>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8030

:2014

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

1

4

  照明率表及び固有照明率表作成の計算条件  

3

4.1

  一般的事項  

3

4.2

  計算条件  

4

5

  照明率表及び固有照明率表の計算手順  

5

5.1

  一般的事項  

5

5.2

  照明器具効率の計算  

5

5.3

  作業面の固有照明率の計算  

6

5.4

  作業面の照明率の計算  

10

6

  照明率表及び固有照明率表の表示様式  

10

6.1

  照明率表及び固有照明率表の表示 

10

6.2

  照明率表及び固有照明率表の様式 

10

6.3

  照明率表及び固有照明率表の様式例  

11

附属書 A(参考)照明率表及び固有照明率表の活用事例  

12

附属書 B(参考)つり下げ照明器具の照明率の簡易計算方法  

19


C 8030

:2014

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人照明学会(IEIJ)及び一般財団

法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本

工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

 


日本工業規格

JIS

 C

8030

:2014

屋内照明器具の照明率表計算方法

Method of utilization factor table calculation for indoor luminaires

適用範囲 

この規格は,屋内の全般照明における作業面の平均照度を正確に予測するために,屋内照明器具の照明

率表及び固有照明率表の計算方法,並びにその表示様式について規定する。

ここでいう屋内照明器具とは,天井じか付け器具及び天井埋込み器具のことである。

なお,参考として照明率表及び固有照明率表の活用事例を

附属書 に,つり下げ照明器具の照明率の簡

易計算方法を

附属書 に,それぞれ記載する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 8105-3

  照明器具−第 3 部:性能要求事項通則

JIS C 8105-5

  照明器具−第 5 部:配光測定方法

JIS Z 8113

  照明用語

JIS Z 9110

  照明基準総則

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 8105-3JIS C 8105-5JIS Z 8113 及び JIS Z 9110 による

ほか,次による。

3.1 

作業面 

作業を行う面として定義する照明施設の基準面。屋内照明の場合,特に指定のない場合,床上 0.8 m の

壁面まで続く,床面に平行な仮想的水平面をいう。

3.2 

照明率,U

4

照明施設の作業面に入る光束の,その施設に取り付けられた個々の光源の全光束の総和に対する比。

3.3 

固有照明率,u

4

照明施設の作業面に入る光束の,その施設に取り付けられた個々の照明器具からの全光束の総和に対す

る比。

3.4 

室指数,K 


2

C 8030

:2014

照明率又は固有照明率を計算するために用いる,作業面と照明器具との間の室部分の形状を表す数値。

3.5 

照明率表 

幾つかの室指数と反射率との組合せで表される照明率の表。

3.6 

固有照明率表 

幾つかの室指数と反射率との組合せで表される固有照明率の表。

3.7 

光源光束,Φ 

照明器具内に装着された個々の光源の全光束の総和。単位はルーメン(lm)で表す。

3.8 

照明器具光束,F 

照明器具が全ての方向に放出する光束の総和。単位はルーメン(lm)で表す。

3.9 

照明器具効率,η 

照明器具光束を光源光束で除した値。

3.10 

配光(照明器具の) 

照明器具の各方向への光度の分布。

3.11 

平均配光,I(θ

照明器具の製造業者が指定した照明器具の鉛直下方を 0°とし 180°までの鉛直角における平均光度。

注記  平均光度の計算方法は,JIS C 8105-5 に規定されている。

3.12 

S/比(照明器具の) 

照明施設における照明器具の取付間隔(S)と作業面から測った器具取付高さ(h)との比。S/比は,

照明器具の相対的な取付密度を表す。

3.13 

最大取付間隔(照明器具の),S

max

作業面をほぼ均一に照明するための照明器具の最大の取付間隔で,作業面における照明器具の直下の点

から,照明器具の直下照度の 1/2 となる照度の点までの距離の 2 倍。

3.14 

一般形照明器具 

最大取付間隔が器具取付高さの 0.75 倍以上の照明器具。

3.15 

狭照形照明器具 

最大取付間隔が器具取付高さの 0.75 倍未満の照明器具。

3.16 

GY 係数 

照明器具から作業面(又は天井)に直接放射される光束を計算するための係数。GY 係数は,照明器具


3

C 8030

:2014

と作業面(又は天井)との相対的な位置関係,及び照明器具の配光の余弦成分を考慮して算出され,一

つの室指数に対して 4 個の GY

i

(作業面の場合 i=1,2,3,4,天井の場合 i=5,6,7,8)で構成する。

3.17 

球帯倍数,ZM(θ

照明器具の微小鉛直角の間に放射される光束と,その光束のうち作業面に直接投射される光束との比。

3.18 

作業面の固有直射照明率,u

40

作業面の直射光束を全照明器具光束で除した値。

3.19 

天井の固有直射照明率,u

10

天井の直射光束を全照明器具光束で除した値。

3.20 

相互反射 

複数の反射面の相互間で繰り返される反射。

3.21 

形態係数,f(i,j

面 の光束発散度に対する,面 が面 に与える照度の比。形態係数は,面 及び面 の各々の形状並び

に相互の位置関係で決まる。

3.22 

有効反射率(仮想天井の),ρ

eff

天井空間から室側に出射する光束を天井空間に入射する光束で除した値。

3.23 

つり下げ比,t 

照明施設の照明器具のつり下げ長さの,天井と作業面との間の距離に対する比。

3.24 

全般照明 

特別な局部の条件を満たすのではなく,部屋全体を均一に照らすように設計した照明。

照明率表及び固有照明率表作成の計算条件 

4.1 

一般的事項 

照明率の計算は,次のことを仮定して計算する。

a)

照明率を求める対象は,

図 のような天井,壁及び作業面からなる空の直六面体の部屋とする。

作業面から下の壁部分及び床は考慮しない。天井,壁及び作業面の三つの面を室内面といい,それ

ぞれ均等拡散の反射面で,照度分布はほぼ一様とする。

b)

照明器具は点光源とし,その配光は鉛直軸に対して対称とする。


4

C 8030

:2014

L:作業面の長辺(m)  W:作業面の短辺(m)  H:天井の高さ(m) 
h:作業面から測った照明器具の取付高さ(m)

図 1−部屋の形状及び照明器具の取付高さ 

4.2 

計算条件 

4.2.1 

作業面の長辺と短辺との比(L/比) 

作業面の長辺 と短辺 との比(L/比)は式(1)の範囲とし,

(固有)照明率の計算においては一貫し

て選定した比(L/比)を用いる。

2.0≧

W

L

≧1.0  (1)

4.2.2 

室指数(K 

室指数(K)は

図 に示す L及び を用い,式(2)によって計算する。

(

)

W

L

h

W

L

K

+

×

=

  (2)

ここに,

K

室指数

L

作業面の長辺(m)

W

作業面の短辺(m)

h

作業面から測った照明器具の取付高さ(m)

照明率表及び固有照明率表は,

表 に示す 11 個の室指数

K

に対して計算する。ただし,必要に応じて

室指数

K

を追加してもよい。

表 1−室指数 

0.60 0.80 1.00 1.25 1.50 2.00 2.50 3.00 4.00  5.00  10.00

4.2.3 

S/ 

配光特性によって照明器具を一般形と狭照形とに区分し,それぞれに対して

表 に規定する

S

/

h

比の値

を用いて(固有)照明率を計算する。ただし,一般形と狭照形との区分は,照明器具の製造業者が指定す

る最大取付間隔の値が 0.75

h

以上を一般形とし,0.75

h

未満を狭照形とする。


5

C 8030

:2014

表 2−照明器具の区分と計算に用いる S/比との関係 

区分

計算に用いる S/

一般形照明器具 1.0

狭照形照明器具 0.5

4.2.4 

反射率 

作業面の反射率は,床の反射率とする。天井,壁及び床の反射率とそれらとの組合せは任意とする。た

だし,天井,壁及び床ともに 0 %の反射率を含む。

照明率表及び固有照明率表の計算手順 

5.1 

一般的事項 

5.1.1 

照明率の求め方 

作業面の照明率

U

4

は,3.2 の定義から式(3)で表すことができる。

η

×

×

=

4

4

4

4

u

Φ

F

F

F

Φ

F

U

  (3)

ここに,

U

4

作業面の照明率

F

4

作業面に入る光束

Φ

光源光束

F: 照明器具光束

u

4

作業面の固有照明率

η: 照明器具効率

このことから,作業面の照明率 U

4

は,次の二つの計算によって求めることができる。

a)

照明器具効率の計算

b)

作業面の固有照明率の計算

5.1.2 LED

照明器具の取扱い 

一般に,照明率の計算は光源光束を基準として行い,結果を照明率(表)で表し,必要に応じて固有照

明率(表)で表す。ただし,

LED

照明器具の中には光源光束のないものがあるので,

LED

照明器具につい

ては,光源光束の有無と種類とによって

表 3

のように取扱い,計算する。

表 3

計算上の LED 照明器具の取扱い 

計算上の基準

光源光束

の有無

LED 照明器具

の種類

a)

照明器具効率

の計算

計算結果

表の様式

光源光束

  有

・B タイプ

・C タイプ

  する

b)

照明率

固有照明率

照明率表

固有照明率表

照明器具光束

  無

・A タイプ

・B タイプ

  しない

固有照明率

固有照明率表

a)

  種類には,JIS C 8105-3 に規定する,A タイプ:一体形 LED 照明器具,B タイプ:LED モジュール組込み LED

照明器具,C タイプ:交換形 LED ランプをもつ LED 照明器具の 3 タイプがある。

b)

  光源光束が照明器具光束を超える場合に計算する。また,光源光束が照明器具光束と等しい照明器具の場合

(照明器具効率 1.0)は,照明器具光束を基準として計算する。

5.2 

照明器具効率の計算 

照明器具効率 η は,光源光束と照明器具光束とで決まる照明器具固有の特性値である。そのため,放電


6

C 8030

:2014

ランプ,白熱電球などの光源を用いた照明器具は光源光束を基準として計算し,

LED

照明器具の場合には,

表 3

に従い計算する。

光源光束

1 000 lm

当たりの照明器具の平均配光から,照明器具光束,下半球光束比,上半球光束比及び

照明器具効率を計算する。ただし,光源光束のない照明器具の場合は,照明器具光束

1 000 lm

当たりの平

均配光から,下半球光束比及び上半球光束比を計算する。

平均配光の光度の読取りは,鉛直角 θ 

0

°から始まる

10

°以内の間隔の値で行う。

a)

光源光束 1 000 lm 当たりの照明器具光束(F'

  照明器具光束(F')は,式

(4)

によって計算する。

( ) ( )

°

°

=

×

=

180

0

θ

θ

θ

Z

I

F

  (4)

ここに,

F': 光源光束

1 000

lm

)当たりの照明器具光束

I

(

θ

)

θ

0

°から始まる鉛直角 θ における平均

光度(

cd/1 000 lm

Z

(

θ

)

鉛直角 θ における球帯係数。球帯係数の計算は

JIS C 

8105-5

による。

b)

下半球光束(F'

d

下半球光束(F'

d

)は,式

(5)

によって計算する。ただし,Z

90

°)は

1/2

の数値

とする。

°

°

=

×

=

90

0

d

)

(

)

(

θ

θ

θ

Z

I

F'

  (5)

c) 

上半球光束(F'

u

上半球光束(F'

u

)は,式

(6)

によって計算する。ただし,Z

90

°)は

1/2

の数値

とする。

°

°

=

×

=

180

90

u

)

(

)

(

θ

θ

θ

Z

I

F'

  (6)

d)  下半球光束比(φ

d

下半球光束比(φ

d

)は,式

(7)

によって計算する。

F'

F'

F'

F'

F'

d

u

d

d

d

=

+

ϕ

  (7)

e) 

上半球光束比(φ

u

上半球光束比(φ

u

)は,式

(8)

によって計算する。

F'

F'

F'

F'

F'

u

u

d

u

u

=

+

ϕ

  (8)

f) 

照明器具効率(η

照明器具効率(η

)

は,式

(9)

によって計算する。

000

1

F

η

  (9)

5.3 

作業面の固有照明率の計算 

5.3.1 

計算の流れ 

作業面の固有照明率 u

4

の計算は,一般に,室内の各面間の相互反射論の基礎方程式を解かなければなら

ない。天井,壁及び作業面からなる三平面系の相互反射論の基礎方程式を,式(10)に示す。計算上,天井

を 1,壁を 3 及び作業面を 4 とする添字を用い,各要素を区別する。

注記

  この規格では,照明器具より上の壁を添字 2,下の壁を添字 3 と区別しているが,三平面系で

は照明器具より上の壁がないため,添字 2 は使用していない。

( )

j

j

j

i

i

E

j

i

f

E

E

×

×

+

=

=

4

1

0

,

ρ

   (10)

ここに,

E

i

面 の照度(i=1,3,4)


7

C 8030

:2014

E

i0

面 の直射照度(i=1,3,4)

ρ

j

面 の反射率(j=1,3,4)

E

j

面 の照度(j=1,3,4)

f(i,j): 面 の面 に対する形態係数(ij=1,3,4)

式(10)において,直射照度を固有直射照明率 u

i0

,照度を固有照明率 u

i

にそれぞれ置き換えると,式(11)

が得られる。

(

)

(

)

×

×

40

10

4

3

1

3

1

4

3

1

4

3

1

1

1

2

1

1

1

1

2

1

u

u

u

u

u

ρ

K

ρ

ρ

ρ

ρ

ρ

ρ

K

α

α

α

α

  (11)

ここに,

K: 室指数

ρ

1

天井の反射率

ρ

3

壁の反射率

ρ

4

作業面の反射率

α: 面 1 の面 4 に対する形態係数[=f(4,1)  ]

u

i

各面の固有照明率(i=1,3,4)

u

i0

各面の固有直射照明率(i=1,4)

式(11)から,天井の固有直射照明率 u

10

に作用する項,作業面の固有直射照明率 u

40

に作用する項及び定

数を用いて,面 の固有照明率(u

i

)は式(12)によって計算できる。

u

i

m

i

n

i

×u

10

p

i

×u

40

   (12)

ここに,

m

i

室内面の反射率,形態係数及び室指数によって
決まる定数。i=1,3,4

n

i

天井の固有直射照明率 u

10

に作用する定数。

i=1,3,4

p

i

作業面の固有直射照明率 u

40

に作用する定数。

i=1,3,4

作業面の固有照明率 u

4

は,式(12)を用い,式(13)によって求めることができる。

u

4

m

4

n

4

×u

10

p

4

×u

40

  (13)

5.3.2 

作業面の固有直射照明率(u

40

)の計算 

作業面の固有直射照明率(u

40

)の計算は,次のいずれかによる。

a)

A

方法

  これは,照明器具の平均配光が鉛直角の余弦 cosθ の三次四項式に展開できると仮定して,平

均配光と部屋の幾何学的形状とを分離して計算する方法である。

F'

GY

q

u

i

i

i

=

×

=

4

1

40

   (14)

ここに,

( )

( )

i

i

S

q





800

2

200

4

680

1

140

200

4

480

6

700

2

240

680

1

700

2

200

1

120

140

240

120

16

  (15)

( )

( )

θ

θ

θ

θ

θ

θ

sin

cos

2

Δ

2sin

0

2

Δ

cos

1

1

-

Δ

90

Δ

×

×

°

×

=

°

=

i

i

I

θ

I

θ

S


8

C 8030

:2014

( )

°

×

°

90

cos

90

2

Δ

sin

1

-

i

I

θ

  (16)

i

1

2

3

4

Δθ

I(θ)

の読取り間隔(

°

GY

i

GY

係数(

i

1

2

3

4

一般形照明器具用の

GY

i

i

1

2

3

4

)は

表 4

に,狭照形照明器具用の

GY

i

i

1

2

3

4

)は

表 5

に,それぞれよる。

表 4

一般形照明器具(S/h1.0)用の GY

i

i1234 

GY

i

室指数

0.60 0.80 1.00 1.25 1.50 2.00 2.50 3.00 4.00 5.00 10.00

GY

1

  0.999 0

1.362 5

1.701 3

2.067 7

2.377 2

2.882 1

3.243 7

3.528 9

3.949 0

4.251 9

5.000 8

GY

2

  0.891 0

1.146 1

1.372 3

1.598 5

1.776 1

2.047 2

2.216 3

2.341 0

2.510 6

2.625 1

2.866 2

GY

3

  0.802 9

0.984 9

1.142 6

1.291 1

1.402 2

1.566 3

1.657 7

1.723 0

1.808 5

1.865 7

1.977 2

GY

4

  0.729 9

0.861 4

0.975 8

1.078 6

1.153 3

1.262 8

1.318 0

1.357 0

1.407 3

1.441 6

1.505 2

注記  L/W=1.6 の場合である。

表 5

狭照形照明器具(S/h0.5)用の GY

i

i1234 

GY

i

室指数

0.60 0.80 1.00 1.25 1.50 2.00 2.50 3.00 4.00 5.00 10.00

GY

1

  0.934 7

1.312 5

1.656 5

2.022 1

2.332 4

2.828 2

3.200 7

3.493 8

3.923 1

4.226 5  4.987 8

GY

2

  0.819 4

1.094 9

1.327 8

1.554 8

1.734 2

1.998 3

2.178 1

2.309 6

2.487 8

2.603 3  2.856 3

GY

3

  0.727 3

0.933 9

1.099 0

1.249 6

1.362 8

1.521 3

1.622 8

1.694 3

1.787 7

1.846 0  1.968 5

GY

4

  0.652 5

0.811 5

0.933 6

1.039 2

1.116 1

1.220 9

1.285 6

1.330 3

1.388 0

1.423 5  1.496 3

注記  L/W=1.6 の場合である。

b) B

方法

  これは,作業面の直射光束を球帯係数から計算される球帯光束と球帯倍数とを用いて計算す

る方法である。

( ) ( )

( )

F'

ZM

Z

I

u

°

°

=

×

×

=

90

0

40

θ

θ

θ

θ

   (17)

ここに,

I

(

θ

)

θ

0

°から

5

°間隔の平均配光の光度(

cd/1 000 lm

Z

(

θ

)

θ

0

°から始まる

5

°間隔の球帯係数(

JIS C 8105-5

による。

ZM

(

θ

)

θ

0

°から始まる

5

°間隔の球帯倍数

一般形照明器具用の球帯倍数 ZM

(

θ

)

表 6

に,狭照形照明器具用の球帯倍数 ZM

(

θ

)

表 7

に,それぞれ

よる。


9

C 8030

:2014

表 6

一般形照明器具(S/h1.0)用の 5°間隔の球帯倍数表 

鉛直角

(°)

室指数

0.60

0.80

1.00

1.25

1.50

2.00 2.50 3.00 4.00

5.00

10.00

0

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000 1.000 1.000 1.000

1.000 1.000

5

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000 1.000 1.000 1.000

1.000 1.000

10

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000 1.000 1.000 1.000

1.000 1.000

15

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000 1.000 1.000 1.000

1.000 1.000

20

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000 1.000 1.000 1.000

1.000 1.000

25

0.960

0.970

0.976

0.980

0.984

0.988 0.990 0.992 0.994

0.995 0.998

30

0.450

0.585

0.673

0.740

0.782

0.837 0.870 0.891 0.918

0.935 0.967

35

0.190

0.390

0.513

0.615

0.674

0.755 0.805 0.836 0.877

0.902 0.951

40 0.115

0.325

0.453

0.555

0.625

0.715 0.770 0.807 0.855

0.883 0.941

45

0.075

0.285

0.417

0.525

0.593

0.688 0.745 0.787 0.839

0.870 0.934

50

0.020

0.245

0.388

0.495

0.567

0.666 0.730 0.771 0.826

0.860 0.929

55

0.0

0.190

0.333

0.450

0.525

0.632 0.700 0.747 0.808

0.845 0.921

60

0.0

0.0

0.087

0.235

0.341

0.486 0.580 0.645 0.729

0.781 0.888

65

0.0

0.0

0.008

0.150

0.258

0.413 0.515 0.588 0.684

0.743 0.868

70

0.0

0.0

0.0

0.0

0.093 0.270 0.390 0.480 0.598

0.672 0.830

75

0.0

0.0

0.0

0.0

0.003 0.092 0.210 0.332 0.475

0.569 0.773

80

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0   0.001 0.030 0.088 0.248

0.371 0.658

85

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.008   0.052

0.340

90

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

注記  L/W=1.0 の場合である。

表 7

狭照形照明器具(S/h0.5)用の 5°間隔の球帯倍数表 

鉛直角

(°)

室指数

0.60

0.80

1.00

1.25

1.50

2.00 2.50 3.00 4.00

5.00

10.00

0

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000 1.000 1.000 1.000

1.000 1.000

5

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000 1.000 1.000 1.000

1.000 1.000

10

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000

1.000 1.000 1.000 1.000

1.000 1.000

15

0.820

0.865

0.893

0.915

0.929

0.947 0.955 0.964 0.973

0.979 0.989

20

0.580

0.685

0.746

0.800

0.830

0.872 0.900 0.914 0.936

0.949 0.974

25

0.515

0.630

0.698

0.755

0.795

0.845 0.875 0.895 0.921

0.937 0.968

30

0.480

0.595

0.669

0.730

0.774

0.828 0.860 0.884 0.912

0.930 0.965

35

0.440

0.565

0.644

0.710

0.755

0.813 0.850 0.874 0.905

0.923 0.961

40

0.230

0.395

0.503

0.590

0.657

0.739 0.790 0.823 0.866

0.892 0.946

45

0.140

0.315

0.431

0.535

0.603

0.695 0.755 0.793 0.843

0.873 0.936

50

0.0

0.255

0.378

0.485

0.561

0.662 0.725 0.769 0.824

0.858 0.928

55

0.0

0.095

0.236

0.360

0.455

0.578 0.655 0.709 0.779

0.821 0.909

60

0.0

0.030

0.141

0.275

0.375

0.512 0.600 0.661 0.741

0.790 0.893

65

0.0

0.0

0.019

0.145

0.251

0.408 0.510 0.585 0.681

0.741 0.867

70

0.0

0.0

0.0

0.0

0.098 0.273 0.395 0.481 0.598

0.673 0.830

75

0.0

0.0

0.0

0.0

0.004 0.090 0.215 0.327 0.472

0.566 0.772

80

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0   0.001 0.035 0.090 0.248

0.371 0.658

85

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.009   0.052

0.340

90

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

0.0

注記  L/W=1.0 の場合である。


10

C 8030

:2014

5.3.3 

天井の固有直射照明率(u

10

)の計算 

天井の固有直射照明率(u

10

)は,式

(18)

によって計算する。

u

u

ϕ

=

10

   (18)

5.3.4 

作業面の固有照明率(u

4

)の計算 

作業面の固有照明率(u

4

)は,式

(19)

∼式

(24)

によって計算する。

40

4

10

4

4

4

u

p

u

n

m

u

×

+

×

+

=

   (19)

(

)

(

)

1

1

2

1

1

3

4

+

×

×

Δ

=

αρ

ρ

α

K

m

   (20)

(

)

(

)

(

)





×

×

×

×

Δ

=

1

3

1

3

4

1

1

2

1

1

ρ

ρ

α

αρ

ρ

K

n

   (21)

(

)

(

)

(

)





×

×

+

×

Δ

=

1

3

3

4

1

1

2

1

1

ρ

ρ

α

ρ

K

p

  (22)

(

)

(

)

(

)

(

) (

)

[

]

4

1

4

1

4

1

3

4

1

2

3

2

2

1

2

1

1

ρ

ρ

ρ

ρ

ρ

ρ

α

ρ

α

ρ

ρ

α

ρ

+

+

×

×

+

×

=

Δ

K

(23)

ここに,

ρ

1

天井の反射率

ρ

3

壁の反射率

ρ

4

作業面の反射率(床面と同値)

α: 長辺 L,短辺 の室の天井と作業面との間の形態係

数 f(4,1)=f(1,4)

(単位:無次元)

[

1

tan

1

1

tan

1

2

2

1

2

2

-1

2

L

W

L

L

W

L

W

W

π

α =

(

) ( )

]

1

1

1

ln

2

1

tan

tan

2

2

2

2

1

1

+

+

+

×

+

+

L

W

L

W

WL

L

W

W

L

  (24)

5.4 

作業面の照明率の計算 

作業面の照明率(

U

4

)は,式

(25)

によって計算する。

4

4

u

U

×

=

η

   (25)

照明率表及び固有照明率表の表示様式 

6.1 

照明率表及び固有照明率表の表示 

6.1.1 

室指数 

室指数は,

表 に示す

11

個の数値とする。ただし,必要に応じて室指数

K

を追加してもよい。

6.1.2 

反射率 

天井,壁及び床の反射率を百分率(

%

)で表示する。天井,壁及び床の反射率とそれらとの組合せは任

意とする。ただし,天井,壁,床ともに

0 %

の組合せを含む。

6.1.3 

照明率及び固有照明率の表示 

室指数と反射率との組合せに対する照明率及び固有照明率の値は,小数第

3

位を四捨五入して,小数点

以下

2

桁の数値まで表示する。

6.2 

照明率表及び固有照明率表の様式 

表には,次の事項を明記する。

a)

計算対象面としての作業面

b)

天井,壁及び床の反射率の組合せ


11

C 8030

:2014

c)

室指数

d)

照明率又は固有照明率

6.3 

照明率表及び固有照明率表の様式例 

6.3.1 

照明率表の様式例 

照明率表の様式例を,

表 に示す。

表 8−照明率表の様式例 

反射率(%)

天井 80

70

50

30

20

0

壁  70  50 30 70 50 30 50 30 30

10

0

30  10 30 10 30 10 30

10

30

10

30

10

30

10

30

10 30 10 10

0

室指数

作業面の照明率(×0.01)

0.60  49  45 40 38 34 33 47

44

39

37

34

33

38

37

33

33 33 32 30

29

0.80  58  52 49 46 43 42 56

51

48

45

43

41

47

45

42

41 41 41 38

37

1.00  62  56 54 50 48 46 61

55

53

50

48

46

51

49

47

45 46 45 42

41

1.25  67  60 60 55 54 51 66

59

58

54

53

50

56

53

52

50 51 49 47

45

1.50  71  62 63 58 58 54 69

61

62

57

57

53

60

56

55

53 54 52 50

49

2.00  76  66 70 62 65 59 73

65

68

61

63

59

65

60

61

58 59 57 55

54

2.50  78  68 73 65 69 62 76

67

71

64

67

61

68

63

64

60 62 59 58

56

3.00  81  69 76 66 72 64 78

68

74

66

70

63

70

64

67

62 64 61 60

58

4.00  83  71 79 69 76 67 80

70

77

68

74

66

73

66

70

65 67 64 62

61

5.00  85  72 81 70 78 68 82

71

79

69

76

68

74

68

72

66 69 65 64

62

10.00  88  73 86 72 84 71 85

72

83

72

81

71

78

70

76

69 72 68 67

66

6.3.2 

固有照明率表の様式例 

固有照明率表の様式例を,

表 に示す。

表 9−固有照明率表の様式例 

反射率(%)

天井 80

70

50

30

20

0

壁  70 50 30 70 50 30 50 30 30

10

0

30 10 30 10 30 10 30

10

30

10

30

10

30

10

30

10 30 10 10

0

室指数

作業面の固有照明率(×0.01)

0.60  59 54 49 46 43 41 58

54

48

46

42

41

47

45

42

41 41 40 37

36

0.80  70 63 60 56 53 51 68

62

59

56

53

51

57

55

52

50 51 50 47

46

1.00  75 68 66 61 59 56 73

67

65

60

58

56

62

59

57

55 56 55 52

50

1.25  81 72 72 66 66 62 79

71

71

65

65

61

68

64

63

60 62 60 57

55

1.50  85 75 76 69 70 65 82

74

75

69

69

65

72

67

67

64 65 63 60

59

2.00  91 79 83 75 78 71 88

78

81

74

76

71

78

72

74

70 71 69 66

65

2.50  94 81 87 77 82 74 91

80

85

76

81

74

81

75

77

73 74 71 69

68

3.00  96 82 90 79 86 77 93

81

88

78

84

76

84

77

80

75 77 74 72

70

4.00  99 84 94 82 91 80 96

83

92

81

88

79

87

79

84

78 80 76 74

73

5.00 101 85 97 83 94 81 97

84

94

82

91

81

88

81

86

79 82 78 76

75

10.00  104 87 102 86 100 85 100

86

99

85

97

84

92

83

91

83  86  81 80

78


12

C 8030

:2014

附属書 A

(参考)

照明率表及び固有照明率表の活用事例

A.1 

照明施設の作業面における平均照度を計算する場合 

A.1.1 

固有照明率表を使用する場合 

A.1.1.1 

計算手順 

計算手順は,次による。

a)

使用する照明器具の固有照明率表から,照明施設の室指数,並びに天井,壁及び床の反射率を指定し

て,固有照明率の値を読み取る。

b)

指定した室指数,又は天井,壁及び床の反射率が固有照明率表に記載されていない場合,表に記載さ

れている室指数,又は天井,壁及び床の反射率の固有照明率から内挿で求める。

c)

作業面平均照度(

E

)は,式

(A.1)

によって計算する。

A

N

M

u

F

E

×

×

×

=

4

  (A.1)

ここに,

E

作業面平均照度(

lx

F

照明器具

1

台当たりの照明器具光束(

lm

u

4

作業面の固有照明率

M

保守率

N

照明器具台数

A

作業面の面積(

m

2

A.1.1.2 

計算例 

a)

部屋

寸法:

長辺

L

20

m

,短辺

W

13

m

作業面面積:

A

20

×

13

260

m

2

天井高さ:

H

2.8

m

反射率:

天井

ρ

1

0.7

,壁

ρ

3

0.5

,床

ρ

4

0.1

照明器具の取付高さ:

h

2.0

m

(作業面から照明器具)

室指数:

(

)

(

)

94

.

3

13

20

2

13

20

=

+

×

×

=

+

×

×

=

W

L

h

W

L

K

−  作業面の長辺と短辺との比:L/W=20/13=1.54

b)

照明器具

−  種類:

天井直付一体形 LED 照明器具

−  照明器具台数:

N=短辺方向 4 台×長辺方向 10 台=40 台

−  照明器具光束:

F=6 000(lm)(照明器具 1 台当たり)

−  保守率:

M=0.7

−  固有照明率:

u

4

=0.81

固有照明率は,使用する照明器具の固有照明率表によって,室反射率及び室指数から次の手順で

求める。

室反射率(天井 ρ

1

=0.7,壁 ρ

3

=0.5,床 ρ

4

=0.1)及び室指数 K=3.94 を基に,表 A.1 の固有照明率表


13

C 8030

:2014

の横方向(天井 70,壁 50,床 10)と縦方向室指数 3.00 及び 4.00 とから,固有照明率 0.78 及び 0.81

を抽出する。

内挿によって,K=3.94 のときの固有照明率(u

4

)を求める。

00

.

3

00

.

4

00

.

3

94

.

3

81

.

0

00

.

3

00

.

4

00

.

3

94

.

3

1

78

.

0

4

×

+

×

=

u

=0.808 2→0.81

表 A.1−固有照明率表の使用例 

反射率(%)

天井 80

70

50

30

20

0

壁  70 50 30 70 50

30 50 30 30

10

0

30 10 30 10 30 10 30

10

30

10

30

10

30

10

30 10 30 10 10

0

室指数

作業面の固有照明率(×0.01)

0.60  59 54 49 46 43 41 58

54

48

46

42

41

47

45

42 41 41 40 37

36

0.80  70 63 60 56 53 51 68

62

59

56

53

51

57

55

52 50 51 50 47

46

1.00  75 68 66 61 59 56 73

67

65

60

58

56

62

59

57 55 56 55 52

50

1.25  81 72 72 66 66 62 79

71

71

65

65

61

68

64

63 60 62 60 57

55

1.50  85 75 76 69 70 65 82

74

75

69

69

65

72

67

67 64 65 63 60

59

2.00  91 79 83 75 78 71 88

78

81

74

76

71

78

72

74 70 71 69 66

65

2.50  94 81 87 77 82 74 91

80

85

76

81

74

81

75

77 73 74 71 69

68

3.00

96

82

90

79

86

77

93

81

88

78

84

76

84

77

80 75 77 74 72

70

4.00

99

84

94

82

91

80

96

83

92

81

88

79

87

79

84 78 80 76 74

73

5.00  101 85 97 83 94 81 97

84

94

82

91

81

88

81

86 79 82 78 76

75

10.00  104 87 102 86 100 85 100

86

99

85

97

84

92

83

91 83 86 81 80

78

c) 

作業面平均照度  作業面平均照度(E)は,式(A.1)によって計算する。

260

40

70

.

0

81

.

0

000

6

4

×

×

×

=

×

×

×

A

N

M

u

F

E

=523(lx)

A.1.2 

照明率表を使用する場合 

A.1.2.1 

計算手順 

計算手順は,次による。

a)

使用する照明器具の照明率表から,照明施設の室指数,並びに天井,壁及び床の反射率を指定して,

照明率の値を読み取る。

b)

指定した室指数,又は天井,壁及び床の反射率が照明率表に記載されていない場合,照明率表に記載

されている室指数,又は天井,壁及び床面反射率の照明率から内挿で求める。

c)

作業面平均照度(E)は,式(A.2)によって計算する。

A

N

M

U

Φ

E

×

×

×

4

   (A.2)

ここに,

E: 作業面平均照度(lx)

Φ: 照明器具 1 台当たりの光源光束(lm)

U

4

作業面の照明率

M: 保守率


14

C 8030

:2014

N: 照明器具台数

A: 作業面の面積(m

2

A.1.2.2 

計算例 

a)

部屋

寸法:

長辺 L=20(m)

,短辺 W=13(m)

−  作業面面積:

A=20×13=260(m

2

−  天井高さ:

H=2.8(m)

−  反射率:

天井 ρ

1

=0.7,壁 ρ

3

=0.5,床 ρ

4

=0.1

−  照明器具の取付高さ:h=2.0(m)(作業面から照明器具)

−  室指数:

(

)

(

)

94

.

3

13

20

2

13

20

+

×

×

+

×

×

W

L

h

W

L

K

−  作業面の長辺と短辺との比:L/W=20/13=1.54

b)

照明器具

−  種類:

天井直付交換形 LED ランプをもつ照明器具

−  照明器具台数:

N=短辺方向 4 台×長辺方向 10 台=40 台

−  光源光束:

Φ=7 200(lm)(照明器具 1 台当たり)

−  保守率:

M=0.7

−  照明率:

U

4

=0.68

照明率は,使用する照明器具の照明率表によって,室反射率及び室指数から次の手順で求める。

室反射率(天井 ρ

1

=0.7,壁 ρ

3

=0.5,床 ρ

4

=0.1)及び室指数 K=3.94 を基に,

表 A.2 の照明率表

の横方向(天井 70,  壁 50,  床 10)と縦方向室指数 3.00 及び 4.00 とから,照明率 0.66 及び 0.68 を抽

出する。

内挿によって

K=3.94 のときの照明率を求める。

(

)

(

)

68

.

0

8

678

.

0

00

.

3

00

.

4

00

.

3

94

.

3

68

.

0

00

.

3

00

.

4

00

.

3

94

.

3

1

66

.

0

4

×

+

×

U


15

C 8030

:2014

表 A.2

照明率表の使用例 

反射率(%)

天井 80

70

50

30

20

0

70 50 30 70 50 30 50 30 30

10

0

30 10 30 10 30 10 30

10

30

10

30

10

30

10

30

10 30 10 10

0

室指数

作業面の照明率(×0.01)

0.60  49 45 40 38 34 33 47

44

39

37

34

33

38

37

33

33 33 32 30

29

0.80  58 52 49 46 43 42 56

51

48

45

43

41

47

45

42

41 41 41 38

37

1.00  62 56 54 50 48 46 61

55

53

50

48

46

51

49

47

45 46 45 42

41

1.25  67 60 60 55 54 51 66

59

58

54

53

50

56

53

52

50 51 49 47

45

1.50  71 62 63 58 58 54 69

61

62

57

57

53

60

56

55

53 54 52 50

49

2.00  76 66 70 62 65 59 73

65

68

61

63

59

65

60

61

58 59 57 55

54

2.50  78 68 73 65 69 62 76

67

71

64

67

61

68

63

64

60 62 59 58

56

3.00

81

69  76  66

72

64

78

68

74

66

70

63

70

64

67

62 64 61 60

58

4.00

83

71  79  69

76

67

80

70

77

68

74

66

73

66

70

65 67 64 62

61

5.00  85 72 81 70 78 68 82

71

79

69

76

68

74

68

72

66 69 65 64

62

10.00  88 73 86 72 84 71 85

72

83

72

81

71

78

70

76

69 72 68 67

66

c) 

作業面平均照度

  作業面平均照度(

E

)は,式

(A.2)

によって計算する。

260

40

70

.

0

68

.

0

200

7

4

×

×

×

×

×

×

A

N

M

U

Φ

E

527(lx)

A.2 

照明施設の所要器具台数を計算する場合 

A.2.1 

固有照明率表を使用する場合 

A.2.1.1 

計算手順 

計算手順は,次による。

a)

使用する照明器具の固有照明率表から,照明施設の室指数,並びに天井,壁及び床の反射率を指定し

て,固有照明率の値を読み取る。

b)

指定した室指数,又は天井,壁及び床の反射率が固有照明率表に記載されていない場合,表に記載さ

れている室指数,又は天井,壁及び床面反射率の固有照明率から内挿で求める。

c)

照明施設の照明器具所要台数(

N

)は,式

(A.3)

によって計算する。

M

u

F

A

E

N

×

×

×

4

   (A.3)

ここに,

N

照明器具所要台数

E

作業面平均照度(

lx

A

作業面の面積(

m

2

F

照明器具

1

台当たりの照明器具光束(

lm

u

4

作業面の固有照明率

M

保守率

A.2.1.2 

計算例 

a)

部屋

寸法:

長辺

L

20

m

,短辺

W

13

m


16

C 8030

:2014

作業面面積:

A

20

×

13

260

m

2

天井高さ:

H

2.8

m

反射率:

天井

ρ

1

0.7

,壁

ρ

3

0.5

,床

ρ

4

0.1

照明器具の取付高さ:

h

2.0

m

(作業面から照明器具)

室指数:

(

)

(

)

94

.

3

13

20

2

13

20

+

×

×

+

×

×

W

L

h

W

L

K

作業面の長辺と短辺との比:

L/W

20/13

1.54

b) 

照明器具 

種類:

天井直付一体形

LED

照明器具

照明器具光束:

F

6 000

lm

(照明器具

1

台当たり)

保守率:

M

0.7

固有照明率:

u

4

0.81

固有照明率は,使用する照明器具の固有照明率表によって,室反射率及び室指数から次の手順で

求める。

室反射率(天井

ρ

1

0.7

,壁

ρ

3

0.5

,床

ρ

4

0.1

)及び室指数

K

3.94

を基に,

表 A.3

の固有照明

率表の横方向(天井

70

,壁

50

,床

10

と縦方向室指数

3.00

及び

4.00

とから,固有照明率

0.78

及び

0.81

を抽出する。

内挿によって,

K

3.94

のときの固有照明率を求める。

(

)

00

.

3

00

.

4

00

.

3

94

.

3

81

.

0

00

.

3

00

.

4

00

.

3

94

.

3

1

78

.

0

4

×

+

×

u

0.808 2→0.81

表 A.3

固有照明率表の使用例 

反射率(%)

天井 80

70

50

30

20

0

壁  70  50  30  70  50 30 50 30 30

10

0

30 10 30 10 30 10 30

10

30

10

30

10

30

10

30 10 30 10 10

0

室指数

作業面の固有照明率(×0.01)

0.60  59 54 49 46 43 41 58

54

48

46

42

41

47

45

42 41 41 40 37

36

0.80  70 63 60 56 53 51 68

62

59

56

53

51

57

55

52 50 51 50 47

46

1.00  75 68 66 61 59 56 73

67

65

60

58

56

62

59

57 55 56 55 52

50

1.25  81 72 72 66 66 62 79

71

71

65

65

61

68

64

63 60 62 60 57

55

1.50  85 75 76 69 70 65 82

74

75

69

69

65

72

67

67 64 65 63 60

59

2.00  91 79 83 75 78 71 88

78

81

74

76

71

78

72

74 70 71 69 66

65

2.50  94 81 87 77 82 74 91

80

85

76

81

74

81

75

77 73 74 71 69

68

3.00

96

82

90

79

86

77

93

81

88

78

84

76

84

77

80 75 77 74 72

70

4.00

99

84

94

82

91

80

96

83

92

81

88

79

87

79

84 78 80 76 74

73

5.00 101 85 97 83 94 81 97

84

94

82

91

81

88

81

86 79 82 78 76

75

10.00  104 87 102 86 100 85 100

86

99

85

97

84

92

83

91 83 86 81 80

78

c)

作業面平均照度

E

500

lx

d)

照明器具所要台数

  照明器具所要台数(

N

)は,式

(A.3)

によって計算する。


17

C 8030

:2014

M

u

F

A

E

N

×

×

×

4

21

.

38

70

.

0

81

.

0

000

6

260

500

×

×

×

照明器具の配置上,

N

=短辺方向

4

×長辺方向

10

40

台とする。

A.2.2 

照明率表を使用する場合 

A.2.2.1 

計算手順 

計算手順は,次による。

a)

使用する照明器具の照明率表から,照明施設の室指数,並びに天井,壁及び床の反射率を指定して,

照明率の値を読み取る。

b)

指定した室指数,又は天井,壁及び床の反射率が照明率表に記載されていない場合,照明率表に記載

されている室指数,又は天井,壁及び床面反射率の照明率から内挿で求める。

c)

照明施設の照明器具所要台数(

N

)は,式

(A.4)

によって計算する。

M

U

Φ

A

E

N

×

×

×

4

  (A.4)

ここに,

N

照明器具所要台数

E

作業面平均照度(

lx

A

作業面の面積(

m

2

Φ

照明器具

1

台当たりの光源光束(

lm

U

4

作業面の照明率

M

保守率

A.2.2.2 

計算例 

a)

部屋

寸法:

長辺

L

20

m

,短辺

W

13

m

作業面面積:

A

20

×

13

260

m

2

天井高さ:

H

2.8

m

反射率:

天井

ρ

1

0.7

,壁

ρ

3

0.5

,床

ρ

4

0.1

照明器具の取付高さ:

h

2.0

m

(作業面から照明器具)

室指数:

(

)

(

)

94

.

3

13

20

2

13

20

+

×

×

+

×

×

W

L

h

W

L

K

作業面の長辺と短辺との比:

L/W

20/13

1.54

b)

照明器具

種類:

天井直付交換形

LED

ランプをもつ照明器具

光源光束:

Φ

7 200

lm

(照明器具

1

台当たり)

保守率:

M

0.7

照明率:

U

4

0.68

照明率は,使用する照明器具の照明率表によって,室反射率及び室指数から次の手順で求める。

室反射率(天井

ρ

1

0.7

,壁

ρ

3

0.5

,床

ρ

4

0.1

)及び室指数

K

3.94

を基に,

表 A.4

の照明率表

の横方向(天井

70

,壁

50

,床

10

)と縦方向室指数

3.00

及び

4.00

とから,照明率

0.66

及び

0.68

抽出する。内挿によって,

K

3.94

のときの照明率(

U

4

)を求める。


18

C 8030

:2014

(

)

8

678

.

0

00

.

3

00

.

4

00

.

3

94

.

3

68

.

0

00

.

3

00

.

4

00

.

3

94

.

3

1

66

.

0

4

×

+

×

U

→0.68

表 A.4

照明率表の使用例 

反射率(%)

天井 80

70

50

30

20

0

70 50 30 70 50 30 50 30 30

10

0

30 10 30 10 30 10 30

10

30

10

30

10

30

10

30 10 30 10 10

0

室指数

作業面の照明率(×0.01)

0.60  49 45 40 38 34 33 47

44

39

37

34

33

38

37

33 33 33 32 30

29

0.80  58 52 49 46 43 42 56

51

48

45

43

41

47

45

42 41 41 41 38

37

1.00  62 56 54 50 48 46 61

55

53

50

48

46

51

49

47 45 46 45 42

41

1.25  67 60 60 55 54 51 66

59

58

54

53

50

56

53

52 50 51 49 47

45

1.50  71 62 63 58 58 54 69

61

62

57

57

53

60

56

55 53 54 52 50

49

2.00  76 66 70 62 65 59 73

65

68

61

63

59

65

60

61 58 59 57 55

54

2.50  78 68 73 65 69 62 76

67

71

64

67

61

68

63

64 60 62 59 58

56

3.00

81  69

76  66

72

64

78

68

74

66

70

63

70

64

67 62 64 61 60

58

4.00

83  71

79  69

76

67

80

70

77

68

74

66

73

66

70 65 67 64 62

61

5.00  85 72 81 70 78 68 82

71

79

69

76

68

74

68

72 66 69 65 64

62

10.00  88 73 86 72 84 71 85

72

83

72

81

71

78

70

76 69 72 68 67

66

c) 

作業面平均照度

E

500

lx

d) 

照明器具所要台数

  照明器具所要台数(

N

)は,式

(A.4)

によって計算する。

9

.

37

70

.

0

68

.

0

200

7

260

500

4

×

×

×

×

×

×

M

U

Φ

A

E

N

照明器具の配置上,

N

=短辺方向

4

×長辺方向

10

40

台とする。


19

C 8030

:2014

附属書 B

(参考)

つり下げ照明器具の照明率の簡易計算方法

B.1 

つり下げ比 

照明器具の取付けの諸元を,

図 B.1

に示す。つり下げ長さは施設によって異なるが,この附属書では照

明器具の取付高さの

1/3

とする。この場合,つり下げ比

t

0.25

となる。照明器具の測光中心を含む壁ま

で続く水平面を照明器具面とし,便宜上,これを仮想天井とする。フリーズ(

frieze

)とは天井と仮想天井

との間の壁の上部分のことである。天井空間は天井とフリーズ及び仮想天井とで囲われた空間のことであ

る。

0.25

3

3

=

+

=

h

h

h

t

図 B.1

つり下げ照明器具取付けの諸元 

B.2 

作業面の固有直射照明率(u

40

 

作業面の固有直射照明率(

u

40

)は,

5.3.2

a)

又は

b)

S/h

1.0

によって計算する。

B.3 

天井の固有直射照明率(u

10

 

天井の固有直射照明率(

u

10

)は,次の

A

方法又は

B

方法のいずれかによって計算する。

a) A

方法

t

0.25

の場合の

u

10

を,式

(B.1)

によって計算する。

F'

GY

q

u

i

i

i

=

×

=

8

5

10

   (B.1)

ここに,

( )

( )

i

i

S

q





800

2

200

4

680

1

140

200

4

480

6

700

2

240

680

1

700

2

200

1

120

140

240

120

16


20

C 8030

:2014

(

)

( )

( )

°

×

°

×

×

°

×

=

+

°

°

=

90

cos

90

2

Δ

sin

sin

cos

2

Δ

2sin

180

2

Δ

cos

1

5

-

5

-

Δ

90

Δ

180

i

i

i

I

θ

I

θ

I

θ

S

θ

θ

θ

θ

θ

θ

 

i=5

6

7

8

Δθ

I(θ)

の読取り間隔

(°)

GY

i

GY

係数(

i

5

6

7

8

t

0.25

の場合の

GY

i

i

5

6

7

8

)を,

表 B.1

に示す。

表 B.1

t0.25 の場合の GY

i

i5678 

室指数(K

GY

5

GY

6

GY

7

GY

8

0.60

3.191 1

2.336 8

1.804 3

1.450 1

2.00

4.694 5

2.850 7

2.007 5

1.538 8

5.00

5.412 1

3.015 3

2.059 3

1.558 3

注記  L/W=1.6 及び S/h=1.0 の場合である。

b)  B

方法

t

0.25

の場合の上半球配光の平均光度,球帯係数及び球帯倍数を用い,天井の固有直射照明

率(

u

10

)は式

(B.2)

によって計算する。

( ) ( )

( )

F'

ZM

Z

I

u

°

°

=

×

×

=

180

90

10

θ

θ

θ

θ

  (B.2)

t

0.25

の場合の球帯倍数

ZM(θ)

を,

表 B.2

に示す。

表 B.2

t0.25 の場合の球帯倍数表 

鉛直角

(°)

室指数

0.60 2.00  5.00

90 0.000 0.000 0.034 
95 0.000 0.107 0.528

100 0.002 0.459 0.766 
105 0.079 0.661 0.857 
110 0.110 0.701 0.876 
115 0.170 0.750 0.899 
120 0.444 0.836 0.935 
125 0.948 0.985 0.994 
130 1.000 1.000 1.000 
135 1.000 1.000 1.000 
140 1.000 1.000 1.000 
145 1.000 1.000 1.000 
150 1.000 1.000 1.000 
155 1.000 1.000 1.000 
160 1.000 1.000 1.000 
165 1.000 1.000 1.000 
170 1.000 1.000 1.000 
175 1.000 1.000 1.000 
180 1.000 1.000 1.000

注記  L/W=1.0 及び S/h=1.0 の場合である。

B.4 

仮想天井の有効反射率(ρ

eff

 

t

0.25

の場合の仮想天井の表面の有効反射率(

ρ

eff

)は,式

(B.3)

によって計算する。


21

C 8030

:2014

(

)

m

m

eff

1

2

3

3

ρ

ρ

ρ

+

×

=

K

K

  (B.3)

ここに,

K

室指数

ρ

m

天井空間の内面の平均反射率

2

3

2

3

3

1

m

+

+

×

=

K

K

ρ

ρ

ρ

ρ

1

:天井の反射率

ρ

3

:壁の反射率

B.5 

m

4

n

4

及び p

4

の計算 

(20)

∼式

(23)

m

4

n

4

p

4

及び

Δ

の式において,

ρ

1

ρ

eff

に置換して,

t

0.25

の場合の

m

4

n

4

及び

p

4

を計算する。

B.6 

t0.25 の場合の固有照明率 u

4

t

0.25

の場合の固有照明率

u

4

は,

B.5

で得られた

m

4

n

4

及び

p

4

を用いて,式

(19)

によって計算する。

B.7 

t0.25 の場合の照明率 U

4

t

0.25

の場合の照明率

U

4

は,式

(25)

によって計算する。