>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS C 8105-2-5:2003 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 C

8105-2-5

:2010

照明器具−

第 2-5 部:投光器に関する安全性要求事項

追補 1)

Luminaires-Part 2: Particular requirements for safety-

Section 5: Floodlights

(Amendment 1)

JIS C 8105-2-5:2003

を,次のように改正する。

5.1A

(引用規格)を,次の文に置き換える。

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

  JIS C 8105-1  照明器具−第 1 部:安全性要求事項通則

備考  IEC 60598-1:2008,Luminaires−Part 1: General requirements and tests からの引用事項は,この

規格の該当事項と同等である。

5.3

(定義)の“

第 章(定義)”を,“第 章(用語及び定義)”に置き換える。

5.5

(表示)の第二文のうち,“保守を行うために必要な場合は,”を,“適切な使用及び保守を行うために

必要な場合は,

”に置き換える。

5.6.1

(水気の浸入に対する保護)の“9.2.4 防雨形(IPX3)以上”を,

9.2.4  防雨形照明器具(IP 第二特

性数字 3)以上”に置き換える。

5.6.5

(各部の強度)の d)の第二段落の文を,次の文に置き換える。

“投光器を回転するための取付点及び次により試験するものはこの要求事項は適用されない。

5.6.8

(透光性ガラスカバー)の b)の“JIS C 8105-1 

第 章 4.13.1 b)に示された,衝撃試験装置を利用し,”

を,

JIS C 8105-1 

第 章 4.13.1 に規定する衝撃試験装置を用いて,”に置き換える。

5.6.8

(透光性ガラスカバー)の b) 4)の第一文を,次の文に置き換える。

“50 mm 角内の破片が 60 個を超える場合には,ガラスは試験に合格したとみなす。


2

C 8105-2-5

:2010

5.7

(絶縁距離)の“

第 11 章(絶縁距離)”を,“第 11 章(沿面距離及び空間距離)”に置き換える。

5.9

(端子)の“

第 14 章(ねじ端子)及び第 15 章(ねじなし端子と電気接続)”を,“第 14 章(ねじ締め

式端子)及び

第 15 章(ねじなし端子及び電気接続)”に置き換える。

5.12

(耐久性試験及び温度試験)の“12.6[湿度試験(ランプ点灯装置が故障を起こした状態)

”を,

12.6

[温度試験(ランプ制御装置が故障を起こした状態)

”に置き換える。

5.14

(絶縁抵抗及び耐電圧)の“

第 10 章(絶縁抵抗及び耐電圧)”を,“第 10 章(絶縁抵抗,耐電圧,接

触電流及び保護導体電流)

”に置き換える。