>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8121-2-1

:2011 (IEC 60838-2-1:1994, Amd.1:1998, Amd.2:2004)

(1)

目  次

ページ

序文 

1

1

  一般事項

1

2

  用語及び定義 

1

3

  一般要求事項 

2

4

  一般試験条件 

2

5

  定格

2

6

  分類

2

7

  表示

3

8

  感電に対する保護

3

9

  端子

3

10

  保護接地 

3

11

  構造 

3

12

  スイッチ付きランプソケット

3

13

  耐湿性,絶縁抵抗及び耐電圧

4

14

  機械的強度 

4

15

  ねじ,通電部及び接続 

4

16

  沿面距離及び空間距離 

4

17

  耐久性

5

18

  耐熱性及び耐火性

5

19

  過度の残留応力(自然割れ)及びさび(錆)に対する抵抗力 

5


C 8121-2-1

:2011 (IEC 60838-2-1:1994, Amd.1:1998, Amd.2:2004)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本照明

器具工業会(JLA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正す

べきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS C 8121-2-1:2000 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS C 8121

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

C

8121-1

  第 1 部:一般要求事項及び試験

JIS

C

8121-2-1

  第 2-1 部:S14 形ランプソケットに関する安全性要求事項

JIS

C

8121-2-2

  第 2-2 部:プリント回路板ベース LED モジュール用コネクタに関する安全性要求事項


日本工業規格

JIS

 C

8121-2-1

:2011

(IEC 60838-2-1

:1994

, Amd.1

:1998

, Amd.2

:2004

)

ランプソケット類−第 2-1 部:

S14

形ランプソケットに関する安全性要求事項

Miscellaneous lampholders-Part 2-1:

Particular requirements-Lampholders S14

序文 

この規格は,1994 年に第 1 版として発行された IEC 60838-2-1,Amendment 1 (1998)  及び Amendment 2

(2004)

を基に,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格である。ただし,追補(amendment)

については,編集し,一体とした。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。

一般事項 

1.1 

適用範囲 

この規格は,器具内用及び一般照明用の直管形白熱電球用の独立形ランプソケット用に意図した S14 形

ランプソケットの安全性要求事項について規定する。独立形ランプソケットも照明器具として安全性につ

いて試験する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60838-2-1:1994

,Miscellaneous lampholders−Part 2-1: Particular requirements−Lampholders

S14, Amendment 1:1998

及び Amendment 2:2004(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

1.2 

引用規格 

次に掲げる引用規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これ

らの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 8105-1

  照明器具−第 1 部:安全性要求事項通則

JIS C 8121-1

  ランプソケット類−第 1 部:一般要求事項及び試験

注記  対応国際規格:IEC 60838-1:2008,Miscellaneous lampholders−Part 1: General requirements and

tests

(MOD)

JIS C 8280

  ねじ込みランプソケット

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 8121-1 の箇条 2(用語及び定義)によるほか,次による。

2.1 

独立形ランプソケット(independent lampholder) 


2

C 8121-2-1

:2011 (IEC 60838-2-1:1994, Amd.1:1998, Amd.2:2004)

照明器具とは別個に取り付けることができると同時に,その分類及び表示に基づく全ての必要な保護を

与えることができるように設計したランプソケット。

2.2 

スイッチ付きランプソケット(switched lampholder) 

ランプの電流を制御する一体形スイッチを備えたランプソケット。

一般要求事項 

JIS C 8121-1

の箇条 3(一般要求事項)によるほか,次による。

3.1 

特に器具内用を意図しない独立形ランプソケットは,この規格が規定しない,JIS C 8105-1 の次の章

又は箇条の要求事項に適合しなければならない。

第 章  照明器具の分類

第 章  表示

第 章  構造

第 章  感電に対する保護

第 章  じんあい,固形物及び水気の侵入に対する保護

第 10 章  絶縁抵抗,耐電圧,接触電流及び保護導体電流

12.4

[温度試験(通常動作)

]及び 12.5[温度試験(異常動作)

一般試験条件 

JIS C 8121-1

の箇条 4(一般試験条件)によるほか,次による。

a)  JIS C 8121-1

の 4.3 に,次の試料を追加する。

−  両口金ランプ用の 13 組のソケット(スイッチ付きランプソケットの場合)

−  片口金ランプ用の 13 個の試料(スイッチ付きランプソケットの場合)

b)  JIS C 8121-1

の 4.3 

注記 の後に,次の規定を追加する。

−  3 組又は 3 個の試料:箇条 12(機械的強度)

注記  特に器具内用を意図しない独立形ランプソケットの試験用に別個の追加試料が必要である(箇

条 参照)

定格 

5.1 

定格電圧は,250 V とする。

5.2 

定格電流は,1 A とする。

分類 

JIS C 8121-1

の箇条 5(分類)によるほか,次による。

a)  JIS C 8121-1

の 5.1 に次の規定を追加する。

−  独立形ランプソケット

b)

新たに 5.3 を追加する。

 5.3

  タイプによる分類は,次による。 

−  スイッチ付きランプソケット

−  スイッチなしランプソケット


3

C 8121-2-1

:2011 (IEC 60838-2-1:1994, Amd.1:1998, Amd.2:2004)

表示 

JIS C 8121-1

の箇条 6(表示)による。

感電に対する保護 

JIS C 8121-1

の箇条 7(感電に対する保護)を,次の修正を加えて適用する。

S14

形ランプソケットには,JIS C 8121-1 の 7.1 の第 1 段落の要求事項を適用するが,三つの細別を次の

二つの細別に置き換える。

−  適合するランプを取り付けた状態。

−  ランプの取付け及び取外しのとき。

注記 S14 形ランプソケットは,JIS C 8121-1 の 7.2 の両口金ランプ用ランプソケットとは異なるもの

である。

端子 

JIS C 8121-1

の箇条 8(端子)によるほか,次による。

9.1 

口出線(非交換形端末線)のないランプソケットには,次の公称断面積をもつ導体の接続を可能に

する端子を付けなければならない。

S14

形ランプソケットについては,0.5 mm

2

∼1.5 mm

2

9.2 

ねじ締め式端子があるソケットは,次の事項を除いて JIS C 8105-1 

第 14 章(ねじ締め式端子)に

よる。

ピラー端子は,JIS C 8280 

表 4(ピラー端子の最小寸法)及び 10.5 の E14 形ランプソケットについて

規定する寸法以上でなければならない。

ねじ端子は,寸法が JIS C 8280 

表 5(ねじ端子の最小寸法)及び 10.6 の E14 形ランプソケットについ

て規定する寸法以上でなければならない。

10 

保護接地 

JIS C 8121-1

の箇条 9(保護接地)による。

11 

構造 

JIS C 8121-1

の箇条 10(構造)によるほか,次による。

11.1 

コード止め具が付いた S14 形ランプソケットは,

JIS C 8105-1

の 5.2.10 の要求事項に適合しなければ

ならない。

11.2 

独立形ランプソケットの可触外面に単数又は複数のケーブル入口を設ける場合,それらの入口は,

ケーブル被覆,電線管,トランクなどを差し込んだときに,ランプソケットの可触外面から 1 mm 以上の

距離を機械的に保護しなければならない。

合否は,測定によって判定する。

12 

スイッチ付きランプソケット 

スイッチ付きランプソケットは,次に適合しなければならない。

12.1

  スイッチは,保護等級(IP コード)が IP20 の普通形ランプソケットだけに認められる。 


4

C 8121-2-1

:2011 (IEC 60838-2-1:1994, Amd.1:1998, Amd.2:2004)

合否は,目視検査によって判定する。

12.2 

偶然の接触に対する保護に使用するスイッチには,異電位の開接点間に 1.7 mm 以上の空間距離がな

ければならない。

合否は,検査によって判定する。

12.3 

ランプソケットは,スイッチの可動側と電源電線との間の偶然の接触を防止する構造でなければな

らない。

合否は,手による試験によって判定する。

12.4 

スイッチ操作部材は,充電部から有効に絶縁しなければならず,破損又は損傷した場合に充電部が

露出してはならない。

合否は,目視検査及び 12.5 の試験によって判定する。

12.5 

スイッチ付き S14 形ランプソケットは,一般照明用の直管形白熱電球から成る負荷を開閉できなけ

ればならない。

合否は,次の試験によって判定する。

温度表示のないスイッチ付き S14 形ランプソケットは,60  ℃の動作温度について試験しなければなら

ない。

温度表示のあるスイッチ付き S14 形ランプソケットは,

(表示温度−20)℃に等しい動作温度について

試験しなければならない。

定格電圧の 1.1 倍及び定格電流の 1.25 倍の交流(cosφ=0.6±0.05)を用いてスイッチを試験する。

通常の操作方法で,スイッチを一定間隔で毎分 30 回の動作速度で 200 回開閉する。

次いで,定格電圧及び定格電流の交流(cosφ=1)を用いてスイッチを試験する。通常の操作方法にて,

スイッチを一定間隔で毎分 30 回の動作速度で 20 000 回開閉する。

注記  この試験は,IEC 60328 の要求事項に基づいている。IEC 61058-1 の対応する試験への置き換え

は検討中である。

ランプの着脱中の感電に対する保護機能だけをもつスイッチは,通常の操作方法で,スイッチを毎分 30

回の動作速度で 1 000 回開閉する。

試験終了時に,ランプソケットは,絶縁抵抗及び耐電圧に関する JIS C 8121-1 の 11.2 の試験に耐え,か

つ,支障なく正常に作動しなければならない。

13 

耐湿性,絶縁抵抗及び耐電圧 

JIS C 8121-1

の箇条 11(耐湿性,絶縁抵抗及び耐電圧)による。

14 

機械的強度 

JIS C 8121-1

の箇条 12(機械的強度)による。

15 

ねじ,通電部及び接続 

JIS C 8121-1

の箇条 13(ねじ,通電部及び接続)による。

16 

沿面距離及び空間距離 

JIS C 8121-1

の箇条 14(沿面距離及び空間距離)によるほか,次による。

16.1 

合否は,口金の最大接触寸法を考慮して判定する。


5

C 8121-2-1

:2011 (IEC 60838-2-1:1994, Amd.1:1998, Amd.2:2004)

16.2 

ランプソケットの充電部と口金の可触金属部との間の空間距離は,1.5 mm 以上でなければならない。

16.3 

カバーのない金属保持スプリングについては,取付け面までの空間距離は,3 mm 以上でなければな

らない。

17 

耐久性 

JIS C 8121-1

の箇条 15(耐久性)による。

18 

耐熱性及び耐火性 

JIS C 8121-1

の箇条 16(耐熱性及び耐火性)による。

19 

過度の残留応力(自然割れ)及びさび(錆)に対する抵抗力 

JIS C 8121-1

の箇条 17[過度の残留応力(自然割れ)及びさび(錆)に対する抵抗力]による。

参考文献 IEC 

60328

,Switches for appliances 

IEC 61058-1

,Switches for appliances−Part 1: General requirements