>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS C 7709-3:2007 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 C

7709-3

:2010

電球類の口金・受金及びそれらのゲージ並びに

互換性・安全性  第 3 部  ゲージ

追補 3)

Lamp caps and holders together with gauges for the control of

interchangeability and safety    Part 3: Gauges

(Amendment 3)

JIS C 7709-3:2007

を,次のように改正する。

2.

(引用規格)の“JIS C 8324  けい光燈ソケット及びグロースタータソケット”を,

JIS C 8324  蛍光

灯ソケット及びスタータソケット”に置き換える。


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-0-3 を,次のシート No.3-0-4 に置き換える。

2007

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 1/8

2010

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

B 形 B15  B15d 受金通りゲージ 3-1-1-1

7006-12C-2

受金止りゲージ 3-1-2-1

7006-12D-2

B22 B22d 完成ランプ通りゲージ 3-2-1-1

7006-4A-2

完成ランプ口金通りゲージ 3-2-2-1

7006-11-8

受金通りゲージ 3-2-3-1

7006-12A-2

BA 形 BA9  BA9s  完成ランプ口金通りゲージ 3-4-1-1

7006-11-8

完成ランプ口金止りゲージ 3-4-2-1

7006-10-8

受金ゲージ 3-4-3-1

7006-12E-3

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-4-4-1 7006-12F-3

BA15 BA15s 完成ランプ口金通りゲージ 3-5-1-1

7006-11-8

受金ゲージ 3-5-2-1

7006-12E-3

口金保持ゲージ 3-5-3-1

7006-14-2

受金挿入ゲージ 3-5-4-1

7006-14A-3

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-5-5-1 7006-12F-3

BA15d

完成ランプ口金通りゲージ 3-6-1-1

7006-11-8

受金ゲージ 3-6-2-1

7006-12E-3

口金保持ゲージ 3-6-3-1

7006-14-2

受金挿入ゲージ 3-6-4-1

7006-14A-3

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-6-5-1 7006-12F-3

BAU 形 BAU15  BAU15s 完成ランプ口金通りゲージ 3-8-1-1

7006-19A-1

受金ゲージ 3-8-2-1

7006-12E-3

口金保持ゲージ 3-8-3-1

7006-14-2

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-8-4-1 7006-14A-3

受金挿入ゲージ 3-8-5-1

7006-12F-3

口金の 寸法ゲージ 3-8-6-1

7006-11D-2

BAY 形 BAY15  BAY15d 完成ランプ口金通りゲージ 3-12-1-1

7006-11B-2

受金ゲージ 3-12-2-1

7006-12E-3

口金保持ゲージ 3-12-3-1

7006-14-2

受金挿入ゲージ 3-12-4-1

7006-14A-3

受金におけるコンタクト検査ゲージ

3-12-5-1 7006-12F-3

BY 形 BY22  BY22d 完成ランプ口金通りゲージ 3-14-1-1

7006-17A-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-14-2-1

7006-10-8

受金通り止りゲージ 3-14-3-1

7006-17B-1

備考  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

3-0-4


C 7709-3

:2010

2007

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 2/8

2010

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

E 形 E10  E10  完成ランプ口金通りゲージ 3-15-1-1

7006-27A-2

完成ランプ口金止りゲージ 3-15-2-1

7006-28E-1

受金ねじ山通りゲージ 3-15-3-1

7006-25-7

受金ねじ山止りゲージ 3-15-4-1

7006-26-4

E11 E11 完成ランプ口金通りゲージ 3-16-1-1

7006-6-1

E12 E12 完成ランプ口金通りゲージ 3-17-1-1

7006-27H-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-17-2-1

7006-28C-1

受金ねじ山通りゲージ 3-17-3-1

7006-25C-1

受金ねじ山止りゲージ 3-17-4-1

7006-26B-1

E14 E14

(参考)

完成ランプ口金通りゲージ 3-18-1-1

7006-27F-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-18-2-1

7006-28B-1

受金ねじ山通りゲージ 3-18-3-1

7006-25-7

受金ねじ山止りゲージ 3-18-4-1

7006-26-4

E17 E17 完成ランプ口金通りゲージ 3-20-1-1

7006-27K-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-20-2-1

7006-28F-1

受金ねじ山通りゲージ 3-20-3-1

7006-25H-1

受金ねじ山止りゲージ 3-20-4-1

7006-26C-1

E26 E26 完成ランプ口金通りゲージ 3-21-1-2

7006-27D-3

完成ランプ口金止りゲージ 3-21-2-1

7006-29L-3

受金ねじ山通りゲージ 3-21-3-2

7006-25B-2

受金ねじ山止りゲージ 3-21-4-1

7006-26A-2

E39 E39 完成ランプ口金通りゲージ 3-26-1-1

7006-24B-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-26-2-1

7006-24C-1

受金ねじ山通りゲージ 3-26-3-1

7006-24E-1

受金ねじ山止りゲージ 3-26-4-1

7006-26-4

E39/45 E39/45 完成ランプ口金通りゲージ 3-27-1-1 −

E39/49 E39/49

EZ 形 EZ10  EZ10  完成ランプ口金通りゲージ 3-29-1-1 −

FaX 形 FaX6  FaX6  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-31-1-1

Fc 形 Fc2  Fc2  完成ランプ口金ゲージ 3-32-1-1

7006-114-1

備考  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

3-0-4


C 7709-3

:2010

2007

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 3/8

2010

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

G 形 G4  G4  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-33-1-1

7006-72-1

受金通りゲージ 3-33-2-2

7006-72A-3

G5 G5 口金通り止りゲージ 3-34-1-1

7006-46-3

完成ランプ口金通りゲージ 3-34-2-1

7006-46A-3

受金通りゲージ 3-34-3-1

7006-47C-3

G6.35 G6.35 完成ランプ口金通りゲージ 3-35-1-2

7006-61A-3

完成ランプピン通り止りゲージ 3-35-2-2

7006-61-5

受金通りゲージ 3-35-3-2

7006-61B-4

G6.35/ 
15×19

完成ランプ口金通り止りゲージ 3-36-1-1

受金通りゲージ 3-36-2-1

G9 G9 口金通りゲージ 3-117-1-1

7006-129-1

口金止りゲージ 3-117-2-1

7006-129A-1

受金通りゲージ 3-117-3-1

7006-129B-1

受金最小保持力ゲージ 3-117-4-1

7006-129C-1

G9.5 G9.5 完成ランプ口金通りゲージ 3-37-1-1

7006-70D-1

受金通りゲージ 3-37-2-1

7006-70E-1

G10 G10q 口金通りゲージ 3-38-1-2

7006-79-2

受金通りゲージ 3-38-2-2

7006-79A-2

G12 G12 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-39-1-1

7006-80-1

受金通りゲージ A タイプ 3-39-2-2

7006-80A-2

受金通りゲージ B タイプ 3-39-3-2

7006-80B-2

受金通りゲージ C タイプ 3-39-4-2

7006-80C-2

受金単ピンゲージ D 3-39-5-1

7006-80D-4

受金単ピンゲージ E 3-39-6-1

7006-80E-4

G13 G13 口金通り止りゲージ 3-40-1-1

7006-44-4

完成ランプ口金通りゲージ 3-40-2-1

7006-45-4

受金通りゲージ 3-40-3-1

7006-60C-3

G16 G16d

G16t

完成ランプ口金ゲージ 3-41-1-1

7006-95-3

G23 G23 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-45-1-1

7006-69-2

受金ゲージ 3-45-2-1

7006-69A-1

G24 G24d 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-46-1-1

7006-78-5

受金通りゲージ 3-46-2-1

7006-78A-5

受金キー通り止りゲージ 3-46-3-1

7006-78G-6

G38 G38 完成ランプ口金通りゲージ 3-47-1-1

7006-76-1

完成ランプ口金ピン通り止りゲージ

3-47-2-1 7006-76A-1

受金通りゲージ 3-47-3-1

7006-76B-1

備考  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

3-0-4


C 7709-3

:2010

2007

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 4/8

2010

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

GRX 形 GRX10  GRX10q 完成ランプ口金通りゲージ 3-48-1-1

7006-101-1

受金通りゲージ 3-48-2-1

7006-101C-1

GU 形 GU4  GU4  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-49-1-1

7006-108-2

受金通りゲージ 3-49-2-1

7006-108C-2

GU5.3 GU5.3 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-50-1-1

7006-109-1

受金通りゲージ 3-50-2-2

7006-109C-2

GU6.5 GU6.5 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-125-1-1

7006-152-1

新設

受金の最大挿入・引抜トルク検査ゲ

ージ

3-125-2-1 7006-152A-1

新設

受金の最小引抜トルク検査ゲージ 3-125-3-1 7006-152B-1

新設

GU10 GU10q 口金通りゲージ 3-38B-1-1

7006-123-1

口金止りゲージ 3-38B-2-1

7006-123A-1

受金通りゲージ 3-38B-3-1

7006-123B-1

GU16 GU16d 完成ランプ口金通りゲージ 3-127-1-1

7006-154-1

新設

受金通りゲージ 3-127-2-1

7006-154A-1

新設

GX 形 GX5.3 GX5.3 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-51-1-2

7006-73B-2

受金通りゲージ 3-51-2-2

7006-73D-3

GX6.35 GX6.35

完成ランプ口金通りゲージ 3-35-1-2

7006-61A-3

シートは G6.35 を

参照

完成ランプピン通り止りゲージ 3-35-2-2

7006-61-5

シートは G6.35 を

参照

受金通りゲージ 3-35-3-2

7006-61B-4

シートは G6.35 を
参照

GX9.5 GX9.5 受金通りゲージ 3-52-1-1

7006-70-1

GX10 GX10q 完成ランプ口金通りゲージ 3-53-1-1

7006-84-2

完成ランプ口金キー通りゲージ 3-53-2-1

7006-84E-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-53-3-1

7006-84F-1

受金通りゲージ 3-53-4-1

7006-84C-2

受金止りゲージ 3-53-5-1

7006-84G-1

GX12 GX12 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-119-1-1

7006-135-1

受金通りゲージ A タイプ 3-119-2-1

7006-135A-1

受金通りゲージ B タイプ 3-119-2A-1

7006-135B-1

受金通りゲージ C タイプ 3-119-2B-1

7006-135C-1

受金単ピンゲージ D 3-119-3-1

7006-135D-1

受金単ピンゲージ E 3-119-3A-1

7006-135E-1

GX16 GX16 完成ランプ口金通りゲージ 3-54-1-1 −

GX23 GX23 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-55-1-1

7006-86-1

受金ゲージ 3-55-2-1

7006-86A-1

備考  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

3-0-4


C 7709-3

:2010

2007

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 5/8

2010

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

GX 形 GX24  GX24q 口金通り止りゲージ 3-56-1-4

7006-78-5

改正

受金通りゲージ 3-56-2-3

7006-78A-5 
7006-78B-5 
7006-78C-5

受金キー通り止りゲージ 3-56-3-3

7006-78G-5

GX53 GX53 口金通り止りゲージ 3-122-1-1

7006-142-1

口金止りゲージ 3-122-2-1

7006-142D-1

口金通り止りゲージ(キー溝確認用) 3-122-2A-1

7006-142E-1

口金止りゲージ(キー溝確認用) 3-122-2B-1

7006-142F-1

受金ゲージ A 3-122-3-1

7006-142A-1

受金ゲージ B 3-122-3A-1

7006-142B-1

受金ゲージ C 3-122-3B-1

7006-142C-1

受金通り止りゲージ 3-122-4-1

7006-142G-1

受金 L

2

最大寸法止りゲージ 3-122-5-1

7006-142H-1

受金 最小寸法止りゲージ 3-122-5A-1

7006-142J-1

GY 形 GY5.3 GY5.3 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-57-1-2

7006-73C-2

受金通りゲージ 3-57-2-2

7006-73E-3

GY6.35 GY6.35

完成ランプ口金通りゲージ 3-35-1-2

7006-61A-3

シートは G6.35 を
参照

完成ランプピン通り止りゲージ 3-35-2-2

7006-61-5

シートは G6.35 を

参照

受金通りゲージ 3-35-3-2

7006-61B-4

シートは G6.35 を

参照

GY9.5 GY9.5 完成ランプ口金通りゲージ 3-59-1-1

7006-70C-2

受金通りゲージ 3-59-2-1

7006-70G-1

GY10 GY10q 完成ランプ口金通りゲージ 3-60-1-2

7006-85-2

完成ランプ口金キー通りゲージ 3-60-2-2

7006-85D-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-60-3-2

7006-85E-1

受金通りゲージ 3-60-4-2

7006-85B-2

受金止りゲージ 3-60-5-2

7006-85F-1

GY16 GY16 完成ランプ口金通りゲージ 3-61-1-1

7006-74-1

GZ 形 GZ4  GZ4  完成ランプ口金通りゲージ 3-62-1-1

7006-67-1

受金通りゲージ 3-62-2-2

7006-67A-2

GZ6.35 GZ6.35

完成ランプ口金通りゲージ 3-63-1-1

7006-59B-1

受金通りゲージ 3-63-2-2

7006-59C-2

GZ10 GZ10q 口金通りゲージ 3-38-1-2

7006-79-2

シートは G10q を

参照

受金通りゲージ 3-38-2-2

7006-79A-2

シートは G10q を

参照

備考  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

3-0-4


C 7709-3

:2010

2007

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 6/8

2010

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

2G 形 2G8  2G8  口金止りゲージ 3-123-1-1

7006-141J-2

新設

口金通りゲージ(1) 3-123-2-1

7006-141K-2

新設

口金通りゲージ(2) 3-123-3-1

7006-141L-2

新設

受金トルクゲージ A 3-123-4A-1

7006-141A-2

新設

受金トルクゲージ B 3-123-4B-1

7006-141B-2

新設

受金トルクゲージ C 3-123-4C-1

7006-141C-2

新設

受金単ピンゲージ D 3-123-4D-1

7006-141D-1

新設

受金単ピンゲージ E 3-123-4E-1

7006-141E-1

新設

受金キー止りゲージ F 3-123-4F-1

7006-141F-1

新設

受金通りゲージ G 3-123-4G-1

7006-141G-1

新設

2G11 2G11 完成ランプ口金通りゲージ 3-64-1-1

7006-82-1

受金通り止りゲージ 3-64-2-1

7006-82A-1 
7006-82B-1 
7006-82C-1

P 形 P14.5 P14.5s

完成ランプ口金通りゲージ 3-66-1-1

7006-49-1

受金通りゲージ 3-66-2-1

7006-49A-1

受金止りゲージ 3-66-3-1

7006-49B-1

P21 P21 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-71-1-1

IEC 60155 
Fig6

完成ランプ口金通りゲージ 3-71-2-1

IEC 60155 
Fig8

P23 P23t 完成ランプ口金通りゲージ 3-120-1-1

7006-138-1

口金通りゲージ 3-120-2-1

7006-138A-1

P28 P28s 完成ランプ口金通りゲージ 3-77-1-1

7006-42-1

受金通りゲージ 3-77-2-1

7006-42A-2

P30 P30s 口金通り止りゲージ 3-78-1-1

7006-56-2

完成ランプ口金通り止りゲージ 3-78-2-1

7006-56A-2

完成ランプ口金通りゲージ 3-78-3-1

7006-56B-2

P38 P38t 完成ランプ口金高さゲージ 3-121-1-1

7006-133B-1

追補 2 の修正

完成ランプ口金止りゲージ 3-121-2-1

7006-133A-1

口金通りゲージ 3-121-3-1

7006-133-1

追補 2 の修正

受金通りゲージ 3-121-4-1

7006-133C-1

P43 P43t-38

完成ランプ口金通りゲージ 3-82-1-2

7006-39-1

完成ランプ口金高さゲージ 3-82-2-1

7006-39B-2

完成ランプ口金止りゲージ 3-82-3-2

7006-39A-3

受金通りゲージ 3-82-4-1

7006-39C-1

備考 1.  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

2.

特記事項欄の“追補 2 の修正”は,追補 2 の“ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表”

(No.3-0-3)の誤りを修正し

たことを示すものであり,データシートの内容に変更はない。

3-0-4


C 7709-3

:2010

2007

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 7/8

2010

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

PG 形 PG12  PG12  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-87-1-1

7006-81-3

PGJ 形 PGJ19  PGJ19  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-89A-1-2

7006-110-1

追補 2 の修正

完成ランプ受金通り止りゲージ 3-89A-2-2

7006-110A-1

追補 2 の修正

口金キー通り止りゲージ 3-89A-3-2

7006-110B-1

追補 2 の修正

受金キー通り止りゲージ 3-89A-4-2

7006-110C-1

追補 2 の修正

PGX 形 PGX12  PGX12  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-90-1-1

7006-81-3

PK 形 PK22  PK22s 完成ランプ口金通りゲージ 3-91-1-1

7006-66-2

受金通りゲージ 3-91-2-1

7006-66A-1

PX 形 PX26  PX26d 完成ランプ口金通りゲージ 3-96-1-1

7006-5-2

追補 2 の修正

口金端子通り止りゲージ 3-96-2-1

7006-5A-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-96-3-1

7006-5B-2

新設

受金通りゲージ 3-96-4-1

7006-5C-1

新設

PX43 PX43t 完成ランプ口金通りゲージ 3-97-1-1

7006-34A-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-97-2-3

7006-39A-3

完成ランプ口金 最大寸法ゲージ 3-97-3-1  7006-39B-2

受金通りゲージ 3-97-4-1

7006-34-1

R 形 R7  R7s  受金通りゲージ 3-100-1-2

7006-62-4

受金の感電防止機能試験用ゲージ 3-100-2-1 7006-62B-1

R17 R17d 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-101-1-1

7006-57-3

受金通りゲージ 3-101-2-1

7006-57A-1

RX 形 RX7  RX7s  受金通りゲージ 3-102-1-2

7006-62A-2

受金の感電防止機能試験用ゲージ 3-102-2-1 7006-62C-1

RX17 RX17d 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-101A-1-1

受金通りゲージ 3-101A-2-1

備考 1.  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

2.

特記事項欄の“追補 2 の修正”は,追補 2 の“ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表”

(No.3-0-3)の誤りを修正し

たことを示すものであり,データシートの内容に変更はない。

3-0-4


C 7709-3

:2010

2007

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 8/8

2010

形と主要部寸法

を表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

W 形 W2  W2×4.6d

受金ゲージ 3-110-1-1

7006-94-1

W2.1 W2.1×9.5d  口金止りゲージ 3-111-1-1

7006-91B-1

受金通りゲージ 3-111-2-2

7006-91-1

W3 W3×16d

口金通りゲージ 3-112-1-2

7006-105-2

口金止りゲージ 3-112-2-3

7006-105A-3

改正

受金通りゲージ 3-112-3-2

7006-105B-2

W3×16q

口金通りゲージ 3-113-1-2

7006-106-3

口金止りゲージ 3-112-2-3

7006-105A-3

シ ー ト は W3 ×
16d を参照

受金通りゲージ 3-113-3-2

7006-106A-3

WX 形 WX3  WX3×16d

口金通りゲージ 3-112-1-2

7006-105-2

シ ー ト は W3 ×
16d を参照

口金止りゲージ 3-112-2-3

7006-105A-3

シ ー ト は W3 ×
16d を参照

受金通りゲージ 3-112-3-2

7006-105B-2

シ ー ト は W3 ×
16d を参照

WY 形 WY3  WY3×16q

口金通りゲージ 3-113B-1-1

7006-106-3

新設

口金止りゲージ 3-112-2-3

7006-105A-3

シ ー ト は W3 ×
16d を参照

受金通りゲージ 3-113B-3-1

7006-106A-3

新設

WZ 形 WZ3  WZ3×16q

口金通りゲージ 3-113C-1-1

7006-151-1

新設

口金止りゲージ 3-113C-2-1

7006-151A-1

新設

挿入・引抜検査ゲージ 3-113C-3-1

7006-151B-1

新設

備考  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

3-0-4


C 7709-3

:2010

シート No.3-113C-3-1 の後に,次のシート No.参考 0-1 を挿入する。

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 1/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

B 形 B15

BY15

B15d 7006-15B-1

B15d,B22d,B22d-3,BY22d 7006-13-5

B15d,B22d 7006-4B-1

B22 B22

7006-12B-2

B22d 7006-3-1

B22d,BY22d 7006-15A-2

B22d-3(90°/135°) 7006-15-7

B22d-3(90°/135°) 7006-20-4

B22d-3(90°/135°)/25×26 7006-19-2

BA 形 BA15  BA15,BAY15d 7006-14B-1

BA15s-3(100°/130°) 7006-11E-1

BA20 BA20d,BA20s 7006-2-3

JIS

から外す

7006-18-2 
7006-18A-1

BA21 BA21-3(120°) 7006-17-4

BA21d-3(120°) 7006-15C-1

BAU 形 BAU15  BAU15d

7006-12E-3 JIS から外す 
7006-14-2 
7006-12F-3 
7006-11D-2 
7006-14A-3

BAW 形 BAW15  BAW15d

7006-11F-1 JIS から外す 
7006-12E-3 
7006-14-2 
7006-14A-3 
7006-12F-3 
7006-11D-2

BAW15s 7006-11F-1

JIS

から外す

7006-12E-3 
7006-14-2 
7006-14A-3 
7006-12F-3 
7006-11D-2

BAX,BAY,
BAW , BAZ

BAX9, 
BAY9, 
BAW9, 
BAZ9

BAX9s,BAY9s,BAW9s,BAZ9s 7006-9-2  JIS から外す。改正(A37)

7006-9A-2

改正(A37)

7006-9B-2

改正(A37)

7006-9C-2

JIS

から外す。改正(A37)

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 2/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

BAY 形 BAY15  BAY15d

7006-14B-1  
7006-14C-2

BAY15s 7006-12E-3

JIS

から外す

7006-14-2 
7006-14A-3 
7006-12F-3 
7006-14C-2  
7006-12E-2

JIS

から外す

BAZ 形 BAZ15  BAZ15d

7006-11C-1 JIS から外す 
7006-12E-3 
7006-14-2 
7006-14A-3 
7006-12F-3 
7006-11D-2

BAZ15s 7006-12E-3

JIS

から外す

7006-14-2 
7006-14A-3 
7006-12F-3 
7006-11D-2

CUX, 
CUY, 
CUZ 形

CUX2.5, 
CUY2.5, 
CUZ2.5

CUX2.5d,GUY2.5d,GUZ2.5d 7006-137A-1

7006-137B-1  
7006-137F-1

E 形 E5  E5

7006-25D-1

7006-25E-1  
7006-25F-1  
7006-25G-1

E10 E10

7006-37-1

E11 E11

7006-6A-1

7006-6B-1

E12 E12

7006-27J-1

7006-32-1  
7006-32A-1

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 3/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

E 形 E14  E14

7006-27G-1

7006-30-2  
7006-30A-1  
7006-31-5

改正(A34)

7006-54-2  
7006-55-2

E17 E17

7006-26D-1

7006-26D-1  
7006-26E-1

E26 E26

7006-25J-1

E26,E26/50×39,E26/51×39,E26d 7006-29-3

E26d 7006-29A-2

7006-29B-2  
7006-29C-2  
7006-29D-1  
7006-29E-1  
7006-29F-2  
7006-29G-3  
7006-29H-3  
7006-29J-1  
7006-29K-1  
7006-29M-1

E27 E27

7006-21-5

7006-22A-5

改正(A34)

7006-22B-1  
7006-22C-1  
7006-22D-1  
7006-27C-1  
7006-28A-1  
7006-50-1  
7006-51A-2

E27/51×39 7006-51-2

E39 E39

7006-24A-1

7006-24D-1  
7006-24F-1  
7006-24G-1

E40 E40

7006-23-3

7006-24-3  
7006-28D-1  
7006-52-1  
7006-53-1

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 4/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

EP 形 EP10

EP10

7006-28-7

7006-37A-1

EY10 7006-7-1

7006-7A-1

Fa 形 Fa4

Fa4

7006-59-1

Fa6 Fa6

7006-41-2

7006-41A-2

Fa8 Fa8

7006-40-1

7006-40A-1  
7006-58-1  
7006-58G-1

Fc 形 Fc2

Fc2

7006-114A-1

7006-114B-1

flushcube 形 flushcube

flushcube

7006-71-1   
7006-71A-1

G,GX,GY 形 G1.27,GX1.27,GY1.3,

G2.54,GX2.54,GY2.5 
G3.17,GY3.2

G1.27 , GX1.27 , GY1.3 ,
G2.54 , GX2.54 , GY2.5 ,
G3.17,GY3.2

7006-4-1

G 形 G5

G5

7006-47A-2

7006-47B-4

G5.3 G5.3

7006-73-1

7006-73A-1

G5.3-4.8 7006-126-1

7006-126A-1  
7006-126B-1

G6.35 G6.35,GX6.35 7006-61C-4

G7.9 G7.9,GX7.9 7006-139-1

新設(A33)

7006-139A-1

新設(A33)

7006-139B-1

新設(A33)

G8.5 G8.5

7006-122-1  
7006-122A-1  
7006-122B-1  
7006-122C-1  
7006-122D-1

G9 G9

7006-129D-1

G,GX,GY 形 G10,GX10,GY10 G10q,GX10q,GY10q 7006-79B-1  
G 形 G13

G13

7006-60B-4

G,GX,GY 形 G17,GX17,GY17 G17q-7,GX17q-7,GY17q-7 7006-58C-1

7006-58F-1

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 5/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

G,GY 形 G17,GY17 G17q-7,GY17q-7 7006-58A-3

7006-58D-1

G,GX,GY

G22 G22

7006-75-1

7006-75A-1

G23 G23

7006-69C-1

G23,GX23 7006-69B-2

G24 G24,GX24,GY24 7006-78A-5

7006-78B-5  
7006-78C-5  
7006-78F-6

改正(A34)

7006-78G-5

G32,GX32,
GY32

G32,GX32,GY32 7006-87-2

7006-87B-2  
7006-87C-2  
7006-87D-2  
7006-87E-2

G32,GY32 7006-87A-2

G 形 G38  G38

7006-76C-1

7006-76D-1

GR 形 GR8  GR8

7006-68-2  
7006-68A-2  
7006-68C-1  
7006-68D-1

GR8,GR10 GR8,GR10q 7006-68E-1

7006-68F-1

GR10 GR10q

7006-77-2

7006-77A-2  
7006-77B-1  
7006-77C-1

GRX 形 GRX10  GRX10q

7006-101A-1

7006-101B-1  
7006-101D-1

GRZ 形 GRZ10  GRZ10d

7006-131-1  
7006-131A-1  
7006-131B-1  
7006-131C-1

GRZ10t 7006-132-1

7006-132A-1  
7006-132B-1  
7006-132C-1

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 6/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

GU 形 GU4  GU4

7006-108A-2

7006-108B-1

GU5.3 GU5.3

7006-109A-1

7006-109B-1

GU7 GU7

7006-113-2

7006-113A-3  
7006-113B-1

GU10 GU10

7006-121-1

7006-121A-2

GU10q 7006-123C-1

GUX 形 
GUY 形 
GUZ 形

GUX2.5, 
GUY2.5, 
GUZ2.5

GUX2.5d, 
GUY2.5d, 
GUZ2.5d

7006-137-1

新設(A33)

7006-137A-1

新設(A33)

7006-137B-1

新設(A33)

7006-137C-1

新設(A33)

7006-137E-1

新設(A33)

7006-137D-1

新設(A33)

GX 形 GX5.3 GX5.3

7006-73B-2

7006-73F-2

GX5.3,GU5.3 7006-73G-2

GX8.5 GX8.5

7006-143-1

新設(A35)

7006-143A-1

新設(A35)

7006-143B-1

新設(A35)

7006-143C-1

新設(A35)

GX9.5 GX9.5

7006-70A-1

7006-70B-1  
7006-70F-1

GX10 GX10

7006-144-1

新設(A35)

GX10q 7006-84A-1

7006-84B-1  
7006-84D-1

GX17q-7 7006-58E-1

GX23 GX23

7006-86B-1

GX32 GX32

7006-87F-2

GX38 GX38q

7006-65-1

7006-65A-1  
7006-65B-1

GY 形 GY5.3 GY5.3

7006-73H-2

7006-73J-1

GY6.35 GY6.35

7006-59D-2

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 7/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

GY 形 GY10  GY10

7006-145-1 新設(A35)

GY10q 7006-85A-1

7006-85C-1

GY17 GY17q-7

7006-58B-3

GY22 GY22

7006-119-1 

7006-119A-1 

GU 形 
GZ 形

GU4, 
GZ4, 
GZ6.35, 
GU10, 
GZ10

GZ4,GU4 7006-108D-1

GZ6.35,GZ4 7006-59A-2

GZ10 7006-120-1

7006-120A-2

GZ10,GU10 7006-120B-1

GZ10q 7006-124-1

GZX 形 
GZY 形 
GZZ 形

GZX7, 
GZY7, 
GZZ7

GZX7d-,GZY7d-,GZZ7d- 7006-136-1

新設(A35)

7006-136A-1

新設(A35)

7006-136B-1

新設(A35)

7006-136C-1

新設(A35)

2G 形 2G7,

2GX7

2G7 7006-102A-1

7006-102C-1

2G7,2GX7 7006-102-1

7006-102B-1

2G 形 
2GX 形 
G 形 
GX 形 
GY 形

2G7,2GX7 
2G10,2G11 
G23,GX23 
G24,GX24 
GY24,G32 
GX32,GY32

2G(X)7,2G10,2G11,G(X)23, 
G(X)(Y)24,G(X)(Y)32

7006-69D-5

2G(X)7,2G10,2G11,G(X)23, 
G(X)(Y)24,G(X)(Y)32

7006-69E-3

2G 形 2G10  2G10

7006-118-1

7006-118A-1  
7006-118B-1  
7006-118C-1

2G13 2G13

7006-33-2

7006-33A-2  
7006-33B-1

2GX 形 2GX7

2GX7

7006-103-1  
7006-103A-1

2GX13 2GX13

7006-125-1

7006-125A-1  
7006-125B-1  
7006-125C-1  
7006-125D-1

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 8/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

magicube 形 magicube

magicube

typeX

7006-98-1

7006-98A-1

P 形 P14.5 P14.5s

7006-64-1

P26 P26s

7006-36-1

7006-36A-1

P40 P40s

7006-43-2

P45 P45t

7006-95A-2

JIS

から外す

7006-95B-2 
7006-95D-2 
7006-95E-2 
7006-95F-2 
7006-95G-2 
7006-95H-2

PG 形 PG12  PG12

7006-81A-3

7006-81B-3  
7006-81C-3  
7006-81F-3  
7006-81G-3

PG13 PG13

7006-107-3

JIS

から外す

7006-107B-1 
7006-107C-1 
7006-107A-2

PG18.5 PG18.5d

7006-147-1 新設(A36) 
7006-147A-1

新設(A36)

7006-147B-1

新設(A36)

PG19 PG19

7006-110D-1

PG20 PG20

7006-127-1

7006-127A-1  
7006-127B-2

改正(A34)

PG22 PG22-6.35

7006-48-1

PGJ 形 PGJ5  PGJ5

7006-153-1

新設(A38)

7006-153A-1

新設(A38)

7006-153B-1

新設(A38)

7006-153C-1

新設(A38)

PGJ13 PGJ13

7006-107-3

JIS

から外す

7006-107B-1 
7006-107C-1 
7006-107A-2

PGJ19 PGJ19

7006-110D-1

新設(A34)

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 9/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

PGU 形 PGU20  PGU20

7006-127-1  
7006-127A-1

PGX 形 PGX12  PGX12

7006-81A-3  
7006-81B-3  
7006-81C-3  
7006-81F-3  
7006-81G-3

PGZ 形 PGZ12  PGZ12

7006-148-1 新設(A36) 
7006-148A-1

新設(A36)

7006-148B-1

新設(A36)

7006-148C-1

新設(A36)

PX 形 PX13.5 PX13.5s

7006-35-1 JIS から外す 
7006-35A-1 
7006-35B-1 
7006-35C-1 
7006-35D-1 
7006-35E-1

PX26 PX26

7006-5B-2

7006-5C-1

PY 形 PY43  PY43d

7006-88-1 JIS から外す 
7006-88A-1 
7006-39B-2 
7006-88B-1

PZ 形 PZ43  PZ43t

7006-89-1

JIS

から外す

7006-88A-1 
7006-39B-2 
7006-89A-1

R 形 R7  R7s

7006-62B-1

R17 R17d

7006-57B-1

RX 形 RX7  RX7s

7006-62A-2

7006-62C-1

S 形 S14  S14d

7006-112D-1

7006-112E-1

S14s 7006-112A-1

7006-112B-1  
7006-112C-1

SX 形 SX4  SX4s

7006-97-1 新設(A35)

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

2010

ゲージ  IEC シート  一覧表

ページ 10/10

形と主要部寸法を表す記号

ゲージ種類

IEC

シート No.

特記事項

W 形 W2.1 W2.1×9.5 7006-91C-1

W2.5 W2.5×16 7006-104-1

7006-104A-1

W3.3 W3.3×10.4d 7006-96-1

7006-96A-1

W4.3 W4.3×8.5d 7006-115-1

7006-115A-1  
7006-115B-1

W10.6 W10.6×8.5d 7006-90A-2

7006-90B-2  
7006-90C-2  
7006-90D-2

WU 形 WU2.5 WU2.5×16 7006-104H-1

7006-104J-1

WX 形 WX2.5 WX2.5×16 7006-104B-1

7006-104C-1

WX3 WX3×16q 7006-106-3

改正(A35)

JIS

から外す

7006-105A-3 
7006-106A-3

WY 形 WY2.5 WY2.5×16 7006-104D-1

7006-104E-1

WZ 形 WZ2.5 WZ2.5×16 7006-104F-1

7006-104G-1

X 形 X511 X511

7006-99A-1

JIS

から外す

7006-99B-1 
7006-99-2

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを示

す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考 0-1


C 7709-3

:2010

シート No.3-50-2-2 の後に,次のシート No.3-125-1-1 を挿入する。

2010

GU6.5

完成ランプ口金通り止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

3.5

+0.02

0

F

1

 

4.7

+0.02

0

A

1

 

3.4

+0.02

0

F

2

 

2.4 0

−0.02

A

2

 

3.2 0

−0.02

F

3

 

0.8

+0.1

0

1.25

+0.02

0

6.98

+0.02

0

6.5

+0.025

−0.025

13.28

+0.02

0

2.1

+0.02

0

2.45

+0.02

0

E

1

 

2.6

+0.05

0

3.0 Max.

 
備考 1.  完成ランプ口金の ADEF

1

及び F

2

の検査に適用する。

2.

口金の個々のピンは,穴 a

1

にゲージ Z 面から接触するまで入り,穴 a

2

に入ってはならない。

3.

完成ランプ口金ピンを挿入し,口金基準面に Y 面が接触したとき,ピン先端部はゲージの表面を越えてはな
らない。

3-125-1-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-125-1-1 の後に,次のシート No.3-125-2-1 を挿入する。

2010

GU6.5

受金の最大挿入・引抜トルク検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

3.45 0

−0.02

F

2

 

2.4 0

−0.02

1.2 0

−0.02

7

+0.02

0

D

1

 

6.6 0

−0.025

13.3

+0.02

0

D

2

 

6.4

+0.025

0

1.2 0

−0.02

2.15 0

−0.02

20

+0.2

−0.2

F

1

 

4.75 0

−0.02

α 

45°

+1°

−1°

 
注(

1

)  面取りする。

備考 1.  ゲージを受金にデータシートに記載されている規格を超えない力で挿入する。

2.

ゲージを受金からデータシートに記載されている規格を超えない力で引き抜く。

3-125-2-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-125-2-1 の後に,次のシート No.3-125-3-1 を挿入する。

2010

GU6.5

受金の最小引抜トルク検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

3.2 0

−0.02

H(

2

) 

13

+0.01

−0.01

2.0 0

−0.02

12

+0.01

−0.01

6.5

+0.01 
−0.01

10

+0.01 
−0.01

1.9 0

−0.02

0.3 0

−0.02

F

1

 

4.7 0

−0.02

β 

45° 0

−10'

G(

2

) 

1

+0.01

−0.01

 
注(

1

)  面取りする。

  (

2

)  ゲージを受金に挿入する場合のガイド部分を示す。

備考  ゲージが受金に挿入された状態で,データシートに記載されている最小引抜力以上で引き抜く。 

3-125-3-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-38B-3-1 の後に,次のシート No.3-127-1-1 を挿入する。

2010

GU16d

完成ランプ口金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

5

+0.05

0

8.4

+0.02

0

F

1

 

9.8 0

−0.02

F

2

 

13.7

+0.02

0

16.66

+0.01

−0.01

19.8

+0.02

0

53.2

+0.02

0

11.6

+0.02

0

R

2

 

K/2

備考 1.  このゲージは,完成ランプ口金絶縁体の寸法確認に使用する。

2.

ゲージ内に完成ランプ口金を滑らかに挿入できなければならない。また,口金の基準面が X 面に接触した状

態で,ピンの先端がゲージの Z 面と Y 面との範囲になければならない。

3.

アメリカでは,は 1.3+0.01 mm である。及び は,口金タブが 0.5 mm 位置ずれしたものとして決められ
ている。位置ずれとは,傾き及びねじれも含む。

4.

アメリカでは,この口金は GX16d である。

3-127-1-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-127-1-1 の後に,次のシート No.3-127-2-1 を挿入する。

2010

GU16d

受金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

0.8

+0.01 
−0.01

3

+0.1 
−0.1

8.4

+0.01 
−0.02

19.9 0

−0.02

13.8 0

−0.02

53.3 0

−0.02

H

1

 

16.16

+0.01

−0.01

R

2

 

K/2

H

2

 

17.16

+0.01

−0.01

α 

30°

+1°

−1°

 
注(

1

)  丸めるか,又は面取りをする。

備考 1.  このゲージは,受金の 最大寸法,最大最小寸法及び 最小寸法の検査に適用する。

2.

受金に挿入したとき,X 面及び Z 面が受金の基準面に接触するまで容易に挿入できなければならない。

3.

アメリカでは,この受金は GX16d である。

3-127-2-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-56-1-3 を,次のシート No.3-56-1-4 に置き換える。

2007

GX24q

口金通り止りゲージ

ページ 1/2

2010

第三角法

3-56-1-4


C 7709-3

:2010

2007

GX24q

口金通り止りゲージ

ページ 2/2

2010

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

28.5

+0.05

0

21.0

+0.01

0

D

1

 

23.0

±0.005

4.7

+0.01

0

D

2

 

8.0

±0.005

5.5

+0.01

0

2.79

+0.01

0

55

±0.5

E

1

 

2.67

+0.01

0

45

±0.5

E

2

 

2.29

0

−0.01

4

0

−0.2

F

1

 

6.0

0

−0.025

16

±0.1

F

2

 

6.8

+0.025

0

33.5

±0.1

K

1

 

16.3

+0.01

0

r

1

 

0.5

±0.05

L

1

 

13.9

+0.01

0

r

2

 

0.2

±0.05

N

1

 

0.5

+0.01

0

r

3

 

0.2

±0.05

単位  mm

記号

GX24q-1 GX24q-2 GX24q-3 GX24q-4

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

X

2

 

6.6

+0.01

0

X

3

 

− 12.4

+0.01

0

12.4

+0.01

0

X

4

 

− 6.2

0

−0.01

6.2

0

−0.01

X

5

 

− 9.6

+0.01

0

X

6

 

− 5.4

0

−0.01

備考 1. GX24q-1∼4 口金のかん合部外形寸法及びランプピン寸法は,かん合部に対する位置の検査並びに誤使用防止

キーの位置及び幅の検査に適用する。

2.

ゲージに口金を奥まで差し込んだとき,口金の基準面と O 面とが接していなければならない。このとき,ピ
ンの先端は,f

1

面と f

2

面との間にあるものとする。口金の各ピンを孔 e

1

に挿入したとき,基準面と X 面とが

接していなければならない。孔 e

2

には,ピンの先端だけが挿入できるものとする。

3-56-1-4


C 7709-3

:2010

シート No.3-63-2-2 の後に,次のシート No.3-123-1-1 を挿入する。

2010

2G8

口金止りゲージ

ページ 1/2

第三角法

 
上図は,2G8-1 口金止りゲージだけを図示する。その他のキーを次に示す。 

3-123-1-1


C 7709-3

:2010

2010

2G8

口金止りゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

14.6

+0.02

0

20

+0.1 
−0.1

7.5

+0.005
−0.005

1.9

+0.1 
−0.1

D

1

 

32.5

+0.005

−0.005

3.2

+0.1

−0.1

10.4

+0.02

0

15

+0.1

−0.1

2.3 0

−0.02

2

+0.1

0

4.5 0

−0.02

r

1

 

0.5

+0.1

0

1.9

+0.1 
−0.1

α

1

 

8° 0

−0.1°

59.1

+0.1 
−0.1

α

2

 

7° 0

−0.1°

a

1

 

53.1

+0.1

−0.1

γ 

20.5°

+0.1°

0

 
備考  このゲージは,ある口金が,他のキーをもつ受金に入らないことを確認するためのものである。

3-123-1-1


C 7709-3

:2010

シート No.3-123-1-1 の後に,次のシート No.3-123-2-1 を挿入する。

2010

2G8

口金通りゲージ(1)

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

7.5

+0.005

−0.005

53

+0.1

−0.1

D

1

 

32.5

+0.005

−0.005

14.8

+0.1

−0.1

2.87

+0.02

0

18

+0.1 
−0.1

F

1

 

6 0

−0.02

1.2

+0.1 
−0.1

F

2

 

6.8

+0.02

0

 
備考 1.  このゲージは,2G8 口金のランプピン寸法及びランプピン位置の検査に適用する。

2.

ゲージに口金を奥まで差し込んだとき,口金の基準面と X 面とが接していなければならない。

このとき,ピンの先端は f

1

面と f

2

面との間とする。

3-123-2-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-123-2-1 の後に,次のシート No.3-123-3-1 を挿入する。

2010

2G8

口金通りゲージ(2)

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

14.6

+0.02

0

5.4 0

−0.02

10.4

+0.02

0

22

+0.1

−0.1

2.3 0

−0.02

1.2

+0.1

−0.1

 
備考 1.  このゲージは,2G8 口金の誤使用防止キー寸法の検査に適用する。

2.

ゲージに口金を奥まで差し込んだとき,口金の基準面と X 面とが接していなければならない。

このとき,必要以上の力を加えずに右回りに回転できなければならない。

3-123-3-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-123-3-1 の後に,次のシート No.3-123-4A-1 を挿入する。

2010

2G8

受金トルクゲージ A

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

59.2

+0.02

0

14.7

+0.02

0

5.0

+0.02

0

A

1

 

53.2

+0.02

0

10.4

+0.02

0

α

1

 

+0.1°

0

7.9

+0.005 
−0.005

30.0

+0.01 
−0.01

α

2

 

+0.1°

0

D

1

 

32.5

+0.005 
−0.005

1.5

+0.01 
−0.01

α

3

 

12°

+0.1°

0

2.67

+0.01

0

1.8

+0.02

0

6.8

+0.02

0

2.3

0

−0.02

 
注(

1

)  個々の半球部分の先端に xx N を加えたとき,1.5 mm 以上押し込まれなければならない。

半球部分が変位し始めるときの力(スプリングの初期圧)は,yy N(yy は xx の 10 %)以下とする。

  (

2

)  わずかな面取りか,又は丸みを付ける。

備考 1.  このゲージは,口金ピン間隔が最大で,最もかん合がきつい口金寸法における,口金の装着トルク及び外し

トルクの最大値を測定するためのものである。

2.

このゲージは,2 Nm(検討中)以下のトルクで受金に装着できなければならない。また,このゲージを確実
に装着した状態から外すときのトルクは,2 Nm(検討中)以下とする。

3-123-4A-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-123-4A-1 の後に,次のシート No.3-123-4B-1 を挿入する。

2010

2G8

受金トルクゲージ B

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

59.2

+0.02

0

14.7

+0.02

0

5.0

+0.02

0

A

1

 

53.2

+0.02

0

10.4

+0.02

0

α

1

 

+0.1°

0

7.1

+0.005 
−0.005

30.0

+0.01 
−0.01

α

2

 

+0.1°

0

D

1

 

32.5

+0.005 
−0.005

1.5

+0.01 
−0.01

α

3

 

12°

+0.1°

0

2.67

+0.01

0

1.8

+0.02

0

6.8

+0.02

0

2.3

0

−0.02

 
注(

1

)  個々の半球部分の先端に xx N を加えたとき,1.5 mm 以上押し込まれなければならない。

半球部分が変位し始めるときの力(スプリングの初期圧)は,yy N(yy は xx の 10 %)以下とする。

  (

2

)  わずかな面取りか,又は丸みを付ける。

備考 1.  このゲージは,口金ピン間隔が最小で,最もかん合がきつい口金寸法における,口金の装着トルク及び外し

トルクの最大値を測定するためのものである。

2.

このゲージは,2 Nm(検討中)以下のトルクで受金に装着できなければならない。また,このゲージを確実
に装着した状態から外すときのトルクは,2 Nm(検討中)以下とする。

3-123-4B-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-123-4B-1 の後に,次のシート No.3-123-4C-1 を挿入する。

2010

2G8

受金トルクゲージ C

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

59.6

0

−0.02

14.4

+0.02

0

4.8

0

−0.02

A

1

 

53.8

0

−0.02

10.2

0

−0.02

α

1

 

+0.1°

0

7.5

+0.005 
−0.005

30.0

+0.01 
−0.01

α

2

 

+0.1°

0

D

1

 

32.5

+0.005 
−0.005

1.5

+0.01 
−0.01

α

3

 

11°

+0.1°

0

2.29

0

−0.01

1.7

0

−0.02

 

6

0

−0.02

2.4

+0.02

0

 

 
注(

1

)  個々の半球部分の先端に xx N を加えたとき,1.5 mm 以上押し込まれなければならない。

半球部分が変位し始めるときの力(スプリングの初期圧)は,yy N(yy は xx の 10 %)以下とする。

  (

2

)  わずかな面取りか,又は丸みを付ける。

備考 1.  このゲージは,最もかん合がゆるい口金寸法における,口金の外しトルクの最小値を測定するためのもので

ある。

2.

このゲージを確実に装着した状態から外すときのトルクは,0.2 Nm(検討中)以上とする。

3-123-4C-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-123-4C-1 の後に,次のシート No.3-123-4D-1 を挿入する。

2010

2G8

受金単ピンゲージ D

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

2.67

+0.01

0

6.8

+0.01

0

0.4

+0.05

−0.05

α 

30°

+1°

−1°

 
備考 1.  このゲージは,受金の個々の端子ごとに,最大径の口金ピンにおける引抜力の最大値を測定するためのもの

である。

2.

このゲージを受金の端子の一つに確実に装着した状態から引き抜くときの引抜力は,6 N 以下とする。ほかの
端子についても同様とする。

3.

表面粗さ:長さ の範囲の中心線平均粗さ Ra は,0.4 μm とする。

3-123-4D-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-123-4D-1 の後に,次のシート No.3-123-4E-1 を挿入する。

2010

2G8

受金単ピンゲージ E

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

2.29 0

−0.01

6.0 0

−0.02

0.5

+0.05

−0.05

α 

30°

+1°

−1°

 
備考 1.  このゲージは,受金の個々の端子ごとに,最小径の口金ピンにおける引抜力の最小値を測定するためのもの

である。

2.

このゲージを受金の端子の一つに確実に装着した状態から引き抜くときの引抜力は,0.5 N 以上とする。ほか
の端子についても同様とする。

3.

表面粗さ:長さ の範囲の中心線平均粗さ Ra は,0.4 μm とする。

3-123-4E-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-123-4E-1 の後に,次のシート No.3-123-4F-1 を挿入する。

2010

2G8

受金キー止りゲージ F

ページ 1/2

第三角法

 
上図は,2G8-1 受金用の止りゲージだけを示している。その他のゲージを次に示す。 

3-123-4F-1


C 7709-3

:2010

2010

2G8

受金キー止りゲージ F

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

14.1 0

−0.02

10

+0.1 
−0.1

7.5

+0.005
−0.005

2.5

+0.1 
−0.1

D

1

 

32.5

+0.005

−0.005

6.4

+0.1

−0.1

2.5

+0.02

0

14.7

+0.1

0

5.7

+0.02

0

10.3

+0.1

−0.1

2.4

+0.02

0

0.5

+0.1

−0.1

59.6

+0.1

0

r

1

 

0.4

+0.1 
−0.1

a

1

 

53.8

+0.1

0

α

1

 

+0.1°

0

a

2

 

65

+0.1

−0.1

α

2

 

7° 0

−0.1°

20

+0.1

−0.1

γ 

20°

+0.1°

−0.1°

 
備考  このゲージは,ある受金に,ほかのキーをもつ口金が入らないことを確認するためのものである。

3-123-4F-1


C 7709-3

:2010

シート No.3-123-4F-1 の後に,次のシート No.3-123-4G-1 を挿入する。

2010

2G8

受金通りゲージ G

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

15.0 0

−0.02

5.0

+0.02

0

2.0

+0.02

0

20

+0.1 
−0.1

15 0

−0.1

10.4

+0.1

0

0.8 0

−0.1

γ 

20°

+0.1°

−0.1°

 
備考 1.  このゲージは,2G8 受金の 最小寸法,最大寸法及び 最大寸法を測定するためのものである。

2.

このゲージを受金中央部の穴に,ゲージの X 面が受金の基準面と一致するまで挿入でき,かつ,意図した位

置まで約 20°の回転ができなければならない。

3-123-4G-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-96-2-1 の後に,次のシート No.3-96-3-1 を挿入する。

2010

PX26d

完成ランプ口金止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

25.9 0

−0.01

15

+0.1

−0.1

r

3

 

0.45

+0.05 
−0.05

質量(kg)

150

+10 % 
−10 %

 
備考 1.  口金の 最小寸法を検査する。

2.

ゲージを自重で完成ランプに挿入したとき,ゲージの表面が口金の 3 個の支持突起に当たってはならない。

3-96-3-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-96-3-1 の後に,次のシート No.3-96-4-1 を挿入する。

2010

PX26d

受金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

18.5

+0.01

0

27.0 0

−0.01

A

2

 

20.0

+0.01

0

4.0 0

−0.02

3.6 0

−0.02

10

±0.5

8.1 0

−0.02

10

±0.5

26.01

+0.01

0

0.5

±0.1

35.0 0

−0.02

 
備考 1.  受金の最小寸法を検査する。

2.

ゲージを受金に挿入したとき,X 面が受金の基準面に接しなければならない。このとき,Y 面は受金の縁(Z

寸法)を越えてはならない。

3-96-4-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-112-2-2 を,次のシート No.3-112-2-3 に置き換える。

2004

W3

×16d  WX3×16d  W3×16q  WY3×16q

口金止りゲージ

ページ 1/1

2010

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

20

+0.2

−0.2

10

+0.2

−0.2

NA 

4.6 0

−0.02

質量(kg)

0.09

+10 % 
−10 %

 
備考 1. W3×16d,WX3×16d,W3×16q 及び WY3×16q の NA の最小寸法を検査する。

2.

ゲージの質量で検査する。

3-112-2-3


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-112-3-2 の後に,次のシート No.3-113B-1-1 を挿入する。

2010

WY3

×16q  口金通りゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-113B-1-1


C 7709-3

:2010

2010

WY3

×16q  口金通りゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

AA

1

 

2.8 0

−0.02

AA

2

 

3.2

+0.02

0

2.0

±0.2

D

1

 

18.2

+0.02

0

5.6 0

−0.02

3.3 0

−0.05

NA 

5.4

+0.02

0

Y

1

 

6.8

+0.05

0

質量

(kg)

0.15

+10 % 
−10 %

 
備考 1. WY3×16q 口金の最大寸法の互換性について,AA の最大及び最小寸法を検査する。

2.

ゲージは自重で Z 面から口金に挿入でき,挿入時,口金の基準面とゲージの R 面とが一致し,この位置で口

金の保持用突起部が X 面より下にいかないものとする。また,Y 面を越えて突き出ないものとする。

3-113B-1-1


C 7709-3

:2010

シート No.3-113B-1-1 の後に,次のシート No.3-113B-3-1 を挿入する。

2010

WY3

×16q  受金通りゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-113B-3-1


C 7709-3

:2010

2010

WY3

×16q  受金通りゲージ

ページ 2/2

単位  mm

ゲージ A

ゲージ B

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

16.22 0

−0.05

AE 

3.0

±0.2

15.78

+0.05

0

AE 

3.0

±0.2

10.0

±0.5

AF 

1.0

±0.1

10.0

±0.5

AF 

1.0

±0.1

6.6

+0.1

0

AG 

0.3 0

−0.1

5.4 0

−0.1

AG 

0.5

+0.1

0

J

1

 

1.8 0

−0.1

AL 

4.2 0

−0.1

J

1

 

2.2

+0.1

0

AL 

3.8

+0.1

0

J

2

 

4.3 0

−0.1

AN 

1.5 0

−0.1

J

2

 

4.7

+0.1

0

AN 

1.5 0

−0.1

3.2

+0.05

0

AO 

1.0 0

−0.1

2.8 0

−0.05

AO 

1.0 0

−0.1

0.3 0

−0.1

AP 

3.0

±0.2

0.3 0

−0.1

AP 

3.0

±0.2

4.2

+0.1

0

AQ 

1.0

±0.1

3.8 0

−0.1

AQ 

1.0

±0.1

6.7

+0.1

0

NW 

3.8

+0.05

0

6.3 0

−0.1

NW 

3.4 0

−0.05

AA 

3.2

+0.05

0

r

1

 

約 0.5

AA 

2.8 0

−0.05

r

1

 

約 0.5

AB 

1.1

+0.05

0

r

2

 

約 1.0

AB 

0.9 0

−0.05

r

2

 

約 1.0

AC 

0.4

±0.2

r

3

 

約 0.5

AC 

0.8

±0.2

r

3

 

約 0.5

AD 

0.3 0

−0.1

AD 

0.5

+0.1

0

 
備考 1. WY3×16q 口金の最大,最小の挿入力及び保持力について検査する。

2.

検査は,次の手順で行う。

a)  JIS C 7709-2

のシート No.2-113B に示されている最大挿入値を超えない力で決められた位置に達するま

で,ゲージ A を挿入する。この作業終了後,JIS C 7709-2 のシート No.2-113B に示されている最大抜去値

を超えない力でゲージを引き抜く。

b)  JIS C 7709-2

のシート No.2-113B に示されている最小挿入値以上の力で決められた位置に達するまで,ゲ

ージ B を挿入する。この作業終了後,JIS C 7709-2 のシート No.2-113B に示されている最小抜去値以上の

力でゲージを引き抜く。

3-113B-3-1


C 7709-3

:2010

シート No.3-113B-3-1 の後に,次のシート No.3-113C-1-1 を挿入する。

2010

WZ3

×16q  口金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

AA

1

 

2.8 0

−0.02

J

3

 

6.3 0

−0.05

AA

2

 

3.2

+0.02

0

3.3 0

−0.05

2.0

+0.2

−0.2

NA 

5.4

+0.02

0

18.2

+0.02

0

3.7

+0.05

0

5.6 0

−0.02

質量

(kg)

0.15

+10 % 
−10 %

 
備考 1. WZ3×16q 口金の最大寸法の互換性について,AA の最小及び最大寸法を検査する。

2.

ゲージは自重で Z 面から口金に挿入でき,挿入時,口金の基準面とゲージの R 面とが一致し,この位置で口

金の保持用突起が X 面より下にいかないものとする。また,Y 面を越えて突き出ないものとする。

3-113C-1-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-113C-1-1 の後に,次のシート No.3-113C-2-1 を挿入する。

2010

WZ3

×16q  口金止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

20.0

+0.2

−0.2

10.0

+0.2

−0.2

NA 

4.6 0

−0.02

質量

(kg)

0.09

+10 %

−10 %

 
備考 1. WZ3×16q 口金の NA の最小寸法を検査する。

2.

ゲージは自重で口金に挿入でき,保持用突起部で止まらなければならない。

3-113C-2-1


C 7709-3

:2010

白      紙


C 7709-3

:2010

シート No.3-113C-2-1 の後に,次のシート No.3-113C-3-1 を挿入する。

2010

WZ3

×16q  挿入・引抜検査ゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-113C-3-1


C 7709-3

:2010

2010

WZ3

×16q  挿入・引抜検査ゲージ

ページ 2/2

単位  mm

ゲージ A

ゲージ B

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

16.22 0

−0.05

AC 

0.4

+0.2

−0.2

15.78

+0.05

0

AC 

0.8

+0.2

−0.2

10

+0.5 
−0.5

AD 

0.3 0

−0.1

10

+0.5 
−0.5

AD 

0.5

+0.1

0

6.6

+0.1

0

AE 

3.0

+0.2 
−0.2

5.4 0

−0.1

AE 

3.0

+0.2 
−0.2

J

1

 

1.8 0

−0.1

AF 

1.0

+0.1

−0.1

J

1

 

2.2

+0.1

0

AF 

1.0

+0.1

−0.1

J

2

 

4.3 0

−0.1

AG 

0.3 0

−0.1

J

2

 

4.7

+0.1

0

AG 

0.5

+0.1

0

J

3

 

5.8 0

−0.1

AL 

1.2 0

−0.1

J

3

 

6.2

+0.1

0

AL 

0.8

+0.1

0

3.2

+0.05

0

AM 

2.0

+0.2

−0.2

2.8 0

−0.05

AM 

2.0

+0.2

−0.2

0.3 0

−0.1

AO 

1.0 0

−0.1

0.3 0

−0.1

AO 

1.0 0

−0.1

3.0 0

−0.1

AP 

2.5

+0.1 
−0.1

1.5

+0.1

0

AP 

2.5

+0.1 
−0.1

4.2

+0.1

0

NW 

3.8

+0.05

0

3.8 0

−0.1

NW 

3.4 0

−0.05

6.7

+0.1

0

r

1

 

約 0.5

6.3 0

−0.1

r

1

 

約 0.5

AA 

3.2

+0.05

0

r

2

 

約 1.0

AA 

2.8 0

−0.05

r

2

 

約 1.0

AB 

1.1

+0.05

0

r

3

 

約 0.5

AB 

0.9 0

−0.05

r

3

 

約 0.5

 
備考 1. WZ3×16q 受金の最大及び最小の挿入力及び保持力について検査する。

2.

検査は,次の手順で行う。

a)  JIS C 7709-2

のシート No.2-113C に示されている最大挿入値を超えない力で決められた位置に達するま

で,ゲージ A を挿入する。この作業終了後,JIS C 7709-2 のシート No.2-113C に示されている最大抜去値

を超えない力でゲージを引き抜く。

b)  JIS C 7709-2

のシート No.2-113C に示されている最小挿入値以上の力で決められた位置に達するまで,ゲ

ージ B を挿入する。この作業終了後,JIS C 7709-2 のシート No.2-113C に示されている最小抜去値以上の

力でゲージを引き抜く。

3-113C-3-1