>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8105-2-13

:2014 (IEC 60598-2-13:2006/Amd.1:2011)

(1)

追補 1 のまえがき

この JIS C 8105-2-13 の追補 1 は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業

大臣が JIS C 8105-2-13:2009 を改正した内容だけを示すものである。

JIS C 8105-2-13:2009

は,この追補 1 の内容の改正がされ,JIS C 8105-2-13:2014 となる。


日本工業規格

JIS

 C

8105-2-13

:2014

(IEC 60598-2-13

:2006

/Amd.1

:2011

)

照明器具−第 2-13 部:地中埋込み形照明器具に

関する安全性要求事項

(追補 1)

Luminaires-Part 2-13: Particular requirements for safety-

Ground recessed luminaires

(Amendment 1)

追補 の序文 

この追補は,2011 年に発行された IEC 60598-2-13:2006 の Amendment 1 を,技術的内容及び構成を変更

することなく JIS C 8105-2-13:2009 の追補 1 として作成したものである。

JIS C 8105-2-13:2009

を,次のように改正する。

英文名称の“requirements”の後に,

“for safety”を追加する。

13.6.1

(耐静荷重)を,次に置き換える。

13.6.1 

耐静荷重 

照明器具は,製造業者の取扱説明書に従った最大静荷重に耐えなければならない。

合否は,次の試験によって判定する。

供試照明器具を,製造業者の取扱説明書に従って,通常使用と同じように取り付ける。

試験荷重は,最大静荷重の±3 %の許容差に維持し,照明器具との接触面にゴム板をもつ鉄製のパンチ

によって,照明器具の上面に加える。

このパンチの直径は 50 mm,又は照明器具の直径 が 50 mm 未満の場合は,D

図 参照)とする。

このパンチの鉄製の部分の厚さは,50 mm とする。

ゴムは,次の特性をもつものとする。

−  タイプ A デュロメータで測定した,デュロメータ硬さは,65±5

−  厚さは,10 mm

試験中,縦軸は鉛直とし,透光性カバーの幾何学的中心と一致するように設定する(

図 参照)。

次に,パンチのゴムの部分によって均一に 5 kN/分を超えない割合で荷重を加える。その後,最大静荷

重を,1 分間加える。

試験後,供試照明器具は,JIS C 8105-1 の 4.13.1(機械的強度)の要求事項(すなわち,機械衝撃試験の

後に適用する判定)を満たさなければならない。


2

C 8105-2-13

:2014 (IEC 60598-2-13:2006/Amd.1:2011)

図 1−附属書 で引用している基本寸法 

図 2−静荷重試験装置