>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 62623

:2014

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語,定義及び略語  

1

3.1

  用語及び定義  

1

3.2

  略語  

4

4

  EUT の仕様  

5

4.1

  コンピュータの種類  

5

4.2

  消費電力モード  

5

4.3

  プロファイル特性  

7

4.4

  区分特性  

8

5

  試験手順及び条件,区分,TEC 計算式,計測器の仕様並びに結果報告  

9

5.1

  一般事項  

9

5.2

  試験設定  

9

5.3

  試験手順  

11

5.4

  試験条件  

12

5.5

  区分  

12

5.6

  年間消費電力量の計算式  

13

5.7

  有効 RMS 電力計測器の仕様  

15

5.8

  有効 RMS 電力計測器の精度  

16

5.9

  周囲照度計の仕様  

17

5.10

  結果報告  

17

附属書 A(参考)プロファイル方法の概要  

20

附属書 B(参考)主要プロファイル  

22

附属書 C(参考)プロファイル調査の実施方法  

24

附属書 D(参考)TEC 計算例  

28

附属書 E(参考)エネルギスターV5 準拠試験方法  

30

附属書 F(参考)消費電力測定方法  

32

附属書 G(規定)対応国際規格に関する区分の登録方法  

36

参考文献  

37

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

38


C 62623

:2014

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)

及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 C

62623

:2014

パーソナルコンピュータの消費電力測定方法

Desktop and notebook computers-Measurement of energy consumption

序文 

この規格は,2012 年に第 1 版として発行された IEC 62623 を基に,技術的内容を変更して作成した日本

工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。また,附属書 JA は対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,

4.1

に規定する最終製品として販売するデスクトップ及びノートブックのパーソナルコンピ

ュータに適用し,次の内容を規定する。

なお,これ以降の試験に供するデスクトップ及びノートブックのパーソナルコンピュータを被試験機器

(以下,EUT という。

)という。

a) EUT

の各消費電力モードにおける消費電力及び/又は消費電力量の測定を可能にする試験方法

b)

任意の期間(通常は年間)における標準消費電力量(以下,TEC という。

)を算出する計算式

c)

この規格とともに使用する主要プロファイルの求め方。主要プロファイルは,平均消費電力を電力量

へ変換する TEC 計算式において用いる。

d) EUT

間における消費電力量の同種比較を可能にする区分方法

e)

結果を提示するための所定書式

この規格は,EUT に対するいかなる合否基準も規定しない。当該基準は,試験結果の使用者によって定

められる。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 62623:2012

,Desktop and notebook computers−Measurement of energy consumption(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

引用規格 

(削除)

用語,定義及び略語 

3.1 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。


2

C 62623

:2014

3.1.1

有効作業負荷(active workload)

TEC 計算式(5.6 参照)における EUT が実行する生産性又は有効性のある模擬活動量。アクティブモー

ドにおける平均消費電力測定値 P

work

4.2.10 参照)及び負荷サイクルのアクティブ部 T

work

3.1.13.6 参照)

で表される。

3.1.2

区分(category)

EUT 構成の分類。

3.1.3

負荷サイクル(duty cycle)

EUT が個別の消費電力モードそれぞれに費やす時間の区分。

注記  負荷サイクルは,合計すると 1 になる百分率で表される。

3.1.4

消費電力量(energy use)

任意の期間に交流電源から測定される製品の消費電力量。

注記  消費電力量は,キロワット時(kWh)で表す。

3.1.5

外部電源装置,EPS(external power supply)

コンピュータきょう(筐)体の外部にある別の物理的きょう体に収められており,コンピュータに電力

を供給するために,交流電源をより低い直流電圧に変換するように設計されている機器。

注記 1  外部電源装置は,直流電源装置又は AC アダプタと呼ばれることもある。

注記 2  外部電源装置の効率を測定する試験方法を説明する文書(外部電源装置効率試験方法)への

参照は,参考文献に記載されている。

3.1.6

内部電源装置,IPS(internal power supply)

コンピュータきょう体と同じ物理的きょう体に収められており,

コンピュータに電力を供給するために,

交流電源をより低い直流電圧に変換するように設計されている構成装置。

注記  内部電源装置の効率を測定する試験方法を説明する文書(汎用内部電源装置効率試験方法)へ

の参照は,参考文献に記載されている。

3.1.7

ローカルエリアネットワーク,LAN(local area network)

限定された地理的領域内において使用者用に設置されているコンピュータネットワーク。

IEC 60050-732:2010)

注記  現在コンピュータに使用されている二つの主要技術は,IEEE 802.3 イーサネット又は有線 LAN,

及び IEEE 802.11 Wi-Fi 又は無線 LAN である。

3.1.8

製造業者(manufacturer)

販売することを意図した製品の設計,開発及び製造に責任を負う組織。これら業務をこの組織自体が行

っているのか,又はその代理人が行っているのかは問わない。


3

C 62623

:2014

3.1.9

RGB

(red green blue)

コンピュータディスプレイ上の画素を構成する原色(赤・緑・青)

注記 RGB 値は,正確な色を指定するための当該画素に対する各色の彩度設定を表している。

3.1.10

標準消費電力量,TEC(typical energy consumption)

同種のパーソナルコンピュータのエネルギ効率を比較するために用いられる消費電力量。これは,一定

期間に通常の動作を行った際の任意のプロファイルにおける EUT の消費電力量の数値である。

注記  デスクトップ及びノートブックパーソナルコンピュータに関する,TEC 手法の主要基準は,標

準的な年間消費電力量を示す数値であり,あるプロファイルの年間使用状況を表す推定標準負

荷サイクルによって測定する平均的な動作モードにおける消費電力量を用い,キロワット時

(kWh)で表す。

3.1.11

実消費電力量,TEC

actual

(actual energy consumption)

P

work

を用いて測定された標準消費電力量。

3.1.12

推定消費電力量,TEC

estimated

(estimated energy consumption)

4.2

で規定する P

work

の代わりに P

sidle

を用いて推定された標準消費電力量。

3.1.13

負荷サイクル特性(duty cycle attributes)

EUT が個別の消費電力モードそれぞれに費やす時間の比率。

注記  負荷サイクル特性の例は,3.1.13.13.1.13.6 による。

3.1.13.1

負荷サイクルのオフ部,T

off

(off component of duty cycle)

EUT がオフモードである時間の比率。

3.1.13.2

負荷サイクルのスリープ部,T

sleep

及び T

sleepWoL

(sleep component of duty cycle)

EUT がスリープモードである時間の比率。

3.1.13.3

負荷サイクルのオン部,T

on

(on component of duty cycle)

EUT がオンモードである時間の比率。

注記  T

on

負荷サイクルは,T

work

T

sidle

T

idle

の合計と等しい。

3.1.13.4

負荷サイクルのショートアイドル部,T

sidle

(short idle component of duty cycle)

EUT がショートアイドルモードである時間の比率。

3.1.13.5

負荷サイクルのロングアイドル部,T

idle

(long idle component of duty cycle)

EUT がロングアイドルモードである時間の比率。

3.1.13.6

負荷サイクルのアクティブ部,T

work

(active component of duty cycle)


4

C 62623

:2014

EUT がアクティブ(作業)モードである時間の比率。

3.1.14

試験結果の使用者(user of the test results)

自己が求める目的に適用するために,この試験結果を利用する組織。

注記  当該組織の例には,自主協定の参加事業者,規制制度担当機関,民間企業などがある。

3.1.15

ウェイクオン LANWoL(wake on LAN)

イーサネットを介したネットワーク要求によって指示を受けたときに,コンピュータがスリープ又はオ

フから復帰できるようにする機能。

3.2 

略語 

この規格で用いる主な略語は,次による。

ACPI(Advanced Configuration and Power Interface)  電力制御インタフェース

注記 1  ACPI 仕様は,次の URL で参照することができる。

 <http://www.acpi.info/>

CF(Crest Factor)

波高因子

CFR(Crest Factor Ratio)

波高率

CPU(Central Processing Unit)

中央処理装置

EPS(External Power Supply)

外部電源装置

EUT(Equipment Under Test)

被試験機器

注記 2  この規格では製品とも呼び,他の仕様においては UUT(Unit Under Test)と呼ばれることも

ある。

FB_BW(Frame Buffer Bandwidth)

フレームバッファ幅

HDD(Hard Disk Drive)

ハードディスクドライブ

IPS(Internal Power Supply)

内部電源装置

LAN(Local Area Network)

ローカルエリアネットワーク

MCF(Meter Crest Factor)

計器波高率

MCR(Maximum Current Ratio)

最大電流比率

OS(Operating System)

オペレーティングシステム

PAPR(Profile Active Power Ratio)

プロファイル稼働時消費電力比率

PAWR(Profile Active Workload Ratio)

プロファイル有効作業負荷比率

PCF(Product Crest Factor)

製品波高率

PF(Power Factor)

力率

RAM(Random Access Memory)

ランダムアクセスメモリ

RGB(red green blue)

アールジービー

RMS(Root Mean Square)

実効値

SSD(Solid State Drive)

半導体ドライブ

TEC(Typical Energy Consumption)

標準消費電力量

THD(Total Harmonic Distortion)

全高調波ひず(歪)み

ULE(Ultra Low Energy)

超低消費電力

UPS(Uninterruptible Power Supply)

無停電電源装置


5

C 62623

:2014

WoL(Wake on LAN)

ウェイクオン LAN

4 EUT

の仕様 

4.1 

コンピュータの種類 

4.1.1 

デスクトップパーソナルコンピュータ 

デスクトップパーソナルコンピュータは,多くの場合において机上あるいは床上といった常設場所に本

体を設置することを意図するパーソナルコンピュータとする。デスクトップパーソナルコンピュータは移

動用として設計しておらず,外部コンピュータディスプレイ,キーボード及びマウスを使用する。デスク

トップパーソナルコンピュータは,家庭及びオフィスの広範囲な用途向けに設計している。

4.1.2 

ノートブックパーソナルコンピュータ 

ノートブックパーソナルコンピュータは,明確に携帯用として設計してあり,交流電源への直接接続あ

り又はなしのいずれかで長時間動作することを意図するパーソナルコンピュータとする。ノートブックパ

ーソナルコンピュータは,一体形コンピュータディスプレイを使用し,一体形バッテリによって動作が可

能である。また大部分のノートブックパーソナルコンピュータは,外部電源又は直流電源装置(AC アダ

プタ)を使用し,一体形のキーボード及びポインティングデバイスを装備している。ノートブックパーソ

ナルコンピュータは,一般的にデスクトップパーソナルコンピュータにおいて使用するものと機能面にお

いて類似するソフトウェアの動作を含め,デスクトップパーソナルコンピュータと同様の機能を提供する

ように設計している。この規格では,ドッキングステーションは附属品とみなすため,EUT の一部として

考慮しない。他の入力装置とともに又はその代わりにタッチセンサ画面を使用する可能性があるタブレッ

トパーソナルコンピュータは,この規格においてノートブックパーソナルコンピュータとみなす。一般的

に,小形の画面サイズ及び基本メモリサイズによって特定するネットブックコンピュータも,この規格に

おいてはノートブックパーソナルコンピュータとみなす。

4.1.3 

一体形デスクトップパーソナルコンピュータ 

一体形デスクトップパーソナルコンピュータは,コンピュータとコンピュータディスプレイとが一つの

交流電源ケーブルを介して交流電力を受ける単一機器として機能するデスクトップパーソナルコンピュー

タである。一体形デスクトップパーソナルコンピュータは,次の二つの形態とする。

−  コンピュータディスプレイとコンピュータとが単一機器に物理的に統合している製品

−  コンピュータディスプレイは分離しているが直流電力コードによって主要きょう体に接続しており,

コンピュータとコンピュータディスプレイとが共に一つの電源装置から電力を供給される単一製品と

して一括されている製品

一体形デスクトップパーソナルコンピュータは,デスクトップパーソナルコンピュータの一種として,

一般的にデスクトップパーソナルコンピュータと同様の機能を提供するように設計している。

注記  一体形デスクトップパーソナルコンピュータは,オールインワンコンピュータと呼ばれること

もある。

4.2 

消費電力モード 

4.2.1 

オフモード 

オフモードは,EUT を交流電源に接続し,製造業者の指示に従い使用するときに,使用者が解除するこ

とができず不定時間保たれる可能性のある最低消費電力モードとし,シャットダウン,完全な電源オフ又

は電源投入に必要な電流だけ通電する状態とする。

注記  上記の最低消費電力モードは,ACPI システムレベルの S5 状態に相当する(3.2 参照)。


6

C 62623

:2014

4.2.2 

P

off

P

off

は,オフモードにおける平均消費電力測定値を表す。

4.2.3 

スリープモード 

スリープモードは,EUT が一定の非アクティブ時間後に自動的に,又は手動選択によって移行すること

が可能な最低消費電力モードとし,メモリへの通電及び再起動に必要な電流だけ通電する状態とする。ス

リープ能力をもつ EUT は,ネットワーク接続又はユーザインタフェース装置に反応して,ウェイクイベン

トの開始からディスプレイのレンダリングを含め製品が完全に使用可能になるまで,5 秒以下の待ち時間

で素早く復帰することができる。スリープ状態において WoL 機能を無効にして EUT を試験する場合,こ

の状態をスリープモードと呼び,WoL 機能を有効にして EUT を試験する場合,この状態を WoL スリープ

モードと呼ぶ。

注記  上記の最低消費電力モードは,ACPI システムレベルの S3 状態(Suspend to RAM)に相当する

3.2 参照)

4.2.4 

P

sleep

P

sleep

は,WoL 機能を無効にしたときのスリープモードにおける平均消費電力測定値を表す。

4.2.5 

P

sleepWoL

P

sleepWoL

は,WoL 機能を有効にしたときのスリープモードにおける平均消費電力測定値を表す。

4.2.6 

オンモード 

オンモードは,EUT がスリープ又はオフモードでないときのモードを表す。オンモードには,ロングア

イドルモード,ショートアイドルモード及びアクティブ(作業)モードを含む幾つかの下位モードがある。

4.2.7 

P

on

P

on

は,オンモードにおける平均消費電力測定値を表す。

4.2.8 

アイドルモード 

4.2.8.1 

一般事項 

アイドルモードは,オペレーティングシステム及び他のソフトウェアの読込みが完了し,製品はスリー

プモードではなく,また,そのシステムが初期設定によって開始する基本アプリケーションに動作が限定

されているモードとする。アイドルは,4.2.8.2 に規定するショートアイドルモード及び 4.2.8.4 に規定する

ロングアイドルモードの二つの形態で構成する。

4.2.8.2 

ショートアイドルモード 

ショートアイドルモードは,EUT が次の要件を満たしている状態とする。

− EUT はアイドル状態にある。

例  OS の起動,有効作業負荷の完了又はスリープからの再開(レジューム)から 5 分後。ただし,

以前の試験手順に準拠するために 15 分を要する場合もある。

−  画面はウォームアップのために 30 分間以上はオン状態にあって,5.3 で規定する輝度に設定されてい

る。

−  ロングアイドル電力管理機能は動作していない。

例  該当する場合において HDD は回転しており,EUT はスリープモードへの移行を抑制されてい

る。

4.2.8.3 

P

sidle

P

sidle

は,ショートアイドルモードにおける平均消費電力測定値を表す。


7

C 62623

:2014

4.2.8.4 

ロングアイドルモード 

ロングアイドルモードは,EUT が次の要件を満たしている状態とする。

− EUT はアイドル状態にある。

例  OS 起動,有効作業負荷の完了又はスリープからの再開(レジューム)から 15 分後。

−  主要ディスプレイの画面は無表示であるが,EUT は作業状態(ACPI G0/S0)を維持している状態。

注記  “画面は無表示である”とは,主要コンピュータディスプレイ(一体形パネル又は外部ディ

スプレイ)が,画面コンテンツを見ることができない低電力状態(

例  バックライトを消し

て画面を黒色にする。

)に移行していることを示す。

−  電力管理機能は,出荷時に設定している場合において動作しているが,EUT はスリープモードに移行

することを抑制している。

例  主要ディスプレイはオン状態であるが,HDD の回転数を低減している可能性がある。

4.2.8.5 

P

idle

P

idle

は,ロングアイドルモードにおける平均消費電力測定値を表す。

4.2.9 

アクティブ(作業)モード 

アクティブモードは,EUT が次の状態に対応して作業を実行しているモードとする。

−  使用者によって事前又は同時の入力

−  ネットワークを介した事前又は同時の指示

このモードには,使用者の更なる入力を待っている間,又は他の消費電力モードに移行する前に,記憶

装置,メモリ又はキャッシュのデータを捜し求める,及び積極的な処理を含む。このモードにおいて,画

面はオン状態であって,出荷時の輝度に設定する。

4.2.10  P

work

P

work

は,アクティブモードにおける平均消費電力測定値を表す。

4.3 

プロファイル特性 

4.3.1 

プロファイル 

プロファイルは,負荷サイクル特性と特定の使用事例(

例  オフィスにおける使用,家庭における使用,

ゲーム利用など)とを組み合わせたものである。

注記  プロファイルに関する詳細については,附属書 A,附属書 及び附属書 を参照する。

4.3.2 

主要プロファイル 

主要プロファイルは,デスクトップ及びノートブックパーソナルコンピュータの使用者に関する最も一

般的なプロファイルである。

主要プロファイルはこの規格とともに使用するものであって,

附属書 に記載している。5.6 において

使用する TEC 計算式を判断するために用いる負荷サイクル特性及びプロファイル TEC 誤差を,

附属書 B

に示す。

4.3.3 

少数派プロファイル 

少数派プロファイルは,主要プロファイルでは表さない,デスクトップ及びノートブックパーソナルコ

ンピュータ使用者の一般的ではないプロファイルを表している。例えば,過度のゲーム利用者は非常に独

特なプロファイルを示すが,パーソナルコンピュータ使用者に占める割合は,極僅かである。

4.3.4 

プロファイル調査 

プロファイル調査は,この規格の新たなプロファイルを作成するために実施する調査とする。この調査

は,裏付データとともに次の内容を示す。


8

C 62623

:2014

−  全ての負荷サイクル特性

−  4.3.6 に規定する PAPR

−  4.3.9 に規定するプロファイル TEC 誤差

−  4.3.7 に規定する PAWR

全てのデータは,使用者全体を代表する統計的に有意なサンプルサイズから得られている。プロファイ

ル調査の実施方法に関する指針を

附属書 に示す。

4.3.5 

製品稼働時消費電力比率 

製品稼働時消費電力比率は,P

on

/P

sidle

の比率。すなわち,プロファイル調査における個別製品について

平均オンモード消費電力を平均ショートアイドル時消費電力で除した数値である。

4.3.6 PAPR 

PAPR は,プロファイル調査において記録した全ての製品稼働時消費電力比率の平均値である。

4.3.7 PAWR 

PAWR は,プロファイル調査対象製品について実施する P

work

/P

sidle

の平均比率を表しており,PAWR を通

じて有効作業負荷がプロファイル調査に厳密に整合していることを検証するために使用する。

4.3.8 

製品 TEC 誤差 

製品 TEC 誤差は,P

work

消費電力測定値の代わりに静的な“ショートアイドル時”消費電力測定値を使用

することによって,測定 TEC と推定 TEC とを直接対比した場合に個別製品についてどの位の誤差がある

のかを評価するために,プロファイル調査において使用する誤差比率の計算値とする。

4.3.9 

プロファイル TEC 誤差 

プロファイル TEC 誤差は,プロファイル調査における製品 TEC 誤差の平均値とする。

4.4 

区分特性 

4.4.1 

一般事項 

次は区分特性の例であって,その他の例は,5.5 に規定する区分登録一覧に記載する。

4.4.2 

コアの数 

コアの数は,EUT における CPU の物理的コア数とする。

4.4.3 

メモリチャネルの数 

メモリチャネルの数は,EUT が対応可能なチャネルの総数で表す。

なお,メモリを実装している必要はない。各伝送路には個別のデータ経路がある。

4.4.4 

システムメモリ 

システムメモリは,ギガバイトで表すメモリ容量とする。

4.4.5 

システムファン 

システムファンは,電源装置に組込むファンを除いた,EUT で使用する全てのファンとする。

4.4.6 TEC

補正 

TEC 補正は,EUT に機能を追加又は設定した場合,その EUT の TEC を一定量増加させる,年間のキロ

ワット時(kWh)で表す消費電力量補正値とする。追加機能の例を次に示す。

−  グラフィックスカード,メモリ,TV チューナ,サウンドカード,ハードディスクドライブ,SSD 等

−  一体形デスクトップパーソナルコンピュータについては,画面を追加機能として扱う。


9

C 62623

:2014

試験手順及び条件,区分,TEC 計算式,計測器の仕様並びに結果報告 

5.1 

一般事項 

次の手順は,EUT の消費電力又は消費電力量を測定する際に使用する。

この規格の使用者は,EUT のサンプルを測定する。サンプルサイズは,試験結果の使用者が定めた要求

事項に対する整合性を明示することができる適切な大きさとする。

5.2 

試験設定 

EUT 設定及び試験条件は,次による。

a) EUT

は,初期設定によって出荷される全てのハードウェア附属品及びソフトウェアを含め,この試験

手順において特に規定がない限り,当該製品とともに提供される指示に従って構成する。また EUT は,

全ての試験について次の要求事項に従い構成する。

1)

入力装置を装備せずに出荷するデスクトップパーソナルコンピュータ及び一体形デスクトップパー

ソナルコンピュータは,製造業者が推奨する入力装置(

例  マウス及び/又はキーボード)ととも

に構成する。その他の外部周辺機器は接続しない。

2)

デスクトップパーソナルコンピュータについては,外部コンピュータディスプレイとともに構成す

る。ただし,外部ディスプレイの消費電力量は,TEC 計算に含まない。

3)

ノートブックパーソナルコンピュータに一体形ポインティングデバイス又はデジタイザを装備して

いる場合は,個別のキーボード又はマウスを含める必要はない。

4)

ノートブックパーソナルコンピュータは,その製品とともに出荷する外部電源を使用して交流電源

に接続する。バッテリパックは全ての試験において取り外す。バッテリパックを装備しないと動作

が不可能な EUT については,満充電のバッテリパックを使用して試験を実施し,必ず試験結果にお

いてこの構成を記載する。

5)

画面については,RGB 値が 130,130,130 に設定したビットマップによって規定する固定色のデス

クトップ背景(壁紙)を設定する。画面の明るさは出荷時のまま又は必要に応じて指定の輝度条件

に設定する。

注記 1  出荷時の画面の明るさとは,最終使用者が望む当該製品の使用方法に適していると製造

業者が考える水準として定義する。

6)

ノートブックパーソナルコンピュータ及び一体形デスクトップパーソナルコンピュータについては,

結果報告書に一体形ディスプレイの消費電力を含める。

注記 2  5.3.5 に従って追加の指定輝度条件についても測定を行い,結果報告書において公表する

ことができる。

7) EUT

のスリープタイマについては,アイドル又はアクティブ試験において EUT がスリープ状態に

移行しないようにするため,無効又は 30 分に設定する。

ノートブック及びデスクトップパーソナルコンピュータの一般的な試験設定を,

図 に示す。


10

C 62623

:2014

出荷時構成の EUT を丸枠で示す。

図 1−標準試験設定 

注記 3  図 は,有線 LAN 及び無線 LAN 接続を表している。c)に従って,一方だけを試験中接続

する。

b)

交流電源と EUT の電源装置との間に,5.7 に規定する計測器要求事項を満たす有効 RMS 電力計測器

を設置する。計測器と EUT との間に電源コード又は UPS 機器は接続してはならない。計測器は,所

要の消費電力モードのデータを全て記録するまで,有効でなければならない。交流電源は,5.4 の要求

事項を満たさなければならない。

c)

スリープ,ロングアイドル,ショートアイドル及び任意のアクティブ時の測定に関して,EUT の消費

電力量は,次に説明する状態のいずれかにおいて,ネットワーク接続性とともに測定しなければなら

ない。

1)

イーサネット対応の EUT については,その EUT が対応可能な最高リンク速度に対応するアクティ

ブ状態のネットワークスイッチに接続する。このネットワークスイッチは有効状態のネットワーク

を接続している必要はない。複数のネットワーク接続をもつ EUT の場合には,一つのネットワーク

接続だけを接続状態にする必要がある。また,このネットワーク接続は,EUT が対応可能な追加の

電力管理機能を支援するために必要な最低要求事項にも対応しなければならない。

例えば,IEEE 802.3az-2010 仕様は,EUT 及びネットワークスイッチの両方が対応可能なイーサ

ネットリンクの電力管理機能に対応している。

この機能を試験するために,スイッチは当該機能にも対応可能でなければならない。無線通信の

ような別のネットワーク装置に対する電力は,全ての試験において遮断しておかなければならない。

これは,無線ネットワークアダプタ又は装置間の無線通信規約(

例  Bluetooth)を適用する。

注記 4  無線ネットワークアダプタの例については,IEEE 802.11 を参照。

2)

イーサネット対応ではないが,別の種類のネットワーク接続機能をもつ EUT については,該当ネッ

トワークを有効にして接続状態にする。

3)

無線接続機能だけをもつ EUT については,クライアント無線通信の最高及び最低データ速度に対応

する無線ルータ又はネットワークアクセスポイントに対する有効無線接続が,試験中維持されてい

安定化電源

安定化電源

外部電源装置

(AC アダプタ)


11

C 62623

:2014

なければならない。

d)  5.10

の規定に従って,EUT の詳細を記録する。

e)

5.4

の規定のとおりに試験条件を測定し,5.10 の規定に従って記録する。

f)

試験室の周囲照度条件は,5.9 の要求事項を満たす計測器を用いて測定し,5.4 に規定する適切な水準

に設定する。

5.3 

試験手順 

5.3.1 

一般事項 

試験手順は,消費電力の少ない順に示している。各消費電力モードの測定は,指定する手順に従って実

施しなければならない。ただし,各消費電力モードの消費電力測定値は,いかなる順番で測定してもよく,

TEC 結果を必要としない場合には,使用者は,これらの消費電力モードを全て試験する必要はない。

5.3.2 

オフモード測定 

オフモードの測定は,次による。

− EUT を 4.2.1 に規定するオフモードにする。

−  1 秒当たり 1 回以上の読取り間隔で有効消費電力値の積算を開始するように,計測器を設定する。

−  5 分間の消費電力値を積算し,5 分間で得た平均値(算術平均)を P

off

として記録する。

5.3.3 

スリープモード測定 

スリープモードの測定は,次による。

− EUT のスイッチを入れる。

−  オペレーティングシステムの読込み完了後のアクティブ準備状態でログインし,標準動作デスクトッ

プ画面又はそれに相当する稼働準備画面を表示するように起動しているウィンドウを全て終了して,

EUT を 4.2.3 に規定するスリープモードにする。

−  計測器を必要に応じて初期化し,1 秒当たり 1 回以上の読取り間隔で有効消費電力値の積算を開始す

る。

−  5 分間の消費電力値を積算し,5 分間で得た平均値(算術平均)を P

sleep

として記録する。

−  スリープについて WoL 有効及び WoL 無効の両方で試験する場合は,EUT を復帰し,オペレーティン

グシステム設定又は他の方法によってスリープに対する WoL 設定を変更する。EUT をスリープモー

ドに戻して試験を繰り返し,この別設定を必要とするスリープ時消費電力値を P

sleepWoL

として記録す

る。

5.3.4 

ロングアイドルモード測定 

ロングアイドルモードの測定は,次による。

− EUT のスイッチを入れる。

−  オペレーティングシステムの読込み完了後のアクティブ準備状態でログインし,標準動作デスクトッ

プ画面又はそれに相当する稼働準備画面を表示するように起動しているウィンドウを全て終了して,

EUT を 4.2.8.4 に規定するロングアイドルモードにする。

− EUT がロングアイドルモードに移行した後,計測器を必要に応じて初期化し,1 秒当たり 1 回以上の

読取り間隔で有効消費電力値の積算を開始する。

−  5 分間の消費電力値を積算し,5 分間で得た平均値(算術平均)を P

idle

として記録する。

5.3.5 

ショートアイドルモード測定 

ショートアイドルモードの測定は,次による。

− EUT のスイッチを入れる。


12

C 62623

:2014

−  オペレーティングシステムの読込み完了後のアクティブ準備状態でログインし,標準動作デスクトッ

プ画面又はそれに相当する稼働準備画面を表示するように起動しているウィンドウを全て終了して,

表示領域を完全に満たすように画像の大きさを調整し,ノートブックパーソナルコンピュータの場合

には,90 cd/m

2

以上に,また,一体形デスクトップパーソナルコンピュータの場合には,150 cd/m

2

上に明るさ水準を設定するか,又はこれらの水準が達成不可能な場合には,達成可能な最も近い水準

に製品の明るさを設定して,EUT を 4.2.8.2 に規定するショートアイドルモードにする。

− EUT がショートアイドルモードに移行した後,計測器を必要に応じて初期化し,1 秒当たり 1 回以上

の読取り間隔で有効消費電力値の積算を開始する。

−  5 分間の消費電力値を積算し,5 分間で得た平均値(算術平均)を P

sidle

として記録する。

5.3.6 

アクティブモード測定(任意)(5.6 に規定) 

アクティブモードの測定は,次による。

− EUT のスイッチを入れる。

−  オペレーティングシステムの読込み完了後のアクティブ準備状態でログインし,標準動作デスクトッ

プ画面又はそれに相当する稼働準備画面を表示するように起動しているウィンドウを全て終了して,

EUT を 4.2.8.2 に規定するショートアイドルモードにする。

−  有効作業負荷を読み込み,実行できるように準備する。

−  計測器を必要に応じて初期化し,有効作業負荷を開始する。1 秒当たり 1 回以上の読取り間隔で有効

消費電力値の積算を開始する。

−  有効作業負荷の完了を示したときに,その平均消費電力を P

work

として記録する。

注記  有効作業負荷の基準は,5.6.4 を参照。

5.4 

試験条件 

EUT に対して実行する全ての試験は,表 に示す条件において実施する。

表 1−試験条件 

電源電圧

北米/台湾: 115

(±1 %) V a.c.,60 Hz(±1 %)

最大消費電力が 1.5 kW を超

える製品の場合,電圧範囲は

±4 %

欧州/豪州/ニュー
ジーランド/中国:

230 (±1 %) V a.c.,50 Hz(±1 %)

日本: 100

(±1 %) V a.c.,50 Hz(±1 %)

又は 60 Hz(±1 %)

全高調波ひずみ(電圧)

<2 % THD(最大消費電力が 1.5 kW を超える製品の場合<5 %)

周囲温度

(23±5)℃

相対湿度 10

%∼80 %

周囲照度

(250±50)lx

注記 1  この表に規定する電圧及び周波数の許容値は,安定化電源の使用を通じてだけ達成することができる。 
注記 2  一部の国々の公称電圧が上記の電圧と異なる(例  中国は 220 V,インドは一般的に 240 V)ことは認識し

ているが,この規格は試験費用を最小限に抑えるために,世界的規模のコンプライアンスに対して試験し

なければならない電圧の数を三つに限定している。交流電源の電圧及び周波数は総 TEC 値に何らかの影響

を及ぼすが,230 V,220 V 及び 240 V の間にみられる差異は僅かであって,この規格に従った試験から予
測する自然な差異の十分に範囲内であると考えられる。

注記 3  周囲照度設定は,ディスプレイが周囲照度制御に影響する場合においてだけ求める。

5.5 

区分 

5.5.1 

一般事項 

(削除)


13

C 62623

:2014

5.5.2 ULE

区分 

(削除)

5.5.3 TEC

補正 

5.6

に規定する基本 EUT の構成は,追加機能によって変化する可能性があるため,この規格では TEC 補

正を提供している。

TEC 補正は,当該 TEC 補正によって特定する特性をもつ EUT の任意区分に対する TEC

制限値(試験結果の使用者によって規定する。

)を増大することを意図している。

TEC 補正は,メモリ,グラフィックス,TV チューナ,追加 HDD,SSD の使用,独立形サウンドカード,

独立形ネットワークカード等の項目について提供する可能性がある。試験結果の使用者が,適用する消費

電力量補正を規定する。

独立形グラフィックス構成要素を追加機能として扱う場合には,

FB_BW を使用して補正値を判断する。

一体形デスクトップパーソナルコンピュータの場合には,画面を追加機能として扱う。

TEC 補正消費電力量の算出は,次に示す。

−  どの TEC 追加機能が該当するのかを判断し,試験結果の使用者が規定する補正値に基づいて TEC 追

加機能ごとにキロワット時によって TEC 補正値を算出する。

−  試験結果の使用者が規定する適切な加重を適用する。

−  5.10 に規定するとおりに総 TEC 補正消費電力量を報告する。

注記 1  補正値はキロワット時,補正値又は年で定義する。試験結果の使用者が,消費電力量補正

の情報を提供する。

附属書 では,補正値がどのように TEC 計算に含まれるのかを例示

している。

注記 2  (削除)

注記 3  ノートブックパーソナルコンピュータの場合,画面の消費電力は基本区分消費電力の一部

であるため,画面の補正は適用しないことが望ましい。

5.6 

年間消費電力量の計算式 

5.6.1 

一般事項 

TEC は,EUT の特定消費電力モード(オフ,スリープ・WoL スリープ,ロングアイドル,ショートア

イドル及びアクティブ)における平均消費電力測定値の加重平均値である。

この規格とともに

附属書 に示す主要プロファイルを使用することを推奨する。

この規格の使用者が他のプロファイルの使用を選択する場合には,4.3.4 に規定するプロファイル調査を

全て実施し,プロファイル TEC 誤差を判定する。

プロファイル TEC 誤差が 15 %以下である場合,この規格の使用者は 5.6.2 の式を使用する。

プロファイル TEC 誤差が 15 %を超える場合,この規格の使用者は 5.6.3 の式を使用し,5.6.4 の基準を満

たす有効作業負荷を作成する。

注記  附属書 に,TEC 計算の例を示す。

5.6.2 

推定値による年間消費電力量の計算式(推定有効作業負荷) 

TEC

estimated

=(8 760/1 000)×[P

off

×T

off

P

sleep

×T

sleep

P

idle

×T

idle

P

sidle

×(T

sidle

T

work

)]

100 %=T

off

T

sleep

T

idle

T

sidle

T

work

上記の式において,T

x

は負荷サイクルの構成部であり,各 P

x

消費電力モードに費やす時間の加重平均値

を表す。

ここに,

T

off

製品がオフモードに費やす時間の年間比率


14

C 62623

:2014

T

sleep

  製品がスリープに費やす時間の年間比率

T

idle

製品がオン状態でありロングアイドルモード(画面表示なし)である時間の年間比率

T

sidle

  製品がオン状態でありショートアイドルモード(画面表示あり)である時間の年間比率

T

work

  製品がオン状態でありアクティブモード(画面表示あり)である時間の年間比率

これらの詳細説明を,

図 に示す。

注記  図 は正確な比率で表記されていない。

図 2−推定値による年間消費電力量の計算式(推定有効作業負荷)の例 

5.6.3 

測定値による年間消費電力量の計算式(有効作業負荷の使用) 

TEC

actual

=(8 760/1 000)×(P

off

×T

off

P

sleep

×T

sleep

P

idle

×T

idle

P

sidle

×T

sidle

P

work

×T

work

)

100 %=T

off

T

sleep

T

idle

T

sidle

T

work

上記の式において,T

x

は負荷サイクルの構成部であり,各 P

x

消費電力モードに費やす時間の加重平均値

を表す。

ここに,

T

off

製品がオフモードに費やす時間の年間比率

T

sleep

  製品がスリープに費やす時間の年間比率

T

idle

製品がオン状態でありロングアイドルモード(画面表示なし)である時間の年間比率

T

sidle

  製品がオン状態でありショートアイドルモード(画面表示あり)である時間の年間比率

T

work

  製品がオン状態でありアクティブモード(画面表示あり)である時間の年間比率

上記の式において,P

work

は,5.6.4 に示す基準に基づき作成した有効作業負荷を使用して測定された数値

とする。

これらの詳細説明を,

図 に示す。


15

C 62623

:2014

注記  図 は正確な比率で表記されていない。

図 3−測定値による年間消費電力量の計算式(有効作業負荷の使用) 

5.6.4 

有効作業負荷の基準 

プロファイル TEC 誤差が 5.6.1 に定めた誤差よりも大きい場合,有効作業負荷を作成し,5.6.3 の TEC

actual

計算式を使用する。

作業負荷は,次のようにプロファイル調査の結果として得た PAPR が,調査対象のコンピュータにおい

て当該作業負荷を実行して得た PAWR の 15 %以内に確実に収まるように作成する。有効作業負荷は目標

とするプロファイルを代表する作業負荷の断片で構成する。

− PAPR=P

on

/P

sidle

− PAWR=P

work

/P

sidle

− 15

%>|(PAPR−PAWR)|/PAPR(絶対値)

P

on

計算式は,P

on

=(P

idle

×T

idle

P

sidle

×T

sidle

P

work

×T

work

)/T

on

と定義する。

E

onwl

E

onstdy

/E

onstdy

上記の式において,E

onwl

は作成した作業負荷から算出した“オン時消費電力量”であり,E

onstdy

は消費

電力量調査から算出した“オン時消費電力量”である。すなわち,次のようになる。

E

onwl

P

idle

×T

idle

P

sidle

×T

sidle

P

work

×T

work

E

onstdy

P

on

×T

on

T

on

T

idle

T

sidle

T

work

結果として次の計算式になる。

15 %>|P

idle

×T

idle

P

sidle

×T

sidle

P

work

×T

work

P

on

×T

on

|/(P

on

×T

on

)

5.7 

有効 RMS 電力計測器の仕様 

校正した計測器には,次の特性が含まれていなければならない。

−  定格範囲値における有効電流の波高率は 3 以上。波高率を指定していない計測器の場合,その分析器

は,測定における任意の 1 秒間サンプルにおいて測定した最大電流の 3 倍以上のスパイク電流が測定

可能な特性。

有効 RMS 消費電力(ワット)及び次の測定単位のうちの二つ以上を報告する。

−  電圧

−  電流

−  力率


16

C 62623

:2014

電力測定機器は,次を測定する際に,5.8 の要求事項を満たすことが可能でなければならない。

− DC

− AC(周波数 10 Hz∼2 000 Hz)

消費電力計測器に帯域制限フィルタを含む場合,その計測器は,測定回路から取り出すことが可能でな

ければならない。また,次による。

−  国際単位に由来する規格によって校正可能であるという計測器の特性を考慮する。分析器は,過去 1

年以内に校正していなければならない。

−  計測器を自動設定で使用する場合,計測器には,SPEC PTDaemon(参考文献を参照)によって測定値

の読取りを可能にするインタフェースを搭載していなければならない。分析器が対応する読取り速度

は,1 秒当たり測定値 1 セット以上とし,このセットはワット数のほか,ボルト数・アンペア数・力

率の読取値の二つ以上で定義する。分析器のデータ平均化間隔は,読取り間隔の 1 倍(推奨)又は 2

倍のいずれかとする。

“データ平均化間隔”とは,分析器の高速サンプル抽出電子装置によって捕捉し

た全てのサンプルが,測定値セットを提供するために平均化する時間として定義する。

また,測定装置については,測定者が選択した任意の時間間隔にわたって消費電力値を正確に平均する

ことが可能であることが望ましい。通常,計測器内において,積算消費電力量を時間で除すという内部的

数値計算によって得られるものであり,最も正確な方法である。代替案としては,測定装置は,0.1 mWh

以下の消費電力量分解能で測定者が選択した任意の時間間隔にわたって消費電力量を積算し,1 秒以下の

分解能で表示する時間を積算することが可能でなければならない。

5.8 

有効 RMS 電力計測器の精度 

1.0 W 以上の消費電力測定値は,95 %の信頼水準において,2 %以下の精度とする。1.0 W 未満の消費電

力測定値は,95 %の信頼水準において,0.02 W 以下の精度とする。電力測定機器は,次の分解能をもつ。

− 10

W 以下の消費電力測定値に対して,0.01 W 以下

− 10

W 超え 100 W 以下の消費電力測定値に対して,0.1 W 以下

− 100

W を超える消費電力測定値に対して 1.0 W 以下

全ての消費電力値はワット(W)で表記し,小数第 2 位に四捨五入する。10 W 以上の負荷については,

有効数字 3 桁で報告する。

これ以降に説明する有効最大電流比率(MCR:maximum current ratio)の計算値が 5 を超える負荷につい

ては,次の計算式を使用して不確実性を調整する。

MCF

PCF

CFR

=

CFR

の計算値が 1.0 未満である場合には,次の計算に使用する CFR 値を 1.0 とする。

PF

CFR

MCR

=

ここに,

PCF

製品によって引き込まれたピーク電流の測定値を,製品によ
って引き込まれた RMS 電流測定値で除した数値。

PF

製品が消費した電力の特徴。これは,実消費電力測定値の皮
相電力測定値に対する比率である。

また,不確実性は次による。

a) 10

以下の MCR 値に対して許容する不確実性


17

C 62623

:2014

消費電力測定値が 1.0 W 以上である場合,電力測定機器による最大許容相対不確実性は,95 %の信

頼水準において消費電力測定値の 2 %以下とする。

消費電力測定値が 1.0 W 未満である場合,電力測定機器による最大許容絶対不確実性

U

ma

は,95 %

の信頼水準において 0.02 W 以下とする。

b) 10

を超える MCR 値に対して許容する不確実性

次の計算式を使用して

U

pc

値を判断する。

U

pc

=0.02×{1+[0.08×(MCR−10)]}

上記の式において,

U

pc

は,MCR が 10 よりも大きい場合における最大許容相対不確実性である。

消費電力測定値が 1.0 W 以上である場合,電力測定機器による最大許容相対不確実性は,95 %の信

頼水準において

U

pc

以下とする。

消費電力測定値が 1.0 W 未満である場合,許容絶対不確実性は,95 %の信頼水準において

U

ma

(0.02 W)

又は絶対不確実性として W で表した(

U

pc

×測定値)ときの

U

pc

よりも大きくなくてはならない。

これら測定を簡易にするため,電力測定機器が,あらゆる“範囲外”条件を検出,表示,警告及び記録

することを推奨する。

注記  許容波高因子に関する電力計測器の仕様はこの規格に含んでいないが,測定された波形のピー

ク電流が,選択した範囲に対して許容される測定可能なピーク電流を超えないことが重要であ

り,超えている場合には上記不確実性の要求事項を達成していないことになる。

単相を超える電力に接続する製品の場合,電力測定機器は,接続する全ての相の総消費電力を測定でき

なければならない。

5.3.3

に規定する積算消費電力量を使用して消費電力を測定する場合,算出した消費電力測定の不確実性

は,上記の要求事項を満たさなければならない。

5.9 

周囲照度計の仕様 

EUT が自動ディスプレイ輝度調節機能に対応する場合には,5.4 に規定する周囲照度要求事項を満たす

環境において EUT を試験する。

周囲照度の測定に使用する計測器は,照度を測定し,次の要求事項を満たさなければならない。

−  分解能: 10

lx

−  精度:

±5 %

5.10 

結果報告 

次に記載する最低限の情報を報告しなければならない。次の書式は単なる一例であって,この規格の使

用者は,希望する任意の書式を使用することができる。


18

C 62623

:2014

結果報告書(例)

1. EUT の詳細

製造業者

 EUT

コード

モデル

番号

EUT の種類:

ノートブックパーソナルコンピュータ□

デスクトップパーソナルコンピュータ□

一体形デスクトップパーソナルコンピュータ□

オペレーティングシステム: Windows

□ Mac

OS

その他_________

オペレーティングシステムのバージョン詳細  ________________________

ノートブックパーソナルコンピュータに関して:

試験におけるバッテリパックの除去

はい  □

いいえ  □

“いいえ”の場合:

満充電バッテリパックの使用

はい  □

2. EUT 区分(TEC 結果を記録する場合にだけ求められる。)

区分(展開日を含む)

___________

適用される全ての TEC 補正を記載する(ULE 区分には適用されない)

_____________________________________________

_____________________________________________

_____________________________________________

3.  結果

TEC 結果を記録する場合には,全ての欄に記入。

消費電力モード

記録された平均ワット値(P)

オフモード(P

off

スリープモード(P

sleep

スリープモード(P

sleepWoL

ロングアイドル(P

idle

ショートアイドル(P

sidle

アクティブモード(P

work

)*

注*

該当する場合

TEC(WoL 無し):

_____________

TEC(WoL 有り):

_____________

TEC 補正許容値(該当する場合):

_____________


19

C 62623

:2014

主要プロファイルの使用

はい  □

いいえ  □

“いいえ”の場合,使用したプロファイルの詳細:

_____________________________________________

_____________________________________________

4.  試験条件

試験したサンプル数:

_________

使用した計測器の名称/モデル:

_________

供給電圧(V)

_________

供給周波数(Hz)

_________

THD(電圧)(%):

_________

周囲温度(℃)

_________

相対湿度(%)

_________

周囲照度(lx)

_________

5.  宣言

氏名:

_________________

役職:

_________________

署名:

_________________

日付:

_________________


20

C 62623

:2014

附属書 A

(参考)

プロファイル方法の概要

プロファイルはこの規格において重要な概念であって,TEC の測定に関して,複数のプロファイルに対

応するのではなく,単一(主要)プロファイルに重点をおく方法を取る。この附属書では,この方法の根

拠及びこの規格の作成において検討した他の方法を説明する。

コンピュータは多目的の装置であって,その装置が消費する TEC は,その装置の使われ方に大きく依存

している。コンピュータは区分によって説明することができるが,これは単にコンピュータのハードウェ

アとソフトウェアの特性を定義するものである。そして区分によって定義したコンピュータは,結果的に

同じコンピュータにおいて異なる TEC 値を招くプロファイルによって定義した様々な方法で使用する可

能性がある。

例えば,コンピュータ C1 を,使用者 U1 及び U2 が購入しているとする。U1 は大企業で働いており,

主にオフィス用アプリケーション一式を営業日(一般的に週当たり 5 日であって,休日を考慮する。

)に使

用する。U1 の TEC 値を T1 とする。U2 は同じコンピュータを家庭でインターネット利用及び家族との電

子メール交信に使用しており,この場合 T2 という別の TEC 値となる。T1 及び T2 の数値は異なるが,同

じコンピュータから得たものである。両方の TEC 結果は共に正しいが,この例が示しているように,TEC

値は使用方法プロファイルに影響を受ける。

したがって,正確な TEC 値を得ようとする場合には,コンピュータの区分だけに留意するのではなく,

そのコンピュータの使用方法プロファイルを説明することも重要である。

1 台のコンピュータに対して複数の TEC 推定値が生じる基準を作成することは,分かりにくい上に過度

に複雑である。そのため,この規格において取った方法では,TEC 値を標準的使用者を表す単一プロファ

イルに集中し,主要プロファイルと呼ぶ単一の標準的プロファイルに係るプロファイル特性(

T

off

T

sleep

T

idle

T

sidle

T

work

)を基準として用いる。

この規格において,標準的プロファイルは,大多数の使用者のコンピュータ使用方法を表すプロファイ

ルとして定義する。

図 A.1 に示すように,使用者の基本を,大多数の使用者は主要プロファイルに含み,

他の少数派プロファイルはこの範囲から外れる,正規分布曲線として考える。

図 A.1−標準的プロファイルの例 


21

C 62623

:2014

プロファイルの統計的データは,主要プロファイル及び少数派プロファイルを判断する目的において容

易に入手可能である。この規格では主要プロファイルに重点をおいていることから,TEC 値を生成するた

めの主要プロファイルに基づいた負荷サイクル特性を作成する。主要プロファイルに一致しないコンピュ

ータ使用者の場合には,そのコンピュータの使用方法に基づいた異なる TEC

actual

値になることを認識して

いるが,この方法は,妥協することによって複雑さを低減し,大多数の使用者について主要な使用方法に

基づいた正確な TEC

estimated

値を得るように TEC の利用をしている。

同様の方法は,自動車においてリッタ当たりのキロメータ数を推定する場合のように,他の業界におい

ても使用している。この例には,乗用車の効率を表すために全世界的が用いる,二つの使用方法プロファ

イルである高速走行と市内走行がある。しかし,これは大多数の使用者がその自動車をどのように使用す

るのかを表すものであり,実際の走行距離は,その使用者が実際にどのように運転するかで変化する。大

多数の使用者については推定値に近い燃料当たりの走行距離となるが,一部の使用者については走行距離

が変化する。


22

C 62623

:2014

附属書 B

(参考)

主要プロファイル

プロファイルの負荷サイクル特性は,4.3.1 に規定した。主要プロファイルの使用は,4.3.2 において推奨

している。この規格とともに使用を推奨している主要プロファイルは,企業における使用者,すなわち,

小規模から大規模事業所において,主にオフィスの生産性を向上させる用途を中心にコンピュータを使用

する人々に基づいており,

表 B.1 に示す。

企業における使用者に関するプロファイル調査が 500 台を超えるコンピュータに対して実施され,この

調査には中国,日本,欧州及び米国といった地理的に広範囲にわたって展開している産業の大企業も参加

した。その結果を

表 B.1 に示す。

表 B.1−企業の主要プロファイル負荷サイクル調査における負荷サイクル特性 

単位  %

デスクトップ

パーソナルコンピュータ

ノートブック

パーソナルコンピュータ

T

off

 45

25

T

slep

T

sleepWoL

 5

35

T

idle

 15

10

T

sidle

 35

30

T

work

 0

0

上記の比率は,ECMA-383 作業部会によって 2010 年に実施した,企業におけるプロファイル調査を通

じて作成したものである。

さらに,消費電力量に関する調査が機器 17 台について実施され,全ての機器の平均 TEC 誤差が平均し

て約 1.2 %であり(

図 B.1 及び表 B.2 参照),有効作業負荷を必要とする 15 %の誤差基準をはるかに下回る

ことから,企業におけるプロファイルには有効作業負荷は不要であることが明確に示された。


23

C 62623

:2014

表 B.2−企業における消費電力量調査の概要 

使用者

交流消費電力測定値 TEC 誤差の計算

アクティブ

ショート

アイドル

ロング

アイドル

スリープ

オフ TECact

TECcalc 誤差

(%)

1 45.8 42.7

36.7

1.5

0.5

160

160

0.1

2 32.1 32.0

26.0

1.5

0.5

120

120

0.3

3 33.8 33.9

23.9

1.5

0.5

123

123

0.2

4 36.2 35.7

29.7

1.5

0.5

134

134

0.5

5 21.2 21.0

15.0

1.5

0.5 79 78

0.6

6 33.2 33.2

25.6

1.5

0.5

123

123

0.1

7 35.1 35.0

26.1

1.5

0.5

128

128

0.2

8 22.2 21.9

20.5

1.5

0.5 87 87

0.7

9 40.4 39.7

33.7

1.5

0.5

149

149

0.4

10 44.4 42.6

37.7

1.5

0.5

165

161

2.5

11 28.4 27.9

17.7

1.5

0.5

101

100

1.2

12 25.3 25.3

18.6

1.5

0.5 94 94

0.0

13 22.1 22.1

10.8

1.5

0.5 77 77

0.0

14 19.9 18.6

17.8

1.5

0.5 75 75

0.4

15 30.4 29.6

21.8

1.5

0.5

111

109

1.7

16  12.0  9.0 9.0 1.5 0.5  43  39 8.7 
17 72.4 35.9

29.9

1.5

0.5

139

134

3.0

平均誤差 1.2 %

図 B.1TEC 誤差の概要図 

結果的に,企業における多数派プロファイルに関する TEC 計算式を,次に示す。

デスクトップ TEC

estimated

=8.76×(

P

off

×45 %+

P

sleep

×5 %+

P

idle

×15 %+

P

sidle

×35 %)

ノートブック TEC

estimated

=8.76×(

P

off

×25 %+

P

sleep

×35 %+

P

idle

×10 %+

P

sidle

×30 %)

これらの数値は,この規格の将来版のため,追加のプロファイル調査を通じて更に正当性を確認する。


24

C 62623

:2014

附属書 C 
(参考)

プロファイル調査の実施方法

C.1 

一般事項 

主要プロファイルをこの規格とともに使用しない場合,この規格の使用者は,使用するプロファイルを

確実なプロファイル調査を通じて作成することが望ましい。

C.2 

プロファイル調査の例 

コンピュータのクライアント使用者の大部分は,企業(例えば,オフィス)における使用者で構成して

いるため,プロファイル調査は,多数派プロファイルとなる“企業における使用者”に関して実施する。

コンピュータの使用方法に基づいた使用方法データを収集するために,統計的に有意な台数のコンピュ

ータに測定装置を装備する。

T

off

T

sleep

及び

T

on

の負荷サイクル特性を記録する。この調査は,1 年間以上

にわたって実施する。その後,

T

off

T

sleep

及び

T

on

の平均値を,サンプル時間及びサンプル数とともに調査

の一部として報告する。

調査の第 2 段階では,コンピュータに測定装置を装備し,調査対象のプロファイルと一致する使用者が

当該コンピュータを使用することによって,オン時消費電力を測定し,オン時の使用状況(

T

idle

T

sidle

及び

T

work

)を把握することを求める。このコンピュータのサンプルは,費用面の理由によって最初のサンプル

と同数にはできないが,異なるクライアントコンピュータ区分の多様なコンピュータを用いて複数の結果

を引き出すことができる十分なサンプル数とする。次の項目の算出例を示す。

−  所定のプロファイルに関する平均

T

idle

T

sidle

及び

T

work

の比率

− PAPR

−  プロファイル TEC 誤差

プロファイル調査は,データの収集方法と算出方法とを含め,調査で使用したコンピュータの説明及び

特性を提供する。

表 C.1 の例は,プロファイル調査で得る一部のデータを示しており,8 台のコンピュータについて

P

idle

P

sidle

P

on

測定値を表している。製品稼働時消費電力比率は各コンピュータについて算出し(

P

on

/

P

sidle

,PAPR

は全ての製品稼働時消費電力比率の平均値をとることによって算出する。

表 C.1−プロファイル調査 

測定

NB1 NB2 NB3 DT1 DT2 DT3 DT4 DT5

P

off

(W)  1 1 1 1.6

1.6

1.6

1.6

1.6

P

sleep

(W)  1.5 1.5 1.5 2.8 2.8 2.8 2.8 2.8

P

idle

(W)  22.7 19.3 22  39.3 55  120.9

210.5 168.1

P

sidle

(W)  32.8 28.2 28.1 39.3 55  120.9

210.5 168.1

P

on

(W)

34  28.7 30.3 40  56.5 122.8 227.3 168.7

製品稼働時

消費電力比率

1.03 1.02 1.08 1.02 1.03 1.02 1.08 1

PAPR 1.04 
NB:ノートブックパーソナルコンピュータ 
DT:デスクトップパーソナルコンピュータ


25

C 62623

:2014

製品稼働時消費電力比率は,コンピュータの稼働時消費電力を表すよい方法であって,製品がショート

アイドル状態のときと比べてどの程度高い状態にあるのかを示している。これは比率であることから,異

なる絶対消費電力値をもつ様々な製品を同列に検討することが可能となる。100 W レンジに入るデスクト

ップパーソナルコンピュータの比率は,20 W∼30 W レンジに入るノートブックパーソナルコンピュータ

の比率と統合可能である。

PAPR は,必要に応じて作業時負荷の特性を表す指標として使用する。このプロファイルの場合,有効

作業負荷はショートアイドル時消費電力測定に近似する。

さらに,プロファイル調査では,当該プロファイルの負荷サイクル特性を規定する必要がある。これは,

最初にコンピュータのオフ,スリープ及びオンモードの負荷サイクル特性(

T

off

T

sleep

T

on

)を判断し,次

にオンモード負荷サイクルの構成要素(

T

idle

T

sidle

T

work

)を判断する,二つの段階で実施することができ

る。

表 C.2 は,オフ,スリープ及びオンモードの負荷サイクル特性を判断するために,エネルギスターV5

基準に使用された既存の調査結果を表している。

表 C.2−エネルギスターV5 コンピュータ調査 

単位  %

デスクトップ

パーソナルコンピュータ

ノートブック

パーソナルコンピュータ

T

off

 55

60

T

sleep

 5

10

T

on

 40

30

負荷サイクル特性の

T

on

構成要素は,プロファイル調査を通じて作成する。上記の例を継続し,

表 C.3

のデータは,プロファイル調査に使用した各コンピュータについて負荷サイクル特性がどのように細分化

するのかを表しており,当該プロファイルの

T

idle

T

sidle

T

work

をサンプル製品の平均値から算出する。こ

の場合,当該プロファイルはデスクトップパーソナルコンピュータとノートブックパーソナルコンピュー

タとを区別している。

表 C.3−プロファイル調査における負荷サイクル 

単位  %

測定

NB1 NB2 NB3 DT1 DT2 DT3 DT4 DT5

T

idle

1.6 4.6 1.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0

T

sidle

15.9 19.9 11.2 37.2 21.3 26.7  6.3 36.5

T

work

12.6 5.5 17.5 2.8 18.7 13.3 33.7 3.5

 NB  DT

プロファイル T

idle

 2.5

0.0

プロファイル T

sidle

 15.7

25.6

プロファイル T

work

 11.9

14.4

NB:ノートブックパーソナルコンピュータ 
DT:デスクトップパーソナルコンピュータ

このデータを使用して,TEC

actual

値及び TEC

estimated

値を算出することができる。TEC

actual

は,平均オン時

消費電力に

P

on

を使用して算出するが,TEC

estimated

は,測定した

P

idle

P

sidle

T

idle

T

sidle

T

work

及び

P

work

費電力の近似値として

P

sidle

を使用して算出する。これを

表 C.4 に要約する。


26

C 62623

:2014

表 C.4−プロファイル調査における TEC

actual

及び TEC

estimated

計算 

測定

NB1 NB2 NB3 DT1 DT2 DT3 DT4 DT5

TEC

actual

 96.0

82.1

86.3

149.1

206.9 439.2 805.4 600.1

TEC

estimated

 90.7

78.8

79.2

146.6

201.7 432.6 746.5 598.0

製品 TEC 誤差

5.6 %

4.0 %

8.3 %

1.6 %

2.5 %

1.5 %

7.3 %

0.4 %

PAPR 3.9

%

NB=ノートブックパーソナルコンピュータ 
DT=デスクトップパーソナルコンピュータ

TEC

actual

及び TEC

estimated

の計算例は,NB1 データに関して次に示す。

TEC

actual

=8.76×[

T

off

×

P

off

T

sleep

×

P

sleep

+(

T

idle

T

sidle

T

work

P

on

]

TEC

actual

=8.76×[60 %×1 W+10 %×1.5 W+(2.5 %+15.7 %+11.9 %)×34 W]

TEC

actual

=96.2 kWh

TEC

actual

は,コンピュータがオン状態であった時間にわたって測定したそのコンピュータの平均消費電

力である

P

on

測定値を使用して算出する。

そのため加重係数は,

稼働時に関する全ての構成要素

T

idle

T

sidle

T

work

)の合計となる。

TEC

estimated

では,適切な加重係数で評価する

T

idle

及び

T

sidle

を用いるが,静的に測定する

P

sidle

を P

work

値と

置き換えている。

TEC

estimated

=8.76×[

T

off

×

P

off

T

sleep

×

P

sleep

T

idle

×

P

idle

+(

T

sidle

T

work

P

sidle

]

TEC

estimated

=8.76×[60 %×1 W+10 %×1.5 W+2.5 %×22.7 W+(15.7 %+11.9 %)×32.8 W]

TEC

estimated

=90.8 kWh

推定値(実際の作業負荷による試験は必要としない)が製品の TEC 誤差にどのように影響するのかを理

解するために,次の計算式を用いる。

(TEC

actual

−TEC

estimated

)/(TEC

actual

)

(96.2−90.8)/96.2=5.6 %誤差

同じ計算を全ての製品について行い,次に製品の TEC 誤差を平均化し 3.9 %のプロファイル TEC 誤差を

得る。

この場合,本プロファイル調査からは,このプロファイルの TEC には有効作業負荷は不要であって,こ

のプロファイルに関して提出する全ての TEC 値は,ショートアイドルによって TEC 推定値を用いて推定

可能であることを示している。

プロファイル調査が,大きなプロファイル TEC 誤差を示した場合には,

P

work

特性を測定できるように有

効作業負荷を作成しなければならない。有効作業負荷は,プロファイルで想定している利用方法で使用し

ているプログラム類を複数・断片的に含めて作成しなければならないが,

5.6.4

に示すように,

PAPR が PAWR

の 15 %以内であることも確保することが必要である。

すなわち,次の計算式によって求められる。

− PAPR=

P

on

/

P

sidle

− PAWR=

P

work

/

P

sidle

− 15

%>|(PAPR−PAWR)|/PAPR(絶対値)


27

C 62623

:2014

又は,

− 15

%>TEC

actual

−TEC

estimated

/TEC

actual

上記の式において,

TEC

actual

=8.76×(

P

off

×

T

off

P

sleep

×

T

sleep

P

idle

×

T

idle

P

sidle

×

T

sidle

P

work

×

T

work

)

TEC

estimated

=8.76×[

P

off

×

T

off

P

sleep

×

T

sleep

P

idle

×

T

idle

P

sidle

×(

T

sidle

T

work

)]

この結果,本消費電力量調査に用いる作業時負荷に適した条件を示す次の計算式が得られる。

− 15

%>(

P

work

×

T

work

P

sidle

×

T

work

)/(

P

off

×

T

off

P

sleep

×

T

sleep

P

idle

×

T

idle

P

sidle

×

T

sidle

P

work

×

T

work

)


28

C 62623

:2014

附属書 D 
(参考)

TEC

計算例

D.1 

一般事項 

この附属書では,ノートブックパーソナルコンピュータ及びデスクトップパーソナルコンピュータにお

ける TEC 計算の例を,D.2 及び D.3 に示す。

D.2 

ノートブックパーソナルコンピュータの例 

ノートブックパーソナルコンピュータは,その TEC 値を測定することを目的として,次の構成をもつも

のとする。

−  2 コア CPU

− 15 インチ(38.1 cm)ディスプレイ

−  2 メモリ伝送路能力

−  4 ギガバイトメモリ

−  一体形グラフィックス制御装置

次に測定者は,このノートブックパーソナルコンピュータを使用して箇条 に規定した試験を実施し,

その結果を次に要約する。

P

off

  =1.4 W

P

sleep

  =4.3 W

P

idle

  =8.7 W

P

sidle

  =13.2 W

主要プロファイルの場合には,次の TEC 計算式を使用する。

Notebook TEC

estimated

=8.76×(

P

off

×25 %+

P

sleep

×35 %+

P

idle

×10 %+

P

sidle

×30 %)

この計算式に測定値を代入する。

Notebook TEC

estimated

=8.76×(1.4×25 %+4.3×35 %+8.7×10 %+13.2×30 %)

よって,

Notebook TEC

estimated

=58.6 kWh/y

測定者がこの TEC 値を当該区分に関連する特定の制限値又は規制値と比較する場合,その制限値に補正

を適用する必要がある可能性がある。これらの補正値は,試験結果の使用者によって規定する。

附属書 に示す区分登録一覧には,この製品は,例として次に定義する NBX 区分に該当することが分

かる。この例は登録一覧に実在する区分には基づいてなく,実際の区分登録一覧は経時的に変化すること

に留意する。

定義:二つ以上の CPU コア,一つ以上のメモリ伝送路,2 ギガバイト以上のメモリ,内蔵グラフィッ

クス及び 13.3 インチ以下の画面サイズ

さらに,この TEC 制限値には,上記の基本値(2 ギガバイト)を超えるメモリに対して x kWh/Gbyte の

補正を考えることを,登録一覧に示している。したがって,この仕様の使用者は,当該区分の制限値を確

認し,その制限値に補正値(基本区分定義を超えるメモリが 2 ギガバイトの場合,2*xkWh/Gbyte)を加え

る。


29

C 62623

:2014

この場合,この仕様の使用者は,算出した制限値に応じて,TEC 値の合否を次によって判断する。

合格:58.6 kWh≦[TEC 制限値+2* x]

不合格:58.6 kWh>[TEC 制限値+2* x]

D.3 

デスクトップパーソナルコンピュータの例 

一体形デスクトップパーソナルコンピュータは,その TEC 値を測定することを目的として,次の構成を

もつものとする。

−  3 コア CPU

− 20 インチディスプレイ

−  3 メモリ伝送路能力

−  4 ギガバイトメモリ

−  一体形グラフィックス制御装置

次に測定者は,この一体形デスクトップパーソナルコンピュータを使用して箇条 に規定した試験を実

施し,その結果を次に要約する。

P

off

  =2.2 W

P

sleep

  =4.1 W

P

idle

  =25.7 W

P

sidle

  =33.6 W

主要プロファイルの場合には,次の TEC 計算式を使用する。

Desktop TEC

estimated

=8.76×(

P

off

×45 %+

P

sleep

×5 %+

P

idle

×15 %+

P

sidle

×35 %)

この計算式に測定値を代入する。

Desktop TEC

estimated

=8.76×(2.2×45 %+4.1×5 %+25.7×15 %+33.6×35 %)

よって,

Desktop TEC

estimated

=147.3 kWh/y

測定者がこの TEC 値を当該区分に関連する特定の制限値と比較する場合,その制限値に補正を適用する

必要がある可能性がある。これらの補正値は,試験結果の使用者によって規定する。

附属書 に示す区分登録一覧には,この製品は,例として次に定義する DTX 区分に該当することが分

かる。この例は登録一覧に実在する区分には基づいてなく,実際の区分登録一覧は経時的に変化すること

に留意する。

定義:二つ以上の CPU コア,二つ以上のメモリ伝送路,2 ギガバイト以上のメモリ

さらに,この TEC 制限値には,上記の基本値(2 ギガバイト)を超えるメモリに対して x kWh/Gbyte の

補正を考えることを,登録一覧に示している。したがって,この仕様の使用者は,当該区分の制限値を確

認し,その制限値に補正値(基本区分定義を超えるメモリが 2 ギガバイトの場合,2*xkWh/Gbyte)を加え

る。

また,TEC 制限値には,一体形ディスプレイに対して y kWh の補正を考えることが,登録一覧に示して

いる。この場合,この仕様の使用者は,算出した制限値に応じて,TEC 値の合否を次によって判断する。

合格:147.3 kWh≦[TEC 制限値+2 (x+y)]

不合格:147.3 kWh>[TEC 制限値+2 (x+y)]


30

C 62623

:2014

附属書 E

(参考)

エネルギスターV5 準拠試験方法

E.1 

一般 

対応国際規格は,エネルギスターV6 試験方法に準拠するように策定したが,その大部分はエネルギスタ

ーV5/V5.2 の試験方法に基づく規則を強化するものである。概してこの試験方法は,ショートアイドル及

びロングアイドルの試験に関する部分を除き同一である。この附属書では,ショート及びロングアイドル

試験に関するエネルギスターV5 準拠試験方法を示す。また,V5 準拠試験方法の負荷サイクル特性を,

E.1

に示す。

エネルギスターV5 及び V5.2 基準においては,

“アイドル”の用語だけを使用している。一体形ディスプ

レイをもつシステムに対するアイドル測定方法及び外部ディスプレイをもつシステムに対するアイドル測

定方法の二つの異なる試験方法がある。対応国際規格では,エネルギスターV5 及び V5.2 において,一体

形ディスプレイをもつシステムを試験する状態(

例  ノートブックパーソナルコンピュータ,一体形デス

クトップパーソナルコンピュータ等は,画面をオフ状態又は無表示状態)にロングアイドルの用語を使用

し,エネルギスターV5 及び V5.2 において外部ディスプレイをもつシステムを試験する状態(

例  タワー

形デスクトップパーソナルコンピュータ等は,画面をオン状態)にショートアイドルの用語を使用してい

る。

表 E.1V5 準拠試験の負荷サイクル特性 

単位  %

デスクトップ

パーソナルコンピュータ

ノートブック

パーソナルコンピュータ

T

off

 55

60

T

sleep

T

sleepWoL

 5

10

T

idle

 0

30

T

sidle

 40 0

T

work

 0

0

E.2 

エネルギスターV5.2 準拠ロングアイドルモードの測定 

エネルギスターV5.2 準拠ロングアイドルモードの測定手順を,次に示す。

− EUT の電源を入れる。

−  オペレーティングシステムの読込み完了後の準備状態でログインして,標準動作デスクトップ画面又

はそれに相当する稼働準備画面を表示するように,開いているウィンドウを全て閉じ,EUT を次に定

義するロングアイドルモードにする。

EUT はアイドル状態に達し(例  OS の起動,有効作業負荷の完了又はスリープからの再開から 15

分後)

,画面は無表示であるが作業状態(ACPI G0/S0)を維持しているモード。電力管理機能は出荷

時に設定されている場合に動作している(

例  ディスプレイはオン状態である等)が,EUT はスリー

プモードに移行することを抑制されており,該当する場合,HDD は,当該ドライブに分離できない不

揮発性キャッシュが含まれている(

例  ハイブリッドハードドライブ)場合を除いて,試験の間にわ

たって電力管理(回転を低減)をすることができない。二つ以上の内部ハードドライブを出荷時に搭


31

C 62623

:2014

載している場合,主要でない内部ハードドライブについては,出荷時のとおりにハードドライブ電力

管理機能を有効にして試験することができる。これらの追加ハードドライブが顧客に対して出荷する

際に電力管理していない場合には,これら機能を実行させずに試験しなければならない。

− EUT がロングアイドルモードに移行した後,計測器を必要に応じて初期化し,1 秒当たり 1 回以上の

読取り間隔で有効消費電力値の積算を開始する。

−  消費電力値を 5 分間積算し,5 分間で得た平均値(算術平均)を

P

idle

として記録する。

E.3 

エネルギスターV5.2 ショートアイドルモードの測定 

エネルギスターV5.2 ショートアイドルモードの測定手順を,次に示す。

− EUT の電源を入れる。

−  オペレーティングシステムの読込み完了後の準備状態でログインして,標準動作デスクトップ画面又

はそれに相当する稼働準備画面を表示するように,開いているウィンドウを全て閉じ,EUT を次に定

義するショートアイドルモードにする。

EUT はアイドル状態に達しており(例  OS の起動,有効作業負荷の完了又はスリープからの再開

から 15 分後)

,画面はオン状態(システムは,ディスプレイが無表示状態又はオフ状態にならないよ

うに再設定状態)であって,出荷時の明るさに設定し,ロングアイドル電力管理機能は動作しておら

ず(

例  HDD は回転し,EUT はスリープモードに移行することを抑制),タイマーによって低明るさ

制御を禁止しているモードとする。

− EUT がショートアイドルモードに移行した後,計測器を必要に応じて初期化し,1 秒当たり 1 回以上

の読取り間隔で有効消費電力値の積算を開始する。

−  消費電力値を 5 分間積算し,5 分間で得た平均値(算術平均)を

P

sidle

として記録する。


32

C 62623

:2014

附属書 F

(参考)

消費電力測定方法

F.1 

一般事項 

この附属書は,CENELEC 規格 EN 50564:2011 に規定している現行の手順に従うものである。この手順

には,不安定な周期的又は持続時間に限定したモードの消費電力測定方法を含む。これらの方法は,測定

結果,特に低消費電力の測定について,反復可能性及び再現性を改善することを意図している。

この規格において,消費電力値は次のいずれかの方法によって判断する。

−  サンプル抽出方法:測定装置を使用し,測定期間にわたって一定の間隔で消費電力測定値を記録する

方法(F.2 参照)

。サンプル抽出方法は,この規格における全てのモード及び製品の種類に対して推奨

する測定方法である。消費電力値が周期的に変化する若しくは不安定なモード又は持続時間を限定し

たモードに関して,サンプル抽出方法は,この規格において使用しなければならない唯一の測定方法

である。

−  平均読取り方法:消費電力値が安定しており,モードが安定している場合において,指定時間にわた

る測定装置の消費電力読取値を平均する,又はその代わりに指定時間にわたる消費電力量を記録しそ

の時間で除算する方法である。この方法が有効な状況に関する詳細については,F.3 を参照する。

−  直接計測器読取り方法:消費電力値が安定しており,モードが安定している場合において,測定装置

の消費電力読取値を記録する方法である。この方法が有効な状況に関する詳細については,F.4 を参

照する。

注記  ある時間の積算消費電力量によって,平均消費電力値を決定することは,消費電力値の平均化

と同等である。消費電力量積算器を使用する方が,測定者が指定する時間にわたって消費電力

を平均化するよりも一般的である。

F.2 

サンプル抽出方法 

この方法は,消費電力が周期的若しくは不安定である又はモードの持続時間を限定している場合に使用

する。また,この方法はモードが安定している場合において,最短時間の試験方法となる。しかし,この

方法は全てのモードに使用することが可能で,

この規格における全ての測定に対して推奨する方法である。

製品の動作又はモードの安定性に関して疑義がある場合には,この方法を使用することが望ましい。

製品に電源装置及び電力測定機器を接続する。当該製品の測定するモードを選択し消費電力の記録を開

始する。これには,製品が目的のモードに自動的に移行することを待つなど,一連の動作を必要とする可

能性がある。消費電力の読取値は,電圧及び電流の他の主要パラメータとともに,指定した最低時間にわ

たって 1 秒以下の等間隔で記録する。

0.25 秒又はそれよりも短い等間隔によるデータ収集は,不規則又は定期的若しくは不定期な電源変動が

ある場合の負荷に対して適用することが望ましい。

あるモード内の消費電力が周期的ではない場合には,平均消費電力は次のように評価する。

製品を 15 分間以上にわたって通電状態にする。これを総時間とする。

総時間の最初の 3 分の 1(5 分間)において記録したデータの使用は,常に放棄する。総時間の次の 3

分の 2(10 分間)において記録したデータを,安定性の判断に使用する。


33

C 62623

:2014

安定性の確立は,総時間の後半 3 分の 2 で記録した平均消費電力によって決まる。入力電力が 1 W 以下

の場合には,総時間の後半 3 分の 2 における全ての消費電力読取値における直線回帰が,10 mW/h 未満の

傾きをもつときに,安定性は確立する。入力電力が 1 W を超える場合には,総時間の後半 3 分の 2 におけ

る全ての消費電力読取値における直線回帰が,1 時間当たりの入力電力測定値の 1 %未満の傾きをもつと

きに,安定性は確立する。

15 分の総時間において上記の安定性基準を満足することができない場合には,上記の該当する基準が総

時間の後半 3 分の 2 において達成するまで,総時間を継続的に延長する。

安定性を達成した後,その結果は,総時間の後半 3 分の 2 における平均消費電力となる。

注記  3 時間の総時間内に安定性を達成できない場合は,未加工データを評価して,定期的又は周期

的な傾向がないかを調べる。

あるモード内の消費電力が周期的,すなわち,数分又は数時間にわたって発生する定期的な一連の消費

電力状態である場合には,4 回以上の完全周期における平均消費電力を次によって評価する。

−  製品を 10 分間以上の初期動作時間にわたって通電状態にする。この時間におけるデータは,当該製品

の消費電力の評価に使用しない。

−  その後,二つの比較時間を含む十分な時間にわたって製品を通電状態にする。この比較時間はそれぞ

れ,2 回以上の周期を含み,10 分間以上とする。比較時間には同数の周期を含む。

−  各比較時間の平均消費電力を算出する。

−  各比較時間の中間ポイントを時間単位で算出する。

−  二つの比較時間における消費電力値の差異を,各比較時間の中間点における時間の差異で除した数値

が,次の条件未満の傾きをもつ場合に,安定性は確立する。

−  入力電力が 1 W 以下である製品については,10 mW/h

−  入力電力が 1 W を超える製品については,1 時間当たりの入力電力測定値の 1 %

上記の安定性基準を満足しない場合には,上記の該当する基準を達成するまで,追加周期を各比較時間

に平等に追加する。

安定性を達成した後,その消費電力は,両比較時間における全ての読取値の平均値と判断する。

周期が不安定又は不定期である場合は,そのモードの消費電力特性を適切に示すために十分なデータを

測定することが望ましい。10 周期以上がよい。

全ての場合において,ウォームアップ時間,周期パターン並びに不安定及び安定時間を明確にするため

に,データを記録した時間における消費電力をグラフ形式で表すことが望ましい。

F.3 

平均読取り方法 

この方法は,周期的負荷又は持続時間が限定的なモードには使用しない方がよい。

注記  サンプル抽出方法(F.2 参照)を使用した場合,より短時間の測定が可能になる。

製品に電源装置及び電力測定機器を接続する。測定するモードを選択し,その消費電力を測定する。こ

れには一連の動作を必要とする可能性があって,製品が目的のモードに自動的に移行するのを待つことが

必要な場合がある。製品が 30 分間以上にわたって安定した後,二つの隣接した測定時間の安定性を評価す

る。これらの測定時間の平均消費電力は,次の平均消費電力又は積算消費電力のいずれかの方法を使用し

て判断する。

それぞれ 10 分間以上であり,おおむね同一の時間である二つの比較時間を選択し,各時間の開始時間及

び継続時間を記録する。


34

C 62623

:2014

各比較時間の平均消費電力値を判断する。

二つの比較時間における消費電力値の差異を,

各比較時間の中間点における時間の差異で除した数値が,

次の条件未満の傾きをもつ場合に,安定性は確立する。

−  入力電力が 1 W 以下である製品については,10 mW/h

−  入力電力が 1 W を超える製品については,1 時間当たりの入力電力測定値の 1 %

上記の安定性基準を満足しない場合には,上記の該当する基準を達成するまで,おおむね均等の時間を

追加する。

安定性を達成した後,その消費電力は,両比較時間における読取値の平均値として判断する。

各 30 分間の比較時間を用いても安定性を達成できない場合には,F.2 のサンプル抽出方法を使用する。

平均読取り方法には,次の二つの方法がある。

−  平均消費電力方法:電力測定機器が,測定者によって選択した時間における有効な平均消費電力値を

記録可能である場合,その選択した時間は 10 分間以上とする。

−  積算消費電力方法:電力測定機器が,測定者によって選択した時間における消費電力量を測定可能で

ある場合,その選択した時間は 10 分間以上とする。積算時間は,消費電力量及び時間の総合的な記録

値が,消費電力量及び時間の計測器がもつ分解能の 200 倍よりも大きくなるようにする。消費電力量

の測定値を測定時間で除すことによって,平均消費電力値を判断する。

整合性のある単位を確保するために,上記ではワット時及び時間を使用してワット値を表すことが望ま

しい。

測定装置が約 1 秒の時間分解能をもつ場合,測定装置における積算には 200 秒(3.33 分)以上が必要と

なる。

測定装置が約 0.1 mWh の消費電力量分解能をもつ場合,このような測定装置における消費電力量の積算

には 20 mWh 以上が必要となる(0.1 W の負荷においては約 12 分,1 W においては 1.2 分かかる。

。時間

及び消費電力量の両方の分解能要求事項は,読取りだけでなく,上記に指定している記録時間(10 分間)

以上においても満足することが望ましい。

F.4 

直接計測器読取り方法 

直接計測器読取り方法は,モードが変化せず,測定装置に表示する消費電力の読取値が安定している場

合においてだけ使用する。この方法は,検証目的には使用しない方がよい。疑義が発生した場合には,F.2

又は F.3 に指定する方法を用いた結果が,当該方法を用いた結果より優先する。

注記  サンプル抽出方法(F.2 参照)を使用した場合,より短時間の測定が可能になる。

直接読取り方法を用いた消費電力は,次のとおりに評価する。

試験する製品に電源装置及び測定装置を接続し,測定するモードを選択する。

製品は 30 分間以上にわたって動作する。消費電力が安定したときに,測定装置から消費電力測定値を読

み取る。読取値が引き続き変化しているような場合は,安定するまで 30 分間延長する。

10 分間以上の時間が経過した後,追加の消費電力測定値の読取りを行い,消費電力測定値の読取り時間

の間隔を時間単位で記録する。

二つの読取りにおける消費電力の差異を,読取りの時間間隔によって除した数値が,次の条件未満であ

る場合には,この結果は,二つの読取値の平均値となる。

−  入力電力が 1 W 以下である製品については,10 mW/h

−  入力電力が 1 W を超える製品については,1 時間当たりの入力電力測定値の 1 %


35

C 62623

:2014

上記の該当する基準を満足しない場合には,直接計測器読取り方法を使用しない方がよい。


36

C 62623

:2014

附属書 G 
(規定)

対応国際規格に関する区分の登録方法

(削除)


37

C 62623

:2014

参考文献

IEC 60050-732:2010

,International Electrotechnical Vocabulary−Part 732: Computer network technology

IEC 62075

,Audio/video, information and communication technology equipment−Environmentally conscious

design

IEC 62301

,Household electrical appliances−Measurement of standby power

EN 62301-1

,Electrical and electronic household and office equipment−Measurement of low power consumption

IEEE 802.3

,IEEE Standard for Information technology−Telecommunications and information exchange

between systems−Local and metropolitan area networks−Specific requirements−Part 3: Carrier sense 
multiple access with Collision Detection (CSMA/CD) Access Method and Physical Layer Specifications

(free download from <http://standards.ieee.org/getieee802/802.3.html>)

IEEE 802.11

,IEEE Standard for Information technology−Telecommunications and information exchange

between systems−Local and metropolitan area networks−Specific requirements−Part 11: Wireless LAN 
Medium Access Control (MAC) and Physical Layer (PHY) Specifications

(download from <http://standards.ieee.org/findstds/standard/802.11-2012.html>)

ECMA-383

,Measuring the Energy Consumption of Personal Computing Products (3rd edition)

SPEC PTDaemon, <www.spec.org/power/docs/SPECpower-Design_ptd.pdf>

EPS, Test Method for Calculating the Energy Efficiency of Single-Voltage External Ac-Dc and Ac-Ac Power

supplies. Available from the EPRI methods website via www.epri.com at

<http://www.efficientpowersupplies.org/pages/External_Power_Supply_Efficiency_Test_Method_8-11-04.pd

f>

IPS, Generalized Test Protocol for Calculating the Energy Efficiency of Internal Ac-Dc and Dc- Dc Power

Supplies Revision 6.4.3. Available from the EPRI methods website via www.epri.com at

<http://efficientpowersupplies.epri.com/pages/Latest_Protocol/Generalized_Internal_Power_Supply_

Efficiency_Test_Protocol_R6.4.3.pdf>


38

C 62623

:2014

附属書 JA

(参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS C 62623:2014

  パーソナルコンピュータの消費電力測定方法

IEC 62623:2012

,Desktop and notebook computers−Measurement of energy consumption

(I)JIS の規定

(II)

国際

規格
番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと

の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差

異の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条

番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

2

引用規格

削除

この規格では不要。

5.5.1

一般事項

削除

実態と相違しているのでこの規格
では不採用とした。

5.5.2 ULE 区分

削除

5.5.3 注記 2

削除

この規格では不要。

附属書 G 
(規定)

削除

この規格では不要。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:IEC 62623:2012,MOD

注記 1

箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

−  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

注記 2

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

−  MOD  国際規格を修正している。

38

C

 62623


2014