 J.1 参照)を

模擬した試験フード内に安定器を置くという試験方法で確認したものであった。最新の試験方法は,安定

器を木台の上に載せたものである[JIS C 8147-1 

図 H.1(温度試験用試験台)参照]。しかし,実際には,

そのような試験方法で測定した安定器の温度と,特定の照明器具に組み込んだ実際の温度との間には,ほ

とんど相関関係は認められない。このような理由で,この試験方法での安定器温度の測定は廃止され,巻

線の定格最高使用温度 t

w

に基づく,より現実的な測定方法に置き換えた。

こうして,安定器の温度上昇試験は,試験中,宣言値 t

w

となるよう安定器の製造業者が許容する照明器

具の最も悪い条件で確認するように改良している。安定器の各部品は,恒温槽内で安定器を動作させ,表

示された巻線温度に達するまで加熱して確認する。

ただし,コンデンサを内蔵し,安定器外郭に t

c

の表示がある場合,巻線温度が安定するまで正常点灯さ

せて,該当箇所の温度が t

c

となるような周囲温度での,安定器各部の温度を確認する。

したがって,安定器の巻線温度を超えていないことの確認は,照明器具内で行う。安定器の巻線温度は,

正常状態と異常状態との両方で測定し,表示値と比較する。

ただし,コンデンサを内蔵し,安定器外郭に t

c

の表示がある場合,正常状態で該当箇所の温度を測定し

て,表示値と比べる。

ポール,ボックスなどの,照明器具以外のきょう(筐)体に組み込むように設計した器具内用安定器は,

器具内用安定器について規定した JIS C 8147-1 

図 H.1 の試験方法で試験する。これらの安定器は,照明

器具に組み込まないので,照明器具の規格に規定する温度限度に適合することを,この試験方法で判定す

る。

独立形安定器は,試験コーナーで試験する。試験コーナーは,二つの壁及び部屋の天井を模擬した 3 枚

の木板ボードで構成する(

図 J.2 参照)。

測定は全て,

附属書 に規定するような風防容器の中で実施する。


15

C 8147-2-8

:2011

単位  mm

図 J.1−安定器温度上昇試験用の試験フード

単位  mm

図 J.2−安定器温度上昇試験用の試験コーナー


16

C 8147-2-8

:2011

附属書 K

規定)

二重絶縁又は強化絶縁をもつ器具内用磁気回路式安定器の追加要求事項

JIS C 8147-1

附属書 I(二重絶縁又は強化絶縁をもつ器具内用磁気回路式安定器の追加要求事項)によ

る。

附属書 JA

規定)

追加の安全性要求事項

JIS C 8147-1

附属書 JA(追加の安全性要求事項)による。


17

C 8147-2-8

:2011

附属書 JB

規定)

過熱保護形安定器の要求事項

この附属書に規定する箇条は,この規格の本体の対応する箇条を補足する。この附属書に対応する箇条

又は細分箇条がない場合,本体の箇条又は細分箇条を修正しないで適用する。

JB.1

  適用範囲

この附属書は,照明器具に組み込むことを前提に,安定器が過熱する前に安定器の電源回路を遮断する

熱的保護手段をもつ,動作温度表示のない蛍光灯安定器に適用する。

なお,過電流遮断機構(電流ヒューズなど)によって,過熱に対して同等の保護を与えるものも含む。

JB.2

  用語及び定義

この附属書で用いる主な用語及び定義は,次による。

JB.2.1

過熱保護形安定器,記号

安定器が何らかの原因で過熱することを未然に防止する安定器であって,熱的保護装置,熱的保護機構

又は過電流遮断機構(電流ヒューズなど)の動作時の安定器の表面温度を規制した安定器。この安定器に

は,自動復帰形のものと非復帰形のものとがある。

なお,安定器に電流ヒューズを内蔵していなくても,銘板などに電流ヒューズと組み合わせて用いる旨

が明記しているものは,過熱保護形安定器とみなす。

JB.3

  試験上の一般的注意事項

供試安定器は,次に規定するような故障状態のうち,最も厳しい状態にできるように,特別に巻線及び

結線の中間部にタップを設ける。個数は 3 台用意し,2 台を試験に供する。

なお,残りの 1 台については,試験の結果に疑義が生じた場合に用いる。

a)

チョークコイル式安定器は,その巻数の 10 %に相当する巻回数の巻終わりに近い部分で,短絡する。

ただし,コイルが 2 個以上からなる場合は,それぞれのコイルの巻数の 10 %分を短絡する。

b)

変圧式安定器は,一次巻数の 10 %に相当する巻回数の巻終わりに近い部分で,短絡する。

c)

変圧式安定器は,二次巻数の 10 %に相当する巻回数の巻終わりに近い部分で,短絡する。

d)

ランプと直列に接続している力率改善コンデンサを短絡する。

JB.4

  表示

過熱保護形安定器には,次の表示をする。

−  記号        は,過熱保護形安定器。

JB.5

  熱的保護機能

JB.5.1

  一般

熱的保護機能試験は,安定器の周囲温度を 40±3  ℃とし,次による。

OP 

OP 


18

C 8147-2-8

:2011

JB.5.2

  不動作特性

次の a)  及び b)  によって試験を行ったとき,コンパウンドが流出したり,保護装置,保護機構又は過電

流遮断機構が動作しない。

また,試験前後の一般電気特性(入力電流,入力電力,ランプ電流など)の変化がない。ただし,自動

復帰形のものは,b)  に規定する試験を行ったとき,保護装置が動作してもよい。

a)

適合ランプを負荷とし,安定器の入力端子間に定格周波数の定格入力電圧の 106 %の電圧を加えてラ

ンプを点灯し,各部の温度が一定になるまで,この状態を継続する。

b)

安定器を,次の 1)∼3)  の状態のうち,最も温度が高くなるような状態とし,安定器の入力端子間に定

格周波数の定格入力電圧の 106 %電圧を加え,各部の温度が一定になるまで,この状態を継続する。

1)

スタータ式安定器では,スタータ(スタータが 2 個以上ある場合は,いずれか 1 個)を短絡する。

2)

ランプ(多数の場合は,いずれか 1 個)を回路に接続しない。

3)

陰極回路が完全であっても,ランプを始動させない。

JB.5.3

  動作特性

次によって試験を行ったとき,包んださらしかなきんが燃焼しない。

なお,焦げによって 5 mm 以上の孔が生じたときは,燃焼したとみなす。

注記  “さらしかなきん”とは,密度が 25.4 mm につき,たて 72±4 本,よこ 69±4 本で,30 番手の

たて糸及び 36 番手のよこ糸を用いた,のり付けしない平織りの綿布をいう。

安定器をさらしかなきんで包み,適合ランプを負荷として,安定器の入力端子間に定格周波数の定格入

力電圧を加え,正常状態で 4 時間点灯した後,JB.3 に規定する最も厳しい故障状態を作る。この状態を各

部の温度が一定になるか,又は保護装置,保護機能若しくは過電流遮断機構が動作し,温度が下降するま

で継続し,安定器の最高表面温度及び時間を記録する。

なお,自動復帰形保護装置付きの安定器の場合,保護装置が動作するときは,保護装置を 3 サイクル繰

り返し動作するまで継続させる。

また,安定器の表面温度が一定となり,保護装置,保護機構又は過電流遮断機構が動作しないものは,

安定器の入力電圧を定格入力の 10 %分ずつ増加させ,動作するまで繰り返し継続する。

試験中にランプが切れた場合は,直ちに新しいランプに取り替えて試験する。ただし,2 回以上切れた

場合は,ランプ回路を短絡し,試験を続行する。


附属書 JC

参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS C 8147-2-8:2011

  ランプ制御装置−第 2-8 部:蛍光灯安定器の個別要求事項

IEC 61347-2-8:2006

  Lamp controlgear−Part 2-8: particular requirements for

ballasts for fluorescent lamps

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(II) 
国 際 規

格番号

箇条 
番号

内容

箇 条 ご と
の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

1  適 用 範

1 000 V 以下の交流電源
で,定格二次電圧が 
1 000 V 以下。 
規格化されていないラ
ンプを点灯する安定器
に つ い て も 適 用 で き

る。殺菌用低圧水銀放
電管を点灯する安定器
にも適用する。

1

1 000 V 以下の交流電
源。

追加

定格二次電圧が 1 000 V 以下
を追加。 
規格 化 さ れて い な いラ ンプ

を点灯する安定器を追加。 
殺菌 用 低 圧水 銀 放 電管 を点
灯する安定器を追加。

電気設備技術基準との関連で必
要となる。 
新しい蛍光ランプが出現し,そ

れが規格化されるまでの間の適
用を明確化するために必要であ
る。

我が国で一般的な殺菌用低圧水
銀 放 電 管 が あ る の で 必 要 で あ
る。

4  一 般 的
要求事項 

一 般 的 要 求 事 項 と し
て,4.2A 過熱保護形安

定器を追加した。

 4

過 熱 保 護 形 安 定 器 に 対
する規定がない。

追加

過熱 保 護 形安 定 器 の規 定を
追加。

我が国では,過熱保護形安定器
が使われているため,必要であ

る。

7  表示 7.1

強制表示

強制表示事項として,

JIS C 8147-1

の 7.1 の k)

及び qB)  を追加。

 7.1  JIS C 8147-1 の 7.1 の k)

及び qB)  がない。

追加

JIS C 8147-1

の 7.1 の k)(配

線図)及び qB)(定格二次短

絡電 流 又 は定 格 二 次電 流の
いずれか大きい値)を追加。

電気用品安全法との関連で必要
である。

 7.2

該 当す る場 合に提

供する情報

JIS C 8147-1

の 7.1 の l)

及び qC)  を追加。

 7.2  JIS C 8147-1 の 7.1 の l)

及び qC)  がない。

追加

対応国際規格では,t

c

(定格

最高温度)及び t

a

(定格最高

周囲温度)の表示に関する規

定がない。

我が国では,ラピッドスタート
形安定器のようにコンデンサを
内蔵したものがあり,この種の

安定器では内蔵コンデンサ近傍
の安定器外郭の定格最高温度 t

c

を 表 示 し て も よ い こ と と し た

(表 2 の注記を参照。

19

C

 8

1

47
-2

-8


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(II) 
国 際 規
格番号

箇条

番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

7  表示 
(続き)

14.3 には,定格最高周囲温度を
宣言できることが規定されてお
り,独立形安定器では t

c

よりも

t

a

を表示した方が使用者には便

利なため,これに対応した表示
を規定した。

14  安 定
器 の 温 度
上昇

14.3  安定器の温度上昇
試験 
附属書 H 及び附属書 J
の条件に従って試験し

たときの,正常状態及
び異常状態での安定器
各部の最大温度を規定

している。

 14.3

Table 2

表 2 の部品の欄の,安定

器 外 郭 内 の コ ン デ ン サ
に関する規定が JIS と異
なる。

変更

対応 国 際 規格 の コ ンデ ンサ

に関する規定では,コンデン
サ表 面 温 度を 測 定 する こと
になっている。

なお,旧対応国際規格では,
内蔵 さ れ たコ ン デ ンサ に近
接し た 安 定器 外 郭 を測 定す

ることとなっている。

次の理由によって,測定箇所の

基本は内蔵されたコンデンサ表
面とし,コンデンサに近接した
安定器外郭で代用することがで

きるようにした。7.2 を参照。

注記の,安定器外郭表面

の定格最高温度(t

c

)が

宣 言 さ れ て い る も の に
関する規定がない。

追加

規定を追加。

安定器の外部表面の定格最高温

度を宣言している場合の規定を
明確にするために必要である。

d)

の,保護機能付き安

定 器 に 対 す る 規 定 が な
い。

追加

保護 機 能 付き の 安 定器 の規
定を追加。

電源電圧の相違によるもので,
安全性については同等である。

 14.3

“表 2 に規定のな

い 絶 縁 物 の 温 度 限 界

は,JIS C 8105-1 によ
る”を追加。

表 に な い 絶 縁 物 の 温 度
限界の規定がない。

追加

規定を追加

表にない絶縁物の温度限界を明
確にするために必要である。

宣 言 さ れ た 最 高 周 囲 温

度に対する記号 t

a

がな

い。

追加

記号 t

a

を追加。

最高周囲温度の表示の明確化が

必要であり,定義及び表示に関
しては,JIS C 8147-1 の 3.26E
及び 7.1 を参照。

20

C

 814

7-

2-

8


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(II) 
国 際 規
格番号

箇条

番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

異常動作状態での巻線

の温度限度を規定して
いる。

 Table 3

表 3 のタイトルが異な

る。

変更

表 2 の注

d)

に従って,異常動

作試験は定格電圧の 110 %で
行わ な い 場合 が あ るた め変
更した。

電源電圧の相違によるもので,

安全性については同等である。

14.3  注記  異常回路状
態は JIS C 8105-1 の附
属書 C に記述。

 14.3  注記  異常回路状態は

IEC 60598-1

の附属書 D

に記述。

変更

引用 す る 規格 の 附 属書 番号
を変更。

IEC

規格の誤植と思われる。

14  安 定
器 の 温 度
上 昇 ( 続
き)

14.3A  絶縁抵抗試験 
正常温度上昇試験直後

の絶縁抵抗(熱間絶縁
抵抗)試験を追加。

追加

正常 温 度 上昇 試 験 直後 の絶
縁抵抗(熱間絶縁抵抗)試験

を追加。

我が国で多く用いられているラ
ピッドスタート式安定器では,

樹 脂 を 充 塡 し て い る も の が 多
く,充塡された樹脂は熱間時に
絶縁抵抗が低下する場合がある

ため必要である。

15  高 電
圧 イ ン パ

ルス試験

15.1  パルス電圧のピー
ク値が 1 500 V を超え

る安定器に対する高電
圧インパルス試験を規
定している。

 15.1  安定器の外郭表面の定

格最高温度(t

c

)が宣言

されているもの,及び定
格最高周囲温度 t

a

が表

示 さ れ た 安 定 器 の 規 定

がない。

追加

安定 器 の 外郭 表 面 の定 格最
高温度(t

c

)が宣言されてい

るものは,安定器の外郭表面
が t

c

となるまで加熱する規

定,及び定格最高周囲温度 t

a

が表示された安定器は,定格
最高周囲温度 t

a

で巻線温度が

安定 す る まで 正 常 点灯 の温

度安 定 ま で過 熱 す る規 定を
追加。

箇条 14 で,蛍光灯安定器におい
ても t

c

を宣言し,表示すること

ができる規定を明確にしたため
必要となる。 
また,箇条 14 には,定格最高周

囲温度を宣言できることが規定
されており,このものに対する
規定が必要である。

附属書 J 
( 参 考 )
安 定 器 の

温 度 に 関
する説明

コンデンサを内蔵し,
安定器の外郭表面の定
格最高温度(t

c

)の表示

がある場合の規定を追
加。

 Annex J

(informative)

コンデンサを内蔵し,安
定 器 の 外 郭 表 面 の 定 格
最高温度(t

c

)の表示が

ある場合の規定がない。

追加

コンデンサを内蔵し,安定器
の外 郭 表 面の 定 格 最高 温度
t

c

)の表示がある場合,該

当箇所が t

c

になるような周囲

温度での温度測定の規定,及
び正 常 状 態で の 該 当箇 所の

温度 と 表 示値 と の 関係 の規
定を追加。

箇条 14 で,蛍光灯安定器におい
ても t

c

を宣言し,表示すること

ができる規定を明確にしたため

必要となる。

21

C

 814

7-

2-

8


20
1

1


(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(II) 
国 際 規
格番号

箇条

番号

内容

箇 条 ご と

の評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

附属書 JA

(規定)

追加の安全性要求事項

を追加。

追加

追加 の 安 全性 要 求 事項 を追

加。

電気設備技術基準及び電気用品

安全法との関連で必要である。

附属書 JB
(規定)

照明器具に組み込むこ
とを前提とした熱的保

護手段をもつ,動作温
度表示のない蛍光灯安
定 器 の 規 定 と し て 追

加。

追加

照明 器 具 に組 み 込 むこ とを
前提に,安定器が過熱する前

に安 定 器 の電 源 回 路を 遮断
する熱的保護手段をもつ,動
作温 度 表 示の な い 蛍光 灯安

定器についての規定を追加。

我が国では,過熱保護形安定器
が使われているため,必要であ

る。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:IEC 61347-2-8:2006,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

22

C

 814

7-

2-

8


20
1

1