>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 7709-2:2013

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS C 7709-2:2012 は改正され,一部が置き換えられた。

記事欄

JIS C 7709-2 追補 5:2012 発行後,IEC 60061-2 の追補版 IEC 60061-2 Amendment 41~44 が発行されたこ

とに伴って改正を行った。


C 7709-2:2013

日本工業規格

JIS

 C

7709-2

:2013

電球類の口金・受金及びそれらのゲージ並びに

互換性・安全性  第 2 部  受金

(追補 6)

Lamp caps and holders together with gauges for the control of

interchangeability and safety  Part 2: Lampholders

(Amendment 6)

JIS C 7709-2:2012 を,次のように改正する。


C 7709-2:2013

  

白      紙


C 7709-2:2013

シート No.2-0-6 を,次のシート No.2-0-7 に置き換える。

2012

受金  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 1/4

2013

形と主要部寸法を表す

記号

種類

受金

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

B 形

B15

B15d

2-1-2 (1)

7005-16-4 (21)

B22

B22d

2-2-1 (1997)

7005-10-8 (21)

BA 形

BA7

BA7s

2-3-1 (1997)

7005-11-3 (G)

BA9

BA9s

2-4-1 (1997)

7005-12-2 (G)

BA15

BA15s

2-5-2 (1)

7005-13-5 (28)

BA15d

2-6-2 (1)

7005-13-5 (28)

BAU 形

BAU15

BAU15s

2-8-2 (2)

7005-19-1 (L)

BAY 形

BAY15

BAY15d

2-12-3 (2)

7005-13-5 (28)

BY 形

BY22

BY22d

2-14-2 (1)

7005-17-5 (M)

E 形

E10

E10

2-15-1 (1997)

7005-20-6 (38)

E11

E11

2-16-2 (1)

7005-6-1 (K)

E12

E12

2-17-1 (1997)

7005-28-1 (J)

E14

E14

2-18-1 (1997)

7005-20-6 (38)

E17

E17

2-20-1 (1997)

7005-20-6 (38)

E26

E26

2-21-2 (1)

7005-21A-1 (20)

E39

E39

2-26-1 (1997)

7005-24A-3 (21)

EU 形 EU10  EU10

2-124-1

(3)

EY 形 EY11  EY11

2-116-1(2)

EZ 形

EZ10

EZ10

2-29-1 (1997)

7005-116-1 (Q)

EZ14 EZ14

2-18A-1

(1)

FaX 形 FaX6  FaX6

2-31-1

(1997)

Fc 形 Fc2  Fc2

2-32-1(1997)

7005-114-1

(28)

G 形

G4

G4

2-33-2 (1)

7005-72-2 (19)

G5

G5

2-34-2 (1)

7005-51-4 (38)

G6.35

G6.35

2-35-2 (1)

7005-59-2 (24)

G6.35/15×19 2-36-1

(1997)

G8.5 G8.5

2-129-1(5) 7005-122-2

(39)

G9

G9

2-117-2 (6)

7005-129-2 (41)

改正

G9.5

G9.5

2-37-1 (1997)

7005-70-1 (G)

G10

G10q

2-38-1 (1997)

7005-56-2 (J)

G12

G12

2-39-1 (1997)

7005-63-3 (26)

G13

G13

2-40-2 (1)

7005-50-4 (20)

G19 G19/51×60 2-43-1

(5)

G22

G22

2-44-2 (1)

7005-75-2 (19)

G23

G23

2-45-1 (1997)

7005-69-1 (H)

G24

G24d

2-46-1 (1997)

7005-78-7 (32)

G38

G38

2-47-1 (1997)

7005-76-2 (M)

備考 1.  受金シート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号はそれぞれの

シートの追補番号又は発行年を示す。

2.  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,最新の改正でデータシートを新設又は改正したことを

示す。

2-0-7


C 7709-2:2013

  

2012

受金  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 2/4

2013

形と主要部寸法を表す

記号

種類

受金

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

GH 形 GH76  GH76p

2-130-2

(6)

改正

GRX 形

GRX10

GRX10q

2-48-1 (1997)

7005-101-1 (K)

GU 形

GU4

GU4

2-49-1 (1997)

7005-108-2 (Q)

GU5.3

GU5.3

2-50-2 (1)

7005-109-2 (23)

GU6.5

GU6.5

2-125-1 (3)

7005-152-1 (36)

GU10

GU10q

2-38B-1 (1)

7005-123-1 (18)

GU12 GU12

2-126-1

(3)

GU16

GU16d

2-127-2 (6)

7005-154-2 (43)

改正

GX 形

GX5.3

GX5.3

2-51-2 (1)

7005-73A-4 (E)

GX6.35

GX6.35

2-35-2 (1)

7005-59-2 (24)

GX9.5

GX9.5

2-52-1 (1997)

7005-70A-2 (D)

GX10

GX10q

2-53-2 (1)

7005-84-2 (L)

GX12

GX12

2-119-1 (2)

7005-135-1 (29)

GX16 GX16t-5

2-131-2

(6)

改正

GX23

GX23

2-55-1 (1997)

7005-86-1 (J)

GX24

GX24q

2-56-3 (2)

7005-78-7 (32)

GX53

GX53

2-122-2 (3)

7005-142-2 (35)

GY 形

GY5.3

GY5.3

2-57-2 (1)

7005-73B-4 (33)

GY6.35

GY6.35

2-35-2 (1)

7005-59-2 (24)

GY9.5

GY9.5

2-59-1 (1997)

7005-70B-2 (N)

GY10

GY10q

2-60-2 (1)

7005-85-2 (L)

GZ 形

GZ4

GZ4

2-62-1 (1997)

7005-67-1 (J)

GZ6.35

GZ6.35

2-63-2 (1)

7005-59A-3 (21)

GZ10

GZ10q

2-38A-1 (1)

7005-124-1 (23)

2G 形

2G8

2G8

2-123-1 (3)

7005-141-2 (35)

2G11

2G11

2-64-1 (1997)

7005-82-2 (K)

備考 1.  受金シート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれ

のシートの追補番号又は発行年を示す。

2.  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,最新の改正でデータシートを新設又は改正したことを

示す。

2-0-7


C 7709-2:2013

2012

受金  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 3/4

2013

形と主要部寸法を表す

記号

種類

受金

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

P 形

P14.5

P14.5s

2-66-1 (1997)

7005-46-3 (H)

P15 P15s-25-1

2-67-1

(1997)

P15d-25-1 2-68-1

(1997)  -

P15d-25-3 2-69-1

(1997)  -

P20

P20

2-70-2 (1)

7005-31-2 (20)

P21 P21

2-71-1

(1997)

P22

P22

2-72-2 (1)

7005-32-2 (20)

P22d/5 2-73-1

(1997)

P22d/6 2-74-1

(1997)

P23

P23t

2-120-2 (4)

7005-138-1 (31)

P24 P24s

2-76-1

(1997)

P28

P28s

2-77-1 (1997)

7005-42-6 (M)

P30

P30s-10.3

2-78-1 (1997)

7005-44-2 (1972)

P30d-10.3 2-79-1

(1997)  -

P32

P32

2-80-1 (1997)

7005-111-3 (22)

P38

P38t

2-121-1 (2)

7005-133-1 (29)

P43

P43t-38

2-82-3 (2)

7005-39-4 (28)

P43t-38/55×45 2-83-2

(2)

P43t-38/65×65 2-84-2

(2)

P43t-38/65×65A 2-85-2

(2)

PG 形

PG12

PG12

2-87-1 (1997)

7005-64-4 (20)

PGJ 形

PGJ19

PGJ19

2-89A-2 (2)

7005-110-2 (32)

PGX 形

PGX12

PGX12

2-90-1 (1997)

7005-64-4 (20)

PGZ 形

PGZ18

PGZ18

2-135-1 (6)

7005-163-1 (42)

新設

PGZX18

PGZX18

2-135-1 (6)

7005-163-1 (42)

新設

PHJ 形 PHJ65  PHJ65d

2-134-2

(6)

改正

PK 形

PK22

PK22s

2-91-1 (1997)

7005-47-2 (N)

PK22s/6 2-92-1

(1997) -

PX 形

PX20

PX20

2-70-2 (1)

7005-31-2 (20)

PX22

PX22

2-72-2 (1)

7005-32-2 (20)

PX23

PX23t

2-120A-1 (4)

7005-138A-1 (38)

PX26

PX26d

2-96-1 (1997)

7005-5-3 (Q)

PX43

PX43t

2-97-1 (1997)

7005-34-1 (H)

PY 形

PY20

PY20

2-70-2 (1)

7005-31-2 (20)

PZ 形

PZ20

PZ20

2-70-2 (1)

7005-31-2 (20)

備考 1.  受金シート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれ

のシートの追補番号又は発行年を示す。

2.  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,最新の改正でデータシートを新設又は改正したことを

示す。

2-0-7


C 7709-2:2013

  

2012

受金  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 4/4

2013

形と主要部寸法を表す

記号

種類

受金

シート No.

対応 IEC

シート No.

特記事項

R 形 R3.5 R3.5

2-132-1

(5)

R4 R4

2-133-1

(5)

R7

R7s

2-100-3 (2)

7005-53-4 (30)

7005-53A-5 (34)

R17

R17d

2-101-1 (1997)

7005-57-1 (G)

RX 形

RX7

RX7s

2-102-3 (2)

7005-53-4 (30)

7005-53A-5 (34)

RX17 RX17d

2-101A-1

(1)

S 形

S14

S14

2-128-1 (5)

7005-112-1 (N)

W 形 W2  W2×4.6d

2-110-1 (1997)

7005-94-2 (F)

W2.1 W2.1×9.5d

2-111-2 (1)

7005-91-1 (E)

W3 W3×16d

2-112-2 (1)

7005-105-2 (22)

W3×16q

2-113-3 (3)

7005-106-3 (33)

WX 形 WX3  WX3×16d

2-112-2 (1)

7005-105-2 (22)

WY 形 WY3  WY3×16q

2-113B-1 (3)

7005-106-3 (33)

WZ 形 WZ3  WZ3×16q

2-113C-1 (3)

7005-151-1 (35)

備考 1.  受金シート No.欄及び対応 IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれ

のシートの追補番号又は発行年を示す。

2.  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,最新の改正でデータシートを新設又は改正したことを

示す。

2-0-7


C 7709-2:2013

シート No.参考-2-6 を,次のシート No.2-参考-7 に置き換える。

2012

受金  IEC シート  一覧表

ページ 1/4

2013

形と主要部寸法を表す記号

種類

IEC シート No.

特記事項

B 形 B8.4 B8.4d  7005-140-1

(31)

B22 B22d  7005-10-8

(21)

B22d-3 7005-10A-4

(M)

BA 形 BA20  BA20d  7005-14-2

(G)

BA20s 7005-14-2

(G)

BA21 BA21-3  7005-15-2

(J)

BAU 形 BAU9  BAU9s

7005-150A-1

(40)

BAU15 BAU15d  7005-13-5

(28)

BAUZ 形 BAUZ9  BAUZ9s

7005-150B-1

(40)

BAW 形 BAW9  BAW9s

7005-149-1

(35)

BAW15 BAW15d  7005-13-5

(28)

BAW15s 7005-13-5

(28)

BAX 形 BAX9  BAX9s

7005-8-1

(K)

BAY 形 BAY9  BAY9s

7005-9-1

(K)

BAY15 BAY15s  7005-13-5

(28)

BAZ 形 BAZ9  BAZ9s

7005-150-1

(35)

BAZ15 BAZ15d  7005-13-5

(28)

BAZ15s 7005-13-5

(28)

BX 形 BX8.4 BX8.4d  7005-140-1

(31)

CH 形 CH14.65

CH14.65d 7005-162-1 (42)

新設

E 形 E5  E5

7005-20-6

(38)

E26 E26d  7005-29-2

(C)

E27 E27

7005-20-6

(38)

E40 E40

7005-20-6

(38)

EP 形 EP10  EP10

7005-30-1

(K)

EY 形 EY10  EY10

7005-7-1

(L)

Fa 形 Fa6  Fa6

7005-55-3

(J)

Fa8 Fa8

7005-58-1

(23)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの

追補番号又は発行年を示す。

2.  特記事項欄の“新設”

“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に

記載された追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

2-参考-7


C 7709-2:2013

  

2012

受金  IEC シート  一覧表

ページ 2/4

2013

形と主要部寸法を表す記号

種類

IEC シート No.

特記事項

G 形 G5.3 G5.3

7005-73-1

(E)

G5.3-4.8 7005-126-1

(23)

G7.9 G7.9

7005-139-1

(31)

G8.5 G8.5

7005-122-2

(39)

G17 G17q  7005-45-2

(M)

G17.5 G17.5t-1 7005-117-1

(R)

G24 G24

7005-78-7

(32)

G28 G28d  7005-161-1

(40)

G32 G32

7005-87-3

(L)

GR 形 GR8  GR8

7005-68-4

(28)

GR10 GR10q  7005-77-3

(28)

GR14 GR14q  7005-157-1

(40)

GRZ 形 GRZ10  GRZ10d  7005-131-1

(28)

GRZ10t 7005-132-1

(28)

GU 形 GU7  GU7

7005-113-1

(G)

GU8.5 GU8.5

7005-166-1

(43)

新設

GU10 GU10

7005-121-1

(29)

GUX 形 GUX2.5 GUX2.5d  7005-137-1

(33)

GUY 形 GUY2.5 GUY2.5d  7005-137-1

(33)

GUZ 形 GUZ2.5 GUZ2.5d  7005-137-1

(33)

GX 形 GX5  GX5

7005-51A-1

(38)

GX7.9 GX7.9

7005-139-1

(31)

GX17 GX17q  7005-45-2

(M)

GX8.5 GX8.5

7005-143-1

(33)

GX10 GX10

7005-144-3

(44)

GX24 GX24

7005-78-7

(32)

GX32 GX32

7005-87-3

(L)

GX38 GX38q  7005-65-1

(F)

GY 形 GY10  GY10

(42)

削除

GY17 GY17q  7005-45-2

(M)

GY22 GY22

7005-119-1

(18)

GY24 GY24

7005-78-7

(32)

GY32 GY32

7005-87-3

(L)

GZ 形 GZ9.5 GZ9.5

7005-70B-2

(N)

GZ10 GZ10

7005-120-2

(29)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの

追補番号又は発行年を示す。

2.  特記事項欄の“新設”

,“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に

記載された追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

2-参考-7


C 7709-2:2013

2012

受金  IEC シート  一覧表

ページ 3/4

2013

形と主要部寸法を表す記号

種類

IEC シート No.

特記事項

GZX 形 GZX7  GZX7d

7005-136-1

(33)

GZX9.5 GZX9.5

7005-70B-2

(N)

GZY 形 GZY7  GZY7d

7005-136-1

(33)

GZY9.5 GZY9.5

7005-70B-2

(N)

GZZ 形 GZZ7  GZZ7d

7005-136-1

(33)

GZZ9.5 GZZ9.5

7005-70B-2

(N)

2G 形 2G7  2G7

7005-102-1

(K)

2G10 2G10

7005-118-1

(S)

2G11 2G11

7005-82-3

(41)

改正

2G13 2G13

7005-33-1

(M)

2GX 形 2GX7  2GX7

7005-103-1

(K)

2GX11 2GX11

7005-82A-1

(41)

新設

2GX13 2GX13

7005-125-2

(26)

P 形 P11.5 P11.5d  7005-79-1

(K)

P18 P18s  7005-38-3

(H)

P26 P26s  7005-36-1

(F)

P26.4 P26.4t  7005-128-3

(38)

改正

P29 P29

7005-66-1

(K)

P40 P40

7005-43-3

(1969)

P45 P45t  7005-95-2

(M)

PG 形 PG13  PG13

7005-107-2

(20)

PG18.5 PG18.5

7005-147-1

(34)

PG20 PG20

7005-127-2

(32)

PGJ 形 PGJ5  PGJ5

7005-153-1

(36)

PGJ13 PGJ13

7005-107-2

(20)

PGJ21 PGJ21t  7005-165-1 (45)

新設

PGJ23 PGJ23t  7005-155-1

(37)

PGJ50 PGJ50,PGJX50

7005-156-1 (39)

PGJX 形 PGJX28  PGJX28

7005-169-1

(44)  新設

PGJY 形 PGJY19  PGJY19

7005-146-1

(33)

PGU 形 PGU20  PGU20

7005-127-2

(32)

PGZ 形 PGZ12  PGZ12

7005-148-2

(38)

PJ 形 PJ26.4

PJ26.4t  7005-128-3

(38)

PK 形 PK32  PK32

7005-111-3

(22)

PKX 形 PKX22  PKX22s

7005-37-1

(20)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの

追補番号又は発行年を示す。

2.  特記事項欄の“新設”

,“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に

記載された追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

2-参考-7


C 7709-2:2013

  

2012

受金  IEC シート  一覧表

ページ 4/4

2013

形と主要部寸法を表す記号

種類

IEC シート No.

特記事項

PU20 形 PU20

PU20d

7005-158-1

(40)

PX 形 PX13.5

PX13.5s  7005-35-1

(H)

PX26.4 PX26.4t  7005-128-3

(38)

PY 形 PY26.4

PY26.4t  7005-128-3

(38)

PY43 PY43d  7005-88-1

(J)

PZ 形 PZ43  PZ43t

7005-89-1

(J)

S 形 S14  S14

7005-112-1

(N)

SK 形 SK15  SK15s

7005-83-1

(G)

SV 形 SV8.5 SV8.5

7005-80-3

(H)

SX 形 SX4s  SX4s

7005-97-2

(33)

W 形 W2.5 W2.5×16 7005-104-1

(R)

W3 W3×16q 7005-106-3

(33)

W4.3 W4.3×8.5d 7005-115-1

(Q)

W10.6 W10.6×8.5d 7005-90-2

(1969)

WP 形

WP3.3 WP3.3×14.5

7005-164-1 (42)

新設

WP4 WP4×9d 7005-93-1

(J)

WU 形 WU2.5 WU2.5×16 7005-104D-1

(28)

WX 形 WX2.5 WX2.5×16 7005-104A-1

(20)

WX3 WX3×16q 7005-106-3

(33)

WY 形 WY2.5 WY2.5×16 7005-104B-1

(25)

WY3 WY3×16q 7005-106-3

(33)

WZ 形 WZ2.5 WZ2.5×16 7005-104C-1

(25)

X 形 X511 X511

7005-99-2

(E)

備考 1.  IEC シート No.欄内に記載した括弧内の数字又は記号は,それぞれのシートの

追補番号又は発行年を示す。

2.  特記事項欄の“新設”

,“改正”又は“削除”は,IEC シート No.欄の括弧内に

記載された追補版にてデータシートを新設,改正又は削除したことを示す。

2-参考-7


C 7709-2:2013

シート No.2-117-1 を,次のシート No.2-117-2 に置き換える。

2007

G9  受金

ページ 1/1

2013

第三角法

単位 mm

記号

受金

最小

最大

0.8

5.4

G (

3

) 9.0 -

G

1

 (

4

) 4.9  5.2

K (

5

)

- 5.5

K

1

- 6.8

L (

5

)

- 14.7

L

1

 7.6

10.0 12.2

- 5.0

5.0 6.2

r (

6

)

- 1.2

α 

90°

 
注(

1

)  基準面は,G

1

寸法部の頂部である。

(

2

)  ランプを保持するスプリングは,連続的なストレス,比較的高い温度などを考慮し,受金の寿命末期まで変

化しないような材質でなければならない(樹脂系材料は不可)

(

3

)  低電圧形電球のコンタクト部に接触しないような構造でなければならない。

(

4

)  G

1

寸法は,基準面から 2 mm の位置で検査すること。

(

5

)  及び 寸法は,JIS C 7709-3 のシート No.3-117-3 のゲージ又は測定器で検査する。

(

6

)  寸法は,外径寸法である。

2-117-2


C 7709-2:2013

  

白      紙


C 7709-2:2013

シート No.2-127-1 の後に,次のシート No.2-127-2 を挿入する。

2013

GU16d  受金

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

最小

最大

1.3

8.4 9.2

2.5 2.9

- 0.5

13.8

16.66

K (

1

) 19.9  24.6

L (

1

) 53.3  54.8

3.8 1.6

R

2

K/2

 
注(

1

)  及び は,絶縁体空洞の底部の基準面から約 3 mm の距離に適用される。空洞部の壁面は,挿入が容易にな

るように,外側に向かってテーパー状になっていてもよい。

(

2

)  接点は,適切な接触をするために浮かせておく。

 
備考 1.  受金の寸法は,JIS C 7709-3 のシート No.3-127-2 のゲージ又は測定器で検査する。

2.  アメリカでは,この受金は GX16d Type 1 である。

2-127-2


C 7709-2:2013

  

白      紙


C 7709-2:2013

シート No.2-130-1 を,次のシート No.2-130-2 に置き換える。

2012

GH76p  受金

ページ 1/3

2013

第三角法

2-130-2


C 7709-2:2013

  

2012

GH76p  受金

ページ 2/3

2013

単位  mm

記号

最小

標準値

最大

A

1

65.50 65.80 66.10

A

2

87.00 87.50 88.00

AF (

2

)

(79.20) (79.50) (79.70)

35.30 35.45 35.60

- 76.00  -

E

1

 36.15  36.35

E

2

- 39.65 39.95

F

1

 1.00

- 2.00

F

2

 6.20

- 10.60  -

H

1

 (

3

)

4.30 4.50 4.70

H

2

 (

3

)

8.30 8.50 8.70

- 0.40 -

W

1

 (

3

)

- (6.15) -

X

1

4.30 4.60 4.90

X

2

 (

4

)

- 2.50 -

X

3

 (

5

) 3.00

ω 

- 15°

 
注(

1

)  システム参照面は,口金が挿入された後に口金のシステム参照面と一致する面である。

(

2

)  受金は,口金底面を器具上面へ 8 N~40 N の力で押し付ける機構をもつこと。

これは,例えば,寸法

AF で示された円周上に配されたねじ穴(M3)を貫通するねじにばねを挿入するこ

とによって達成できる。表中の寸法

AF は参考値。

(

3

)  口金は,受金スロットに挿入後,15°回転させた位置が正規の装着位置である。

寸法

W

1

は,この正規装着位置において,例えば上記ばねのばね定数によって,上記押付け力を満足するよ

うに設計すること。寸法

H

1

及び寸法

H

2

は,この回転動作を阻害しないように,寸法

W

1

及び寸法

に応じて

適切な値とすること。

(

4

)  JIS C 7709-1 のシート No.1-130-2 ページ 1 に A 部として図示されている加圧ピンのうち少なくとも一つが回

転止めとして機能すること。

(

5

)  寸法 X

3

は,口金の寸法

X

2

と接触する平たん部である。受金の設計によっては,この平たん部の長さ寸法

X

3

が特定できない場合がある。その場合には,ゲージを用いて合否判定すること。

 
備考  受金の寸法は,JIS C 7709-3 のシート No.3-130-7,-8,-9,-10,-11 及び-12 のゲージ又は測定器で検査するこ

と。

2-130-2


C 7709-2:2013

2012

GH76p  受金

ページ 3/3

2013

第三角法

誤使用防止キーの配置及び寸法

単位  mm

記号

最小

標準値

最大

31.40 31.60 31.80

1.80 2.00 2.20

(

6

)

4.40 5.20 6.00

4.80 5.00 5.20

(

7

), (

8

)

2.8   3.00  3.20

(

9

), (

10

)

7.60 7.80 8.00

(

11

), (

12

)

4.80 5.00 5.20

(

11

)

(

7

), (

8

) ,(

9

), (

10

), (

12

)

γ

1

 

- 58°

(

7

), (

9

)

- 63°

(

8

), (

10

)

- 60.5°

(

11

), (

12

)

γ

2

 

- 72°

(

7

), (

9

)

- 67°

(

8

), (

10

)

- 69.5°

(

11

), (

12

)

γ

3

 

- 166°

(

7

), (

9

)

- 171°

(

8

), (

10

)

- 168.5°

(

11

), (

12

)

γ

4

 

- 38°

(

11

)

(

7

), (

8

) ,(

9

), (

10

), (

12

)

γ

5

 

- 142°

(

11

)

(

7

), (

8

), (

9

), (

10

), (

12

)

注(

6

)  寸法 は口金の回転を阻害しない値とするこ

と。

(

7

) GH76p-1 に適用。

(

8

) GH76p-2 に適用。

(

9

) GH76p-3 に適用。

(

10

) GH76p-4 に適用。

(

11

) GH76p-5 に適用。

(

12

) GH76p-6 に適用。

 
備考

下の表にキーごとに標準値を記載する。

キーx(GH76p-x)

記号

1 2 3 4  5  6

Y

5.00

5.00

3.00

3.00 7.80  7.80

Z

- 5.00  -

γ

1

58°

63°

58°

63° 60.5° 60.5°

γ

2

72°

67°

72°

67° 69.5° 69.5°

γ

3

166° 171° 166° 171° 168.5° 168.5°

γ

4

- 38°

γ

5

- 142°

2-130-2


C 7709-2:2013

  

白      紙


C 7709-2:2013

シート No.2-131-1 を,次のシート No.2-131-2 に置き換える。

2012

GX16t-5  受金(両側)

ページ 1/1

2013

第三角法

単位  mm

記号

受金

最小

最大

A (

1

)

ランプ長 581.3

581.4

582.7

ランプ長 1199.4

1199.5

1200.8

B

3

- 2.5

B

4

2.40

C

1

 (

2

)

4.50

C

2

 (

2

)

5.50

C

3

- 2.0

F

1

7.70

F

2

7.70

 11.00

13.00

- 1.30

 
規格化されていないランプ(新しいランプ)に対する受金面距離(

A)は,次の式を用いて計算する。

の最大長=ランプ最大長+1.4 mm 
の最小長=ランプ最大長+0.1 mm

注(

1

)  ランプ長は,該当するランプの口金面間距離の最大である。

(

2

)  C

1

及び

C

2

は,ピンの差込み口の幅で,JIS C 7709-3 のシート No.3-131-2 のゲージの先端部が力を加えなくて

も両差込み口に容易に挿入できるものとする。

備考  受金の寸法は,JIS C 7709-3 のシート No.3-131-1 のゲージ又は測定器で検査する。

2-131-2


C 7709-2:2013

  

白      紙


C 7709-2:2013

シート No.2-134-1 を,次のシート No.2-134-2 に置き換える。

2012

PHJ65d  受金

ページ 1/1

2013

第三角法

単位  mm

記号

最小値

基準値

最大値

AB 

- 95.00 96.00

AC 

- 100.00 120.00

AD 

- 20.00 40.00

AE 

- 19.00 35.00

AF 

79.20 79.50 79.70

α 

- 120°

α

2

 

50.00° 65.00° 75.00°

 
備考  受金の寸法は,JIS C 7709-3 のシート No.3-134-7 及び-8 のゲージ又は測定器で検査すること。

2-134-2


C 7709-2:2013

  

白      紙


C 7709-2:2013

シート No. 2-134 の後に,次のシート No. 2-135-1 を挿入する。

2013

PGZ18 及び PGZX18  受金

ページ 1/2

第三角法

2-135-1


C 7709-2:2013

  

2013

PGZ18 及び PGZX18  受金

ページ 2/2

単位  mm

記号

最小

最大

7.0 7.8

7.8

D (

3

) 

18

3.4 4.2

F

2

 

29.9 31.4

F

3

 

37.7

37.9 (

8

) 38.3

L (

2

) 

28.9 32.0

26.5

N (

4

) 

45

20.9 22.5

- 2.5

S (

8

) 

0.6

T (

5

) 

18

2.1 3.2

α (

5

) 

57° 65°

β

 (

5

) 

57° 65°

δ 

50° 63°

注(

1

)  基準面。

(

2

)  寸法 が,最小値の位置で測定する。

(

3

)  JIS C 7709-3 のシート No.3-135-2,-3 及び-4 のゲージで検査する。

(

4

)  この寸法 は,ランプによって占められる領域と,受金及び/又は照明器具によって占められる領域との境

界を示す。

(

5

)  寸法 Tα 及び

β

は,PGZ18 受金にだけ適用される。PGZX18 受金では α 及び

β

はゼロである。

(

6

)  受金は,その基準面で口金の基準面をしっかり保持しなければならない。

(

7

)  最終的な挿入位置において,寸法 の口金ピンは 2 か所で押し付けられなければならない。寸法 及び 

口金ピンは,堅い面に押し付けられなければならない。合否は,目視検査によって判定する。

(

8

)  受金が最大実体状態(JIS B 0023 の 3.3 参照)であっても,寸法 N,深さ で示される面取り部を考慮するな

ら,

寸法の最小値は 37.3 mm でもよい。JIS C 7709-3 のシート No.3-135-4 の受金ゲージ C タイプで検査す

る。

 
システム要求事項

この受金は,ピンの一方にだけ印加される点火電圧が最大 4 kV の高周波電圧であるように設計されている。

備考  この図は,PGZ18 受金を表している。PGZX18 受金については,注(

5

)を参照のこと。

2-135-1