>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 8020

:2012

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

2

3

  用語及び定義  

2

4

  蛍光灯器具の選定  

3

5

  蛍光灯器具のエネルギー消費効率(FLE)の算出  

3

5.1

  測定方法  

3

5.2

  温度補正係数  

4

5.3

  蛍光灯器具のエネルギー消費効率の計算方法  

4

6

  蛍光灯器具の固有エネルギー消費効率(LER)の算出  

4

6.1

  測定方法  

4

6.2

  蛍光灯器具の固有エネルギー消費効率(LER)の計算方法  

5

附属書 1(規定)家庭用蛍光灯器具の簡易測定方法  

7

附属書 2(規定)蛍光ランプの温度補正係数  

8


C 8020

:2012

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本照明

器具工業会(JLA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正す

べきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS C 8020:2005 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


   

日本工業規格

JIS

 C

8020

:2012

蛍光灯器具のエネルギー消費効率及び

固有エネルギー消費効率の算出方法

Method of calculation on fluorescent luminaire efficacy and

fluorescent luminaire efficacy rating

序文 

この規格は,2005 年に制定された後,エネルギーの使用の合理化に関する法律の改正,新しい蛍光ラン

プの開発,一部の蛍光ランプ品種における特性の変更などに対応するために改正した。

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。

適用範囲 

この規格は,一般照明用蛍光灯器具のエネルギー消費効率及び固有エネルギー消費効率の算出方法につ

いて規定する。ここでいう一般照明用蛍光灯器具(以下,蛍光灯器具という。

)とは,JIS C 7601 に規定す

る蛍光ランプ又はこれと同等な蛍光ランプを光源とする蛍光灯器具で,次の使用環境で使われるものを除

く。

a)

周囲温度が常時,特に高温又は低温の場所で使用する蛍光灯器具。

b)

粉じんの多い場所で使用する蛍光灯器具。

c)

腐食性ガスなどがある場所で使用する蛍光灯器具。

d)

可燃性ガスなどがある場所で使用する蛍光灯器具。

e)

振動の激しい場所で使用する蛍光灯器具。

f)

水中に没して使用する蛍光灯器具。

また,JIS C 7601 に規定する蛍光ランプ又はこれと同等な蛍光ランプを光源とする蛍光灯器具で,次の

用途で使われるものを除く。

g)

乗り物用の照明器具及び信号灯。

h)

建築基準法による非常用照明器具及び消防法による誘導灯。

i)

航空機の離着陸のための照明器具及び航空障害灯器具。

j)

医療用照明器具。

k)

機械,家具などに組み込む目的で作られた照明器具。

l)

舞台照明用,テレビ撮影用,映画撮影用及び写真スタジオ用の照明器具。

m)

道路,トンネル及び街路照明器具。

注記 1  エネルギー消費効率は,従来から用いられてきた内蔵する蛍光ランプの全光束から求める

lm/W

表示に対応するものであり,固有エネルギー消費効率は,近年急速に普及している LED

照明器具との比較化を考慮し,蛍光灯器具から放射される全光束から求める lm/W 表示に対

応するものである。


2

C 8020

:2012

   

注記 2  これと同等な蛍光ランプとは,JEL 210(参考文献参照)及び JEL 211(参考文献参照)に規

定する蛍光ランプをいう。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 1102-2

  直動式指示電気計器  第 2 部:電流計及び電圧計に対する要求事項

JIS C 1102-3

  直動式指示電気計器  第 3 部:電力計及び無効電力計に対する要求事項

JIS C 1602

  熱電対

JIS C 1609-1

  照度計  第 1 部:一般計量器

JIS C 7601

  蛍光ランプ(一般照明用)

JIS C 7612

  照度測定方法

JIS C 7617-2

  直管蛍光ランプ−第 2 部:性能仕様

JIS C 7618-2

  片口金蛍光ランプ−第 2 部:性能仕様

JIS C 7801

  一般照明用光源の測光方法

JIS C 8105-3

  照明器具−第 3 部:性能要求事項通則

JIS C 8105-5

  照明器具−第 5 部:配光測定方法

JIS C 8106

  施設用蛍光灯器具

JIS C 8115

  家庭用蛍光灯器具

JIS Z 8113

  照明用語

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS Z 8113 によるほか,次による。

3.1

蛍光灯器具のエネルギー消費効率,FLE(Fluorescent Luminaire Efficacy)

蛍光灯器具に内蔵する蛍光ランプの全光束をその蛍光灯器具の入力電力で除した値。単位は,ルーメン

毎ワット(lm/W)で表す。

3.2

蛍光灯器具の固有エネルギー消費効率,LER(Fluorescent Luminaire Efficacy Rating)

蛍光灯器具から放射される全光束をその蛍光灯器具の入力電力で除した値。単位は,ルーメン毎ワット

(lm/W)で表す。

3.3

入力電力

JIS C 8105-3

の 7.5(入力特性)によって測定した供試蛍光灯器具の消費電力。単位は,ワット(W)で

表す。

3.4

安定器の光出力係数,BF(Ballast Factor)

試験用ランプを供試安定器で点灯したときの全光束の,同じランプを試験用安定器で点灯したときの全

光束に対する比。ただし,スタータ(内蔵形を含む。

)で始動するランプを適合ランプとする磁気回路式安

定器では,試験用ランプを供試安定器で点灯したときのランプ電力の,同じランプを試験用安定器で点灯


3

C 8020

:2012

したときのランプ電力に対する比。

3.5

照明器具効率,LOR[Light Output Ratio (of a luminaire)]

特定の実用的な条件の下で,照明器具に用いるランプと照明器具の装置とを用いて測定した,照明器具

から放射される全光束の,同じランプをその照明器具に入れないで点灯して,特定の条件で同じ照明器具

の装置を用いて個々に測定した全光束の総和に対する比。

注記  “特定の実用的な条件”は,6.1.4 a)に示す。“特定の条件”は,6.1.4 b)に示す。

3.6

蛍光ランプの温度補正係数

蛍光ランプを照明器具に取り付けたときのランプの全光束を算出するための温度補正係数。

3.7

上方向光束

蛍光灯器具を含む水平面の上側に放射される蛍光灯器具の光束。単位は,ルーメン(lm)で表す。

3.8

上方向光束比

蛍光灯器具における上方向光束の,蛍光灯器具の全光束に対する比。

3.9

試験用安定器

安定器の試験用の比較標準,試験用ランプの選定及び標準条件における量産ランプの試験に用いること

を目的として設計された,特別な誘導形安定器又は抵抗安定器。

3.10

試験用ランプ

規定の条件で試験用安定器と組み合わせたとき,仕様書に記載した目標値に近い電気特性値を示すもの

として選択された,安定器試験用の放電ランプ。

蛍光灯器具の選定 

供試蛍光ランプには,試験用ランプを用いる。試験用ランプは,ランプ製造業者が公表している定格値

に近いランプ光束をもち,100 h 以上エージングしたものとする。

同一形式の蛍光ランプを複数個使用する蛍光灯器具の場合は,それらの全光束はできるだけ同一である

ことが望ましい。全光束の異なる蛍光ランプを複数個使用する蛍光灯器具の場合は,それらの蛍光ランプ

の全光束の比は,できるだけ製造業者が示す全光束値の比であることが望ましい。

供試安定器は,供試蛍光灯器具が内蔵する安定器とする。

蛍光灯器具のエネルギー消費効率(FLE)の算出 

5.1 

測定方法 

5.1.1 

測定の一般的条件 

供試蛍光灯器具のエネルギー消費効率(FLE)を求めるために,入力電力及び供試安定器の光出力係数

の測定を行う。測定の一般的条件は,次による。

a)

電源は,周波数 50 Hz 又は 60 Hz の正弦波に近い交流を用い,測定中の電圧変動は,定格値の±0.5 %

とする。波形のひずみ率は,3 %以下が望ましい。


4

C 8020

:2012

   

b)

電圧,電流及び電力の測定は,JIS C 1102-2 及び JIS C 1102-3 に規定する 0.5 級以上の指示電気計器又

は同等以上の確度をもつデジタル計器を使用する。また,計器は,実効値を表示するものを使用する。

c)

測定中の周囲温度は,25±2  ℃とし,無風に近い状態に保つようにする。

d)

供試蛍光灯器具の取付面への取付状態は,施設用蛍光灯器具では JIS C 8106,家庭用蛍光灯器具では

JIS C 8115

による。その他の蛍光灯器具では,製造業者が指定した取付状態とする。

5.1.2 

入力電力の測定 

供試蛍光灯器具の入力電力は,5.1.1 の条件で入力側の電力を測定する。

5.1.3 

供試安定器の光出力係数の測定 

供試安定器の光出力係数(BF)は,周囲温度 25±2  ℃で試験用ランプを負荷とし,安定器に定格周波数

の定格入力電圧を加え,安定した状態のときの光出力を,試験用安定器で点灯したときの光出力で除して

算出する。ただし,スタータ(内蔵形を含む。

)で始動するランプを適合ランプとする磁気回路式安定器の

場合,光出力係数(BF)は,試験用ランプを供試安定器で点灯したときのランプ電力を,同じランプを試

験用安定器で点灯したときのランプ電力で除して算出する。

5.2 

温度補正係数 

供試蛍光ランプの温度補正係数(KT)は,

附属書 によって求める。

注記  この温度補正係数は,温度が制御された槽内における蛍光ランプ光出力の相対測光によって求

めるもので,

附属書 に規定する数値は,社団法人日本電球工業会によって標準化されたデー

タに基づいている。社団法人日本電球工業会ガイド 006 参照。

5.3 

蛍光灯器具のエネルギー消費効率の計算方法 

供試蛍光灯器具のエネルギー消費効率(FLE)は,次の式によって求める。及び BF は,5.1 の測定方

法によって求めた値による。KT は,5.2 によって求めた値による。

P

KT

BF

F

FLE

×

×

=

1

ここに,

FLE

供試蛍光灯器具のエネルギー消費効率(lm/W)

  F

1

供試蛍光ランプの定格全光束(lm)

BF

供試安定器の光出力係数

KT

供試蛍光ランプの温度補正係数

P

供試蛍光灯器具の入力電力(W)

蛍光灯器具の固有エネルギー消費効率(LER)の算出 

6.1 

測定方法 

6.1.1 

測定の一般的条件 

供試蛍光灯器具の固有エネルギー消費効率(

LER

)を求めるために,入力電力,供試安定器の光出力係

数及び照明器具効率の測定を行う。測定の一般的条件は,5.1.1 による。

なお,家庭用蛍光灯器具の簡易測定方法は,

附属書 による。

6.1.2 

入力電力の測定 

入力電力の測定は,5.1.2 による。

6.1.3 

供試安定器の光出力係数の測定 

供試安定器の光出力係数の測定は,5.1.3 による。

6.1.4 

照明器具効率の測定 

照明器具効率の測定は,次による。


5

C 8020

:2012

a)  JIS C 8105-5

によって,蛍光灯器具から放射される全光束を測定する。

b)

供試蛍光ランプの全光束は,次によって測定する。

1)

測定に使用する安定器は供試安定器を用い,蛍光灯器具内蔵時と同じ電気的構成条件とする。ただ

し,安定器の周囲温度は,試験場所の温度に従う。測定は,JIS C 8105-5 に規定する配光測定装置

を用い,JIS C 8105-5 の箇条 6(配光測定装置の校正)の方法で配光測定装置の校正を行い,JIS C 

8105-5

の箇条 7(測定条件)に従って行う。ただし,JIS C 8105-5 を引用する場合,照明器具を蛍

光ランプに読み替える。配光特性の測定手順は,JIS C 8105-5 の 8.2.1(配光特性の測定手順)に準

じる。

2)

θφ

座標系における水平角及び鉛直角の測定角度範囲及び測定角度間隔は,

表 に規定する値が望ま

しい。光度の変化の激しい部分における測定角度間隔は,細かくする。

表 1−鉛直角の測定角度範囲及び測定角度間隔

水平角 φ

鉛直角 θ

測定角度範囲

測定角度間隔

測定角度範囲

測定角度間隔

0

∼360 90 以下

0

∼180 10 以下

3)

供試蛍光ランプの点灯方向は,JIS C 7617-2 又は JIS C 7618-2 の関連するランプデータシートによ

る。データシートに記載がない場合は,水平又は鉛直(口金上方)で点灯する。

4)

測光中心は,直管蛍光ランプの場合はガラス管の幾何学的中心,環形蛍光ランプの場合は円環の幾

何学的中心とする。その他の蛍光ランプの場合は,発光管の中心とする。

5)

全光束の測定手順は,各測定点(

θ

φ

)の光度を

I

t

(

θ

,

φ

)

とし,JIS C 8105-5 の 8.3.1(全光束の測定

手順)に準じる。

光出力の安定性は,十分エージングを行った後の供試蛍光ランプを 15 分間隔で 3 回測定したとき

の測光値の変化は,1 %以内とするのが望ましい。また,光出力の再現性は,一旦消灯し,供試蛍

光ランプが冷却した後に再点灯したときの測定値が 2 %以内とするのが望ましい。

6)

供試蛍光ランプの全光束の測定は,JIS C 7801 によってもよい。ただし,測定に使用する安定器は

供試安定器を用い,その使用条件は,蛍光灯器具内蔵時と同じ電気的構成条件とする。ただし,安

定器の周囲温度は,試験場所の温度に従う。

c)

照明器具効率は,6.2.1 によって求める。

6.2 

蛍光灯器具の固有エネルギー消費効率(LER)の計算方法 

6.2.1 

蛍光灯器具の照明器具効率の算出 

供試蛍光灯器具の照明器具効率(

LOR

)は,次の式によって求める。

100

2

1

×

=

F

LF

LOR

ここに,

LOR

供試蛍光灯器具の照明器具効率(

%

 LF

1

6.1.4 a)

で測定した供試蛍光灯器具の全光束(

lm

  F

2

6.1.4 b)

で測定した供試蛍光ランプの全光束(

lm

6.2.2 

蛍光灯器具の固有エネルギー消費効率の算出 

供試蛍光灯器具の固有エネルギー消費効率(

LER

)は,次の式によって求める。この式の

LOR

BF

及び

P

は,6.1 の測定方法によって求めた値による。

P

BF

F

LOR

LER

×

×

=

1


6

C 8020

:2012

   

ここに,

LER

蛍光灯器具の固有エネルギー消費効率(

lm/W

LOR

供試蛍光灯器具の照明器具効率(

%

  F

1

供試蛍光ランプの定格全光束(

lm

BF

供試安定器の光出力係数

P

供試蛍光灯器具の入力電力(

W


7

C 8020

:2012

附属書 1

(規定)

家庭用蛍光灯器具の簡易測定方法

測定方法 

家庭用蛍光灯器具の全光束を求める場合に,配光測定が不可能な場合,次に規定する簡易測定方法によ

って求めてもよい。

測定方法は,次による。

a)

供試蛍光灯器具の取付高さ  供試蛍光灯器具の測光中心から床面までの距離を取付高さとし,次によ

る。

1)

天井じか付け形器具は,床上

2.4 m

とする。

2)

つり下げ形器具は,床上

1.7 m

とする。

b)

測定範囲及び測定点  測定範囲及び測定点は,次による。

1)

測定範囲は,暗室内において供試蛍光灯器具直下を中心とする縦

3.6 m

,横

3.6 m

の正方形の床面と

する。

2)

測定点の間隔は,縦,横それぞれ

0.6 m

とし,

49

点の水平面照度を測定する。

簡易測定方法における計算方法 

簡易測定方法における計算方法は,次による。

a)

平均照度の算出  平均照度は,

49

点の測定点の照度を JIS C 1609-1 に規定する照度計を用いて測定し,

JIS C 7612

の 6.2(平均照度の算出法)によって算出する。

b)

平均照度から器具光束を求めるための換算係数  供試蛍光灯器具の全光束は,次の式によって求める。

C

E

LF

×

= 13

2

ここに,

   LF

2

: 供試蛍光灯器具の全光束(

lm

13

測定範囲の面積

3.6 (m)

×

3.6 (m)

12.96 (m

2

)

13 (m

2

)

E

平均照度(

lx

C

換算係数  換算係数

C

は,

附属書 表 による。

附属書 表 1−換算係数 C

家庭用蛍光灯器具

蛍光ランプの形状

直管形蛍光ランプ

環形蛍光ランプ

じか付け形器具 0.42

0.35

つり下げ形器具

上方向光束比

20 %

以上

上方向光束比

20 %

未満

0.40 0.50

c)

簡易測定方法における固有エネルギー消費効率(LER

  LER

は,次の式によって求める。この式の

P

は,6.1.3 によって求めた値による。

P

LF

LER

2

=

lm/W

ここに,

   LF

2

: 供試蛍光灯器具の全光束(

lm

P

供試蛍光灯器具の入力電力(

W


8

C 8020

:2012

   

附属書 2

(規定)

蛍光ランプの温度補正係数

この附属書は,蛍光ランプの温度補正係数(

KT

)の算出方法について規定する。

蛍光ランプの温度補正係数(KT)の算出方法 

供試蛍光ランプの温度補正係数は,次に規定する方法でランプ管壁の最冷部温度を測定し,

附属書 

2

附属書 表 20 によって求める。

ランプ管壁の最冷部温度の測定は,次による。

a)

供試照明器具を周囲温度が

25

±

2

℃のほぼ無風の場所で,定格電圧及び定格周波数で点灯し,ランプ

の管壁温度を安定させる。照明器具に装着した状態のランプ管壁の最冷部温度管壁温度を b)に規定す

る熱電対で測定する。

b)

熱電対は,JIS C 1602 に規定する種類が

T

で,かつ,クラス

1

の素線径

0.32 mm

以下(推奨素線径は,

0.2 mm

)とする。

注記

附属書 表 2∼附属書 表 20 の参考図は,ランプ単体を各姿勢で点灯したときのランプ管壁

温度の最冷部位置(●印部)を示している。コンパクト形蛍光ランプのように最冷部位置が

複数あり,特定しにくい場合は,全ての位置の温度を測定し,最も温度が低い位置の温度と

する。照明器具の形態によっては,

附属書 表 2∼附属書 表 20 の参考図に示す位置(●印

部)が,照明器具に装着した状態におけるランプ管壁温度の最冷部にはならない場合がある

ことに注意する。

蛍光ランプのリスト 

この附属書に規定する蛍光ランプのリストを

附属書 表 に示す。


9

C 8020

:2012

附属書 表 1−蛍光ランプのリスト

表番号

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

附属書 表 

FL

全て

FLR

全て

FHF 24S

,39S,54S 及び 63 を除く全て

附属書 表 

FHF 24S

及び 39S

附属書 表 

FHF 54S

附属書 表 

FHF 63

附属書 表 

FCL

全て

FHC 13

附属書 表 

FDL

全て

FDX

全て

FML

全て

FHT

全て

b)

附属書 表 

FHT 57

b)

 IN

が品名末尾に付与されているものだけ。

附属書 表 

FHC 13

及び 41 を除く全て

附属書 表 10 

FHC 41

附属書 表 11 

FHD

全て

附属書 表 12 

FHP 32

附属書 表 13 

FHP 45

附属書 表 14 

FHP 32

及び 45 を除く全て

FPL

全て

FPX

全て

附属書 表 15 

FPL

(/HF)

全て

“/HF”は,形式 4 項

a)

である。

附属書 表 16 

FHSC 15

,20 及び 30

附属書 表 17 

FHSC 75

及び 93

附属書 表 18 

FHSD 11

,15 及び 20

附属書 表 19 

FHG 30

,40,50,60 及び 70

附属書 表 20 

FHW 73

及び 103

注記  この表に規定する蛍光ランプは,JIS C 7617-2 又は JIS C 7618-2 に規定する蛍光ランプ以外の蛍光ランプも

含まれる。JIS で規定していない蛍光ランプの形式 1 項及び形式 2 項は,JEL 210 又は JEL 211(参考文献参
照)に規定されている。

a)

形式 1 項,形式 2 項及び形式 4 項は,JIS C 7617-2 又は JIS C 7618-2 による。

b)

 FHT57

は,水銀蒸気圧制御を行っているものも一般的に用いられており,水銀蒸気圧制御を行っているラン

プ(品名末尾に IN の付与されているもの)は,

附属書 表 による。


10

C 8020

:2012

   

附属書 表 2−蛍光ランプの温度補正係数(直管形)

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FL

全て

FLR

全て

FHF 24S

,39S,54S 及び 63 を除く全て

注記  この表に規定する蛍光ランプは,JIS C 7617-2 又は JIS C 7618-2 に規定する蛍光ランプ以外の蛍光ランプ

も含まれる。JIS で規定していない蛍光ランプの形式 1 項及び形式 2 項は,JEL 210 又は JEL 211(参考文
献参照)に規定されている。

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7617-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

40 100.0 52 95.4 64 83.2 76 70.3

41 100.0 53 94.5 65 82.1 77 69.2

42 100.0 54 93.6 66 81.0 78 68.1

43 100.0 55 92.6 67 80.0 79 67.0

44 100.0 56 91.7 68 78.9 80 65.9

45  99.8 57 90.7 69 77.8 81 64.7

46  99.4 58 89.6 70 76.7 82 63.5

47  98.9 59 88.6 71 75.7 83 62.3

48  98.3 60 87.5 72 74.6 84 61.0

49  97.7 61 86.4 73 73.5 85 59.7

50  97.0 62 85.4 74 72.5 86 58.3

51  96.2 63 84.3 75 71.4 87 56.8

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

水平点灯

ランプ下側(ランプ中心)


11

C 8020

:2012

附属書 表 3−蛍光ランプの温度補正係数[直管形(FHF24S 及び FHF39S)] 

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FHF 24S

,39S

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7617-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

35 100.6 45 109.6 55 110.1 65 104.2

36 102.0 46 110.0 56 109.8 66 103.3

37 103.2 47 110.3 57 109.4 67 102.4

38 104.3 48 110.6 58 108.9 68 101.4

39 105.4 49 110.7 59 108.4 69 100.4

40 106.3 50 110.8 60 107.9 70  99.4

41 107.1 51 110.8 61 107.2 71  98.3

42 107.9 52 110.8 62 106.5 72  97.2

43 108.6 53 110.6 63 105.8

44 109.1 54 110.4 64 105.0

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

水平点灯

ランプ下側[ハイマウント側

b)

b)

ハイマウント側は,ランプ点灯中に暗部が大きくなる側である。


12

C 8020

:2012

   

附属書 表 4−蛍光ランプの温度補正係数[直管形(FHF54S)]

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FHF 54S

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7617-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

40  97.1 49 102.8 58  96.1  67  84.2

41  98.6 50 102.6 59  94.9  68  82.8

42  99.8 51 102.2 60  93.6  69  81.5

43 100.9  52 101.6  61  92.3  70  80.3

44 101.7  53 101.0  62  91.0  71  79.1

45 102.3  54 100.2  63  89.6  72  78.0

46 102.7 55  99.3 64 88.3 73 76.9

47 102.9 56  98.3 65 86.9 74 75.9

48 103.0 57  97.2 66 85.5 75 75.1

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

水平点灯

ランプ下側[ハイマウント側

b)

b)

ハイマウント側は,ランプ点灯中に暗部が大きくなる側である。


13

C 8020

:2012

附属書 表 5−蛍光ランプの温度補正係数(直管形)

適用ランプ種別

形式 1 項

形式 2 項

注記

FHF 63

注記  この表に規定する蛍光ランプの形式 1 項及び形式 2 項は,JEL 211(参考文献参照)に規定されている。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

46 100.0 57 99.2 68 86.3 79 74.6

47 100.5 58 97.8 69 85.3 80 73.4

48 101.3 59 96.5 70 84.3 81 72.2

49 101.8 60 95.3 71 83.2 82 71.0

50 102.0 61 94.1 72 82.2 83 69.7

51 102.1 62 92.9 73 81.2 84 68.3

52 101.9 63 91.7 74 80.1 85 66.9

53 101.6 64 90.6 75 79.1 86 65.5

54 101.1 65 89.5 76 78.0 87 64.0

55 100.5 66 88.5 77 76.9

56 100.0 67 87.4 78 75.8

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

水平点灯

ランプ下側(ランプ中心)


14

C 8020

:2012

   

附属書 表 6−蛍光ランプの温度補正係数(環形)

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FCL

全て

FHC 13

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7618-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

40 100.0 52 95.4 64 83.2 76 70.3

41 100.0 53 94.5 65 82.1 77 69.2

42 100.0 54 93.6 66 81.0 78 68.1

43 100.0 55 92.6 67 80.0 79 67.0

44 100.0 56 91.7 68 78.9 80 65.9

45  99.8 57 90.7 69 77.8 81 64.7

46  99.4 58 89.6 70 76.7 82 63.5

47  98.9 59 88.6 71 75.7 83 62.3

48  98.3 60 87.5 72 74.6 84 61.0

49  97.7 61 86.4 73 73.5 85 59.7

50  97.0 62 85.4 74 72.5 86 58.3

51  96.2 63 84.3 75 71.4 87 56.8

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

口金上方鉛直点灯

ランプ下側(口金の対面)

水平点灯

ランプ下側(口金の対面)


15

C 8020

:2012

附属書 表 7−蛍光ランプの温度補正係数[コンパクト形 形(本管形),形(四角形),多数管形]

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FDL

全て

FDX

全て

FML

全て

FHT

全て

b)

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7618-2 による。

b)

 FHT57

は,水銀蒸気圧制御を行っているものも一般的に用いられており,水銀蒸気圧制御を行っているラ

ンプ(品名末尾に IN の付与されているもの)は,

附属書 表 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

53 100.0 63 91.0 73 79.7 83 72.2

54  99.4 64 89.8 74 78.8 84 71.6

55  98.8 65 88.6 75 77.9 85 71.1

56  98.2 66 87.4 76 77.0 86 70.6

57  97.4 67 86.3 77 76.2 87 70.1

58  96.5 68 85.1 78 75.4 88 69.6

59  95.5 69 84.0 79 74.7 89 69.1

60  94.4 70 82.9 80 74.0 90 68.6

61  93.3 71 81.8 81 73.4

62  92.2 72 80.7 82 72.8

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

適用形式  FDL 及び FDX

c)

口金上方鉛直点灯

適用形式  FML

口金上方鉛直点灯

適用形式  FHT

口金上方鉛直点灯

ガラス管先端の外側

ガラス管先端の外側

ガラス管先端の外側


16

C 8020

:2012

   

附属書 表 7−蛍光ランプの温度補正係数[コンパクト形 形(本管形),形(四角形),多数管形]

(続き)

(参考図  続き)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

適用形式  FDL 及び FDX

c)

水平点灯

適用形式  FML

水平点灯

適用形式  FHT

水平点灯(ただし,FHT57 は,口金
上方鉛直点灯だけ。

ガラス管先端の下側

ガラス管先端の下側

ガラス管先端の下側

図の全ての測定位置を測定し,最も温度の低い位置の温度を用いる。

c)

 FDX

の場合,口金部は図と異なるが,ガラス管部は同じである。


17

C 8020

:2012

附属書 表 8−蛍光ランプの温度補正係数[コンパクト形多数管形(FHT57IN)]

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FHT 57

IN

が品名末尾に付与されているものだけ。

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7618-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

90  98.0 105 95.0 120 81.5 135 66.0

91  99.0 106 94.2 121 80.5 136 65.0

92 100.0 107 93.3 122 79.5 137 64.0

93 100.5 108 92.5 123 78.5 138 63.0

94 100.5 109 91.6 124 77.2 139 62.0

95 100.1 110 90.9 125 76.2 140 61.0

96 100.0 111 90.0 126 75.0 141 60.0

97  99.5 112 89.0 127 74.0 142 59.0

98  99.0 113 88.0 128 73.0 143 58.0

99  98.5 114 87.0 129 72.0 144 57.0

100  98.0 115 86.3 130 71.0 145 56.0

101  97.4 116 85.5 131 70.0 146 55.0

102  96.9 117 84.5 132 69.0 147 54.0

103  96.2 118 83.5 133 68.0 148 53.0

104  95.5 119 82.5 134 67.0 149 52.0

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

口金上方鉛直点灯

単位  mm

口金樹脂部の図示部


18

C 8020

:2012

   

附属書 表 9−蛍光ランプの温度補正係数(高周波点灯専用環形)

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FHC 13

及び 41 を除く全て

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7618-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

43 99.7/

− 54

106.8/100.6

65

101.9/93.7 76

91.2/83.3

44 100.7/100.0  55 106.8/100.2  66 101.0/92.8

77  90.2/82.4

45 103.2/100.5  56 106.7/99.8

67 100.2/91.9

78  89.3/81.4

46 103.6/100.8  57 106.5/99.3

68  99.3/91.0

79  88.3/80.5

47 104.1/101.1  58 106.3/98.7

69  98.3/90.1

80

− /79.6

48 104.5/101.3  59 105.9/98.1

70  97.3/89.1

81

− /78.7

49 105.1/101.4  60 105.4/97.5

71  96.2/88.2

82

− /77.8

50 105.7/101.4  61 104.9/96.8

72  95.2/87.2

83

− /76.9

51 106.1/101.3  62 104.2/96.1

73  94.2/86.2

52 106.5/101.1  63 103.4/95.3

74  93.2/85.3

53 106.7/100.9  64 102.8/94.5

75  92.2/84.3

注記  温度補正係数欄は,定格点灯時の値/高出力点灯時の値を示す。

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

口金下方鉛直点灯

水平点灯

ランプ下側[ハイマウント側

b)

ランプ下側[ハイマウント側

b)

b)

ハイマウント側は,ランプ点灯中に暗部が大きくなる側である。


19

C 8020

:2012

附属書 表 10−蛍光ランプの温度補正係数[高周波点灯専用環形(FHC41 形)]

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FHC 41

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7618-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

39 100.0 49 107.2 59 102.1  69  93.0

40 101.6 50 107.3 60 101.3  70  92.2

41 102.4 51 107.2 61 100.5  71  91.0

42 103.7 52 106.8 62  99.6  72  90.1

43 104.6 53 106.3 63  98.6  73  89.4

44 105.4 54 105.9 64  97.8  74  88.4

45 105.9 55 105.0 65  96.4  75  87.6

46 106.3 56 104.6 66  95.6  76  87.0

47 107.0 57 103.6 67  94.8

48 107.1 58 103.0 68  93.9

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

口金下方鉛直点灯

水平点灯

ランプ下側[ハイマウント側

b)

ランプ下側[ハイマウント側

b)

b)

ハイマウント側は,ランプ点灯中に暗部が大きくなる側である。


20

C 8020

:2012

   

附属書 表 11−蛍光ランプの温度補正係数(二重環形)

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FHD

全て

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7618-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

39.5 100.0  51  109.4  63  101.1  75

89.9

40 101.1 52 109.2 64 100.1  76  89.0

41 103.0 53 108.8 65  99.1  77  88.2

42 104.6 54 108.3 66  98.1  78  87.4

43 106.0 55 107.7 67  97.2  79  86.7

44 107.1 56 107.1 68  96.2  80  85.9

45 108.0 57 106.3 69  95.2  81  85.2

46 108.6 58 105.6 70  94.3  82  84.4

47 109.1 59 104.7 71  93.4  83  83.7

48 109.4 60 103.9 72  92.5

49 109.6 61 103.0 73  91.6

50 109.6 62 102.0 74  90.7

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

水平点灯

ランプ下側(外側ガラス管の口金スリット側)


21

C 8020

:2012

附属書 表 12−蛍光ランプの温度補正係数(FHP32 形)

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FHP 32

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7618-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

40  95.1 52 101.0 64  90.1  76  72.7

41  96.5 53 100.6 65  88.8  77  71.3

42  97.7 54 100.0 66  87.4  78  69.9

43 98.7 55 99.4 67 86.0 79 68.6

44 99.6 56 98.7 68 84.5 80 67.2

45 100.3 57  97.9 69 83.1 81 66.0

46 100.8 58  97.0 70 81.0 82 64.8

47 101.2 59  96.0 71 80.1 83 63.6

48 101.4 60  95.0 72 78.6 84 62.6

49 101.5 61  93.8 73 77.1 85 61.6

50 101.4  62  92.6  74  75.6

51 101.3  63  91.4  75  74.2

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

口金上方鉛直点灯

水平点灯

ガラス管先端の外側

ガラス管先端の下側

図の全ての測定位置を測定し,最も温度の低い位置の温度を用いる。


22

C 8020

:2012

   

附属書 表 13−蛍光ランプの温度補正係数(FHP45 形)

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FHP 45

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7618-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

34  91.0 47 103.1 60  93.3  73  79.3

35  93.2 48 102.9 61  92.2  74  78.3

36  95.2 49 102.5 62  91.1  75  77.4

37  97.0 50 102.0 63  90.0  76  76.5

38  98.5 51 101.5 64  88.9  77  75.7

39  99.7 52 100.8 65  87.8  78  74.9

40 100.8  53 100.1  66  86.6  79  74.1

41 101.6 54  99.3 67 85.5 80 73.4

42 102.3 55  98.4 68 84.4 81 72.7

43 102.8 56  97.5 69 83.3 82 72.1

44 103.1 57  96.5 70 82.3 83 71.5

45 103.3 58  95.5 71 81.2 84 70.9

46 103.3 59  94.4 72 80.2 85 70.3

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

口金上方鉛直点灯

水平点灯

ガラス管先端の外側

ガラス管先端の下側

図の全ての測定位置を測定し,最も温度の低い位置の温度を用いる。


23

C 8020

:2012

附属書 表 14−蛍光ランプの温度補正係数(コンパクト 形)

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FHP 32

及び 45 を除く全て

FPL

全て

FPX

全て

a)

形式 1 項及び形式 2 項は,JIS C 7618-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

40 100.0 52 98.1 64 86.5 76 75.8

41 100.7 53 97.3 65 85.5 77 75.0

42 101.2 54 96.4 66 84.5 78 74.3

43 101.6 55 95.5 67 83.6 79 73.6

44 101.9 56 94.6 68 82.6 80 73.0

45 101.9 57 93.6 69 81.7 81 72.4

46 101.6 58 92.6 70 80.8 82 71.9

47 101.2 59 91.6 71 79.9 83 71.6

48 100.7 60 90.6 72 79.0 84 71.3

49 100.2 61 89.5 73 78.2 85 71.1

50  99.6 62 88.5 74 77.4

51  98.9 63 87.5 75 76.6

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

口金上方鉛直点灯

水平点灯

ガラス管先端の外側

ガラス管先端の下側

図の全ての測定位置を測定し,最も温度の低い位置の温度を用いる。

注記 FPX の場合,口金部は図と異なるが,ガラス管部は同じである。


24

C 8020

:2012

   

附属書 表 15−蛍光ランプの温度補正係数(FPL/HF 形)

適用ランプ種別

形式 1 項

a)

形式 2 項

a)

注記

FPL

(/HF)

全て

“/HF”は,形式 4 項

a)

である。

a)

形式 1 項,形式 2 項及び形式 4 項は,JIS C 7618-2 による。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

34 100.0 45 110.3 56 105.2 67  94.9

35 101.0 46 110.1 57 104.2 68  93.9

36 102.4 47 109.9 58 103.3  69  93.2

37 104.0 48 109.6 59 102.2  70  92.3

38 105.3 49 109.3 60 101.3  71  91.3

39 106.5 50 108.9 61 100.3  72  90.4

40 107.5 51 108.6 62  99.4  73  89.5

41 108.3 52 108.2 63  98.6  74  88.6

42 109.0 53 107.6 64  97.6  75  87.7

43 109.7 54 106.9 65  96.8  76  86.9

44 110.1 55 106.1 66  95.8

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

口金上方鉛直点灯

水平点灯

ガラス管先端の外側

ガラス管先端の下側

図の全ての測定位置を測定し,最も温度の低い位置の温度を用いる。


25

C 8020

:2012

附属書 表 16−蛍光ランプの温度補正係数(平面二重らせん形)

適用ランプ種別

形式 1 項

形式 2 項

注記

FHSC 15

,20 及び 30

注記  この表に規定する蛍光ランプの形式 1 項及び形式 2 項は,JEL 211(参考文献参照)に規定されている。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

47 100.0 56 106.0 65 98.2 74 89.7

48 101.8 57 105.7 66 97.2 75 88.8

49 102.9 58 105.2 67 96.3 76 87.9

50 103.9 59 104.5 68 95.3 77 87.0

51 104.8 60 103.6 69 94.3 78 86.2

52 105.4 61 102.3 70 93.4 79 85.3

53 105.8 62 101.3 71 92.5 80 84.5

54 106.1 63 100.2 72 91.5 81 83.6

55 106.1 64  99.2 73 90.6 82 82.8

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

水平点灯

ランプ下側(ランプ中心)


26

C 8020

:2012

   

附属書 表 17−蛍光ランプの温度補正係数(平面二重らせん形)

適用ランプ種別

形式 1 項

形式 2 項

注記

FHSC 75

及び 93

注記  この表に規定する蛍光ランプの形式 1 項及び形式 2 項は,JEL 211(参考文献参照)に規定されている。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

40 100.1 53 105.8 66 97.4 79 83.2

41 101.1 54 105.6 67 96.3 80 82.2

42 102.1 55 105.3 68 95.2 81 81.2

43 103.0 56 105.0 69 94.1 82 80.2

44 103.7 57 104.5 70 93.0 83 79.2

45 104.4 58 103.9 71 91.8 84 78.1

46 104.9 59 103.3 72 90.7 85 77.0

47 105.4 60 102.6 73 89.7 86 75.9

48 105.7 61 101.9 74 88.6 87 75.0

49 106.0 62 101.1 75 87.6 88 74.1

50 106.1 63 100.2 76 86.4 89 73.1

51 106.1 64  99.3 77 85.3 90 72.0

52 106.0 65  98.4  78  84.3

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

水平点灯

ランプ下側[ハイマウント側

a)

a)

ハイマウント側は,ランプ点灯中に暗部が大きくなる側である。


27

C 8020

:2012

附属書 表 18−蛍光ランプの温度補正係数(二重らせん形)

適用ランプ種別

形式 1 項

形式 2 項

注記

FHSD 11

,15 及び 20

注記  この表に規定する蛍光ランプの形式 1 項及び形式 2 項は,JEL 211(参考文献参照)に規定されている。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

45.5

100.0 55 103.6 65 95.5 75 84.1

46 100.6 56 103.2 66 94.3 76 83.1

47 101.6 57 102.7 67 93.2 77 82.2

48 102.5 58 102.1 68 92.0 78 81.3

49 103.1 59 101.3 69 90.8 79 80.6

50 103.6 60 100.5 70 89.6 80 79.9

51 103.9 61  99.7 71 88.4 81 79.4

52 104.1 62  98.7 72 87.3 82 79.0

53 104.0 63  97.7  73  86.2

54 103.9 64  96.6  74  85.1

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

口金上方鉛直点灯

ランプ下側(ランプ中心)


28

C 8020

:2012

   

附属書 表 19−蛍光ランプの温度補正係数(角形)

適用ランプ種別

形式 1 項

形式 2 項

注記

FHG 30

,40,50,60 及び 70

注記  この表に規定する蛍光ランプの形式 1 項及び形式 2 項は,JEL 211(参考文献参照)に規定されている。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

38  79.0  47  99.0  56 106.0 65 102.0

39  82.0  48 100.0  57 106.0 66 100.0

40  85.0  49 100.9  58 106.0 67  99.0

41  87.0  50 102.0  59 106.0 68  97.0

42  89.0  51 103.0  60 105.0 69  96.0

43  92.0  52 103.9  61 105.0 70  94.0

44  94.0  53 105.0  62 103.9 71  92.0

45  95.0  54 105.0  63 103.9 72  90.0

46  97.0  55 106.0  64 103.0 73  88.0

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

水平点灯

ランプ下側[ハイマウント側

a)

a)

ハイマウント側は,ランプ点灯中に暗部が大きくなる側である。


29

C 8020

:2012

附属書 表 20−蛍光ランプの温度補正係数(二重角形)

適用ランプ種別

形式 1 項

形式 2 項

注記

FHW 73

及び 103

注記  この表に規定する蛍光ランプの形式 1 項及び形式 2 項は,JEL 211(参考文献参照)に規定されている。

管壁温度及び温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

管壁温度

温度補正係数

℃ % ℃ % ℃ % ℃ %

35  90.9  45 102.9 55 107.0 65 103.2

36  92.4  46 103.7 56 107.0 66 102.3

37  93.9  47 104.1 57 106.9 67 101.4

38  95.3  48 105.0 58 106.7 68 100.5

39  96.6  49 105.5 59 106.4 69  99.4

40  97.9  50 105.9 60 106.1 70  98.3

41  99.0  51 106.3 61 105.9 71  97.6

42 100.0  52 106.6 62 105.1 72  95.7

43 101.1  53 106.8 63 104.6 73  94.4

44 102.0  54 106.9 64 103.9

(参考図)ランプ単体のランプ管壁温度の最冷部位置

水平点灯

ランプ下側(ブリッジ側の外側ガラス管)

参考文献

社団法人照明学会・技術規格 JIES-008

:1999

  屋内照明基準,

1999

8

15

日本電球工業会規格  JEL 210  蛍光ランプ(一般照明用)

日本電球工業会規格  JEL 211  高周波点灯専用蛍光ランプ(一般照明用)

日本電球工業会規格  ガイド

006

  蛍光ランプの管壁温度と光出力