>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 7709-3

:2013

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS C 7709-3:2012 は改正され,一部が置き換えられた。

記事欄

JIS C 7709-3

追補 5:2012 発行後,IEC 60061-3 の追補版 IEC 60061-3 Amendment 42∼45 が発行されたこ

とに伴って改正を行った。


   

日本工業規格

JIS

 C

7709-3

:2013

電球類の口金・受金及びそれらのゲージ並びに

互換性・安全性  第 3 部  ゲージ

(追補 6)

Lamp caps and holders together with gauges for the control of

interchangeability and safety    Part 3: Gauges

(Amendment 6)

JIS C 7709-3:2012

を,次のように改正する。


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

シート No.3-0-6 を,次のシート No.3-0-7 に置き換える。

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 1/10

2013

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記

事項

B

形 B15  B15d  受金通りゲージ

3-1-1-1 (1997)

7006-12C-2 (22)

受金止りゲージ

3-1-2-1 (1997)

7006-12D-2 (22)

B22 B22d

完成ランプ通りゲージ

3-2-1-1 (1997)

7006-4A-2 (L)

完成ランプ口金通りゲージ

3-2-2-1 (1997)

7006-11-8 (M)

受金通りゲージ

3-2-3-1 (1997)

7006-12A-2 (L)

BA

形 BA9

BA9s

完成ランプ口金通りゲージ

3-4-1-1 (1997)

7006-11-8 (M)

完成ランプ口金止りゲージ

3-4-2-1 (1997)

7006-10-8 (L)

受金ゲージ

3-4-3-1 (1997)

7006-12E-3 (30)

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-4-4-1 (2)

7006-12F-3 (30)

BA15 BA15s

完成ランプ口金通りゲージ

3-5-1-1 (1997)

7006-11-8 (M)

受金ゲージ

3-5-2-1 (1997)

7006-12E-3 (30)

口金保持ゲージ

3-5-3-1 (2)

7006-14-2 (30)

受金挿入ゲージ

3-5-4-1 (2)

7006-14A-3 (30)

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-5-5-1 (2)

7006-12F-3 (30)

BA15d

完成ランプ口金通りゲージ

3-6-1-1 (1997)

7006-11-8 (M)

受金ゲージ

3-6-2-1 (1997)

7006-12E-3 (30)

口金保持ゲージ

3-6-3-1 (2)

7006-14-2 (30)

受金挿入ゲージ

3-6-4-1 (2)

7006-14A-3 (30)

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-6-5-1 (2)

7006-12B-3 (30)

BAU

BAU15 BAU15s

完成ランプ口金通りゲージ

3-8-1-1 (1997)

7006-19A-1 (N)

受金ゲージ

3-8-2-1 (1997)

7006-12E-3 (30)

口金保持ゲージ

3-8-3-1 (2)

7006-14-2 (30)

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-8-4-1 (2)

7006-12F-3 (30)

受金挿入ゲージ

3-8-5-1 (2)

7006-14A-3 (30)

口金の 寸法ゲージ

3-8-6-1 (2)

7006-11D-2 (30)

BAU15d

受金ゲージ 3-8A-1-1

7006-12E-3

口金保持ゲージ 3-8A-2-1

7006-14-2

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-8A-3-1 7006-12F-3

口金の 寸法ゲージ 3-8A-4-1

7006-11D-2

受金挿入ゲージ 3-8A-5-1

7006-14A-3

BAY

BAY15 BAY15d

完成ランプ口金通りゲージ

3-12-1-1 (1997)

7006-11B-2 (M)

受金ゲージ

3-12-2-1 (2)

7006-12E-3 (30)

口金保持ゲージ

3-12-3-1 (2)

7006-14-2 (30)

受金挿入ゲージ

3-12-4-1 (2)

7006-14A-3 (30)

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-12-5-1 (2)

7006-12F-3 (30)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー

トが新設又は改正したことを示す。

3-0-7


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 2/10

2013

形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記
事項

BY

形 BY22 BY22d  完成ランプ口金通りゲージ

3-14-1-1 (1997)

7006-17A-1 (L)

完成ランプ口金止りゲージ

3-14-2-1 (1997)

7006-10-8 (L)

受金通り止りゲージ

3-14-3-1 (1997)

7006-17B-1 (20)

E

形 E10 E10  完成ランプ口金通りゲージ

3-15-1-1 (1997)

7006-27A-2 (N)

完成ランプ口金止りゲージ

3-15-2-1 (1997)

7006-28E-1 (N)

受金ねじ山通りゲージ

3-15-3-1 (1997)

7006-25-7 (N)

受金ねじ山止りゲージ

3-15-4-1 (1997)

7006-26-4 (N)

E11 E11

完成ランプ口金通りゲージ

3-16-1-1 (1997)

7006-6-1 (M)

E12 E12

完成ランプ口金通りゲージ

3-17-1-1 (1997)

7006-27H-1 (L)

完成ランプ口金止りゲージ

3-17-2-1 (1997)

7006-28C-1 (L)

受金ねじ山通りゲージ

3-17-3-1 (1997)

7006-25C-1 (L)

受金ねじ山止りゲージ

3-17-4-1 (1997)

7006-26B-1 (L)

E14 E14

完成ランプ口金通りゲージ

3-18-1-1 (1997)

7006-27F-1 (K)

完成ランプ口金止りゲージ

3-18-2-1 (1997)

7006-28B-1 (K)

受金ねじ山通りゲージ

3-18-3-1 (1997)

7006-25-7 (N)

受金ねじ山止りゲージ

3-18-4-1 (1997)

7006-26-4 (N)

E17 E17

完成ランプ口金通りゲージ

3-20-1-1 (1997)

7006-27K-1 (S)

完成ランプ口金止りゲージ

3-20-2-1 (1997)

7006-28F-1 (S)

受金ねじ山通りゲージ

3-20-3-1 (1997)

7006-25H-1 (S)

受金ねじ山止りゲージ

3-20-4-1 (1997)

7006-26C-1 (S)

E26 E26

完成ランプ口金通りゲージ

3-21-1-2 (1)

7006-27D-3 (26)

完成ランプ口金止りゲージ

3-21-2-1 (1997)

7006-29L-3 (F)

受金ねじ山通りゲージ

3-21-3-2 (1)

7006-25B-2 (22)

受金ねじ山止りゲージ

3-21-4-1 (1997)

7006-26A-2 (22)

E39 E39

完成ランプ口金通りゲージ

3-26-1-1 (1997)

7006-24B-1 (M)

完成ランプ口金止りゲージ

3-26-2-1 (1997)

7006-24C-1 (M)

受金ねじ山通りゲージ

3-26-3-1 (1997)

7006-24E-1 (M)

受金ねじ山止りゲージ

3-26-4-1 (1997)

7006-26-4 (N)

E39/45 E39/45

完成ランプ口金通りゲージ 3-27-1-1

(1997)

E39/49 E39/49

EZ

形 EZ10 EZ10  完成ランプ口金通りゲージ 3-29-1-1

(1997)

FaX

形 FaX6  FaX6

完成ランプ口金通り止りゲージ 3-31-1-1

(1997)

Fc

形 Fc2  Fc2

完成ランプ口金ゲージ

3-32-1-1 (1997)

7006-114-1 (S)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー

トが新設又は改正したことを示す。

3-0-7


C 7709-3

:2013

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 3/10

2013

形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記
事項

G

形 G4  G4

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-33-1-1 (1997)

7006-72-1 (K)

受金通りゲージ

3-33-2-2 (1)

7006-72A-3 (21)

G5 G5

口金通り止りゲージ

3-34-1-1 (1997)

7006-46-3 (L)

完成ランプ口金通りゲージ

3-34-2-1 (1997)

7006-46A-3 (L)

受金通りゲージ

3-34-3-1 (1997)

7006-47C-3 (M)

G6.35 G6.35

完成ランプ口金通りゲージ

3-35-1-2 (1)

7006-61A-3 (26)

完成ランプピン通り止りゲージ

3-35-2-2 (1)

7006-61-5 (26)

受金通りゲージ

3-35-3-2 (1)

7006-61B-4 (26)

G6.35/15

×19

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-36-1-1 (1997)

受金通りゲージ

3-36-2-1 (1997)

G8.5 G8.5

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-129-1-1 (5)

7006-122-1 (24)

受金通りゲージ A タイプ

3-129-2-1 (5)

7006-122A-2 (39)

受金通りゲージ B タイプ

3-129-3-1 (5)

7006-122B-2 (39)

受金単ピン通りゲージ C タイプ

3-129-4-1 (5)

7006-122C-1 (24)

受金単ピン止りゲージ D タイプ

3-129-5-1 (5)

7006-122D-1 (24)

受金最小保持力ゲージ E タイプ

3-129-6-1 (5)

7006-122E-1 (40)

G9 G9

口金通りゲージ

3-117-1-2 (6)

7006-129-2 (42)

改正

口金止りゲージ

3-117-2-2 (6)

7006-129A-1 (30)

受金通りゲージ

3-117-3-2 (6)

7006-129B-2 (26)

受金最小保持力ゲージ

3-117-4-1 (2)

7006-129C-1 (30)

G9.5 G9.5

完成ランプ口金通りゲージ

3-37-1-1 (1997)

7006-70D-1 (J)

受金通りゲージ

3-37-2-1 (1997)

7006-70E-1 (J)

G10 G10q

口金通りゲージ

3-38-1-2 (1)

7006-79-2 (25)

受金通りゲージ

3-38-2-2 (1)

7006-79A-2 (25)

G12 G12

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-39-1-1 (1997)

7006-80-1 (N)

受金通りゲージ A タイプ

3-39-2-2 (2)

7006-80A-2 (30)

受金通りゲージ B タイプ

3-39-3-2 (2)

7006-80B-2 (30)

受金通りゲージ C タイプ

3-39-4-2 (2)

7006-80C-2 (30)

受金単品ゲージ D

3-39-5-1 (1997)

7006-80D-4 (31)

受金単品ゲージ E

3-39-6-1 (1997)

7006-80E-4 (31)

G13 G13

口金通り止りゲージ

3-40-1-1 (1997)

7006-44-4 (L)

完成ランプ口金通りゲージ

3-40-2-1 (1997)

7006-45-4 (L)

受金通りゲージ

3-40-3-1 (1997)

7006-60C-3 (M)

G16 G16d

G16t

完成ランプ口金ゲージ

3-41-1-1 (1997)

7006-95-3 (L)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー

トが新設又は改正したことを示す。

3-0-7


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 4/10

2013

形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記

事項

G

形 G19 G19/51×

60

完成ランプ口金ピンゲージ

3-43-1-1 (5)

受金通りゲージ

3-43-2-1 (5)

G23 G23

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-45-1-1 (1997)

7006-69-2 (Q)

受金ゲージ

3-45-2-1 (1997)

7006-69A-1 (K)

G24 G24d

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-46-1-1 (1997)

7006-78-5 (34)

受金通りゲージ

3-46-2-1 (1997)

7006-78A-6 (42)

受金キー通り止りゲージ

3-46-3-1 (1997)

7006-78G-6 (34)

G38 G38

完成ランプ口金通りゲージ

3-47-1-1 (1997)

7006-76-1 (G)

完成ランプピン通り止りゲージ

3-47-2-1 (1997)

7006-76A-1 (G)

受金通りゲージ

3-47-3-1 (1997)

7006-76B-1 (G)

GH

形 GH76 GH76p  口金通り止りゲージ A 3-130-1-1

(6)

新設

口金通り止りゲージ B 3-130-2-1

(6)

口金通りゲージ 3-130-3-1

(6)

口金ピン通り止りゲージ 3-130-4-1

(6)

口金ピン配置通りゲージ 3-130-5-1

(6)

口金キー組合せ通り止りゲージ 3-130-6-1

(6)

受金通りゲージ A 3-130-7-1

(6)

受金コンタクト検査ゲージ 3-130-8-1

(6)

受金止りゲージ A 3-130-9-1

(6)

受金止りゲージ B 3-130-10-1

(6)

受金通りゲージ B 3-130-11-1

(6)

受金キー組合せ通り止りゲージ 3-130-12-1

(6)

受金押当て力ゲージ 3-130-13-1

(6)

GRX

形 GRX10 GRX10q  完成ランプ口金通りゲージ

3-48-1-1 (1997)

7006-101-1 (M)

受金通りゲージ

3-48-2-1 (1997)

7006-101C-1 (M)

GU

形 GU4  GU4

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-49-1-1 (1997)

7006-108-2 (S)

受金通りゲージ

3-49-2-1 (1997)

7006-108C-2 (S)

GU5.3 GU5.3

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-50-1-1 (1997)

7006-109-1 (N)

受金通りゲージ

3-50-2-2 (1)

7006-109C-2 (25)

GU6.5 GU6.5

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-125-1-1 (3)

7006-152-1 (38)

受金の最大挿入・引抜トルク検査
ゲージ

3-125-2-1 (3)

7006-152A-1 (38)

受金の最小引抜トルク検査ゲー

3-125-3-1 (3)

7006-152B-1 (38)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー

トが新設又は改正したことを示す。

3-0-7


C 7709-3

:2013

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 5/10

2013

形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記
事項

GU

形 GU10 GU10q  口金通りゲージ

3-38B-1-1 (1)

7006-123-1 (25)

口金止りゲージ

3-38B-2-1 (1)

7006-123A-1 (25)

受金通りゲージ

3-38B-3-1 (1)

7006-123B-1 (25)

GU16 GU16d

完成ランプ口金通りゲージ

3-127-1-1 (3)

7006-154-1 (38)

受金通りゲージ

3-127-2-1 (3)

7006-154A-1 (38)

GX

形 GX5.3 GX5.3  完成ランプ口金通り止りゲージ

3-51-1-2 (1)

7006-73B-2 (25)

受金通りゲージ

3-51-2-2 (1)

7006-73D-3 (25)

GX6.35 GX6.35

完成ランプ口金通りゲージ

3-35-1-2 (1)

7006-61A-3 (26)

完成ランプピン通り止りゲージ

3-35-2-2 (1)

7006-61-5 (26)

受金通りゲージ

3-35-3-2 (1)

7006-61B-4 (26)

GX9.5 GX9.5

受金通りゲージ

3-52-1-1 (1997)

7006-70-1 (D)

GX10 GX10q

完成ランプ口金通りゲージ

3-53-1-1 (1997)

7006-84-2 (N)

完成ランプ口金キー通りゲージ

3-53-2-1 (1997)

7006-84E-1 (N)

完成ランプ口金止りゲージ

3-53-3-1 (1997)

7006-84F-1 (N)

受金通りゲージ

3-53-4-1 (1997)

7006-84C-2 (N)

受金止りゲージ

3-53-5-1 (1997)

7006-84D-1 (L)

GX12 GX12

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-119-1-1 (2)

7006-135-1 (31)

受金通りゲージ A タイプ

3-119-2-1 (2)

7006-135A-1 (31)

受金通りゲージ B タイプ

3-119-2A-1 (2)

7006-135B-1 (31)

受金通りゲージ C タイプ

3-119-2B-1 (2)

7006-135C-1 (31)

受金単ピンゲージ D

3-119-3-1 (2)

7006-80D-4 (31)

受金単ピンゲージ E

3-119-3A-1 (2)

7006-80E-4 (31)

GX16

GX16

完成ランプ口金通りゲージ

3-54-1-1 (1997)

GX16t-5

受金通りゲージ

3-131-1-2 (6)

改正

受金接触試験ゲージ

3-131-2-2 (6)

改正

完成ランプ口金通りゲージ(通電
用)

3-131-3-1 (6)

新設

完成ランプ口金通りゲージ 
(非通電用)

3-131-4-1 (6)

新設

GX23 GX23

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-55-1-1 (1997)

7006-86-1 (L)

受金ゲージ

3-55-2-1 (1997)

7006-86A-1 (L)

GX24 GX24q

口金通り止りゲージ

3-56-1-4 (3)

7006-78-5 (34)

受金通りゲージ

3-56-2-4 (5)

7006-78A-6 (42)

7006-78B-5 (29)

7006-78C-5 (29)

受金キー通り止りゲージ

3-56-3-3 (3)

7006-78G-5 (29)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー

トが新設又は改正したことを示す。

3-0-7


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 6/10

2013

 

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記

事項

GX

形 GX53  GX53  口金通り止りゲージ

3-122-1-1 (2)

7006-142-1 (33)

口金止りゲージ

3-122-2-1 (2)

7006-142D-1 (33)

口金通り止りゲージ(キー溝確認用) 3-122-2A-1 (2)

7006-142E-1 (33)

口金止りゲージ(キー溝確認用)

3-122-2B-1 (2)

7006-142F-1 (33)

受金ゲージ A

3-122-3-1 (2)

7006-142A-1 (33)

受金ゲージ B

3-122-3A-1 (2)

7006-142B-1 (33)

受金ゲージ C

3-122-3B-1 (2)

7006-142C-1 (33)

受金通り止りゲージ

3-122-4-1 (2)

7006-142G-1 (33)

受金 L

2

最大寸法止りゲージ

3-122-5-1 (2)

7006-142H-1 (33)

受金 最小寸法止りゲージ

3-122-5A-1 (2)

7006-142J-1 (33)

GY

形 GY5.3  GY5.3  完成ランプ口金通り止りゲージ

3-57-1-2 (1)

7006-73C-2 (25)

受金通りゲージ

3-57-2-2 (1)

7006-73E-3 (25)

GY6.35 GY6.35

完成ランプ口金通りゲージ

3-35-1-2 (1)

7006-61A-3 (26)

完成ランプピン通り止りゲージ

3-35-2-2 (1)

7006-61-5 (26)

受金通りゲージ

3-35-3-2 (1)

7006-61B-4 (26)

GY9.5 GY9.5

完成ランプ口金通りゲージ 3-59-1-1

7006-70C-2

受金通りゲージ 3-59-2-1

7006-70G-1

GY10 GY10q

完成ランプ口金通りゲージ

3-60-1-2 (1)

7006-85-2 (N)

完成ランプ口金キー通りゲージ

3-60-2-2 (1)

7006-85D-1 (N)

完成ランプ口金止りゲージ

3-60-3-2 (1)

7006-85E-1 (N)

受金通りゲージ

3-60-4-2 (1)

7006-85B-3 (35)

受金止りゲージ

3-60-5-2 (1)

7006-85F-1 (N)

GY16 GY16

完成ランプ口金通りゲージ

3-6-1-1 (1997)

7006-74-1 (J)

GZ

形 GZ4

GZ4

完成ランプ口金通りゲージ

3-62-1-1 (1997)

7006-67-1 (L)

受金通りゲージ

3-62-2-2 (1)

7006-67A-2 (23)

GZ6.35 GZ6.35

完成ランプ口金通りゲージ

3-63-1-1 (1997)

7006-59B-1 (L)

受金通りゲージ

3-63-2-2 (1)

7006-59C-2 (23)

GZ10 GZ10q

口金通りゲージ

3-38-1-2 (1)

7006-79-2 (25)

受金通りゲージ

3-38-2-2 (1)

7006-79A-2 (25)

2G

形 2G8

2G8

口金止りゲージ

3-123-1-1 (3)

7006-141J-2 (37)

口金通りゲージ  (1)

3-123-2-1 (3)

7006-141K-2 (37)

口金通りゲージ  (2)

3-123-3-1 (3)

7006-141L-2 (37)

受金トルクゲージ A

3-123-4A-1 (3)

7006-141A-2 (37)

受金トルクゲージ B

3-123-4B-1 (3)

7006-141B-2 (37)

受金トルクゲージ C

3-123-4C-1 (3)

7006-141C-2 (37)

受金単ピンゲージ D

3-123-4D-1 (3)

7006-141D-1 (33)

受金単ピンゲージ E

3-123-4E-1 (3)

7006-141E-1 (33)

受金キー止りゲージ F

3-123-4F-1 (3)

7006-141F-1 (33)

受金通りゲージ G

3-123-4G-1 (3)

7006-141G-1 (33)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー
トが新設又は改正したことを示す。

 

3-0-7


C 7709-3

:2013

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 7/10

2013

 

形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記

事項

2G

形 2G11 2G11 完成ランプ口金通りゲージ

3-64-1-1 (1997)

7006-82-1 (R)

受金通り止りゲージ 3-64-2-1

(1997)

7006-82A-1 (M)

7006-82B-1 (M)

7006-82C-1 (M)

P

形 P14.5

P14.5s

完成ランプ口金通りゲージ

3-66-1-1 (1997)

7006-49-1 (J)

受金通りゲージ

3-66-2-1 (1997)

7006-49A-1 (M)

受金止りゲージ

3-66-3-1 (1997)

7006-49B-1 (M)

P21 P21

完成ランプ口金通り止りゲージ 3-71-1-1

(1997)

IEC 60155  Fig6

完成ランプ口金通りゲージ 3-71-2-1

(1997)

IEC 60155  Fig8

P23 P23t

完成ランプ口金通りゲージ

3-120-1-1 (2)

7006-138A-1 (33)

口金通りゲージ A

3-120-2-2 (4)

7006-138-2 (33)

P28 P28s

完成ランプ口金通りゲージ

3-77-1-1 (1997)

7006-42-1 (L)

受金通りゲージ

3-77-2-1 (1997)

7006-42A-2 (L)

P30 P30s

口金通り止りゲージ

3-78-1-1 (1997)

7006-56-2 (1969)

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-78-2-1 (1997)

7006-56A-2 (1969)

完成ランプ口金通りゲージ 3-78-3-1

(1997)

P38 P38t

完成ランプ口金高さゲージ

3-121-1-1 (2)

7006-133B-1 (31)

完成ランプ口金止りゲージ

3-121-2-1 (2)

7006-133A-1 (31)

口金通りゲージ

3-121-3-1 (2)

7006-133-1 (31)

受金通りゲージ

3-121-4-1 (2)

7006-133C-1 (31)

P43 P43t-38

完成ランプ口金通りゲージ

3-82-1-2 (2)

7006-39-1 (K)

完成ランプ口金高さゲージ

3-82-2-1 (1997)

7006-39B-2 (L)

完成ランプ口金止りゲージ

3-82-3-2 (1)

7006-39A-3 (21)

受金通りゲージ

3-82-4-1 (1997)

7006-39C-1 (M)

PG

形 PG12 PG12 完成ランプ口金通り止りゲージ

3-87-1-1 (1997)

7006-81-3 (R)

PGJ

形 PGJ19 PGJ19 完成ランプ口金通り止りゲージ

3-89A-1-2 (3)

7006-110-1 (32)

完成ランプ受金通り止りゲージ

3-89A-2-2 (3)

7006-110A-1 (32)

口金キー通り止りゲージ

3-89A-3-2 (3)

7006-110B-1 (32)

受金キー通り止りゲージ

3-89A-4-2 (3)

7006-110C-1 (32)

PGX

形 PGX12 PGX12 完成ランプ口金通り止りゲージ

3-90-1-1 (1997)

7006-81-3 (R)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー

トが新設又は改正したことを示す。

 

3-0-7


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 8/10

2013

 

形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記

事項

PGZ

形 PGZ18

及び

PGZX18

PGZ18

及び

PGZX18

口金通りゲージ

3-135-1-1 (6)

7006-163-1 (43)

新設

PGZ18

受金ゲージ A タイプ

3-135-2-1 (6)

7006-163A-1 (43)

受金ゲージ B タイプ

3-135-3-1 (6)

7006-163B-1 (43)

受金ゲージ C タイプ

3-135-4-1 (6)

7006-163C-1 (43)

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-135-5-1 (6)

7006-163D-1 (43)

PHJ

形 PHJ65  PHJ65d  口金通りゲージ 3-134-1-1

(6)

新設

口金通り止りゲージ 3-134-2-1

(6)

口金ピン通り止りゲージ 3-134-3-1

(6)

口金ピン配置通りゲージ A 3-134-4-1

(6)

受金止りゲージ A 3-134-7-1

(6)

受金止りゲージ B 3-134-8-1

(6)

PK

形 PK22  PK22s  完成ランプ口金通りゲージ

3-91-1-1 (1997)

7006-66-2 (M)

受金通りゲージ

3-91-2-1 (1997)

7006-66A-1 (M)

PX

形 PX23  PX23t  完成ランプ口金通りゲージ

3-120-1-2 (4)

7006-138-2 (39)

口金通りゲージ B

3-120B-1-1 (4)

7006-138B-1 (39)

PX26 PX26d

完成ランプ口金通りゲージ

3-96-1-1 (3)

7006-5-2 (S)

口金端子通り止りゲージ

3-96-2-1 (1997)

7006-5A-1 (P)

完成ランプ口金止りゲージ

3-96-3-1 (3)

7006-5B-2 (S)

受金通りゲージ

3-96-4-1 (3)

7006-5C-1 (P)

PX43 PX43t

完成ランプ口金通りゲージ

3-97-1-1 (1997)

7006-34A-1 (M)

完成ランプ口金止りゲージ

3-97-2-3 (2)

7006-39A-1 (21)

完成ランプ口金 Y 最大寸法ゲージ

3-97-3-1 (1997)

7006-39B-2 (L)

受金通りゲージ

3-97-4-1 (1997)

7006-34-1 (M)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー

トが新設又は改正したことを示す。

 

3-0-7


C 7709-3

:2013

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 9/10

2013

 

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記

事項

R

形 R3.5

R3.5

口金通りゲージ 3-132-1-1

(5)

受金通りゲージ 3-132-2-1

(5)

R4 R4

口金通りゲージ 3-133-1-1

(5)

受金通りゲージ 3-133-2-1

(5)

R7 R7s

受金通りゲージ

3-100-1-2 (2)

7006-62A-2 (35)

受金の感電防止機能試験用ゲージ

3-100-2-1 (2)

7006-62B-1 (32)

R17 R17d

完成ランプ口金通り止りゲージ

3-101-1-1 (1997)

7006-57-3 (J)

受金通りゲージ

3-101-2-1 (1997)

7006-57A-1 (J)

RX

形 RX7 RX7s  受金通りゲージ

3-102-1-2 (2)

7006-62-4 (35)

受金の感電防止機能試験用ゲージ

3-102-2-1 (2)

7006-62C-1 (36)

RX17 RX17d

完成ランプ口金通り止りゲージ 3-101A-1-1

(1)

受金通りゲージ 3-101A-2-1

(1)

S

形 S14

S14 S14s

  受金コンタクト検査及び挿

入・引抜検査ゲージ  A

3-128-1-1 (5)

7006-112A-1 (Q)

S14s

  受金コンタクト検査及び引

抜検査ゲージ  B

3-128-2-1 (5)

7006-112B-1 (Q)

S14s

  受金挿入・引抜検査ゲージ

C

3-128-3-1 (5)

7006-112C-1 (Q)

S14d

  受金コンタクト検査及び挿

入・引抜検査ゲージ  A

3-128-4-1 (5)

7006-112D-1 (Q)

S14d

  受金コンタクト検査及び引

抜検査ゲージ  B1,B2

3-128-5-1 (5)

7006-112E-1 (Q)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー
トが新設又は改正したことを示す。

 

3-0-7


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 10/10

2013

 

形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記

事項

W

形 W2  W2×4.6d

受金ゲージ

3-110-1-1 (1997)

7006-94-1 (H)

W2.1 W2.1

×9.5d

口金止りゲージ

3-111-1-1 (1997)

7006-91B-1 (J)

受金通りゲージ

3-111-2-2 (1)

7006-91-1 (M)

W3 W3

×16d

口金通りゲージ

3-112-1-2 (1)

7006-105-2 (24)

口金止りゲージ

3-112-2-3 (3)

7006-105A-3 (35)

受金通りゲージ

3-112-3-2 (1)

7006-105B-2 (24)

W3

×16q

口金通りゲージ

3-113-1-2 (1)

7006-106-3 (35)

口金止りゲージ

3-112-2-3 (3)

7006-105A-3 (35)

受金通りゲージ

3-113-3-2 (1)

7006-106A-3 (35)

WX

形 WX3  WX3×16d

口金通りゲージ

3-112-1-2 (1)

7006-105-2 (24)

口金止りゲージ

3-112-2-3 (3)

7006-105A-3 (35)

受金通りゲージ

3-112-3-2 (1)

7006-105B-2 (24)

WY

形 WY3  WY3×16q

口金通りゲージ

3-113B-1-1 (1997)

7006-106-3 (35)

口金止りゲージ

3-112-2-3 (1)

7006-105A-3 (35)

受金通りゲージ

3-113B-3-1 (3)

7006-106A-3 (35)

WZ

形 WZ3  WZ3×16q

口金通りゲージ

3-113C-1-1 (3)

7006-151-1 (37)

口金止りゲージ

3-113C-2-1 (3)

7006-151A-1 (37)

挿入・引抜検査ゲージ

3-113C-3-1 (3)

7006-151B-1 (37)

備考 1.  ゲージシート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシー

トの追補番号又は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”又は“改正”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補版にてデータシー

トが新設又は改正したことを示す。

 

3-0-7


C 7709-3

:2013

シート No.参考-0-3 を,次のシート No.3-参考-4 に置き換える。

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 1/11

2013

形と主要部寸法を表す

記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

B

形 B15

BY15

B15d 7006-15B-1

(23)

B15d, B22d, B22d-3,

BY22d

7006-13-5 (L)

B15d, B22d

7006-4B-1 (J)

B22 B22

7006-12-8

(30)

7006-12B-2 (22)

B22d 7006-3-1

(A)

B22d, B  22d 7006-15A-2

(23)

B22d-3

(90°/135°) 7006-15-7

(M)

B22d-3

(90°/135°) 7006-20-4

(1969)

B22d-3

(90°/135°)

/25

×26

7006-19-2 (1969)

BA

BA15

BA15, BAY15d

7006-14B-1 (J)

BA15s-3

(100°/130°)

7006-11E-1 (M)

BA20

BA20d, BA20s

7006-2-3 (M)

7006-18-2 (M)

7006-18A-1 (M)

BA21 BA21-3

(120°) 7006-17-4

(1969)

BA21d-3

(120°) 7006-15C-1

(L)

BAU

形 BAU15 BAU15d

7006-12E-3

(30)

7006-14-2 (30)

7006-12F-3 (30)

7006-11D-2 (30)

7006-14A-3 (30)

BAW

形 BAW15   BAW15d

7006-11F-1

(30)

7006-12E-3 (30)

7006-14-2 (30)

7006-14A-3 (30)

7006-12F-3 (30)

7006-11D-2 (30)

BAW15s 7006-11F-1

(30)

7006-12E-3 (30)

7006-14-2 (30)

7006-14A-3 (30)

7006-12F-3 (30)

7006-11D-2 (30)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 2/11

2013

形と主要部寸法を表す

記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

BAX

形 BAX9  BAX9s

7006-9-3

(41)

改正

7006-9A-2 (37)

7006-9B-2 (37)

7006-9C-3 (41)

改正

BAY

形 BAY9  BAY9s

7006-9-3

(41)

改正

7006-9A-2 (3)

7006-9B-2 (37)

7006-9C-3 (41)

改正

BAY15 BAY15d

7006-14B-1

(J)

7006-14C-2 (M)

BAY15s 7006-12E-3

(30)

7006-14-2 (30)

7006-14A-3 (30)

7006-12F-3 (30)

7006-14C-2 (M)

BAZ

形 BAZ15 BAZ15d

7006-11C-1

(L)

7006-12E-3 (30)

7006-14-2 (30)

7006-14A-3 (30)

7006-12F-3 (30)

7006-11D-2 (30)

BAZ15s 7006-12E-3

(30)

7006-14-2 (30)

7006-14A-3 (30)

7006-12F-3 (30)

7006-11D-2 (30)

BY

形 BY22 BY22d

7006-12A-2

(L)

E

形 E5  E5

7006-25D-1

(M)

7006-25E-1 (M)

7006-25F-1 (M)

7006-25G-1 (M)

E11 E11

7006-6A-1

(M)

7006-6B-1 (M)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又は発

行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された追補

版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 3/11

2013

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

E

形 E12

E12

7006-27J-1 (L)

7006-32-1 (34)

7006-32A-1 (L)

E14 E14  7006-27G-1 (K)

7006-30-2 (1969)

7006-30A-1 (1969)

7006-31-5 (34)

7006-54-2 (1969)

7006-55-2 (E)

E17 E17  7006-26C-1 (S)

7006-26D-1 (S)

7006-26E-1 (S)

E26 E26  7006-25J-1 (22)

E26, E26/50

×39,

E26/51

×39, E26d

7006-29-3 (26)

E26d

7006-29A-2 (25)

7006-29B-2 (25)

7006-29C-2 (25)

7006-29D-1 (1969)

7006-29E-1 (1969)

7006-29F-2 (25)

7006-29G-3 (25)

7006-29H-3 (25)

7006-29J-1 (1969)

7006-29K-1 (F)

7006-29M-1 (25)

E27 E27  7006-21-5 (M)

7006-22A-5 (34)

7006-22B-1 (M)

7006-22C-1 (N)

7006-22D-1 (N)

7006-25A-2(L)

7006-27B-1(D)

7006-27C-1 (D)

7006-28A-1 (D)

7006-50-1 (1969)

7006-51A-2 (L)

E27/51

×39

7006-51-2 (L)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 4/11

2013

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

E

形 E39

E39

7006-24A-1

(M)

7006-24D-1 (M)

7006-24F-1 (M)

7006-24G-1 (M)

E

形 E40

E40

7006-23-3

(M)

7006-24-3 (M)

7006-27-7(M)

7006-28D-1 (M)

7006-52-1 (1969)

7006-53-1 (1969)

EP

形 EP10

EP10

7006-28-7

(N)

7006-37-1 (M)

7006-37A-1 (M)

EY10 7006-7-1

(N)

7006-7A-1 (N)

Fa

形 Fa4

Fa4

7006-59-1

(1969)

Fa6 Fa6 7006-41-2

(1969)

7006-41A-2 (L)

Fa8 Fa8 7006-40-1

(1969)

7006-40A-1 (1969)

7006-58-1 (25)

7006-58G-1 (25)

Fc

形 Fc2

Fc2

7006-114A-1

(20)

7006-114B-1 (20)

7006-71A-1 (N)

G,GX,GY

G1.27, GX1.27 
GY1.3, G2.54 
GX2.54, GY2.5 
G3.17, GY3.2

G1.27, GX1.27,   
GY1.3, G2.54, 
GX2.54, GY2.5,   
G3.17, GY3.2

7006-4-1 (26)

G

形 G4

G4

7006-72B-2

(21)

G5 G5 7006-47A-3

(39)

7006-47B-4 (28)

G5.3 G5.3 7006-73-1

(G)

7006-73A-1 (G)

G5.3-4.8 7006-126-1

(25)

7006-126A-1 (25)

7006-126B-1 (25)

G6.35

G6.35, GX6.35

7006-61C-4 (26)

G7.9

G7.9, GX7.9

7006-139-1 (33)

7006-139A-1 (33)

7006-139B-1 (33)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 5/11

2013

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

G

形 G8.5

G8.5

7006-122-1

(24)

7006-122A-2 (39)

7006-122B-2 (39)

7006-122C-1 (24)

7006-122D-1 (24)

G9 G9  7006-129D-1

(30)

G9.5 G9.5  7006-70F-1

(J)

G, GX, GY

G10, GX10, GY10

G10q, GX10q,

GY10q

7006-79B-1 (L)

G

形 G13

G13

7006-60B-4

(N)

G, GX, GY

G17, GX17, GY17

G17q-7, GX17q-7,

GY17q-7

7006-58C-1 (E)

7006-58F-1 (E)

G, GY

G17, GY17

G17q-7, GY17q-7

7006-58A-3 (E)

7006-58D-1 (E)

G

形 G22

G22

7006-75-1

(G)

7006-75A-1 (G)

G23 G23  7006-69C-1

(K)

G23, GX23

7006-69B-2 (L)

G24

G24, GX24, GY24

7006-78F-6 (29)

G28 G28d 7006-161-1

(41)

7006-161A-1 (41)

7006-161B-1 (41)

7006-161C-1 (41)

7006-161D-1 (41)

7006-161E-1 (41)

7006-161F-1 (41)

G, GX, GY

G32, GX32, GY32

G32, GX32, GY32

7006-87-2 (M)

7006-87B-2 (M)

7006-87C-2 (M)

7006-87D-2 (M)

7006-87E-2 (M)

G32, GY32

7006-87A-2 (M)

G

形 G38

G38

7006-76C-1

(G)

7006-76D-1 (G)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 6/11

2013

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

GR

形 GR8

GR8   7006-68-2

(S)

7006-68A-2 (S)

7006-68C-1 (L)

7006-68D-1 (L)

GR8, GR10

GR8, GR10q

7006-68B-1 (L)

7006-68E-1 (L)

7006-68F-1 (L)

GR10 GR10q 7006-77-2

(S)

7006-77A-2 (S)

7006-77B-1 (L)

7006-77C-1 (L)

GR

形 GR14

GR14q

7006-157-1

(41)

7006-157A-1 (41)

7006-157B-1 (41)

7006-157C-1 (41)

7006-157D-1 (41)

7006-157E-1 (41)

7006-157F-1 (41)

7006-157G-1 (41)

7006-157H-1 (41)

7006-157J-1 (41)

7006-157K-1 (41)

GRX

形 GRX10

GRX10q

7006-101A-1

(M)

7006-101B-1 (M)

7006-101D-1 (M)

GRZ

形 GRZ10

GRZ10d

7006-131-1

(30)

7006-131A-1 (30)

7006-131B-1 (30)

7006-131C-1 (30)

7006-132-1 (30)

7006-132A-1 (30)

7006-132B-1 (30)

7006-132C-1 (30)

GU

形 GU4

GU4

7006-108A-2

(S)

7006-108B-1 (N)

7006-108D-1 (N)

GU5.3 GU5.3  7006-109A-1

(N)

7006-109B-1 (N)

GU7 GU7  7006-113-2

(22)

7006-113A-3 (33)

7006-113B-1 (33)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 7/11

2013

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

GU

形 GU8.5

GU8.5

7006-166-1 (44)

新設

7006-166A-1 (44)

7006-166B-1 (44)

7006-166C-1 (44)

GU10 GU10  7006-121-1 (24)

7006-121A-2 (31)

7006-120B-1 (31)

GU10q

7006-123C-1 (25)

GUX

GUY

GUZ

GUX2.5 
GUY2.5 
GUZ2.5

GUX2.5d 
GUY2.5d 
GUZ2.5d

7006-137-1 (33)

7006-137A-1 (33)

7006-137B-1 (33)

7006-137C-1 (33)

7006-137E-1 (33)

7006-137D-1 (E)

GX

形 GX5

GX5

7006-47-1 (39)

7006-47D-1 (39)

7006-47E-1 (39)

GX5.3 GX5.3  7006-73B-2 (25)

7006-73F-2 (N)

GX5.3, GU5.3

7006-73G-2 (N)

GX8.5 GX8.5  7006-143-1 (35)

7006-143A-1 (35)

7006-143B-1 (35)

7006-143C-1 (35)

GX9.5 GX9.5  7006-70A-1 (D)

7006-70B-1 (D)

GX10 GX10  7006-144-1 (35)

7006-144A-1 (41)

7006-144B-2 (44)

GX10q

7006-84A-1 (L)

7006-84B-1 (L)

7006-84D-1 (L)

GX17 GX17q-7

7006-58B-3 (E)

7006-58E-1 (E)

GX23 GX23  7006-86B-1 (L)

GX32 GX32  7006-87F-2 (M)

GX38 GX38q 7006-65-1 (H)

7006-65A-1 (H)

7006-65B-1 (H)

GY

形 GY5.3

GY5.3

7006-73H-2 (N)

7006-73J-1 (L)

GY6.35 GY6.35  7006-59D-2 (26)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 8/11

2013

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

GY

GZ

GY9.5, GZ9.5

GY9.5, GZ9.5

7006-70C-1 (J)

7006-70G-1 (J)

GY

形 GY10

GY10

削除  (44)

削除

GY

形 GY10

GY10q

7006-85A-1

(L)

7006-85C-1 (L)

GY

形 GY22

GY22

7006-119-1

(20)

7006-119A-1 (20)

GU

GZ

GU4

GZ4

GZ6.35

GU10

GZ10

GZ4,  GU4 7006-108D-1

(N)

GZ6.35, GZ4

7006-59A-2 (L)

GZ10 7006-120-1

(23)

7006-120A-2 (31)

GZ10, GU10

7006-120B-1 (31)

GZ10q 7006-124-1

(25)

GZX

GZY

GZZ

GZX7

GZY7

GZZ7

GZX7d-, GZY7d-,

GZZ7d-

7006-136-1 (35)

7006-136A-1 (35)

7006-136B-1 (33)

7006-136C-1 (33)

2G

形 2G7

2GX7

2G7 7006-102A-1

(M)

7006-102C-1 (M)

2G7, 2GX7

7006-102-1 (M)

7006-102B-1 (M)

2G

2GX

G

GX

GY

2G7, 2GX7

2G10,2G11

G23,GX23

G24,GX24,GY24

G32,GX32,GY32

2G(X)7, 2G10,

2G11, G(X)23,

G(X)(Y)24,

G(X)(Y)32

7006-69D-6 (42)

7006-69E-6 (42)

2G

形 2G8

2G8

7006-141-1

(33)

7006-141H-1 (33)

2G10 2G10  7006-118-1

(U)

7006-118A-1 (U)

7006-118B-1 (U)

7006-118C-1 (U)

2G13 2G13  7006-33-2

(P)

7006-33A-2 (P)

7006-33B-1 (J)

2GX

形 2GX7

2GX7

7006-103-1

(M)

7006-103A-1 (M)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 9/11

2013

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

2GX

形 2GX11

2GX11

7006-82-2

(42)

7006-82A-2 (42)

7006-82B-2 (42)

7006-82C-2 (42)

7006-82F-1 (42)

7006-82G-1 (42)

7006-82H-1 (42)

7006-82J-1 (42)

7006-82K-1 (42)

2GX13 2GX13  7006-125-1

(25)

7006-125A-1 (25)

7006-125B-1 (25)

7006-125C-1 (25)

7006-125D-1 (28)

magicube

magicube

Magicube typeX

7006-98-1 (F)

7006-98A-1 (F)

P

形 P14.5

P14.5s

7006-64-1

(K)

P26 P26s 7006-36-1

(M)

7006-36A-1 (M)

P40 P40s 7006-43-2

(E)

P45 P45t 7006-95A-2

(P)

7006-95B-2 (P)

7006-95D-2 (P)

7006-95E-2 (P)

7006-95F-2 (P)

7006-95G-2 (P)

7006-95H-2 (P)

PG

形 PG12

PG12

7006-81A-3

(R)

7006-81B-3 (R)

7006-81C-3 (R)

7006-81F-3 (R)

7006-81G-3 (R)

PG13 PG13  7006-107-3

(32)

7006-107A-2 (22)

7006-107B-1 (22)

7006-107C-1 (22)

PG18.5 PG18.5d 7006-147-1

(36)

7006-147A-1 (36)

7006-147B-1 (36)

PG20 PG20  7006-127-1

(28)

7006-127B-2 (34)

PG22 PG22-6.35

7006-48-1

(E)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

   

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 10/11

2013

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

PGJ

形 PGJ5

PGJ5

7006-153-1

(38)

7006-153A-1 (38)

7006-153B-1 (38)

7006-153C-1 (38)

PGJ13 PGJ13  7006-107-3

(32)

7006-107B-1 (22)

7006-107C-1 (22)

7006-107A-2 (22)

PGJ19 PGJ19  7006-110D-1

(34)

PGJ21 PGJ21t 7006-165-1

(45)

PGJ50

PGJ50, PGJX50

7006-156-1 (40)

7006-156A-1 (40)

7006-156B-1 (40)

7006-156C-1 (40)

7006-156D-1 (40)

PGJX

形 PGJX28

PGJX28

7006-169-1

(45)

7006-169A-1 (45)

7006-169B-1 (45)

7006-169C-1 (45)

PGU

形 PGU20

PGU20

7006-127A-3

(R)

PGX

形 PGX12

PGX12

7006-81A-3

(R)

7006-81B-3 (R)

7006-81C-3 (R)

7006-81F-3 (R)

7006-81G-3 (R)

PGZ

形 PGZ12

PGZ12

7006-148-2

(39)

7006-148A-2 (39)

7006-148C-2 (39)

7006-148B-1 (36)

PU

形 PU20

PU20d

7006-158-1

(41)

PX

形 PX13.5

PX13.5s

7006-35-1

(K)

7006-35A-1 (K)

7006-35B-1 (K)

7006-35C-1 (K)

7006-35D-1 (K)

7006-35E-1 (K)

PX26 PX26  7006-5B-2

(S)

7006-5C-1 (P)

PX43t PX43t  7006-39A-2

(21)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

2012

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 11/11

2013

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

PY

形 PY43

PY43d

7006-88-1

(L)

7006-88A-1 (L)

7006-39B-2 (L)

7006-88B-1 (L)

PZ

形 PZ43

PZ43t

7006-89-1

(L)

7006-88A-1 (L)

7006-39B-2 (L)

7006-89A-1 (L)

R

形 R7

R7s

7006-62B-1

(32)

R17 R17d 7006-57B-1

(J)

RX

形 RX7

RX7s

7006-62A-2

(35)

7006-62C-1 (36)

SX

形 SX4

SX4s

7006-97-1

(35)

7006-97A-1 (35)

W

形 W2.1

W2.1

×9.5 7006-91C-1

(G)

W2.5 W2.5

×16 7006-104-1

(30)

7006-104A-1 (T)

W3.3 W3.3

×10.4d 7006-96-1

(B)

7006-96A-1 (B)

W4.3 W4.3

×8.5d 7006-115-1

(S)

7006-115A-1 (S)

7006-115B-1 (S)

W10.6 W10.6

×8.5d 7006-90A-2

(B)

7006-90B-2 (B)

7006-90C-2 (B)

7006-90D-2 (B)

WP

形 WP3.3

WP3.3

×14.5 7006-164-1

(43)

新設

WU

形 WU2.5

WU2.5

×16 7006-104H-1

(30)

7006-104J-1 (30)

WX

形 WX2.5

WX2.5

×16 7006-104B-1

(30)

7006-104C-1 (22)

WX3 WX3

×16q 7006-106-3

(35)

7006-105A-3 (35)

7006-106A-3 (35)

WY

形 WY2.5

WY2.5

×16 7006-104D-1

(27)

7006-104E-1 (27)

WZ

形 WZ2.5

WZ2.5

×16 7006-104F-1

(27)

7006-104G-1 (27)

X

形 X511

X511

7006-99A-1

(M)

7006-99B-1 (M)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの追補番号又

は発行年を示す。

2.

特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に記載された

追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

3-

参考-4


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

シート No. 3-117-1-1 を,次のシート No. 3-117-1-2 に置き換える。

2007

G9

  口金通りゲージ

ページ 1/1

2013

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

1.5

+0.10

0

K

2

 

4.0

+0.02

0

5.3

+0.02

0

13.7

+0.02

0

13.3

0

−0.02

L

1

 

9.0

+0.02

0

G

1

 

5.2

+0.02

0

12.3

+0.02

0

4.9

+0.02

0

5.0

+0.02

0

K

1

 

3.0

+0.02

0

α 

45

°

+1°

0

°

備考 1.  口金の最大外郭の検査に適用する。

2.

口金基準面が X 面に当たるまで,容易に挿入できなければならない。

また,口金コンタクト部は Y 面を超えてはならない。

3-117-1-2


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

シート No.3-117-2-1 を,次のシート No.3-117-2-2 に置き換える。

2007

G9

  口金止りゲージ

ページ 1/1

2013

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

F

1

 

3.0

+0.02

0

12.4

+0.02

0

5.2

0

−0.02

4.9

0

−0.02

備考 1.  口金の 最小寸法の検査に適用する。

2.

この検査をする際,過度な力を加えてはならない。

3-117-2-2


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

シート No.3-117-3-1 を,次のシート No.3-117-3-2 に置き換える。

2007

G9

  受金通りゲージ

ページ 1/1

2013

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

0.7

+0.02

0

13.9

0

−0.02

5.4

+0.02

0

L

1

 

8.9

+0.02

0

13.3

+0.02

0

12.2

+0.02

0

G

1

 

5.2

0

−0.02

5.1

0

−0.02

5.0

0

−0.02

r

1

 (

1

) 

1.0

±0.1

K

1

 

3.1

0

−0.02

α 

45

°

0

°

−1°

K

2

 

4.1

0

−0.02

注(

1

)

半径 1 mm 又は等しく面取りされていること。

備考 1.  受金の検査に適用する。

2.  X

面が受金のコンタクト部まで円滑に挿入できること。この位置で,受金リム部の一部が Y 面を超えて突

出してはならない。

3-117-3-2


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

シート No.3-129-6-1 の後に,次のシート No.3-130-1-1,No.3-130-2-1,No.3-130-3-1,No.3-130-4-1,

No.3-130-5-1

,No.3-130-6-1,No.3-130-7-1,No.3-130-8-1,No.3-130-9-1,No.3-130-10-1,No.3-130-11-1,

No.3-130-12-1

及び No.3-130-13-1 を挿入する。

2013

GH76p

  口金通り止りゲージ A

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

W

1MAX

 

6.45

0

−0.02

10.00

+0.10 
−0.10

W

1MIN

 

5.85

+0.02

0

20.00

+0.10 
−0.10

3.00

+0.10 
−0.10

10.00

+0.10 
−0.10

備考 1.  完成ランプ口金の W

1

の最大寸法及び最小寸法を検査する。

2.

口金を底面を下にして定盤に載せ,ゲージは O 面を下にして定盤の上に載せる。JIS C 7709-1 シート

No.1-130

に A 部として示された突起部をまたぐようにしてゲージをスライドさせた場合に,X 面部では突

起部が通過し,Y 面部では通過しないこと。検査は,3 個の突起部それぞれについて実施すること。

3. GH76p

口金の詳細は,JIS C 7709-1 シート No.1-130 を参照のこと。

3-130-1-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  口金通り止りゲージ B

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

H

1MAX

 5.85

0

−0.02

35.00

+0.10 
−0.10

H

1MIN

 5.15

+0.02

0

20.00

+0.10 
−0.10

備考 1.  完成ランプ口金の H

1

の最大寸法及び最小寸法を検査する。

2.

ゲージを口金のピン根元面

JIS C 7709-1 シート No.1-130 の図中では H

1

寸法線の上側矢印で示された部分)

に O 面を密着させたまま,A 部として示された突起部の下に挿入する。このとき X 面部ではゲージが挿入

でき,Y 面部では挿入できないこと。

3. GH76p

口金の詳細は,JIS C 7709-1 シート No.1-130 を参照のこと。

3-130-2-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  口金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

65.40

+0.10 
−0.10

E

2

 

40.00

+0.05 
−0.05

A

2

 

86.55

0

−0.02

H

2

 

9.15

+0.02

0

A

3

 

90.00

+0.10 
−0.10

h

1

 

4.60

+0.10 
−0.10

35.00

+0.05 
−0.05

ω 

15

°

CC 

12.00

+0.10 
−0.10

X

1

 

4.60

+0.10 
−0.10

E

1

 

36.10

+0.05 
−0.05

備考 1.  完成ランプ口金の A

2

の最大寸法及び H

2

の最小寸法を検査する。

2.

口金はゲージに装着でき,ゲージ O 面を口金に密着させたまま,正規位置まで回転できること。

3. GH76p

口金の詳細は,JIS C 7709-1 シート No.1-130 を参照のこと。

3-130-3-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  口金ピン通り止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

E

1

 

2.67

+0.01

0

15.00

+0.10 
−0.10

E

2

 

2.29

0

−0.01

21.00

+0.10 
−0.10

F

1

 

5.42

+0.02

0

6.00

+0.10 
−0.10

F

2

 

6.25

0

−0.02

3.00

備考 1.  完成ランプ口金の

φ

の最大寸法及び最小寸法,F

2

の最大寸法及び F

1

の最小寸法を検査する。

2.

口金ピンを O 面から穴 e1 に完全に挿入したとき,ピン根元の口金面とゲージ O 面とが接触すること。こ

の状態でピン直長部(F

1

部)は,X 面と同一か又は突き出ること。ピン先端部(F

2

部)は,X 面と同一か

又は突き出ないこと。ピンは穴 e2 に入らないこと。検査は全てのピンについて行う。

3. GH76p

口金の詳細は,JIS C 7709-1 シート No.1-130 を参照のこと。

3-130-4-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  口金ピン配置通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

65.80

+0.02 
−0.02

2.72

+0.02

0

35.30

+0.02 
−0.02

X

1

 

4.30

0

−0.02

76.00

+0.02 
−0.02

6.30

+0.10 
−0.10

備考 1.  完成ランプ口金のピン配置位置を検査する。

2.

口金は,ゲージに完全に挿入されること。

3. GH76p

口金の詳細は,JIS C 7709-1 シート No.1-130 を参照のこと。

3-130-5-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  口金キー組合せ通り止りゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-130-6-1


C 7709-3

:2013

   

2013

GH76p

  口金キー組合せ通り止りゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

適用ゲージ

記号

基準値

許容差

適用ゲージ

A

1

 

65.50

0

−0.02

W

2

 7.05

0

−0.02

A

3

 

90.00

+0.10 
−0.10

X

1

 (

1

) 4.30

0

−0.02

35.30

0

−0.02

10.60

+0.10 
−0.10

76.00

+0.10 
−0.10

5.20

+0.02

0

GH76p-1

,-2

E

1

 

36.15

0

−0.01

 3.20

+0.02

0

GH76p-3

,-4

E

2

 

39.95

+0.10

0

 8.00

+0.02

0

GH76p-5

,-6

H

1

 

5.15

+0.20

0

5.20

+0.02

0

GH76p-5

31.40

0

−0.02

− GH76p-1,-2,-3,-4,-6

2.25

0

−0.02

γ

3

 

166

°

− GH76p-1,-3

171

°

− GH76p-2,-4

γ

1

 

58

°

− GH76p-1,-3

168.5

°

− GH76p-5,-6

63

°

− GH76p-2,-4

γ

4

 

38

°

− GH76p-5

60.5

°

− GH76p-5,-6

− GH76p-1,-2,-3,-4,-6

γ

2

 

72

°

− GH76p-1,-3

γ

5

 

142

°

− GH76p-5

67

°

− GH76p-2,-4

− GH76p-1,-2,-3,-4,-6

69.5

°

− GH76p-5,-6

注(

1

)  X

1

の寸法は,ノギスなどで直接測定し検査すること。

備考 1.  完成ランプ口金のキーの互換性及び非互換性を検査する。

2.

口金は,6 種類のゲージ全てと組合せ試験を実施し,下表の通り止まり結果を得ること。

口金

ゲージ

GH76p-1 GH76p-2 GH76p-3 GH76p-4 GH76p-5 GH76p-6

GH76p-1

通る

止る

止る

止る

通る

通る

GH76p-2

止る

通る

止る

止る

通る

通る

GH76p-3

通る

止る

通る

止る

通る

通る

GH76p-4

止る

通る

止る

通る

通る

通る

GH76p-5

止る

止る

止る

止る

通る

止る

GH76p-6

止る

止る

止る

止る

通る

通る

3. GH76p

口金の詳細は,JIS C 7709-1 シート No.1-130 を参照のこと。

3-130-6-1


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  受金通りゲージ A

ページ 1/2

第三角法

3-130-7-1


C 7709-3

:2013

   

2013

GH76p

受金通りゲージ A

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

65.20

+0.10 
−0.10

1.00

+0.10 
−0.10

A

2

 

86.50

+0.10 
−0.10

1.75

0

−0.02

A

3

 

90.00

+0.10 
−0.10

4.35

+0.02

0

35.20

+0.10 
−0.10

W

1

 

6.50

+0.02

0

76.00

+0.10 
−0.10

X

1

 

3.65

+0.10 
−0.10

2.00

+0.10 
−0.10

X

3

 

0.50

+0.10 
−0.10

F

2

 

6.20

0

−0.02

50

+0.10 
−0.10

H

1

 

5.15

0

−0.02

9.20

+0.10 
−0.10

H

2

 

9.15

0

−0.02

6.40

+0.10 
−0.10

31.30

+0.05 
−0.05

備考 1.  受金の F

2

の最小寸法,H

1

の最大寸法,H

2

の最大寸法,の最小寸法及び W

1

の最小寸法を検査する。

2.

受金は,ゲージに完全に挿入され正規位置まで回転可能なこと。

3. GH76p

受金の詳細は,JIS C 7709-2 シート No.2-130 を参照のこと。

3-130-7-1


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  受金コンタクト検査ゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-130-8-1


C 7709-3

:2013

   

2013

GH76p

  受金コンタクト検査ゲージ

ページ 2/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

64.60

+0.10 
−0.10

1.00

+0.10 
−0.10

A

2

 

85.50

+0.10 
−0.10

2.20

+0.10 
−0.10

A

3

 

90.00

+0.10 
−0.10

1.00

+0.10 
−0.10

34.80

+0.10 
−0.10

W

1

 

5.80

+0.10 
−0.10

76.00

+0.10 
−0.10

X

1

 

3.65

+0.10 
−0.10

2.29

+0.10 
−0.10

X

3

 

0.50

+0.10 
−0.10

F

2

 

5.80

0

−0.02

40

+0.10 
−0.10

H

1

 

5.80

0

−0.02

9.20

+0.10 
−0.10

H

2

 

9.20

0

−0.02

6.40

+0.10 
−0.10

30.70

+0.10 
−0.10

備考 1.  受金のコンタクトが口金ピンと確実に接触することを検査する。

2.

受金は,ゲージに完全に挿入されたとき,インジケータランプが点灯すること。

例えば,ピン#1,とその他 4 本のピンの接続を検査することによって,全てのコンタクトの電気接続を

検査する。

3. GH76p

受金の詳細は,JIS C 7709-2 シート No.2-130 を参照のこと。

3-130-8-1


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  受金止りゲージ A

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

63.65

0

−0.02

25.00

+0.10 
−0.10

3.00

+0.10 
−0.10

備考 1.  受金の の最大寸法を検査する。

2.

受金は,ゲージに挿入されないこと。

3. GH76p

受金の詳細は,JIS C 7709-2 シート No.2-130 を参照のこと。

3-130-9-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  受金止りゲージ B

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

66.15

0

−0.02

9.20

+0.10 
−0.10

31.10

+0.10 
−0.10

6.40

+0.10 
−0.10

25.00

+0.10 
−0.10

備考 1.  受金の A

1

の最大寸法を検査する。

2.

受金は,ゲージに挿入されないこと。

3. GH76p

受金の詳細は,JIS C 7709-2 シート No.2-130 を参照のこと。

3-130-10-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  受金通りゲージ B

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

65.45

+0.02

0

W

1

 

5.80

+0.10 
−0.10

A

2

 

86.95

+0.02

0

X

1

 

4.25

+0.02

0

35.25

+0.02

0

X

3

 

3.00

+0.10 
−0.10

31.35

+0.02

0

25.00

+0.10 
−0.10

H

1

 

5.80

0

−0.02

9.20

+0.10 
−0.10

1.00

+0.10 
−0.10

6.40

+0.10 
−0.10

備考 1.  受金の A

1

の最小寸法,の最小寸法,の最小寸法及び X

1

の最小寸法を検査する。

2.

受金は,ゲージに完全に挿入され正規位置まで回転可能なこと。

3. GH76p

受金の詳細は,JIS C 7709-2 シート No.2-130 を参照のこと。

3-130-11-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  受金キー組合せ通り止りゲージ

ページ 1/2

第三角法

誤使用防止キーの配置及び寸法 

3-130-12-1


C 7709-3

:2013

   

2013

GH76p

  受金キー組合せ通り止りゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

65.20

+0.05 
−0.05

X

3

 

3.00

+0.10 
−0.10

35.25

+0.05 
−0.05

b

1

 

5.65

0

−0.02

31.30

+0.05 
−0.05

b

2

 

3.65

0

−0.02

25.00

+0.10 
−0.10

b

3

 

8.45

0

−0.02

X

1

 

4.25

+0.02

0

備考 1.  受金のキーの互換性及び非互換性を検査する。

2.

受金は,6 種類のゲージ全てと組合せ試験を実施し,下表の通り止まり結果を得ること。

受金

ゲージ

GH76p-1 GH76p-2 GH76p-3 GH76p-4 GH76p-5 GH76p-6

GH76p-1

通る

止る

通る

止る

止る

止る

GH76p-2

止る

通る

止る

通る

止る

止る

GH76p-3

止る

止る

通る

止る

止る

止る

GH76p-4

止る

止る

止る

通る

止る

止る

GH76p-5

通る

通る

通る

通る

通る

通る

GH76p-6

通る

通る

通る

通る

止る

通る

3. GH76p

受金の詳細は,JIS C 7709-2 シート No.2-130 を参照のこと。

3-130-12-1


C 7709-3

:2013

2013

GH76p

  受金押当て力ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

31.35

+0.02

0

X

2

 

0.45 (

1

)

+0.02

0

35.25

+0.02

0

2.95 (

2

)

0

−0.02

H

1

 

5.80

0

−0.02

X

3

 

3.00

+0.10 
−0.10

W

1

 

5.90 (

1

)

+0.02

0

1.6 (

1

)

6.40 (

2

)

0

−0.02

0.5 (

2

)

X

1

 

3.65 (

1

)

+0.02

0

31.30

+0.10 
−0.10

3.95 (

2

)

0

−0.02

A

3

 

85.4

+0.10 
−0.10

注(

1

)

押当て力が最も低くなる口金を模したもの。

(

2

)

押当て力が最も高くなる口金を模したもの。

備考 1.  受金のキーが口金に掛ける器具(ヒートシンク)への押当て力測定に使用する。

2.

受金は 2 種類のゲージとの組合せにおいて,いずれの場合でも JIS C 7709-2 シート No.2-130 に記載された

押当て力要求事項を満足すること。押当て力の測定は,適切な測定器によること。

3. GH76p

受金の詳細は,JIS C 7709-2 シート No.2-130 を参照のこと。

3-130-13-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

シート No.3-131-1-1 を,次のシート No.3-131-1-2 に置き換える。

2012

GX16t-5

  受金通りゲージ

ページ 1/2

2013

第三角法

3-131-1-2


C 7709-3

:2013

   

2012

GX16t-5

  受金通りゲージ

ページ 2/2

2013

単位  mm

記号

ゲージ A

記号

ゲージ B

記号

ゲージ C

記号

ゲージ D

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

A (

1

)

A

lamp max

+0.05

0

A (

1

)

A

lamp max

+0.05

0

A (

2

)

B

lamp min

−6.90

0

−0.05

A (

2

) 

B

lamp min

−6.90

0

−0.05

B

1

 

1.20

+0.01

0

B

1

 

1.20

+0.01

0

B

1

 

1.20

+0.01

0

B

1

 

1.20

+0.01

0

B

2

 

1.90

+0.01

0

B

2

 

1.90

+0.01

0

B

2

 

1.90

+0.01

0

B

2

 

1.90

+0.01

0

C

1

 

4.30

+0.01

0

C

1

 

4.30

+0.01

0

C

1

 

4.30

+0.01

0

C

1

 

4.30

+0.01

0

C

2

 

5.10

+0.01

0

C

2

 

5.10

+0.01

0

C

2

 

5.10

+0.01

0

C

2

 

5.10

+0.01

0

15.50

0

−0.01

16.50

+0.01

0

15.50

0

−0.01

16.50

+0.01

0

D

1

 

19.70

0

−0.01

D

1

 

20.70

+0.01

0

D

1

 

19.70

0

−0.01

D

1

 

20.70

+0.01

0

D

2

 

8.50

+0.01

0

D

2

 

8.50

+0.01

0

D

2

 

8.50

+0.01

0

D

2

 

8.50

+0.01

0

4.10

+0.01

0

4.10

+0.01

0

4.10

+0.01

0

4.10

+0.01

0

F

1

 

7.70

+0.01

0

F

1

 

7.70

+0.01

0

F

1

 

6.90

0

−0.01

F

1

 

6.90

0

−0.01

F

2

 

7.70

+0.01

0

F

2

 

7.70

+0.01

0

F

2

 

6.90

+0.01

0

F

2

 

6.90

+0.01

0

1.50

+0.01

0

1.50

+0.01

0

1.50

+0.01

0

1.50

+0.01

0

2.10

+0.01

0

2.10

+0.01

0

2.10

+0.01

0

2.10

+0.01

0

25.80

±0.02

25.80

±0.02

M

25.80

±0.02

25.80

±0.02

9.60

+0.01

0

9.60

+0.01

0

9.60

+0.01

0

9.60

+0.01

0

1.30

0

−0.01

1.30

0

−0.01

1.30

0

−0.01

1.30

0

−0.01

R

1

 

1.10

+0.01

0

R

1

 

1.10

+0.01

0

R

1

 

1.10

+0.01

0

R

1

 

1.10

+0.01

0

R

2

 

C

2

/2

R

2

 

C

2

/2

R

2

C

2

/2

R

2

 

C

2

/2

0.50

±0.01

0.50

±0.01

r

0.50

±0.01

0.50

±0.01

注(

1

)  A

lamp max

は,JIS C 7617-2 に規定されている対応する蛍光ランプの 寸法の最大値である。

照明器具に組み込まれた両方の受金の検査の場合は,の値は,表中の値に 0.05 mm を加えた値とする。

(

2

)  B

lamp mim

は,JIS C 7617-2 に規定されている対応する蛍光ランプの 寸法の最小値である。

照明器具に組み込まれた両方の受金の検査の場合は,の値は,表中の値から 0.05 mm を引いた値とする。

備考 1.  ゲージ A,B,C 及び D を併用して,検査する。

2.

一方の端部のピンの軸を含む平面は,他端部のピンの軸を含む平面に整合しなければならない。

3.

ゲージ A,B,C 及び D は受金の設計可動範囲全体にわたって,スライド又は回転が可能で,ランプの正規
挿入位置に納まること。また,同様に引き抜けること。ゲージ A 及び B を用いた検査では,受金間隔を最

小値に,ゲージ C 及び D を用いた検査では,受金間隔を最大値に設定する。

各ゲージの目的と組み合わせる受金間隔を下の表に示す。

ゲージ A

ゲージ B

ゲージ C

ゲージ D

ランプ全長

最大

最大

最小

最小

ピン間隔

最小

最大

最小

最大

受金間隔

最小

最小

最大

最大

4.

検査は,一対の装備された受金に各々のゲージが入るものを合格と判定する。ただし,過度の力を加えな
いで,ゲージを片方の受金に寄せて入れてもよい。

3-131-1-2


C 7709-3

:2013

シート No.3-131-2-1 を,次のシート No.3-131-2-2 に置き換える。

2012

GX16t-5

  受金接触試験ゲージ

ページ 1/2

2013

第三角法

3-131-2-2


C 7709-3

:2013

   

2012

GX16t-5

  受金接触試験ゲージ

ページ 2/2

2013

単位  mm

記号

ゲージ E

記号

ゲージ F

記号

ゲージ G

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

B (

1

)

B

lamp min

0

−0.05

B (

1

)

B

lamp min

0

−0.05

B (

1

)

B

lamp min

0

−0.05

B

1

 0.90

0

−0.01

B

1

 0.90

0

−0.01

B

1

 0.90

0

−0.01

B

2

 1.50

0

−0.01

B

2

 1.50

0

−0.01

B

2

 1.50

0

−0.01

C

1

 3.80

0

−0.01

C

1

 3.80

0

−0.01

C

1

 3.80

0

−0.01

C

2

 4.60

0

−0.01

C

2

 4.60

0

−0.01

C

2

 4.60

0

−0.01

15.50

0

−0.01

16.00

±0.005

16.50

+0.01

0

D

1

 19.40

±0.01

D

1

 19.90

±0.01

D

1

 20.40

±0.01

D

2

 8.00

0

−0.01

D

2

 8.00

0

−0.01

D

2

 8.00

0

−0.01

4.00

0

−0.02

4.00

0

−0.02

4.00

0

−0.02

F

1

 7.00

0

−0.01

F

1

 7.00

0

−0.01

F

1

 7.00

0

−0.01

F

2

 7.00

0

−0.01

F

2

 7.00

0

−0.01

F

2

 7.00

0

−0.01

1.50

+0.01

0

1.50

+0.01

0

1.50

+0.01

0

2.10

+0.01

0

2.10

+0.01

0

2.10

+0.01

0

25.80

±0.02

25.80

±0.02

25.80

±0.02

8.00

±0.01

8.00

±0.01

8.00

±0.01

1.70

±0.01

1.70

±0.01

1.70

±0.01

R

1

 1.00

+0.01

0

R

1

 

1.00

+0.01

0

R

1

 1.00

+0.01

0

R

2

 

C

2

/2

R

2

 

C

2

/2

R

2

 

C

2

/2

0.50

±0.01

0.50

±0.01

0.50

±0.01

質量

(kg)

0.50

±0.05

質量

(kg)

0.50

±0.05

質量

(kg)

0.50

±0.05

注(

1

)  B

lamp mim

は,JIS C 7617-2 に規定されている対応する蛍光ランプの 寸法の最小値である。

照明器具に組み込まれた両方の受金の検査の場合は,の値は,表中の値から 0.05 mm を引いた値とする。

備考 1.  一対からなる可動形又は固定形の GX16t-5 受金への接触を検査するためのものである。

2.

検査は,一対の装備された受金に各々のゲージが入り,可能な全てのランプ位置において表示灯が点灯し

たものを合格と判定する。

3.

両受金間距離は,最大のものにおいて検査する。

3-131-2-2


C 7709-3

:2013

シート No.3-131-2-2 の後に,次のシート No.3-131-3-1 及び 3-131-4-1 を挿入する。

2013

GX16t-5(A)

完成ランプ口金通りゲージ(通電用)

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

B

1

 1.72

+0.01

0

C

1

 4.20

+0.02

0

D

1

 20.50

+0.02

0

D

3

 17.30

+0.02

0

D

4

 14.70

0

−0.02

F

1a

 7.62

+0.01

0

F

1b

 

9

±1

R

1

 1.00

+0.1

0

P 9.50

+0.02

0

Q 1.40

0

−0.02

S 13

±1

25

±1

備考 1.  通電側口金のランプピン及び口金の凹部形状の寸法検査に適用する。

2.

口金を X 面に接触させた状態で,ランプピンが溝を通り抜けること。口金は Y 面に接触するまで挿入でき

ること。

3-131-3-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

GX16t-5(B)

完成ランプ口金通りゲージ(非通電用)

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

B

2

 2.42

+0.01

0

C

2

 5.00

+0.02

0

D

2

 8.40

+0.02

0

E 4.00

+0.02

0

F

2

 7.62

+0.01

0

備考 1.  非通電側口金のランプピンの寸法検査に適用する。

2.

口金を X 面に接触させた状態で,ランプピンが Y 面に接触するまで挿入できること。また,その状態から
口金は 180°回転できること。

3-131-4-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

シート No.3-133-2-1 の後に,次のシート No.3-134-1-1,No.3-134-2-1,No.3-134-3-1,No.3-134-4-1,

No.3-134-7-1

及び No.3-134-8-1 を挿入する。

2013

PHJ65d

  口金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

65.85

+0.00 
−0.02

3.70

+0.00 
−0.02

19.95

+0.00 
−0.02

5.70

+0.00 
−0.02

37.05

+0.00 
−0.02

P

1

 

35.35

+0.00 
−0.02

5.00

+0.00 
−0.02

U

1

 

7.35

+0.00 
−0.02

D

1

 

2.50

+0.00 
−0.10

U

2

 

6.55

+0.00 
−0.02

G

1

 

40.90

+0.00 
−0.02

δ

1

 

120

°

(上記左図)

+0°5’ 
−0°5’

(上記左図)

G

2

 

37.90

+0.00 
−0.02

130

°

(上記右図)

+0°5’ 
−0°5’

(上記右図)

 
備考 1.  JIS C 7709-1 のシート No.1-134-2 に規定する ACDG

1

G

2

HJP

1

U

1

U

2

の最大寸法及び の最

小寸法を検査する。

2. PHJ65d-1

の底面は,上記左図のゲージに挿入されること。また,PHJ65d-2 の底面は,上記右図のゲージに

挿入されること。

3-134-1-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

PHJ65d

  口金通り止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

65.15

+0.02

0

4.65

+0.10 
−0.10

8.10

+0.10 
−0.10

6.65

+0.10 
−0.10

38.00

+0.10 
−0.10

U

1a

 

14.60

+0.10 
−0.10

5.80

+0.10 
−0.10

U

2

 

7.00

+0.10 
−0.10

D

1

 

2.90

+0.10 
−0.10

G

1

 

41.85

+0.10 
−0.10

 
備考 1.  JIS C 7709-1 のシート No.1-134-2 に規定する ACDG

1

G

2

HJP

1

U

1

U

2

の最大寸法及び の最

小寸法を検査する。

2.

口金の底面は,ゲージに挿入されないこと。

3-134-2-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

PHJ65d

  口金ピン通り止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

10.00

+0.10 
−0.10

72.55

+0.02

0

4.30

+0.02

0

U

1

 

6.75

+0.02

0

DU

2

 

7.83

+0.02

0

6.00

+0.10 
−0.10

 
備考 1.  JIS C 7709-1 のシート No.1-134-2 に規定する CDU

1

D

1

と U

2

との組合せの最小寸法を検査する。

2.

口金の底面は,ゲージに挿入されないこと。

3-134-3-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

PHJ65d

  口金ピン配置通りゲージ A1

ページ 1/3

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

65.85

0

−0.02

38.00

+0.10 
−0.10

A

1

 

90.00

+0.10 
−0.10

5.80

+0.10 
−0.10

A

2

 

80.20

+0.20 
−0.20

D

1

 

2.90

+0.10 
−0.10

A

3

 

68.00

+0.05 
−0.10

U

1a

 

14.60

+0.10 
−0.10

B

1

 

10.00

+0.10 
−0.10

U

2

 

7.00

+0.10 
−0.10

B

2

 

8.00

+0.10 
−0.10

B

3

 

1.00

+0.10 
−0.10

 
備考  JIS C 7709-1 のシート No.1-134-2 に規定する EKの最小寸法及び EKLの最大寸法を検査する。

3-134-4-1


C 7709-3

:2013

   

2013

PHJ65d

  口金ピン配置通りゲージ A2

ページ 2/3

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

AA 

70.50

+0.20

0

A

2

 

80.00

0

−0.20

B

4

 

32.00

+0.20

0

B

5

 

32.00

+0.20

0

B

6

 

90.00

備考  B

6

の寸法は,

ゲージ口金ピン配置通りゲージ A1,

及び口金ピン配置通りゲージ A2 の合計重量が 2.55±0.03 kg

の範囲内で調整されること。

3-134-4-1


C 7709-3

:2013

2013

PHJ65d

  口金ピン配置通りゲージ A3

ページ 3/3

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

10.00

+0.20 
−0.20

K

2

 

9.65

+0.02

0

15.00

+0.20 
−0.20

L

a

 

1.50

+0.02

0

35.00

+0.20 
−0.20

L

b

 

1.10

0

−0.02

E

a

 

5.65

+0.02

0

L

x

 

2.80

+0.10 
−0.10

E

b

 

6.15

0

−0.02

4.55

0

−0.02

3.40

+0.20 
−0.20

K

1

 

7.45

0

−0.02

 

3-134-4-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

PHJ65d

  受金止りゲージ A

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

66.55

0

−0.02

P

3

 

62.80

+0.10 
−0.10

U

3

 

6.00

+0.10 
−0.10

50.00

+1.00 
−1.00

備考 1.  受金の の最大寸法を検査する。

2.

受金は,ゲージに挿入されないこと。

3-134-7-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

2013

PHJ65d

  受金止りゲージ B

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

P

3

 

64.40

0

−0.02

35.00

+1.00 
−1.00

備考  受金の P

3

の寸法を検査する。

3-134-8-1


C 7709-3

:2013

   

白      紙


C 7709-3

:2013

シート No.3-134-8-1 の後に,次のシート No.3-135-1-1,No.3-135-2-1,No.3-135-3-1,No.3-135-4-1 及び

No.3-135-5-1

を挿入する。

2013

PGZ18

及び PGZX18  口金通りゲージ

ページ 1/2

第三角法

備考  ピンの間隔及び調整誤差に適用する 0.25 mm の許容値が含まれている。 

3-135-1-1


C 7709-3

:2013

   

2013

PGZ18

及び PGZX18  口金通りゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

6.85

+0.02

0

7.65

+0.02

0

18

+0.005 
−0.005

F

1

 

31.5

0

−0.01

F

2

 

32.3

+0.01

0

36.8

+0.01

0

27

+0.1

0

0.5

+0.02

0

2.0

+0.02

0

目的:PGZ18 口金及び PGZX18 口金について,次の項目を検査する。

−  口金の最大径

−  総合変位,ピンの直径及びピン部の寸法 V

−  寸法 F

2

試験方法:口金の基準面がゲージの V 面に接するまで,口金はゲージ中に挿入されなければならない。この位置に

おいて,ピンの打ち出された部分の上面が X 面より突き出ていなければならないが,Y 面より突き出て
はならない。0.01 mm のすきまゲージで検査する。

3-135-1-1


C 7709-3

:2013

2013

PGZ18

  受金ゲージ A タイプ

ページ 1/2

第三角法

目的:PGZ18 受金について,次の項目を検査する。 

  −  最大ピン距離における最大 PGZ18 口金を正しく収容できること。

  −  キー機能が正しいこと。この検査のために,寸法 は口金の最小径に等しくする。

試験方法:ゲージの V 面が PGZ18 受金の基準面に接するまでゲージが受金中に挿入されること。そしてある力(大

きさは検討中)を加えて 50°以上,ゲージが回転すること。挿入は一つの位置でだけ可能である。

備考  同様の方法でゲージを PGZX18 受金に挿入できてはならない。 

3-135-2-1


C 7709-3

:2013

   

2013

PGZ18

  受金ゲージ A タイプ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

6.65

0

−0.02

7.45

0

−0.02

18.25

+0.005 
−0.005

3.1

0

−0.02

E

1

 

3.1

0

−0.02

F

1

 

3.15

+0.02

0

F

2

 

31.45

0

−0.02

F

3

 

37.65

0

−0.02

35.8

0

−0.01

28.2

+0.02

0

26.45

0

−0.02

20.85

0

−0.02

0.5

+0.02

0

17.95

+0.02

0

1.85

+0.02

0

45

+0.5 
−0.5

0.2

0

−0.02

α 

47

°

+10’

0

β

 

33

°

0

−10’

γ

 

90

°

+2° 
−2°

3-135-2-1


C 7709-3

:2013

2013

PGZ18

及び PGZX18  受金ゲージ B タイプ

ページ 1/2

第三角法

目的:PGZ18 受金及び PGZX18 受金が,最小ピン距離における最大 PGZ18 口金及び最大 PGZX18 口金を正しく収

容できることを検査する。

試験方法:ゲージの V 面が受金の基準面に接するまでゲージが受金中に挿入されること。そしてある力(大きさは

検討中)を加えて 50°以上,ゲージが回転すること。挿入は一つの位置でだけ可能である。

3-135-3-1


C 7709-3

:2013

   

2013

PGZ18

及び PGZX18  受金ゲージ B タイプ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

6.65

0

−0.02

7.45

0

−0.02

17.75

+0.005 
−0.005

3.1

0

−0.02

E

1

 

3.1

0

−0.02

F

1

 

3.15

+0.02

0

F

2

 

31.45

0

−0.02

F

3

 

37.65

0

−0.02

36.8

0

−0.01

28.2

+0.02

0

26.45

0

−0.02

20.85

0

−0.02

0.5

+0.02

0

1.85

+0.02

0

45

+0.5 
−0.5

0.2

0

−0.02

γ

 

90

°

+2° 
−2°

3-135-3-1


C 7709-3

:2013

2013

PGZ18

及び PGZX18  受金ゲージ C タイプ

ページ 1/2

第三角法

目的:PGZ18 受金及び PGZX18 受金が,最大ピン距離における最大 PGZ18 口金及び最大 PGZX18 口金を正しく収

容できることを検査する。受金寸法 に関して,最小の許容される受金の形状を検査する。

試験方法:ゲージの V 面が受金の基準面に接するまでゲージが受金中に挿入されること。そしてある力(大きさは

検討中)を加えて 50°以上,ゲージが回転すること。挿入は一つの位置でだけ可能である。

3-135-4-1


C 7709-3

:2013

   

2013

PGZ18

及び PGZX18  受金ゲージ C タイプ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

6.65

0

−0.02

7.45

0

−0.02

18.25

+0.005 
−0.005

3.1

0

−0.02

E

1

 

3.1

0

−0.02

F

1

 

3.15

+0.02

0

F

2

 

31.45

0

−0.02

F

3

 

37.65

0

−0.02

37.3

0

−0.01

28.2

+0.02

0

26.45

0

−0.02

20.85

0

−0.02

0.3

+0.02

0

1.85

+0.02

0

45

+0.5 
−0.5

0.2

0

−0.02

γ

 

90

°

+2° 
−2°

3-135-4-1


C 7709-3

:2013

2013

PGZ18

及び PGZX18

完成ランプ口金通り止りゲージ

ページ 1/2

第三角法

(*)

  目視溝

備考  この図は,口金 PGZ18 付きのランプを検査するためのゲージの詳細を示している。PGZX18 用のゲージは,

キーのための開口部はない。すなわち,PGZX18 用のゲージでは,角度

α

及び角度

β

は 0°である。

3-135-5-1


C 7709-3

:2013

   

2013

PGZ18

及び PGZX18

完成ランプ口金通り止りゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

6.95

+0.02

0

A

1

 

6.6

+0.02

0

A

2

 

6.4

0

−0.02

7.75

+0.02

0

B

1

 

7.4

+0.02

0

B

2

 

7.2

0

−0.02

18.0

±0.005

3.1

+0.02

0

F

3

 

37.6

+0.01

0

F

4

 

5

0

−0.02

36.8

+0.05

0

28.2

+0.02

0

26.4

+0.02

0

20.8

+0.02

0

0.5

+0.02

0

V

1

 

1.85

+0.02

0

V

2

 

1.65

0

−0.02

α 

47

°

+20’

0

β

 

33

°

0

−20’

目的:PGZ18 口金及び PGZX18 口金について,次の項目を検査する。

−  個々のピンの直径(寸法 A,寸法 及び最大寸法 E

−  ピンの長さ(寸法 F

3

−  寸法 の最大許容値

試験方法:口金の個々のピンが,Z 面から穴“a1”又は穴“b1”にそれぞれ挿入されなければならない。そしてそ

れぞれのピンは,溝に沿って取り外すことができなければならない。

口金の個々のピンが穴“a2”又は“b2”にそれぞれ挿入されてはならない。 
口金の基準面がゲージの Z 面に接するまで,口金がゲージ中に挿入されなければならない。この位置

において,ピンの端が Y 面から突き出てはならない。

寸法 が最大値を超えていないことの判定には,目視溝を用いて口金の X 面とゲージの X 面との隙

間を検査する。

3-135-5-1