>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS C 7709-2:2007 は改正され,一部が置き換えられた。


  

日本工業規格

JIS

 C

7709-2

:2010

電球類の口金・受金及びそれらのゲージ並びに

互換性・安全性  第 2 部  受金

追補 3)

Lamp caps and holders together with gauges for the control of

interchangeability and safety  Part 2: Lampholders

(Amendment 3)

JIS C 7709-2:2007

を,次のように改正する。

2.

(引用規格)の“JIS C 8324  けい光燈ソケット及びグロースタータソケット”を,

JIS C 8324  蛍光

灯ソケット及びスタータソケット”に置き換える。


C 7709-2

:2010

  

白      紙


C 7709-2

:2010

シート No.2-0-3 を,次のシート No.2-0-4 に置き換える。

2007

受金  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 1/3

2010

形と主要部寸法を表す記号

種類

受金シート No.

対応 IEC シート No.

特記事項

B

B15

B15d 2-1-2 7005-16-4

B22

B22d 2-2-1 7005-10-8

BA

形 BA7  BA7s

2-3-1

7005-11-3

BA9 BA9s

2-4-1

7005-12-2

BA15 BA15s

2-5-2

7005-13-5

BA15d 2-6-2  7005-13-5

BAU

形 BAU15  BAU15s

2-8-2

7005-19-1

BAY

形 BAY15  BAY15d

2-12-3

7005-13-5

BY

形 BY22  BY22d

2-14-2

7005-17-5

E

形 E10  E10

2-15-1  7005-20-5

E11 E11

2-16-2  7005-6-1

E12 E12

2-17-1  7005-28-1

E14 E14

2-18-1  7005-20-5

E17 E17

2-20-1  7005-20-5

E26 E26

2-21-2  7005-20-5

E39 E39

2-26-1  7005-24A-3

EU

形 EU10  EU10

2-124-1

新設

EY

形 EY11  EY11

2-116-1

EZ

形 EZ10  EZ10

2-29-1

7005-116-1

EZ14 EZ14

2-18A-1

FaX

形 FaX6  FaX6

2-31-1

Fc

形 Fc2  Fc2

2-32-1

7005-114-1

G

形 G4  G4

2-33-2

7005-72-2

G5 G5

2-34-2  7005-51-3

G6.35 G6.35

2-35-2

7005-59-2

G6.35/15

×19 2-36-1

G9 G9

2-117-1 7005-129-1

G9.5 G9.5

2-37-1

7005-70-1

G10 G10q

2-38-1  7005-56-2

G12 G12

2-39-1  7005-63-3

G13 G13

2-40-2  7005-50-4

G22 G22

2-44-2  7005-75-2

G23 G23

2-45-1  7005-69-1

G24 G24d

2-46-1  7005-78-7

G38 G38

2-47-1  7005-76-2

GRX

形 GRX10  GRX10q

2-48-1

7005-101-1

備考  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

2-0-4


C 7709-2

:2010

  

2007

受金  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 2/3

2010

形と主要部寸法を表す記号

種類

受金シート No.

対応 IEC シート No.

特記事項

GU

形 GU4  GU4

2-49-1

7005-108-2

GU5.3 GU5.3

2-50-2

7005-109-2

GU6.5 GU6.5

2-125-1

7005-152-1

新設

GU10 GU10q

2-38B-1  7005-123-1

GU12 GU12

2-126-1

新設

GU16 GU16d

2-127-1

7005-154-1

新設

GX

形 GX5.3 GX5.3

2-51-2

7005-73A-4

GX6.35 GX6.35

2-35-2

7005-59-2

シートは G6.35 を参照

GX9.5 GX9.5

2-52-1

7005-70A-2

GX10 GX10q

2-53-2

7005-84-2

GX12 GX12

2-119-1

7005-135-1

GX23 GX23

2-55-1

7005-86-1

GX24 GX24q

2-56-3

7005-78-7

GX53 GX53

2-122-2

7005-142-2

改正

GY

形 GY5.3 GY5.3

2-57-2

7005-73B-4

GY6.35 GY6.35

2-35-2

7005-59-2

シートは G6.35 を参照

GY9.5 GY9.5

2-59-1

7005-70B-2

GY10 GY10q

2-60-2

7005-85-2

GZ

形 GZ4  GZ4

2-62-1

7005-67-1

GZ6.35 GZ6.35

2-63-2

7005-59A-3

GZ10 GZ10q

2-38A-1  7005-124-1

2G

形 2G8  2G8

2-123-1

7005-141-2

新設

2G11 2G11

2-64-1

7005-82-2

P

形 P14.5

P14.5s  2-66-1  7005-46-3

P15 P15s-25-1

2-67-1

P15d-25-1 2-68-1

P15d-25-3 2-69-1

P20 P20

2-70-2  7005-31-2

P21 P21

2-71-1

P22 P22

2-72-2  7005-32-2

P22d/5 2-73-1

P22d/6 2-74-1

P23 P23t

2-120-1 7005-138-1

P24 P24s

2-76-1

P28 P28s

2-77-1  7005-42-6

P30 P30s-10.3

2-78-1  7005-44-2

P30d-10.3 2-79-1

備考  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

2-0-4


C 7709-2

:2010

2007

受金  目次及び JIS/IEC 対照表

ページ 3/3

2010

形と主要部寸法を表す記号

種類

受金シート No.

対応 IEC シート No.

特記事項

P

形 P32  P32

2-80-1  7005-111-3

P38 P38t

2-121-1 7005-133-1

P43 P43t-38 2-82-3  7005-39-4

P43t-38/55

×45 2-83-2

P43t-38/65

×65 2-84-2

P43t-38/65

×65A

2-85-2

PG

形 PG12  PG12

2-87-1

7005-64-4

PGJ

形 PGJ19  PGJ19

2-89A-2

7005-110-2

PGX

形 PGX12  PGX12

2-90-1

7005-64-4

PK

PK22

PK22s 2-91-1 7005-47-2

PK22s/6 2-92-1

PX

形 PX20  PX20

2-70-2

7005-31-2

シートは P20 を参照

PX22 PX22

2-72-2

7005-32-2

シートは P22 を参照

PX26 PX26d

2-96-1

7005-5-3

PX43 PX43t

2-97-1

7005-34-1

PY

形 PY20  PY20

2-70-2

7005-31-2

シートは P20 を参照

PZ

形 PZ20  PZ20

2-70-2

7005-31-2

シートは P20 を参照

R

形 R7  R7s

2-100-3  7005-53-4

7005-53A-5

R17 R17d

2-101-1  7005-57-1

RX

形 RX7  RX7s

2-102-3

7005-53-4

7005-53A-5

RX17 RX17d

2-101A-1

W

形 W2  W2×4.6d 2-110-1

7005-94-2

W2.1 W2.1

×9.5d 2-111-2

7005-91-1

W3 W3

×16d 2-112-2  7005-105-2

W3

×16q 2-113-3  7005-106-3  改正

WX

形 WX3  WX3×16d 2-112-2

7005-105-2

シートは W3×16d を
参照

WY

形 WY3  WY3×16q 2-113B-1  7005-106-3

新設

WZ

形 WZ3  WZ3×16q 2-113C-1  7005-151-1

新設

備考  特記事項欄の“新設”又は“改正”は,2010 の改正でデータシートを新設又は改正したことを示す。

2-0-4


C 7709-2

:2010

  

白      紙


C 7709-2

:2010

シート No.参考-2-3 を,次のシート No.参考-2-4 に置き換える。

2007

受金 IEC シート  一覧表

ページ 1/3

2010

形と主要部寸法を表す記号

種類

IEC

シート No.

特記事項

B

形 B8.4 B8.4d

7005-140-1

B22 B22d

7005-10-8

B22d-3 7005-10A-4

BA

形 BA20  BA20d

7005-14-2  JIS

から外す

BA20s 7005-14-2

JIS

から外す

BA21 BA21-3  7005-15-2

BAU

形 BAU15  BAU15d

7005-13-5  JIS

から外す

BAW

形 BAW9  BAW9s

7005-149-1

新設(A35)

BAW15 BAW15d

7005-13-5  JIS

から外す

BAW15s 7005-13-5

JIS

から外す

BAX

形 BAX9  BAX9s

7005-8-1

JIS

から外す

BAY

形 BAY9  BAY9s

7005-9-1

JIS

から外す

BAY15 BAY15s

7005-13-5  JIS

から外す

BAZ

形 BAZ9  BAZ9s

7005-150-1

新設(A35)

BAZ15 BAZ15d

7005-13-5  JIS

から外す

BAZ15s 7005-13-5

JIS

から外す

BX

形 BX8.4 BX8.4d

7005-140-1

E

形 E5  E5

7005-20-4

E26 E26-d  7005-29-2

E27 E27

7005-29-1

E40 E40

7005-24-6

EP

形 EP10  EP10

7005-30-1

EY

形 EY10  EY10

7005-7-1

Fa

形 Fa6  Fa6

7005-55-3

Fa8 Fa8

7005-58-1

G

形 G5.3 G5.3

7005-73-1

G5.3-4.8 7005-126-1

G7.9 G7.9

7005-139-1

G8.5 G8.5

7005-122-1

G17 G17q

7005-45-2

G17.5 G17.5t-1  7005-117-1

G24 G24

7005-78-7

改正(A32)

G32 G32

7005-87-3

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを

示す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考-2-4


C 7709-2

:2010

  

2007

受金 IEC シート  一覧表

ページ 2/3

2010

形と主要部寸法を表す記号

種類

IEC

シート No.

特記事項

GR

形 GR8  GR8

7005-68-4

GR10 GR10q

7005-77-1

GRZ

形 GRZ10 GRZ10d

7005-131-1

GRZ10t 7005-132-1

GU

形 GU7  GU7

7005-113-1

GU10 GU10

7005-121-1

GUX

形 GUX2.5 GUX2.5d

7005-137-1

新設(A33)

GUY

形 GUY2.5 GUY2.5d

7005-137-1

新設(A33)

GUZ

形 GUZ2.5 GUZ2.5d

7005-137-1

新設(A33)

GX

形 GX6.35

GX6.35

7005-59-1

GX7.9 GX7.9

7005-139-1

GX17 GX17q

7005-45-2

GX8.5 GX8.5

7005-143-1

新設(A33)

GX10 GX10

7005-144-1

新設(A33)

GX24 GX24

7005-78-3

改正(A32)

GX32 GX32

7005-87-3

GX38 GX38q

7005-65-1

GY

形 GY10  GY10

7005-145-1

新設(A33)

GY17 GY17q

7005-45-2

GY22 GY22

7005-119-1

GY24 GY24

7005-78-7

改正(A32)

GY32 GY32

7005-87-3

GZ

形 GZ9.5 GZ9.5

7005-70B-2

GZ10 GZ10

7005-120-2

GZX

形 GZX7  GZX7d

7005-136-1

新設(A33)

GZX9.5 GZX9.5

7005-70B-2

GZY

形 GZY7  GZY7d

7005-136-1

新設(A33)

GZY9.5 GZY9.5

7005-70B-2

GZZ

形 GZZ7  GZZ7d

7005-136-1

新設(A33)

GZZ9.5 GZZ9.5

7005-70B-2

2G

形 2G7  2G7

7005-102-1

2G10 2G10

7005-118-1

2G13 2G13

7005-33-1

2GX

形 2GX7  2GX7

7005-103-1

2GX13 2GX13

7005-125-2

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを

示す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考-2-4


C 7709-2

:2010

2007

受金 IEC シート  一覧表

ページ 3/3

2010

形と主要部寸法を表す記号

種類

IEC

シート No.

特記事項

P

形 P11.5 P11.5d  7005-79-1

P18 P18s

7005-38-3

P26 P26s

7005-36-1

P26.4 P26.4t

7005-128-2

P29 P29

7005-66-1

P40 P40

7005-43-3

P45 P45t

7005-95-2

JIS

から外す

PG

形 PG13  PG13

7005-107-4

JIS

から外す

PG18.5 PG18.5

7005-147-1

新設(A34)

PG20 PG20

7005-127-2

改正(A32)

PGJ

形 PGJ5  PGJ5

7005-153-1

新設(A36)

PGJ13 PGJ13

7005-107-4 JIS

から外す

PGJ23 PGJ23t

7005-155-1

新設(A37)

PGJY

形 PGJY19  PGJY19

7005-146-1

新設(A33)

PGU

形 PGU20  PGU20

7005-127-2

改正(A32)

PGZ

形 PGZ12  PGZ12

7005-148-1

新設(A34)

PJ

形 PJ26.4

PJ26.4t  7005-128-2

PK

形 PK32  PK32

7005-111-3

PKX

形 PKX22  PKX22s

7005-37-1

PX

形 PX13.5

PX13.5s  7005-35-1 JIS

から外す

PY

形 PY43  PY43d

7005-88-1 JIS

から外す

PZ

形 PZ43  PZ43t

7005-89-1 JIS

から外す

S

形 S14  S14

7005-112-1

SK

形 SK15  SK15s

7005-83-1

SV

形 SV8.5 SV8.5

7005-80-3 JIS

から外す

SX

形 SX4s  SX4s

7005-97-2

新設(A35)

W

形 W2.5 W2.5×16 7005-104-1

W4.3 W4.3

×8.5d 7005-115-1

W10.6 W10.6

×8.5d 7005-90-2

WP

形 WP4  WP4×9d 7005-93-1

WU

形 WU2.54

WU2.5

×16 7005-104D-1

WX

形 WX2.5 WX2.5×16 7005-104A-1

WX3 WX3

×16q 7005-106-3 JIS から外す

WY

形 WY2.5 WY2.5×16 7005-104B-1

WZ

形 WZ2.5 WZ2.5×16 7005-104C-1

X

形 X511 X511

7005-99-2

JIS

から外す

備考  特記事項欄の“新設(A○○)”又は“改正(A○○)”は,IEC 規格の追補○○で新設又は改正されたことを

示す。

JIS から外す”は,2010 の JIS 改正で JIS から外したことを示す。

参考-2-4


C 7709-2

:2010

  

白      紙


C 7709-2

:2010

シート No.2-26-1 の後に,次のシート No.2-124-1 を挿入する。

2010

EU10

受金

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

受金

記号

受金

最小

最大

最小

最大

9.59

3.1

D

1

 8.57

8.76

− 19.8

8

X

1

 22

10 11.5 

5.5

0.5 0.6  

0.531

6.7 8

備考  受金の寸法は,測定器で検査する。

2-124-1


C 7709-2

:2010

  

白      紙


C 7709-2

:2010

シート No.2-50-2 の後に,次のシート No.2-125-1 を挿入する。

2010

GU6.5

受金

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

受金

記号

受金

最小

最大

最小

最大

3.6

G (

2

) 

7

1.4

H (

2

) 

13.3

D (

1

) 

6.5

− 14.3

E

1

 

3.8 4.2  

6 6.8

E

2

 

8.8 9.2  

1.4 1.6

F

1

 

5

α 

55

° 75°

F

2

 

1.8 2.2

注(

1

)

受金の寸法は,JIS C 7709-3 のシート No. 3-125-2 のゲージ又は測定器で検査する。

  (

2

)  G

及び は,電球によって占められる領域と,受金及び/又は器具によって占められる領域との境界線を示す。

  (

3

)

側面でのコンタクトとし,底面コンタクトは不可とする。

備考  最大挿入力及び最大引抜力は,JIS C 7709-3 のシート No. 3-125-2 のゲージ及び測定器で検査する。

2-125-1


C 7709-2

:2010

  

白      紙


C 7709-2

:2010

シート No.2-38B-1 の後に,次のシート No.2-126-1 を挿入する。

2010

GU12

受金

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

受金

記号

受金

最小

最大

最小

最大

5.2 5.8  

24.5 25.5

12

18.5 19.5

E

1

 

8.2 8.8  

4.2 4.8

E

2

 

15.2 15.8  α 

65

° 85°

F

1

 

7

β 

51

° 62°

F

2

 

2.3 2.7

備考  受金の寸法は,測定器で検査する。

2-126-1


C 7709-2

:2010

  

白      紙


C 7709-2

:2010

シート No.2-126-1 の後に,シート No.2-127-1 を挿入する。

2010

GU16d

受金

ページ 1/1

第三角法

単位  mm

記号

受金

最小

最大

1.3

8.4 9.2

13.8

16.66

K (

1

) 

19.9 24.6

L (

1

) 

53.3 54.8

3.8 11.6

R

2

 

K/2

注(

1

)  K

及び は,絶縁体空洞の底部の基準面から約 3 mm の距離に適用される。空洞部の壁面は,挿入が容易になる

ように外側に向かってテーパ状になっていてもよい。

  (

2

)

接点は,適切な接触をするために浮かせておく。

備考 1.  受金の寸法は,JIS C 7709-3 のシート No.3-127-2 のゲージ又は測定器で検査する。

2.

アメリカでは,この受金は GX16d Type 1 である。

3.

受金には GX16d Type 2 のアメリカ仕様が存在する。

2-127-1


C 7709-2

:2010

  

白      紙


C 7709-2

:2010

シート No.2-122-1 を,次のシート No.2-122-2 に置き換える。

2007

GX53

受金

ページ 1/2

2010

第三角法

2-122-2


C 7709-2

:2010

  

2007

GX53

受金

ページ 2/2

2010

単位  mm

記号

受金

最小

最大

5.4

53

E

1

 

49.1 49.5

E

2

 

56.5 56.9

F

1

 

4.7

F

2

 

1.0 1.5

G (

2

) 

9.5

H

1

 (

2

) 

75.4

H

2

 (

2

) 

15.2

L

1

 

42.7 43.2

L

2

 

40.8 41.2

R

1

 

− 0.5

R

2

 

− 0.4

4.15 4.35

2.9 3.1

β 

14

°30′

15

°30′

注(

1

)

サイドコンタクト。底面でのコンタクトは不可とする。コンタクト頭部から基準面までの距離は 2.9 mm 以下と

する。コンタクト表面の底面から基準面までの距離は,2.4 mm 以上とする。

  (

2

)  G

H

1

及び H

2

は,ランプによって占められるスペースと,受金及び/又は灯具によって占められるスペースと

の間の境界線を示す。

備考 1.  受金の寸法 は,JIS C 7709-3 のシート No.3-122-3,No.3-122-3A,No.3-122-3B,No.3-122-4,No.3-122-5 及

び No.3-122-5A のゲージ又は測定器で検査する。

2.

図は,GX53-1 受金だけを示している。誤挿入溝を追加する位置は,現在の溝の両側に 20°ずらした位置で検

討中。

3.

最大着脱力は検討中であり,JIS C 7709-3 のシート No.3-122-3 及び No.3-122-3A のゲージで検査する。また,
最小引抜力は検討中であり,JIS C 7709-3 のシート No.3-122-3B のゲージで検査する。

4. GX53

口金の詳細は,JIS C 7709-1 のシート No.1-122 を参照。

2-122-2


C 7709-2

:2010

シート No.2-38A-1 の後に,次のシート No.2-123-1 を挿入する。

2010

2G8

受金

ページ 1/2

第三角法

上の図は,2G8-1 受金だけを図示している。その他のキーを次に示す。

2-123-1


C 7709-2

:2010

  

2010

2G8

受金

ページ 2/2

単位  mm

記号

受金

記号

受金

最小

最大

最小

最大

58.8 59.2 Q (

10

) 1.8  2

A

1

 (

8

)

− 53.2

R (

4

), (

9

) 3.2

15 15.3

S (

10

) 4.5  5

C (

10

) 0.5

  T (

4

) 1.5

7.5 (

3

)

T

1

 (

4

) 1.8

D

1

 (

2

) 32.5

(

3

)

1.8 2

E (

3

) 3.1  3.5 V (

8

) 5.0

6.9

r (

10

) 1.2  2

F

1

− 2.6 r

1

− 0.5

15

r

2

 0.7

10.7 11.2  α

1

8

°

9

°

(

5

)

α

2

7

°

29.7 30.3  γ 

19.5

°

20.5

°

注(

1

)

端子はコンタクトメーキングのために位置の自己調整ができ,接点は口金ピンのかしめ禁止範囲に設ける。

  (

2

)  D

1

は,一対の口金ピン挿通口のセンターラインを示している。

  (

3

)  JIS C 7709-3

のシート No.3-123-4A 及び No.3-123-4B のゲージでチェックする。

  (

4

)

クリック感があれば,溝の形状は問わない。口金シートの備考も参照。

また,ランプ着脱のとき,損傷しないように溝形状に配慮する。

  (

5

)  N

は,受金の部品が占有する空間と口金の部品が占有する空間との境界である。

最大外形は,ランプ規格によるものとする。

  (

6

)

ガイド用の面取りがあってもよい。

  (

7

)

少なくとも 0.5 mm×45°の面取りか,又は適切な丸みを設ける。

  (

8

)  A

1

は高さ の範囲内に適用する。口金を安全に保持するための付加機能をこの範囲に設けてもよい。

  (

9

)

新たな受金設計においては,最小値は 3.8 mm とする。

  (

10

)  r

は,及び で定義されたキー範囲外に適用する。

備考 1.  特に指示がなければ,鋭角部にはわずかな面取りか又は丸みを設ける。

2.

最大装着トルク及び最大外しトルクは,JIS C 7709-3 のシート No.3-123-4A 及び No.3-123-4B のゲージでチェ

ックする。

また,最小外しトルクは,JIS C 7709-3 のシート No.3-123-4C のゲージでチェックする。

3.

受金は,5 Nm(検討中)の曲げトルクに耐えなければならない。

4.

受金の寸法は,JIS C 7709-3 のシート No.3-123-4A,No.3-123-4B,No.3-123-4C,No.3-123-4D,No.3-123-4E,

No.3-123-4F

及び No.3-123-4G のゲージ又は測定器で検査する。

2-123-1


C 7709-2

:2010

シート No.2-113-2 を,次のシート No.2-113-3 に置き換える。

2004

W3

×16q  受金

ページ 1/2

2010

第三角法

2-113-3


C 7709-2

:2010

  

2004

W3

×16q  受金

ページ 2/2

2010

単位  mm

記号

受金

記号

受金

最小

最大

最小

最大

3.5

2.4 3.1

D (

2

) 

16.3 16.7  Q

1

 

約 11

E (

1

) 

− 5.5 Q

2

 

約 6

6.7

4.4 6.0

8.6

AM (

1

) 

5.5

J

1

 

− 1.8

AP (

3

) 

1.0 5.0

J

2

 

− 4.3 α 

約 50°

3.3 3.5

注(

1

)  AM

は,溝幅を示すもので,を越える箇所に適用する。

  (

2

)

バルブ口金を受金の中心位置に合わせるために固定した側面を備えた受金に適用する。口金の狭い側の側面に
沿ってばねの力を加えることにより,口金を受金の中心位置に合わせる場合,はより小さい値まで許容する

ことができる。この場合,最大幅の口金が挿入できなければならない。これは,JIS C 7709-3 のシート No.3-113-3

に示す受金通りゲージで検査する。さらに,最小幅の口金は,中心に位置させる。

  (

3

)

この値は,コンタクトに適用する。

  (

4

)

保持用端子は,挿入時に口金の保持用突起部の最も高い位置の上を滑ることができなければならない。

備考 1.  最大及び最小の挿入力及び保持力は,JIS C 7709-3 のシート No.3-113-3 に示す受金通りゲージで検査する。

ゲージ A による挿入と保持時に必要とする力は,60 N を超えてはならない。

ゲージ A による抜去時に必要とする力は,60 N を超えてはならない。

ゲージ B による挿入と保持時に必要とする力は,10 N 以上でなければならない。 
ゲージ B による抜去時に必要とする力は,10 N 以上でなければならない。

2.

受金の寸法は,JIS C 7709-3 のシート No.3-113-3 に示す受金通りゲージ又は測定器で検査する。

2-113-3


C 7709-2

:2010

シート No.2-112-2 の後に,次のシート No.2-113B-1 を挿入する。

2010

WY3

×16q  受金

ページ 1/2

第三角法

2-113B-1


C 7709-2

:2010

  

2010

WY3

×16q  受金

ページ 2/2

単位  mm

記号

受金

記号

受金

最小

最大

最小

最大

3.5

Q

2

 

約 6

E (

1

) 

− 5.5  

4.4 4.8

6.7

AM (

1

) 

5.5

8.6

AP (

2

) 

1.0 5.0

J

1

 

− 1.8 BA 

5.8 6.0

J

2

 

− 4.3 BB 

18.3 18.7

3.3 3.5 BC 

6.7 6.9

2.4 3.1

α

 

約 50°

Q

1

 

約 11

注(

1

)  AM

は,溝幅を示すもので,を越える箇所に適用する。

  (

2

)

この値は,コンタクトに適用する。

  (

3

)

保持用端子は,挿入時に口金の保持用突起部の最も高い位置の上を滑ることができなければならない。

備考 1.  最大及び最小の挿入力及び保持力は,JIS C 7709-3 のシート No.3-113B-3 に示す受金通りゲージで検査する。

ゲージ A による挿入及び保持時に必要とする力は,60 N を超えてはならない。 
ゲージ A による抜去時に必要とする力は,60 N を超えてはならない。

ゲージ B による挿入及び保持時に必要とする力は,10 N 以上でなければならない。

ゲージ B による抜去時に必要とする力は,10 N 以上でなければならない。

2.

受金の寸法は,JIS C 7709-3 のシート No.3-113B-3 に示す受金通りゲージ又は測定器で検査する。

2-113B-1


C 7709-2

:2010

シート No.2-113B-1 の後に,次のシート No.2-113C-1 を挿入する。

2010

WZ3

×16q  受金

ページ 1/2

第三角法

2-113C-1


C 7709-2

:2010

  

2010

WZ3

×16q  受金

ページ 2/2

単位  mm

記号

受金

記号

受金

最小

最大

最小

最大

3.5

Q

1

 

約 11

D (

2

) 

16.3 16.7  Q

2

 

約 6

E (

1

) 

− 5.5 

4.4 4.8

6.7

AA 

3.2

8.6

AL 

− 0.8

J

1

 

− 1.8

AM (

1

) 

5.5

J

2

 

− 4.3

AP (

3

) 

1.0 5.0

J

3

 

6.3 6.9 BB 

18.3 18.7

3.3 3.5  α 

約 50°

2.4 3.1

注(

1

)  AM

は,溝幅を示すもので,を越える箇所に適用する。

  (

2

)

バルブ口金を受金の中心位置に合わせるために固定した側面を備えた受金に適用する。口金の狭い側の側面に
沿ってばねの力を加えることにより,口金を受金の中心位置に合わせる場合,はより小さい値まで許容する

ことができる。この場合,最大幅の口金が挿入できなければならない。

これは,JIS C 7709-3 のシート No.3-113C-3 の挿入,引抜検査ゲージで検査する。さらに,最小幅の口金は,

中心に位置させる。

  (

3

)

この値は,コンタクトに適用する。

  (

4

)

保持用端子は,挿入時に口金の保持用突起部の最も高い位置の上を滑ることができなければならない。

備考  最大及び最小の挿入力及び保持力は,JIS C 7709-3 のシート No.3-113C-3 に示す挿入,引抜検査ゲージで検査す

る。

ゲージ A による挿入及び保持時に必要とする力は,60 N を超えてはならない。 
ゲージ A による抜去時に必要とする力は,60 N を超えてはならない。

ゲージ B による挿入及び保持時に必要とする力は,10 N を超えてはならない。

ゲージ B による抜去時に必要とする力は,10 N を超えてはならない。

2-113C-1