>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 7709-3

:2007

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本工業標準調査

会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもので,これによって,JIS C 7709-3:2004 は改正され,一部が

置き換えられた。

記事欄

JIS C 7709-3

追補 1:2004 発行後,IEC 60061 の追補版 IEC 60061-3 Amendment 29303132 及び 33

が発行されたことに伴って改正を行った。


C 7709-3

:2007

 
 

白      紙


日本工業規格

JIS

 C

7709-3

:2007

電球類の口金・受金及び

それらのゲージ並びに互換性・安全性

第 3 部  ゲージ

(追補 2)

Lamp caps and holders together with gauges for the control of

interchangeability and safety

Part 3:Gauges

(Amendment 2)

JIS C 7709-3:2004

の一部を,次のように改正する。


2

C 7709-3

:2007

白      紙


3

C 7709-3

:2007

シート No. 3-0-2 を,次のシート No. 3-0-3 に置き換える。

2004

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 1/8

2007

 
  形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

備考

B 形 B15  B15d 受金通りゲージ 3-1-1-1

7006-12C-1

受金止りゲージ 3-1-2-1

7006-12D-1

B22 B22d 完成ランプ通りゲージ 3-2-1-1

7006-4A-2

完成ランプ口金通りゲージ 3-2-2-1

7006-11-8

受金通りゲージ 3-2-3-1

7006-12A-2

BA 形 BA9  BA9s  完成ランプ口金通りゲージ 3-4-1-1

7006-11-8

完成ランプ口金止りゲージ 3-4-2-1

7006-10-8

受金ゲージ 3-4-3-1

7006-12E-2

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-4-4-1

7006-12F-3  新設

BA15 BA15s 完成ランプ口金通りゲージ 3-5-1-1

7006-11-8

受金ゲージ 3-5-2-1

7006-12E-2

口金保持ゲージ 3-5-3-1

7006-14-2

新設

受金挿入ゲージ 3-5-4-1

7006-14A-3

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-5-5-1

7006-12F-3  新設

BA15d

完成ランプ口金通りゲージ 3-6-1-1

7006-11-8

受金ゲージ 3-6-2-1

7006-12E-2

口金保持ゲージ 3-6-3-1

7006-14-2

新設

受金挿入ゲージ 3-6-4-1

7006-14A-3

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-6-5-1

7006-12F-3  新設

BA20 BA20 完成ランプ口金通りゲージ 3-7-1-1

7006-2-3

受金ゲージ 3-7-2-1

7006-18-2

BAU 形 BAU15  BAU15s 完成ランプ口金通りゲージ 3-8-1-1

7006-19A-1

受金ゲージ 3-8-2-1

7006-12E-2

口金保持ゲージ 3-8-3-1

7006-14-2

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-8-4-1

7006-12F-3  新設

受金挿入ゲージ 3-8-5-1

7006-14A-3

新設

口金の 寸法ゲージ 3-8-6-1

7006-11D-2

新設

BAU15d

受金ゲージ 3-8A-1-1

7006-12E-3

新設

口金保持ゲージ 3-8A-2-1

7006-14-2

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-8A-3-1  7006-12F-3  新設

口金の 寸法ゲージ 3-8A-4-1

7006-11D-2

新設

受金挿入ゲージ 3-8A-5-1

7006-14A-3

新設

BAW 形 BAW15  BAW15d 完成ランプ口金通りゲージ 3-115-1-1

7006-11F-1

新設

受金ゲージ 3-115-2-1

7006-12E-3

新設

口金保持ゲージ 3-115-3-1

7006-14-2

新設

受金挿入ゲージ 3-115-4-1

7006-14A-3

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-115-5-1  7006-12F-3  新設

口金の 寸法ゲージ 3-115-6-1

7006-11D-2

新設

3-0-3


4

C 7709-3

:2007

2004

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 2/8

2007

 
  形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

備考

BAW 形 BAW15  BAW15s 完成ランプ口金通りゲージ 3-115A-1-1

7006-11F-1

新設

受金ゲージ 3-115A-2-1

7006-12E-3

新設

口金保持ゲージ 3-115A-3-1

7006-14-2

新設

受金挿入ゲージ 3-115A-4-1

7006-14A-3

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-115A-5-1

7006-12F-3  新設

口金の 寸法ゲージ 3-115A-6-1

7006-11D-2

新設

BAX 形 BAX9  BAX9s  完成ランプ口金通りゲージ 3-9-1-1

7006-9-1

受金ゲージ 3-9-2-1

7006-9C-1

BAY 形 BAY9  BAY9s  完成ランプ口金通りゲージ 3-11-1-1

7006-9-1

受金ゲージ 3-11-2-1

7006-9C-1

BAY15 BAY15d 完成ランプ口金通りゲージ 3-12-1-1

7006-11B-2

受金ゲージ 3-12-2-1

7006-12E-3

新設

口金保持ゲージ 3-12-3-1

7006-14-2

新設

受金挿入ゲージ 3-12-4-1

7006-14A-3

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-12-5-1  7006-12F-3  新設

BAY15s

受金ゲージ 3-12A-1-1

7006-12E-3

新設

口金保持ゲージ 3-12A-2-1

7006-14-2

新設

受金挿入ゲージ 3-12A-3-1

7006-14A-3

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-12A-4-1  7006-12F-3  新設

BAZ 形 BAZ15  BAZ15d 完成ランプ口金通りゲージ 3-13-1-1

7006-11C-1

受金ゲージ 3-13-2-1

7006-12E-3

新設

口金保持ゲージ 3-13-3-1

7006-14-2

新設

受金挿入ゲージ 3-13-4-1

7006-14A-3

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-13-5-1  7006-12F-3  新設

口金の 寸法ゲージ 3-13-6-1

7006-11D-2

新設

BAZ15s

受金ゲージ 3-13A-1-1

7006-12E-3

新設

口金保持ゲージ 3-13A-2-1

7006-14-2

新設

受金挿入ゲージ 3-13A-3-1

7006-14A-3

新設

受金におけるコンタクト検査ゲージ 3-13A-4-1  7006-12F-3  新設

口金の 寸法ゲージ 3-13A-5-1

7006-11D-2

新設

BY 形 BY22  BY22d 完成ランプ口金通りゲージ 3-14-1-1

7006-17A-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-14-2-1

7006-10-8

受金通り止りゲージ 3-14-3-1

7006-17B-1

3-0-3


5

C 7709-3

:2007

2004

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 3/8

2007

 
  形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

備考

E 形 

E10 E10 完成ランプ口金通りゲージ 3-15-1-1

7006-27A-2

完成ランプ口金止りゲージ 3-15-2-1

7006-28E-1

受金ねじ山通りゲージ 3-15-3-1

7006-25-7

受金ねじ山止りゲージ 3-15-4-1

7006-26-4

E11 E11 完成ランプ口金通りゲージ 3-16-1-1

7006-6-1

E12 E12 完成ランプ口金通りゲージ 3-17-1-1

7006-27H-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-17-2-1

7006-28C-1

受金ねじ山通りゲージ 3-17-3-1

7006-25C-1

受金ねじ山止りゲージ 3-17-4-1

7006-26B-1

E14 E14 完成ランプ口金通りゲージ 3-18-1-1

7006-27F-1

(参考)  完成ランプ口金止りゲージ 3-18-2-1

7006-28B-1

受金ねじ山通りゲージ 3-18-3-1

7006-25-7

受金ねじ山止りゲージ 3-18-4-1

7006-26-4

E17 E17 完成ランプ口金通りゲージ 3-20-1-1

7006-27K-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-20-2-1

7006-28F-1

受金ねじ山通りゲージ 3-20-3-1

7006-25H-1

受金ねじ山止りゲージ 3-20-4-1

7006-26C-1

E26 E26 完成ランプ口金通りゲージ 3-21-1-2

7006-27D-2

完成ランプ口金止りゲージ 3-21-2-1

7006-29L-3

受金ねじ山通りゲージ 3-21-3-2

7006-25B-2

受金ねじ山止りゲージ 3-21-4-1

7006-26A-2

E27 E27 完成ランプ口金通りゲージ 3-24-1-1

7006-27B-1

廃止

(参考)  完成ランプ口金止りゲージ 3-24-2-1

7006-28A-1

廃止

受金ねじ山通りゲージ 3-24-3-1

7006-25A-2

廃止

受金ねじ山止りゲージ 3-24-4-1

7006-26-4

廃止

E39 E39 完成ランプ口金通りゲージ 3-26-1-1

7006-24B-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-26-2-1

7006-24C-1

受金ねじ山通りゲージ 3-26-3-1

7006-24E-1

受金ねじ山止りゲージ 3-26-4-1

7006-26-4

E39/45 E39/45 完成ランプ口金通りゲージ 3-27-1-1

E39/49 E39/49 完成ランプ口金通りゲージ 3-27-1-1

E40 E40 完成ランプ口金通りゲージ 3-28-1-1

7006-27-7

廃止

(参考)  完成ランプ口金止りゲージ 3-28-2-1

7006-28D-1

廃止

受金ねじ山通りゲージ 3-28-3-1

7006-25-7

廃止

受金ねじ山止りゲージ 3-28-4-1

7006-26-4

廃止

EZ 形 EZ10  EZ10  完成ランプ口金通りゲージ 3-29-1-1

7006-116

Fa 形 Fa8  Fa8  口金通りゲージ 3-30-1-1

7006-40-1

廃止

口金止りゲージ 3-30-2-1

7006-40A-1

廃止

3-0-3


6

C 7709-3

:2007

2004

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 4/8

2007

 
  形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

備考

FaX 形 FaX6  FaX6  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-31-1-1

Fc 形 Fc2  Fc2  完成ランプ口金ゲージ 3-32-1-1

7006-114-1

G 形 G4  G4  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-33-1-1

7006-72-1

受金通りゲージ 3-33-2-2

7006-72A-3

G5 G5 口金通り止りゲージ 3-34-1-1

7006-46-3

完成ランプ口金通りゲージ 3-34-2-1

7006-46A-3

受金通りゲージ 3-34-3-1

7006-47C-3

G6.35 G6.35 完成ランプ口金通りゲージ 3-35-1-2

7006-61A-3

完成ランプピン通り止りゲージ 3-35-2-2

7006-61-5

受金通りゲージ 3-35-3-2

7006-61B-4

G6.35/15
×19

完成ランプ口金通り止りゲージ 3-36-1-1

受金通りゲージ 3-36-2-1

G9 G9 口金通りゲージ 3-117-1-1

7006-129-1

新設

口金止りゲージ 3-117-2-1

7006-129A-1

新設

受金通りゲージ 3-117-3-1

7006-129B-1

新設

受金最小保持力ゲージ 3-117-4-1

7006-129C-1

新設

G9.5 G9.5 完成ランプ口金通りゲージ 3-37-1-1

7006-70D-1

受金通りゲージ 3-37-2-1

7006-70E-1

G10 G10q 口金通りゲージ 3-38-1-2

7006-79-2

受金通りゲージ 3-38-2-2

7006-79A-2

G12 G12 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-39-1-1

7006-80-1

受金通りゲージAタイプ 3-39-2-2

7006-80A-2

改正

受金通りゲージBタイプ 3-39-3-2

7006-80B-2

改正

受金通りゲージCタイプ 3-39-4-2

7006-80C-2

改正

受金単ピンゲージD 3-39-5-1

7006-80D-3

受金単ピンゲージE 3-39-6-1

7006-80E-3

G13 G13 口金通り止りゲージ 3-40-1-1

7006-44-4

完成ランプ口金通りゲージ 3-40-2-1

7006-45-4

受金通りゲージ 3-40-3-1

7006-60C-3

G16 G16d 完成ランプ口金ゲージ 3-41-1-1

7006-95-3

 G16t

完成ランプ口金ゲージ 3-41-1-1

7006-95-3

G23 G23 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-45-1-1

7006-69-2

受金ゲージ 3-45-2-1

7006-69A-1

G24 G24d 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-46-1-1

7006-78-2

受金通りゲージ 3-46-2-1

7006-78A-2

受金キー通り止りゲージ 3-46-3-1

7006-78G-2

G3 G38 完成ランプ口金通りゲージ 3-47-1-1

7006-76-1

完成ランプ口金ピン通り止りゲージ 3-47-2-1  7006-76A-1

受金通りゲージ 3-47-3-1

7006-76B-1

GRX 形 

GRX10 GRX10q 完成ランプ口金通りゲージ 3-48-1-1

7006-101-1

受金通りゲージ 3-48-2-1

7006-101C-1

3-0-3


7

C 7709-3

:2007

2004

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 5/8

2007

 
  形と主要部寸法を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

備考

GU 形 GU4  GU4  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-49-1-1

7006-108-2

受金通りゲージ 3-49-2-1

7006-108C-2

GU5.3 GU5.3 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-50-1-1

7006-109-1

受金通りゲージ 3-50-2-2

7006-109C-2

GU10 GU10q 口金通りゲージ 3-38B-1-1

7006-123-1

口金止りゲージ 3-38B-2-1

7006-123A-1

受金通りゲージ 3-38B-3-1

7006-123B-1

GX 形 GX5.3  GX5.3  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-51-1-2

7006-73B-2

受金通りゲージ 3-51-2-2

7006-73D-3

 GX6.35

GX6.35

完成ランプ口金通りゲージ 3-35-1-2

7006-61A-3

完成ランプピン通り止りゲージ 3-35-2-2

7006-61-5

受金通りゲージ 3-35-3-2

7006-61B-4

 GX9.5

GX9.5

受金通りゲージ 3-52-1-1

7006-70-1

 GX10

GX10q

完成ランプ口金通りゲージ 3-53-1-1

7006-84-2

完成ランプ口金キー通りゲージ 3-53-2-1

7006-84E-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-53-3-1

7006-84F-1

受金通りゲージ 3-53-4-1

7006-84C-2

受金止りゲージ 3-53-5-1

7006-84G-1

 GX12

GX12

完成ランプ口金通り止りゲージ 3-119-1-1

7006-135-1

新設

受金通りゲージ A タイプ 3-119-2-1

7006-135A-1

新設

受金通りゲージ B タイプ 3-119-2A-1

7006-135B-1

新設

受金通りゲージ C タイプ 3-119-2B-1

7006-135C-1

新設

受金単ピンゲージ D 3-119-3-1

7006-135D-1

新設

受金単ピンゲージ E 3-119-3A-1

7006-135E-1

新設

 GX16

GX16

完成ランプ口金通りゲージ 3-54-1-1

 GX23

GX23

完成ランプ口金通り止りゲージ 3-55-1-1

7006-86-1

受金ゲージ 3-55-2-1

7006-86A-1

 GX24

GX24q

口金通り止りゲージ 3-56-1-3

7006-78-4

改正

受金通りゲージ 3-56-2-3

7006-78ABC-5

改正

受金キー通り止りゲージ 3-56-3-3

7006-78G-5

改正

 GX53

GX53

口金通り止りゲージ 3-122-1-1

7006-142-1

新設

口金止りゲージ 3-122-2-1

7006-142D-1

新設

口金通り止りゲージ(キー溝確認用) 3-122-2A-1

7006-142E-1

新設

口金止りゲージ(キー溝確認用) 3-122-2B-1

7006-142F-1 新設

受金ゲージ A 3-122-3-1

7006-142A-1

新設

受金ゲージ B 3-122-3A-1

7006-142B-1

新設

受金ゲージ C 3-122-3B-1

7006-142C-1

新設

受金通り止りゲージ 3-122-4-1

7006-142G-1

新設

受金 L

2

最大寸法止りゲージ 3-122-5-1

7006-142H-1

新設

受金 最小寸法止りゲージ 3-122-5A-1

7006-142J-1

新設

3-0-3


8

C 7709-3

:2007

2004

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 6/8

2007

 
  形 と 主 要 部 寸 法 を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

備考

GY 形 GY5.3 GY5.3 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-57-1-2

7006-73C-2

受金通りゲージ 3-57-2-2

7006-73E-2

GY6.35 GY6.35 完成ランプ口金通りゲージ 3-35-1-2

7006-61A-3

完成ランプピン通り止りゲージ 3-35-2-2

7006-61-5

受金通りゲージ 3-35-3-2

7006-61B-4

GY9.5 GY9.5 完成ランプ口金通りゲージ 3-59-1-1

7006-70C-2

受金通りゲージ 3-59-2-1

7006-70G-1

GY10 GY10q 完成ランプ口金通りゲージ 3-60-1-2

7006-85-2

完成ランプ口金キー通りゲージ 3-60-2-2

7006-85D-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-60-3-2

7006-85E-1

受金通りゲージ 3-60-4-2

7006-85B-2

受金止りゲージ 3-60-5-2

7006-85F-1

GY16 GY16 完成ランプ口金通りゲージ 3-61-1-1

7006-74-1

GZ 形 GZ4  GZ4  完成ランプ口金通りゲージ 3-62-1-1

7006-67-1

受金通りゲージ 3-62-2-2

7006-67A-2

GZ6.35 GZ6.35 完成ランプ口金通りゲージ 3-63-1-1

7006-59B-1

受金通りゲージ 3-63-2-2

7006-59C-2

GZ10 GZ10q 口金通りゲージ 3-38-1-2

7006-79-2

受金通りゲージ 3-38-2-2

7006-79A-2

2G 形 2G11  2G11  完成ランプ口金通りゲージ 3-64-1-1

7006-82-1

受金通り止りゲージ 3-64-2-1

7006-82ABC-1

P 形 P14.5 P14.5s

完成ランプ口金通りゲージ 3-66-1-1

7006-49-1

受金通りゲージ 3-66-2-1

7006-49A-1

受金止りゲージ 3-66-3-1

7006-49B-1

P21 P21 完成ランプ口金通り止りゲージ 3-71-1-1

IEC155-Fig6

完成ランプ口金通りゲージ 3-71-2-1

IEC155-Fig8

P23 P23t 完成ランプ口金通りゲージ 3-120-1-1

7006-138-1

新設

口金通りゲージ 3-120-2-1

7006-138A-1

新設

P28 P28s 完成ランプ口金通りゲージ 3-77-1-1

7006-42-1

受金通りゲージ 3-77-2-1

7006-42A-2

P30 P30s 口金通り止りゲージ 3-78-1-1

7006-56-2

完成ランプ口金通り止りゲージ 3-78-2-1

7006-56A-2

完成ランプ口金通りゲージ 3-78-3-1

7006-56B-2

P38 P38t 完成ランプ口金高さゲージ 3-121-1-1

7006-133-1

新設

完成ランプ口金止りゲージ 3-121-2-1

7006-133A-1

新設

口金通りゲージ 3-121-3-1

7006-133B-1

新設

受金通りゲージ 3-121-4-1

7006-133C-1

新設

P43 P43t-38

完成ランプ口金通りゲージ 3-82-1-2

7006-39-1

改正

完成ランプ口金高さゲージ 3-82-2-1

7006-39B-2

完成ランプ口金止りゲージ 3-82-3-2

7006-39A-3

改正

受金通りゲージ 3-82-4-1

7006-39C-1

3-0-3


9

C 7709-3

:2007

2004

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 7/8

2007

 
  形 と 主 要 部 寸 法 を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

備考

P 形 P45  P45t 完成ランプ口金通りゲージ 3-86-1-1

7006-95A-2

完成ランプ口金止りゲージ 3-86-2-1

7006-95B-2

完成ランプ口金切欠き通り止りゲー

3-86-3-1 7006-95D-2

完成ランプ口金切欠きゲージ 3-86-4-1

7006-95E-2

完成ランプ口金 最大寸法ゲージ 3-86-5-1 7006-95F-2

完成ランプ口金 最小寸法ゲージ 3-86-6-1 7006-95G-2

受金通りゲージ 3-86-7-1

7006-95H-2

PG 形 PG12  PG12  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-87-1-1

7006-81-3

PG13 PG13 口金通りゲージ A 3-88-1-3

7006-107-2

改正

口金通りゲージ B 3-88-1A-1

7006-107B-1

口金バレル長さ通り止りゲージ C 3-88-1B-1

7006-107C-1

受金ゲージ 3-88-2-3

7006-107A-2

改正

完成ランプ口金通りゲージ 3-88-3-1

7006-107B-1

新設

完成ランプ口金ランプ通り止めゲー

3-88-4-1 7006-107C-1 新設

PGJ 形 PGJ13  PGJ13  口金通りゲージ A 3-89-1-3

7006-107-2

改正

口金通りゲージ B 3-89-1A-1

7006-107B-1

口金バレル長さ通り止りゲージ C 3-89-1B-1

7006-107C-1

受金ゲージ 3-89-2-3

7006-107A-2

改正

完成ランプ口金通りゲージ 3-89-3-1

7006-107B-1

新設

完成ランプ口金ランプ通り止めゲー

3-89-4-1 7006-107C-1 新設

 PGJ19

PGJ19

口金通り止りゲージ 3-89A-1-2

7006-107-3

改正

受金通り止りゲージ 3-89A-2-2

7006-110-1

改正

口金キー通り止りゲージ 3-89A-3-2

7006-110A-1

改正

受金キー通り止りゲージ 3-89A-4-2

7006-110B-1

改正

PGX 形 PGX12  PGX12  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-90-1-1

7006-81-3

PK 形 PK22  PK22s 完成ランプ口金通りゲージ 3-91-1-1

7006-66-2

受金通りゲージ 3-91-2-1

7006-66A-1

PX 形 PX13.5 PX13.5s

完成ランプ口金通りゲージ 3-94-1-1

7006-35-1

完成ランプ口金止りゲージ(第 1 ゲー
ジ)

3-94-2-1 7006-35A-1

完成ランプ口金止りゲージ(第 2 ゲー

ジ)

3-94-3-1 7006-35B-1

受金通りゲージ 3-94-4-1

7006-35C-1

受金止りゲージ 3-94-5-1

7006-35D-1

受金回転ゲージ 3-94-6-1

7006-35E-1

 PX26

PX26

完成ランプ口金通りゲージ 3-96-1-1

7006-5-2

口金端子通り止りゲージ 3-96-2-1

7006-5A-1

3-0-3


10

C 7709-3

:2007

2004

ゲージ  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 8/8

2007

 
  形 と 主 要 部 寸 法 を

表す記号

種類

ゲージ名称

ゲージ

シート No.

対応 IEC

シート No.

備考

PX 形 PX43  PX43t

完成ランプ口金通りゲージ 3-97-1-1

7006-34A-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-97-2-3

7006-39A-3

改正

完成ランプ口金 最大寸法通りゲ
ージ

3-97-3-1 7006-39B-2

受金通りゲージ 3-97-4-1

7006-34-1

PY 形 PY43  PY43d  完成ランプ口金通りゲージ 3-98-1-1

7006-88-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-98-2-2

7006-88A-1

完成ランプ口金 最大寸法通りゲ

ージ

3-98-3-1 7006-39B-2

受金通りゲージ 3-98-4-1

7006-88B-1

PZ 形 PZ43  PZ43t

完成ランプ口金通りゲージ 3-99-1-1

7006-89-1

完成ランプ口金止りゲージ 3-99-2-2

7006-88A-1

完成ランプ口金 最大寸法通りゲ

ージ

3-99-3-1 7006-39B-2

受金通りゲージ 3-99-4-1

7006-89A-1

R 形 R7  R7s

受金通りゲージ 3-100-1-2

7006-62-4

改正

受金の感電防止機能試験用ゲージ 3-100-2-1  7006-62B-1

新設

R17 R17d  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-101-1-1 7006-57-3

受金通りゲージ 3-101-2-1

7006-57A-1

RX 形 RX7  RX7s

受金通りゲージ 3-102-1-2

7006-62A-2

改正

受金の感電防止機能試験用ゲージ 3-102-2-1  7006-62C-1

新設

RX17 RX17d  完成ランプ口金通り止りゲージ 3-101A-1-1

受金通りゲージ 3-101A-2-1

W 形 W2  W2×4.6d

受金ゲージ

3-110-1-1 7006-94-1

W2.1 W2.1×9.5d  口金止りゲージ 3-111-1-1

7006-91B-1

受金通りゲージ 3-111-2-2

7006-91-1

W3 W3×16d

口金通りゲージ 3-112-1-2

7006-105-2

口金止りゲージ 3-112-2-2

7006-105A-2

受金通りゲージ 3-112-3-2

7006-105B-2

W3×16q

口金通りゲージ 3-113-1-2

7006-106-2

口金止りゲージ 3-112-2-2

7006-105A-2

受金通りゲージ 3-113-3-2

7006-106B-2

WX 形 WX3  WX3×16d

口金通りゲージ

3-112-1-2 7006-105-2

口金止りゲージ 3-112-2-2

7006-105A-2

受金通りゲージ 3-112-3-2

7006-105B-2

WX3×16q

口金通りゲージ

3-113-1-2 7006-106-2

口金止りゲージ

3-112-2-2 7006-105A-2

受金通りゲージ

3-113-3-2 7006-106A-2

X 形 X511 X511  完成ランプ口金通りゲージ

3-114-1-1 7006-99-2

3-0-3


11

C 7709-3

:2007

シート No. 3-4-3-1 の後に,次のシート No. 3-4-4-1 を挿入する。

2007

BA9s

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。 
上記の状態で指示ランプが点灯すること。

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1 

9.08

+0.01

0

D

1

 

4.28

+0.01

0

1.5

0

−0.01

5.0

+0.5

0

11.05

0

−0.01

3-4-4-1


12

C 7709-3

:2007

白      紙


13

C 7709-3

:2007

シート No. 3-5-2-1 の後に,次のシート No. 3-5-3-1, 3-5-4-1 及び 3-5-5-1 を挿入する。

2007

BA15s

口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

5.5

±0.1

18

±0.1

10

±0.1

3-5-3-1


14

C 7709-3

:2007

2007

BA15s

口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面  S で接触するように,プランジャー

によって押されていること。

この位置で,ばね力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-5-3-1


15

C 7709-3

:2007

2007

BA15s

受金挿入ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

9.0

+0.5

0

15.65

0

−0.01

0.2

+0.05

0

D

1

 

6.7

±0.05

1.5

+0.1

0

1.8

0

−0.01

備考1.  他の指定をもった口金(BAU15,BAW15,BAY15 又は BAZ15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。 
片方又は両方のゲージピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受

金に挿入され,回転されないこと。

軸方向の挿入力は 50 N を超えないこと。 
右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

2.

口金のかん(嵌)合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度
23±2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-5-4-1


16

C 7709-3

:2007

白      紙


17

C 7709-3

:2007

2007

BA15s

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。

上記の状態で指示ランプが点灯すること。

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

3-5-5-1


18

C 7709-3

:2007

白      紙


19

C 7709-3

:2007

シート No. 3-6-2-1 の後に,次のシート No. 3-6-3-1, 3-6-4-1 及び 3-6-5-1 を挿入する。

2007

BA15d

口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

5.5

±0.1

18

±0.1

10

±0.1

3-6-3-1


20

C 7709-3

:2007

2007

BA15d

口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面 S で接触するように,プランジャーに

よって押されていること。

この位置で,ばね力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-6-3-1


21

C 7709-3

:2007

2007

BA15d

受金挿入ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

9.0

+0.5

0

15.65

0

−0.01

0.2

+0.05

0

D

1

 

6.7

±0.05

1.5

+0.1

0

1.8

0

−0.01

備考1.  他の指定をもった口金(BAU15,BAW15,BAY15 又は BAZ15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。片方又は両方のゲー

ジピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受金に挿入され,回転さ

れないこと。

軸方向の挿入力は 50 N を超えないこと。 
右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

2.

口金のかん(嵌)合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度
23±2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-6-4-1


22

C 7709-3

:2007

白      紙


23

C 7709-3

:2007

2007

BA15d

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。

上記の状態で指示ランプが点灯すること。

3-6-5-1


24

C 7709-3

:2007

白      紙


25

C 7709-3

:2007

シート No. 3-8-2-1 の後に,

次のシート No. 3-8-3-1,3-8-4-1,3-8-5-1,3-8-6-1,3-8A-1-1,3-8A-2-1,3-8A-3-1,

3-8A-4-1,3-8A-5-1,3-115-1-1,3-115-2-1,3-115-3-1,3-115-4-1,3-115-5-1,3-115-6-1,3-115A-1-1,3-115A-2-1,

3-115A-3-1,3-115A-4-1,3-115A-5-1 及び 3-115A-6-1 を挿入する。

2007

BAU15s

口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

5.5

±0.1

18

±0.1

10

±0.1

δ

150°

±30′

3-8-3-1


26

C 7709-3

:2007

2007

BAU15s

口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面 S で接触するように,プランジャーに

よって押されていること。

この位置で,ばね力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-8-3-1


27

C 7709-3

:2007

2007

BAU15s

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

δ

150°

±5′

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。

上記の状態で指示ランプが点灯すること。

3-8-4-1


28

C 7709-3

:2007

白      紙


29

C 7709-3

:2007

2007

BAU15s

受金挿入ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

9.0

+0.5

0

15.65

0

−0.01

0.2

+0.05

0

D

1

 

6.7

±0.05

1.5

+0.1

0

1.8

0

−0.01

δ

 

  150°

±5′

備考1.  他の指定をもった口金(BA15,BAW15,BAY15 又は BAZ15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

片方又は両方のゲージピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受

金に挿入され,回転されないこと。

軸方向の挿入力は 50 N を超えないこと。

右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

2.

口金のかん(嵌)合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度
23±2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-8-5-1


30

C 7709-3

:2007

白      紙


31

C 7709-3

:2007

2007

BAU15s

口金の 寸法ゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-8-6-1


32

C 7709-3

:2007

2007

BAU15s

口金の 寸法ゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

15.26

+0.01

0

B

“1”

 

15.65

0

−0.005

B

“2”

 

16.15

+0.005

0

2.5

0

−0.04

7.8

±0.5

15.15

±0.1

2

±0.1

12.5

±0.5

19

±0.5

δ

 

150°

±5′

備考1.  口金の 寸法の最大及び最小の検査に適用する。

2.

図に示す 寸法の部分のくぼみに口金のピンが入るようにして,口金を C と D との間の入れ口に押し込

む。X 面が Y 面と一致しているか又は X 面が Y 面よりも出っ張っていること。また,X 面は Z 面よりも
出っ張らないこと。

3.

検査は,各々のピンの向きを変えて,2 回行うこと。

4.

このゲージは,校正ゲージ“1”及び校正ゲージ“2”によって校正を必要とする。それぞれの校正ゲージ
の寸法は,表の (“1”)及び (“2”)を適用する。校正ゲージ“1”を C と D との間の入れ口に押し込

んだとき,X 面が Y 面と一致していること。校正ゲージ“2”を C と D との間の入れ口に押し込んだと

き,X 面が Z 面と一致していること。

5.  X

,Y 及び Z 面でのゲージの代わりにダイヤルゲージを用いてもよい。それぞれの校正ゲージをダイヤル

ゲージにあてがい,その相当するダイヤルゲージの目盛の位置に印を付けて,その印の幅で口金の寸法の

許容差を示す。

3-8-6-1


33

C 7709-3

:2007

2007

BAU15d

受金ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

15.32

0

−0.01

10.5

+1

0

A

2

 

15.47

+0.01

0

16.5

+0.5

0

17.02

0

−0.01

9.5

+1

0

D

1

 

7.53

0

−0.01

γ

150°

±5′

2.5

+0.01

0

質量

(kg)

最大

0.22

最小

0.18

8.7

+0.02

0

 

備考1.  受金の 最大,最小,最小,D

1

最小,最大寸法,溝の位置関係及び角度を検査する。

2.

通りゲージを受金に挿入したとき,容易に溝を通り,コンタクトに接触した位置で回転できること。

止りゲージは,自重で受金を通らないこと。 
この検査は 2 回行い,2 回目はゲージを約 90°回転して行う。

3-8A-1-1


34

C 7709-3

:2007

白      紙


35

C 7709-3

:2007

2007

BAU15d

口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

5.5

±0.1

18

±0.1

10

±0.1

δ

 

150°

±30′

3-8A-2-1


36

C 7709-3

:2007

2007

BAU15d

口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面 S で接触するように,プランジャーに

よって押されていること。

この位置で,ばね力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-8A-2-1


37

C 7709-3

:2007

2007

BAU15d

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。

上記の状態で指示ランプが点灯すること。

3-8A-3-1


38

C 7709-3

:2007

白      紙


39

C 7709-3

:2007

2007

BAU15d

口金の 寸法ゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-8A-4-1


40

C 7709-3

:2007

2007

BAU15d

口金の 寸法ゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

15.26

+0.01

0

B

“1”

 

15.65

0

−0.005

B

“2”

 

16.15

+0.005

0

2.5

0

−0.04

7.8

±0.5

15.15

±0.1

2

±0.1

12.5

±0.5

19

±0.5

δ

 

150°

±5′

備考1.  口金の 寸法の最大及び最小の検査に適用する。

2.

図に示す 寸法の部分のくぼみに口金のピンが入るようにして,口金を C と D との間の入れ口に押し込

む。X 面が Y 面と一致しているか又は X 面が Y 面よりも出っ張っていること。また,X 面は Z 面よりも

出っ張らないこと。

3.

検査は,各々のピンの向きを変えて,2 回行うこと。

4.

このゲージは,校正ゲージ“1”及び校正ゲージ“2”によって校正を必要とする。それぞれの校正ゲージ

の寸法は,表の (“1”)及び (“2”)を適用する。校正ゲージ“1”を C と D との間の入れ口に押し込
んだとき,X 面が Y 面と一致していること。校正ゲージ“2”を C と D との間の入れ口に押し込んだと

き,X 面が Z 面と一致していること。

5.  X

,Y 及び Z 面でのゲージの代わりにダイヤルゲージを用いてもよい。それぞれの校正ゲージをダイヤル

ゲージにあてがい,その相当するダイヤルゲージの目盛の位置に印を付けて,その印の幅で口金の寸法の

許容差を示す。

3-8A-4-1


41

C 7709-3

:2007

2007

BAU15d

受金挿入ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

9.0

+0.5

0

15.65

0

−0.01

0.2

+0.05

0

D

1

 

6.7

±0.05

1.5

+0.1

0

1.8

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

備考1.  他の指定をもった口金(BA15,BAW15,BAY15 又は BAZ15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。 
片方又は両方のゲージピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受

金に挿入され,回転されないこと。

方向の挿入力は 50 N を超えないこと。 
右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

2.

口金のかん(嵌)合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度
23±2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-8A-5-1


42

C 7709-3

:2007

白      紙


43

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

完成ランプ口金通りゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.3

+0.01

0

21

±0.5

6.32

0

−0.01

0.8

0

−0.01

D

1

 

7.5

+0.01

0

4

±0.1

2.5

0

−0.04

α

45°

±1°

3.4

+0.01

0

β

30°

±1°

8.9

0

−0.02

γ

150°

±5′

2.3

+0.01

0

 

3-115-1-1


44

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

完成ランプ口金通りゲージ

ページ 2/2

備考1.  完成ランプ口金の 最大,D

1

最大,最小,最大寸法及び口金ピンの角変位の検査をする。

2.

測定方法

(a)  最大値寸法及びピンの角変位の検査

W 表面からゲージに挿入する口金及び規定された溝の中に位置するピンで,下の基準ピンが Y

表面より下の深さになるように口金を挿入することができること。

これを検査するには,ピンがカットウェイに見えるまで口金を適切な方向に 90°回すこと。

(b)  D

1

の最大,最小寸法の検査

上記(a)において 最大寸法の検査を上手に行うには,ゲージ内に静止している口金とともに,基

準ピンの上側 Y 面に接触する状態にして,口金に張力を与えること。

口金をこの位置に保つと,接触面は Y と同一平面上又は,X 面を突き出る。

(c)  最大寸法の検査

上記(b)において,同様に口金をゲージに保持して,カットウェイに基準ピンが見えるようにして

口金を引っ張り状態の間,基準ピンがカットウェイに見えなくなるまでゆっくり回すこと。このと

き滑らかに回転できること。

3-115-1-1


45

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

受金ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

15.32

0

−0.01

5.5

0

−0.02

A

2

 

15.47

+0.01

0

10.5

+1

0

17.02

0

−0.01

16.5

+0.5

0

D

1

 

7.53

0

−0.01

9.5

+1

0

2.5

+0.01

0

γ

 

150°

±5′

8.7

+0.02

0

質量

(kg)

最大

0.22

最小

0.18

備考1.  受金の 最大,最小,最小,D

1

最小,最大,最大寸法,溝の位置関係及び角度を検査する。

2.

通りゲージを受金に挿入したとき,容易に溝を通り,コンタクトに接触した位置で回転できること。

止りゲージは,自重で受金を通らないこと。 
この検査は 2 回行い,2 回目はゲージを約 90°回転して行う。

3-115-2-1


46

C 7709-3

:2007

白      紙


47

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

3.2

±0.1

18

±0.1

5.5

±0.1

α

150°

±5°

10

±0.1

δ

 

150°

±30′

3-115-3-1


48

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面 S

1

又は S

2

で接触するように,プラン

ジャーによって押されていること。

この位置で,ばね力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-115-3-1


49

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

受金挿入ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

9.0

+0.5

0

15.65

0

−0.01

0.2

+0.05

0

D

1

 

6.7

±0.05

1.5

+0.1

0

1.8

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

3.2

±0.05

備考1.  他の指定をもった口金(BA15,BAU15,BAY15 又は BAZ15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

片方又は両方のゲージピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受

金に挿入され,回転されないこと。

軸方向の挿入力は 50 N を超えないこと。

右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

3-115-4-1


50

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

受金挿入ゲージ

ページ 2/2

2.

正規の位置であるが,ピン溝に部分的に挿入されている状態で保持されないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

2.1

正規の位置のピン溝にゲージを挿入する。

その後,1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。

トルクは急に加えず,0 から徐々に加える。 
トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

2.2

正規の位置でゲージを止まるまで挿入し,右回りに回転させる。

ゲージピンは受金の保持溝によって保持されること。

3.

口金のかん(嵌)合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度
23±2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-115-4-1


51

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。

上記の状態で指示ランプが点灯すること。

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

3.2

±0.05

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

3-115-5-1


52

C 7709-3

:2007

白      紙


53

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

口金の 寸法ゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-115-6-1


54

C 7709-3

:2007

2007

BAW15d

口金の 寸法ゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

15.26

+0.01

0

B

“1”

 

15.65

0

−0.005

B

“2”

 

16.15

+0.005

0

2.5

0

−0.04

3.2

±0.005

7.8

±0.5

15.15

±0.1

2

±0.1

12.5

±0.5

19

±0.5

δ

 

150°

±5′

備考1.  口金の 寸法の最大及び最小の検査に適用する。

2.

図に示す 寸法の部分のくぼみに口金のピンが入るようにして,口金を C と D との間の入れ口に押し込

む。X 面が Y 面と一致しているか又は X 面が Y 面よりも出っ張っていること。また,X 面は Z 面よりも
出っ張らないこと。

3.

検査は,各々のピンの向きを変えて,2 回行うこと。

4.

このゲージは,校正ゲージ“1”及び校正ゲージ“2”によって校正を必要とする。それぞれの校正ゲージ
の寸法は,表の (“1”)及び (“2”)を適用する。校正ゲージ“1”を C と D との間の入れ口に押し込

んだとき,X 面が Y 面と一致していること。校正ゲージ“2”を C と D との間の入れ口に押し込んだと

き,X 面が Z 面と一致していること。

5.  X

,Y 及び Z 面でのゲージの代わりにダイヤルゲージを用いてもよい。それぞれの校正ゲージをダイヤル

ゲージにあてがい,その相当するダイヤルゲージの目盛の位置に印を付けて,その印の幅で口金の寸法の

許容差を示す。

3-115-6-1


55

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  完成ランプ口金通りゲージ 

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.3

+0.01

0

21

±0.5

6.32

0

−0.01

0.8

0

−0.01

D

1

 

7.5

+0.01

0

4

±0.1

2.5

0

−0.04

α

45°

±1°

3.4

+0.01

0

β

30°

±1°

8.9

0

−0.02

γ

150°

±5′

2.3

+0.01

0

3-115A-1-1


56

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  完成ランプ口金通りゲージ

ページ 2/2

備考1.  完成ランプ口金の 最大,D

1

最大,最小,最大寸法及び口金ピンの角変位の検査をする。

2.

測定方法

(a)  最大値寸法及びピンの角変位の検査

W 表面からゲージに挿入する口金及び規定された溝の中に位置するピンで,下の基準ピンが Y 表

面より下の深さになるように口金を挿入することができること。

これを検査するには,ピンがカットウェイに見えるまで口金を適切な方向に 90°回すこと。

(b)  D

1

最大,最小寸法の検査

上記(a)において 最大寸法の検査を上手に行うには,ゲージ内に静止している口金とともに,基

準ピンの上側 Y 面に接触する状態にして,口金に張力を与えること。

口金をこの位置に保つと,接触面は Y と同一平面上又は,X 面を突き出る。

(c)  最大寸法の検査

上記(b)において,同様に口金をゲージに保持して,カットウェイに基準ピンが見えるようにして

口金を引っ張り状態の間,基準ピンがカットウェイに見えなくなるまでゆっくり回すこと。このと

き滑らかに回転できること。

3-115A-1-1


57

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  受金ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

15.32

0

−0.01

5.5

0

−0.02

A

2

 

15.47

+0.01

0

10.5

+1

0

17.02

0

−0.01

16.5

+0.5

0

D

1

 

7.53

0

−0.01

9.5

+1

0

2.5

+0.01

0

γ

 

150°

±5′

8.7

+0.02

0

質量

(kg)

最大

0.22

最小

0.18

備考1.  受金の 最大,最小,最小,D

1

最小,最大,最大寸法,溝の位置関係及び角度を検査する。

2.

通りゲージを受金に挿入したとき,容易に溝を通り,コンタクトに接触した位置で回転できること。

止りゲージは,自重で受金を通らないこと。 
この検査は 2 回行い,2 回目はゲージを約 90°回転して行う。

3-115A-2-1


58

C 7709-3

:2007

白      紙


59

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

3.2

±0.1

18

±0.1

5.5

±0.1

α

150°

±5°

10

±0.1

δ

150°

±30′

3-115A-3-1


60

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面  S

1

又は S

2

で接触するように,プラン

ジャーによって押されていること。

この位置で,バネ力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-115A-3-1


61

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  受金挿入ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

9.0

+0.5

0

15.65

0

−0.01

0.2

+0.05

0

D

1

 

6.7

±0.05

1.5

+0.1

0

1.8

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

3.2

±0.05

備考1.  他の指定をもった口金(BA15,BAU15,BAY15 又は BAZ15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

片方又は両方のゲージピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受

金に挿入され,回転されないこと。

軸方向の挿入力は 50 N を超えないこと。

右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

3-115A-4-1


62

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  受金挿入ゲージ

ページ 2/2

2.

正規の位置であるが,ピン溝に部分的に挿入されている状態で保持されないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

2.1

正規の位置のピン溝にゲージを挿入する。

その後,1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。

トルクは急に加えず,0 から徐々に加える。 
トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

2.2

正規の位置でゲージを止まるまで挿入し,右回りに回転させる。

ゲージピンは受金の保持溝によって保持されること。

3.

口金のかん合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度 23±
2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-115A-4-1


63

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

3.2

±0.05

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。 
上記の状態で指示ランプが点灯すること。

3-115A-5-1


64

C 7709-3

:2007

 
 

白      紙


65

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  口金の 寸法ゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-115A-6-1


66

C 7709-3

:2007

2007

BAW15s

  口金の 寸法ゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

15.26

+0.01

0

B

“1”

 

15.65

0

−0.005

B

“2”

 

16.15

+0.005

0

2.5

0

−0.04

3.2

±0.005

7.8

±0.5

15.15

±0.1

2

±0.1

12.5

±0.5

19

±0.5

δ

 

150°

±5′

備考1.  口金の 寸法の最大及び最小の検査に適用する。

2.

図に示す 寸法の部分のくぼみに口金のピンが入るようにして,口金を C と D との間の入れ口に押し込

む。X 面が Y 面と一致しているか又は X 面が Y 面よりも出っ張っていること。また,X 面は Z 面よりも

出っ張らないこと。

3.

検査は,各々のピンの向きを変えて,2 回行うこと。

4.

このゲージは,校正ゲージ“1”及び校正ゲージ“2”によって校正を必要とする。それぞれの校正ゲージ

の寸法は,表の (“1”)及び (“2”)を適用する。校正ゲージ“1”を C と D との間の入れ口に押し込
んだとき,X 面が Y 面と一致していること。校正ゲージ“2”を C と D との間の入れ口に押し込んだと

き,X 面が Z 面と一致していること。

5.  X

,Y 及び Z 面でのゲージの代わりにダイヤルゲージを用いてもよい。それぞれの校正ゲージをダイヤル

ゲージにあてがい,その相当するダイヤルゲージの目盛の位置に印を付けて,その印の幅で口金の寸法の

許容差を示す。

3-115A-6-1


67

C 7709-3

:2007

シート No. 3-12-1-1 の後に,次のシート No. 3-12-2-1,3-12-3-1,3-12-4-1,3-12-5-1,3-12A-1-1,3-12A-2-1,

3-12A-3-1,3-12A-4-1 のシートを挿入する。

2007

BAY15d

受金ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

15.32

0

−0.01

5.5

0

−0.02

A

2

 

15.47

+0.01

0

10.5

+1

0

17.02

0

−0.01

16.5

+0.5

0

D

1

 

7.53

0

−0.01

9.5

+1

0

2.5

+0.01

0

質量

(kg)

最大

0.22

最小

0.18

8.7

+0.02

0

備考1.  受金の 最大,最小,最小,D

1

最小,最大,最大寸法,溝の位置関係及び角度を検査する。

2.

通りゲージを受金に挿入したとき,容易に溝を通り,コンタクトに接触した位置で回転できること。

止りゲージは,自重で受金を通らないこと。

この検査は 2 回行い,2 回目はゲージを約 90°回転して行う。

3-12-2-1


68

C 7709-3

:2007

白      紙


69

C 7709-3

:2007

2007

BAY15d

口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

3.2

±0.1

18

±0.1

5.5

±0.1

α

150°

±5°

10

±0.1

3-12-3-1


70

C 7709-3

:2007

2007

BAY15d

口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面 S

1

又は S

2

で接触するように,プラン

ジャーによって押されていること。

この位置で,ばね力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-12-3-1


71

C 7709-3

:2007

2007

BAY15d

受金挿入ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

3.2

±0.05

15.65

0

−0.01

9.0

+0.5

0

D

1

 

6.7

±0.05

0.2

+0.05

0

1.8

0

−0.01

1.5

+0.1

0

備考1.  他の指定をもった口金(BA15,BAU15,BAW15 又は BAZ15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。 
片方又は両方のゲージピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受

金に挿入され,回転されないこと。

軸方向の挿入力は 50 N を超えないこと。 
右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

3-12-4-1


72

C 7709-3

:2007

2007

BAY15d

受金挿入ゲージ

ページ 2/2

2.

正規の位置であるが,ピン溝に部分的に挿入されている状態で保持されないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

2.1

正規の位置のピン溝にゲージを挿入する。

その後,1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。

トルクは急に加えず,0 から徐々に加える。 
トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

2.2

正規の位置でゲージを止まるまで挿入し,右回りに回転させる。

ゲージピンは受金の保持溝によって保持されること。

3.

正規の位置から 180°の位置で受金に挿入及び保持されないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

3.1

正規の位置からの 180°の位置で受金に挿入し,1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。トルクは
急に加えず,0 から徐々に加えること。

トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

3.2

正規の位置からの 180°の位置で受金に挿入し,軸方向に 50 N を超えない力で止まるまで挿入する。そ
の後 1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。

トルクは急に加えず,0 から徐々に加えること。

トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

4.

口金のかん(嵌)合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度
23±2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-12-4-1


73

C 7709-3

:2007

2007

BAY15d

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

3.2

±0.05

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。 
上記の状態で指示ランプが点灯すること。

3-12-5-1


74

C 7709-3

:2007

白      紙


75

C 7709-3

:2007

2007

BAY15s

受金ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

15.32

0

−0.01

5.5

0

−0.02

A

2

 

15.47

+0.01

0

10.5

+1

0

17.02

0

−0.01

16.5

+0.5

0

D

1

 

7.53

0

−0.01

9.5

+1

0

2.5

+0.01

0

質量

(kg)

最大

0.22

最小

0.18

8.7

+0.02

0

備考1.  受金の 最大,最小,最小,D

1

最小,最大,最大寸法,溝の位置関係及び角度を検査する。

2.

通りゲージを受金に挿入したとき,容易に溝を通り,コンタクトに接触した位置で回転できること。

止りゲージは,自重で受金を通らないこと。

この検査は 2 回行い,2 回目はゲージを約 90°回転して行う。

3-12A-1-1


76

C 7709-3

:2007

 

白      紙


77

C 7709-3

:2007

2007

BAY15s

口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

3.2

±0.1

18

±0.1

5.5

±0.1

α

150°

±5°

10

±0.1

3-12A-2-1


78

C 7709-3

:2007

2007

BAY15s

口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面 S

1

又は S

2

で接触するように,プラン

ジャーによって押されていること。

この位置で,ばね力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-12A-2-1


79

C 7709-3

:2007

2007

BAY15s

受金挿入ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

3.2

±0.05

15.65

0

−0.01

9.0

+0.5

0

D

1

 

6.7

±0.05

0.2

+0.05

0

1.8

0

−0.01

1.5

+0.1

0

備考1.  他の指定をもった口金(BA15,BAU15,BAW15 又は BAZ15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

片方又は両方のゲージピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受

金に挿入され,回転されないこと。

軸方向の挿入力は 50 N を超えないこと。

右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

3-12A-3-1


80

C 7709-3

:2007

2007

BAY15s

受金挿入ゲージ

ページ 2/2

2.

正規の位置であるが,ピン溝に部分的に挿入されている状態で保持されないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

2.1

正規の位置のピン溝にゲージを挿入する。

その後,1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。

トルクは急に加えず,0 から徐々に加える。 
トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

2.2

正規の位置でゲージを止まるまで挿入し,右回りに回転させる。

ゲージピンは受金の保持溝によって保持されること。

3.

正規の位置から 180°の位置で受金に挿入及び保持されないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

3.1

正規の位置からの 180°の位置で受金に挿入し,1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。

トルクは急に加えず,0 から徐々に加えること。

トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

3.2

正規の位置からの 180°の位置で受金に挿入し,軸方向に 50 N を超えない力で止まるまで挿入する。そ
の後 1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。

トルクは急に加えず,0 から徐々に加えること。

トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

4.

口金のかん(嵌)合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度
23±2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-12A-3-1


81

C 7709-3

:2007

2007

BAY15s

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

3.2

±0.05

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。

上記の状態で指示ランプが点灯すること。

3-12A-4-1


82

C 7709-3

:2007

白      紙


83

C 7709-3

:2007

シート No. 3-13-1-1 の後に,次のシート No. 3-13-2-1,3-13-3-1,3-13-4-1,3-13-5-1,3-13-6-1,3-13A-1-1,

3-13A-2-1,3-13A-3-1,3-13A-4-1 及び 3-13A-5-1 のシートを挿入する。

2007

BAZ15d

受金ゲージ

ページ  1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

15.32

0

−0.01

5.5

0

−0.02

A

2

 

15.47

+0.01

0

10.5

+1

0

17.02

0

−0.01

16.5

+0.5

0

D

1

 

7.53

0

−0.01

9.5

+1

0

2.5

+0.01

0

γ

 

150°

±5′

8.7

+0.02

0

質量

(kg)

最大

0.22

最小

0.18

備考1.  受金の 最大,最小,最小,D

1

最小,最大,最大寸法,溝の位置関係及び角度を検査する。

2.

通りゲージを受金に挿入したとき,容易に溝を通り,コンタクトに接触した位置で回転できること。

止りゲージは,自重で受金を通らないこと。

この検査は 2 回行い,2 回目はゲージを約 90°回転して行う。

3-13-2-1


84

C 7709-3

:2007

白      紙


85

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15d

  口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

3.2

±0.1

18

±0.1

5.5

±0.1

α

150°

±5°

10

±0.1

δ

150°

±30′

3-13-3-1


86

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15d

口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面 S

1

又は S

2

  で接触するように,プラン

ジャーによって押されていること。

この位置で,ばね力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-13-3-1


87

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15d

受金挿入ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

9.0

+0.5

0

15.65

0

−0.01

0.2

+0.05

0

D

1

 

6.7

±0.05

1.5

+0.1

0

1.8

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

3.2

±0.05

備考1.  他の指定をもった口金(BA15,BAU15,BAW15 又は BAY15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

片方又は両方のゲージピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受

金に挿入され,回転されないこと。

軸方向の挿入力は 50 N を超えないこと。

右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

3-13-4-1


88

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15d

受金挿入ゲージ

ページ 2/2

2.

正規の位置であるが,ピン溝に部分的に挿入されている状態で保持されないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

2.1

正規の位置のピン溝にゲージを挿入する。

その後,1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。

トルクは急に加えず,0 から徐々に加える。

トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

2.2

正規の位置でゲージを止まるまで挿入し,右回りに回転させる。

ゲージピンは受金の保持溝によって保持されること。

3.

口金のかん(嵌)合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度
23±2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-13-4-1


89

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15d

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

3.2

±0.05

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

備考1.  受金内の最小の口金のコンタクトの接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは通常位置にある口金を受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。

上記の状態で指示ランプが点灯すること。

3-13-5-1


90

C 7709-3

:2007

白      紙


91

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15d

口金の 寸法ゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-13-6-1


92

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15d

口金の 寸法ゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

15.26

+0.01

0

B

“1”

 

15.65

0

−0.005

B

“2”

 

16.15

+0.005

0

2.5

0

−0.04

3.2

±0.005

7.8

±0.5

15.15

±0.1

2

±0.1

12.5

±0.5

19

±0.5

δ

 

150°

±5′

備考1.  口金の 寸法の最大及び最小の検査に適用する。

2.

図に示す 寸法の部分のくぼみに口金のピンが入るようにして,口金を C と D との間の入れ口に押し込

む。X 面が Y 面と一致しているか又は X 面が Y 面よりも出っ張っていること。また,X 面は Z 面よりも

出っ張らないこと。

3.

検査は,各々のピンの向きを変えて,2 回行うこと。

4.

このゲージは,校正ゲージ“1”及び校正ゲージ“2”によって校正を必要とする。それぞれの校正ゲージ

の寸法は,表の B  (“1”)及び B  (“2”)を適用する。校正ゲージ“1”を C と D との間の入れ口に押し込
んだとき,X 面が Y 面と一致していること。校正ゲージ“2”を C と D との間の入れ口に押し込んだとき,
X 面が Z 面と一致していること。

5.  X

,Y 及び Z 面でのゲージの代わりにダイヤルゲージを用いてもよい。それぞれの校正ゲージをダイヤル

ゲージにあてがい,その相当するダイヤルゲージの目盛の位置に印を付けて,その印の幅で口金の寸法の

許容差を示す。

3-13-6-1


93

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15s

受金ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

15.32

0

−0.01

5.5

0

−0.02

A

2

 

15.47

+0.01

0

10.5

+1

0

17.02

0

−0.01

16.5

+0.5

0

D

1

 

7.53

0

−0.01

9.5

+1

0

2.5

+0.01

0

γ

 

150°

±5′

8.7

+0.02

0

質量

(kg)

最大

0.22

最小

0.18

備考1.  受金の 最大,最小,最小,D

1

最小,最大,最大寸法,溝の位置関係及び角度を検査する。

2.

通りゲージを受金に挿入したとき,容易に溝を通り,コンタクトに接触した位置で回転できること。

止りゲージは,自重で受金を通らないこと。

この検査は 2 回行い,2 回目はゲージを約 90°回転して行う。

3-13A-1-1


94

C 7709-3

:2007

白      紙


95

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15s

口金保持ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.50

+0.02

0

3

±0.1

3.2

±0.1

18

±0.1

5.5

±0.1

α

150°

±5°

10

±0.1

δ

150°

±30′

3-13A-2-1


96

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15s

口金保持ゲージ

ページ 2/2

備考1.  口金の保持を検査する。

2.

口金はピンが溝 Q を通り抜けるまで開口部 Y に挿入する。

口金を小さい角度で回転させた後,ピンの少なくとも 1 本が表面 S

1

又は S

2

  で接触するように,プラン

ジャーによって押されていること。

この位置で,ばね力は 10 N であること。また,口金は口金とゲージとの間のどんなすき間にもかかわ

らず,ゲージによって保持されること。

3-13A-2-1


97

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15s

受金挿入ゲージ

ページ 1/2

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.05

0

−0.01

9.0

+0.5

0

15.65

0

−0.01

0.2

+0.05

0

D

1

 

6.7

±0.05

1.5

+0.1

0

1.8

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

3.2

±0.05

備考1.  他の指定をもった口金(BA15,BAU15,BAW15 又は BAY15)が挿入できないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

片方又は両方のゲージピンが受金の保持溝によって保持されている限り,他の指定をもったゲージが受

金に挿入され,回転されないこと。

軸方向の挿入力は 50 N を超えないこと。

右回りのトルクは 1.15 Nm を超えないこと。

3-13A-3-1


98

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15s

受金挿入ゲージ

ページ 2/2

2.

正規の位置であるが,ピン溝に部分的に挿入されている状態で保持されないことを検査する。

以下の検査は,他の適切な検査が行われた後指定された順に行われるものとする。

2.1

正規の位置のピン溝にゲージを挿入する。

その後,1.15 Nm の右回りのトルクをゲージに加える。

トルクは急に加えず,0 から徐々に加える。 
トルクを加えている間,受金内のゲージの回転が確認できないこと。

2.2

正規の位置でゲージを止まるまで挿入し,右回りに回転させる。

ゲージピンは受金の保持溝によって保持されること。

3.

口金のかん(嵌)合と関係する受金のいずれかの部分が熱可塑性の樹脂材料である場合,受金を周囲温度
23±2  ℃の環境にて最低 10 h の放置後直ちに検査を行うこと。

3-13A-3-1


99

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15s

受金におけるコンタクト検査ゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容値

A

1

 

15.05

+0.01

0

D

1

 

6.3

+0.01

0

1.8

0

−0.01

3.2

±0.05

9.0

+0.5

0

17.02

0

−0.01

δ

 

150°

±5′

備考1.  受金内の最小寸法部位と口金との接触状態をチェックすること。

2.

ゲージは真っすぐ受金に挿入すること。

ピンがそれぞれの相対する場所に止められること。

上記の状態で指示ランプが点灯すること。

3-13A-4-1


100

C 7709-3

:2007

白      紙


101

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15s

口金の 寸法ゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-13A-5-1


102

C 7709-3

:2007

2007

BAZ15s

口金の 寸法ゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容値

15.26

+0.01

0

B

“1”

 

15.65

0

−0.005

B

“2”

 

16.15

+0.005

0

 2.5

0

−0.04

 3.2

±0.005

 7.8

±0.5

15.15

±0.1

 2

±0.1

12.5

±0.5

19

±0.5

δ

 

150°

±5′

備考1.  口金の 寸法の最大及び最小の検査に適用する。

2.

図に示す 寸法の部分のくぼみに口金のピンが入るようにして,口金を C と D との間の入れ口に押し込
む。X 面が Y 面と一致しているか又は X 面が Y 面よりも出っ張っていること。また,X 面は Z 面よりも

出っ張らないこと。

3.

検査は,各々のピンの向きを変えて,2 回行うこと。

4.

このゲージは,校正ゲージ“1”及び校正ゲージ“2”によって校正を必要とする。それぞれの校正ゲージ

の寸法は,表の (“1”)及び (“2”)を適用する。校正ゲージ“1”を C と D との間の入れ口に押し込

んだとき,X 面が Y 面と一致していること。校正ゲージ“2”を C と D との間の入れ口に押し込んだと
き,X 面が Z 面と一致していること。

5.  X

,Y 及び Z 面でのゲージの代わりにダイヤルゲージを用いてもよい。それぞれの校正ゲージをダイヤル

ゲージにあてがい,その相当するダイヤルゲージの目盛の位置に印を付けて,その印の幅で口金の寸法の
許容差を示す。

3-13A-5-1


103

C 7709-3

:2007

シート No. 3-36-2-1 の後に,次のシート No. 3-117-1-1, 3-117-2-1, 3-117-3-1 及び 3-117-4-1 を挿入する。

2007

G9

口金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

 0.5

+0.10

+0

K

2

 

 4.0

+0.02

+0

 5.3

+0.02

+0

13.7

+0.02

+0

13.3

+0 
−0.02

L

1

 

 9.0

+0.02 
+0

G

1

 

 5.2

+0.02 
+0

12.3

+0.02 
+0

 4.9

+0.02

+0

 5.0

+0.02

+0

K

1

 

 3.0

+0.02

+0

α

 45°

+1°

+0°

備考1.  口金の最大外郭の検査に適用する。

2.

口金基準面が X 面に当たるまで,容易に挿入できなければならない。

また,口金コンタクト部は Y 面を超えてはならない。

3-117-1-1


104

C 7709-3

:2007

白      紙


105

C 7709-3

:2007

2007

G9

口金止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

F

1

 

3.0

+0.02

0

12.4

+0.02

0

5.2

0

−0.02

4.9

0

−0.02

備考1.  口金の 最小寸法の検査に適用する。

2.

この検査をするとき,過度な力を加えてはならない。

3-117-2-1


106

C 7709-3

:2007

白      紙


107

C 7709-3

:2007

2007

G9

受金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
注(

1

)  半径 1 mm 又は等しく面取りされていること。

備考1.  受金の検査に適用する。

2.  X

面が受金のコンタクト部まで円滑に挿入できること。この位置で,受金リム部の一部が Y 面を超えて

突出してはならない。

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

0.7

+0.02

0

13.9

0

−0.02

5.4

+0.02

0

L

1

 

8.9

+0.02

0

13.3

+0.02

0

12.2

+0.02

0

G

1

 

5.2

0

−0.02

5.1

+0.02

0

5.0

0

−0.02

r

1

 (

1

) 

1.0

±0.1

K

1

 

3.1

0

−0.02

α

45°

  0°

−1°

K

2

 

4.1

0

−0.02

3-117-3-1


108

C 7709-3

:2007

白      紙


109

C 7709-3

:2007

2007

G9

受金最小保持力ゲージ

ページ 1/1

第三角法

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
注(

1

)  Kは,寸法範囲内に適用する。

(

2

)  等しく面取りされていること。

備考1.  受金の最小保持力検査に適用する。

2.

ゲージを受金に挿入する。受金をもち逆さま(挿入口を下にする。

)にしたとき,ゲージ自体の重量でゲ

ージが落下してはならない。

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

(

1

) 

2.3

+0.02

−0.02

U

1

 

1.4

+0.02

0

(

1

) 

13.5

+0.02

−0.02

r

1

 (

2

) 

1.0

+0.1

−0.1

(

1

) 

12.3

+0.02

0

r

2

 

0.2

+0.02 
−0.02

5.0

+0.02 
−0.02

r

3

 

0.5

+0.1 
−0.1

1.5

0

−0.02

β

90°

  +6′ 
  −6′

0.3

+0.02

−0.02

重量 100

g

+2 %

0

3-117-4-1


110

C 7709-3

:2007

白      紙


111

C 7709-3

:2007

シート No. 3-39-2-1 を,次のシート No. 3-39-2-2 に置き換える。

1997

G12

受金通りゲージ A タイプ

ページ 1/2

2007

第三角法

3-39-2-2


112

C 7709-3

:2007

1997

G12

受金通りゲージ A タイプ

ページ 2/2

2007

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

30.61

+0.02

0

5.02

+0.02

0

19.51

+0.02

0

0.5

0

−0.05

14.5

+0.05

0

2

±0.1

12.135

+0.01

0

5

0

−0.1

2.67

+0.01

0

3.0

0

−0.02

12.53

+0.02

0

9.0

0

−0.02

4.53

+0.02

0

0.4

0

−0.05

6.98

+0.02

0

35

±0.5

25

±0.1

25

±0.5

15

±0.1

α

25°

+6′

0

備考1.  受金の寸法 最小,最小,最小及び,最小,また,JIS C 7709-1 のシート No.1-39 に示された最大

すき間でのピン寸法に関して,最大口金に対して最大着脱力の検査に適用する。

2.

ゲージの支持キーの少なくとも三つが,ランプ受金にゲージを JIS C 7709-2 のシート No.2-39 にあるこの
ゲージの最大挿入力以下の力で挿入できること。この位置でランプ受金のふちと,ゲージ X 面の明りょ

うなすき間が存在すること。このテスト後,JIS C 7709-2 のシート No.2-39 にあるこのゲージの引抜き力

以下の力でゲージを抜き取ることができること。

3.

図面の寸法は,ゲージに必要な部分だけ示してある。

4.

受金 G12 の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-39 を参照のこと。

 

 

3-39-2-2


113

C 7709-3

:2007

シート No. 3-39-3-1 を,次のシート No. 3-39-3-2 に置き換える。

1997

G12

受金通りゲージ B タイプ

ページ 1/2

2007

第三角法

3-39-3-2


114

C 7709-3

:2007

1997

G12

受金通りゲージ B タイプ

ページ 2/2

2007

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

30.61

+0.02

0

15

±0.1

19.51

+0.02

0

5.02

+0.02

0

14.5

±0.1

0.5

0

−0.05

11.865

0

−0.01

2

±0.1

2.67

+0.01

0

7.25

+0.02

0

12.53

+0.02

0

3.0

0

−0.02

4.53

+0.02

0

9.0

0

−0.02

6.98

+0.02

0

0.4

0

−0.05

25

±0.1

α

25°

+6′

0

備考1.  受金のゲージ JIS C 7709-1 のシート No.1-39 で明記した最小すき間でのピン寸法に関して,最大口金に関

連した最大挿入力の検査に適用する。

2.

ゲージをゲージの支持キーの少なくとも三つが,ランプ受金の面に接するまで JIS C 7709-2 のシート
No.2-39 に示されたこのゲージの最大挿入力以下の力で挿入できること。

3-39-3-2


115

C 7709-3

:2007

シート No. 3-39-4-1 を,次のシート No. 3-39-4-2 に置き換える。

1997

G12

受金通りゲージ C タイプ

ページ 1/2

2007

第三角法

3-39-4-2


116

C 7709-3

:2007

1997

G12

受金通りゲージ C タイプ

ページ 2/2

2007

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

29.4

0

−0.02

0.5

0

−0.05

18.5

0

−0.02

2

±0.1

16.0

±0.2

12.0

0

−0.02

12.0

±0.005

6.75

0

−0.02

2.29

0

−0.01

1.5

0

−0.02

11.4

0

−0.01

11

+0.1

0

3.0

+0.05

0

r

1

 

0.4

0

−0.05

6.2

0

−0.05

r

2

 

1.5

+0.05

0

25

±0.1

α

20°

0

−6′

15

±0.1

β

45°

+30′

0

4.58

0

−0.02

備考1.  受金の最小外形寸法と最小すき間でのピン寸法に関して,最小口金に関連した最小保持力の検査に適用す

る。

2.

ゲージをゲージの支持キーの少なくとも三つが,ランプ受金の面に接するまで JIS C 7709-2 のシート
No.2-39 に示されたこのゲージの最大挿入力以下の力で挿入できること。

3-39-4-2


117

C 7709-3

:2007

シート No. 3-53-5-1 の後に,次のシート No. 3-119-1-1,3-119-2-1,3-119-2A-1,3-119-2B-1,3-119-3-1 及

び 3-119-3A-1 を挿入する。

2007

GX12

完成ランプ口金通り止りゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-119-1-1


118

C 7709-3

:2007

2007

GX12

完成ランプ口金通り止りゲージ

ページ 2/2

単位  mm 

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

30.8

+0.01

0

1.2

+0.05

0

19.7

+0.01

0

13.84

+0.02

0

12

0

−0.02

7.94

+0.02

0

12

+0.005

−0.005

2.57

+0.02

0

2.79

+0.01

0

11.67

+0.02

0

E

1

 

2.67

+0.01

0

3.07

+0.02

0

E

2

 

2.29

0

−0.01

5

+0.2

−0.2

F

1

 

11.4

0

−0.02

5

+0.5

−0.5

F

2

 

12.5

+0.02

0

5

+0.5

−0.5

G

1

 

4.5

+0.02

0

3.5

+0.2

−0.2

7.1

+0.01

0

備考1.  完成ランプの口金の 最大,最大,

φ

E

最大最小,

φ

H

最大,最大最小,ピン間隔及びキー部を含むピ

ンの変位の寸法検査に適用する。

2.

口金をゲージに挿入したとき,口金基準面がゲージ O 面に接触するまで入ること。

この状態でピン先端は f

1

面と同一又は越え,しかも f

2

面から越えないこと。各々のピンは

φ

E

1

φ

H

接触するまで入り,

φ

E

2

には入らないこと。

3-119-1-1


119

C 7709-3

:2007

2007

GX12

受金通りゲージ  A タイプ

ページ 1/2

第三角法

 

3-119-2-1


120

C 7709-3

:2007

2007

GX12

受金通りゲージ  A タイプ

ページ 2/2

単位  mm 

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

30.61

+0.02

0

5

0

−0.1

19.51

+0.02

0

1.2

+0.02

−0.02

14.5

+0.05

0

3.0

0

−0.02

12.135

+0.01

0

9.0

0

−0.02

2.67

+0.01

0

13.81

+0.02

0

12.53

+0.02

0

7.91

+0.02

0

4.53

+0.02

0

2.56

+0.02

0

6.98

+0.02

0

11.66

+0.02

0

25

+0.1

−0.1

Z 3.01 

+0.02

0

L

1

 

7.5

+0.1

−0.1

 0.4

0

−0.05

L

2

 

5

+0.1 
−0.1

35

+0.5 
−0.5

5.02

+0.02

0

25

+0.5 
−0.5

0.5

0

−0.05

α

    25°

+6′

0

2

+0.1

−0.1

備考1.  受金の寸法 最小,最小,最小及び 最小,また JIS C 7709-1 のシート No. 1-119 に示された最大の

すき間でのピン寸法に関して,最大口金に対して最大着脱力の検査に適用する。

2.

ゲージの支持キーの少なくとも三つが,ランプ受金にゲージを JIS C 7709-2 のシート No. 2-119 にあるこ

のゲージの最大挿入力以下の力で挿入できること。この位置でランプ受金のふちと,ゲージ C 面の明り

ょう(瞭)なすき間が存在すること。このテストの後 JIS C 7709-2 のシート No. 2-119 にあるこのゲージ
の引抜き力以下の力でゲージを抜き取ることができること。

3.

図面の寸法は,ゲージに必要な部分だけ示してある。

4.

受金 GX12 の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No. 2-119 を参照のこと。

3-119-2-1


121

C 7709-3

:2007

2007

GX12

受金通りゲージ  B タイプ

ページ 1/2

第三角法

3-119-2A-1


122

C 7709-3

:2007

2007

GX12

受金通りゲージ  B タイプ

ページ 2/2

単位  mm 

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

30.61

+0.02

0

2

+0.1

−0.1

19.51

+0.02

0

7.25

+0.02

0

14.5

+0.1

−0.1

1.2

+0.02

−0.02

11.865

0

−0.01

3.0

0

−0.02

2.67

+0.01

0

9.0

0

−0.02

12.53

+0.02

0

13.81

+0.02

0

4.53

+0.02

0

7.91

+0.02

0

6.98

+0.02

0

2.56

+0.02

0

25

+0.1

−0.1

11.66

+0.02

0

L

1

 

7.5

+0.1 
−0.1

3.01

+0.02

0

L

2

 

5

+0.1 
−0.1

0.4

0

−0.05

5.02

+0.02

0

α

25°

+6′

0

0.5

0

−0.05

備考1.  受金の最小すき間でのピン寸法に関して,最大口金に関連した最大挿入力の検査に適用する。

2.

ゲージの支持キーの少なくとも三つがランプ受金の面に接するまで,JIS C 7709-2 のシート No. 2-119 に

示されたこのゲージの最大挿入力以下の力で,ゲージを挿入できること。

3-119-2A-1


123

C 7709-3

:2007

2007

GX12

受金通りゲージ  C タイプ

ページ 1/2

第三角法

 

3-119-2B-1


124

C 7709-3

:2007

2007

GX12

受金通りゲージ  C タイプ

ページ 2/2

単位  mm 

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

29.4

0

−0.02

6.75

0

−0.02

18.5

0

−0.02

1.2

+0.02

−0.02

16.0

+0.2

−0.2

1.5

0

−0.02

12.0

+0.005

−0.005

11

+0.1

0

2.29

0

−0.01

13.19

0

−0.02

11.4

0

−0.01

7.39

0

−0.02

3.0

+0.05

0

1.84

0

−0.02

6.2

0

−0.05

11.14

0

−0.02

25

+0.1

−0.1

2.69

0

−0.02

L

1

 

7.5

+0.1

−0.1

0.4

0

−0.05

5

+0.1 
−0.1

r

1

 

1.5

+0.05

0

4.58

0

−0.02

α

20°

0

−6′

0.5

0

−0.05

β

45°

+30′

0

2

+0.1

−0.1

備考1.  受金の最小外形寸法と最小すき間でのピン寸法に関して,最小の口金に関連した最小保持力の検査に適用

する。

2.

ゲージの支持キーの少なくとも三つがランプ受金の面に接するまで挿入できること。

3.

ゲージは,この位置及びゲージが下側に見える状態で保持されること。

4.

ゲージを引き抜くために必要な力は,JIS C 7709-2 のシート No.2-119 に規定されたこのゲージの引抜き力

以上であること。

3-119-2B-1


125

C 7709-3

:2007

2007

GX12

受金単ピンゲージ D

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

2.67

+0.01

0

6.7

0

−0.1

8.0

+0.05

−0.05

0.4

+0.05

−0.05

4.5

0

−0.1

α

30°

+1° 
−1°

備考1.  受金単ピンそれぞれの最大の引抜き力の検査に適用する。

2.

ゲージが受金に完全に差し込まれた後,ゲージを引くのに必要な力は受金 GX12(JIS C 7709-2 のシート
No. 2-119)に明記した値を超えてはならない。

テストは他の接点でも行うこと。

3.

図面の寸法は,ゲージに必要な部分だけ示してある。

4.

受金 GX12 の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No. 2-119 を参照のこと。

3-119-3-1


126

C 7709-3

:2007

白      紙


127

C 7709-3

:2007

2007

GX12

受金単ピンゲージ E

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

2.29

0

−0.01

4.5

0

−0.1

7.0

+0.05

−0.05

6.7

0

−0.1

F

1

 

6.6

+0.05

−0.05

α

30°

+1°

−1°

備考1.  受金単ピンそれぞれの最大の引抜き力の検査に適用する。

2.

ゲージが受金に完全に差し込まれた後,ゲージを引くのに必要な力は受金 GX12(JIS C 7709-2 のシート
No. 2-119)に明記した値を超えてはならない。

テストは他の接点でも行うこと。

3.

図面の寸法は,ゲージに必要な部分だけ示してある。

4.

受金 GX12 の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-119 を参照のこと。

3-119-3A-1


128

C 7709-3

:2007

白      紙


129

C 7709-3

:2007

シート No. 3-56-1-2 を,次のシート No. 3-56-1-3 に置き換える。

2004

GX24q

口金通り止りゲージ

ページ 1/2

2007

第三角法

3-56-1-3


130

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

口金通り止りゲージ

ページ 2/2

2007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記号

GX24q-1 GX24q-2 GX24q-3 GX24q-4

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

X

2

 

6.6

+0.01

0

X

3

− 12.4

+0.01

0

12.4

+0.01

0

X

4

 

− 6.2

0

−0.01

6.2

0

−0.01

X

5

 

− 9.6

+0.01

0

X

6

 

− 5.4

0

−0.01

備考1. GX24q-1∼4 口金のかん合部外形寸法及びランプピン寸法は,かん合部に対する位置の検査並びに誤使用

防止キーの位置及び幅の検査に適用する。

2.

ゲージに口金を奥まで差し込んだとき,口金の基準面とO面とが接していること。このときピンの先端は,
f

1

面とf

2

面との間にあるものとする。

口金の各ピンを e

1

の穴に挿入したとき,基準面と X 面とが接していること。e

2

の穴には,ピンの先端

だけが挿入できるものとする。

単位  mm

記号

基準値

許容値

記号

基準値

許容値

28.5

+0.05

0

21.0

+0.01

0

D

1

 

23.0

±0.005

4.7

+0.01

0

D

2

 

8.0

±0.005

5.5

+0.01

0

2.79

+0.01

0

55

±0.5

E

1

 2.67

+0.01

0

b 45

±0.5

E

2

 

2.29

0

−0.01

c 4

0

−0.2

F

1

 

6.0

0

−0.025

16

±0.1

F

2

 6.8

+0.025

0

33.5

±0.1

K

1

 

16.3

+0.01

0

r

1

 

0.5

±0.05

L

1

 

13.9

+0.01

0

r

2

 

0.2

±0.05

N

1

 

0.5

+0.01

0

r

3

 

0.2

±0.05

3-56-1-3


131

C 7709-3

:2007

シート No. 3-56-2-2 を,次のシート No. 3-56-2-3 に置き換える。

2004

GX24q

受金通りゲージ

ページ 1/6

2007

第三角法

3-56-2-3


132

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金通りゲージ

ページ 2/6

2007

単位  mm

記号

基準値

許容値

記号

基準値

許容値

A 28.5

+0.02

0

21.0

+0.02

0

A

1

 31.0

+0.02

0

8.4

0

−0.05

C(

3

) 11 ±0.1

8.85

0

−0.02

D

1

 23.14

±0.005

4.7

+0.02

0

D

2

 8.14

±0.005

0.2

+0.02

0

E 2.67

+0.01

0

5.5

+0.05

0

F 6.8

+0.02

0

0.5

+0.05

0

G(

3

) 8.6 ±0.1

19.0

±0.01

0.4

±0.005

17.0

±0.01

K

1

(

1

) 16.3

+0.02

0

0.5

+0.1

0

K

2

(

2

) 

15.95

+0.02

0

r

3

 

0.5

±0.05

L

1

(

1

) 

13.9

+0.02

0

r

6

 

0.15

±0.05

L

2

(

2

) 

13.55

+0.02

0

β

1

 

35°

±1°

16.0

+0.02

0

β

2

 

20°

±1°

N

1

(

1

) 0.5  −

β

3

 

45°

±1°

N

2

(

2

) 14.0  −

β

4

 

35°

±1°

注(

1

)  K

1

L

1

面は,基準面から N

1

位置での値。

(

2

)  K

2

L

2

面は,基準面から N

2

位置での値。

(

3

)  及び は,GX24q-5,-6 及び-7 キー受金の検査だけ必要とされる。

備考1. GX24q-1∼7 差込式受金について,の最大及びピン間隔,ピン寸法,中央ポストが最大である口金の最

大差込み力と引抜き力の検査に適用する。

2. GX24q-1

∼7 回転式受金について,の最大及びピン間隔,ピン寸法,中央ポストが最大である口金の最

大取付トルクと取外しトルクの検査に適用する。

3.

ゲージの基準面と受金の基準面が接するまでゲージを挿入することができること。そのとき,受金の縁が

ゲージ Y 面を超えないものとする。

3-56-2-3


133

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金通りゲージ

ページ 3/6

2007

第三角法

3-56-2-3


134

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金通りゲージ

ページ 4/6

2007

単位 mm

記号

基準値

許容値

記号

基準値

許容値

(

3

) 11 ±0.1

16.0

+0.02

0

D

1

 22.86

±0.01

N

1

(

1

)

0.5  −

D

2

 7.86

±0.01

N

2

(

2

) 

14.0

E 2.67

+0.01

0

27.0

±0.2

F 6.8

+0.02

0

30.0

±0.2

G(

3

) 8.6 ±0.1

 0.5

±0.1

0.4

±0.05

 8.0

±0.5

K

1

(

1

) 

16.3

+0.02

0

r

3

0.5

±0.05

K

2

(

2

) 15.95

+0.02

0

r

7

 

 9.0

±0.2

L

1

(

1

) 

13.9

+0.02

0

β

 3

 

  45°

±1°

L

2

(

2

) 

13.55

+0.02

0

β

 4

 

  35°

±1°

 
注(

1

)  K

1

L

1

面は,基準面から N

1

位置での値。

(

2

)  K

2

L

2

面は,基準面から N

2

位置での値。

(

3

)  及び は,GX24q-5,-6 及び-7 キー受金の検査だけ必要とされる。

備考1. GX24q-1∼7 差込式受金について,ピン間隔が最小でピン寸法が最大である口金の最大差込み力の検査に

適用する。

2. GX24q-1

∼7 回転式受金について,ピン間隔が最小でピン寸法が最大である口金の最大取付トルクの検査

に適用する。

3.

ゲージの基準面と受金の基準面が接するまでゲージを挿入することができるものとする。

3-56-2-3


135

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金通りゲージ

ページ 5/6

2007

第三角法

3-56-2-3


136

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金通りゲージ

ページ 6/6

2007

単位  mm

記号

基準値

許容値

記号

基準値

許容値

(

3

) 11 ±0.1

20.6

0

−0.02

D

1

 23.0

±0.01

  9.15

+0.02

0

D

2

8.0

±0.01

 3.5

0

−0.02

E

  2.29

0

−0.01

 5.0

+0.02

0

F

6.0

0

−0.02

 0.5

0

−0.05

F

1

5.5

0

−0.05

27.0

±0.2

(

3

) 

 8.6

±0.1

30.0

±0.2

K

1

(

1

) 

 16.15

0

−0.02

 0.6

±0.1

K

2

(

2

) 15.6

0

−0.02

 0.8

+0.1

0

L

1

(

1

) 

 13.75

0

−0.02

r

7

 

 9.0

±0.2

L

2

(

2

) 

13.2

0

−0.02

β

1

 

 35°

±1°

14.8

0

−0.02

β

2

 

 30°

±1°

N

1

(

1

)

0.5  −

β

3

 

 45°

±1°

N

2

(

2

) 14.0  −

β

4

 

 35°

±1°

注(

1

)  K

1

L

1

面は,基準面から N

1

位置での値。

(

2

)  K

2

L

2

面は,基準面から N

2

位置での値。

(

3

)  及び は,GX24q-5,-6 及び-7 キー受金の検査だけ必要とされる。

備考1. GX24q-1∼7 差込式受金について,の最小及びピン間隔,ピン寸法,中央ポストが最小である口金の最

小保持力の検査に適用する。

2. GX24q-1

∼7 回転式受金について,の最小及びピン間隔,ピン寸法,中央ポストが最小である口金の最

小取外しトルクの検査に適用する。

3.

ゲージの基準面と受金の基準面が接するまでゲージを挿入したとき,受金の縁が,ゲージ Y 面と同一面
又はそれ以上であるものとする。

3-56-2-3


137

C 7709-3

:2007

シート No. 3-56-3-2 を,次のシート No. 3-56-3-3 に置き換える。

2004

GX24q

受金キー通り止りゲージ

ページ 1/6

2007

第三角法

3-56-3-3


138

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金キー通り止りゲージ

ページ 2/6

2007

単位  mm

記号

基準値

許容値

記号

基準値

許容値

C

1

(

3

) 

6.9

0

−0.1

32.0

0

−0.02

C

2

(

3

) 

9.7

+0.1

0

27.0

±0.2

G(

3

) 8.6

+0.1

0

30.0

±0.2

K

1

(

1

) 16.15

0

−0.02

0.6

±0.1

K

2

(

2

) 15.6

0

−0.02

d 0.8

+0.1

0

L

1

(

1

) 

13.75

0

−0.02

e 8.0

±0.5

L

2

(

2

) 

13.2

0

−0.02

r

7

 

9.0

±0.2

M 14.8

0

−0.02

α

1

 

20°

+1°

0

N

1

(

1

) 

0.5

α

2

 

40°

+1°

0

N

2

(

2

) 

14.0

β

3

 

45°

+1°

−1°

記号

GX24q-1,-5(

4

) GX24q-2,-6(

5

) GX24q-3,-7(

6

) GX24q-4

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

X

2

 2.5

0

−0.02

X

3

− 11.2

0

−0.02

11.2

0

−0.02

X

4

− 7.4

+0.02

0

7.4

+0.02

0

X

5

− 8.4

0

−0.02

X

6

− 6.6

+0.02

0

注(

1

)  K

1

L

1

は,基準面から N

1

位置での値。

(

2

)  K

2

L

2

は,基準面から N

2

位置での値。

(

3

)  C

1

C

2

及び は,GX24q-5,-6 及び-7 キー受金の検査だけ必要とされる。

(

4

) GX24q-5 キー受金用ゲージは,GX24q-1 受金に装着されてもよい。

(

5

) GX24q-6 キー受金用ゲージは,GX24q-2 受金に装着されてもよい。

(

6

) GX24q-7 キー受金用ゲージは,GX24q-3 受金に装着されてもよい。

3-56-3-3


139

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金キー通り止りゲージ

ページ 3/6

2007

備考1. GX24q-1∼7 差込式受金及び GX24q-1∼7 回転式受金について,異なるキー形状の口金が挿入されない誤

使用防止性能の検査に使用する。

2. GX24q-1

∼7 差込式受金については,異なるキー形状のゲージ F が挿入される場合,ゲージの Z 面が受金

の誤使用防止リブに当たること。

3. GX24q-1

∼7 回転式受金については,異なるキー形状のゲージ F が挿入される場合,挿入できず時計回り

に 19.5°まで回転できないこと。

3-56-3-3


140

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金キー通り止りゲージ

ページ 4/6

2007

第三角法

3-56-3-3 


141

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金キー通り止りゲージ

ページ 5/6

2007

単位  mm

記号

基準値

許容値

記号

基準値

許容値

28.5

+0.02

0

N

2

(

2

) 

14.0

A

1

 31.0

+0.02

0

8.4

0

−0.05

C

1

(

3

) 

6.9

0

−0.1

33.0

+0.02

0

C

2

(

3

) 

9.7

+0.1

0

1

±0.1

G(

3

) 

8.6

+0.1

0

0.5

+0.1

0

K

1

(

1

) 

16.3

+0.02

0

8

±0.5

K

2

(

2

) 15.95

+0.02

0

r

4

 0.2

±0.05

L

1

(

1

) 

13.9

+0.02

0

r

5

 0.2

±0.05

L

2

(

2

) 

13.55

+0.02

0

α

1

 

20°

+1°

0

M 16.0

+0.02

0

α

2

 

60°

+1°

0

N

1

(

1

) 

0.5

β

3 

45°

+1°

−1°

記号

GX24q-1,-5(

4

) GX24q-2,-6(

5

) GX24q-3,-7(

6

) GX24q-4

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

基準値

許容差

X

2

 7.2(

7

)

0

−0.02

X

3

− 13.0

0

−0.02

13.0

0

−0.02

X

4

− 5.6

+0.02

0

5.6

+0.02

0

X

5

− 9.7

0

−0.02

X

6

− 5.3

+0.02

0

注(

1

)  K

1

L

1

は,基準面から N

1

位置での値。

(

2

)  K

2

L

2

は,基準面から N

2

位置での値。

(

3

)  C

1

C

2

及び は,GX24q-5,-6 及び-7 キー受金の検査だけ必要とされる。

(

4

) GX24q-5 キー受金用ゲージは,GX24q-1 受金に装着されてもよい。

(

5

) GX24q-6 キー受金用ゲージは,GX24q-2 受金に装着されてもよい。

(

6

) GX24q-7 キー受金用ゲージは,GX24q-3 受金に装着されてもよい。

(

7

) GX24q-5 回転式受金については,この値を 3.5 mm とする。

3-56-3-3


142

C 7709-3

:2007

2004

GX24q

受金キー通り止りゲージ

ページ 6/6

2007

備考1. GX24q-1∼7 差込式受金及び GX24q-1∼7 回転式受金について,部の最大及び誤使用防止キーの誤使用

防止性能の検査に使用する。

2. GX24q-1

∼7 差込式受金については,ゲージの基準面と受金の基準面とが接するまでゲージを挿入する。

3. GX24q-1

∼7 回転式受金については,ゲージの基準面と受金の基準面とが接するまでゲージを挿入したの

ち,時計回りに 19.5°まで回転する。

3-56-3-3


143

C 7709-3

:2007

シート No. 3-56-3-3 の後に,次のシート No. 3-122-1-1,3-122-2-1,3-122-2A-1,3-122-2B-1,3-122-3-1,

3-122-3A-1,3-122-3B-1,3-122-4-1,3-122-5-1 及び 3-122-5A-1 を挿入する。

2007

GX53

口金通り止りゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-122-1-1


144

C 7709-3

:2007

2007

GX53

口金通り止りゲージ

ページ 2/2

注(

1

) 0.25

mm の公差はピン及びピン間隔の調整のため。

備考1.  完成ランプ口金の Aの最大,最小寸法,EF

1

ML

1

の最大寸法,F

2

の最小寸法を検査する。

2.

口金ピンは,Z 面から a

1

に挿入できること。a

2

には挿入できないこと。

3.

完成ランプ口金を挿入したとき,口金の基準面がゲージ Y 面に接触すること。

このとき,口金ピンと中央のポストはゲージ表面を越えないこと。

4. GX53

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-122 を参照のこと。

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A(

1

) 

5.25

+0.02

0

9.4

+0.02

0

A

1

 

5.0

+0.02

0

L

1

 

42.5

+0.02

0

A

2

 

4.7

0

−0.02

75.2

+0.02

0

53.00

+0.005 
−0.005

5

+0.1 
−0.1

3.2

+0.02

0

4.5 max

F

1

 

4.3

+0.02

0

0.2

0

−0.05

F

2

 

1.55

0

−0.02

 

3-122-1-1


145

C 7709-3

:2007

2007

GX53

口金止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

L

1

 42.0

0

−0.02

5

+0.1

−0.1

0.2

0

−0.05

備考1.  完成ランプ口金の L

1

最小寸法を検査する。

2.

完成ランプ口金がゲージに挿入できないこと。

3. GX53

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-122 を参照のこと。

3-122-2-1


146

C 7709-3

:2007

白      紙


147

C 7709-3

:2007

2007

GX53

口金通り止りゲージ(キー溝確認用)

ページ 1/2

第三角法

3-122-2A-1


148

C 7709-3

:2007

2007

GX53

口金通り止りゲージ(キー溝確認用)

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

5.27

+0.02

0

L

2

 40.63

0

−0.02

53.00

+0.005 
−0.005

4.5

+0.02

0

E

1

(

1

) 49.55

0

−0.02

3.89

0

−0.02

E

2

(

1

) 56.45

+0.02

0

8

+0.1 
−0.1

E

3

(

1

) 47.73

0

−0.02

75.2

+0.1 
−0.1

E

4

(

1

) 58.27

+0.02

0

0.2

0

−0.05

F

2

 1.0

+0.02

0

β

 

15°

 ±5′

L

1

 43.2

0

−0.02

 

注(

1

) 0.25

mm の許容差 40.63 はピンスペースと直線誤差に適応するため。

備考1.  完成ランプ口金の誤挿入溝位置,最小,最小寸法及びピンの位置関係を検査する。

2.

口金の基準面がゲージ Y 面に接触するまで完成ランプ口金をゲージに挿入したとき,コンタクトに接触

する位置へと回転できること。

3.

口金ピン 1 本だけで,ゲージに挿入及びコンタクトに接触する位置へと回転できないこと。

4. GX53

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-122 を参照のこと。

3-122-2A-1


149

C 7709-3

:2007

2007

GX53

口金止りゲージ(キー溝確認用)

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

L

2

 40.6

+0.02

0

5

+0.1

−0.1

l

1

 

43.2

+0.1

0

0.2

0

−0.05

4.4

+0.02

0

備考1.  完成ランプ口金の 最大寸法を調査する。

2.

完成ランプ口金がゲージに挿入できないこと。

3. GX53

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-122 を参照のこと。

3-122-2B-1


150

C 7709-3

:2007

白      紙


151

C 7709-3

:2007

2007

GX53

受金ゲージ A

ページ 1/2

第三角法

3-122-3-1


152

C 7709-3

:2007

2007

GX53

  受金ゲージ A

ページ 2/2

単位  mm 

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

5.05

0

−0.02

L

2

 

40.63

0

−0.02

53.2

0

−0.01

75.3

0

−0.05

3.25

0

−0.02

0.2

0

−0.05

F

1

 

4.75

0

−0.02

r

1

 

1.0

0

−0.05

F

2

 

1.55

0

−0.02

β

1

 

40°30′

+10′

0

9.45

0

−0.02

β

2

 

25°

+10′

0

L

1

 

42.53

0

−0.02

 

備考1.  最大中央ポスト寸法と最大ピン間寸法に関して,最大口金に対して最大着脱力の検査。

2.

受金にゲージを受金シートにあるこのゲージの最大挿入力以下の力で挿入できること。また,受金シート

にあるこのゲージの最大引抜き力以下の力でゲージを引き取ることができること。

3. GX53

受金の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-122 を参照のこと。

3-122-3-1


153

C 7709-3

:2007

2007

GX53

受金ゲージ B

ページ 1/2

第三角法

3-122-3A-1


154

C 7709-3

:2007

2007

GX53

受金ゲージ B

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

5.05

0

−0.02

L

2

 40.63

0

−0.02

52.8

+0.01

0

75

+0.1 
−0.1

3.25

0

−0.02

0.2

0

−0.05

F

1

 4.75

0

−0.02

r

1

 

1.0

0

−0.05

F

2

 1.55

0

−0.02

β

1

 

40°30′

+10′

0

9.45

0

−0.02

β

2

 

25°

+10′

0

L

1

 42.53

0

−0.02

 

備考1.  最大中央ポスト寸法と最小ピン間寸法に関して,最大口金に対して最大着脱力の検査。

2.

受金にゲージを受金シートにあるこのゲージの最大挿入力以下の力で挿入できること。また,受金シート

にあるこのゲージの最大引抜き力以下の力でゲージをはずすことができること。

3. GX53

受金の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-122 を参照のこと。

3-122-3A-1


155

C 7709-3

:2007

2007

GX53

受金ゲージ C

ページ 1/2

第三角法

3-122-3B-1


156

C 7709-3

:2007

2007

GX53

受金ゲージ C

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

4.7

0

−0.02

9

+0.1 
−0.1

1.9

0

−0.02

70

+0.1 
−0.1

53.00

+0.005 
−0.005

0.2

0

−0.05

2.8

0

−0.02

r

1

 

1.0

0

−0.05

F

1

 4.3

0

−0.02

β

1

 

40°30′

+10′

0

L

1

 

42.2

0

−0.02

β

2

 

25°

+10′

0

L

2

 40.0

0

−0.02

 

 
備考1.  中央ポスト寸法とピン間寸法に関して,最小口金に対して最小引抜き力の検査。

2.

受金にゲージを挿入可能であること。また,受金シートにあるこのゲージの最小引抜き力以上の力でゲー

ジをはずすことができること。

3. GX53

受金の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-122 を参照のこと。

3-122-3B-1


157

C 7709-3

:2007

2007

GX53

  受金通り止りゲージ

ページ 1/2

第三角法

3-122-4-1


158

C 7709-3

:2007

2007

GX53

  受金通り止りゲージ

ページ 2/2

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

5.0

+0.02

0

4.36

+0.02

0

1.9

0

−0.02

3.5

0

−0.02

53.00

+0.005 
−0.005

1.95

+0.1

0

F

1

 4.3

+0.02

0

3

+0.1 
−0.1

9.2

0

−0.02

75

+0.1 
−0.1

L

1

 42.2

0

−0.02

0.2

0

−0.05

L

2

 40.8

0

−0.02

β

 

15°

+5′ 
−5′

 
備考1.  受金の誤挿入溝位置,最大,最大寸法,溝のずれ,及びピンの位置関係を検査。

2.

口金の基準面がゲージ Y 面に接触するまで受金をゲージに挿入したとき,コンタクトに接触する位置へ

と回転できること。

3.

口金ピン 1 本だけで,ゲージに挿入及びコンタクトに接触する位置へと回転できないこと。

4. GX53

受金の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-122 を参照のこと。

3-122-4-1


159

C 7709-3

:2007

2007

GX53

受金 L

2

最大寸法止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

L

2

 41.25

0

−0.02

0.2

0

−0.05

5

+0.1

−0.1

5

+0.1

−0.1

l

1

 

42.35

+0.1 
−0.1

3.3

+0.1 
−0.1

75

+0.1 
−0.1

 

備考1.  受金の最大 L

2

寸法の調査。

2.

受金にゲージが挿入できないこと。

3. GX53

受金の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-122 を参照のこと。

3-122-5-1


160

C 7709-3

:2007

白      紙


161

C 7709-3

:2007

2007

GX53

  受金 最小寸法止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

X 2.89

0

−0.02

75

+0.1

−0.1

5

+0.1

−0.1

0.2

0

−0.05

l

1

 

42.35

+0.1 
−0.1

5

+0.1 
−0.1

l

2

 

40.3

+0.1 
−0.1

 

備考1.  受金の最小 寸法の調査。

2.

受金にゲージが挿入できないこと。

3. GX53

受金の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-122 を参照のこと。

3-122-5A-1


162

C 7709-3

:2007

白      紙


163

C 7709-3

:2007

シート No. 3-71-2-1 の後に,次のシート No. 3-120-1-1 及び 3-120-2-1 を挿入する。

2007

P23t

  完成ランプ口金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

AP 

3.6

+0.02

0

AQ 

2.6

+0.02

0

AS 

27.1

+0.02

0

23.1

+0.02

0

10.1

+0.02

0

12

±0.01

α

120°

±30′

備考1.  口金について,受金とかん合を検査する。

2.

口金の X 面まで無理なく挿入できること。

3. P23t

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-120 を参照のこと。

3-120-1-1


164

C 7709-3

:2007

白      紙


165

C 7709-3

:2007

2007

P23t

口金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

15.6

0

−0.02

17.0

0

−0.02

AA 

7.0

0

−0.02

12.0

±0.01

AD 

4.9

0

−0.02

1.7

0

−0.02

AL 

18.9

+0.02

0

23

±0.1

AN 

0.9

+0.02

0

10

±0.1

4.5

+0.02

0

 

備考1. P23t 口金のかん合を検査する。

2.

ゲージの Y 面まで P23t 口金の縁が無理なく挿入できること。

3. P23t

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-120 を参照のこと。

3-120-2-1


166

C 7709-3

:2007

白      紙


167

C 7709-3

:2007

シート No. 3-78-3-1 の後に,次のシート No. 3-121-1-1, 3-121-2-1, 3-121-3-1 及び 3-121-4-1 を挿入する。

2007

P38t

完成ランプ口金高さゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容値

32.0

+0.05

0

4

+0.2 
−0.2

33.1

+0.1

0

42

+0.2 
−0.2

備考1.  完成ランプの口金リングの の最大寸法を検査する。

2.  X

面からランプ頭部にゲージを挿入したとき,口金リングの基準面がゲージ Z 面に接触し,口金コンタ

クト先端が X 面から出ないこと。

3-121-1-1


168

C 7709-3

:2007

白      紙


169

C 7709-3

:2007

2007

P38t

完成ランプ口金止りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

37.8

0

−0.005

65

+0.2 
−0.2

15

+0.2 
−0.2

 2

+0.2 
−0.2

12

+0.2 
−0.2

α

40°

+30′ 
−30′

備考1.  完成ランプの口金リングの の最小寸法を検査する。

2.  S

面からランプの頭部にゲージを挿入したとき,口金リング 3 個のラグがゲージ Z 面に接触すること。

3-121-2-1


170

C 7709-3

:2007

白      紙


171

C 7709-3

:2007

2007

P38t

口金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

33.1

+0.005

0

Z

1

 

3.1

+0.05

0

38.0

+0.005

0

55

+0.2 
−0.2

20.65

0

−0.005

15

+0.2 
−0.2

N

1

 

30

+0.1

0

2

+0.2 
−0.2

4.9

+0.005

0

α

1

 

39°

0

  −3°

8.0

+0.005

0

α

2

 

41°

  +3°

0

備考1.  完成ランプ口金リングの LMN及び

α

の最大寸法を検査する。

2.  S

面からランプの頭部にゲージを挿入したとき,口金リング 3 個のラグがゲージ Z 面に接触すること。

3-121-3-1


172

C 7709-3

:2007

白      紙


173

C 7709-3

:2007

2007

P38t

  受金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

33.11

0

−0.005

1.8

0

−0.02

38.01

0

−0.005

8.01

0

−0.005

41.31

0

−0.01

Z

1

 

7.11

0

−0.005

4.91

0

−0.005

α

40°

+5

−5

備考1.  受金の の最小寸法を検査する。

2.

受金にゲージを挿入し,ゲージの Y 面が受金の基準面に接触したとき,ゲージの Z 面がリム面と同一か

又は出ないこと。

3-121-4-1


174

C 7709-3

:2007

白      紙


175

C 7709-3

:2007

シート No. 3-82-1-1 を,次のシート No. 3-82-1-2 に置き換える。

1997

P43t-38

  完成ランプ口金通りゲージ

ページ 1/2

2007

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

38.1

+0.005

0

8

+0.005

0

43

+0.005

0

Z

1

 

3.1

+0.005

0

26.1

0

−0.005

15

±0.2

N

1

 

35

+0.1

0

2

±0.2

4.9

+0.005

0

α

1

 

44°

0

−3′

6.6

+0.005

0

α

2

 

46°

+3′

0

2.2

+0.005

0

3-82-1-2


176

C 7709-3

:2007

1997

P43t-38

完成ランプ口金通りゲージ

ページ 2/2

2007

備考1.  完成ランプ口金リングの LMN及び

α

の最大寸法を検査する。

2.  S

面からランプの頭部にゲージを挿入したとき,口金リングの 3 個のラグがゲージ Z 面に接触すること。

3-82-1-2


177

C 7709-3

:2007

シート No. 3-82-3-2 を,次のシート No. 3-82-3-3 に置き換える。

2004

P43t-38

  完成ランプ口金止りゲージ

ページ 1/1

2007

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

42.9

  0

−0.005

70

±0.2

15

±0.2

 2

±0.2

12

±0.2

α

45°

±30′

備考1.  完成ランプの口金リングの の最小寸法を検査する。

2.  S

面からランプの頭部にゲージを挿入したとき,

口金リングの 3 個のラグがゲージ Z 面に接触しないこと。

3-82-3-3


178

C 7709-3

:2007

白      紙


179

C 7709-3

:2007

シート No. 3-88-1-2 を,次のシート No. 3-88-1-3 に置き換える。

2004

PG13

口金通りゲージ A

ページ 1/2

2007

第三角法

備考1. PG13 口金のかん合を検査する。

2.

表面 Y が PG13 口金の接触部まで無理なく挿入できること。

3.

すべての引っ込み角を丸くすること又は少し面取りすること。

4. PG13

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-88 を参照のこと。

3-88-1-3


180

C 7709-3

:2007

2004

PG13

口金通りゲージ A

ページ 2/2

2007

単位  mm

記号

基準値

許容差

 6.1

+0.01 
−0.01

 1.03

+0.02

−0.0

E

1

 

 3.1

+0.02

−0.0

10.6

+0.02

−0.0

11.75

+0.0

−0.02

21.15

+0.0

−0.02

 8.20

+0.0

−0.02

17.65

+0.0

−0.02

 5.85

+0.0 
−0.2

15.8

+0.0

−0.02

 5.6

+0.02

−0.0

 1.85

+0.02

−0.0

r

1

 

M/2

r

2

 

P/2

約 25

約 15 

3-88-1-3


181

C 7709-3

:2007

シート No. 3-88-2-2 を,次のシート No. 3-88-2-3 に置き換える。

2004

PG13 

受金ゲージ 

ページ 1/2

2007

第三角法

備考1. PG13 受金のかん合を検査する。

2. PG13

受金の接触部まで無理なく挿入できること。

3.

すべての引っ込み角を丸くすること又は少し面取りすること。

4. PG13

受金の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-88 を参照のこと。

3-88-2-3


182

C 7709-3

:2007

2004

PG13

受金ゲージ

ページ 2/2

2007

単位  mm

記号

基準値

許容差

 6.1

+0.01 
−0.01

 1.03

+0.0

−0.02

E

1

 

 3.14

+0.0

−0.02

10.6

+0.0

−0.02

11.67

+0.02

−0.0

21.07

+0.02

−0.0

 8.11

+0.02

−0.0

17.61

+0.02

−0.0

 5.85

+0.0

−0.02

15.8

+0.0

−0.02

 5.68

+0.0

−0.02

 2.0

+0.0

−0.02

24.3

+0.1 
−0.1

14.9

+0.1 
−0.1

r

1

 

M/2

r

2

 

P/2

r

3

 

Y/2

r

4

 

U/2 

3-88-2-3


183

C 7709-3

:2007

シート No. 3-88-2-3 の後に,次のシート No. 3-88-3-1 及び 3-88-4-1 を挿入する。

2007

PG13

完成ランプ口金通りゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

B

1

 

 9.15

+0.02 
−0.0

B

2

 

5.5

B

3

 

 5.35

+0.02 
−0.0

B

4

 

0.5

7.4

+0.2 
−0.0

r

7

 

6.7

+0.02 
−0.0

r

8

 

10.25

+0.02 
−0.0

α

90°

+30° 
−30°

β

10°

備考1. PG13 口金について,受金とのかん合を検査する。

2.

口金表面 X まで無理なく挿入できること。

3.

すべての引っ込み角を丸くすること又は少し面取りすること。

4. PG13

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-88 を参照のこと。

3-88-3-1


184

C 7709-3

:2007

白      紙


185

C 7709-3

:2007

2007

PG13

完成ランプ口金ランプ通り止めゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

54

+0.5 
−0.5

51

+0.5 
−0.5

16

+0.5 
−0.5

J

1

 

3.2

+0.0 
−0.02

J

2

 3.5

+0.02 
−0.0

r

7

 6.75

+0.2 
−0.0

備考1. PG13 口金の円筒長さを検査する。

2.

口金の基準面と表面 X との間に,厚さ寸法 J

1

が無理なく挿入できること。

3.

口金の基準面と表面 X との間に,厚さ寸法 J

2

が挿入できないこと。

4.

すべての引っ込み角を丸くすること又は少し面取りすること。

5. PG13

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-88 を参照のこと。

3-88-4-1


186

C 7709-3

:2007

白      紙


187

C 7709-3

:2007

シート No. 3-89-1-2 を,次のシート No. 3-89-1-3 に置き換える。

2004

PGJ13

口金通りゲージ A

ページ 1/2

2007

第三角法

備考1. PG13 口金のかん合を検査する。

2.

表面 Y が PG13 口金の接触部まで無理なく挿入できること。

3.

すべての引っ込み角を丸くすること又は少し面取りすること。

4. PGJ13

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-89 を参照のこと。

3-89-1-3


188

C 7709-3

:2007

2004

PGJ13

口金通りゲージ A

ページ 2/2

2007

単位  mm

記号

基準値

許容差

 6.1

+0.01 
−0.01

 1.03

+0.02

−0.0

E

1

 

 3.1

+0.02

−0.0

10.6

+0.02

−0.0

11.75

+0.0

−0.02

21.15

+0.0

−0.02

 8.20

+0.0

−0.02

17.65

+0.0

−0.02

 5.85

+0.0 
−0.2

15.8

+0.0

−0.02

 5.6

+0.02

−0.0

 1.85

+0.02

−0.0

r

1

 

M/2

r

2

 

P/2

約 25

約 15 

3-89-1-3


189

C 7709-3

:2007

シート No. 3-89-2-2 を,次のシート No. 3-89-2-3 に置き換える。

2004

PGJ13

受金ゲージ

ページ 1/2

2007

第三角法

備考1. PG13 受金 3 のかん合を検査する。

2. PG13

受金の接触部まで無理なく挿入できること。

3.

すべての引っ込み角を丸くすること又は少し面取りすること。

4. PGJ13

受金の詳細は,JIS C 7709-2 のシート No.2-89 を参照のこと。

3-89-2-3


190

C 7709-3

:2007

2004

PGJ13

受金ゲージ

ページ 2/2

2007

単位  mm

記号

基準値

許容差

 6.1

+0.01 
−0.01

 1.03

+0.0 
−0.02

E

1

 

 3.14

+0.0 
−0.02

10.6

+0.0 
−0.02

11.67

+0.02 
−0.0

21.07

+0.02 
−0.0

 8.11

+0.02 
−0.0

17.61

+0.02 
−0.0

 5.85

+0.0 
−0.02

15.8

+0.0 
−0.02

 5.68

+0.0 
−0.02

2.0

+0.0 
−0.02

24.3

+0.1 
−0.1

14.9

+0.1 
−0.1

r

1

 

M/2

r

2

 

P/2

r

3

 

Y/2

r

4

 

U/2 

3-89-2-3


191

C 7709-3

:2007

シート No. 3-89-2-3 の後に,次のシート No. 3-89-3-1 及び 3-89-4-1 を挿入する。

2007

PGJ13

完成ランプ口金通りゲージ

ページ  1/1

第三角法

備考1. PG13 口金について,受金とのかん合を検査する。

2.

口金表面 X まで無理なく挿入できること。

3.

すべての引っ込み角を丸くすること又は少し面取りすること。

4. PGJ13

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-89 を参照のこと。

単位  mm

記号

基準値

許容差

B

1

 

 9.15

+0.02 
−0.0

B

2

 

 5.5

B

3

 

 5.35

+0.02 
−0.0

B

4

 

 0.5

 7.4

+0.2 
−0.0

r

7

 

 6.7

+0.02 
−0.0

r

8

 

10.25

+0.02 
−0.0

α

90°

+30° 
−30°

β

10°

3-89-3-1


192

C 7709-3

:2007

白      紙


193

C 7709-3

:2007

2007

PGJ13

完成ランプ口金ランプ通り止めゲージ

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

54

+0.5 
−0.5

51

+0.5 
−0.5

16

+0.5 
−0.5

J

1

 

3.2

+0.0 
−0.02

J

2

 

3.5

+0.02 
−0.0

r

7

 

6.75

+0.2 
−0.0

備考1. PG13 口金の円筒長さを検査する。

2.

口金の基準面と表面 X との間に,厚さ寸法 J

1

が無理なく挿入できること。

3.

口金の基準面と表面 X との間に,厚さ寸法 J

2

が挿入できないこと。

4.

すべての引っ込み角を丸くすること又は少し面取りすること。

5. PGJ13

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-89 を参照のこと。

3-89-4-1


194

C 7709-3

:2007

白      紙


195

C 7709-3

:2007

シート No. 3-89A-1-1 を,次のシート No. 3-89A-1-2 に置き換える。

2004

PGJ19

口金通り止りゲージ

ページ 1/1

2007

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

6.1

±0.01

5.85

0

−0.2

1.03

+0.02

0

15.85

0

−0.02

E

1

 

3.1

+0.02

0

5.6

+0.02

0

5.25

0

−0.02

1.85

+0.02

0

11.75

0

−0.02

r

1

 

P/2 –

21.15

0

−0.02

r

2

 

M/2 –

8.20

0

−0.02

約 25 –

17.65

0

−0.02

約 15 –

備考1.  すべての先端の角は,丸められているか,わずかに面取りがされていること。

2. PGJ19-1, PGJ19-2

及び PGJ19-3 口金のコンタクト部分の検査に適用する。

3.

過剰な力をかけないで,このゲージが PGJ19-1, PGJ19-2 又は PGJ19-3 口金のコンタクト部分に,ゲージの
Y 面が完成ランプの口金の縁に接触するまで,挿入できること。このゲージは,PGJ19-4 及び PGJ19-5 の
口金のコンタクト部分に入らないこと。

4. PGJ19-1

,PGJ19-2,PGJ19-3,PGJ19-4 及び PGJ19-5 口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-89A を参

照のこと。

3-89A-1-2


196

C 7709-3

:2007

白      紙


197

C 7709-3

:2007

シート No. 3-89A-2-1 を,次のシート No. 3-89A-2-2 に置き換える。

2004

PGJ19

受金通り止りゲージ

ページ 1/1

2007

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

6.1

±0.01

5.85

0

−0.2

1.03

+0.02

0

15.85

0

−0.02

E

1

 

3.1

+0.02

0

5.6

+0.02

0

5.25

0

−0.02

1.85

+0.02

0

11.75

0

−0.02

r

1

 

P/2 –

21.15

0

−0.02

r

2

 

M/2 –

8.20

0

−0.02

約 25 –

17.65

0

−0.02

約 15 –

備考1.  すべての先端の角は,丸められているか,わずかに面取りがされていること。

2. PGJ19-1, PGJ19-2

及び PGJ19-3 口金のコンタクト部分の検査に適用する。

3.

過剰な力をかけないで,このゲージが PGJ19-1, PGJ19-2 又は PGJ19-3 口金のコンタクト部分に,ゲージの
Y 面が完成ランプの口金の縁に接触するまで,挿入できること。このゲージは,PGJ19-4 及び PGJ19-5 の
口金のコンタクト部分に入らないこと。

4. PGJ19-1

,PGJ19-2,PGJ19-3,PGJ19-4 及び PGJ19-5 口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-89A を参

照のこと。

3-89A-2-2


198

C 7709-3

:2007

白      紙


199

C 7709-3

:2007

シート No. 3-89A-3-1 を,次のシート No. 3-89A-3-2 に置き換える。

2004

PGJ19

口金キー通り止りゲージ

ページ 1/1

2007

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

A

1

 

19.1

+0.1

0

B

5

 

6.05

+0.02

0

8.0

+0.02

0

B

6

 

4.05

+0.02

0

B

1

 

3.5

+0.02

0

12.25

+0.02

0

B

2

5.5

+0.02

0

0.2

+0.05

0

B

3

 

8.1

+0.02

0

5

+0.2 

0.2

B

4

 

10.1

+0.02

0

40

+0.2 

0.2

注(

1

)  基準角を示す。

(

2

)  すべての先端の角は,丸められているか,わずかに面取りがされていること。

(

3

)  完成ランプの挿入方向を示す。

備考1. PGJ19 口金の口金キーの検査に適用する。

2.

過剰な力をかけないで,適用する口金にその適用する口金のゲージが挿入できること。

3.

適用する口金のゲージ以外の四つのゲージにその適用する口金が入らないこと。

4. PGJ19

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-89A を参照のこと。

3-89A-3-2


200

C 7709-3

:2007

白      紙


201

C 7709-3

:2007

シート No. 3-89A-4-1 を,次のシート No. 3-89A-4-2 に置き換える。

2004

PGJ19

受金キー通り止りゲージ

ページ 1/1

2007

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

8.08

0

0.02

B

6

 

4.08

0

0.02

B

1

 

3.68

0

0.02

12.38

0

0.02

B

2

5.68

0

0.02

19.48

0

0.02

B

3

 

8.18

0

0.02

0.2

+0.05

0

B

4

 

10.18

0

0.02

5

+0.2 
−0.2

B

5

 

6.08

0

0.02

注(

1

)  基準角を示す。

備考1. PGJ19 受金の口金キーの検査に適用する。

2.

過剰な力をかけないで,適用する口金にその適用する口金のゲージが挿入できること。

3.

適用する口金のゲージ以外の四つのゲージにその適用する口金が入らないこと。

4. PGJ19

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-89A を参照のこと。

3-89A-4-2


202

C 7709-3

:2007

白      紙


203

C 7709-3

:2007

シート No. 3-97-2-2 を,次のシート No. 3-97-2-3 に置き換える。

2004

PX43t

  完成ランプ口金止りゲージ

ページ 1/1

2007

第三角法

単位  mm

記号

基準値

許容差

42.8

0

−0.005

70

±0.2

15

±0.2

2

±0.2

12

±0.2

α

45°

±30′

備考1.  完成ランプの口金リングの の最小寸法を検査する。

2.  S

面からランプの頭部にゲージを挿入したとき,

口金リングの 3 個のラグがゲージ Z 面に接触しないこと。

3.

このゲージは,JIS C 7709-3 のシート No.3-82 の 寸法が違うものである。

3-97-2-3


204

C 7709-3

:2007

白      紙


205

C 7709-3

:2007

シート No. 3-100-1-1 を,次のシート No. 3-100-1-2 及び 3-100-2-1 に置き換える。

1997

R7s

受金通りゲージ

ページ 1/2

2007

第三角法

3-100-1-2


206

C 7709-3

:2007

1997

R7s

受金通りゲージ

ページ 2/2

2007

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

15.0

+0.1

0

2.9

0

−0.05

7.6

0

−0.02

8.12

+0.02

0

4.19

0

−0.02

18.0

+0.02

0

2.8

±0.05

8.28

+0.02

0

2.03

+0.03

0

12.6

±0.05

J

1

 

1.6

+0.02

0

0.5

±0.1

 
備考1.  受金一対の最長ランプの装着性及び最長ランプの最悪ケースでの接触性の検査に適用する。

2.  Z

各ランプの規格に規定する受金端間最大寸法

+0.1 
  0

mm とする。

3.

通りゲージが完全に装着されたときに指示ランプが点灯すること。

3-100-1-2


207

C 7709-3

:2007

2007

R7s

受金の感電防止機能試験用ゲージ

ページ 1/2

第三角法

ゲージは,絶縁物で作られているか,又は絶縁物で覆われていること。

注(

1

)  ゲージⅠは最大長さのランプを模したものである。ゲージⅠにおいて,寸法 は最大長さランプ,すなわ

ち,該当するランプの IEC 規格に示す,口金コンタクト最底点間の距離の最大値に等しい。

ゲージⅡは最小長さのランプを模したものである。ゲージⅡにおいて,寸法 は最小長さランプ,すな

わち,該当するランプの IEC 規格に示す,口金コンタクト最底点間の距離の最小値に等しい。

形式の認定は,1 本のランプだけをゲージⅠとゲージⅡを使ってチェックすればよい。

(

2

)  ソケット

(

3

)  コンタクト

(

4

)  先端が半径 5.2±0.005 mm  の半球である試験針

3-100-2-1


208

C 7709-3

:2007

2007

R7s

受金の感電防止機能試験用ゲージ

ページ 2/2

単位  mm

ゲージⅠ

ゲージⅡ

記号

最小

最大

記号

最小

最大

14.9 15.1  

9.9 10.1

7.4 7.5 

7.4 7.5

4.2 4.3 

4.2 4.3

2.8 2.9 

2.8 2.9

2.2 2.4 

2.2 2.4

15.0 15.1  

15.0 15.1

7.5 7.6 

7.5 7.6

12.5 12.7  

12.5 12.7

(

1

)

(

1

)

0.4 0.6 

0.4 0.6

目的:  JIS C 7709-2 のシート No.2-100 に従って組み立てられた R7s ソケットのランプ挿入前後の感電防止機能をチ
ェックする。

試験方法:

組み立てられたソケットの一方を,試験回路の図に示された通りに接続する。

ランプを挿入していないソケット(※※)の開口部(※)に試験針を当てたとき,インジケータランプが

点灯してはならない。

この試験はもう一方のランプを挿入していないソケットについて繰り返す。

次に,該当するゲージⅠを挿入した後,それぞれのソケットの開口部に半球状の先端をもつ試験針を当て

たとき,インジケータランプが点灯してはならない。

この試験は該当するゲージⅡについて繰り返す。

※  開口部

ランプの挿入又は抜去の際に,ランプ口金が通過しなければならないソケットの領域。この領域は二つの面

によって定義される。 

垂直面:ランプ挿入時,ランプコンタクトの最底点を通って,ランプ軸に垂直な面。

水平面:ランプ軸を通る面

※※  器具に組み込んだソケットについては,開口部以外のすべての領域が IEC 規格の試験指で試験される。

器具に組み込んでいないソケットについては,器具に組み込んだ後に,開口部以外のすべての領域が IEC 

格の試験指で試験される。

3-100-2-1


209

C 7709-3

:2007

シート No. 3-102-1-1 を,次のシート No. 3-102-1-2 及び 3-102-2-1 に置き換える。

1997

RX7s

受金通りゲージ

ページ 1/2

2007

第三角法

3-102-1-2


210

C 7709-3

:2007

1997

RX7s

受金通りゲージ

ページ 2/2

2007

単位  mm

記号

基準値

許容差

記号

基準値

許容差

D(

1

) 

15.0

+0.1

0

8.12

+0.02

0

7.6

0

−0.02

9.4

+0.02

0

4.19

0

−0.02

U(

1

) 

18.0

+0.02

0

2.8

±0.05

8.28

+0.02

0

2.03

+0.03

0

12.6

±0.05

J

1

 

1.6

+0.02

0

0.5

±0.1

2.9

0

−0.05

注(

1

) RX7s の封着は最大 22.4 mm であるが,32 mm まで大きくしてもよい場合がある。22.4 mm を超える場合は

次の表記を行う(例:封止幅 30 mm の場合は RX7s-30 とする。

。このような幅の広いランプにおいては通

りゲージの 及び を変更する。

備考1.  受金一対の最長ランプの装着性及び最長ランプの最悪ケースでの接触性の検査に適用する。

2.  Z

各ランプの規格に規定する受金端間最大寸法

+0.1 
  0

mm とする。

3.

通りゲージが完全に装着されたときに指示ランプが点灯すること。

3-102-1-2


211

C 7709-3

:2007

2007

RX7s

受金の感電防止機能試験用ゲージ

ページ 1/2

第三角法

ゲージは,絶縁物で作られているか,又は絶縁物で覆われていること。

注(

1

)  ゲージⅠは最大長さのランプを模したものである。ゲージⅠにおいて,寸法 は最大長さランプ,すなわ

ち,該当するランプの IEC 規格に示す,口金コンタクト最底点間の距離の最大値に等しい。

ゲージⅡは最小長さのランプを模したものである。ゲージⅡにおいて,寸法 は最小長さランプ,すな

わち,該当するランプの IEC 規格に示す,口金コンタクト最底点間の距離の最小値に等しい。

形式の認定は,1 本のランプだけをゲージⅠとゲージⅡを使ってチェックすればよい。

(

2

)  ソケット

(

3

)  コンタクト

(

4

)  先端が半径 5.2±0.005 mm  の半球である試験針

3-102-2-1


212

C 7709-3

:2007

2007

RX7s

受金の感電防止機能試験用ゲージ

ページ 2/2

単位  mm

ゲージⅠ

ゲージⅡ

記号

最小

最大

記号

最小

最大

21.9 22.1  

14.9 15.1

7.4 7.5 

7.4 7.5

4.2 4.3 

4.2 4.3

4.85 4.95  

4.85 4.95

2.05 2.15 

2.05 2.15

9.3 9.5 

9.3 9.5

2.2 2.4 

2.2 2.4

18.0 18.1  

18.0 18.1

8.2 8.4 

8.2 8.4

10.45 10.65  

10.45 10.65

(

1

)

(

1

)

0.4 0.6  

0.4 0.6

目的:JIS C 7709-2 のシート No.2-102 に従って組み立てられた RX7s ソケットのランプ挿入前後の感電防止機能をチ

      ェックする。 
試験方法:

・  組み立てられたソケットの一方を,試験回路の図に示されたとおりに接続する。

・  ランプを挿入していないソケット(※※)の開口部(※)に試験針を当てたとき,インジケータランプが点

灯してはならない。

・  この試験はもう一方のランプを挿入していないソケットについて繰り返す。

・  次に,該当するゲージⅠを挿入した後,それぞれのソケットの開口部に半球状の先端をもつ試験針を当てた

とき,インジケータランプが点灯してはならない。

・  この試験は該当するゲージⅡについて繰り返す。

※ 開口部

ランプの挿入又は抜去の際に,ランプ口金が通過しなければならないソケットの領域。この領域は二つの

面によって定義される。

−  垂直面:ランプ挿入時,ランプコンタクトの最底点を通って,ランプ軸に垂直な面。

−  水平面:ランプ軸を通る面

※※器具に組み込んだソケットについては,開口部以外のすべての領域が IEC 規格の試験指で試験される。

器具に組み込んでいないソケットについては,器具に組み込んだ後に,開口部以外のすべての領域が IEC

規格の試験指で試験される。

3-102-2-1