>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲 

1

2

  引用規格 

1

3

  用語及び定義  

2

4

  共通フォーマットの位置付け及び要件  

2

4.1

  コンテンツ生成・配布モデルにおける共通フォーマット  

2

4.2

  共通フォーマットの要件  

2

5

  記法  

3

6

  論理構造 

3

7

  セマンティクス  

5

附属書 A(規定)BBeB Xylog フォーマット  

6

附属書 B(規定)XMDF XML フォーマット  

71

附属書 C(規定)ESP フォーマット  

218

参考文献  

325


C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)

及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格に従うことは,次の者の有する特許権等の使用に該当するおそれがあるので,留意する。

−  氏名:ソニー株式会社

−  住所:〒108-0075  東京都港区港南 1-7-1

−  氏名:シャープ株式会社

−  住所:〒545-8522  大阪市阿倍野区長池町 22 番 22 号

上記の,特許権等の権利者は,非差別的かつ合理的な条件でいかなる者に対しても当該特許権等の実施

の許諾等をする意思のあることを表明している。ただし,この規格に関連する他の特許権等の権利者に対

しては,同様の条件でその実施が許諾されることを条件としている。

この規格に従うことが,必ずしも,特許権の無償公開を意味するものではないことに注意する必要があ

る。

この規格の一部が,上記に示す以外の特許権等に抵触する可能性がある。経済産業大臣及び日本工業標

準調査会は,このような特許権等に関わる確認について,責任はもたない。

なお,ここで“特許権等”とは,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権をいう。


日本工業規格

JIS

 C

62448

:2016

(IEC 62448

:2013

)

マルチメディアのシステム及び機器−

マルチメディアの電子出版及び電子書籍−

電子出版のための共通フォーマット

Multimedia systems and equipment-

Multimedia e-publishing and e-books-Generic format for e-publishing

序文 

この規格は,2013 年に第 3 版として発行された IEC 62448 を基に,技術的内容及び構成を変更すること

なく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,データ編集者と出版者との間の電子書籍データ交換に用いられるマルチメディア電子出版

のための共通フォーマットを規定して,編集可能,拡張可能及び多様な論理構造という多くの出版者要件

を満たす。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 62448:2013

,Multimedia systems and equipment−Multimedia e-publishing and e-books−Generic

format for e-publishing(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS X 0304

  国名コード

注記  対応国際規格:ISO 3166-1,Codes for the representation of names of countries and their

subdivisions−Part 1: Country codes(IDT)

JIS X 0412-1

  言語名コード−第 1 部:2 文字コード

注記  対応国際規格:ISO 639-1,Codes for the representation of names of languages−Part 1: Alpha-2

code(MOD)

JIS X 4177-2

  文書スキーマ定義言語(DSDL)−第 2 部:正規文法に基づく妥当性検証−RELAX NG

注記  対 応 国 際 規 格 : ISO/IEC 19757-2 , Information technology − Document Schema Definition

Language (DSDL)−Part 2: Regular-grammar-based validation−RELAX NG(IDT)


2

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

マルチメディア電子書籍(multimedia e-book)

テキスト,図形,音及び映像によって構成されるマルチメディアコンテンツ(IEC 62229 参照)

3.2

データ編集者(data preparer)

電子書籍のデータを準備(生成・編集)する組織又は人(IEC 62229 参照)

注記  エディタはデータ編集者の一例である。

3.3

出版者(publisher)

電子書籍を発行・頒布する組織又は人(IEC 62229 参照)

3.4

共通フォーマット(generic format)

データ編集者によるデータ生成・編集結果のマルチメディア電子書籍コンテンツ,及び電子書籍頒布用

の閲覧フォーマットに向けての出版者によるデータ修正結果のマルチメディア電子書籍コンテンツのため

のフォーマット。

共通フォーマットの位置付け及び要件 

4.1 

コンテンツ生成・配布モデルにおける共通フォーマット 

マルチメディア電子出版のための概念モデル(IEC 62229 参照)が,コンテンツの制作から頒布までの

モデルを

図 のとおり規定している。

著者 <--(1)--> データ編集者 <--(2)--> 出版者 --(3)--> 読者

図 1−コンテンツの制作から頒布までのモデル 

データ編集者及び出版者という隣接する処理過程の間[

図 に示す(2)]で,電子書籍コンテンツのデー

タは,共通フォーマットを用いて交換される。著者が提供するテキスト,図形,音及び/又は映像の原デ

ータを組み込んで,データ編集者は,共通フォーマットの電子書籍データを生成・編集する。電子書籍デ

ータは,記録され,出版者に送付される。出版者は,共通フォーマットを頒布の方式及び装置に適した閲

覧フォーマットに修正する。共通フォーマットは,電子書籍の頒布にも利用できる。

4.2 

共通フォーマットの要件 

共通フォーマットは,データ編集者及び出版者の次に示す要件を充足できる。

a)

論理構造  共通フォーマットは,改訂を容易に行える論理構造をもたなければならない。

b)

スタイル指定  共通フォーマットの論理要素は,適切な閲覧フォーマットを生成するためのスタイル

指定に従って,レンダリングされることが望ましい。

c)

多様な構造  マルチメディア電子書籍は,コンテンツの分野に応じて,数式,化学式,楽譜などの多

様な構造を含んでいてもよい。それらに固有の構造は,共通フォーマットにインポートされることが

望ましい。

d)

メタデータ  共通フォーマットは,電子書籍コンテンツのデータを管理するためのメタデータをサポ


3

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

ートすることが望ましい。

記法 

共通フォーマットの論理構造は,JIS X 4177-2 の RELAX NG スキーマを用いて記述される。

論理構造 

共通フォーマット ebook-g の論理構造は,スキーマ記述に示すとおり,次の 4 種のフォーマットのいず

れかを選択できる。

−  簡潔で拡張可能なフォーマットである ebook-g-core

−  既に使用実績のあるフォーマットである BBeB Xylog

−  既に使用実績のあるフォーマットである XMDF

−  既に使用実績のあるフォーマットである ESP

BBeB Xylog,XMDF 及び ESP のフォーマットは,それぞれ附属書 A,附属書 及び附属書 に示す。

注記 ebook-g-core については,スキーマによって示すごく少数の要素型及び属性の構造だけを規定

し,そのセマンティクスは規定しない。このフォーマットの利用者は,規定された構造の中で,

セマンティクスを独自に定義してよい。そのフォーマットに基づく電子書籍の交換性は,この

規格で規定された構造の範囲内だけで保たれる。セマンティクスまで含めた交換性を必要とす

る電子書籍の交換には,BBeB Xylog,XMDF 又は ESP のフォーマットを選択して用いる。

default namespace="http://tc100.iec.ch/2005/ebook/generic"

start = ebook-g

ebook-g = ebook-g-core

                | external "bbebxylog.rnc"

        | external "xmdf.rnc"

        | external “esp.rnc”

ebook-g-core = meta-g & body-g

meta-g = external "meta-g.rnc"

body-g = element body-g { body }

body =

  title*,

  foreword*,

  introduction*,

  titled-clause+,

  annex*,

  bibliography*

title = element title {

        element main { text },

        element sub { text }?

            }

foreword = element foreword { text }


4

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

introduction = element introduction { block+ }

titled-clause = element clause { id, title, clause-content }

clause-content =

    (titled-clause, titled-clause+) | untitled-clause-content

untitled-clause-content = (untitled-clause, untitled-clause+) | block+

untitled-clause = element clause { id, untitled-clause-content }

referenced-document =

  element referenced-document {

        id,

        element abbrev { text },

        element title { text },

        element field { text }*,

        element url { xsd:anyURI }

    }

annex =

  element annex {

        id,

    title,

    clause-content

    }

bibliography = element bibliography { referenced-document+ }

block = p | ol | ul | example | note | pre | float

p = element p { inline }

float = table | figure

table = external "table.rnc"

figure = external "figure.rnc"

ol =

  element ol {

        element li { id, block+ }+

    }

ul =

  element ul {

        element li { block+ }+

    }

example = element example { p+ }

note = element note { p+ }

pre = element pre { pre-content }

pre-content =

    (text

      | element var { pre-content })*


5

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

inline =

    (text

      | element code | b | i | var { inline }

      | ref

   | strong)*

ref =

    element ref {

      attribute to { xsd:IDREF }

        }

id = attribute id { xsd:ID }?

strong = element strong { text }

セマンティクス 

ebook-g-core の要素は,適切なスタイル指定に従ってレンダリングされることが望ましい。XSL,DSSSL

などのスタイル言語によって指定される実際のスタイル指定は,この規格の適用範囲外とする。meta-g.rnc,

table.rnc 及び figure.rnc の内容は,ebook-g-core の体系の中では規定しない。


6

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

附属書 A

(規定)

BBeB Xylog

フォーマット

A.1 

一般 

附属書 では,箇条 で言及されている BBeB Xylog フォーマットの仕様を規定する。

附属書 では,二つのタイプの読者を想定している。電子書籍コンテンツ制作者及び関連ツール開発者

である。コンテンツ制作者に関しては,この規格に基づいたコンテンツデータ保持フォーマットとして利

用できる。関連ツール開発者に関しては,この規格に基づいて作成されたデータを利用する表示機器の仕

様策定を可能にするとともに,この規格で規定したデータ形式と他で定義された XML,HTML などのデ

ータ形式との変換規則を策定することを可能にする。

附属書 では,次の特徴を盛り込んでいる。

a)  2

画面を意識したレイアウト,文字の修飾などに関する“紙の書籍の表現”

b)

音声,ページジャンプ,時間要素などを含めたインタラクティブなどに関する“デジタルの表現”

附属書 では,上記表現に必要な要素,及び表現を円滑に運用する要素を定義する。

A.2 

構造の定義 

namespace a = "http://relaxng.org/ns/compatibility/annotations/1.0"

namespace sch = "http://www.ascc.net/xml/schematron"

DrawChar =

  (element.Plot

   | element.CR

   | element.Fill

   | element.CharButton

   | element.Yoko

   | element.Tate

   | element.Nekase

   | element.NoBR

   | element.DrawChar

   | element.Italic

   | element.Bold

      | SimpleChar1)*

SimpleChar1 =

  (element.Rubi

   | element.Box

   | element.EmpDots

   | element.EmpLine

   | element.Sub

   | element.Sup


7

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

   | element.Space

      | SimpleChar0)*

SimpleChar0 = (text | element.Gaiji | element.AltString)*

SimpleChar2 = (element.Plot | SimpleChar0)*

# BBeB XML Xylog Basic

element.BBeBXylog =

  element BBeBXylog {

    attlist.version,

    element.BookInformation,

    element.Main,

    element.Style,

    element.Objects

    }

attlist.version &=

    attribute version { text }

  >> a:documentation [

              ' Constraint: Current "version" attribute value is "1.0" '

          ]

element.BookInformation =

    element BookInformation { element.Info, element.TOC }

element.Info =

  element Info {

    attlist.version, element.BookInfo, element.DocInfo, element.Keyword*

    }

element.BookInfo =

  element BookInfo {

    element.Title,

    element.Author,

    element.BookID,

    element.Publisher,

    element.Label,

    element.Category*,

    element.Classification,

    element.FreeText

    }

element.Title = element Title { attlist.reading, text }

attlist.reading &= attribute reading { text }

element.Author = element Author { attlist.reading, text }

element.BookID = element BookID { text }

element.Publisher = element Publisher { attlist.reading, text }


8

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

element.Label = element Label { attlist.reading, text }

element.Category = element Category { text }

element.Classification = element Classification { text }

element.FreeText = element FreeText { text }

element.DocInfo =

element DocInfo {

    element.CThumbnail,

    element.Language,

    element.Creator,

    element.SumPage

    }

element.CThumbnail = element CThumbnail { attlist.CThumbnail }

attlist.CThumbnail &= attribute file { text }

element.Language =

  element Language {

        xsd:string { length = "2" }

    >> a:documentation [

                  " Constraint: Set two-letter primary language code which is specified in ISO 639."

              ]

    }

element.Creator = element Creator { text }

element.SumPage = element SumPage { text }

element.Keyword = element Keyword { text }

element.TOC = element TOC { element.TocLabel* }

element.TocLabel = element TocLabel { attlist.jump, text }

element.Main = element Main { element.Page+ }

element.Page =

  element Page {

    attlist.Page,

    element.Common.Page

    >> sch:pattern [

                  name = "Style Check"

                  "¥x{a}" ~

                  "                "

                  sch:rule [

                      context = "Page"

                      "¥x{a}" ~

                      "                    "

                      sch:assert [

             test = "@pagestyle = //Style/PageStyle/@stylelabel"


9

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

                          "No PageStyle"

                      ]

                      "¥x{a}" ~

                      "                "

                  ]

                  "¥x{a}" ~

                  "            "

              ]

    }

element.Common.Page =

  (element.Common.Objects

   | element.BlockSpace

   | element.RuledLine

   | element.Wait)*

attlist.id &= attribute objid { xsd:string }

attlist.refid &= attribute refobj { xsd:string }

attlist.refstream &= attribute refstream { xsd:string }

attlist.Page &=

  attlist.id,

  attribute pagestyle { text },

  attlist.Common.Page

element.TextBlock =

  element TextBlock {

    attlist.TextBlock,

    ((element.P | element.CR)*)

    >> sch:pattern [

                  name = "Style Check"

                  "¥x{a}" ~

                  "                "

                  sch:rule [

                      context = "TextBlock"

                      "¥x{a}" ~

                      "                    "

                      sch:assert [

             test = "@blockstyle = //Style/BlockStyle/@stylelabel"

                          "No BlockStyle"

                      ]

                      "¥x{a}" ~

                      "                "

                  ]


10

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

                  "¥x{a}" ~

                  "            "

              ]

    >> sch:pattern [

                  name = "Style Check"

                  "¥x{a}" ~

                  "                "

                  sch:rule [

                      context = "TextBlock"

                      "¥x{a}" ~

                      "                    "

                      sch:assert [

             test = "@textstyle = //Style/TextStyle/@stylelabel"

                          "No TextStyle"

                      ]

                      "¥x{a}" ~

                      "                "

                  ]

                  "¥x{a}" ~

                  "            "

              ]

    }

attlist.TextBlock &=

  attlist.id,

    attribute textstyle { text },

    attribute blockstyle { text },

  attlist.Common.Text,

  attlist.Common.Block

element.P = element P { attlist.P, DrawChar }

attlist.P &= attribute refesound { xsd:string }?

element.Plot = element Plot { attlist.Plot, text }

attlist.xsize &= attribute xsize { xsd:unsignedShort }

attlist.ysize &= attribute ysize { xsd:unsignedShort }

attlist.Plot &=

  attlist.xsize,

  attlist.ysize,

  attlist.refid,

    [ a:defaultValue = "bottom" ]

    attribute adjustment { "center" | "baseline" | "top" | "bottom" }?

element.CR = element CR { empty }


11

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

element.Fill =

  element Fill {

        attribute code { text },

    empty

    }

element.Space = element Space { attlist.xsize, empty }

element.CharButton = element CharButton { attlist.refid, SimpleChar1 }

element.Rubi = element Rubi { (element.Oyamoji, element.Rubimoji)+ }

element.Oyamoji = element Oyamoji { SimpleChar0 }

element.Gaiji = element Gaiji { attlist.Gaiji, text }

attlist.Gaiji &=

  attlist.refid,

    attribute fontfacename { text }?,

    attribute code { text }

element.AltString = element AltString { element.Org, element.Alt }

element.Org = element Org { text }

element.Alt = element Alt { text }

element.Rubimoji = element Rubimoji { SimpleChar0 }

element.Box = element Box { attlist.Box, SimpleChar0 }

attlist.linetype &=

    attribute linetype { "solid" | "dotted" | "dashed" | "double" }

attlist.Box &= attlist.linetype?

element.EmpDots = element EmpDots { attlist.EmpDots, SimpleChar0 }

attlist.Empdotsposition &=

    attribute empdotsposition { "before" | "after" }

attlist.EmpdotsChar &=

    attribute empdotscode { text },

    attribute empdotsfontname { text },

    attribute refempdotsfont { text }

attlist.EmpDots &= attlist.Empdotsposition?, attlist.EmpdotsChar?

element.EmpLine = element EmpLine { attlist.EmpLine, SimpleChar0 }

attlist.Emplineposition &=

    attribute emplineposition { "before" | "after" }

attlist.Emplinetype &=

  attribute emplinetype {

        "none" | "solid" | "dotted" | "dashed" | "double"

    }

attlist.EmpLine &= attlist.Emplinetype?, attlist.Emplineposition?

element.Sub = element Sub { SimpleChar0 }

element.Sup = element Sup { SimpleChar0 }


12

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

element.Yoko = element Yoko { SimpleChar0 }

element.Tate = element Tate { SimpleChar2 }

element.Nekase = element Nekase { SimpleChar2 }

element.NoBR = element NoBR { SimpleChar1 }

element.DrawChar =

  element DrawChar {

        attribute line { xsd:unsignedShort },

        SimpleChar0

    }

element.Italic = element Italic { DrawChar }

element.Bold = element Bold { DrawChar }

element.ImageBlock =

    element ImageBlock { attlist.ImageBlock, text }

  >> sch:pattern [

       name = "Style Check"

              "¥x{a}" ~

              "            "

              sch:rule [

         context = "Page"

                  "¥x{a}" ~

                  "                "

   sch:assert [

           test = "@blockstyle = //Style/BlockStyle/@stylelabel"

                      "No BlockStyle"

                  ]

                  "¥x{a}" ~

                  "            "

              ]

              "¥x{a}" ~

              "        "

          ]

attlist.ImageBlock &=

  attlist.id,

    attribute blockstyle { text },

  attlist.Common.Block,

  attlist.Common.Image

element.ButtonBlock =

  element ButtonBlock {

    attlist.ButtonBlock,

    element.BaseButton?,


13

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

    element.FocusinButton?,

    element.PushButton?,

    (element.UpButton?)

    >> sch:pattern [

                  name = "Style Check"

                  "¥x{a}" ~

                  "                "

                  sch:rule [

           context = "ButtonBlock"

                      "¥x{a}" ~

                      "                    "

                      sch:assert [

             test = "@blockstyle = //Style/BlockStyle/@stylelabel"

                          "No BlockStyle"

                      ]

                      "¥x{a}" ~

                      "                "

                  ]

                  "¥x{a}" ~

                  "            "

              ]

    }

attlist.ButtonBlock &=

  attlist.id,

    attribute blockstyle { text },

  attlist.Common.Block

attlist.refimage &= attribute refimage { xsd:string }

element.BaseButton = element BaseButton { attlist.refimage?, empty }

element.FocusinButton =

  element FocusinButton {

    attlist.refimage?,

    (element.JumpTo

     | element.Run

     | element.SoundStop

     | element.CloseWindow)*

    }

element.JumpTo = element JumpTo { attlist.jump, empty }

attlist.jump &=

    attribute refpage { xsd:string },

  attlist.refid


14

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

element.Run = element Run { attlist.Run, empty }

attlist.Run &=

    [ a:defaultValue = "normal" ]

  attribute runoption {

        "normal" | "opposite" | "center" | "opposite-center"

    }?,

  attlist.refid

element.SoundStop = element SoundStop { empty }

element.CloseWindow = element CloseWindow { empty }

element.PushButton =

  element PushButton {

    attlist.refimage?,

    (element.JumpTo

     | element.Run

     | element.SoundStop

     | element.CloseWindow)*

    }

element.UpButton =

  element UpButton {

    attlist.refimage?,

    (element.JumpTo

     | element.Run

     | element.SoundStop

     | element.CloseWindow)*

    }

element.BlockSpace = element BlockSpace { attlist.BlockSpace, empty }

attlist.BlockSpace &=

    attribute xspace { xsd:short }?,

    attribute yspace { xsd:short }?

element.Canvas =

  element Canvas {

    attlist.Canvas, (element.Common.Canvas | element.Wait)*

    }

element.Common.Canvas =

  element.PutObj

  | element.Moveto

  | element.Lineto

  | element.DrawBox

  | element.DrawEllipse

attlist.Canvas &=


15

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

    attribute canvaswidth { xsd:unsignedShort },

    attribute canvasheight { xsd:unsignedShort },

    attribute blockrule { "block-fixed" | "block-adjustable" }?,

  attlist.id,

  attlist.Common.Canvas

attlist.Layout &= attribute layout { "LrTb" | "TbRl" }

attlist.Common.Frame &=

    attribute framewidth { xsd:unsignedShort }?,

    attribute framecolor { text }?,

    attribute framemode { "curve" | "square" }?

attlist.Common.Canvas &=

    attribute bgcolor { text }?,

  attlist.Layout?,

  attlist.Common.Frame

element.PutObj = element PutObj { attlist.PutObj, empty }

attlist.x1.unsigned &= attribute x1 { xsd:unsignedShort }

attlist.x1.signed &= attribute x1 { xsd:short }

attlist.y1.unsigned &= attribute y1 { xsd:unsignedShort }

attlist.y1.signed &= attribute y1 { xsd:short }

attlist.PutObj &=

  attlist.x1.unsigned, attlist.y1.unsigned, attlist.refid

element.Wait =

  element Wait {

        attribute time { xsd:short },

    empty

    }

element.Moveto =

    element Moveto { attlist.x1.signed, attlist.y1.signed, empty }

element.Lineto = element Lineto { attlist.Lineto, empty }

attlist.Common.line &=

    attribute linewidth { xsd:unsignedShort }?,

    attribute linecolor { text }?,

  attlist.linetype?

attlist.Lineto &=

  attlist.x1.signed,

  attlist.y1.signed,

  attlist.Common.line,

    attribute arrowtype { text }?

element.DrawBox = element DrawBox { attlist.DrawBox, empty }

attlist.DrawBox &=


16

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

  attlist.x1.signed,

  attlist.y1.signed,

  attlist.Common.line,

    attribute fillcolor { text }?

element.DrawEllipse = element DrawEllipse { attlist.DrawEllipse, empty }

attlist.DrawEllipse &=

  attlist.x1.signed,

  attlist.y1.signed,

  attlist.Common.line,

    attribute fillcolor { text }?

element.RuledLine = element RuledLine { attlist.RuledLine, empty }

attlist.RuledLine &=

  attlist.linetype,

    attribute linewidth { xsd:unsignedShort },

    attribute linelength { xsd:unsignedShort },

    attribute linecolor { text }?

element.Style =

  element Style {

    element.BookStyle,

        (element.TextStyle | element.BlockStyle | element.PageStyle)*

    }

element.BookStyle =

  element BookStyle {

    attlist.Style,

    element.SetDefault?,

    element.RegistFont*,

    element.BookSetting

    }

attlist.Style &=

    attribute stylelabel { text },

  attlist.id

element.SetDefault = element SetDefault { attlist.SetDefault, empty }

attlist.Rubyoverhang &= attribute rubyoverhang { "auto" | "none" }

attlist.Rubyalign &= attribute rubyalign { "start" | "center" }

attlist.Rubyadjust &= attribute rubyadjust { "line-edge" | "none" }

attlist.Setwaitprop &= attribute setwaitprop { "replay" | "noreplay" }

attlist.SetDefault &=

  attlist.Rubyalign,

  attlist.Rubyoverhang,

  attlist.Empdotsposition,


17

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

  attlist.Emplineposition,

  attlist.Emplinetype,

  attlist.EmpdotsChar,

  attlist.Rubyadjust,

  attlist.Setwaitprop

element.RegistFont = element RegistFont { attlist.RegistFont, empty }

attlist.FontEncoding &= attribute encoding { "TTF" | "OTF" | "BF" }

attlist.RegistFont &=

    attribute fontfilename { text },

    attribute file { text },

    attribute fontname { text },

  attlist.FontEncoding

element.BookSetting = element BookSetting { attlist.BookSetting, empty }

attlist.BookSetting &=

    attribute bindingdirection { "Lr" | "Rl" },

  attribute dpi { xsd:unsignedShort },

    attribute screenwidth { xsd:unsignedShort },

    attribute screenheight { xsd:unsignedShort },

    [ a:defaultValue = "24" ] attribute colordepth { xsd:unsignedByte }?

element.TextStyle = element TextStyle { attlist.TextStyle, empty }

attlist.TextStyle &= attlist.Style, attlist.Common.Text

attlist.Common.Text &=

  attlist.EmpDots,

  attlist.EmpLine,

    attribute fontsize { xsd:short }?,

    attribute fontwidth { xsd:short }?,

    attribute fontescapement { xsd:short }?,

    attribute fontorientation { xsd:short }?,

    attribute fontfacename { text }?,

    attribute textcolor { text }?,

    attribute textbgcolor { text }?,

    attribute wordspace { xsd:short }?,

    attribute letterspace { xsd:short }?,

    attribute baselineskip { xsd:short }?,

    attribute linespace { xsd:short }?,

  attribute parindent { xsd:short }?,

  attribute parskip { xsd:short }?,

  attlist.Rubyalign?,

  attlist.Rubyoverhang?,

    attribute column { text }?,


18

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

    attribute columnsep { text }?,

    attribute align { "head" | "center" | "foot" }?,

    attribute linecolor { text }?,

    attribute charspace { xsd:short }?,

    attribute fontweight { xsd:unsignedShort }?,

  attlist.Rubyadjust?,

    attribute textlinewidth { xsd:unsignedShort }?

element.BlockStyle = element BlockStyle { attlist.BlockStyle, empty }

attlist.BlockStyle &= attlist.Style, attlist.Common.Block

attlist.Common.Block &=

  attribute blockwidth { xsd:unsignedShort }?,

  attribute blockheight { xsd:unsignedShort }?,

  attribute blockrule {

    "horz-fixed"

    | "horz-adjustable"

        | "vert-fixed"

    | "vert-adjustable"

    | "block-fixed"

    | "block-adjustable"

    }?,

    attribute bgcolor { text }?,

  attlist.Layout?,

  attlist.Common.Frame,

    attribute topskip { xsd:unsignedShort }?,

    attribute sidemargin { xsd:unsignedShort }?,

attribute footskip { xsd:unsignedShort }?,

    attribute refbgimage { text }?,

  attlist.Bgimagemode?

element.PageStyle = element PageStyle { attlist.PageStyle, empty }

attlist.PageStyle &=

  attlist.Style,

  attlist.Common.Page,

    attribute setemptyview { "show" | "empty" }?,

  attlist.Setwaitprop?

attlist.Bgimagemode &=

    attribute bgimagemode { "fix" | "tile" | "centering" }

attlist.Common.Page &=

    (attribute refbgimage { text },

   attlist.Bgimagemode)?,

    attribute evenfooterid { xsd:string }?,


19

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

    attribute evenheaderid { xsd:string }?,

    attribute oddfooterid { xsd:string }?,

    attribute oddheaderid { xsd:string }?,

    attribute pageposition { "upper" | "lower" | "any" }?,

    attribute topmargin { xsd:short }?,

    attribute headheight { xsd:short }?,

  attribute headsep { xsd:short }?,

    attribute oddsidemargin { xsd:unsignedShort }?,

    attribute evensidemargin { xsd:unsignedShort }?,

    attribute textheight { xsd:unsignedShort }?,

    attribute textwidth { xsd:unsignedShort }?,

    attribute footheight { xsd:short }?,

  attlist.Layout?,

    attribute footspace { xsd:short }?

element.Common.Objects &=

  element.ImageBlock

  | element.TextBlock

  | element.ButtonBlock

  | element.Canvas

element.Objects =

  element Objects {

    (element.Common.Objects

     | element.Window

     | element.PopUpWin

     | element.Sound

     | element.SoundStream

     | element.ImageStream

     | element.Header

     | element.Footer

     | element.eSound

     | element.Font

    | element.Image

     | element.Button)*

    }

element.Window = element Window { attlist.Window, element.Common.Page }

attlist.Window &=

    attribute windowwidth { xsd:unsignedShort }?,

    attribute windowheight { xsd:unsignedShort }?,

  attlist.Layout?,


20

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

  attlist.id

element.PopUpWin =

  element PopUpWin {

    attlist.PopUpWin, (element.TextBlock | element.ImageBlock)

    }

attlist.PopUpWin &= attlist.id

element.Sound = element Sound { attlist.Sound, empty }

attlist.Sound &=

    [ a:defaultValue = " 1" ] attribute times { xsd:unsignedShort }?,

    [ a:defaultValue = "sync" ] attribute playmode { "sync" | "async" }?,

  attlist.refstream,

  attlist.id

element.SoundStream = element SoundStream { attlist.SoundStream, empty }

attlist.SoundStream &=

    attribute encoding { "PCM" | "MP3" },

    attribute file { text },

  attlist.id

element.ImageStream = element ImageStream { attlist.ImageStream, text }

attlist.ImageStream &=

    attribute encoding { "JPEG" | "GIF" | "BMP" | "PNG" },

    attribute file { text },

  attlist.id

element.Header =

  element Header {

    attlist.id, attlist.Common.Canvas, (element.Common.Canvas)*

    }

element.Footer =

  element Footer {

    attlist.id, attlist.Common.Canvas, (element.Common.Canvas)*

    }

element.eSound = element eSound { attlist.eSound, empty }

attlist.eSound &= attlist.id, attlist.refstream

element.Font = element Font { attlist.Font, empty }

attlist.Font &=

    attribute file { text },

    attribute fontfilename { text },

    attribute fontname { text },

  attlist.id,

  attlist.FontEncoding

element.Image = element Image { attlist.Image, text }


21

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

attlist.Image &= attlist.id, attlist.Common.Image

attlist.Common.Image &=

  attribute x0 { xsd:unsignedShort },

    attribute y0 { xsd:unsignedShort },

  attlist.x1.unsigned,

  attlist.y1.unsigned,

  attlist.xsize,

  attlist.ysize,

  attlist.refstream

element.Button =

  element Button {

    attlist.Button,

    element.BaseButton?,

    element.FocusinButton?,

    element.PushButton?,

    element.UpButton?

    }

attlist.Button &= attlist.id

start = element.BBeBXylog

A.3 

ブロックレイアウト 

A.3.1 

レイアウトの概念 

BBeB Book フォーマットは,

“ブロックレイアウト”という概念を導入している。

“ブロックレイアウト”

では,文章,画像などの各コンテンツは,

“ブロック”と呼ばれる領域内に表示される。ページ全体のレイ

アウトは,これらブロックを組み合わせて構成される。それぞれのブロックの配置位置は,各ブロック間

を相対位置指定することによって決まる。BBeB XML Xylog ファイルフォーマットでは,

図 A.1 で示され

るブロックレイアウトの概念をベースにしている。


22

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

図 A.1−“ブロックレイアウト”の概念図 

A.3.2 

ブロック 

附属書 の TextBlock 要素,ImageBlock 要素,ButtonBlock 要素及び Canvas 要素は,

“ブロック”として,

“ページ”内に配置される。これらのブロック要素は,Page 要素の子要素として,相対位置を指定する

BlockSpace 要素とともに記述される。

また,これら“ブロック”には,背景画像,背景色,枠などを描画することが可能である。

A.3.3 

座標系 

附属書 では,文字組み方向が横組み及び縦組みに従い,次の 2 次元の座標系(X,Y)を指定すること

ができる。

図 A.2 に示す。

図 A.2−座標系 

X

横組み

縦組み

X

Y

Y

相対配置

ブロック

ページ

横組み


23

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.4 

用語の定義 

A.4.1 

ページ内レイアウト 

ページ内レイアウトで利用される用語の定義は,次のとおりである(

図 A.3 参照)。

スクリーンサイズ:

BookSetting 要素の screenwidth 属性及び screenheight 属性によって指定される,描画領域の期待サイズ

A.5.71 参照)

topmargin:

スクリーンサイズ内の,上端とヘッダー領域との間のサイズ。

ヘッダー領域:

ヘッダーが描画される領域。

headheight:

ヘッダー領域の高さ。

headsep:

ヘッダー領域と本文領域との間のスペース。

本文領域:

本文が描画される領域。

textheight:

本文領域の高さ。

textwidth:

本文領域,ヘッダー領域及びフッター領域の横幅。

footspace:

本文領域の下端とフッター領域の下端との間のサイズ。

footheight:

フッター領域の高さ。

oddsidemargin:

スクリーンサイズの左端と本文領域との間のマージンを指定する。oddsidemargin は,描画する内容が奇

数ページとして扱われたときに適用される。

evensidemargin:

スクリーンサイズの左端と本文領域との間のマージンを指定する。evensidemargin は,描画する内容が

偶数ページとして扱われたときに適用される。


24

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

図 A.3−ページの構成 

A.4.2 

ブロック内レイアウト 

ブロック内レイアウトで利用される用語の定義は,次のとおりである(

図 A.4 参照)。

記述領域:

テキスト,イメージなどが配置される領域。

topskip:

記述領域の上端と,ブロックの上端との間のサイズ。

sidemargin:

記述領域の左端又は右端と,ブロックの左端又は右端との間のサイズ。

footskip:

記述領域の下端と,ブロックの下端との間のサイズ。

blockheight:

ブロックの高さ。

blockwidth:

ヘッダー領域

本文領域

フッター領域

スクリーンサイズ

topmargin

headheight

headsep

oddsidemargin

evensidemargin

textheight

footspace

footheight

textwidth


25

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

ブロックの幅。

parindent:

記述領域内の先頭行インデント幅。

parskip:

ある段落の最後の行と次の段落の最初の行との間の距離。

図 A.4−ブロックの構成 

ブロック

記述領域

段落

sidemargin

topskip

footskip

blockwidth

parindent

parskip

blockheight


26

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.4.3 

データ型 

附属書 では,属性値を指定するときに表 A.1 に示すようなデータ型を用いる。

表 A.1−データ型 

型名 

意味 

 

文字列

文字列を指定する。

“after”

“solid”

読み指定文字列

“読み仮名”として利用できる文字セット内の文字列

だけ指定できる。

“イーブック”

“フウリンカザ

ン  1”

ファイルパス文字列

ファイルパスを付けてファイル名を指定する。

“D:¥sample.jpg”

“..¥data¥white.mp3”

10 進文字列 10 進数の数字を文字列で指定する。

“10”

“20”

16 進文字列 16 進数の数字を文字列で指定する。16 進数であること

を示すために,数値の先頭に”0x”を付記する。

“0x12”

“0x3333”

スタイル文字列 stylelabel 属性値で指定された文字列を指定する。

“Main Block”

“Cover Page”

“Section Title Text”

オブジェクト ID 文字列 objid 属性値で指定された文字列を指定する。

“33”

“Object12”

COLORREF 文字列

色を意味する 32 ビット 16 進数を文字列で指定する。
記述形式は,0xaarrggbb となる。

[aa:アルファチャネ

ル(この規格では,00 又は ff の指定)

,rr:赤の色値,

gg:緑の色値,bb:青の色値]

“0x00ff0000”

(赤)

A.5 

構成要素 

A.5.1 BBeBXylog 

“BBeB XML Xylog ファイルフォーマット”に適合したコンテンツを示す要素である(

表 A.2 参照)。

表 A.2BbeBXylog の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

version

(必須)

文字列

“1.0”と記述する。

version 属性は,附属書 に基づいて記述している場合は“1.0”と記述する。

A.5.2 BookInformation 

書誌情報及び目次情報を指定する要素である。

A.5.3 Info 

書誌情報及び付加情報を指定する要素である(

表 A.3 参照)。

表 A.3Info の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

version

(必須)

文字列

“1.0”と記述する。

version は,書誌情報データのフォーマットバージョンを指定する属性である。この規格に基づいて記述

している場合は“1.0”と記述する。

A.5.4 BookInfo 

コンテンツの書誌情報を指定する要素である。

A.5.5 Title 

コンテンツのタイトルを指定する要素である(

表 A.4 参照)。


27

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.4Title の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

reading

(必須)

読み指定文字列

reading は,Title 要素の読み方を指定する属性である。この reading 属性値を利用して,タイトルのソー

トを行うことを想定している。日本語では仮名文字など,英語ではアルファベットなどを指定することが

できる。この属性で利用できる文字セットの詳細は,運用者によって規定されることがある。

A.5.6 Author 

Author は,コンテンツの著者名を指定する要素である。著者が二人以上存在する場合は,一つの要素内

に並べて記述する(

表 A.5 参照)。

表 A.5Author の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

reading

(必須)

読み指定文字列

reading は,Author 要素の読み方を指定する属性である。この reading 属性値を利用して,著者のソート

を行うことを想定している。日本語では仮名文字など,英語ではアルファベットなどを指定することがで

きる。この属性で利用できる文字セットの詳細は,運用者によって規定されることがある。

A.5.7 BookID 

BookID は,コンテンツを管理する ID 情報を指定する要素である。個人向け ID 体系及び商用向け ID 体

系が存在している。個人向け ID 体系は,

“FB”で始まり,14 桁以下の文字(合計 16 桁以下)を指定する。

商用向け ID 体系は,運用者によって規定されることがある。

A.5.8 Publisher 

Publisher は,コンテンツの出版社名を指定する要素である(表 A.6 参照)。

表 A.6Publisher の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

reading

(必須)

読み指定文字列

reading は,Publisher 要素の読み方を指定する属性である。この reading 属性値を利用して,出版社名の

ソートを行うことを想定している。日本語では仮名文字など,英語ではアルファベットなどを指定するこ

とができる。この属性で利用できる文字セットの詳細は,運用者によって規定されることがある。

A.5.9 Label 

Label は,コンテンツのレーベル名又はブランド名を指定する要素である(表 A.7 参照)。

表 A.7Label の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

reading

(必須)

読み指定文字列

reading は,Label 要素の読み方を指定する属性である。この reading 属性値を利用して,出版レーベル名

及びブランド名のソートを行うことを想定している。日本語では仮名文字など,英語ではアルファベット

などを指定することができる。この属性で利用できる文字セットの詳細は,運用者によって規定されるこ

とがある。


28

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.10 Category 

Category は,コンテンツのジャンルを指定する要素である。最大二つまで指定可能である。

A.5.11 Classification 

Classification は,コンテンツデータの特徴,例えば“カラー画像”,“音声あり”,などを指定する要素で

ある。

A.5.12 FreeText 

FreeText は,書籍紹介文など,コンテンツに関する情報を自由に指定できる要素である。

A.5.13 DocInfo 

DocInfo は,コンテンツのサムネイル情報,言語情報などを指定する要素である。

A.5.14 Cthumbnail 

Cthumbnail は,コンテンツのサムネイル画像のファイル名を指定する要素である(表 A.8 参照)。

表 A.8Cthumbnail の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

file

(必須)

ファイルパス文字

サムネイルとして利用するファイルの絶対パス,又

はアクセス可能な相対パスで記述する。

file は,サムネイル画像ファイルの存在するパス及びそのファイル名を指定する属性である。

A.5.15 Language 

Language は,コンテンツの主言語を JIS X 0412-1 で規定された言語コードを指定する要素である。

A.5.16 Creator 

Creator は,コンテンツ作成者名又は作成スタジオ名を指定する要素である。

A.5.17 SumPage 

SumPage は,想定した表示領域に対してのコンテンツの総ページ数を指定する要素である。

A.5.18 Keyword 

Keyword は,タイトルを探すときのためのキーワードを指定する要素である。

A.5.19 TOC 

TOC は,コンテンツの目次情報を指定する要素である。

A.5.20 TocLabel 

A.5.20.0 

一般 

TocLabel は,目次情報で表示する目次の項目名を指定する要素である(表 A.9 参照)。

表 A.9TocLabel の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

refobj

(必須)

オブジェクト ID 文

字列

目次として参照する TextBlock 要素,ImageBlock

要素,ButtonBlock 要素及び Canvas 要素の objid 属
性値を指定する。

refpage

(必須)

オブジェクト ID 文
字列

refobj

属性で指定したブロックが指定されている

Page

要素の objid 属性値を指定する。

A.5.20.1 refobj 

refobj は,該当する目次項目のリンク先であるブロックの objid 属性値を指定する属性である。この refobj

属性で指定されたブロックは,refpage 属性で指定された Page 要素の子要素として利用されていなければ


29

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

ならない。目次項目選択時のジャンプ動作先として利用する。

A.5.20.2 refpage 

refpage は,該当する目次項目の飛び先であるブロックが属する Page 要素の objid 属性値を指定する属性

である。目次項目選択時のジャンプ動作先の目安として利用する。

A.5.21 Main 

Main は,コンテンツ本文を指定する要素である。

A.5.22 Page 

A.5.22.0 

一般 

Page は,ページを構成する要素及びそのレイアウト情報を指定する要素である。Page 要素の属性値には,

表 A.10 に示された全ての属性を指定できるが,pagestyle 属性として指定する PageStyle 要素に対して差異

のある情報だけを記述することが望ましい。

表 A.10Page の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

bgimagemode 

文字列

“fix”

“tile”

“centering”の中から選択する。

evenfooterid 

オブジェクト ID 文

字列

Footer

要素の objid 属性値を指定する。

evenheaderid 

オブジェクト ID 文

字列

Header

要素の objid 属性値を指定する。

evensidemargin 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

(表示する画面の最小構成単位)

footheight 

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

footspace 

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

headheight 

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

headsep 

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

layout 

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかを指定する。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

oddfooterid 

オブジェクト ID 文

字列

Footer

要素の objid 属性値を指定する。

oddheaderid 

オブジェクト ID 文
字列

Header

要素の objid 属性値を指定する。

oddsidemargin 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

pageposition 

文字列

“upper”

“lower”又は“any”のいずれかから指

定する。

pagestyle

(必須)

スタイル文字列

指定したスタイル文字列は参照先の PageStyle 要素
の stylelabel 属性値と一致させる必要がある。

refbgimage 

オブジェクト ID 文

字列

参照する Image 要素の objid 属性値を指定する。ま

た,

同時に bgimagemode 属性の指定が必要である。

textheight 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

textwidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

topmargin 

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

A.5.22.1 pagestyle 

pagestyle は,そのページを描画するのに必要な情報を記述した PageStyle 要素を指定する属性である。

A.5.22.2 refbgimage 

refgbimage は,ページの背景に画像を表示する場合に表示したい画像の情報が存在する Image 要素の

objid 属性値を指定する属性である。指定がなければ,ページに背景画像の設定がないことを意味する。


30

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.22.3 pageposition 

pageposition は,2 画面表示したとき,そのページの先頭を左側から表示するのか,又は右側から表示す

るのかを指定する属性である。

上流側に表示をする際は“upper”を指定し,下流側に指定をする際は“lower”を指定する。また,前

のページに続いて表示をする場合は,

“any”を指定する。

BookSetting 要素で指定する bindingdirection 属性が“Rl”(多くの場合,縦書き)である場合,“upper”

は開始ページが右側,

“lower”は開始ページが左側,

“any”は前のページから続けて表示することを意味

する。

BookSetting 要素で指定する bindingdirection 属性が“Lr”(多くの場合,横書き)である場合,“upper”

は開始ページが左側,

“lower”は開始ページが右側,

“any”は前のページから続けて表示することを意味

する。

A.5.22.4 oddheaderid 

oddheaderid は,2 画面表示したとき,横組みの右側ページ,縦組みの左側ページに表示する Header 要素

の objid 属性値を指定する属性である。

A.5.22.5 evenheaderid 

evenheaderid は,2 画面表示したとき,横組みの左側ページ,縦組みの右側ページに表示する Header 要

素の objid 属性値を指定する属性である。

A.5.22.6 oddfooterid 

oddfooterid は,2 画面表示したとき,横組みの右側ページ,縦組みの左側ページに表示する Footer 要素

の objid 属性値を指定する属性である。

A.5.22.7 evenfooterid 

evenfooterid は,2 画面表示したとき,横組みの左側ページ,縦組みの右側ページに表示する Footer 要素

の objid 属性値を指定する属性である。

A.5.22.8 bgimagemode 

bgimagemode は,refbgimage 属性で指定した画像の配置方法を指定する属性である。

“fix”は,画像を本

文表示領域の表示開始位置に合わせて描画する。

“tile”は,画像を本文表示領域の表示開始位置に合わせ

て描画し,余った領域にも画像をタイル状に並べて表示する。

“centering”は,画像の中心が,本文表示領

域の中心と同じになるように表示する(

図 A.5 参照)。

図 A.5bgimagemode 属性 

fix tile

centering


31

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.22.9 evensidemargin 

evensidemargin は,2 画面表示する場合の“ページの構成”の左側の余白を設定する属性である。

横組みの左側ページ,縦組みの右側ページの左側余白に対して,evensidemargin 属性で指定した値が利

用される。

A.5.22.10 footheight 

footheight は,“ページの構成”のフッター領域の高さ footheight のサイズを指定する属性である。

A.5.22.11 footspace 

footspace は,“ページの構成”のフッター領域の下辺と本文領域の下辺との間隔 footspace のサイズを指

定する属性である。

A.5.22.12 headheight 

headheight は,“ページの構成”のヘッダー領域の高さ headheight のサイズを指定する属性である。

A.5.22.13 headsep 

headsep は,“ページの構成”の本文領域の上辺とヘッダー領域の下辺との間隔 headsep のサイズを指定

する属性である。

A.5.22.14 layout 

layout は,Page 要素で指定される領域の座標系を指定する属性である。

“LrTb”が指定されたときは,左上を原点とし,右方向に X 軸,下方向に Y 軸を作る。

“TbRl”が指定

されたときは,右上を原点とし,下方向に X 軸,左方向に Y 軸を作る(

図 A.6 参照)。

図 A.6layout 属性 

A.5.22.15 oddsidemargin 

oddsidemargin は,2 画面表示の“ページの構成”の左側の余白を設定する属性である。

2 画面表示する場合,横組みの右側ページ,縦組みの左側ページの左側余白に対して,oddsidemargin 属

性で指定した値が利用される。1 画面表示をする場合,oddsidemargin が常に利用される。

A.5.22.16 textheight 

textheight は,“ページの構成”の本文領域の高さ textheight のサイズを指定する属性である。

A.5.22.17 textwidth 

textwidth は,“ページの構成”の本文領域の幅 textwidth のサイズを指定する属性である。

LrTb TbRl

X

X

Y

Y

height

width

layout

属性の指定によって座標系が変化するが,width と height

との位置関係は変化しない


32

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.22.18 topmargin 

topmargin は,

“ページの構成”のヘッダー領域上辺とスクリーンサイズの上辺との間隔 topmargin の値を

指定する属性である。

A.5.22.19 objid 

objid は,その要素を識別するための ID を指定する属性である。コンテンツ内で唯一となる値を指定す

る。

A.5.23 Wait 

Wait は,コンテンツを表示するとき指定した時間だけ描画を待たせる“タイマー”の設定を行う要素で

ある(

表 A.11 参照)。

表 A.11Wait の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

time

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

time は,タイマーの時間を設定する属性である。

設定する時間が“0”のときは何らかの入力が起こるまで待ち続ける。プラスの値が与えられたときは,

その時間(×100 ms)の間,何もしない。マイナスの値が与えられたときは,その絶対値の時間(×100 ms)

より先に入力が起きた場合は入力を優先して次の描画を行う。

A.5.24 TextBlock 

A.5.24.0 

一般 

TextBlock は,文字を描画するブロックの設定及び表示する文字の指定をする要素である。TextBlock 要

素の属性値で描画する文字及びブロックのスタイルを指定できる。TextBlock 要素の属性値には,blockstyle

及び textstyle 属性として指定する BlockStyle 要素,並びに TextStyle 要素に対して差異のある情報だけを記

述することが望ましい(

表 A.12 参照)。


33

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.12TextBlock の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

align 

 String

“head”

“center”又は“foot”のいずれかを指定

する。

baselineskip 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

(ポイントを単位として指定する長さを 10

倍した値)

bgcolor 

 COLORREF 文字列

bgimagemode 

 String

“fix”

“tile”又は“centering”の中から指定する。

また,同時に refbgimage 属性の指定が必要である。

blockheight 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

blockrule 

 String

TextBlock

要 素 の blockrule 属 性 値 と し て ,

“horz-fixed”,“horz-adjustable”,“vert-fixed”又

は“vert-adjustable”のいずれかを指定する。

blockstyle

(必須)

スタイル文字列

指定したスタイル文字列は参照先の BlockStyle 要

素の stylelabel 属性値と一致させる必要がある。

blockwidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

charspace 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

column 

 10 進文字列

1

∼9 の整数値を指定する。

columnsep 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

empdotscode 

 16 進文字列

傍点として利用する文字の文字コードを指定する。
ま た , 同 時 に empdotsfontname 属 性 及 び

refempdotsfont

属性の指定が必要である。

empdotsposition 

文字列

“before”又は“after”のいずれかを指定する。

emplinetype 

文字列

“none”“solid”“dotted”“double”又は“dashed”

のいずれかを指定する。

emplineposition 

文字列

“before”又は“after”のいずれかを指定する。

fontescapement 

 10 進文字列

“0”又は“2 700”を指定する。

fontfacename 

文字列

フォント名を指定する。

fontorientation 

 10 進文字列

“0”又は“2 700”を設定する。

fontsize 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

fontweight 

 10 進文字列

1

∼1 000 の値を指定する。

fontwidth 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

字形を変形させない場合は,-10 を指定する。

footskip 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

framecolor 

 COLORREF 文字列

framemode 

文字列

“curve”又は“square”のいずれかを指定する。

framewidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

layout 

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかを指定する。

letterspace 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

linecolor 

 COLORREF 文字列

linespace 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

textlinewidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[pt]*10

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

parindent 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

parskip 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

refbgimage 

オブジェクト ID 文

字列

参照する Image 要素の objid 属性値を指定する。ま

た,

同時に bgimagemode 属性の指定が必要である。

rubyalign 

文字列

“start”又は“center”のいずれかの文字列を指定

する。


34

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.12TextBlock の属性(続き) 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

rubyadjust 

文字列

“line-edge”又は“none”のいずれかの文字列を

指定する。

rubyoverhang 

文字列

“auto”又は“none”のいずれかの文字列を指定す
る。

sidemargin 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

textbgcolor 

 COLORREF 文字列

textcolor 

 COLORREF 文字列

textstyle

(必須)

スタイル文字列

指定したスタイル文字列は参照先の TextStyle 要素

の stylelabel 属性値と一致させる必要がある。

toclabel 

TOC

で“項目名”として登録する文字列を記述す

る。

topskip 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

wordspace 

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

empdotsfontname 

文字列

傍点で利用するフォントのフォント名を指定する。

同時に empdotscode 及び refempdotsfont 属性の指
定が必要である。

refempdotsfont 

オブジェクト ID 文
字列

参照する Font 要素の objid 属性値を指定する。

また,

同時に empdotscode 属性及び empdotsfontname 属

性の指定が必要である。

A.5.24.1 fontsize 

fontsize は,文字の大きさを指定する属性である。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.2 fontwidth 

fontwidth は,文字の横幅を指定する属性である。通常は,フォントサイズに応じた適切な幅が適用され

るが,この属性は意図的にそれを変える場合に使う。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.3 fontescapement 

fontescapement は,文字の送り方向を指定する属性である。横組みの場合は,“0”を指定し,縦組みの

場合は,

“2700”を指定する。これ以外の値の指定は禁止する。

A.5.24.4 fontorientation 

fontorientation は,文字の回転方向を指定する属性である。横組みの場合は,“0”を指定し,縦組みの場

合は,

“2700”を指定する。これ以外の値の指定は禁止する。

A.5.24.5 fontfacename 

fontfacename は,出力するフォント名を指定する属性である。何も指定しなければ,標準書体で描画さ

れる。

A.5.24.6 textcolor 

textcolor は,出力する文字の色を指定する属性である。何も指定しなければ,黒(0x00000000)で描画

される。

A.5.24.7 textbgcolor 

textbgcolor は,文字の背景色を指定する属性である。通常は,透明色(0xff000000)が利用される。

A.5.24.8 wordspace 

wordspace は,欧文単語間のスペースの幅を指定する属性である。単位は,pt の 10 倍とする。


35

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.24.9 letterspace 

letterspace は,欧文文字間隔のサイズを指定する属性である。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.10 charspace 

charspace は,和文文字間隔のサイズを指定する属性である。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.11 baselineskip 

baselineskip は,ベースライン間隔のサイズを指定する属性である。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.12 linespace 

linespace は,隣接する行の最小限確保する間隔を指定する属性である。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.13 parindent 

parindent は,段落の先頭行の書出し位置を指定する属性である。マイナスの値が指定された場合は,突

出しインデント表示になり,最大は sidemargin 属性で指定した分となる。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.14 parskip 

parskip は,段落間隔を baselineskip 属性で指定した値以上に開きたいときに指定する属性である。単位

は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.15 rubyalign 

rubyalign は,ルビのふり方位置を指定する属性である。表 A.13 に示す表を用いて値で指定する。

表 A.13rubyalign 属性 

付き方値 

肩付き

中付き

start center

A.5.24.16 rubyadjust 

rubyadjust は,ルビの行端処理方法を指定する属性である。次に示す表を用いて値で指定する。このとき,

“処理あり”とは,行の先端又は終端において,ルビ文字列が親文字列よりも長いときに,先端又は終端

をそろえる処理のことを意味する(

表 A.14 参照)。

表 A.14rubyadjust 属性 

行端処理方法値 

処理あり

処理なし

line-edge none

A.5.24.17 rubyoverhang 

rubyoverhang は,ルビの込み処理方法を指定する属性である。次に示す表を用いて“auto”又は“none”

で指定する。

“込み処理あり”は,ルビ文字列が親文字列より長い場合に,ルビ文字列が隣の文字列に重な

ることを許すことを意味する(

表 A.15 参照)。

表 A.15rubyoverhang 属性 

RubyOverhang

込み処理値 

込み処理あり

auto

込み処理なし

none


36

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.24.18 empdotsposition 

empdotsposition は,傍点を付ける位置を指定する属性である。表 A.16 に示す表を用いて指定する。

表 A.16empdotsposition 属性 

EmpDotsPosition

場所指定地 

Before(横組み:文字列上側,縦組み:文字列右側) before 
After(横組み:文字列下側,縦組み:文字列左側)

after

A.5.24.19 empdotscode 

empdotscode は,傍点として表示する 1 文字(記号)を指定する属性である。文字コード(UTF-16)で

指定する。

A.5.24.20 emplineposition 

emplineposition は,傍線を付ける位置を指定する属性である。表 A.17 に示す表を用いて指定する。

表 A.17emplineposition 属性 

傍線位置 

場所指定値 

Before(横組み:文字列上側,縦組み:文字列右側) before 
After(横組み:文字列下側,縦組み:文字列左側)

after

A.5.24.21 emplinetype 

emplinetype は,傍線の種類を指定する属性である。表 A.18 に示す表を用いて指定する。

表 A.18emplinetype 属性 

線の種類 

ラインモード値 

表示せず

none

実線

solid

点線

dotted

破線

dashed

二重線

double

A.5.24.22 column 

column は,段組表示をするときに段の数を指定する属性である。

A.5.24.23 columnsep 

columnsep は,段組表示をするとき,段間のスペースを指定する属性である。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.24 align 

align は,テキストのそろえ方向を指定する属性である。表 A.19 に示す表を用いて指定する。

表 A.19align 属性 

そろえ方向 

指定値 

行頭

head

中央

center

行末

foot

A.5.24.25 textlinewidth 

textlinewidth は,Empline 要素で指定される傍線,Box 要素で指定される囲みけい(罫)線の太さを指定


37

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

する属性である。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.24.26 linecolor 

linecolor は,Empline 要素で指定される傍線,Box 要素で指定される囲みけい線の色を指定する属性であ

る。

A.5.24.27 textstyle 

textstyle は,そのテキストを描画するのに必要な情報を記述した TextStyle 要素の stylelabel 属性値を記述

する属性である。

A.5.24.28 fontweight 

fontweight は,文字の太さを指定する属性である。

“400”で通常の太さになり,

“800”で太文字になる。

A.5.24.29 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.24.30 bgcolor 

bgcolor は,ブロック全体の背景色を指定する属性である。

A.5.24.31 bgimagemode 

bgimagemode は,refbgimage 属性で指定した画像の配置方法を指定する属性である。

“fix”は,画像を本

文表示領域の表示開始位置に合わせて描画する。

“tile”は,画像をブロック領域の表示開始位置に合わせ

て描画し,余った領域にも画像をタイル状に並べて表示する。

“centering”は,画像の中心が,ブロック領

域の中心と同じになるように表示する。

A.5.24.32 blockheight 

blockheight は,ブロックの height を指定する属性である。

A.5.24.33 blockrule 

blockrule 属性は,表示端末に文字サイズ拡大機能がある場合,その機能を行使したときのブロックサイ

ズに関する拡大ルールを指定する属性である。TextBlock 要素で利用される場合は,横組みのときは

“horz-fixed”又は“horz-adjustable”

,縦組み時のときは“vert-fixed”又は“vert-adjustable”のいずれかを

設定する。ImageBlock 要素で利用される場合は,

“block-fixed”又は“block-adjustable”のいずれかを設定

する(

表 A.20 参照)。

表 A.20blockrule 属性 

Rule value 

Rule 

horz-fixed

横幅を絶対に変化させない。

horz-adjustable

横幅を変更することがある。

vert-fixed

縦幅を絶対に変化させない。

vert-adjustable

縦幅を変化させることがある。

block-fixed

全ての幅を変化させない。

block-adjustable

縦横を同じ比率で拡大表示する。

A.5.24.34 blockstyle 

blockstyle は,そのブロックを描画するのに必要な情報を記述した BlockStyle 要素の stylelabel 属性値を

指定する属性である。

A.5.24.35 blockwidth 

blockwidth は,“ブロックの構成”のブロックの横幅を指定する属性である。


38

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.24.36 footskip 

footskip は,“ブロックの構成”のブロックを横組みしたときに下の余白 footskip となるサイズを指定す

る属性である。縦組みでは左の余白を示す。

A.5.24.37 framecolor 

framecolor は,ブロックを囲むフレームの色を指定する属性である。

A.5.24.38 framemode 

framemode は,ブロックを囲むフレームの種類を指定する属性である。フレームの四隅を直角に描画す

る場合は“square”を設定し,フレームの四隅を丸く描画する場合は“curve”を指定する。

A.5.24.39 framewidth 

framewidth は,ブロックを囲むフレームの線の太さを指定する属性である。この値が“0”の場合及び指

定がない場合は,フレームを描画しないことを意味する。

A.5.24.40 layout 

layout は,ブロックの座標系を指定する属性である。

“LrTb”が指定されたときは,左上を原点とし,右方向に X 軸,下方向に Y 軸を作る。TextBlock 要素

の場合はテキストは横組みとなる。

“TbRl”が指定されたときは,右上を原点とし,下方向に X 軸,左方向に Y 軸を作る。TextBlock 要素

の場合はテキストは縦組みとなる。

A.5.24.41 refbgimage 

refbgimage は,ブロックの背景に画像を表示する場合に表示したい画像の情報が存在する Image 要素の

objid 属性値を指定する属性である。指定がなければ,ブロックに背景画像の指定がないことを意味する。

A.5.24.42 sidemargin 

sidemargin は,“ブロックの構成”のブロックを横組みしたときに左右の余白 sidemargin となるサイズを

指定する属性である。縦組みでは上下の余白を示す。

A.5.24.43 toclabel 

toclabel は,ブロックに目次情報で表示する目次文字列を指定する属性である。BookInformation 要素内

の Toclabel 要素に記述する目次文字列と一致することが望ましい。オーサリングツールなどでは,自動目

次生成機能などでこの属性値が自動的に TOC 要素に挿入される。

A.5.24.44 topskip 

topskip は,“ブロックの構成”のブロックを横組みしたときに上の余白 topskip となるサイズを指定する

属性である。縦組みでは,右の余白を示す。

A.5.24.45 empdotsfontname 

empdotsfontname は,傍点で利用する文字(又は記号)のフォント名を指定する属性である。

A.5.24.46 refempdotsfont 

refempdotsfont は,傍点で利用する文字のフォントが格納されている Font 要素の objid 属性値を指定する

属性である。

“0”が指定された場合は,標準書体を利用することを意味する。

A.5.25 P 

P は,文章の区切りの最小単位を指定する要素である。印刷された小説などでは,段落を意味する。電

子ならではの表現に対応することのできる最小単位でもある(

表 A.21 参照)。


39

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.21の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

refesound 

0 10 進文字列

eSound

要素の objid 属性値を指定する。

refesound は,埋込み音声再生で利用する音声の指定をする属性である。refesound 属性では,eSound 要

素の objid 属性値を指定する。ここで埋込み音声を指定すると,その P 要素を表示したとき,音声が同期

再生される。

A.5.26 Plot 

Plot は,インライン画像又はインラインボタンを描画することを指定する要素である(表 A.22 参照)。

表 A.22Plot の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

adjustment 

“bottom”

文字列

“center”

“baseline”

“top”又は“bottom”の中

から指定する。

refobj

(必須)

オブジェクト ID 文

字列

参照する Image 要素又は Button 要素の objid 属性値

を指定する。

xsize

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[pt]*10

ysize

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[pt]*10

A.5.26.1 xsize 

xsize は,インライン画像又はインラインボタンを表示する領域の X 軸方向のサイズを指定する属性で

ある。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.26.2 ysize 

ysize は,インライン画像又はインラインボタンを表示する領域の Y 軸方向のサイズを指定する属性で

ある。単位は,pt の 10 倍とする。

A.5.26.3 refobj 

refobj は,表示するインライン画像又はインラインボタンを指定する属性である。refobj 属性で指定され

る objid 属性値は,必ずインライン描画する Image 要素又は Button 要素のものを指定する。

A.5.26.4 adjustment 

adjustment は,前後のテキストに対するインライン画像又はインラインボタンの位置を指定する属性で

ある。

横組みの場合,“top”はこれらインラインオブジェクトの上辺とテキストの上辺を合わせて描画し,

“center”はインラインオブジェクトとテキストの中心線とが同じになるように描画し,

“baseline”は文字

のベースラインの位置にインラインオブジェクトの下辺がそろうように描画し,そして“bottom”が指定

された場合は,インラインオブジェクトの下辺とテキストの下辺とがそろうように描画する。

縦組みの場合,

“top”はインラインオブジェクトの右辺とテキストの右辺を合わせて描画し,

“center”

はインラインオブジェクトとテキストの中心線とが同じになるように描画し,

“baseline”は文字のベース

ラインの位置にインラインオブジェクトの左辺がそろうように描画し,そして“bottom”が指定された場

合は,インラインオブジェクトの左辺とテキストの左辺とがそろうように描画する。

A.5.27 CR 

CR は,強制的に改行処理を行う要素である。これが P 要素の直後に指定された場合は,通常のベース

ライン間隔 baselineskip 属性に段落間隔 parskip 属性で指定した値を加えた値を段落間隔として確保する。


40

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.28 Fill 

Fill は,指定された領域を特定の文字で埋めて描画する要素である(表 A.23 参照)。

表 A.23Fill の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

code

(必須)

16 進文字列

0x0020

∼0xffff の範囲で指定可能

code は,利用する文字の文字コード番号(UTF-16)を指定する属性である。

A.5.29 Space 

Space は,文字間のアキ及びツメの移動量を指定する要素である(表 A.24 参照)。

表 A.24Space の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

xsize

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

xsize は,X 軸方向の移動量を指定する属性である。マイナスの値を指定した場合,ツメ処理となる。

A.5.30 CharButton 

CharButton は,ボタン機能をもたせた文字列を指定する要素である(表 A.25 参照)。

表 A.25CharButton の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

refobj

(必須)

オブジェクト ID 文
字列

Button

要素の objid 属性値を指定する。

refobj は,動作させるボタンを指定する属性である。refobj 属性で指定される objid 属性値は,必ず文字

ボタンの動作を記述した Button 要素のものを指定する。

A.5.31 Rubi 

Rubi は,ルビ付きの文字列を指定する要素である。

A.5.32 Oyamoji 

Oyamoji は,ルビ付き文字列の親文字を指定する要素である。

A.5.33 Gaiji 

Gaiji は,外字を指定する要素である。外字となる文字コード番号(UTF-16)とその外字の置替え文字列

とを記述する(

表 A.26 参照)。

表 A.26Gaiji の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

code

(必須)

16 進文字列

0x0020

∼0xffff の範囲で指定可能

fontfacename

(必須)

文字列

出力するフォント名を指定する。

refobj

(必須)

オブジェクト ID 文

字列

Font

要素の objid 属性値を指定する。

A.5.33.1 refobj 

refobj は,外字として表示する文字のフォントを指定する objid 属性値を指定する属性である。refobj 属

性で指定される objid 属性値は,必ず表示する外字のフォントを含んでいる Font 要素のものを指定する。


41

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.33.2 fontfacename 

A.5.24.5

に示す。

A.5.33.3 code 

code は,外字として利用される文字の文字コード番号を指定する属性である。

A.5.34 AltString 

AltString は,置替え文字列を指定する要素である。置替え文字列は,表示装置が該当する文字を表示で

きない状態にあるときに利用される。

A.5.35 Org 

Org は,置替えを設定する元の文字列を指定する要素である。

A.5.36 Alt 

Alt は,Org 要素に対する置替え文字列を指定する要素である。

A.5.37 Rubimoji 

Rubimoji は,Oyamoji 要素で指定された親文字に対するルビ文字を指定する要素である。

A.5.38 Box 

Box は,囲みけい線を引く文字列を指定する要素である(表 A.27 参照)。

表 A.27Box の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

linetype

(必須)

文字列

“solid”

“dotted”

“dashed”又は“double”のい

ずれかから選ぶ。

linetype は,囲みけい線の線種を指定する属性である。表 A.28 に示す表を用いて値で指定する。

表 A.28linetype 属性 

線の種類 

ラインモード値 

実線

solid

点線

dotted

破線

dashed

二重線

double

A.5.39 EmpDots 

A.5.39.0 

一般 

EmpDots は,傍点付きの文字を指定する要素である(表 A.29 参照)。

表 A.29EmpDots の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

empdotscode 

 16 進文字列

傍点として利用する文字のコードを指定する。ま

た , 同 時 に

empdotsfontname

属 性 及 び

refempdotsfont

属性の指定が必要である。

empdotsposition 

文字列

“before”又は“after”のいずれかを指定する。

empdotsfontname 

文字列

フォント名を指定する。同時に empdotscode 属性

及び refempdotsfont 属性の指定が必要である。

refempdotsfont 

オブジェクト ID 文

字列

参照する Font 要素の objid 属性値を指定する。

また,

同時に empdotscode 属性及び empdotsfontname 属
性の指定が必要である。


42

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.39.1 empdotsposition 

A.5.24.18

に示す。

A.5.39.2 empdotscode 

A.5.24.19

に示す。

A.5.39.3 empdotsfontname 

A.5.24.45

に示す。

A.5.39.4 refempdotsfont 

A.5.24.46

に示す。

A.5.40 EmpLine 

A.5.40.0 

一般 

Empline は,傍線の付いた文字列を指定する要素である(表 A.30 参照)。

表 A.30Empline の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

emplinetype 

文字列

“none”“solid”“dotted”又は“dashed”“double”

のいずれかを指定する。

emplineposition 

文字列

“before”又は“after”のいずれかを指定する。

A.5.40.1 emplineposition 

A.5.24.20

に示す。

A.5.40.2 emplinetype 

A.5.24.21

に示す。

A.5.41 Sub 

Sub は,下付き文字列を指定する要素である。

A.5.42 Sup 

Sup は,上付き文字列を指定する要素である。

A.5.43 Yoko 

Yoko は,縦組みに用いられる表現である“縦中縦”で組む文字列を指定する要素である。

A.5.44 Tate 

Tate は,縦組み時に欧文文字を逆時計回りに 90 度回して表示する文字列を指定する要素である。

A.5.45 Nekase 

Nekase は,縦組みに用いられる表現である“寝かせ組み”で組む文字列を指定する要素である。“寝か

せ組み”では,全ての文字列が横に寝た状態で描画される。

A.5.46 NoBR 

NoBR は,改行禁止文字列を指定する要素である。

A.5.47 DrawChar 

DrawChar は,ドロップキャプション文字列を指定する要素である(表 A.31 参照)。

表 A.31DrawChar の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

line

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

行数を指定する。


43

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

line は,対象の文字列を何行分にわたったサイズで描画するか,その行数を指定する属性である。

A.5.48 Italic 

Italic は,斜体で表示する文字列を指定する要素である。

A.5.49 Bold 

Bold は,太字で表示する文字列を指定する要素である。

A.5.50 ImageBlock 

A.5.50.0 

一般 

ImageBlock は,画像を描画するブロックの設定,及び表示する画像の指定をする要素である。ImageBlock

要素の属性値には,blockstyle 属性として参照する BlockStyle 要素に対し,差異のある情報だけを記述する

ことが望ましい。

なお,表示端末によって指定画像ファイルが表示できないことを考慮し,要素として置替え文字列を指

定することが望ましい。

表 A.32ImageBlock の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

x0

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

y0

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

x1

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

y1

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

xsize

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

ysize

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

refstream 

オブジェクト ID 文

字列

参照する ImageStream 要素の objid 属性値を指定す

る。Image 要素では,refstream 属性しか選べない。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

bgcolor 

 COLORREF 文字列

bgimagemode 

文字列

“fix”,“tile”又は“centering”の中から選ぶ。ま

た,同時に refbgimage 属性の指定が必要である。

blockheight 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

blockrule 

文字列

ImageBlock

要 素 の blockrule 属 性 値 と し て ,

“block-fixed”又は“block-adjustable”のいずれか

を指定する。

blockstyle

(必須)

スタイル文字列

指定したスタイル文字列は参照先の BlockStyle 要

素の stylelabel 属性値と一致させる必要がある。

blockwidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

footskip 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

framecolor 

 COLORREF 文字列

framemode 

文字列

“curve”又は“square”のいずれかを指定する。

framewidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

layout 

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかを指定する。

refbgimage 

オブジェクト ID 文
字列

参照する Image 要素の objid 属性値を指定する。た
だし,自分自身の objid 属性値を指定することはで

きない。

sidemargin 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

topskip 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]


44

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.50.1 x0 

x0 は,元画像から表示に必要な部分を抽出するのに必要な左上点の X 座標を指定する属性である。

A.5.50.2 y0 

y0 は,元画像から表示に必要な部分を抽出するのに必要な左上点の Y 座標を指定する属性である。

A.5.50.3 x1 

x1 は,元画像から表示に必要な部分を抽出するのに必要な右下点の X 座標を指定する属性である。

A.5.50.4 y1 

y1 は,元画像から表示に必要な部分を抽出するのに必要な右下点の Y 座標を指定する属性である。

A.5.50.5 xsize 

xsize は,抽出した画像を表示するとき,X 軸方向のサイズを幾つにするのかを指定する属性である。こ

のサイズが,

(x1-x0)の値より大きい場合は,X 軸方向の拡大,小さい場合は X 軸方向の縮小をすること

を意味する。

A.5.50.6 ysize 

ysize は,抽出した画像を表示するとき,Y 軸方向のサイズを幾つにするのかを指定する属性である。こ

のサイズが,

(y1-y0)の値より大きい場合は,Y 軸方向の拡大,小さい場合は Y 軸方向の縮小をすること

を意味する。

A.5.50.7 refstream 

refstream は,表示する元画像データの入った ImageStream 要素の objid 属性値を指定する属性である。

A.5.50.8 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.50.9 bgcolor 

A.5.24.30

に示す。

A.5.50.10 bgimagemode 

A.5.24.31

に示す。

A.5.50.11 blockheight 

A.5.24.32

に示す。

A.5.50.12 blockrule 

blockrule は,表示端末に文字サイズ拡大機能がある場合,その機能を行使したときのブロックサイズに

関する拡大ルールを指定する属性である。TextBlock 要素の場合は,横組みのときは“horz-fixed”,

“horz-adjustable”

,縦組みのときは“vert-fixed”

“vert-adjustable”のいずれかを設定する。ImageBlock 要

素の場合は,

“block-fixed”

“block-adjustable”のいずれかを設定する。

設定可能な値については,A.5.24.33 に示す。

A.5.50.13 blockstyle 

A.5.24.34

に示す。

A.5.50.14 blockwidth 

A.5.24.35

に示す。

A.5.50.15 footskip 

A.5.24.36

に示す。

A.5.50.16 framecolor 

A.5.24.37

に示す。


45

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.50.17 framemode 

A.5.24.38

に示す。

A.5.50.18 framewidth 

A.5.24.39

に示す。

A.5.50.19 layout 

layout は,ブロックの座標系を指定する属性である。

“LrTb”が指定されたときは,左上を原点とし,右方向に X 軸,下方向に Y 軸を作る。

“TbRl”が指定されたときは,右上を原点とし,下方向に X 軸,左方向に Y 軸を作る。

A.5.50.20 refbgimage 

refbgimage は,ブロックの背景に画像を表示する場合に表示したい画像の情報が存在する Image 要素の

objid 属性値を指定する属性である。指定がなければ,ブロックに背景画像の設定がないことを意味する。

A.5.50.21 sidemargin 

A.5.24.42

に示す。

A.5.50.22 topskip 

A.5.24.44

に示す。

A.5.51 ButtonBlock 

A.5.51.0 

一般 

ButtonBlock は,

“ボタン”をブロックとして描画するときの動作を指定する要素である。ButtonBlock の

各属性値には,blockstyle 属性で参照される BlockStyle 要素の属性値と異なるものだけを記述することが推

奨される。ボタンの操作には,四つのステートがある。

“Base state”

“Focusin state”

“Push state”及び“Up

state”で,それぞれ“選択前”,“フォーカス時”,“ボタン押下時”及び“ボタンリリース時”の状態を意

味する。このステートの変更は,端末によってコントロールされる(

表 A.33 参照)。

表 A.33ButtonBlock の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

bgcolor 

 COLORREF 文字列

bgimagemode 

文字列

“fix”,“tile”又は“centering”のいずれかを指定

する。また,同時に refbgimage 属性の指定が必要
である。

blockheight 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

blockrule 

文字列

ButtonBlock

要 素 の blockrule 属 性 値 と し て ,

“block-fixed”又は“block-adjustable”のいずれか

を指定する。

blockstyle

(必須)

スタイル文字列

指定したスタイル文字列は参照先の BlockStyle 要

素の stylelabel 属性値と一致させる必要がある。

blockwidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

footskip 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

framecolor 

 COLORREF 文字列

framemode 

文字列

“curve”又は“square”のいずれかを指定する。

framewidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

layout 

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかを指定する。

refbgimage 

オブジェクト ID 文

字列

Image

要素の objid 属性値を指定する。また,同時

に bgimagemode 属性の指定が必要である。


46

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.33ButtonBlock の属性(続き) 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

sidemargin 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

topskip 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

A.5.51.1 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.51.2 bgcolor 

A.5.24.30

に示す。

A.5.51.3 bgimagemode 

A.5.24.31

に示す。

A.5.51.4 blockheight 

A.5.24.32

に示す。

A.5.51.5 blockrule 

表示端末に文字サイズ拡大機能がある場合,その機能を行使した時のブロックサイズに関する拡大ルー

ルを指定する属性。TextBlock 要素で利用される場合は,横組みのときは“horz-fixed”

“horz-adjustable”

縦組みのときは“vert-fixed”

“vert-adjustable”のいずれかを設定する。ImageBlock 要素で利用される場合

は,

“block-fixed”

“block-adjustable”のいずれかを設定する。

設定可能な値については,A.5.24.33 に示す。

A.5.51.6 blockstyle 

A.5.24.34

に示す。

A.5.51.7 blockwidth 

A.5.24.35

に示す。

A.5.51.8 footskip 

A.5.24.36

に示す。

A.5.51.9 framecolor 

A.5.24.37

に示す。

A.5.51.10 framemode 

A.5.24.38

に示す。

A.5.51.11 framewidth 

A.5.24.39

に示す。

A.5.51.12 layout 

layout は,ブロックの座標系を指定する属性である。

“LrTb”が指定されたときは,左上を原点とし,右方向に X 軸,下方向に Y 軸を作る。

“TbRl”が指定されたときは,右上を原点とし,下方向に X 軸,左方向に Y 軸を作る。

A.5.51.13 refbgimage 

refbgimage は,ブロックの背景に画像を表示する場合に表示したい画像の情報が存在する Image 要素の

objid 属性値を指定する属性である。指定がなければ,ブロックに背景画像の設定がないことを意味する。

A.5.51.14 sidemargin 

A.5.24.42

に示す。


47

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.51.15 topskip 

A.5.24.44

に示す

A.5.52 BaseButton 

BaseButton は,フォーカス前の標準状態において表示させるボタン画像を指定する要素である(表 A.34

参照)

表 A.34BaseButton の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

refimage 

オブジェクト ID 文

字列

参照する Image 要素の objid 属性値を指定する。

refimage は,ボタンとして表示する Image 要素の objid 属性値を指定する属性である。

なお,ボタンの呼出し元が CharButton 要素であったときは,Image 要素を指定しても描画されない。

A.5.53 FocusinButton 

FocusinButton は,ボタンがフォーカスイン状態になったときの動作を指定する要素である。ボタン動作

は,複数指定することが可能で,指定された順番で順次実行される(

表 A.35 参照)。

表 A.35FocusinButton の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

refimage 

オブジェクト ID 文

字列

参照する Image 要素の objid 属性値を指定する。

A.5.54 JumpTo 

A.5.54.0 

一般 

JumpTo は,ボタンの動作として,どのページに移動するか指定する要素である(表 A.36 参照)。

表 A.36JumpTo の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

refobj

(必須)

オブジェクト ID 文
字列

移 動 先 の TextBlock 要 素 , ButtonBlock 要 素 ,
ImageBlock

要素又は Canvas 要素の objid 属性値を

指定する。

refpage

(必須)

オブジェクト ID 文

字列

移動先のブロックが含まれる Page 要素の objid 属

性値を指定する。

A.5.54.1 refpage 

A.5.20.2

に示す。

A.5.54.2 refobj 

A.5.20.1

に示す。

A.5.55 Run 

A.5.55.0 

一般 

Run は,ウィンドウ表示,ポップアップウィンドウ表示及び音声再生を指定する要素である(表 A.37

参照)


48

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.37Run の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

runoption

(必須)

  “normal”

文字列

“ normal ”,“ opposite ”,“ center ” 又 は

“opposite-center”のいずれかを指定する。

refobj

(必須)

オブジェクト ID 文
字列

表示又は再生する PopUpWin 要素,Window 要素又
は Sound 要素の objid 属性値を指定する。

A.5.55.1 runoption 

runoption は,2 画面表示でウインドウ及びポップアップウィンドウを表示させる位置を設定する属性で

ある。次の表で示した値で指定する(

表 A.38 参照)。

表 A.38runoption 属性 

配置位置 

配置オプション 

呼出し元画面

normal

反対側画面

opposite

呼出し元画面中央

center

反対側画面中央

opposite-center

A.5.55.2 refobj 

refobj は,ボタン動作の結果として表示する各種要素を指定する属性である。refobj 属性値として指定さ

れる値は,必ず実行する Window 要素,PopUpWin 要素又は Sound 要素のいずれか一つの要素の objid 属性

値と一致する必要がある。

A.5.56 SoundStop 

SoundStop は,非同期再生されている音声を強制的に停止させることを指定する要素である。

A.5.57 CloseWindow 

CloseWindow は,表示しているウィンドウを強制的に閉じる動作を指定する要素である。

A.5.58 PushButton 

PushButton は,ボタンがプッシュ状態になったときの動作を指定する要素である。ボタン動作は,複数

指定することが可能で,指定された順番で順次実行される(

表 A.39 参照)。

表 A.39PushButton の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

refimage 

オブジェクト ID 文

字列

参照する Image 要素の objid 属性値を指定する。

refimage の詳細については,A.5.52 に示す。

A.5.59 UpButton 

UpButton は,ボタンがアップ状態になったときの動作を指定する要素である。アップ状態では,Run 要

素から PopUpWin 要素を参照することができない。ボタン動作は,複数指定することが可能で,指定され

た順番で順次実行される(

表 A.40 参照)。

表 A.40UpButton の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

refimage 

オブジェクト ID 文

字列

参照する Image 要素の objid 属性値を指定する。


49

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

refimage の詳細については,A.5.52 に示す。

A.5.60 Canvas 

A.5.60.0 

一般 

Canvas は,各種ブロックを絶対的な座標で管理する領域を指定する要素である。レイアウトを重視した

コンテンツを作成する場合に利用する(

表 A.41 参照)。

表 A.41Canvas の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

bgcolor 

“0xff000000” COLORREF 文字列

blockrule 

“block-fixed”

文字列

Canvas

要 素 の blockrule 属 性 値 と し て ,

“block-fixed”又は“block-adjustable”のいずれか
を指定する。

canvasheight 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

canvaswidth 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

framecolor 

“0x00000000” COLORREF 文字列

framewidth 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

layout 

“LrTb”

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかを指定する。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

toclabel 

文字列

TOC

で“項目名”として登録される文字列を記述

する。

framemode 

“square”

文字列

“curve”又は“square”のいずれかを指定する。

A.5.60.1 canvaswidth 

canvaswidth は,Canvas 領域として確保する横幅を指定する属性である。

A.5.60.2 canvasheight 

canvasheight は,Canvas 領域として確保する縦幅を指定する属性である。

A.5.60.3 bgcolor 

bgcolor は,Canvas 領域全体の背景色を指定する属性である。

A.5.60.4 layout 

layout は,Canvas 領域の座標系を指定する属性である。

“LrTb”が指定されたときは,左上を原点とし,右方向に X 軸,下方向に Y 軸を作る。

“TbRl”が指定されたときは,右上を原点とし,下方向に X 軸,左方向に Y 軸を作る。

A.5.60.5 framewidth 

framewidth は,Canvas 領域を囲むフレームの線の太さを指定する属性である。この値が“0”の場合及

び指定がない場合は,フレームを描画しないことを意味する。

A.5.60.6 framecolor 

framecolor は,Canvas 領域を囲むフレームの色を指定する属性である。

A.5.60.7 blockrule 

blockrule は,表示端末に文字サイズ拡大機能がある場合,その機能を行使した時のブロックサイズに関

する拡大ルールを指定する属性である。Canvas の場合は,

“block-fixed”

“block-adjustable”のいずれかを

設定する。

詳細については,A.5.24.33 に示す。


50

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.60.8 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.60.9 toclabel 

toclabel は,目次情報で表示する目次項目を指定する属性である。この“目次情報”とは,書籍の一部と

して表示されるものではなく,目次表示機能などによって表示されるリストのことを意味する。toclabel

が指定されていた場合,オーサリングツールによって TOC 要素に自動的に挿入されることが期待される。

A.5.60.10 framemode 

framemode は,Canvas 領域を囲むフレームの種類を指定する属性である。フレームの四隅を直角に描画

する場合は“square”を設定し,フレームの四隅を丸く描画する場合は“curve”を指定する。

A.5.61 PutObj 

A.5.61.0 

一般 

PutObj は,Canvas 領域上の指定した座標に指定したブロックなどを配置することを指定する要素である

表 A.42 参照)。

表 A.42PutObj の要素 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

refobj

(必須)

オブジェクト ID 文
字列

配 置 す る PopUpWin 要 素 , TextBlock 要 素 ,
ImageBlock

要素,ButtonBlock 要素,又は Sound

要素の objid 属性値を指定する。

なお,Header 要素又は Footer 要素で参照される

ときは,TextBlock 要素又は ImageBlock 要素だけを

指定することができる。

x1

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

y1

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

A.5.61.1 x1 

x1 は,refobj 属性値と一致する objid 属性値をもつ要素を表示するとき,そのブロックの原点を配置する

X 軸方向の座標を指定する属性である。

A.5.61.2 y1 

y1 は,refobj 属性値と一致する objid 属性値をもつ要素を表示するとき,そのブロックの原点を配置する

Y 軸方向の座標を指定する属性である。

A.5.61.3 refobj 

refobj は,PutObj 要素で配置する要素の objid 属性値を指定する属性である。

A.5.62 Moveto 

A.5.62.0 

一般 

Moveto は,Canvas 領域内の座標系を利用して,線,四角形及びだ(楕)円形の描画開始座標を移動さ

せることを指定する要素である(

表 A.43 参照)。

表 A.43Moveto の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

x1

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

y1

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]


51

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.62.1 x1 

x1 は,描画開始点の X 座標を指定する属性である。

A.5.62.2 y1 

y1 は,描画開始点の Y 座標を指定する属性である。

A.5.63 Lineto 

A.5.63.0 

一般 

Lineto は,Canvas 領域内で線を引くことを指定する要素である。描画開始点から,Lineto 要素で指定し

た描画終了点まで線を引く。線を引き終わったら,指定した描画終了点は,次の描画開始点となる(

表 A.44

参照)

表 A.44Lineto の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

linecolor 

 COLORREF 文字列

linetype 

文字列

“solid”

“dotted”

“dashed”又は“double”のい

ずれかを指定する。

arrowtype 

文字列

“none”

“begin”

“end”又は“both”のいずれか

を指定する。

linewidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

x1

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

y1

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

A.5.63.1 x1 

x1 は,描画終了点の X 座標を指定する属性である。

A.5.63.2 y1 

y1 は,描画終了点の Y 座標を指定する属性である。

A.5.63.3 linewidth 

linewidth は,描画する線の太さを指定する属性である。

A.5.63.4 linecolor 

linecolor は,描画する線の色を指定する属性である。

A.5.63.5 linetype 

linetype は,描画する線の種類を指定する属性である。

指定できる値については,A.5.38 に示す。

A.5.63.6 arrowtype 

arrowtype は,描画する線を直線にするか,又は矢印にするかを指定する属性である。表 A.45 に示す表

から値を設定する。

表 A.45arrowtype 属性 

矢印の種類 

 

直線

none

始点矢印

begin

終点矢印

end

両端矢印

both


52

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.64 DrawBox 

A.5.64.0 

一般 

DrawBox は,Canvas 領域内に四角形を描画することを指定する要素である。描画開始点と DrawBox 要

素で指定した描画終了点とを対角線とする四角形を描画する(

表 A.46 参照)。

表 A.46DrawBox の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

fillcolor 

 COLORREF 文字列

linecolor 

 COLORREF 文字列

linetype 

文字列

“solid”

“dotted”

“dashed”又は“double”のい

ずれかを指定する。

linewidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

x1

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

y1

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

A.5.64.1 x1 

A.5.63.1

に示す。

A.5.64.2 y1 

A.5.63.2

に示す。

A.5.64.3 linewidth 

linewidth は,描画する四角形の線の太さを指定する属性である。

A.5.64.4 linecolor 

linecolor は,描画する四角形の線の色を指定する属性である。

A.5.64.5 linetype 

linetype は,描画する四角形の線の種類を指定する属性である。

指定できる値については,A.5.38 に示す。

A.5.64.6 fillcolor 

fillcolor は,描画する四角形の内部を指定した色で満たす属性である。

A.5.65 DrawEllipse 

A.5.65.0 

一般 

DrawEllipse は,Canvas 領域内でだ(楕)円を描画することを指定する要素である。描画開始点と

DrawEllipse 要素で指定した描画終了点とを対角線とする四角形に内接するだ(楕)円を描画する(表 A.47

参照)

表 A.47DrawEllipse の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

fillcolor 

 COLORREF 文字列

linecolor 

 COLORREF 文字列

linetype 

 string

“solid”

“dotted”

“dashed”又は“double”のい

ずれかを指定する。

linewidth 

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

x1

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

y1

(必須)

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]


53

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.65.1 x1 

A.5.63.1

に示す。

A.5.65.2 y1 

A.5.63.2

に示す。

A.5.65.3 linewidth 

linewidth は,描画するだ(楕)円の線の太さを指定する属性である。

A.5.65.4 linecolor 

linecolor は,描画するだ(楕)円の線の色を指定する属性である。

A.5.65.5 linetype 

linetype は,描画するだ(楕)円の線の種類を設定する属性である。

指定できる値については,A.5.38 に示す。

A.5.65.6 fillcolor 

fillcolor は,描画するだ(楕)円の内部を指定した色で満たすことを指定する属性である。

A.5.66 RuledLine 

A.5.66.0 

一般 

RuledLine は,けい線を引くことを指定する要素である(表 A.48 参照)。

表 A.48RuledLine の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

linelength

(必須) (符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

linetype

(必須)

文字列

“solid”

“dotted”

“dashed”又は“double”のい

ずれかを指定する。

linewidth

(必須)  (符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

linecolor 

0x00000000 COLORREF 文字列

A.5.66.1 linewidth 

linewidth は,けい線の太さを指定する属性である。

A.5.66.2 linelength 

linelength は,けい線の長さを指定する属性である。長さが指定されなかった場合,けい線は描画可能な

領域いっぱいの長さで描画されることになる。

A.5.66.3 linetype 

linetype は,けい線の線の種類を指定する属性である。

指定可能な値については,A.5.38 に示す。

A.5.66.4 linecolor 

linecolor は,けい線の色を指定する属性である。

A.5.67 Style 

Style は,各種スタイル情報を指定する要素である。

A.5.68 BookStyle 

A.5.68.0 

一般 

BookStyle は,当該のコンテンツの基本スタイル情報を指定する要素である(表 A.49 参照)。


54

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.49BookStyle の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

stylelabel

(必須)

スタイル文字列

スタイル文字を指定する。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

A.5.68.1 stylelabel 

stylelabel は,その Style 要素を識別するための情報を指定する属性である。

A.5.68.2 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.69 SetDefault 

A.5.69.0 

一般 

SetDefault は,一つのコンテンツ内にて有効なレイアウト情報の初期値を指定する要素である。ここで

指定された値は,各種スタイルを必要とする要素での初期値として扱われる(

表 A.50 参照)。

表 A.50SetDefault の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

rubyalign

(必須)  “start”

文字列

“start”又は“center”のいずれかの文字列を指定
する。

rubyadjust

(必須)

  “none”

文字列

“line-edge”又は“none”のいずれかの文字列を

指定する。

rubyoverhang

(必須)

“none”

文字列

“auto”又は“none”のいずれかの文字列を指定す

る。

empdotsposition

(必須)

“before”

文字列

“before”又は“after”のいずれかを指定する。

emplineposition

(必須)

“before”

文字列

“before”又は“after”のいずれかを指定する。

emplinetype

(必須)

“none” 16 進文字列

ラ イ ン モ ー ド 値 “ none ”,“ solid ”,“ dotted ”,
“dashed”又は“double”のいずれかを指定する。

empdotsfontname

(必須)

文字列

フォント名を指定する。同時に empdotscode 属性
及び refempdotsfont 属性を指定する必要がある。

refempdotsfont

(必須)

オブジェクト ID 文

字列

参照する Font 要素の objid 属性値を指定する。

また,

同時に empdotscode 属性及び empdotsfontname 属

性を指定する必要がある。

empdotscode

(必須)

0x3001 16 進文字列

傍点として利用する文字のコードを指定する。ま

た , 同 時 に

empdotsfontname

属 性 及 び

refempdotsfont

属性を指定する必要がある。

setwaitpropt

(必須)

“noreplay”

文字列

“replay”又は“noreplay”のいずれかを指定する。

A.5.69.1 rubyalign 

A.5.24.15

に示す。

A.5.69.2 rubyadjust 

A.5.24.16

に示す。

A.5.69.3 rubyoverhang 

A.5.24.17

に示す。


55

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.69.4 empdotsposition 

A.5.24.18

に示す。

A.5.69.5 empdotscode 

A.5.24.19

に示す。

A.5.69.6 emplineposition 

A.5.24.20

に示す。

A.5.69.7 emplinetype 

A.5.24.21

に示す。

A.5.69.8 empdotsfontname 

A.5.24.45

に示す。

A.5.69.9 refempdotsfont 

A.5.24.46

に示す。

A.5.69.10 setwaitprop 

setwaitprop は,Page 要素内に指定された各要素を表示するときに,一定の時間がたった後に動作させる

“wait”の処理方法を指定する属性である。

表 A.51 に示す表を用いて再実行するかしないか,を指定する。

表 A.51setwaitprop 属性 

ウェイトフラグ値

動作仕様 

replay

再実行する

noreplay

再実行しない

A.5.70 RegistFont 

A.5.70.0 

一般 

RegistFont は,あらかじめメモリ上に展開し,登録しておくフォントを指定する要素である(表 A.52 

照)

表 A.52RegistFont 属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

fontfilename

(必須)

文字列

メモリ展開後のファイル名を指定する。

file

(必須)

ファイルパス文字

ファイルの絶対パス又はアクセス可能な相対パス

で記述する。

encoding

(必須)

文字列

“TTF”

“OTF”又は“BF”のいずれかを指定する。

fontname

(必須)

文字列

フォント名を指定する。

A.5.70.1 fontfilename 

fontfilename は,メモリ上展開後のファイル名を指定する属性である。

A.5.70.2 file 

file は,埋め込むフォントファイルの存在するパス及びそのファイル名を指定する属性である。

A.5.70.3 fontname 

fontname は,埋め込むフォントのフォント名を指定する属性である。

A.5.70.4 encoding 

encoding は,フォントファイルのデータフォーマットを指定する属性である。記述できる文字列は,


56

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

“TTF”

“OTF”又は“BF”となる。ただし,この版では,

“TTF”だけを指定可能とし,

“OTF”又は“BF”

は予約語とする。

A.5.71 BookSetting 

A.5.71.0 

一般 

BookSetting は,コンテンツがどのような表示環境を想定して作られたのかを指定する要素である(表

A.53

参照)

表 A.53BookSetting の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

bindingdirection

(必須)

文字列

“Lr”又は“Rl”のいずれかを指定する。

dpi

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dpi]*10

screeneheight

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

screenwidth

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

colordepth 

“24”

(符号なし整数)10 進文字列

色深度をビットで指定する。

A.5.71.1 bindingdirection 

bindingdirection は,コンテンツのと(綴)じ方向を指定する属性である。“Lr”を指定したときは,左か

ら右にページが進むことを意味する。

“Rl”を指定したときは,右から左にページが進むことを意味する。

A.5.71.2 dpi 

dpi は,コンテンツ作成時に想定した dpi 値を指定する属性である。

A.5.71.3 screenwidth 

screenwidth は,コンテンツ作成時に想定した画面サイズ領域の横幅を指定する属性である。

A.5.71.4 screenheight 

screenheight は,コンテンツ作成時に想定した画面サイズ領域の縦幅を指定する属性である。

A.5.71.5 colordepth 

colordepth は,コンテンツをそのまま表示するのに必要な色深度をビット数で指定する属性である。

A.5.72 TextStyle 

A.5.72.0 

一般 

TextStyle は,文字に関する各種スタイルを指定する要素である(表 A.54 参照)。

表 A.54TextStyle の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

stylelabel

(必須)  

スタイル文字列

スタイル文字列を指定する。

fontsize 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

fontwidth 

“-10”

(符号付き整数)10 進文字列

[pt]*10

字形を変形させない場合は,-10 を指定する。

fontescapement 

“0” 10 進文字列

“0”又は“2 700”を指定する。

fontorientation 

“0” 10 進文字列

“0”又は“2 700”を指定する。

fontfacename

(必須)

文字列

フォント名を指定する。

textcolor 

“0x00000000” COLORREF 文字列


57

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.54TextStyle の属性(続き) 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

textbgcolor 

“0xff000000” COLORREF 文字列

wordspace 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

letterspace 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

baselineskip 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

linespace 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

parindent 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

parskip 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

rubyalign 

文字列

“start”又は“center”のいずれかの文字列を指定

する。

rubyadjust 

文字列

“line-edge”又は“none”のいずれかの文字列を

指定する。

rubyoverhang 

文字列

“auto”又は“none”のいずれかの文字列を指定す
る。

empdotsposition 

文字列

“before”又は“after”のいずれかを指定する。

empdotscode 

文字列

傍点として利用する文字のコードを指定する。ま
た , 同 時 に

empdotsfontname

属 性 及 び

refempdotsfont

属性を指定する必要がある。

emplineposition 

文字列

“before”又は“after”のいずれかを指定する。

emplinetype 

文字列

ラ イ ン モ ー ド 値 “ none ”,“ solid ”,“ dotted ”,

“dashed”又は“double”のいずれかを指定する。

column 

“1” 10 進文字列

1∼9 の整数値を指定する。

columnsep 

“0” 10 進文字列

[pt]*10

align 

“head”

文字列

“head”

“center”又は“foot”のいずれかを指定

する。

textlinewidth 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[pt]*10

linecolor 

“0x00000000” COLORREF 文字列

charspace 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[pt]*10

fontweight 

“400” 10 進文字列

1

∼1 000 の値を指定する。

empdotsfontname 

文字列

フォント名を指定する。同時に empdotscode 属性

及び refempdotsfont 属性を指定する必要がある。

refempdotsfont 

オブジェクト ID 文

字列

参照する Font 要素の objid 属性値を指定する。

また,

同時に empdotscode 属性及び empdotsfontname 属
性を指定する必要がある。

A.5.72.1 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.72.2 stylelabel 

stylelabel は,スタイルを識別する情報を指定する属性である。TextBlock 要素の textstyle 属性値として記

述される。

A.5.72.3 fontsize 

A.5.24.1

に示す。

A.5.72.4 fontwidth 

A.5.24.2

に示す。

A.5.72.5 fontescapement 

A.5.24.3

に示す。


58

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.72.6 fontorientation 

A.5.24.4

に示す。

A.5.72.7 fontfacename 

A.5.24.5

に示す。

A.5.72.8 textcolor 

A.5.24.6

に示す。

A.5.72.9 textbgcolor 

A.5.24.7

に示す。

A.5.72.10 wordspace 

A.5.24.8

に示す。

A.5.72.11 letterspace 

A.5.24.9

に示す。

A.5.72.12 baselineskip 

A.5.24.11

に示す。

A.5.72.13 linespace 

A.5.24.12

に示す。

A.5.72.14 parindent 

A.5.24.13

に示す。

A.5.72.15 parskip 

A.5.24.14

に示す。

A.5.72.16 rubyalign 

A.5.24.15

に示す。

A.5.72.17 rubyadjust 

A.5.24.16

に示す。

A.5.72.18 rubyoverhang 

A.5.24.17

に示す。

A.5.72.19 empdotsposition 

A.5.24.18

に示す。

A.5.72.20 empdotscode 

A.5.24.19

に示す。

A.5.72.21 emplineposition 

A.5.24.20

に示す。

A.5.72.22 emplinetype 

A.5.24.21

に示す。

A.5.72.23 column 

A.5.24.22

に示す。

A.5.72.24 columnsep 

A.5.24.23

に示す。

A.5.72.25 align 

A.5.24.24

に示す。


59

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.72.26 textlinewidth 

A.5.24.25

に示す。

A.5.72.27 linecolor 

A.5.24.26

に示す。

A.5.72.28 charspace 

A.5.24.10

に示す。

A.5.72.29 fontweight 

A.5.24.28

に示す。

A.5.72.30 empdotsfontname 

A.5.24.45

に示す。

A.5.72.31 refempdotsfont 

A.5.24.46

に示す。

A.5.73 BlockStyle 

A.5.73.0 

一般 

BlockStyle は,ブロックに関する各種スタイルを指定する要素である(表 A.55 参照)。

表 A.55BlockStyle の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

stylelabel

(必須)  

スタイル文字列

スタイル文字列を指定する。

objid

(必須) 

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

blockwidth 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

blockheight 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

blockrule 

“horz-adjustable”

文字列

“ horz-fixed ”,“ horz-adjustable ”,“ vert-fixed ”,

“ vert-adjustable ” , “ block-fixed ” 又 は
“block-adjustable”のいずれかを指定する。

bgcolor 

“0xff000000” COLORREF 文字列

layout 

“LrTb”

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかを指定する。

framewidth 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

framecolor 

“0x00000000” COLORREF 文字列

framemode 

“square”

文字列

“curve”又は“square”のいずれかを指定する。

topskip 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

sidemargin 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

footskip 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

refbgimage 

“0”

オブジェクト ID 文
字列

参照する Image 要素の objid 属性値を指定する。

なお,bgimagemode 属性を同時に指定する必要

がある。

bgimagemode 

“fix”

文字列

“fix”,“tile”又は“centering”のいずれかを指定

する。

なお,refbgimage 属性を同時に指定する必要があ

る。

A.5.73.1 stylelabel 

stylelabel は,スタイルを識別する情報を記述する属性である。TextBlock,ImageBlock 及び ButtonBlock

要素の textstyle 属性値として指定される。


60

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.73.2 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.73.3 blockwidth 

A.5.24.35

に示す。

A.5.73.4 blockheight 

A.5.24.32

に示す。

A.5.73.5 blockrule 

blockrule は,表示端末に文字サイズ拡大機能がある場合,その機能を行使したときのブロックサイズに

関する拡大ルールを指定する属性である。指定可能な値の詳細については,A.5.24.33 に示す。

A.5.73.6 bgcolor 

A.5.24.30

に示す。

A.5.73.7 layout 

layout は,ブロックの座標系を指定する属性である。

“LrTb”が指定されたときは,左上を原点とし,右方向に X 軸,下方向に Y 軸を作る。TextBlock 要素

の場合はテキストは横組みとなる。

“TbRl”が指定されたときは,右上を原点とし,下方向に X 軸,左方向に Y 軸を作る。TextBlock 要素

の場合はテキストは縦組みとなる。

A.5.73.8 framewidth 

A.5.24.39

に示す。

A.5.73.9 framecolor 

A.5.24.37

に示す。

A.5.73.10 framemode 

A.5.24.38

に示す。

A.5.73.11 topskip 

A.5.24.44

に示す。

A.5.73.12 sidemargin 

A.5.24.42

に示す。

A.5.73.13 footskip 

A.5.24.36

に示す。

A.5.73.14 refbgimage 

refbgimage は,ブロックの背景に画像を表示する場合に表示したい画像の情報が存在する Image 要素の

objid 属性値を指定する属性である。指定がなければ,ブロックに背景画像の設定がないことを意味する。

A.5.73.15 bgimagemode 

A.5.24.31

に示す。

A.5.74 PageStyle 

A.5.74.0 

一般 

PageStyle は,ページに関する各種スタイルを指定する要素である(表 A.56 参照)。


61

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.56PageStyle の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

stylelabel

(必須)  

スタイル文字列

スタイル文字列を指定する。

objid

(必須) 

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

refbgimage 

“0”

オブジェクト ID 文

字列

参照する Image 要素の objid 属性値を指定する。更

に必要に応じて bgimagemode 属性値を指定する。

bgimagemode 

“fix”

文字列

“fix”,“tile”又は“centering”のいずれかを指定

する。この値を指定した場合は,refbgimage 属性値
も指定する必要がある。

evenfooterid 

“0”

オブジェクト ID 文
字列

参照する Footer 要素の objid 属性値を指定する。

evenheaderid 

“0”

オブジェクト ID 文

字列

参照する Header 要素の objid 属性値を指定する。

oddfooterid 

“0”

オブジェクト ID 文

字列

参照する Footer 要素の objid 属性値を指定する。

oddheaderid 

“0”

オブジェクト ID 文

字列

参照する Header 要素の objid 属性値を指定する。

pageposition 

“any”

文字列

“upper”

“lower”又は“any”のいずれかを指定

する。

setemptyview 

“show”

文字列

“show”又は“empty”のいずれかを指定する。

setwaitprop 

文字列

“replay”又は“noreplay”のいずれかを指定する。

topmargin 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

headheight 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

headsep 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

oddsidemargin 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

evensidemargin 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

textheight 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

textwidth 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

footheight 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

layout 

“LrTb”

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかを指定する。

footspace 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

A.5.74.1 stylelabel 

stylelabel は,スタイルを識別する情報を指定する属性である。Page 要素の pagestyle 属性値から参照さ

れる。

A.5.74.2 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.74.3 refbgimage 

refbgimage は,ページの背景に画像を表示する場合に表示したい画像の情報が存在する Image 要素の

objid 属性値を指定する属性である。指定がなければ,そのページに背景画像の設定がないことを意味する。

A.5.74.4 bgimagemode 

A.5.22.8

に示す。

A.5.74.5 evenfooterid 

A.5.22.7

に示す。

A.5.74.6 evenheaderid 

A.5.22.5

に示す。


62

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.74.7 oddfooterid 

A.5.22.6

に示す。

A.5.74.8 oddheaderid 

A.5.22.4

に示す。

A.5.74.9 pageposition 

A.5.22.3

に示す。

A.5.74.10 setemptyview 

setemptyview は,ページ描画時に,本文のない空白ページを表示する必要が生じた場合,その空白ペー

ジにヘッダー及びフッターの両方を表示するのか,ヘッダー及びフッターの片方を表示するのか,又はヘ

ッダー及びフッターの両方を表示しない完全な空白ページを表示するのかを指定する属性である。

“show”を指定した場合は,ヘッダー及びフッターの両方,又は片方が描画され,

“empty”を指定した

場合は,完全に空白なページを表示することになる。

A.5.74.11 setwaitprop 

A.5.69.10

に示す。

A.5.74.12 topmargin 

A.5.22.18

に示す。

A.5.74.13 headheight 

A.5.22.12

に示す。

A.5.74.14 headsep 

A.5.22.13

に示す。

A.5.74.15 oddsidemargin 

A.5.22.15

に示す。

A.5.74.16 evensidemargin 

A.5.22.9

に示す。

横組みの左側ページ又は縦組みの右側ページの左側に,evensidemargin 属性で指定した値の余白を確保

する。

A.5.74.17 textheight 

A.5.22.16

に示す。

A.5.74.18 textwidth 

A.5.22.17

に示す。

A.5.74.19 footspace 

A.5.22.11

に示す。

A.5.74.20 footheight 

A.5.22.10

に示す。

A.5.74.21 layout 

A.5.22.14

に示す。

A.5.75 Objects 

Objects は,何度も再利用される,Window 要素,PopUpWindow 要素,Sound 要素など,本文のデータの

流れからは独立した存在のものを指定する要素である。各要素の記述順序は自由である。


63

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.76 Window 

A.5.76.0 

一般 

Window は,表示画面の一つ上のレイヤーに描画領域を構成し,そこに文字,画像などを表示すること

ができるブロックを指定する要素である。

Window 要素では,後述する PopUpWindow 要素と違い,明示的に“閉じる”操作をすることによって消

滅する“ウィンドウ”を描画する。逆に“閉じる”操作をしない限り,ウィンドウは消滅しない(

表 A.57

参照)

表 A.57Window の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

windowwidth 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

windowheight 

“0”

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

layout 

“LrTb”

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかの文字列を指定す

る。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

A.5.76.1 windowwidth 

windowwidth は,表示するウィンドウ領域の横幅を指定する属性である。

A.5.76.2 windowheight 

windowheight は,表示するウィンドウ領域の縦幅を指定する属性である。

A.5.76.3 layout 

layout は,Window 要素の座標系を指定する属性である。

“LrTb”が指定されたときは,左上を原点とし,右方向に X 軸,下方向に Y 軸を作る。

“TbRl”が指定されたときは,右上を原点とし,下方向に X 軸,左方向に Y 軸を作る。

A.5.76.4 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.77 PopUpWin 

A.5.77.0 

一般 

PopUpWin は,“ポップアップウィンドウ”を構成するブロックを指定する要素である。作成されるポッ

プアップウィンドウ領域内には,テキスト及び画像を配置することができる(

表 A.58 参照)。

表 A.58PopUpWin の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

popupwinlabel

(必須)

文字列

A.5.77.1 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.78 Sound 

A.5.78.0 

一般 

Sound は,音声再生に関する情報を指定する要素である(表 A.59 参照)。


64

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.59Sound の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

times 

“1” 10 進文字列

音声の再生回数を指定する。

“0”を指定することは

無限回数の再生を指定することを意味する。

playmode 

“sync”

文字列

“sync”又は“async”のいずれかを指定する。

refstream 

オブジェクト ID 文

字列

再生する SoundStream 要素の objid 属性値を指定す

る。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

A.5.78.1 times 

times は,音声データの再生繰返し回数を指定する属性である。

A.5.78.2 playmode 

playmode は,音声データの再生方法を指定する属性である。同期再生する場合は,“sync”,非同期再生

する場合は,

“async”を指定する。

A.5.78.3 refstream 

refstream は,再生する音声データが指定されている SoundStream 要素の objid 属性値を指定する属性であ

る。

A.5.78.4 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.79 SoundStream 

A.5.79.0 

一般 

SoundStream は,音声の実データファイルを指定する要素である(表 A.60 参照)。

表 A.60SoundStream の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

encoding

(必須)

文字列

“PCM”又は“MP3”のいずれかを指定する。

file

(必須)

ファイルパス文字

データの存在するファイルパス及びファイル名を

指定する。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

A.5.79.1 encoding 

encoding は,音声ファイルのデータフォーマットを指定する属性である。指定できる値は,“PCM”又

は“MP3”のいずれかとなる。

A.5.79.2 file 

file は,音声データの存在するパス及びそのファイル名を指定する属性である。

A.5.79.3 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.80 ImageStream 

A.5.80.0 

一般 

ImageStream は,画像の実データファイルを指定する要素である(表 A.61 参照)。


65

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.61ImageStream の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

encoding

(必須)

文字列

“JPEG”

“GIF”

“BMP”又は“PNG”のいずれ

かを指定する。

file

(必須)

ファイルパス文字

データの存在するファイルパス及びファイル名を
記述する。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

A.5.80.1 encoding 

encoding は,画像ファイルのデータフォーマットを指定する属性である。指定できる値は,

“JPEG”“GIF”

“BMP”又は“PNG”のいずれかである。

A.5.80.2 file 

file は,画像データの存在するパス及びそのファイル名を指定する属性である。

A.5.80.3 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.81 Header 

A.5.81.0 

一般 

Header は,ヘッダー領域に表示する内容を指定する要素である。ヘッダー領域は,Header 要素を参照し

ている Page 要素の,textwidth 及び headheight 属性値によって決まる(

表 A.62 参照)。

表 A.62Header の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

layout 

“LrTb”

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかを指定する。

bgcolor 

“0xff00000” COLORREF 文字列

framewidth 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

framecolor 

“0x00000000” COLORREF 文字列

framemode 

“square”

“curve”又は“square”のいずれかを指定する。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

A.5.81.1 layout 

layout は,ヘッダー領域の座標系を指定する属性である。

“LrTb”が指定されたときは,左上を原点とし,右方向に X 軸,下方向に Y 軸を作る。

“TbRl”が指定されたときは,右上を原点とし,下方向に X 軸,左方向に Y 軸を作る。

A.5.81.2 bgcolor 

bgcolor は,ヘッダー領域全体の背景色を指定する属性である。

A.5.81.3 framewidth 

framewidth は,ヘッダー領域を囲むフレームの線の太さを指定する属性である。この値が“0”の場合及

び指定がない場合は,フレームを描画しないことを意味する。

A.5.81.4 framecolor 

framecolor は,ヘッダー領域を囲むフレームの色を指定する属性である。

A.5.81.5 framemode 

framemode は,ヘッダー領域を囲むフレームの種類を指定する属性である。フレームの四隅を直角に描

画する場合は“square”を設定し,フレームの四隅を丸く描画する場合は“curve”を指定する。


66

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.81.6 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.82 Footer 

A.5.82.0 

一般 

Footer は,フッター領域に表示する内容の指定をする要素である。フッター領域は,Footer 要素を参照

している Page 要素の,textwidth 及び headheight 属性値によって決まる(

表 A.63 参照)。

表 A.63Footer の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

layout 

“LrTb”

文字列

“LrTb”又は“TbRl”のいずれかを指定する。

bgcolor 

“0xff000000” COLORREF 文字列

framewidth 

“0”

(符号付き整数) 10 進文字列

[dot]

framecolor 

“0x00000000” COLORREF 文字列

framemode 

“square”

文字列

“curve”又は“square”のいずれかを指定する。

objid

(必須) 

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

A.5.82.1 layout 

layout は,フッター領域の座標系を指定する属性である。

“LrTb”が指定されたときは,左上を原点とし,右方向に X 軸,下方向に Y 軸を作る。

“TbRl”が指定されたときは,右上を原点とし,下方向に X 軸,左方向に Y 軸を作る。

A.5.82.2 bgcolor 

bgcolor は,フッター領域全体の背景色を指定する属性である。

A.5.82.3 framewidth 

framewidth は,フッター領域を囲むフレームの線の太さを指定する属性である。この値が“0”の場合及

び指定がない場合は,フレームを描画しないことを意味する。

A.5.82.4 framecolor 

framecolor は,フッター領域を囲むフレームの色を指定する属性である。

A.5.82.5 framemode 

framemode は,フッター領域を囲むフレームの種類を指定する属性である。フレームの四隅を直角に描

画する場合は“square”を設定し,フレームの四隅を丸く描画する場合は“curve”を指定する。

A.5.82.6 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.83 eSound 

A.5.83.0 

一般 

eSound は,埋込み音声についての情報を指定する要素である(表 A.64 参照)。

表 A.64eSound の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

refstream

(必須)

オブジェクト ID 文

字列

参照する SoundStream 要素の objid 属性値を指定す

る。


67

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.5.83.1 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.83.2 refstream 

A.5.78.3

に示す。

A.5.84 Font 

A.5.84.0 

一般 

Font は,コンテンツ内に埋め込むフォントの情報を指定する要素である(表 A.65 参照)。

表 A.65Font の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

file

(必須)

文字列

データの存在するファイルパス及びファイル名を
指定する。

fontfilename

(必須)

文字列

フォントファイルを展開するときに用いるファイ

ル名を指定する。

fontname

(必須)

文字列

利用するフォント名を指定する。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

encoding

(必須)

文字列

“TTF”

“OTF”又は“BF”のいずれかを指定する。

A.5.84.1 file 

A.5.70.2

に示す。

A.5.84.2 fontfilename 

A.5.70.1

に示す。

A.5.84.3 fontname 

A.5.70.3

に示す。

A.5.84.4 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.84.5 encoding 

A.5.70.4

に示す。

A.5.85 Image 

A.5.85.0 

一般 

Image は,コンテンツ内で利用する画像の指定をする要素である。Image 要素で利用する属性の座標系は,

各種レイアウト設定に依存することなく,全て左上を原点とする座標系で計算する。

なお,画像ファイルが表示できない端末のことを考慮し,置替え文字列を指定する(

表 A.66 参照)。


68

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 A.66Image の要素 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

x0

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

y0

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

x1

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

y1

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

xsize

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

ysize

(必須)

(符号なし整数) 10 進文字列

[dot]

refstream 

オブジェクト ID 文

字列

参照する ImageStream 要素の objid 属性値を指定す

る。

objid

(必須)

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

A.5.85.1 x0 

A.5.50.1

に示す。

A.5.85.2 y0 

A.5.50.2

に示す。

A.5.85.3 x1 

A.5.50.3

に示す。

A.5.85.4 y1 

A.5.50.4

に示す。

A.5.85.5 xsize 

A.5.50.5

に示す。

A.5.85.6 ysize 

A.5.50.6

に示す。

A.5.85.7 refstream 

A.5.50.7

に示す。

A.5.85.8 objid 

A.5.22.19

に示す。

A.5.86 Button 

Button は,ボタン操作したときの動作を指定する要素である。

ボタンの操作には,四つのステートがある。

“Base state”

“Focusin state”

“Push state”及び“Up state”

で,それぞれ“選択前”

“フォーカス時”

“ボタン押下時”及び“ボタンリリース時”の状態を意味する。

このステートの変更は,端末によってコントロールされる(

表 A.67 参照)。

表 A.67Button の属性 

属性名 

デフォルト値 

 

詳細情報 

objid 

文字列

ファイル内で唯一の文字列を指定する。

objid 属性に関しては,A.5.22.19 を参照。 

A.6 

予約語 

A.6.1 

一般 

A.6

で列挙されている要素名は,

附属書 に示す規格利用者が特定の目的で利用する可能性があるが,


69

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

この版では規格化せず,予約語としてだけ定義する。当事者間の合意がない限り,利用しないほうがよい。

A.6.2 ShowOrder 

ShowOrder は,ページ内の各要素をどの順番で表示するかを指定する要素である。このとき,ページ内

のレイアウトはこの要素によって変化することはない。

A.6.3 SetText 

SetText は,Textblock 又は Text 要素の子要素として使われ,要素が適用された以降の文字列表示の新た

なデフォルト値を指定する要素である。

A.6.4 div 

div は,複数の P 要素を子要素として指定し,文書を構造化するための要素である。

A.6.5 SendMessage 

SendMessage は,端末に対するイベント用のメッセージを指定する要素である。

A.6.6 SimpleTextBlock 

SimpleTextBlock は,TextBlock 要素と同様にテキストを含んだブロックを指定する要素である。

SimpleTextBlock 要素は,TextBlock 要素のサブセットであり,幾つかの記述上の制限が存在する。

A.6.7 MoveObj 

MoveObj は,特定の時間内で指定した始点から終点まで移動表示させるブロックを指定する要素である。

A.6.8 ViewPoint 

ViewPoint は,特定の領域を拡大表示させることを指定する要素である。

A.6.9 MiniPage 

MiniPage は,ページ内により複雑なレイアウトで描画を行うための領域を指定する要素である。Page 要

素内ではブロックは文字の進行方向と同じ向きに配置することができないが,MiniPage 要素内では文字の

進行方向と同じ向きに配置をすることが可能となる。

A.6.10 PageDiv 

PageDiv は,ページの描画領域を複数に分割する指定をする要素である。

A.6.11 BlockList 

BlockList は,複数のブロックを数珠つなぎにし,一つの Text 要素の内容をそれら各ブロック内に流し込

み表示をすることを指定する要素である。

A.6.12 Text 

Text は,TextBlock 要素のサブセットで,ブロックとしての特徴をもたない要素である。

A.6.13 SimpleText 

SimpleText は,Text 要素のサブセット要素である。

A.6.14 Locate 

Locate は,MiniPage 要素内で,各ブロックの配置を相対位置指定するための距離を指定する要素である。

A.6.15 Import 

Import は,外部リソース内の特定の要素を参照するために,その要素の情報を指定する要素である。

A.6.16 ObjLink 

ObjLink は,外部リソース内の特定の要素にアクセスするために,その要素の参照情報及びアクセス方

法を指定する要素である。

A.6.17 FileLink 

FileLink は,その書籍外のファイルにアクセスするための情報を指定する要素である。


70

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

A.6.18 Solo 

Solo は,書籍として本文には含まれない,独立したページ群を指定する要素である。独立したページは,

本文内の JumpTo 要素などによってだけ利用される。

A.6.19 Pages 

Pages は,独立したページ群として利用される複数のページ要素を一つのグループとして指定する要素

である。

A.6.20 Template 

Template は,テンプレートとして利用する各種スタイルを指定する要素である。

A.6.21 TemplateSet 

TemplateSet は,複数の Style 及び Objects 要素を指定し,ひとまとまりのテンプレート群であることを示

す要素である。TemplateSet 要素内では,ローカルな objid 値が利用される。

A.6.22 PlotText 

PlotText は,インライン表示をするテキストを指定する要素である。

A.6.23 AutoSpacing 

AutoSpacing は,均等割り付けを指定する要素である。

A.6.24 Span 

Span は,テキストの記述を構造化し,特定の領域に意味付けを行ってスタイルを効率的に適用するため

の要素である。

A.6.25 Property 

Property は,オーサリングツールなど,データ編集の上で必要になる様々な情報を格納するための要素

である。


71

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

附属書 B

(規定)

XMDF XML

フォーマット

B.1 

一般 

附属書 では箇条 で説明している XMDF XML フォーマットについて規定する。

XMDF XML フォーマットは著者と出版社との間を対象とした交換可能でマルチメディアに対応した,

携帯端末での表示を目的とした,電子書籍データのデータ構造(フォーマット)である。このフォーマッ

トでは,HTML 文書のようにページの区切りがなく,ビューアの画面サイズ,使用するフォントなどによ

って自由にレイアウトされる形式の電子書籍データを扱う。この形式のデータのことを,この規格ではペ

ージ区切りされたコンテンツに対してフロー型コンテンツと呼ぶ。

B.2 

フォーマット構造概略 

一般に一つの書籍は一つ以上のフローをもっている。

フローに分割する基準はこの規格では特に定めず,

電子書籍データ作成者の意向に委ねる。例えば,小説では章ごとに分割してもよいし,新聞などのデータ

であれば記事ごとに分割してもよい。また,分割せず一つのフローしかもたない電子書籍データとしても

よい。ただし,フロー数が極端に多い場合,1 フローのデータサイズが極端に大きい場合など,使用して

いるビューアによっては,メモリ不足を起こしたり,処理速度の低下を引き起こしたりすることがあるの

で,注意が必要である。

このフォーマットは,

図 B.1 に示される XML ツリー構造をもつ。


72

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

図 B.1XML ツリー構造 

上記のうち,各フローの実際の内容,つまりビューアによって表示される内容を記録する領域がオブジ

ェクト実体である。オブジェクト実体は,オブジェクト登録モジュールにて,オブジェクト ID などの補

助情報が設定され,表示・再生可能なデータ(オブジェクト)として登録される。登録されたオブジェク

トは,各フローデータ領域(flow_data 要素)で,フローの本文として指定される。また,ページリンクな

どの機能に関する情報はイベントデータ領域に記録される。

この規格の主要部分は一般的なものであり,あらゆる国及び言語に対して利用できる。一部の,言語依

存している部分については,B.6 に主に記述されている。

B.3 

要素及び属性 

B.3.1 

一般 

様々な要素又は属性で使用される,異なる形式の値について次に示す。次の定義はこの附属書全体で有

効であり,ほかの実体から参照される。次の説明において,英数字とは,0∼9 の数字,a∼z,及び A∼Z

のアルファベット(それぞれ半角)を示す。

書誌データ

本文データ

書籍情報

フローデータ

部品データ

オブジェクト登録

オブジェクト実体

フローデータ

フローデータ

登録モジュール

特殊

ページデータ

オブジェクト登録

オブジェクト実体

<bvf>

<body_module>

 /<flow_type_body>

<book_info>

<flow_entry>

<flow_data>

<special_page_link>

<parts_module>

 /<object_table>

<xxx object entry>

<event info>

ファイル名指定

フローデータ数分

繰り返される

オブジェクト数分

繰り返される

イベントデータ

検索テーブル

<search table>

<event_info>

イベントデータ


73

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

B.3.2 Page_ID

形式 

フロー型コンテンツのフローデータをコンテンツ内で一意に識別するために設けられた識別番号。文字

列 PG+英数字(4 桁)の形式で記述する。

<flow_data flow_id="PG0002" ... />

B.3.3 Object_ID

形式 

フロー型コンテンツで使用されるオブジェクトをコンテンツ内で一意に識別するために設けられた識別

番号。文字列 OB+英数字(4 桁)の形式で記述する。

<dynamic_text_object_entry id="OB0ue4".../>

B.3.4 Char_ID

形式 

テキストオブジェクト内の文字列を指定するために使用される識別番号。テキストオブジェクト実体

B.4.7.2)内で一意に設定される。文字列 CR+英数字(4 桁)の形式で記述する。

<trigger_pointer id="OB29s0/CR0de4"/> 
Click<char_id char_id="CR0001">here</char_id>for details.

B.3.5 Reading

形式 

並べ替えのために,個々の単語に読みを付けておくと便利である。並べ替えのために限定した文字列が

あれば容易に並べ替えを行える。そのような文字列は言語ごとに設定される。全ての言語は,

表 B.1 に示

される文字を基本的な文字として使用できる。また,B.6 では言語ごとに拡張できる文字を示す。

表 B.1−読みに使用できる基本的な文字 

項目名

対象文字(全て Unicode 値)

半角アルファベット

A∼Z(0x0041∼0x005A), 
a∼z  (0x0061∼0x007A)

半角数字

0∼9  (0x0030∼0x0039)

そのほかの記号

半角スペース(0x0020)

,((0x0028)

,)(0x0029)

<title reading="PI">π</title>

B.3.6 Filename

形式 

ファイルを指定するための記述形式。絶対パス又は,参照元ファイルからの相対パスで指定する。ネッ

トワークパスには対応しない。互換性を考慮して,使用できる文字は,ASCII コードに限定する。また,

ディレクトリの区切りを表す記号は,スラッシュでも逆スラッシュ(半角円記号)でもどちらも可能とす

る。OS の仕様によってファイル名長に制限がかかる場合があるので,長いファイル名は使用しないこと

が望ましい。

<dynamic_text_object_entry src="sect1.xml" type="text/x-bvf-text" id="OB0ue4"/>


74

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

B.3.7 

標準文字 

ビューアの開発を容易にするため,後述する bvf 要素の default_ccs 属性(B.4.2 を参照)で指定されてい

る文字集合名のうち,次に示す文字集合で規定されている文字を標準文字と規定する。

表 B.2 は,標準文字の例である。

表 B.2−標準文字の例 

文字集合名

説明

備考

"JIS X 0201,JIS X 0208:1997"

JIS1/JIS2 characrters.

"ISO 646-IRV"

US-ASCII

"ISO 8859-1"

ISO 8859-1(Latin-1)

"ISO 8859-9"

ISO 8859-9(Latin-5)

"ISO 8859-10"

ISO 8859-10(Latin-6)

"ISO 8859-15"

ISO 8859-15(Latin-9)

"JIS X 0201,JIS X 0208:1997"

(日本語用) JIS1/JIS2 水準文字

"JIS X 0201,X-SH-JIS 0213:2004"

(日本語用) JIS3/4 水準非漢字を
除く,JIS1/2/3/4  水準の文字

<bvf> の default_ccs 属 性 に “JIS X 
0201,X-SH-JIS 0213:2004”を指定する場合,
記 述 フ ォ ー マ ッ ト の XML フ ァ イ ル の
encoding は,“UTF-8”が望ましい。

B.3.8 

標準文字列 

標準文字で組み合わされる文字列のことを標準文字列と呼ぶ。特に断りがない場合,空白記号[半角ス

ペース(0x0020)

,改行(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

,タブ(0x0009)

]は,次のように表示され

る。

半角スペース(0x0020)

そのまま表示する。削除しない。

改行(0x000D,0x000A,0x0000D+0x0000A)  無視する。

タブ(0x0009)

一つの半角スペースに変換されて表示される。

なお,XML 仕様の制約のため,属性値内に記述された改行(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

,タブ

(0x0009)は,配布フォーマットに変換されるときに半角スペースに置き換えられる。

B.3.9 

拡張文字 

次の全ての条件を満たす文字を拡張文字と規定する。

Unicode(UCS-2)で字形が定義されている文字であり,次の文字を除く文字

・  標準文字

・  サロゲートペア領域(U+D800∼U+DFFF)

・ BOM(Byte Order Mark。U+FFFE,U+FEFF)

・ NON

CHARACTER(U+FFFF)

・  制御コード[0x0000∼0x001F のうち,タブ(0x0009)

,及び改行コード(0x000A,0x000D)以外の文

字コード,並びに DEL(0x007F)

拡張文字を電子書籍データ内で使用する場合,電子書籍データ内で使用されている一つ以上の拡張文字

に対して文字集合名を付け,bvf 要素の default_ccs 属性にその文字集合名を追加する必要がある。電子書

籍データ内で使われている全ての拡張文字の集合に対して一つの文字集合名を付ける必要はなく,この拡

張文字の集合を複数に分け,それぞれに対して文字集合名を付けるようにしてもよい。

B.3.10 

拡張文字列 

標準文字及び拡張文字で組み合わされる文字列のことを拡張文字列と呼ぶ。特に断りがない場合には,


75

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

空白記号[半角スペース(0x0020)

,改行(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

,タブ(0x0009)

]の表示

は,標準文字列で示す方法に従う。

B.3.11 

外字 

標準文字及び拡張文字以外の文字を外字と呼び,次の external_char 要素を用いて記述する。

external_char

外字を挿入する。ビューアは,次のいずれかの方法によって外字を表示する。

a) alt_set

,alt_code で指定された文字を表示。

b) alt_img

,alt_vimg で指定された代替画像を表示。

c) alt

で指定された代替文字を表示。

次の属性をもつ。

[属性]

alt_set alt_code 属性とともに,外字文字を指定する。指定しない場合は省

略可能。この alt_set 属性に文字フォント名を記録し,alt_code 属性

にフォント内での符号位置を指定する。alt_set 属性は,一般に次の

書式で記録する。

    alt_set = "フォント名 1,フォント名 2, ..."

上記のように,alt_set 属性に複数のフォント名を指定する場合は,

","(Unicode で 0x2C)区切りで連結する。フォント名が複数指定さ

れた場合,ビューアは先頭から順に(プラットフォーム又はコンテ

ンツ自身に含まれているものから)表示できるフォントを調べてい

き,最初に表示できるものを使って表示する。

alt_code alt_set 属性で指定された文字フォント内での符号位置を記録する。

10 進数又は 16 進数で記録し,16 進数の場合は"0xXXXX"のように

"0x"を先頭に付ける。alt_set 属性に複数のフォントが指定された場

合,この alt_code 属性の値で指定される文字が全て同じ文字を指し

ている必要がある。指定しない場合は省略可能。

alt_img

代替画像を指定する。Filename 形式。この属性で指定されたファイ

ルを開く前には,img_type 属性で指定されたファイルタイプを確認

する。

なお,テキストオブジェクト実体及びテキストオブジェクト実体

2 内でこの external_char 要素を使用するときだけ指定可能。alt_img,
alt_vimg 属性を共に指定する場合は,同じ形式の画像ファイルを指

定する必要がある。省略可能。指定された画像ファイルの表示方法

は,次のとおり。

a)  2

値画像の場合

黒画素は文字色,及び白画素は背景色に変換されて表示され

る。

なお,文字色及び背景色は,読書端末の設定又は font 要素の

color 属性によって設定される。

b)

グレー画像の場合


76

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

黒画素は文字色,及び白画素は背景色に変換されて表示され

る。中間調の画素は,画素値に応じて文字色及び背景色から比

例計算され表示される。

なお,文字色及び背景色は,読書端末の設定,又は font 要素

の color 属性によって設定される。

c)

カラー画像の場合

そのまま表示される。

alt_vimg

縦書き用の代替画像を指定する(日本語など一部の言語で使用可

能)

。Filename 形式。省略されたときは,縦書き時も alt_img 属性で

指定した画像データを使う。この属性で指定されたファイルを開く

前には,img_type 属性で指定されたファイルタイプを確認する。

なお,テキストオブジェクト実体及びテキストオブジェクト実体

2 内でこの external_char 要素を使用するときだけ指定可能。alt_img

及び alt_vimg 属性を共に指定する場合は,同じ形式の画像ファイル

を指定する必要がある。指定された画像ファイルの表示方法は,

alt_img 属性の項目で説明した方法に従う。

img_type alt_img 属性及び alt_vimg 属性で指定した画像ファイルのファイルタ

イプを MIME 形式で指定する。

この版では PNG 形式及び JPEG 形式

を意味する次のタイプだけが有効である。

"image/png"

"image/jpeg"

少なくとも alt_img 属性又は alt_vimg 属性のいずれかが指定され

た場合,省略不可。

なお,テキストオブジェクト実体及びテキストオブジェクト実体

2 内で external_char 要素を使用するときだけ指定可能。

alt

代替文字列。標準文字列によって記述する。省略可能。

<external_char alt_set="oooextchars" alt_code="47268" alt_img="ou.img" 
                                                alt_vimg="ou_v.img" img_type="image/jpeg" alt="

鴎"/>

<external_char alt="

間"/>

<external_char alt_set="sharp_extchars" alt_code="0x2345" alt="

間"/>

B.3.12 

外字付き文字列 

外字を含む文字列。標準文字と外字との組合せによって記録される。この外字付き文字列において,特

に断りがない場合には,空白記号[半角スペース(0x0020)

,改行(0x000D,0x000A)

,タブ(0x0009)

の表示は,標準文字列で説明した方法に従う。

森<external_char alt_img="ou.png" alt_type="image/png" alt="鴎"/>外

内田百<external_char alt_set="sharp_extchars" alt_code="0x2345" alt="間"/>

B.3.13 

外字拡張文字付き文字列 

標準文字列に拡張文字及び外字が含まれるものである。特に断りがない場合には,空白記号[半角スペ


77

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

ース(0x0020)

,改行(0x000D,0x000A)

,タブ(0x0009)

]の表示は,標準文字列で示す方法に従う。

B.3.14 

座標情報 

座標値,長方形のサイズなど,x 値,y 値の組合せで記録できるデータを記録するための形式。"(x, y)"

の形式で記述される。この形式を用いる属性名は要素によって変わる。

なお,次の説明では,次の座標系を用いる。この座標系では,特に指定しない限り,左上を原点とし,

右方向を x の正の値,下方向を y の正の値とする。

なお,これ以外にも,ビューアの表示画面上にも設けられた座標系があるが,この座標系はビューアに

よって変わるため,記述には用いない。

オブジェクト座標系

オブジェクトの外接長方形の左上頂点を原点とする座標系。オブジ

ェクトサイズ,オブジェクト内での位置などは,オブジェクト座標

系で記述される。

<vertex position="(100,200)"/>

B.3.15 

多角形領域 

多角形の各頂点座標など,格納順に意味をもつ複数の座標値を記録するための形式。頂点ごとに vertex

要素によって記録する。多角形の形状を記録する場合,各辺は交わってはならない。交わった場合のビュ

ーアの動作は保証しない。vertex 要素は,次の属性をもつ。

[属性]

position

頂点座標を Xy 形式で記述。省略不可。

<vertex position="(100,0)"/>   <!-- 三角形の場合 --> 
<vertex position="(0,100)"/> 
<vertex position="(200,100)"/>

B.3.16 

 

色を指定するための形式。次の属性が定義されている。

[属性]

color_space

色空間指定を行う。この規格では RGB 空間を意味する"RGB"だけ有効。属性が省

略されたときは,ビューアによって,"RGB"が設定された場合と同様の処理がな

される。

color

色設定を行う。絶対値又は色名("black","blue"など)で指定する。使用できる

色名は

表 B.6 を参照。属性が省略されたときのデフォルト値は,使用されている

要素などによって異なる。絶対値指定の場合,color_space がデフォルトか RGB

が指定されている場合,次の表記に従う。

#RRGGBB 形式で指定。ただし,RR,GG,BB は符号なし 16 進法で記載。 
00∼FF の値を取る。モノクロ色を指定する場合,"#EEEEEE"のように各色の濃

度を同じ値にして指定する。

opacity

透明度(0∼100)の設定を行う。この規格では"100"(不透明)だけ指定可能。属

性が省略されたときは"100"(不透明)が指定された場合と同様の処理がなされる。


78

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<font color="#FF0000"/> 
 

 <!-- color_space が省略されているので,RGB 空間での値。-->

<font color="#FF0000" opacity="100"/> 
<font color="black"/>

B.3.17 Date

形式 

日時を指定するための記述形式。JIS X 0301 の表記方法に従う。例えば,"1994-11-05T08:15:30-05:00"な

らば,1994 年 11 月 5 日  午前 8 時 15 分 30 秒(米国東部標準時)であることを示す。"2001-11-10"のよう

に省略して表記することも可能。詳細は"http://www.w3.org/TR/NOTE-datetime"を参照。

<publication_date type="publish">1994</publication_date>

B.3.18 Time

形式 

時間を記録するための形式。“XXdXXhXXmXXsXXXms”(X は 0∼9 の数字)の形式で記述する。例え

ば,“10d5h30m10s015ms”の場合,10 日と 5 時間 30 分 10 秒 15 ミリ秒であることを示す。必要に応じて,

“5m30ms”,“1s”などと省略可能。d よりも前の桁数は制限しない。

<flip_animation renewal_time=“1s” >

B.3.19 Country

形式 

国名を指定するための記述形式。JIS X 0304 で規定された国名コードの 3 文字国名コードを小文字で記

録する。

<publication_place>jpn</publication_place>

B.3.20 Personal_name

形式 

著者名など,個人名情報を格納するための記述形式。personal_name 要素によって記録される。この要素

は次の要素を子要素としてもち,それぞれの要素によって姓,名,ミドルネームを記述する。姓,名,ミ

ドルネームの連結順を指定したい場合,次の要素を連結させたい順番で記録する。

なお,次の要素のうち,少なくとも一つの要素を記述する必要がある。

[子要素] 
first_name

名を記録する領域。子要素に外字で記録する。省略可能。次の属性をもつ。

reading

名の読みを Reading 形式で記録する。読みを付けない場合,省略可

能。

middle_name

ミドルネームを記録する領域。子要素に外字で記録する。省略可能。次の属性を

もつ。

reading

ミドルネームの読みを Reading 形式で記録する。読みを付けない場

合,省略可能。

last_name

姓を記録する領域。子要素に Gaiji_String 形式で記録する。省略可能。次の属性を

もつ。

reading

姓の読みを Reading 形式で記録する。読みを付けない場合,省略可

能。


79

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<personal_name> 

<!-- to record John Smith -->

 <last_name>Smith</last_name> 
 <first_name>John</first_name> 
</personal_name>

B.3.21 Organization_name

形式 

著者名,出版社名などに,団体名を格納するための記述形式。organization_name 要素によって記録され

る。この要素の子要素に団体名を外字で記録する。次の属性をもつ。

[属性] 
reading

団体名の読みを Reading 形式で記録する。読みを付けない場合は,省略可能。

<organization_name >ABCD Corporation</organization_name>

B.3.22 Address

形式 

住所,電話番号,E メールなどのアドレス情報を格納する形式。全て address_info 要素の子要素として記

述する。address_info 要素は,次の要素を子要素としてもつ。

[子要素] 
postal_code(又は)zipcode

郵便番号を子要素に標準文字列で記録する。省略可能。

address

住所を子要素に Gaiji_String 形式で記録する。省略可能。

telephone

電話番号を子要素に標準文字列で記録する。省略可能。

fax FAX 番号を子要素に標準文字列で記録する。省略可能。 
mail_address

メールアドレスを子要素に標準文字列で記録する。省略可能。

website

ホームページ URL を子要素に標準文字列で記録する。省略可能。

address_other_info

上記以外のアドレスに関する情報を子要素に外字で記録する。省略可能。

なお,この子要素を表示する場合,空白記号[半角スペース(0x20)

,改行(0x0D,

0x0A,0x0D+0x0A)]を表示上意味のある文字として扱い,半角スペースは半角

スペースとして,改行は改行として表示する。また,タブ(0x09)は一つの半角

スペースとして表示する。

<address_info> 
 <postal_code>75008</postal_code> 

<address>xxx avenue des champs elysees, Paris, France </address>

<telephone>01 53 xx xx xx</telephone>

 <mail_address>xxx@XXXXX.fr</mail_address> 
 <website>http://www.XXXXX.fr</website> 
</address_info>

B.3.23 Permission

形式 

印 刷 又 は コ ピ ー に 対 す る 許 可 情 報 を 指 定 す る 形 式 。 permission_info 要 素 に よ っ て 設 定 す る 。

permission_info 要素は,次の要素を子要素にもつ。permisson_info 要素が省略された場合は,次の要素が省


80

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

略されたときの設定に従う。次の説明は正規ユーザ向けのものである。通常の環境では文書を参照する利

用者は正規ユーザであるが,配布フォーマットでは DRM 及び認証機構を含んでいるものもある。次の子

要素が使用可能である。

[子要素] 
print_permission

印刷の許可に関する情報を記載する。次の属性をもつ。要素省略されたときは,

permission="no"として処理する。

[属性]

permission  印刷を許可するかどうかを設定する。次の属性値のいずれかを指定

する。属性が省略されたときは"no"と解釈される。

"authorized"

正規ユーザの場合だけ許可する。

"no"

正規ユーザであっても許可しない。

copy_permission

コピーの許可に関する情報を記載する。

次の属性をもつ。

要素省略されたときは,

permission="no"として処理する。

[属性]

permission  コピーを許可するかどうかを設定する。次の属性値のいずれかを指

定する。属性が省略されたときは"no"と解釈される。

"authorized"

正規ユーザの場合だけ許可する。

"in_device_only"

正規ユーザの場合,ビューアがインストールされてい

る端末内に限り,使用を許可する。端末外へコピーさ

れないように管理できない端末は,コピーをしてはな

らない。

"no"

正規ユーザであっても許可しない。

<permission_info> 
<print_permission permission="authorized"/> 
</permission_info>

B.3.24 Keyword

形式 

keyword_list 要素によって,書誌データ,フローデータ又はオブジェクト(この版では書誌データだけ。)

に付けるキーワードを記述する。keyword_list 要素は一つ以上の keyword 要素を子要素にもち,キーワード

一つごとに keyword 要素を用いて記録する。keyword 要素の子要素にキーワードを記録する。keyword 要素

は次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
category

キーワードの属するカテゴリを標準文字列で指定する。省略可能。

reading

キーワードの読みを記録する。Reading 形式で記録。省略可能。

[子要素]

外字

実際のキーワードを記録する。


81

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<keyword_list> 

<keyword category="History" >Renaissance</keyword>

 <keyword>xml</keyword> 
</keyword_list>

B.3.25 Telephone_number

形式 

電話番号を記述する形式。

表 B.3 に示す文字の組合せによって記録される。ビューア機器が電話機能を

もっている場合は電話をかけることができる。文字数は 1 文字以上 64 文字以下とする。

ビューアでは,次のように電話番号として記載されていた機能が実行できない場合,電話をかけない。

・  電話番号として記載されている文字列の文字数が,端末によって,電話可能な文字数を超えていた場

合,電話をかけない。

・  電話番号として記載されている文字列に,

表 B.3 に示す以外の文字が含まれていた場合,電話をかけ

ない。

・  電話番号として記載されている文字列内に,実行できない機能が含まれる場合,電話をかけない。

表 B.3−電話番号に使用可能な文字列 

文字

コード

(ASCII)

意味

数字(0∼9) 0x30∼0x39

番号

# 0x23

#ボタン

* 0x2A

*ボタン

- 0x2D

無視される。

, 0x2C

ポーズ(1 秒間)

1 秒間ポーズが不可能な場合,キー入力待ちに置き換えて処理する。

/ 0x2F

ポーズ(キー入力待ち)

P 0x50

ポーズ(トーン信号待ち)

トーン信号待ち不可能な場合,キー入力待ちに置き換えて処理する。

p 0x70

ポーズ(トーン信号待ち)

トーン信号待ち不可能な場合,キー入力待ちに置き換えて処理する。

+ 0x2B

国際電話をかける場合の記号。電話番号部先頭だけ有効。 
(先頭以外に記載されていた場合,電話をかけない。

B.3.26 Mail_address

形式 

メールアドレスを記述する形式。local-part@domain の形式で記述する。local-part,domain は,それぞれ

表 B.4 に示す一つ以上の文字からなる。local-part@domain の長さを 256 バイト以下とする。次の文字のう

ち,"&"(0x26)は,XML の書式に従い"&amp;"(XML エンティティ形式)で記述する必要がある。この

ように XML エンティティ形式で記述した場合であっても,1 バイトとカウントする。


82

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 B.4メールアドレスに使用可能な文字 

種別

文字

文字コード

半角数字

0∼9 0x30∼0x39

半角英文字

A∼Z,a∼z 0x41∼0x5A 0x61∼0x7A

記号 !

0x21

$ 0x24 
% 0x25 
& 0x26 
* 0x2A 
+ 0x2B 
- 0x2D 
. 0x2E 
/ 0x2F 
= 0x3D 
? 0x3F 
^ 0x5E 
_ 0x5F 
~ 0x7E

B.4 

記述フォーマット詳細 

B.4.1 

一般 

各書籍は,次に例示するように xml 形式で記述される。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?> 
<bvf id="1234" id-type="..."> 
 
 <book_info> 

  ...

<!--書誌データ-->

 </book_info> 
 
 <body_module> 

  ...

<!--フローデータ -->

 </body_module> 
 
 <parts_module> 

  ...

<!--オブジェクト-->

 </parts_module> 
</bvf>

文書内の文字コードの指定は XML の通常の方法と同様に,xml 要素の encoding 属性で指定する。文字

コードの変換に問題があるため,XMDF コンテンツの記述に使用可能な文字コードは UTF-8 又は UTF-16

とする。ほかの文字コードは適用外とする。

B.4.2 

書籍情報モジュール bvf 

書籍情報モジュールは,

bvf 要素によって記録される。bvf 要素は書籍内の全データのルート要素であり,

書籍に関する全ての情報は,この bvf 要素に内包される(外部ファイルとしてファイル名だけが記述され

る場合もある。

bvf 要素は,次の属性及び子要素をもつ。


83

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

[属性] 
id_type id 属性で指定する ID 番号のタイプ。ISBN 番号ならば"ISBN"と記録する。標準文

字列で指定。省略可能。

id

この書籍の ID 番号を記録する。id_type 属性で指定された種類の ID 番号を記録す

る。標準文字列で指定。省略可能。

default_ccs

このコンテンツで使用している標準文字及び拡張文字の範囲を示す文字集合名

(詳しくは,B.3.11 の標準文字及び拡張文字の説明を参照)を記載する。記録す

べき文字集合名が複数ある場合は,

“,”

(Unicode で 0x002C)で文字集合名を連結

して記録する。省略不可。

display_size

このコンテンツを作成するときに想定している表示画面サイズを Xy 形式で指定

する。省略可能。

なお,コンテンツ内にコミックフローが含まれる場合,このサイズはシーンの

サイズに相当する。

[子要素]

book_info

書誌データを記録する。詳細は B.4.3 参照。省略不可。

body_module

本文管理モジュール。省略不可。詳細は B.4.4 参照。

parts_module

部品データモジュール。省略不可。詳細は B.4.6 参照。

<bvf id_type="ISBN" id ="x-xxxx-xxxx-x" default_ccs="ISO 646-IRV"> 
 
 <book_info>

...

</book_info>

 <!—書誌データ -->

<body_module> ... </body_module>

<!—内容 -->

<parts_module> ... </parts_module>

<!—部品データ -->

 
</bvf>

B.4.3 

書誌データ book_info 

書籍のタイトル名,著者名など,書誌情報を格納する領域。書誌データ book_info 要素は,次の子要素

をもつ。

[子要素] 
title_info

タイトル情報を格納する領域。省略不可。この要素は,次の子要素をもつ。

[子要素] 
series_title  子要素にシリーズ名を外字付き文字列で記録する。シリーズ名がな

い場合,この要素は省略可能。次の属性をもつ。

[属性] 
reading

シリーズ名の読みを Reading 形式で記録。読みを付け

ない場合は省略可能。

title

子要素にタイトル名を外字付き文字列で記録する。この要素は省略

不可。次の属性をもつ。

[属性]

reading

タイトル名の読みを Reading 形式で記録する。読みを

付けない場合は,省略可能。


84

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

subtitle

子要素にサブタイトル名を外字付き文字列で記録する。サブタイト

ル名がない場合,この要素は省略可能。次の属性をもつ。

[属性] 
reading

サブタイトル名の読みを Reading 形式で記録する。読

みを付けない場合は省略可能。

edition_info

子要素に改訂履歴情報を外字付き文字列で記録する。記録しない場

合,この要素は省略可能。

なお,この子要素を表示する場合,空白記号[半角スペース

(0x0020)

,改行(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

]を表示上意

味のある文字として扱い,半角スペースは半角スペースとして,改

行は改行として表示する。また,タブ(0x0009)は一つの半角スペ

ースとして表示する。次の属性をもつ。

[属性]

this_version

この本の版数を記録。"第 3 版"など。省略可能。

title_other_info

子要素にタイトルに関するそのほかの情報を外字付き文字列で記録

する。省略可能。

なお,この子要素を表示する場合,空白記号[半角スペース

(0x0020)

,改行(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

]を表示上意

味のある文字として扱い,半角スペースは半角スペースとして,改

行は改行として表示する。また,タブ(0x0009)は一つの半角スペ

ースとして表示する。

author_info

著者名を格納する領域。著者名を設定しない場合,author_info 要素を省略する。

著者ごとに author 要素から著者の情報を記録する。

author 要素は,次の属性及び子要素をもつ。 
[属性] 
role

著者,編集者などの種別を指定する。次の属性値のいずれかによっ

て記録する。省略されたときは"author"と解釈される。

"author"(著者),"editor"(編集者),"translator"(訳者),"supervisor"

(監修者)

,"designer"(デザイン)

,"photographer"(写真)

,"illustrator"

(イラスト),"binder"(装丁人),"planner"(企画者),"other"(そ

のほか)

[子要素]

personal_name 又は organization_name 

著者名を記す。個人か,又は団体かで使用する要素を変える。

Personal_name 形式か,又は Organization_name 形式で記述。いずれ

かの形式で必ず記述する。

address_info


85

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

著者のアドレス情報。Address 形式で記述。省略可能。

author_other_info

子要素に外字付き文字列で著者に関するそのほかの情報を記録す

る。省略可能。

なお,この子要素を表示する場合,空白記号[半角スペース

(0x0020)

,改行(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

]を表示上意

味のある文字として扱い,半角スペースは半角スペースとして,改

行は改行として表示する。また,タブ(0x0009)は一つの半角スペ

ースとして表示する。

publisher_info  出版社(人)に関する情報。出版社(人)に関する情報を記録しない場合,

publisher_info 要素は省略可能。publisher_info 要素は,次の要素を子要素としても

つ。publisher_info 要素が存在する場合,publisher 要素か,又は publisher_office 要

素のいずれかの少なくとも一つが存在しなければならない。

[子要素]

publisher  出版人の情報を格納する。記録しない場合は省略可能。次の要素を

子要素にもつ。

[子要素]

publisher_name

子要素に出版人名を外字付き文字列で記録。publisher

要素が存在する場合,省略不可。次の属性をもつ。

[属性] 
reading

出版人名の読みを Reading 形式で記録す

る。読みを付けない場合は省略可能。

address_info

出版人アドレス。Address 形式。アドレス情報を設定

しない場合,省略可能。

publisher_office

会社の場合の出版社情報。記録しない場合は,省略可能。次の属性

及び子要素をもつ。

[属性] 
publisher_code

出版社の取引コードを記録。省略可能。

[子要素] 
organization_name

出版社名を Organization_name 形式で記述。省略不可。

address_info

出版社アドレス。Address 形式で記述する。アドレス

情報を設定しない場合,省略可能。

publisher_other_info

子要素に出版社(人)に関するそのほかの情報を外字付き文字列で


86

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

記録する。記録する情報がない場合,省略可能。

なお,この子要素を表示する場合,空白記号[半角スペース

(0x0020)

,改行(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

]を表示上意

味のある文字として扱い,半角スペースは半角スペースとして,改

行は改行として表示する。また,タブ(0x0009)は一つの半角スペ

ースとして表示する。

seller_info

発売社(人)に関する情報。出版社(人)と発売社(人)とが分かれている場合,

この要素を使用して記述する。それ以外のときは省略する。

次の要素を子要素としてもつ。

なお,seller_info 要素が存在する場合,seller 要素か,又は seller_office 要素のい

ずれかの少なくとも一つが存在しなければならない。

[子要素] 
seller

個人の発売人の情報を格納する。記録しない場合は省略可能。次の

要素を子要素にもつ。

[子要素] 
seller_name

子要素に発売人名を外字付き文字列で記録。seller 要素

が存在する場合,省略不可。次の属性をもつ。

[属性] 
reading

発売人名の読みを Reading 形式で記録す

る。読みを付けない場合は省略可能。

address_info

発売人アドレス。Address 形式。アドレス情報を設定

しない場合,省略可能。

seller_office

会社としての発売社の情報を格納する。記録しない場合は,省略可

能。次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
seller_code

発売社の取引コードを記録。省略可能。

[子要素] 
organization_name

発売社名を Organization_name 形式で記述。省略不可。

address_info

発売社アドレスを Address 形式で記録する。アドレス

情報を設定しない場合,省略可能。

seller_other_info

子要素に外字付き文字列で発売社(人)に関するそのほかの情報を

記録する。記録する情報がない場合,省略可能。

なお,

この子要素を表示する場合,

空白記号

[半角スペース

(0x20)


87

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

改行(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

]を表示上意味のある文

字として扱い,半角スペースは半角スペースとして,改行は改行と

して表示する。また,タブ(0x0009)は一つの半角スペースとして

表示する。

book_id_info ISBN 番号など,書籍の ID 番号を記録する。ID 番号の設定されていない書籍は,

この要素を省略してもよい。book_id_info 要素は,次の要素をもつ。

[子要素] 
book_id ID 番号の種類ごとに ID 番号を記録する。子要素に ID 番号を標準文

字列で記録する。book_id_info 要素が存在する場合,book_id 要素は

一つ以上存在する。次の属性をもつ。

[属性]

type ISBN などの ID 番号の種類を記録。標準文字列で指定。

"ISBN"など。省略不可。

classification_info

書籍の分類情報。記録する分類情報がない場合,この要素を省略する。次の要素

を子要素にもつ。

[子要素]

classification

分類情報ごとにこの要素を使って記述する。classification_info 要素

が存在する場合,classification 要素は一つ以上存在する。外字付き

文字列で記録する。

[属性] 
type

分類の種別を記す。省略不可。

rating

アダルト指定,暴力指定などを設定。どちらの指定も対象にしない場合,rating

要素を省略してもよい。次の属性をもつ。

[属性]

adult

アダルト指定の対象かどうかを指定。属性値には"yes"(対象とす

る。

)か,又は"no"(対象としない。

)を指定する。属性が省略され

たときは"no"と解釈される。

violence

暴力指定の対象かどうかを指定。属性値には"yes"(対象とする。

か,又は"no"(対象としない。

)を指定する。属性が省略されたとき

は"no"と解釈される。

publication_place

出版国。子要素に標準文字列で記録。Country 形式で記述する。省略可能。

publication_date_info

出版年月日,

書店発売日など日付に関する情報を記録する領域。

記録しない場合,

省略可能。次の要素を用いて,各々の日付に関する情報を記録する。

[子要素]

publication_date

出版日,印刷された日,販売開始日など,出版に関する情報を格納


88

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

する。日付は Date 形式で指定する。publication_date_info 要素が存在

する場合,この要素は一つ以上存在する。次の属性をもつ。

[属性] 
type

記 述 す る 日 付 の 種 類 を 指 定 。 省 略 さ れ た と き は

"publish"と解釈される。

net_price_info  本体価格を記録する。オープン価格の場合などのように本体価格を設定しない場

合には,この要素を省略する。複数の価格を通貨及び国別に記録することが次の

子要素によって可能である。

[子要素] 
net_price  国別及び通貨別に本体価格を記録する領域。価格を,この要素の子

要素に標準文字列で記述する。net_price_info 要素が指定されている

場合,この要素は一つ以上存在する。この要素は,次の属性をもつ。

[属性] 
country

本体価格の対象国を指定。Country 形式で指定する。

この属性を省略した場合,全ての国に対してこの価格

が適用されるものと解釈される。

unit

通貨を設定する。"yen"など標準文字列で記述。省略不

可。

other_info  そのほかの情報を標準文字列で記録する。記録する情

報がない場合,省略可能。

book_abstract

書籍の概略を子要素に外字入り文字列で記入する。記録しない場合,省略可能。

なお,この子要素を表示する場合,空白記号[半角スペース(0x0020)

,改行

(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

]を表示上意味のある文字として扱い,半

角スペースは半角スペースとして,改行は改行として表示する。また,タブ

(0x0009)は一つの半角スペースとして表示する。

front_cover_image

おもて(表)表紙画像を指定。子要素に表表紙画像のファイル名を Filename 形式

で記録する。使用可能な画像フォーマットは,現在は jpeg 及び png 形式である。

記録しない場合,要素を省略可能。子要素で指定されたファイルを開く前には,

type 属性で指定されたファイルタイプを確認する。この要素は,次の属性をもつ。

[属性] 
type

子要素に記した画像ファイルのフォーマットを,MIME で規定され

ているメディアタイプ形式("image/jpeg"など)で指定する。省略不

可。

spine_cover_image

背表紙画像。記録方法は front_cover_image 要素と同様。省略可能。

keyword_list

書籍データ本体に関連するキーワードを格納する領域。Keyword 形式で記録する。

キーワードを付けない場合,keyword_list 要素は省略可能。

other_book_info

そのほかの書籍情報。外字入り文字列で記録。記録しない場合は,省略可能。


89

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

なお,この子供要素を表示する場合,空白記号[半角スペース(0x0020)

,改行

(0x000D,0x000A,0x000D+0x000A)

]を表示上意味のある文字として扱い,半

角スペースは半角スペースとして,改行は改行として表示する。また,タブ

(0x0009)は一つの半角スペースとして表示する。


90

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<book_info> 
 <title_info> 
  <series_title>Dummy

books</series_title>

<title>the dummy book of nonsense</title>

  <edition_info>2000/01/01

first

edition,

    2005/01/01

second

edition</edition_info>

 </title_info> 
 <author_info> 
  <author

role="author">

   <personal_name> 
    <first_name>John</first_name> 
    <last_name>Smith</last_name> 
   </personal_name> 
   <address_info> 
    <mail_address>john.smith@abcd.com</mail_address> 
    <website>http://www.abcd.com/~jsmith/</website> 
   </address_info> 
  </author> 
 </author_info> 
 <publisher_info> 
  <publisher_office> 
   <organization_name>abcd

corporation</organization_name>

   <address_info> 
    <postal_code>100-1000</postal_code> 
    <address>1

main

street, Foobar city, Japan</address>

   </address_info> 
  </publisher_office> 
 </publisher_info> 
 <book_id_info> 
  <book_id

type="ISBN">4-1234-5678-9</book_id>

  <book_id

type="Japaneze_ID_number">454745-7</book_id>

 </book_id_info> 
 <classification_info> 
  <classification

type="Japaneze_C_CODE">2143</classification>

 </classification_info> 

<rating adult="no" violence="no"/>

 <publication_place>jpn</publication_place> 
 <publication_date_info> 
  <publication_date

type="publish">2005</publication_date>

 </publication_date_info> 
 <net_price_info> 
  <net_price

country=“jpn” unit="yen">1200</net_price>

 </net_price_info> 

<book_abstract>This book doesn’t talk about anything special.</book_abstract>

 <front_cover_image

type=“image/png”>xxx.png</front_cover_image>

 <spine_cover_image

type=“image/png”>yyy.png</spine_cover_image>

 <keyword_list> 
  <keyword>dummy</keyword> 
  <keyword>nonesense</keyword> 
 </keyword_list> 
</book_info>


91

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

B.4.4 

本文管理モジュール body_module 

B.4.4.1 body_module

要素 

本文管理モジュール(body_module 要素)は,書籍の本文データを格納する領域である。この要素は,

次の子要素をもつ。

[属性]

もたない。

[子要素] 
flow_type_body  フロー型コンテンツの本文データを格納する領域。詳細は B.4.4.2 参照。

<body_module> 
  <flow_type_body> 
        <flow_entry> 
            <flow_data ...> ... </flow_data> 
            <flow_data ...> ... </flow_data> 
          ... 
    </flow_entry> 
  <special_page_link> 
      <special_page kind="contents">PG0001</special_page> 
      <special_page kind="body">PG0002</special_page> 
  </special_page_link> 
  <search_table> 
      ... 
  </search_table> 
  </flow_type_body> 
</body_module>

B.4.4.2 

フロー型本文データ flow_type_body 

B.4.4.2.1 flow_type_body

要素 

フロー型コンテンツの本文データを格納する領域。flow_type_body 要素は,次の子要素をもつ。

[属性]

もたない。

[子要素] 
flow_entry

フロー型コンテンツの本文であるフローデータを登録するフローデータ登録モジ

ュール。必ず一つだけ存在する。省略不可。B.4.4.2.2 参照。

special_page_link

特殊ページデータ。目次,本文の先頭など,頻繁に移動するフローデータの位置

情報を格納する。省略可能。書式は,B.4.4.2.5 で示す書式と同様。省略されたと

きは特殊ページデータなしと判断。

search_table

検索テーブルデータ。検索テーブルの情報を格納する。省略可能。書式は B.4.4.2.6

を参照。省略されたときは検索テーブルなしと判断。

B.4.4.2.2 

フローデータ登録モジュール flow_entry 

フロー型コンテンツの本文であるフローデータ flow_data 要素を登録するモジュール。この要素は,次の

子要素をもつ。

[属性]

もたない。

[子要素]

flow_default_attribute


92

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

フローデータデフォルト属性モジュール。各フローの本文データ(flow_data 要素

の body_id 属性で指定されるオブジェクト。詳細は B.4.4.2.3 を参照)を表示する

際の推奨値を記録する領域。省略可能。省略されたときは,この要素のもつ属性

及び子要素のデフォルト値に設定されたものとして扱う。

flow_data

個々のフローデータの情報を記録する領域。記録され,表示されるフローデータ

と flow_data 要素とは 1 対 1 に対応する。

この要素は必ず一つ以上存在しなければ

ならない。このフローデータの登録順にビューアで表示される。B.4.4.2.4 に詳細

を示す。

B.4.4.2.3 

フローデータデフォルト属性モジュール flow_default_attribute 

このフロー型コンテンツに含まれる各フローの本文データ(詳細は B.4.4.2.4 を参照)を表示する際のデ

フォルト値を記録する領域。この要素で指定された値は,テキストオブジェクト,検索画面オブジェクト,

コミックオブジェクト,又は辞書データオブジェクトを本文データとする全てのフローに対するデフォル

ト値として使われる。

この要素で指定できる値には,テキストオブジェクト,及び辞書データオブジェクトの本文データごと

に設定できるものもある。本文データごとにデフォルト値を設定するには,本文データに指定されたテキ

ストオブジェクトの実体であるテキストオブジェクト実体(B.4.7.2 参照)内の text_default_attribute 要素,

テキストオブジェクト実体 2 の layout_default_attribute 要素,及び辞書データオブジェクトの実体である辞

書データオブジェクト実体内の dict_default_attribute 要素(B.4.7.11.2 を参照)を使う。flow_default_attribute

要素で指定する全本文データの推奨値と,text_default_attribute 要素,layout_default_attribute 要素,及び

dict_default_attribute 要素で指定する本文データごとの設定値とが異なる場合には,本文データごとの設定

が優先される。両者とも設定されなかった場合は,ビューアのデフォルト値,ユーザの指定値などが用い

られる。

なお,特に断らない限り,ビューアで実装できない場合,又はユーザの指示した値を優先させる場合に

は,この要素で指定された値によって表示しなくてもよい。

flow_default_attribute 要素は,次の属性及び子要素をもつ。この flow_default_attribute 要素が省略された

ときは,次の属性及び子要素が省略されたときの処理方法によって表示する。

[属性] 
baseline

各フローの本文データを表示する際のベースラインの方向を,次の属性値のいず

れかで指定する。省略可能。この属性も本文データごとの設定値[テキストオブ

ジェクト実体内の text_default_attribute 要素の baseline 属性の値(B.4.7.2.2 参照)

及び辞書データオブジェクト実体内の dict_default_attribute 要素の baseline 属性の

値(B.4.7.11.2 参照)

]も省略されている場合は,ビューアによって適切な値が設

定される。

"right"

横書き(左から右)を推奨する。ユーザの好みなどに応じて,ほか

の方向で表示してもよい。

"right_only"

横書き(左から右)だけ有効。この値は推奨値ではなく,ユーザの

好みに応じて変更することができない。ただし,横書き(左から右)

を実装できないビューアはこの限りではない。

"down"

縦書きを推奨する。ユーザの好みなどに応じて,ほかの方向で表示


93

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

してもよい。

"down_only"

縦書きだけ有効。この値は推奨値ではなく,ユーザの好みに応じて

変更することができない。ただし,縦書きを実装できないビューア

はこの限りではない。

view_type

各フローの本文データを表示するときの推奨する画面の向きを,次の属性値のい

ずれかで指定する。省略可能。省略されたときは,ビューアによって適切な値が

設定される。

"portrait"  縦長の画面で表示することが望ましい。ユーザの好みなどに応じて,

ほかの向きで表示してもよい。

"portrait_only"

縦長の画面で表示する。この値は推奨値ではなく,ユーザの好みに

応じて変更することができない。ただし,縦長の画面で表示できな

いビューアはこの限りではない。

"landscape"

横長の画面で表示することが望ましい。

ユーザの好みなどに応じて,

ほかの向きで表示してもよい。

"landscape_only"

横長の画面で表示する。この値は推奨値ではなく,ユーザの好みに

応じて変更することができない。ただし,横長の画面で表示できな

いビューアはこの限りではない。

[子要素] 
flow_default_size

各フローの本文データを表示する際の推奨する字間間隔,行送り間隔及び余白サ

イズを指定する。省略可能。この要素が省略された場合は,次の属性の省略され

たときの処理方法によって表示する。

この要素は,次の属性をもつ。

[属性] 
letter_spacing

デフォルト字間間隔。次のいずれかで指定。省略可能。省略された

ときは,ビューアによって適切な値が設定される。

    "maximum"

    "big"

    "medium"

    "small"

    "minimum"

上記五つの属性値の具体的なサイズは,各ビューアにおいて異な

る。各端末において適切なサイズに変換されて表示される。

line_pitch  デフォルト行送り間隔。次のいずれかで指定。省略可能。省略され

たときは,ビューアによって適切な値が設定される。


94

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

    "maximum"

    "big"

    "medium"

    "small"

    "minimum"

上記五つの属性値の具体的なサイズは,各ビューアにおいて異な

る。各端末において適切なサイズに変換されて表示される。

margin

デフォルト余白サイズ。次の属性値のいずれかで指定する。省略さ

れたときは,ビューアによって適切な値が設定される。

    "big"

    "medium"

    "small"

上記三つの属性値の具体的なサイズは,各読書端末において異な

る。各端末において適切なサイズに変換されて表示される。

flow_default_font

各フローの本文データを表示するときの推奨するフォント名,フォントサイズな

どを指定する。省略可能。フローの本文データごとの設定値[テキストオブジェ

クト実体内の text_default_font 要素内の各設定値,テキストオブジェクト実体 2

の layout_default_font 要素内の各設定値(B.4.7.4.6.5 参照)及び辞書データオブジ

ェクト実体内の dict_default_font 要素内の各設定値(B.4.7.11.2 参照)

]が指定され

ている場合は,その値が優先される。flow_default_font 要素と本文データごとの設

定値との双方が省略されている場合は,次の属性の省略されたときの処理方法に

よって表示する。

次の属性をもつ。

[属性] 
fontname  デフォルトフォント名。複数のフォント名を指定することも可能。

この場合,

fontname=" Aaa sans serif,Bbb ゴシック"

のように,","(Unicode で 0x2C)を用いて連結する。ビューアは,

先頭から順に表示できるフォントを調べていき,最初に表示できる

ものを使って表示する。省略可能。この属性も本文データごとの設

定値も省略されている場合は,ビューアによって適切な値が設定さ

れる。

fontsize

デフォルトフォントサイズ。次のいずれかで指定するか,ポイント

又はドットを単位とする数値を指定する。省略可能。省略されたと

きは,ビューアによって適切な値が設定される。

    "maximum"

    "big"

    "medium"

    "small"


95

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

    "minimum"

上記五つの属性値の具体的なサイズは,各ビューアにおいて異な

る。各端末において適切なサイズに変換されて表示される。

bold_flag  本文データをボールド体で表示するかどうかを指定する。次のいず

れかで指定。省略されたときは,ビューアによって適切な値が設定

される。"yes"が指定された場合,テキストオブジェクト実体内及び

辞書データオブジェクト実体内の font 要素によって bold="no"

B.4.7.2.3 参照)が指定されている文字を除き,全ての文字がボー

ルド体で表示される。

"yes"

ボールド体で表示する。

"no"

ボールド体で表示しない。

color_space,color,opacity 

本文データを表示する際の推奨する文字色を指定する。Color 形式

で指定する。color 属性が省略されたときは,ビューアによって適切

な値が設定される。

ruby_flag  本文データをルビ表示設定で表示するかどうかを指定する。属性値

は次のとおり。省略されたときは,ビューアによって適切な値が設

定される。“yes”又は“yes_only”が指定された場合,テキストオブジ

ェクト実体内及び辞書データオブジェクト実体内の ruby 要素に挟

まれた文字列はルビ表示される。

"yes"

ルビ表示設定を推奨する。

ユーザの好みなどに応じて,

ルビ非表示設定にしてもよい。

"yes_only"  ルビ表示設定だけ有効とする。この値は推奨値ではな

く,ユーザの好みに応じて変更することができない。

ただし,ルビ表示設定にできないビューアはこの限り

ではない。

"no"

ルビ非表示設定を推奨する。ユーザの好みなどに応じ

て,ルビ表示設定にしてもよい。

"no_only"  ルビ非表示設定だけ有効とする。この値は推奨値では

なく,

ユーザの好みに応じて変更することができない。

ただし,ルビ非表示設定にできないビューアはこの限

りではない。

flow_default_background

各フローの本文データを表示する際の推奨する,表示画面の背景色を指定する。

フ ロ ー の 本 文 デ ー タ ご と の 設 定 値 [ テ キ ス ト オ ブ ジ ェ ク ト 実 体 内 の

text_default_background 要素内の設定値(color 属性など)(B.4.7.2.2 参照)及び辞

書データオブジェクト実体内の dict_default_background 要素内の設定値

B.4.7.11.2

参照)

]が指定されている場合は,その値が優先される。本文データごとの設定値

もこの要素も省略されている場合は,次の属性の省略されたときの処理方法によ

って表示する。


96

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

次の属性をもつ。

[属性]

color_space,color,opacity 

表示画面の背景色を Color 形式で指定する。color 属性が省略された

ときは,ビューアによって適切な値が設定される。

flow_default_line_breaking_method(又は)flow_default_kinsoku 

各フローの本文データを表示する際の推奨する禁則処理方法を設定する。言語ご

とに処理方法は異なる。省略可能。フローの本文データごとの設定値[テキスト

オブジェクト実体(B.4.7.2.1 参照)

]内の line_breaking_method 又は kinsoku 要素

内の指定値及び辞書データオブジェクト実体(B.4.7.11.1 参照)内の kinsoku 要素

内の設定値が指定されている場合は,その値が優先される。この要素も本文デー

タごとの設定値も省略されている場合は,次の属性の省略されたときの処理方法

に従って表示される。

この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
method

禁則処理の方法を指定する。省略されたときは"none"。

"none"

特別な処理は行わない。行が文字で一杯になった場合

は次の行に移る。

"run_down"

 top_prohibit_char 又は end_prohibit_char による制限に従

って文字を行の終わりから次の行の先頭に移す。

hanging_punctuation

ぶら下げ処理対象文字が行末に来たとき,ぶら下げ処理をするか否

か。

"yes"

ぶら下げ処理する。

"no"

ぶら下げ処理しない。

method 属性で"run_down"が指定されており省略されたときは

"yes"。有効になっているときに hanging_char 要素で指定されている

文字が行の先頭にきた場合は,前の行の末尾(すなわち,行の右側

の余白内)に表示される。これは,その文字が段落の先頭にある場

合は適用されない。

[子要素]

top_prohibit_char

行の先頭にきてはならない文字を列挙する。ただし,段落の先頭に

ついては適用されない。拡張文字列で指定される。要素が省略され

たときは,指定なしとする。

end_prohibit_char

行末にきてはならない文字を列挙する。ただし,段落の末尾には適

用されない。拡張文字列で指定される。要素が省略されたときは,

指定なしとする。


97

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

hanging_char

ぶら下げ対象文字を列挙する。拡張文字列で指定される。要素が省

略されたときは,指定なしとする。

B.4.4.2.4 

フローデータ flow_data 

フローデータを格納する領域。この領域では,このフローの本文とするオブジェクト,ページリンクな

どのイベントに関する情報を記録する。

フローデータ flow_data 要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

flow_id

このフローデータの ID を設定する。

Page_ID 形式で記録する。省略可能。flow_entry

要素内に同じ ID をもつフローデータが存在していてはならない。

body_id

このフローの本文とするオブジェクトを指定する。動的割付け形式のテキストオ

ブジェクト,検索画面オブジェクト,コミックオブジェクト又は辞書データオブ

ジェクトのオブジェクト ID を Object_ID 形式で指定する。省略不可。

turning_page_control

ビューアには,現在表示されている内容から前後の内容へ移動するためにページ

めくりボタンが用意されている。このページめくりボタンを押したときに,この

フローデータの末尾から次フローへ,又はこのフローデータの先頭から前フロー

へのページ移動を禁止するかどうかを制御する。次のいずれかの値を指定可能。

属性が省略されたときは"off"。ただし,body_id 属性に検索画面オブジェクトのオ

ブジェクト ID を指定した場合,

turning_page_contorl 属性の値は"on"だけ指定可能。

"on"

前フロー又は次フローのどちらのページにも移動できないようにす

る。

"off"

前フロー又は次フローのどちらのページにも移動できる。

"forward"  次フローに移動できないようにする。前フローには移動できる。 
"back"

前フローに移動できないようにする。次フローには移動できる。

この設定は,上記説明にあるように,ページめくりボタンを押したときの,フ

ロー末尾から次フローへ,フロー先頭から前フローへの移動制御に関するもので

あり,フロー内での移動制御に関するものではない。このフローの本文が動的割

付け形式のテキストオブジェクトである場合,フロー内での移動制御に関する設

定は page_break 要素の turning_page_control 属性(B.4.7.2.3 参照)で行い,辞書デ

ータオブジェクトの場合,word 要素の turning_page_control 属性(B.4.7.11.4 参照)

で行う。

head_button_control

ビューアには,前後の見出し(検索の対象となる単語の説明の先頭部分。詳細は

B.4.7.2.3

参照)へ移動するため見出し前後ボタンが用意されている。この見出し

前後ボタンを押したときに,このフローデータの末尾から次フローへ,このフロ

ーの先頭から前フローへのページ移動を禁止するかどうかを制御する。次のいず

れかの値を指定可能。属性が省略されたときは"on"。ただし,body_id 属性に検索

画面オブジェクトのオブジェクト ID を指定した場合,head_button_contorl 属性の

値は"on"だけ指定可能。また,ビューアに見出し前後ボタンがない場合は,この


98

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

設定を無視する。

"on"

前見出しボタン・次見出しボタンによるスクロール操作のいずれを

行っても,前フロー又は次フローのどちらにも移動できないように

する。

"off"

前見出しボタン・次見出しボタンによるスクロール操作で,前フロ

ー又は次フローのどちらのページにも移動できる。

"forward"  次見出しボタンを押しても,次フローに移動できないようにする。

前フローには移動できる。

"back"

前見出しボタンを押しても,前フローに移動できないようにする。

次フローには移動できる。

この設定は,上記説明にあるように,見出し前後ボタンを押したときの,フロ

ー末尾から次フローへ,フロー先頭から前フローへの移動制御に関するものであ

り,フロー内での移動制御に関するものではない。このフローの本文が動的割付

け形式のテキストオブジェクトである場合,見出し前後ボタンを押したときのフ

ロー内での移動制御に関する設定は,このフローの本文がテキストオブジェクト

の場合,page_break 要素の head_button_control 属性(B.4.7.2.3 参照)で行い,辞

書データオブジェクトの場合,word 要素の head_button_control 属性(B.4.7.11.4

参照)で行う。

[子要素] 
event_info

イベント情報モジュール。このフローデータ内で発生するイベントを記録する。

display_type 属性には"single"だけ指定可能。記録するイベントがない場合,この

要素は省略可能(詳細は B.4.5 参照)

。body_id 属性でコミックオブジェクトのオ

ブジェクト ID を指定している場合,この規格では,event_info 要素で記録するイ

ベント情報は無効とする。

B.4.4.2.5 

特殊ページデータ special_page_link 

頻繁に参照されるページ,書籍を読む上で重要となるページ(例えば,歴史関連の書籍における年表の

ページ,旅行のガイドブックにおける地図のページ,又は技術論文の用語概説のページなど)に簡単にジ

ャンプできるように,フローの位置などの情報をあらかじめ登録しておく領域。

special_page_link 要素は,次の子要素をもつ。

[子要素] 
special_page

登録する位置情報ごとに特殊ページの情報を記述する。次の属性及び子要素をも

つ。

[属性] 
kind

登録する位置情報の内容種別。次のいずれかで指定。省略されたと

きは"other"。

"cover"(表紙),"title_page"(とびら),"preface"(前書き),"contents"

(目次)

,"body"(本文の先頭)

,"column"(コラム)

,"note"(注釈)

"figure"(図表),"ad"(広告)","afterword"(後書き),"appendix"

(付録),"answer"(解答集),"glossary"(用語集),"bibliography"

(参考文献)

,"commentary"(解説)

,"index"(索引)

,"imprint"(奥


99

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

付)

,"author_info"(著者紹介)

,"other"(そのほか)

,"flow_title"(フ

ロータイトル)

上記の属性値のうち,"flow_title"が設定されている場合には,こ

の special_page 要素は,柱に表示する文字列を定義する要素の意味

で使われる。したがって,ビューアでは目次メニューにて表示され

るリストにこの要素の情報はリストアップされない。その代わり柱

表示の機能をもつビューアでは,title 属性に指定された文字列が柱

に表示される。

title

登録した位置情報のタイトルを拡張文字列で記述。

記録しない場合,

省略可能。

[子要素]

標準文字列

設定するフローを特定する。省略不可。フローデータ内の一部を指

定するかどうかで書式が異なる。

なお,フローデータ内の一部を指定できるのは,指定先がテキス

ト オ ブ ジ ェ ク ト , 又 は 辞 書 デ ー タ オ ブ ジ ェ ク ト を 本 文 デ ー タ

(flow_data 要素の body_id 属性で指定されるオブジェクトである。

詳細は B.4.4.2.4 を参照)とするフローデータ内の一部の場合に限定

される。

なお,kind 属性に"flow_title"を指定した場合,柱に表示する文字

列をセットするフローを,次の"指定しない場合"の記載に従い,記

録する。また,kind 属性に"flow_title"を指定した special_page 要素が,

同一のフローを子要素にもつ場合(一つのフローに複数の柱文字列

を設定)した場合,ビューアは special_page 要素の記載順で最初の

ものを柱文字列として表示する。

・  指定しない場合

Page_ID 形式で指定。該当フローデータのページ ID 番号を記

録する。

<special_page ... >PG0001</special_page>

・  指定する場合

"Page_ID 形式/Object_ID 形式又は Char_ID 形式"で指定する。

Page_ID にはフローデータの ID 番号を指定し,Object_ID には

そのフローデータの本文データであるテキストオブジェクト又

は辞書データオブジェクトの ID 番号を指定し,Char_ID にはそ

のテキストオブジェクト内で又は辞書データオブジェクト内で

定義されている文字列 ID を指定する。


100

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<special_page ... > 
 PG0001/OB0321/CR0982 
</special_page>

<special_page_link> 
 <special_page

kind="contents">PG1111 </special_page>

<special_page kind="other" title="Downtown area map">PG1114/OB0022/CR0001

 </special_page> 
 ... 
</special_page_link>

B.4.4.2.6 

検索テーブルデータ search_table 

検索テーブルデータに関する定義を格納する領域。この領域では,検索テーブルの ID,検索テーブルに

登録される見出し語に関するパラメータなどを記録する。ここで,見出し語とは検索の対象となる単語を

指す。見出し語は,次の 2 種類の設定方法で記録され,配付フォーマットへの変換処理の際,次の

search_table_def 要素内で記録されたパラメータに基づき,見出し語文字列の確認などが行われ,検索テー

ブルが作成される。見出し語は配付フォーマットでは,この検索テーブル内に格納される。

見出し語の設定方法

・  旧形式:テキストオブジェクト実体内の key_entry 要素で記録する。key_entry 要素の説明を参照する。

・  新形式:辞書データオブジェクト実体内の key_entry 要素で記録する。詳細は B.4.7.11.4 を参照する。

検索テーブルデータ search_table 要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

bookmark

このコンテンツに含まれる検索テーブルを,ビューアの辞書用しおり機能(検索

を行うたびに自動的に見出し語を記録する検索履歴機能)の対象とするかどうか

を指定する。次の属性値が有効。省略可能。省略されたときは"no"とする。

"yes"

対象とする。

"no"

対象としない。

wordbook

このコンテンツに含まれる検索テーブルを,ビューアの単語帳機能(見出し語を

登録し,登録した見出し語を表示する機能)の対象とするかどうかを指定する。

次の属性値が有効。省略可能。省略されたときは"no"とする。

"yes"

対象とする。

"no"

対象としない。

jump_search_root

このコンテンツをビューアのスーパージャンプ検索機能(コンテンツの本文を表

示している状態で,本文から文字列を選択し,その文字列を検索語として,複数

のコンテンツを対象に検索を行う機能)の検索元とするかどうかを指定する。次

の属性値が有効。省略可能。省略されたときは"yes"とする。

"yes"

検索元とする。

"no"

検索元としない。

jump_search

このコンテンツに含まれる検索テーブルをビューアのスーパージャンプ検索機能,

W 検索機能(コンテンツの本文を表示している状態で,ユーザが入力した文字列


101

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

を検索語として,複数のコンテンツを対象に検索を行う機能)の対象とするかど

うかを指定する。次の属性値が有効。省略可能。省略されたときは"yes"とする。

"yes"

対象とする。

"no”

対象としない。

all_search

このコンテンツに含まれる検索テーブルを,ビューアの一括検索機能(コンテン

ツの本文を表示していない状態で,ユーザが入力した文字列を検索語として,複

数のコンテンツを対象に検索を行う機能)の対象とするかどうかを指定する。次

の属性値が有効。省略可能。省略されたときは"yes"とする。

"yes”

対象とする。

"no”

対象としない。

[子要素]

search_table_def

検索テーブルごとに検索テーブルに関する情報を設定する。検索テーブルデータ

search_table 要素内には,search_table_def 要素は少なくとも一つ以上存在する。次

の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
Id

この検索テーブルの ID を設定する。コンテンツ内に同じ ID をもつ

検索テーブルを複数設定することはできない。標準文字列で指定す

る 。 省 略 不 可 。 配 布 フ ォ ー マ ッ ト に 変 換 さ れ る と き に , こ の

search_table_def 要素で指定されたパラメータに基づいて検索テーブ

ルが作成され,コンテンツ内に追加される。ここで指定された値に

よって,記述フォーマット上,ほかの検索テーブルと識別される。

具体的には,検索画面オブジェクト実体内で設定される見出し語入

力領域(B.4.7.9 参照)と検索テーブルとの対応付け及びテキストオ

ブジェクト実体内の key_entry 要素で設定される検索用見出し語情

報(B.4.7.2.3 参照)と検索テーブルとの対応付けのために必要とな

る。

use_default  ビューアによって検索テーブルを使った検索処理をする場合におい

て,検索に使用する検索テーブルの指定が特にない場合,この検索

テーブルを使って検索してよいかどうかを指定する。次の属性値が

有効。属性が省略されたときは"no"。

"yes"

使用可能。

"no"

使用不可。

name

この検索テーブルのテーブル名を設定する。

標準文字列で指定する。

8 文字以内が望ましい(全角文字 1 文字を 1 文字,半角文字 1 文字

を 0.5 文字として,コンバータでは 8 文字を超えた場合,警告とし,

256 文字を超えた場合,エラーとする。)。このテーブル名は,検索

結果のリスト表示などで利用される。省略不可。

sorting_rule

検索結果をどのように並べるかを指定する。この属性は言語ごとの


102

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

異なる並べ方に対応するためのものである。省略されたときは

"other"が指定される。次の属性値が有効。

 "implicit"  コンテンツ内での出現順 
 "unicode"  Unicode でのコード順 
 "other"    明示されていないシステム固有の順

short_name この検索テーブルのテーブル短縮名を設定する。標準文字列で指定

する。3 文字以内が望ましい(全角文字 1 文字を 1 文字,半角文字 1

文字を 0.5 文字として,コンバータでは 3 文字を超えた場合,警告

とし,256 文字を超えた場合,エラーとする。

。また,name 属性で

設定した文字列より長い文字列を設定することは不可とする。この

テーブル短縮名は,検索結果のリスト表示などで利用される。省略

不可。

wild

ワイルドカード検索用の検索テーブルを出力するかどうかを指定す

る。次の属性値が有効。省略可能。省略されたときは"no"とする。

"yes"

出力する。

"no"

出力しない。

blank

ブランクワード検索用の検索テーブルを出力するかどうかを指定す

る。次の属性値が有効。省略可能。省略されたときは"no"とする。

"yes"

出力する。

"no"

出力しない。

end

語尾検索用の検索テーブルを出力するかどうかを指定する。次の属

性値が有効。省略可能。省略されたときは"no"とする。

"yes"

出力する。

"no"

出力しない。

この版では,

wild 属性,blank 属性及び end 属性に指定できる値は,

全て"yes"か,又は全て"no"のいずれかとする。

help_page_id

この検索テーブルに関する説明などを記述したフローデータのペー

ジ ID 番号を Page_ID 形式で指定する。省略可能。

[子要素] 
enable_key_type

この検索テーブルに登録される見出し語の検索文字列に使用できる

文字の種類を指定する。英語のような言語では,単語そのものが検

索文字列になる。一方,日本語のような言語の場合,単語の読みを

使用する可能性が高い。次の属性をもつ。省略不可。

[属性] 
Numerals(又は)number 

見出し語の検索文字列に数字を使用するか否かを指定

する。次の属性値が有効。省略可能。省略されたとき

は"no"とする。


103

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

"yes"

使用する。

"no"

使用しない。

basic_alphabet(又は)alphabet 

見出し語の検索文字列にアルファベットを使用するか

否かを指定する。次の属性値が有効。省略可能。省略

されたときは"no"とする。

"yes"

使用する。

"no"

使用しない。

kana

見出し語の検索文字列に仮名を使用するか否かを指定

する。次の属性値が有効。省略可能。省略されたとき

は"no"とする。

"yes"

使用する。

"no"

使用しない。

kanji

見出し語の検索文字列に,漢字を使用するか否かを指

定する。次の属性値が有効。省略可能。省略されたと

きは"no"とする。ただし,見出し語の設定方法が旧形

式の場合,有効な値は"no"だけとする。

"yes"

使用する。

"no"

使用しない。

対象の文字を

表 B.5 に示す。

表 B.5−検索文字列に使用可能な文字 

項目名

対象文字(全て Unicode 値)

数字

半角数字:0∼9(0x0030∼0x0039)

全角数字:0∼9(0xFF10∼0xFF19)

アルファベット

半角アルファベット:A∼Z(0x0041∼0x005A)

,a∼z(0x0061∼0x007A)

全角アルファベット:A∼Z(0xFF21∼0xFF3A)

,a∼z(0xFF41∼0xFF5A)

仮名

半角片仮名:アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワン゙゚(0xFF71∼0xFF9F)

ヲァィゥェォャュョッ(0xFF66∼0xFF6F)

全角片仮名:ァアィイゥウェエォオカガキギクグケゲコゴサザシジスズセゼソゾタダチ

ヂッツヅテデトドナニヌネノハバパヒビピフブプヘベペホボポマミムメモャヤュユョ
ヨラリルレロヮワヰヱヲンヴヵヶ(0x30A1∼0x30F6)

全角平仮名:ぁあぃいぅうぇえぉおかがきぎくぐけげこごさざしじすずせぜそぞただち

ぢっつづてでとどなにぬねのはばぱひびぴふぶぷへべぺほぼぽまみむめもゃやゅゆょ
よらりるれろゎわゐゑをん(0x3041∼0x3093)

長音:ー(0x30FC。全角。

,ー(0xFF70。半角。

漢字

対象となる漢字の具体的な範囲は,書籍情報モジュール bvf 要素タグの default_ccs 属性

に指定する標準文字の種類によって次のように決まる。 
"JIS X 0201,JIS X 0208:1997":第 1∼第 2 水準漢字集合(JIS X 0208:1997 にて規定) 
"JIS X 0201,X-SH-JIS 0213:2004":第 1∼第 4 水準漢字集合(JIS X 0213:2004 にて規定)
また,標準文字の種類にかかわらず,次の文字も対象とする。 
ヽ(0x30FD)

,ヾ(0x30FE)

,ゝ(0x309D)

,ゞ(0x309E)

〃(0x3003)

,仝(0x4EDD)

,々(0x3005)

,〆(0x3006)

〇(0x3007)


104

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

key_normalization

この検索テーブルに登録される見出し語に対する正規

化規則を指定する。省略不可。この要素の解釈は検索

のモード,すなわち,絞込み検索であるか頭だし検索

であるかで異なる。検索のモードは key_input_region

要素(B.4.7.9 参照)の search_type 属性によって決まる。

省略不可。

a)

絞込み検索

(入力に一致する見出し語だけが表示され,入力が進むに

つれて絞り込まれる。

次の属性で指定された正規化規則によ

って,ユーザの入力した検索語と見出し語とが正規化され,

該当する見出し語が検索結果として表示される。

b)

頭だし検索

(入力に一致する見出し語を先頭にして,見出し語が表示

される。

)次の属性に指定した値によらず,各属性の省略され

たときの値に合わせて,ユーザの入力した検索語と見出し語

とが正規化され,該当する見出し語が検索結果として出力さ

れる。

次の属性が使用できる。

[属性]

capitalization

アルファベットの文字列を全て大文字に

する。可能な属性値は"yes"及び"no"であ

り,省略されたときは"yes"とする。

diactritic_removal

検索語から符号(アクセント,トレマ及

びセディーユ)を全て削除する。可能な

属性値は"yes"及び"no"であり,省略され

たときは"no"とする。

cho_on

長音の変換方法を指定する。次の属性値

が有効。省略可能。省略されたときは

"delete"とする。

"delete"

削除する。

"repeat"  前の文字の母音を繰り返す。 
"no"

変換しない。

daku_on

濁音の変換方法を指定する。次の属性値

が有効。省略可能。省略されたときは

"yes"とする。

"yes"

清音に変換する。

"no"

清音に変換しない。


105

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

handaku_on

半濁音の変換方法を指定する。次の属性

値が有効。省略可能。省略されたときは

"yes"とする。

"yes"

清音に変換する。

"no"

清音に変換しない。

soku_on

促音の変換方法を指定する。次の属性値

が有効。省略可能。省略されたときは

"yes"とする。

"yes"

大文字に変換する。

"no"

大文字に変換しない。

yo_on

よう(拗)音(ゃゅょャュョ)の変換方

法を指定する。次の属性値が有効。省略

可能。省略されたときは"yes"とする。

"yes"

大文字に変換する。

"no"

大文字に変換しない。

other_small_kana

促音,よう(拗)音以外の仮名小文字(平

仮名又は片仮名)

(ぁぃぅぇぉゎァィゥェ

ォヮ)の変換方法を指定する。次の属性

値が有効。省略可能。省略されたときは

"yes"とする。

"yes"

大文字に変換する。

"no"

大文字に変換しない。

<search_table bookmark=“yes” wordbook=“yes” jump_search_root=“no” jump_search=“yes” 
 all_search=“no”> 
  <search_table_def  id=“ST0001”  name=“Japanese dictionary” wild=“yes” blank=“yes” end=“yes” 
help_page_id=“PG9999”> 
    <enable_key_type number=“no” alphabet=“no” kana=“yes” kanji=“yes”/> 
    <key_normalization cho_on=“delete” daku_on=“yes” handaku_on=“yes” soku_on=“yes” yo_on=“yes” 
    other_small_kana=“yes”> 
  </search_table_def> 
  <search_table_def id=“ST0002”  ・・・ > 
                            : 
  </search_table_def> 
</search_table>

B.4.5 

イベント情報モジュール event_info 

B.4.5.1 event_info

要素 

この規格では,ページリンク,クリックによる音声再生開始などユーザの指示によって起動される機能

をイベントと呼んでいる。

イベント情報モジュールは,

フローデータ内のイベントを記録する領域である。

次の属性及び子要素をもつ。


106

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

[属性] 
display_type

イベントの再生環境を指定する。次の値だけ有効。省略されたときは"single"。

    "single"(1 ページ表示専用)

[子要素] 
event

イベントデータ。flow_data 要素の body_id 属性で指定されたオブジェクトを表示

した後,ユーザの動作などによって起動されるイベントをこの要素によって記録

する。例えば,ある文字列がクリックされたら別のページに飛ぶなどのイベント

などが,この要素で書かれる。詳細は B.4.5.2 を参照。event 要素はイベント数分

存在する。イベントがない場合は,event_info 要素を省略する。

<event_info display_type="single"> 
 <event>

 <trigger> 
  <trigger_pointer

id="OB0001/CR0001"

action_flag="click"/>

 </trigger> 
 <action> 
  <action_page_jump

page_id="PG0002"/>

 </action>

イベント 1

 <event>

 <trigger> 

<trigger_pointer id=" OB0001/CR0002" action_flag="click"/>

 </trigger> 
 <action> 
  <action_page_jump

page_id="PG0003"/>

 </action> 
</event>

イベント 2

</event_info>

B.4.5.2 

イベントデータ event 

イベントデータは,イベントを起動する条件であるトリガ部と,処理方法を指定するアクション部との

二つから構成される。例えば,トリガ部は,

“ユーザが特定の領域をクリックした”

,又は“特定のボタン

が押された”ということを示し,アクション部は“特定のページにジャンプする”

,又は“特定の音声ファ

イルを再生する”ということを示す。イベントデータ event 要素は,次の子要素をもつ。

[属性]

なし。

[子要素]

trigger

トリガ部。このイベントを起動させるための条件を記録する。子要素に,B.4.5.3

のトリガ情報で定義されるトリガを一つ記録する。省略不可。

action

アクション部。処理方法を記録する。子要素には,B.4.5.4 のアクション情報で説

明するアクションを一つ記録する。省略不可。


107

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<event> 
 <trigger>

<trigger_pointer id=" OB0001/CR0002" action_flag="click"/>

< i e

トリガ

 <action>

 <action_page_jump

page_id="PG0003"/>

a i n

アクション

</event>

B.4.5.3 

トリガ情報 

トリガ情報には,次のものがある。

指定した領域のクリックをトリガにする場合に使用する。トリガ(ポインタ)trigger_pointer 要素は,次

の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
id trigger_pointer 要素の対象とする領域を指定する。この要素は省略不可。Object_ID

形式/Char_ID 形式で記述。

id="OB003k/CR0023"

この id 属性に指定する文字列 ID 番号には,

次を指定することができる

B.4.7.2.3

参照)

a) char_id

要素の char_id 属性で指定された文字列 ID 番号

b) object

要素の char_id 属性で指定された文字列 ID 番号

次の pointer_region 要素を使って画像オブジェクト実体の一部を trigger_pointer

要素の対象とする場合には,

b)

の object 要素の char_id 属性で設定された文字列 ID

番号を指定しなければならない。そうでない場合,この trigger_pointer 要素の設定

は無効となる。

また,mask 要素の trigger 属性(B.4.7.2.3 参照)に指定された文字列 ID 番号を

指定した場合,mask 要素の設定は無視される。

action_flag

トリガとするポインタの動きの種別を指定する。この規格では"click"だけ有効。

省略されたときは"click"。

"click"

指定領域をクリックした場合。

[子要素]

pointer_region trigger_pointer 要素の id 属性で指定した画像オブジェクト実体の一部をトリガ(ポ

インタ)の対象とする場合,この要素の子要素に Polygon_region 形式でその領域

を指定する。trigger_pointer 要素の id 属性で指定された対象が画像オブジェクト

実体以外の場合,pointer_region 要素の内容は無視される。省略可能。

なお,trigger_pointer 要素の対象領域が多重定義されている場合,すなわち同じ領域を trigger_pointer 要

素の対象とするようなイベントデータが複数存在する場合,ビューアによっては選択された領域がどちら

の領域かが判断つかないものが存在する。このようなビューアは,イベント情報モジュール event_info 要

素内に登録されているイベントデータ event 要素のうち,前に記録されたイベントデータほど優先して処


108

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

理する。例えば,あるフローデータのイベント情報モジュールが次のようになっていた場合を考える。

  <event_info> 
        <event> 
            <trigger> 
        <trigger_pointer id="OB003k/CR0001" action_flag="click"> 
                    <pointer_region> 
            <vertex position="(0,0)"/> <vertex position="(100,0)"/> 
            <vertex position="(100,100)"/> <vertex position="(0,100)"/> 
                    </pointer_region> 
        </trigger_pointer> 
            </trigger> 
            <action> 
        <action_page_jump page_id="PG0043"/> 
            </action> 
        </event> 
        <event> 
            <trigger> 
        <trigger_pointer id="OB003k/CR0001" action_flag="click"> 
                    <pointer_region> 
            <vertex position="(50,50)"/> <vertex position="(100,50)"/> 
            <vertex position="(100,100)"/> <vertex position="(50,100)"/> 
                    </pointer_region> 
        </trigger_pointer> 
            </trigger> 
            <action> 
        <action_page_jump page_id="PG0021"/> 
            </action> 
        </event> 
  </event_info>

上記例の場合,

どちらのイベントもオブジェクト OB003k/CR0001 の一部領域をトリガの対象としており,

(50,50)∼(100,100)の領域が二つのイベントで 2 重に指定されている。この場合,

(50,50)∼(100,100)

の領域がクリックされると,先に登録されているイベントデータが優先され,action_page_jump 要素の指

定に従い,ID 番号が PG0043 のフローデータへ移動される。

<trigger_pointer id="OB003k/CR0023" action_flag="click"/> 
<trigger_pointer id="OB003k/CR0023"/>

B.4.5.4 

アクション情報 

B.4.5.4.1 action

要素 

action 要素は,次の子要素をもつことができる。次のうちの一つが action 要素とともに使用される。

B.4.5.4.2 

アクション(再生・停止)action_play 

音声データ,アニメーションデータなどのように時間成分をもつオブジェクトの再生開始を指示する。

次の属性をもつ。

[属性] 
object_id

再生するオブジェクトを指定。次の形式で指定する。省略不可。


109

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

・  オブジェクト管理テーブル内(B.4.6)に登録されているオブジェクトを指

定する場合,この規格では音声オブジェクト及び動画オブジェクトだけ指

定可能。

object_id="OB003k"

・  テキスト実体内の object 要素で指定されたオブジェクトを指定する場合,

及び辞書データオブジェクト実体内の object 要素で指定されたオブジェク

トを指定する場合,この規格ではアニメーションオブジェクト実体だけ指

定可能。

object_id="OB003k/CR0023"

ただし,Char_ID には,object 要素の char_id 属性(B.4.7.2.3)で指定された文

字列 ID 番号を指定する必要がある。

action

再生処理の方法を指定。この規格では再生開始を指示する"normal"だけ有効。省

略されたときは"normal"。object_id 属性で指定されたオブジェクトが音声データ

の場合,再生途中であっても,ほかのフローデータに移動した場合,テキストオ

ブジェクト実体内の page_break 要素を越えて移動した場合,及び辞書データオブ

ジェクト実体内の word 要素の終了タグ(ただし,page_break 属性に"yes"を指定

した場合)を越えて移動した場合は再生を中止する。一方 object_id 属性で指定さ

れたオブジェクトがアニメーションオブジェクト実体の場合には,画面に表示が

されなくなったとき,再生を中止する。

<action_play object_id="OBkj23"/> 
<action_play object_id="OB1234/CR0001"/> 
<action_play object_id="OB1234/CR0001”  action="normal"/>

B.4.5.4.3 

アクション(ページ移動)action_page_jump 

現在のフローデータから別のフローデータにジャンプする,又は Web サイトへジャンプする場合のよう

なページ移動にこの要素を使用する。次の属性をもつ。

[属性] 
book

場合に応じて,次のとおり記述する。ただし,移動先が自書籍内のフローデータ

である場合には省略する。そうでない場合には,使用法には次の四つがある。

a) Web

サイトへの移動

book 属性に Web サイト(Html 形式に限定)の URL アドレスを指定する。

URL アドレスは,"http://"又は"https://"で始まるアドレスだけ有効とし,
RFC3986 で規定されている書式に従って記録する。

b)

電話をかける

book 属性に"tel:"に続き,接続したい電話番号を Telephone_number 形式

で指定する。

c)

アドレス指定によるメーラー立ち上げ


110

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

book 属性に"mailto:"に続き,送付先のメールアドレスを Mail_address

形式で指定する。送付先のメールアドレスは一つだけ指定できる。

d)

ビューアの特殊処理

book 属性に"jump://"に続き,特殊処理を指定する。

book_type book に指定した内容を区別するため,次の文字列を指定する。book 属性を指定し

た場合,省略できない。

a) book

属性に Web サイトアドレスを記録した場合

book 属性で指定されたアドレスのデータが Html ファイルであることを

示す"text/html"を記録する。book 属性に Web サイトアドレスを指定する場

合,"text/html"だけ指定可能。

b) book

属性に電話番号を記録した場合

"application/x-tel"を記録する。

c) book

属性にメールアドレスを記録した場合

"application/x-mail"を記録する。

d) book

属性にビューアの特殊処理を記録した場合

"application/x-e-book-viewer"を記録する。

page_id

移動先のフローデータを指定する。Page_ID 形式で指定する。自書籍内のフロー

データへ移動したい場合,この属性は省略不可。一方,book 属性によって a) Web

サイトへのジャンプ,b)電話をかける,c)アドレス指定によるメーラー立ち上げ,

d)

ビューアの特殊処理のいずれかが指定されている場合には,page_id 属性が指定

されていても無視される。

center

移動先のフローデータの詳細位置を指定する。移動先が,テキストオブジェクト

を本文データ(flow_data 要素の body_id 属性で指定されるオブジェクト。詳細は

B.4.4.2.4

を参照)とするフローデータの場合及び辞書データオブジェクト実体を

本文データとするフローデータの場合だけ指定可能であり,テキストオブジェク

ト内の文字列,及び辞書データオブジェクト実体内の文字列を,Char_ID 形式で

指定する。省略可能。省略されたときは page_id 属性で指定されたフローデータ

の先頭にジャンプする。一方,book 属性によって a) Web サイトへのジャンプ,

b)

電話をかける,c)アドレス指定によるメーラー立ち上げ,d)ビューアの特殊処

理のいずれかが指定されている場合には,center 属性が指定されていても無視さ

れる。

<action_page_jump page_id="PG23k4" /> 
<action_page_jump page_id="PG23k4" center="CR0001"/> 
<action_page_jump book="http://www.sharp.co.jp/" book_type="text/html"/>

B.4.6 

部品データモジュール parts_module 

B.4.6.1 

保存及び管理 

部品データモジュールは,フローデータで使用される部品の情報を管理する領域。オブジェクト管理テ

ーブル object_table 要素によって,各フローデータで表示されるテキストなどの個々のオブジェクトにオブ

ジェクト ID 番号を設定し,オブジェクトの属性などを格納する。


111

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

次の要素を子要素にもつ。

[子要素]

object_table

オブジェクト管理テーブル。この書籍データ内で使用される全オブジェクトの登

録情報を格納する。個々のオブジェクトごとに,オブジェクトの種類に応じて次

のオブジェクト登録モジュールのいずれかを利用して,

記録していく。

省略不可。

[子要素] 
dynamic_text_object_entry

動的割付けテキストオブジェクト登録モジュール

sound_object_entry

音声オブジェクト登録モジュール

search_page_object_entry

検索画面オブジェクト登録モジュール

movie_object_entry

動画オブジェクト登録モジュール

comic_object_entry

コミックオブジェクト登録モジュール

dict_data_object_entry

辞書データオブジェクト登録モジュール

部品データモジュール parts_module 要素の記載例を次に示す。

<parts_module> 
 <object_table> 
  <dynamic_text_object_entry

object_id="OBT001"

...

>

.

  </dynamic_text_object_entry> 
  <dynamic_text_object_entry

object_id="OBT002"

...

>

.

  </dynamic_text_object_entry> 
  <sound_object_entry

object_id="OBS001"

...>

Scene

 
 </sound_object_entry> 
  <dynamic_text_object_entry

object_id="OBT003"

...

>

.

  </dynamic_text_object_entry> 
  ... 

<search_page_object_entry object_id="OBSP01" ... >

.

  </search_page_object_entry> 
  ... 

<movie_object_entry object_id=“OBMV01” ... />

 </object_table> 
</parts_module>

B.4.6.2

B.4.6.7 に,各オブジェクトのオブジェクト登録モジュールの詳細について示す。


112

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

B.4.6.2 

動的割付けテキストオブジェクト登録モジュール dynamic_text_object_entry 

テキスト形式のオブジェクトを登録する領域。動的割付けテキストオブジェクト登録モジュールは,次

の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
src

テキストオブジェクト実体のファイル名。Filename 形式で指定。省略不可。この

属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプ

を確認する。

type

テキストオブジェクト実体のタイプを MIME 形式で指定。"text/x-bvf-text"だけ有

効。省略不可。

layout_info_src  レイアウトパターンデータリスト(B.4.7.4 参照)のファイル名。Filename 形式で

指定。object_id 属性で指定するオブジェクトがテキストオブジェクト実体 2

B.4.7.3 参照)の場合だけ指定可能。省略可能。省略の場合,従来どおりの表示

を行う。

layout_info_type

レ イ ア ウ ト パ タ ー ン デ ー タ リ ス ト の タ イ プ を MIME 形 式 で 指 定 。

"text/x-bvf-layout"だけ有効。layout_info_src 属性が指定されたときは省略不可。

object_id

このオブジェクトに対し設定するオブジェクト ID 番号。この番号によって,フ

ローデータ,イベントデータなどから参照される。Object_ID 形式。省略不可。

[子要素] 
permission_info  要素 src 属性で指定されたオブジェクト実体の許可情報。Permission 形式で指定。

省略可能。

<dynamic_text_object_entry src="sect1.xml" type="text/x-bvf-text" object_id="OB03k2" /> 
 
<dynamic_text_object_entry src="sect1.xml" type="text/x-bvf-text" object_id="OB03k1" > 
  <permission_info> 
   <print_permission permission="authorized"/> 
  </permission_info> 
</dynamic_text_object_entry>

B.4.6.3 

音声オブジェクト登録モジュール sound_object_entry 

音声形式のオブジェクトを登録する領域。音声オブジェクト登録モジュール sound_object_entry 要素は,

次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

type

音声オブジェクト実体のタイプを MIME 形式で指定。省略不可。この版では,次

の形式だけ有効。

MP3 形式 "audio./mp3"

AAC 形式 "audio/3gpp2" 
SMAF 形式 "application/x-smaf" 
3GPP 形式 "audio/3gpp"

MP4 形式 "audio/mp4"

src

音声オブジェクト実体のファイル名。Filename 形式で指定。省略不可。この版で


113

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

は,MP3 形式(拡張子 mp3)

,AAC 形式(拡張子 3g2)

,SMAF 形式(拡張子 mmf)

3GPP 形式(拡張子 3gp)及び MP4 形式(拡張子 mp4)だけ有効。この属性で指

定されたファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプを確認す

る。

[子要素]

sound_object_info

音声オブジェクト情報モジュール。sound_object_info 要素は,次の属性をもつ。

[属性]

object_id  このオブジェクトに対し設定するオブジェクト ID 番号。この番号

によって,

イベントデータなどからアクセスされる。

Object_ID 形式。

省略不可。

<sound_object_entry src="foobar.mp3" type="audio/mp3"> 
<sound_object_info object_id="OB143s"/> 
</sound_object_entry>

B.4.6.4 

検索画面オブジェクト登録モジュール search_page_object_entry 

検索画面形式のオブジェクトを登録する領域。次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
src

検索画面オブジェクト実体のファイル名。Filename 形式で指定。省略不可。この

属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプ

を確認する。

type

検索オブジェクト実体のタイプを MIME 形式で指定。"text/x-bvf-search-page"だけ

有効。省略不可。

object_id

このオブジェクトに対し設定するオブジェクト ID 番号。この番号によって,フ

ローデータ,イベントデータなどから参照される。Object_ID 形式。省略不可。

[子要素] 
permission_info

 src 属性で指定されたオブジェクト実体の許可情報。Permission 形式で指定。省略

可能。

<search_page_object_entry src="spage1.xml" type="text/x-bvf-search-page" object_id="OBSP01" /> 
 
<search_page_object_entry src="spage2.xml" type="text/x-bvf-search-page" object_id="OBSP02" > 
<permission_info> 
  <print_permission permission="authorized"/> 
</permission_info> 
</search_page_object_entry>

B.4.6.5 

動画オブジェクト登録モジュール movie_object_entry 

動画形式のオブジェクトを登録する領域。動画オブジェクト登録モジュール movie_object_entry 要素は,

次の属性及び子要素をもつ。

[属性]


114

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

src

動画オブジェクト実体のファイル名。Filename 形式で指定。省略不可。この規格

では,3GPP2 形式(拡張子 3g2)

,3GPP 形式(拡張子 3gp)及び MP4 形式(拡張

子 mp4)だけ有効。この属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指

定されたファイルタイプを確認する。

type

動画オブジェクト実体のタイプを MIME 形式で指定。この規格では次の形式だけ

有効。省略不可。

3GPP2 形式 
 "video/3gpp2"

3GPP 形式 "video/3gpp" 
MP4 形式 "video/mp4"

object_id

このオブジェクトに対し設定するオブジェクト ID 番号。この番号によって,イ

ベントデータなどから参照される。Object_ID 形式。省略不可。

<movie_object_entry src=“movie1.3g2” type=“video/3gpp2” object_id=“OBmv00”/>

B.4.6.6 

コミックオブジェクト登録モジュール comic_object_entry 

コミック形式のオブジェクトを登録する領域。コミックオブジェクト登録モジュール comic_object_entry

要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

src

コミックオブジェクト実体のファイル名。Filename 形式で指定。省略不可。この

属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプ

を確認する。

type

コミックオブジェクト実体のタイプを MIME 形式で指定。

"application/x-bvf-comic"

だけ有効。省略不可。

object_id

このオブジェクトに対し設定するオブジェクト ID 番号。この番号によって,フ

ローデータなどから参照される。Object_ID 形式。省略不可。

[子要素] 
permission_info

 src 属性で指定されたオブジェクト実体の許可情報。Permission 形式で指定。一つ

だけ存在。省略可能。

<object_table> 
・・・ 
<comic_object_entry src="comic01.xml" type="application/x-bvf-comic" object_id="OB0001"> 
<permission_info> 
                                  <print_permission permission="no"/> 
</permission_info> 
</comic_object_entry> 
・・・ 
</object_table>

B.4.6.7 

辞書データオブジェクト登録モジュール dict_data_object_entry 

辞 書 デ ー タ 形 式 の オ ブ ジ ェ ク ト を 登 録 す る 領 域 。 辞 書 デ ー タ オ ブ ジ ェ ク ト 登 録 モ ジ ュ ー ル


115

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

dict_data_object_entry 要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

src

辞書データオブジェクト実体のファイル名。Filename 形式で指定する。

省略不可。

この属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタ

イプを確認する。

type

辞 書 デ ー タ オ ブ ジ ェ ク ト 実 体 の タ イ プ を MIME 形 式 で 指 定 す る 。

"text/x-bvf-dict-data"だけ有効。省略不可。

object_id

このオブジェクトに対して設定するオブジェクト ID 番号。この番号によって,

フローデータ,イベントデータなどから参照される。Object_ID 形式で指定する。

省略不可。

[子要素]

permission_info

 src 属性で指定されたオブジェクト実体の許可情報。Permission 形式で指定する。

省略可能。

<parts_module> 
  <object_table> 
    <dict_data_object_entry src=“dict1.xml” type=“text/x-bvf-dict-data” object_id=“OBD001”> 
        <permission_info> ・・・ </permission_info> 
    </dict_data_object_entry> 
            : 
  </object_table> 
</parts_module>

B.4.7 

オブジェクト実体 

B.4.7.1 

一般 

オブジェクト実体は,実際にビューアで表示される文章,画像,音声,検索画面,動画などの本体であ

る。オブジェクト実体には,次の種類がある。

テキストオブジェクト実体

テキストオブジェクト実体 2

画像オブジェクト実体

音声オブジェクト実体

アニメーションオブジェクト実体

検索画面オブジェクト実体

動画オブジェクト実体

コミックオブジェクト実体

辞書データオブジェクト実体

B.4.7.2 

テキストオブジェクト実体 text_data 

B.4.7.2.1 

概要 

テキストオブジェクト実体 text_data 要素は,次のように text_data 要素をルート要素とする XML ファイ

ルに記述する。


116

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?> 
 
<text_data> 
 <text_default_attribute> 
 ... 
 </text_default_attribute> 
 <text_body> 

Two households, both alike in dignity, ...

 </text_body> 
</text_data>

上記に示すように,テキストオブジェクト実体 text_data 要素は,テキストに関するデフォルトの属性を

記録する text_default_attribute 要素の領域と,テキスト表示内容を記録する text_body 要素の領域とに 2 分

される。

以下,文中において"em を単位とした数値"と記述されている場合,特に明記しない限り,デフォルトの

フォントサイズを 1 とした相対値で指定される。例えば,"0.5em"ならばデフォルトフォントサイズの半分

であることを示す。

B.4.7.2.2 

テキストデフォルト属性領域 text_default_attribute 

このテキストオブジェクト実体を表示するときの表示パラメータを記録する領域。指定された値及び方

法は推奨値であり(次の説明で明記したものは除く。

,ビューアで実装できない場合,又はユーザの指示

した値を使いたい場合には,この要素で指定された値によって表示しなくてもよい。

なお,B.4.4.2.3 で説明したように,フロー型コンテンツの場合,一部のパラメータは各フローの全本文

データ(flow_data 要素の body_id 属性で指定されるオブジェクト。B.4.4.2.4 参照)に対する推奨値を指定

す る こ と が で き る 。 設 定 値 の 優 先 順 位 は , こ の text_default_attribute 要 素 の 方 が 高 い 。 こ の

text_default_attribute 要素内で指定しなかった項目は,全本文データに対する指定を基に表示されることに

なる。双方が設定されている場合は,局所的な指定が優先される。

テキストデフォルト属性領域 text_default_attribute 要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
baseline

このテキストオブジェクト実体を表示するときのベースラインの方向を,次の属

性値のいずれかで指定する。省略されたときは指定なしとする。

"right"

横書き(左から右)を推奨する。ユーザの好みなどに応じて,ほか

の方向で表示してもよい。

"right_only"

横書き(左から右)だけ有効。この値は推奨値ではなく,ユーザの

好みに応じて変更することができない。ただし,横書き(左から右)

を実装できないビューアはこの限りではない。

"down"

縦書きを推奨する。ユーザの好みなどに応じて,ほかの方向で表示

してもよい。

"down_only"

縦書きだけ有効。この値は推奨値ではなく,ユーザの好みに応じて

変更することができない。ただし,縦書きを実装できないビューア


117

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

はこの限りではない。

valign

このテキストオブジェクト実体の,行進行方向(

例  縦書きの場合は水平方向)

に対する配置方法を指定する。次の属性値を指定可能。省略されたときは,通常

どおり,表示領域の先頭から表示される。

"middle"

次のように text_body 要素内の表示内容を,

表示領域の中央に寄せて

表示する。表示内容が表示領域内に収まらない場合,この属性の値

は無視される。

●●

・ ・

表示内容

表示領域

図 B.2valign="middle"の例 

[子要素]

text_default_font

このオブジェクト実体を表示するときのデフォルトのフォント名及び文字色を設

定する。この要素で指定された値は推奨値として扱う。要素省略されたときは

flow_default_attribute 要素のデフォルト値を使用する。

この要素は,次の属性をもつ。

[属性]

fontname  デフォルトフォント名。複数のフォント名を指定することも可能。

この場合,

    fontname="○○ゴシック,△△ゴシック,..."

のように,","(Unicode で 0x2C)を用いて連結する。ビューアは,

先頭から順に表示できるフォントを調べていき,最初に表示できる

ものを使って表示する。省略されたときは指定なしとする。

color_space,color,opacity 

デフォルトの文字色 Color 形式で指定する。color 属性が省略された

ときは flow_default_attribute 要素の値をデフォルトとする。

ruby_flag  本文データをルビ表示設定で表示するかどうかを指定する。省略さ

れたときは flow_default_attribute 要素の設定された値が用いられる。

表示すると指定した場合,テキストオブジェクト実体内の ruby 要素

に挟まれた文字列が表示される。属性値は次のとおり。

"yes"

ルビ表示設定を推奨する。

ユーザの好みなどに応じて,

ルビ非表示設定にしてもよい。

"yes_only"  ルビ表示設定だけ有効とする。この値は推奨値ではな

く,ユーザの好みに応じて変更することができない。

ただし,ルビ表示設定にできないビューアはこの限り

ではない。


118

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

"no"

ルビ非表示設定を推奨する。ユーザの好みなどに応じ

て,ルビ表示設定にしてもよい。

"no_only"  ルビ非表示設定だけ有効とする。この値は推奨値では

なく,

ユーザの好みに応じて変更することができない。

ただし,ルビ非表示設定にできないビューアはこの限

りではない。

text_default_background

このオブジェクト実体を表示するときの表示画面の背景に関する指定(背景色及

び背景画像)をする。背景色及び背景画像が共に指定されている場合,背景色で

表示画面が塗りつぶされた上に背景画像が画面の中央に表示され,その上にオブ

ジェクト実体の本文である text_body 要素の内容が表示される。

背景画像のサイズ

が表示領域より大きい場合は縦横比を維持した上で縮小される。要素省略された

ときは指定なしとし,扱いは次の属性の省略されたときの扱いと同様とする。

次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
color_space,color,opacity 

表示画面の背景色を Color 形式で指定する。color 属性が省略された

ときは,flow_default_attribute 要素の設定値をデフォルトとする。

type

背景画像のファイルタイプを MIME 形式で指定する。

この規格では,

次の形式だけ有効。src 属性が指定されたときは省略不可。

PNG 形式 "image/png" 
JPEG 形式 "image/jpeg" 
CCF 形式 "image/x-ccf"

src

背景画像のファイル名。Filename 形式で指定する。この規格では,

PNG 形式,JPEG 形式,及び CCF 形式の画像ファイルだけ指定可能。
type 属性が指定されたときは省略不可。src 属性,type 属性が共に省

略されたときは,指定なしとする。この属性で指定されたファイル

を開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプを確認する。

[子要素]

permission_info

 src 属性で指定された背景画像の許可情報。Permission 形式で指定。

省略可能。src 属性に背景画像が指定されていない場合,この許可情

報の内容は無視される。

text_default_background_music

このオブジェクト実体を表示するときに再生する BGM 音声を指定する。要素省

略されたときは,BGM なしとする。

次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

type BGM 音声のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格で

は,次の形式だけ有効。省略不可。


119

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

MP3 形式 "audio./mp3" 
AAC 形式 "audio/3gpp2"

SMAF 形式 "application/x-smaf" 
3GPP 形式 "audio/3gpp" 
MP4 形式 "audio/mp4"

src BGM 音声のファイル名。Filename 形式で指定する。省略不可。この

属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指定されたフ

ァイルタイプを確認する。

loop src 属性で指定された BGM 音声を繰り返し再生するかどうかを指定

する。次の属性値のいずれかで指定する。省略されたときは"no"。

"yes"

ループ再生する。

"no"

ループ再生しない。

[子要素] 
permission_info

 src 属性で指定された BGM 音声の許可情報。Permission 形式で指定。

省略可能。

line_breaking_method(又は)kinsoku

このオブジェクト実体を表示するとき推奨する禁則処理方法を指定する。省略可

能。禁則処理については言語によって異なるため,この要素の扱いには柔軟性が

認められている。要素が省略されたときは flow_default_attribute 要素の値をデフォ

ルトとする。

この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

method

禁則処理の方法を指定する。"none"又は"run_down"のいずれか。省

略されたときは"none"が設定される。

"none"

特別な処理は行わない。行が文字で一杯になったなら

ば,次の行に移る。

"run_down"

 top_prohibit_char 要素又は end_prohibit_char 要素に指定

された場所の制約に従って文字を行末から次の行の先

頭に移す。

hanging_punctuation

ぶら下げ処理対象文字が行末にきたとき,ぶら下げ処理をするか否

か。"yes"又は"no"が指定可能。method 属性で"run_down"が設定され

た場合は,デフォルトで"yes"が設定される。有効になっていると,

hanging_char 要素で指定された文字は行の先頭ではなく,前の行の

終わりに(すなわち,右側のマージン内に)表示される。段落の先

頭の文字に対しては適用されない。

[子要素] 
top_prohibit_char


120

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

行の先頭にきてはならない文字を列挙する。ただし,段落の先頭に

ついては適用されない。拡張文字列で指定される。要素が省略され

たときは,指定なしとする。

end_prohibit_char

行末にきてはならない文字を列挙する。ただし,段落の末尾には適

用されない。拡張文字列で指定される。要素が省略されたときは,

指定なしとする。

hanging_char

ぶら下げ対象文字列を列挙する。拡張文字列で指定される。要素が

省略されたときは,指定なしとする。

<text_default_attribute> 
 <text_default_font

fontname="foobar-serif" color=“green”/>

 <text_default_background

color="black" src="001.jpg" type="image/jpeg"/>

 <text_default_background_mus src="1.mp3" type="application/x-smaf" loop="yes"/> 
 <line_breaking_method

="none">

 </line_breaking_method

>

</text_default_attribute>

B.4.7.2.3 

テキスト本文領域 text_body 

テキスト実体の本文を格納する領域。テキスト本文領域は,拡張文字列と次に示す要素との組合せによ

って記述される。

a)

段落関連

p

段落を作成する。通常,段落の先頭(開始タグの直前)

,及び段落の終わり(終了

タグの後)には改行が挿入される。ただし,次の場合は改行を挿入しない。

1)

段落先頭の表示が,改行を入れなくても行の先頭から開始される場合

2)

段落終了後の表示が,改行を入れなくても行の先頭から開始される場合

なお,改行が挿入されても画像の回り込み(object 要素の align 属性参照)は解

除されないので,回り込みを解除したい場合は,<br clear="all"/>を挿入するなど

して,明示的に指定する必要がある。

この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
top_line_indent

段落の 1 行目に入れる第 1 行インデント幅を指定する。p 要素の次

文字,br 要素などによって改行が入れられた直後の文字の直前に,

この属性で指定された幅の字下げを行の先頭に入れる。em を単位と

した数値で指定する。

なお,この属性には"-2em"のように負の値を指定してもよい。こ

のときは,top 属性で指定された行頭位置よりも更に行頭側に 2em

分移動した箇所から,段落の先頭が始まることになる。省略された

場合は,ビューアによって処理される。

top

この段落の左側(縦書きの場合,上部)に入れるインデント幅を,


121

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

em を単位とした数値,又はこの要素が含まれる行の横幅(横書きの

場合。縦書きの場合は,縦幅)に対する%のいずれかで指定する。

省略されたときは"0em"と設定される。負の値は指定できない。行

の横幅及び縦幅は,必ずしも表示領域の幅と一致しない。この段落

よりも前に記録された要素(p 要素の top,bottom 属性など)によっ

て,行の横幅及び縦幅が表示領域の幅よりも狭められていることが

ある。

bottom

この段落の右側(縦書きの場合,下部)に入れるインデント幅を,

em を単位とした数値,又はこの要素が含まれる行の横幅(横書きの

場合。縦書きの場合は,縦幅)に対する%のいずれかで指定する。

省略されたときは"0em"が設定される。負の値は指定できない。行

の横幅及び縦幅は,必ずしも表示領域の幅と一致しない。この段落

よりも前に記録された要素(p 要素の top,bottom 属性など)によっ

て,行の横幅及び縦幅が表示領域の幅よりも狭められていることが

ある。

align

センタリング,行頭寄せ又は行末寄せを指定する。行の横幅及び縦

幅は,必ずしも表示領域の幅と一致しない。p 要素の top,bottom 属

性などによって,行の横幅及び縦幅が表示領域の幅よりも狭められ

ていることがある。

次の属性値が有効。

この属性が省略された場合,

現在の設定のまま変更しない。

"center" p 要素に挟まれた文字列及びオブジェクトをセンタリ

ングして表示する。

"right" p 要素に挟まれた文字列及びオブジェクトを,行末に

寄せて表示する。横書きの場合は右,縦書きの場合は

下に寄せて表示する。

"left" p 要素に挟まれた文字列及びオブジェクトを,行頭に

寄せて表示する。横書きの場合は左,縦書きの場合は

上に寄せて表示する。

drop_cap  段落の最初の文字を複数行にまたがるものにする。整数で何行分か

を指定する。指定しない場合は 1 行分となる。

図 B.3 に例を示す。

<p drop_cap="2">Alice was beginning to get 
very tired of sitting by her sister on the bank, 
and of having nothing to do...</p>

 
 

      lice was beginning to get very tired of

      sitting by her sister on the bank, and of having 
nothing to do...

図 B.3−ドロップキャップの例 

A


122

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

[子要素]

page_break 要素を除く,text_body 要素内で使用でき

る全ての要素と拡張文字列との組合せ。

図 B.4 に,横書きテキストのある段落に対し,top="25%"及び

bottom="2em"に設定した場合の表示例を示す。

図 B.4−段落の左右インデント 

<p> .... </p> 
<p align="center"> ... </p> 
<p top="25%" bottom="2em"> ... </p>

scrolling_text(又は)telop 

1 行分の領域を作り,そこに文字列などをスクロールさせる。この要素の前後(開

始タグの直前及び終了タグの直後)に強制的に改行が挿入され,1 行分の領域が

テロップ領域として確保される。テロップ行の高さは,telop 要素で挟まれるテロ

ップ対象に応じて適切に設定される。また,文字列の流れる方向は,横書きの場

合は右から左,縦書きの場合は下から上の方向とする。スクロール処理は,この

telop 要素による領域が表示領域から外れるまで,繰り返し行われる(top 及び
bottom で指定される,段落を取り囲むマージンに限定される。)。

次の子要素をもつ。

[子要素] 

テロップさせる文字列を拡張文字列で指定する。子要素としては

external_char,font 及び horizontal,又は yoko,ruby 及び object 要素

の組合せだけ有効。ただし,object 要素には次の制限を設ける。

・ src 属性に指定できるファイルは画像ファイルだけとする。

・ align 属性には"top","middle"又は" bottom"だけ指定可能とする。

・ char_id 属性は使用できない。

<telop> 

This text will be scrolling over and over

</telop>

左右のインデントが設定された段落

ところで、

・・

・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
○○○○○○。

マージン(電子書籍リーダーによって設定される。

25 %

2em

表示領域  横幅


123

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

b)

インライン要素

br

改行する。この要素は子要素をもたない。次の属性をもつ。

[属性] 
clear

インライン形式で埋め込まれているオブジェクトの回り込みを解除

する。この属性を省略した場合は,br 要素を指定しても回り込みの

解除は行われない。次の属性値が有効。

"left" br 要素以降,行の左端(横書きの場合。縦書きの場合

は行の上端)から文字列を表示できる所まで,空行が

挿入される。

"right" br 要素以降,行の右端(横書きの場合。縦書きの場合

は行の下端)まで文字列を表示できる所まで,空行が

挿入される。

"all" br 要素以降,行の左右両端(横書きの場合。縦書きの

場合は行の上下両端)

まで文字列を表示できる所まで,

空行が挿入される。

<br/> 
<br clear="all"/>

hr

水平線(縦書きの場合は縦方向の線)を引く。行(縦書きの場合は列)は,この

線だけで占められるため一つだけであり,改行(br 要素によるものと同じ)がそ

の後に常に挿入され,線が行頭から始まっていない場合は,その前にも,改行が

挿入される。次の属性をもち,子要素はもたない。

[属性]

size

線の太さを指定する。em を単位とした数値で指定する。数値は整数

である必要はない。省略されたときは"0.1em"に設定される。

length

線の長さを指定する。em を単位とした数値又は,この hr 要素のあ

る行の横幅(横書きの場合。縦書きの場合は,縦幅)に対する%,

のいずれかで指定する。省略されたときは"100%"に指定される。行

の横幅及び縦幅は,必ずしも表示領域の幅と一致しない。この hr

要素よりも前に記録された要素(p 要素の top,bottom 属性など)に

よって,行の横幅及び縦幅が表示領域の幅よりも狭められているこ

とがある。

align

線の位置を指定する。行の横幅よりも線の長さが(length 属性を使

って)短い場合に有効。"left"(左ぞろえ)

,"center"(センタリング)

又は"right"(右ぞろえ)のいずれかで指定。省略されたときは"center"

が指定される。

<hr/> 
<hr size="0.5em" length="50%" align="center"/>


124

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

font

要素に挟まれた領域のフォントの設定を変更する。次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

name

使用するフォントを変更する。フォント名を記述。省略されたとき

は,要素直前の文字のフォントから変更しない。

なお,複数のフォント名を指定することも可能。この場合

    name="○○ゴシック,△△ゴシック,..."

のように,","(Unicode で 0x2C)を用いて連結する。ビューアは,

先頭から順に表示できるフォントを調べていき,最初に表示できる

ものを使って表示する。

size

フォントのサイズを変更する場合,base 属性で指定された基準サイ

ズに対する文字の大きさを%単位で指定する。省略されたときは,

変更しない。

base size 属性で指定されるフォントサイズの差分値の基準を設定する。

次の属性値で指定する。省略されたときは"last"が設定される。

"last" font 要素の直前の文字と同じ大きさ 
"default"

デフォルトフォントと同じ大きさ

color_space,color,opacity

文字の色を変える。Color 形式で記述(詳細は B.3.16 を参照)

。color

属性が省略された場合は,要素直前の文字色から色を変更しない。

bold font 要素で挟まれた文字列をボールド体で表示するどうかを設定す

る。値は次のいずれか。bold 属性が省略された場合は,現在の設定

のまま変更しない。

"yes"

ボールド体で表示する。

"no"

ボールド体で表示しない。

underline font 要素で挟まれた文字列にアンダーラインを引くかどうかを設定

する。ただし,font 要素で挟まれたオブジェクトにはアンダーライ

ンは引かれない。値は次のいずれか。underline 属性が省略された場

合は,現在の設定のまま変更しない。

"yes"

アンダーラインを引く。

"no"

アンダーラインを引かない。

[子要素] 

拡張文字列と,

全てのインライン要素

(key_entry 要素及び page_break

要素を除く。

)及び object 要素との組合せ。

<font name="Aaa sans serif">.....</font> 
<font size="200%">......</font>

holizontal(又は)yoko 

縦中横。縦書き表示中にこの要素で挟まれた文字列を横書きで表示する。日本語

テキスト中で日付又はほかの数字に対して使用される。例を

図 B.5 に示す。横書

き表示の場合はこの要素は無視され,要素に挟まれた文字が通常どおり横書きで


125

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表示される。次の子要素をもつ。

[子要素]

拡張外字文字列がここでは使用できる。

<horizontal>12</ horizontal>

月<horizontal>24</horizontal>日

 
 
 
 
 

縦書き

横書き

図 B.5−縦中横 

ruby

この要素に挟まれた文字列にルビを付ける。ルビはアジア,特に日本で多く用い

られる機能である。ルビは親文字の上に表示される短い文字列で表され,大部分

は表意文字の発音を示すために使われる。

使用しているフォントが可能な範囲で,

ルビは親文字より小さい文字で表示され,注釈している。ルビを表示するための

行間の空白の表示はビューアに依存している。

図 B.6 に示すように,基本的に,

ルビは読みの補助であり,全く必要としないユーザもあり得る。この要素は,次

の属性及び子要素をもつ。

[属性] 

なし。

[子要素]

rbase

ルビを付ける文字列を子要素に記録する。省略不可。次の子要素を

もつ。拡張文字列及び external_char 要素の組合せからなる。

rtop

文字列の上部又は右側に付けるルビを子要素に記録する。横書きの

場合は rbase 要素で指定された文字列の上部,縦書きの場合は右側

に表示される。省略不可。拡張文字列及び external_char 要素の組合

せからなる。

<ruby> 
 <rbase>

夏目漱石</rbase>

 <rtop>

なつめそうせき</rtop>

</ruby>

図 B.6−ルビ 

external_char

外字。書式は,B.3.12 に示す。テキスト実体内では,alt_img 属性及び alt_vimg 属

性が使用可能である。

12

月 24 日

12

24

夏目漱石

なつめそうせき


126

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<external_char

alt_set="oooextchars" alt_code="0x1234"

 alt_img="ou.img"

alt_vimg="ou_v.img"

img_type="image/jpeg" alt="

鴎"/>

mask

この要素で挟まれた文字列に対し,マスク機能を付加する。mask 要素で挟まれた

文字列又は char_id で指定した文字列をクリックするたびに,

子要素の文字列にマ

スクをかけたりマスクを外したりできるようにする。

次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
initial_flag  マスクの初期状態を指定する。次の属性値のいずれかを指定可能。

省略されたときは"on"。

"on"

マスクをかけた状態を初期状態とする。

"off"

マスクを外した状態を初期状態とする。

trigger

マスクの On/Off を切り替えるトリガとなる文字列を指定する。この

属性で指定した文字列がクリックされるたびに,この mask 要素で

挟まれた文字列のマスク On/Off が切り替わる。

Char_id 形式で指定。

なお,複数の文字列を指定することも可能であり,この場合は次

の例のように,文字列 ID を","(Unicode で 0x2C)を使って連結す

る。

"CR0001,CR0002,CR0003"

上記例の場合,"CR0001","CR0002",又は"CR0003"のいずれの文

字列がクリックされても,

マスクの On/Off が切り替わる。

この trigger

属性で指定する文字列は同じテキスト実体内にある文字列でなけ

ればならない。また,この trigger 属性で指定した文字列 ID を,ト

リガ(ポインタ)の id 属性に指定した場合には,この mask 要素の

内容は無視される。また,属性が省略されたときは,この mask 要

素で挟まれた文字列自身のクリックがマスクの On/Off のスイッチ

として使われる。

char_id

この mask 要素に文字列 ID を設定する。Char_ID 形式で指定。設定

しない場合は省略可能。

mask_type  マスク方法を指定する。次の属性値のいずれかを指定可能。省略さ

れたときは"default"。

"default"

ビューアのもつ方式でマスク処理する。

"color"

文字色及び背景色を color 属性で指定された色に設定

する。color 属性が省略された場合は,color 属性の省

略されたときの値をマスクの色とする。

color_space,color,opacity 

マスクの色を指定する。

B.3.16

で示した Color 形式で記述。

mask_type

属性に"color"が設定されている場合だけ有効。mask_type 属性に


127

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

"color"が指定され,かつ,color 属性が省略された場合,color="black"

として処理される。

hold_flag  マスクの ON/OFF の状態の保存方法を指定する。次のいずれかで指

定。省略されたときは"scope"。

"scope"

このテキストオブジェクト実体の表示が終わるまでマ

スク状態を保存しておく。

"on_power" 書籍を閉じるまでマスク状態を保持しておく。 
"save"

書籍を閉じるときに,現在のマスク状態を保存してお

く。次回の読書時にその状態が初期値として使用され

る。

[子要素]

拡張文字列,br,font,horizontal,ruby,external_char,object 要素の

組合せだけ有効。ただし object 要素には次の制限を設ける。

・ src 属性に指定できるファイルは画像ファイルだけとする。

・ char_id 属性は使用できない。

The answer is <mask>42 </mask>. 
The answer is <mask trigger ="CR0002">42</mask>

char_id

この要素で挟まれた文字列に文字列 ID 番号を設定する。次の属性及び子要素を

もつ。

[属性] 
char_id

文字列に設定する ID 番号を記述する。Char_ID 形式で指定。省略不

可。

[子要素] 

拡張文字列,全てのインライン要素(page_break 要素を除く。

,object

要素の組合せ。

key_entry

検索用の見出し語情報を設定する。検索テーブルに見出し語情報を登録する場合

に用いられ,本文での表示には使用されない。この見出し語がブンコビューアに

よって検索され,ユーザによって選択されると,key_entry 要素の次に続く内容が

表示される。この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[子要素] 
key_item  見出し語を設定する。key_entry 要素が記述される場合,key_item 要

素は少なくとも一つ以上存在する。次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
table_id

この見出し語を追加する検索テーブルの ID を指定す

る。標準文字列で指定する。検索テーブルの ID は

search_table_def 要素で設定される(詳細は B.4.4.2.6 

参照)

ここで指定された検索テーブルに見出し語情報

が登録される。省略不可。


128

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

search_word

見出し語の読みを設定する。設定できる文字は,この

見出し語を追加する検索テーブルで許されている文字

種 ( enable_key_type 要 素 で 設 定 ) に 限 定 さ れ る

B.4.4.2.6 参照)

。省略不可。

[子要素] 

検索結果の表示で使用される見出し語の表記文字列を

拡張文字列及び external_char 要素の組合せで記述する。

<key_entry> 
 <key_item

search_word="color"

table_id="ST0001">

C l

 </key_item> 

<key_item search_word="colour" table_id="ST0002">

  Colour 
 </key_item> 
</key_entry> 
<!-- What follows is what will be displayed 

as the result of the search -->

A color (English spelling: colour) is ...

meaning_start  ビューアに用意された早見用ボタンが押されたときに表示する内容を設定する。

次に示すように,このボタンが押されると,ビューアは,この要素以降に記述さ

れた表示内容を,次の改行を示す要素まで,又はその行の最後までのいずれか短

い方までを表示する。早見ボタンが押されていない通常表示の場合,及びビュー

アに早見用ボタンが用意されていない場合には,この要素は無視される。

例(XML

<meaning_start/> meaning 1)  [Noun] ... Examples of common 
expression using this word are as follows. 
   <br/> 
<p top="1em"> 
Common expression    1) ... <br/> 
Common expression    2) ... <br/> 
</p> 
<meaning_start/> meaning 2)    [Counter suffix] ... <br/>

早見ボタンが押されたときの表示例

Meaning 1) [Noun] ... Examples of common expression   
using this word are as follows. 
Meaning 2) [Counter suffix]


129

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

通常表示例

Meaning 1)    [Noun] ... Examples of common 
expression      using this word are as follows. 
  Common expression  1) ... 
  Common expression  2) ... 
Meaning 2) [Counter suffix] ...

page_break

改ページする。次の属性をもつ。page_break 要素は,text_body 要素内で使用でき

るいずれの要素の子要素にも指定することができない。

なお,text_body 要素内の最後に page_break 要素を記述した場合,空白のページ

が追加されることになる。

[属性]

turning_page_control

通常のスクロール操作時に,この要素の前後への移動を禁止するか

どうかを制御する。次のいずれかの値を指定可能。

"on"

この要素の前のデータ又は後ろのデータのいずれにも

移動できない。

"off"

この要素の前のデータ又は後ろのデータのいずれにも

移動できる。

"forward"  この要素の後ろのデータに移動できないようにする。

前のデータには移動できる。

"back"

この要素の前のデータに移動できないようにする。後

ろのデータには移動できる。

属性が省略されたときは,このオブジェクト実体を本文とするフ

ロ ー デ ー タ の 設 定 [ flow_data 要 素 の turning_page_control 属 性

B.4.4.2.4 参照)

]に従う。

head_button_control

一部のビューアに用意された見出し前後ボタンを押したときに,こ

の要素の前後のフローへの移動を禁止するかどうかを制御する。次

のいずれかの値を指定可能。

"on"

見出し前後ボタンによるスクロール操作のいずれを行

っても,この要素の前又は後ろのフローのいずれにも

移動できないようにする。

"off"

見出し前後ボタンによるスクロール操作で,この要素

の前又は後ろのフローのいずれにも移動できる。

"forward"  この要素の後ろのフローに移動できないようにする。

前のフローには移動できる。

"back"

この要素の前のフローに移動できないようにする。後

ろのフローには移動できる。

属性が省略されたときは,このオブジェクト実体を本文とするフ

ローデータの設定(flow_data 要素の head_button_control 属性)に従


130

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

う(B.4.4.2.4 参照)

<page_break/> 
<page_break turning_page_control="off"/>

c)

オブジェクト

object

挿入したいオブジェクト実体のファイル名を指定する。object 要素は,次の属性

及び要素をもつ。

[属性]

type

挿入するオブジェクト実体のファイルタイプを MIME 形式で指定す

る。この規格では,次の形式だけ有効。省略不可。

PNG 形式 "image/png"

JPEG 形式 "image/jpeg" 
CCF 形式 "image/x-ccf"

アニメーションオブジェクト実体形式

    "application/x-bvf-flip-animation"

B.4.7.7 を参照)

src

挿入するオブジェクト実体のファイル名。Filename 形式で指定する。

省略不可。この属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性

で指定されたファイルタイプを確認する。

char_id

このオブジェクトに文字列 ID 番号を設定する。

Char_ID 形式で指定。

設定しない場合は省略可能。

align

オブジェクトのインライン表示又は回り込みを指定する。次の属性

値が有効。align 属性が省略された場合,読書端末は,横書き表示の

場合は"bottom"として,縦書き表示の場合は"middle"と解釈する。

"top"

インライン表示用。横書き表示時の場合,行の最上部

の高さとオブジェクトの最上部の高さとを合わせて表

示する。縦書き表示のときは,行の最右端とオブジェ

クトの最右端とを合わせて表示する。

"middle"

インライン表示用。横書き表示時は,行のベースライ

ンとオブジェクトの上下方向の中央とを合わせて表示

する。縦書き表示のときは,行のベースラインとオブ

ジェクトの左右方向の中央とを合わせて表示する。

"bottom"  インライン表示用。横書き表示のときは,行のベース

ABCDEFG HIJKLMN

ABCDEFG

HIJKLMN


131

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

ラインとオブジェクトの下端とを合わせて表示する。

縦書き表示のときは,行のベースラインとオブジェク

トの左端とを合わせて表示する。

"left"

回り込み表示用。横書き表示のときはオ

ブジェクトを表示領域の左側に寄せて表

示し,文字列をその右側に表示する。縦

書き表示のときはオブジェクトを表示領

域の上端に寄せて表示し,文字列をその

下側に表示する。このオブジェクトが含

まれる段落情報を記述している p 要素で

align="left"以外が指定されていても,そ

の値は無視される。ビューアによる表示

処理中,align="left"の設定がされている

object 要素が行の途中に現れた場合,こ

の object 要素で指定されるオブジェクト

実体は,

現在の行の次行から表示される。

次の例は"A"の後から"N"の前の文字ま

でを object 要素で XML ファイル内で指

定したものである。

"right"

回り込み表示用。横書き表示のときはオ

ブジェクトを表示領域の右側に寄せて表

示し,文字列をその左側に表示する。縦

書き表示のときはオブジェクトを表示領

域の下端に寄せて表示し,文字列をその

上側に表示する。このオブジェクトが含

まれる段落情報を記述している p 要素で

align="right"以外が指定されていても,そ

の値は無視される。ビューアによる表示

処理中,align="right"の設定がされている

object 要素が行の途中に現れた場合,こ

の object 要素で指定されるオブジェクト

実体は,

現在の行の次行から表示される。

次の例は XML ファイルで object 要素で

MNOPQ 
RSTUV 
WXYZ

ABCDEFGHIJKL

ABCDEFG

HIJKLMN


132

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

"A"の後から"N"の前までを同様に指定

して表示したものである。

start src 属性にアニメーションオブジェクトが指定された場合,その再生

開始のトリガを指定する。アニメーションオブジェクトが指定され

ていない場合,設定は無効。次の属性値が有効。省略されたときは

ビューアによって,"auto"が指定された場合と同様の処理がなされ

る。また,"auto"を指定した場合,このアニメーションをイベント

の action_play 要素(B.4.5.4.2)で指定することはできない。

"auto"

表示領域に入るごとに,自動的に先頭から再生を開始

する。前回の表示時に再生が途中で終わっている場合

であっても,必ず先頭から再生される。

"event"

イベントデータ(B.4.5.2 を参照)の指示に従って再生

を開始する。

loop

アニメーションオブジェクトの再生をするとき,再生の繰返し回数

を数値で指定する。この規格では"1 回だけ"を意味する"1"だけ有効

とする。属性が省略された場合,この object 要素で指定されたオブ

ジェクト実体がビューアの表示領域外に出るまでループ再生される。

ただし,src 属性にアニメーションオブジェクトが指定されていない

場合,及びアニメーションオブジェクトが指定されていても start 属

性に"auto"が設定されていない場合,loop 属性に設定された値は無

視され,"1 回だけ"を意味する"1"として扱われる。

[子要素]

permission_info

 src 属性で指定されたオブジェクト実体の許可情報。Permission 形式

で指定。省略可能。

<object type="image/png" src="image1.png"/> 
<object type="image/jpeg" src="image2.jpg"> 
  <permission_info> 
    <print_permission permission="authorized"/> 
  </permission_info> 
</object> 
<object type="application/x-bvf-flip-animation" src="anime.xml" loop="1"/>

B.4.7.3 

テキストオブジェクト実体 2 text_data2 

B.4.7.3.1 

一般 

text_data2 要素に対して layout_info 要素によるレイアウトを指定する場合は,text_default_attribute 要素の

設定を許さない代わりに,layout_default_attribute 要素に text_default_attribute 要素相当の情報を記録する。

MNOPQ 
RSTUV 
WXYZ

ABCDEFGHIJKL


133

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

レイアウトを指定しない場合は,text_data 要素同様に text_data2 要素において text_default_attribute 要素に

よる設定を許可する。

B.4.7.3.2 

テキスト本文領域 2 text_body2 

B.4.7.3.2.1 

一般 

テキスト実体 2 の本文を格納する領域。text_body2 要素の直下に記述できる要素は text_body 要素の直下

に記述できる要素と同じ。また,新規要素の導入,既存要素の機能拡張がある。新規要素は次のとおり。

B.4.7.3.2.2 

段落関連 

p

[属性] 
align text_body2 で拡張された属性値は次のとおり。

"justified"

文字列及びオブジェクトを均等割り付けして表示す

る。

"justified_center"

文字列及びオブジェクトを均等割り付けして,センタ

リングして表示する。

"justified_right"

文字列及びオブジェクトを均等割り付けして,横書き

の場合は右,縦書きの場合は下に寄せて表示する。

"justified_left"

文字列及びオブジェクトを均等割り付けして,横書き

の場合は左,縦書きの場合は上に寄せて表示する。

B.4.7.3.2.3 

インライン要素 

br text_body2 要素内では次の属性が追加されている。

[属性] 
width

行の幅を指定する。em を単位とした数値で指定する。1 行内に,こ

の幅指定した br 要素だけが存在する場合に有効。ほかの要素が存在

する場合は無視される。

hr size,length 及び align 属性について,仕様が拡張されており,新たに h_src 属性,

v_src 属性及び type 属性が追加されており,また,子要素も新たに追加されてい

る。

[属性]

size

線の太さを指定する。em を単位とした数値で指定する。省略された

ときはビューアによって,"0.1em"が指定された場合と同様の処理が

なされる。

h_src 属性又は v_src 属性で画像を指定した場合には,size 属性の

指定は無視される。

length

線の長さを指定する。em を単位とした数値又は,この hr 要素のあ

る行の横幅(横書きの場合。縦書きの場合は,縦幅)に対する%,

のいずれかで指定する。省略されたときは,ビューアによって,


134

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

"100%"が指定された場合と同様の処理がなされる。行の横幅及び縦

幅は,必ずしも表示領域の幅と一致しない。この hr 要素よりも前に

記録された要素(p 要素の top,bottom 属性など)によって,行の横

幅及び縦幅が表示領域の幅よりも狭められていることがある。h_src

属性,又は v_src 属性で画像が指定されている場合も,この指定さ

れた範囲内に収まるように繰返し表示する。

align

線の位置を指定する。行の横幅よりも線の長さが短い場合に有効。

"left"(左ぞろえ),"center"(センタリング)又は"right"(右ぞろえ)

のいずれかで指定。省略されたときはビューアによって,"center"

が指定された場合と同様の処理がなされる。h_src_属性,又は v_src

属性で画像が指定されている場合も,align 属性で指定された位置に

表示する。

v_src

縦書き表示用の飾りけい用画像の設定。1 パターン分の画像を

Filename 形式で指定。この画像指定がある場合,size 属性の設定は

無効。ビューア側で繰返し表示する。ビューアは指定されたファイ

ルを,それぞれの表示モードのときに,そのまま(回転せずに)表

示する。

縦書き表示と横書き表示とで切り替える必要がない場合

○など)

,どちらか一方の属性指定だけでよい。また,v_src 及び h_src

の両属性が指定されていても,layout_info 要素の baseline 属性指定

がある場合,適切な一方の属性で指定した画像ファイルしか使用し

ない。この規格では,PNG 形式又は JPEG 形式の画像ファイルだけ

指定可能。

type 属性が指定されたときは省略不可。h_src 属性及び type

属性が共に省略されたときは,指定なしとする。この属性で指定さ

れたファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプ

を確認する。

h_src

横書き表示用の飾りけい用画像の設定。1 パターン分の画像を

Filename 形式で指定。この画像指定がある場合,size 属性の設定は

無効。ビューア側で繰返し表示する。ビューアは指定されたファイ

ルを,それぞれの表示モードのときに,そのまま(回転せずに)表

示する。

縦書き表示と横書き表示とで切り替える必要がない場合

○など)

,どちらか一方の属性指定で OK。また,v_src 及び h_src の

両属性が指定されていても,layout_info 要素の baseline 属性指定が

ある場合,適切な一方の属性で指定した画像ファイルしか使用しな

い。この規格では,PNG 形式又は JPEG 形式の画像ファイルだけ指

定可能。type 属性が指定されたときは省略不可。v_src 属性及び type

属性が共に省略されたときは,指定なしとする。この属性で指定さ

れたファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプ

を確認する。

type

けい線画像のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格で

は,次の形式だけ有効。src 属性が指定されたときは省略不可。


135

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

PNG 形式 "image/png" 
JPEG 形式 "image/jpeg"

[子要素] 
permission_info

 src 属 性 で 指 定 さ れ た 飾 り け い 用 画 像 の 許 可 情 報 。 Permission

 形式で指定。省略可能。src 属性に飾りけい用画像が指定され
 ていない場合,この許可情報の内容は無視される。

select

テキストのベースラインの方向など,設定によって表示する文字列を切り替える

ための要素。この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
variable

表示を切り替えるためのパラメータを指定。現状では,baseline だ

け有効。省略不可。

[子要素] 
select_item

表示する文字列を指定する。この要素は,次の属性及び子要素をも

つ。

[属性]

type variable 属性で指定したパラメータのパターンを指定。

ビューアの設定が,この値になったときに子要素の内

容を表示する。

"right"

横書き

"down"

縦書き

[子要素]

子要素には,拡張文字列,external_char,font,ruby,

holizontal 又は yoko,及び object の指定が可能。

B.4.7.3.2.4 

オブジェクト 

object position 属性が追加されている。 
[属性] 
position

オブジェクトの表示位置指定。"on_edge"だけ有効。段の先頭又は末尾に表示する。

省略可能。省略されたときは,従来どおり,object 要素を挿入した位置に表示す

る。

なお,align 属性及び position 属性の同時指定は不可。

"on_edge" object 要素を挿入した位置以降で,段の端(先頭又は末尾)にオブ

ジェクトを表示する。このとき,オブジェクトのオリジナルのサイ

ズが 1 段内に収まらない場合は,縮小して 1 段内に Fit 表示する。1

段内に収まる場合は,

そのままのサイズで 1 段内に中央に表示する。

なお,段組設定されていない(layout_default_columns 要素がない)

コンテンツを,行送り操作をサポートしているビューアで表示する

と,この指定は無視され,align 属性が省略されたときの内容で処理

される(横書き表示では bottom 及び縦書き表示では middle)


136

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

[子要素] 
permission_info

 src 属性で指定されたオブジェクト実体の許可情報。Permission 形式で指定。省略

可能。

B.4.7.4 

レイアウトパターンデータリスト layout_info_list 

B.4.7.4.1 layout_info_list

要素 

このテキストオブジェクト実体 2 を表示するとき各領域の,配置及び表示設定の情報を記録する領域。

テキストオブジェクト実体 2 ごとに,このレイアウトパターンリストを指定する(B.4.6.2 参照)

レイアウトパターンデータリストには,端末仕様及び現在の表示設定に合わせて適切な配置及び表示設

定に変更できるように,次の情報をまとめた,レイアウトパターンデータを複数記述することができる。

表示に使う情報は,ビューアが表示時に条件に合わせて選択する。

レイアウトパターンデータには,次の情報を含むことができる。

端末情報

大枠情報

動的テキスト情報

オブジェクト情報

なお,B.4.4.2.3 に示すように,フロー型コンテンツの場合,各フローの本文データ(flow_data 要素の

body_id 属性で指定されるオブジェクトであり,値は flow_default_attribute 要素の属性に設定されている。

B.4.4.2.3

及び B.4.4.2.4 を参照)を表示するときの推奨値を指定することができる。設定値の優先順位は,

この layout_info_list 要素の方が高いため,本文データに指定されたオブジェクトがテキストオブジェクト

実体 2 の場合は,flow_default_attribute 要素で指定した推奨値と異なる値だけをこの layout_info_list 要素を

使って記録すればよい。

こ の layout_info_list 要 素 内 で 指 定 し な か っ た ( 次 の 記 載 で は " 指 定 な し " と 記 述 ) 項 目 は ,

flow_default_attribute 要素で指定した推奨値をもとに表示されることになる。

レイアウトパターンデータリスト layout_info_list 要素は,次の子要素をもつ。

[子要素]

layout_info

一つ分のレイアウトパターンデータを登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.2

を参照。

B.4.7.4.2 

レイアウトパターンデータ layout_info 

レイアウトパターンを登録する領域。複数指定可。複数指定する場合は,次の制限がある。

・  同じ属性値をもつ layout_info 要素の同時記述は不可。

・ baseline 属性指定ありの layout_info 要素と,指定なしの layout_info 要素との同時記述は不可。

この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
display_size

端末の表示画面のサイズを Xy 形式で指定。省略不可。

baseline

ベースラインの方向を指定。属性値は次のとおり。省略可能。省略されたときは

ユーザによる縦書き又は横書き表示変更可とする。

"right"

横書き

"down"

縦書き

[子要素]


137

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

outline_info

大枠情報を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.3 を参照。

layout_default_attribute

 dynamic_text_area 要素で指定した領域に流し込むテキストのデフォルトの属性を

記録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.6 を参照。

object_area

オブジェクト情報を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.5 を参照。

dynamic_text_area

動的テキスト情報を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.4 を参照。

なお,object_area 及び dynamic_text_area で各領域を指定するときに次の制限がある。制限をオーバーす

る場合,コンバータエラーとする。

a) outline_info

の rect 属性で指定した長方形内に収まるように各領域指定する。領域枠が長方形の線上と

なるのは可。

b)

各領域は,ほかの領域と重なり合わないように指定する。領域枠の重なりは不可。

c) dynamic_text_area

を複数指定する場合,高さ及び幅サイズに次の制限を設ける。段組表示のため。

−  親要素の layout_info の baseline 属性が"down"の場合

領域の高さを全てそろえる。

−  親要素の layout_info の baseline 属性が"right"の場合

領域の幅を全てそろえる。

−  親要素の layout_info の baseline 属性が省略されている場合

領域の高さ及び幅をそれぞれ全てそろえる。

なお,高さ=幅である必要はない。

d)

複数の dynamic_text_area 要素を,layout_default_columns 要素と同時に指定することは不可。

B.4.7.4.3 

大枠情報 outline_info 

B.4.7.4.3.1 outline_info

要素 

端末の表示画面のうち,

このレイアウトパターンで表示する領域全体の情報を登録する領域。

省略可能。

この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

rect

表示中の layout_info 要素に含まれる領域を全て包含する外接長方形の座標を

Region 形式で指定する。省略可能。省略されたときはコンバータで変換されると

きに,layout_info 要素の display_size 属性で指定する表示画面サイズと等しい座標

値がコンテンツに記録される。ここで指定する座標値は表示画面サイズを基準に

した座標系での値。

[子要素]

outline_polygon

大枠の頂点座標を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.3.2 を参照。

outline_background

大枠の背景画像を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.3.3 を参照。

outline_background_music

大枠の BGM 音声を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.3.4 を参照。

B.4.7.4.3.2 

大枠の頂点座標 outline_polygon 

この大枠の線の色及び幅,並びに多角形の各頂点座標を指定する。この要素は,次の属性及び子要素を


138

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

もつ。line_color 及び line_width が共に省略されている場合は,大枠の線は表示されない。

[属性]

line_color

大枠の線の色を指定する。省略可能。省略されたときは,ビューアによって適切

な値が設定される。

line_width

大枠の線の幅を指定する。ポイント又はドットを単位とする数値を指定する。省

略可能。省略されたときは,ビューアによって適切な値が設定される。

[子要素] 
vertex

大枠情報のうち,大枠を構成する多角形の各頂点座標を指定する。省略可能。省

略されたときはコンバータで変換されるときに,outline_info の rect 属性で指定す

る外接長方形のサイズと等しい座標値がコンテンツに記録される。斜め線を含む

多角形は指定できない。ここで指定する座標値は,表示画面サイズを基準にした

座標系での値。

なお,この規格では,長方形だけサポートする。

この要素は,次の属性をもつ。

[属性] 
position

大枠を構成する多角形の各頂点座標を Xy 形式で指定する。

B.4.7.4.3.3 

大枠の背景画像 outline_background 

この大枠の背景に関する指定(背景画像及び背景色)をする。この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
color_space,color,opacity

大枠の背景色を Color 形式で指定する。この設定値をユーザが変更することはで

きない。省略可能。color 属性が省略されたときは指定なしとする。

type

背景画像のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格では,次の形式だ

け有効。src 属性が指定されたときは省略不可。

PNG 形式 "image/png" 
JPEG 形式 "image/jpeg"

CCF 形式 "image/x-ccf"

src

背景画像のファイル名。Filename 形式で指定する。この規格では,PNG 形式,JPEG

形式,及び CCF 形式の画像ファイルだけ指定可能。type 属性が指定されたときは

省略不可。src 属性及び type 属性が共に省略されたときは,指定なしとする。こ

の属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイ

プを確認する。

[子要素] 
permission_info

 src 属性で指定された背景画像の許可情報。Permission 形式で指定。省略可能。src

属性に背景画像が指定されていない場合,この許可情報の内容は無視される。

B.4.7.4.3.4 

大枠の BGM 音声 outline_background_music 

この大枠を表示するときに再生する BGM 音声を指定する。要素省略されたときは BGM なしとする。

この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]


139

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

type BGM 音声のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格では,次の形式

だけ有効。省略不可。

MP3 形式 "audio./mp3" 
AAC 形式 "audio/3gpp2" 
SMAF 形式 "application/x-smaf"

3GPP 形式 "audio/3gpp" 
MP4 形式 "audio/mp4"

src BGM 音声のファイル名。Filename 形式で指定する。この規格では,MP3 形式(拡

張子 mp3)

,AAC 形式(拡張子 3g2)

,SMAF 形式(拡張子 mmf)

,3GPP 形式(拡

張子 3gp)

,及び MP4 形式(拡張子 mp4)の画像ファイルだけ指定可能。省略不

可。この属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイ

ルタイプを確認する。

loop src 属性で指定された BGM 音声を繰返し再生するかどうかを指定する。次の属性

値のいずれかで指定する。省略可能。省略されたときは"no"。

"yes"

ループ再生する。

"no"

ループ再生しない。

[子要素]

permission_info

 src 属性で指定された BGM 音声の許可情報。Permission 形式で指定。省略可能。

B.4.7.4.4 

動的テキスト情報 dynamic_text_area 

テキスト実体データ 2 を表示する領域情報を登録する領域。省略可能。

なお,dynamic_text_area 要素を省略した場合は,dynamic_text_object_entry 要素(B.4.6.2 参照)で,中身

が空のテキスト実体 2 を指定する必要がある。また,複数指定を可能とし,記述した順にデータを流し込

む。

この要素は,次の属性をもつ。

[属性]

rect

テキストオブジェクト実体を流し込む領域を Region 形式で指定する。layout_info

要素の display_size 属性で指定した表示画面を基準とした座標系で指定。座標値は

表示画面サイズの範囲内に合わせて設定する必要がある。省略不可。

bg_color,bg_color_space,bg_opacity 

背景色を Color 形式で指定する。省略可能。省略されたときは,outline_background

要素の背景色情報を使用する。

B.4.7.4.5 

オブジェクト情報 object_area 

常に表示するオブジェクト(画像など)と,その表示領域とを Region 形式で指定。画像形式ファイルを

指定可。この領域内にオブジェクトを(拡大縮小せずに)そのまま中央に表示。オブジェクトが領域より

大きい場合,領域内に収まる範囲だけ表示。省略可能。複数指定可。

この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

rect

常に表示するオブジェクトの領域を Region 形式で指定する。layout_info 要素の

display_size 属性で指定した表示画面を基準とした座標系で指定。省略不可。


140

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

src

領域内に表示するオブジェクトファイル名。Filename 形式で指定する。

省略不可。

指定できるファイルは,画像(PNG 形式,JPEG 形式,及び CCF 形式)

type

オブジェクトファイルのファイルタイプを MIME 形式で指定する。

この規格では,

次の形式だけ有効。省略不可。

PNG 形式 "image/png"

JPEG 形式 "image/jpeg" 
CCF 形式 "image/x-ccf"

bg_color,bg_color_space,bg_opacity

背景色を Color 形式で指定する。

color 属性が省略されたときは,outline_background

要素の背景色情報を使用する。

char_id

このオブジェクト領域に文字列 ID 番号を設定する。Char_ID 形式で指定。設定し

ない場合は省略可能。本文字列 ID 番号をイベントに設定する場合,a)  ページ移

動のジャンプ先としてのイベント設定は不可,b)  動的テキスト領域に対するトリ

ガ又はアクションとなるイベント設定は不可,とする。

[子要素] 
permission_info

 src 属性及び alt_src 属性で指定されたファイルの許可情報を指定。Permission 形式

で指定。省略可能。

B.4.7.4.6 

動的テキスト情報のデフォルト設定 layout_default_attribute 

B.4.7.4.6.1 layout_default_attribute

要素 

dynamic_text_area 要素で指定した領域に流し込むテキスト実体データ 2 に関する各種設定を行う領域。

省略可能。

この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
valign

行進行方向に対する配置指定。dynamic_text_area 要素が一つ,かつ,表示内容が

表示領域内に収まるときだけ有効。それ以外の場合は無視される。次の属性値の

いずれかで指定する。省略可能。省略されたときは通常どおり先頭から表示。

"middle"

表示領域の中央に寄せて表示する。

"end"

表示領域の最後に寄せて表示する。

[子要素] 
layout_line_breaking_method

禁則指定を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.6.2 を参照。

layout_default_size

字間,行間及び余白の指定を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.6.3 を参

照。

layout_default_paragraph

段落指定を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.6.4 を参照。

layout_default_font

フォント指定を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.6.5 を参照。

layout_default_columns


141

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

段組指定を登録する領域。この要素の書式は,B.4.7.4.6.6 を参照。

B.4.7.4.6.2 

禁則指定 layout_line_breaking_method 

テキスト実体データ 2 を表示するときの推奨する禁則処理方法を指定する。省略可能。要素省略された

ときは指定なしとし,扱いは次の属性の省略されたときの扱いと同様とする。この要素は,次の属性及び

子要素をもつ。

[属性]

method

禁則処理の方法を指定する。省略可能。省略されたときは指定なし。

"none"

禁則処理なし

"run_down"

禁則処理を行う[行の先頭(末尾)に現れてはならない文字を前(次)

の行に移動させる。

hanging_punctuation

ぶら下げ処理対象文字が行末にきたとき,

ぶら下げ処理をするか否かを指定する。

省略可能。省略されたときは指定なし。

"yes"

ぶら下げ処理する。

"no"

ぶら下げ処理しない。

[子要素]

top_prohibit_char

行の先頭にきてはならない文字を列挙する。"、

。.,"の形式で,拡張文字列で指定

される。要素が省略されたときは,指定なしとする。

end_prohibit_char

行末にきてはならない文字を列挙する。"、

。.,"の形式で,拡張文字列で指定され

る。要素が省略されたときは,指定なしとする。

hanging_char

ぶら下げ対象文字列を列挙する。"、

。.,"の形式で,拡張文字列で指定される。要

素が省略されたときは,指定なしとする。

B.4.7.4.6.3 

字間・行間・余白指定 layout_default_size 

テキスト実体データ 2 を表示するときの字間,行間及び余白を指定する。この要素は,次の属性をもつ。

省略可能。いずれの属性も省略されたときは,ビューアによって適切な値が設定される。

[属性]

letter_spacing

字間間隔。ビューアで表示中のフォントサイズを基準とした%値で指定する。省

略可能。省略されたときは,ビューアによって適切な値が設定される。

line_pitch

行送り間隔。ビューアで表示中のフォントサイズを基準とした%値で指定する。

省略可能。省略されたときは,ビューアによって適切な値が設定される。

margin

領域内の余白(上下,左右)指定。ドット値だけ有効。省略可能。省略されたと

きは,ビューアによって適切な値が設定される。

B.4.7.4.6.4 

段落指定 layout_default_paragraph 

テキスト実体データ 2 を表示するとき段落設定を指定する。フローを大きな一つの段落とみなす。省略

可能。省略されたときは指定なしとし,扱いは次の属性の省略されたときの扱いと同様とする。

この要素は,次の属性をもつ。

[属性]


142

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

top_line_indent  段落の 1 行目に入れる第 1 行インデント幅を指定する。p 要素の次文字,br 要素

などによって改行が入れられた直後の文字の直前に,この属性で指定された幅の

字下げを行の先頭に入れる。em を単位とした数値で指定する。

なお,この属性には"-2em"のように負の値を指定してもよい。このときは,top

属性で指定された行頭位置よりも更に行頭側に 2em 分移動した箇所から,段落の

先頭が始まることになる。省略された場合は,ビューアによって適切に処理され

る。

top

この段落の左側(縦書きの場合,上部)に入れるインデント幅を,em を単位とし

た数値,又はこの要素が含まれる行の横幅(横書きの場合。縦書きの場合は,縦

幅)に対する%のいずれかで指定する。省略されたときはビューアによって,"0em"

が指定された場合と同様の処理がなされる。負の値は指定できない。段落は別の

段落に含まれる場合があり,このときはインデント幅は増える。また,%で指定

された場合もこのような内部の段落に関するものであって,表示領域全体に対す

る割合ではない。

bottom

この段落の右側(縦書きの場合,下部)に入れるインデント幅を,em を単位とし

た数値,又はこの要素が含まれる行の横幅(横書きの場合。縦書きの場合は,縦

幅)に対する%のいずれかで指定する。省略されたときはビューアによって,"0em"

が指定された場合と同様の処理がなされる。負の値は指定できない。段落は別の

段落に含まれる場合があり,このときはインデント幅は増える。また,%で指定

された場合もこのような内部の段落に関するものであって,表示領域全体に対す

る割合ではない。

align

センタリング,行頭寄せ又は行末寄せを top,bottom 及び top_line_indent 属性で決

められた範囲内で指定する。次の属性値が有効。この属性が省略された場合,現

在の設定のまま変更しない。

"center" p 要素に挟まれた文字列及びオブジェクトをセンタリングして表示

する。

"right" p 要素に挟まれた文字列及びオブジェクトを,行末に寄せて表示す

る。横書きの場合は右,縦書きの場合は下に寄せて表示する。

"left" p 要素に挟まれた文字列及びオブジェクトを,行頭に寄せて表示す

る。横書きの場合は左,縦書きの場合は上に寄せて表示する。

"justified"  文字列及びオブジェクトを均等割り付けして表示する。 
"justified_center"

文字列及びオブジェクトを均等割り付けして,センタリングして表

示する。

"justified_right"

文字列及びオブジェクトを均等割り付けして,横書きの場合は右,

縦書きの場合は下に寄せて表示する。

"justified_left"

文字列及びオブジェクトを均等割り付けして,横書きの場合は左,

縦書きの場合は上に寄せて表示する。


143

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

B.4.7.4.6.5 

フォント指定 layout_default_font 

テキスト実体データ 2 を表示するときの推奨するフォント名,フォントサイズなどを指定する。省略可

能。この要素は,次の属性をもつ。

[属性] 
fontname

デフォルトフォント名。複数のフォント名を指定することも可能。この場合

fontname="○○ゴシック,△△ゴシック,..."のように,","(Unicode で 0x2C)を用

いて連結する。ビューアは,先頭から順に表示できるフォントを調べていき,最

初に表示できるものを使って表示する。省略可能。この属性も本文データごとの

設定値も省略されている場合は,ビューアによって適切な値が設定される。

fname_change_flag

ユーザによる設定変更の可・不可を指定する。この規格では"yes"指定(ユーザに

よるフォント名の変更を許可する。

)だけ有効とする。省略可能。省略されたとき

は"yes"。

fontsize

デフォルトフォントサイズ。ポイント又はドットを単位とする数値を指定する。

省略可能。省略されたときは,ビューアによって適切な値が設定される。

bold_flag

本文データをボールド体で表示するかどうかを指定する。次のいずれかで指定。

省略されたときは,ビューアによって適切な値が設定される。"yes"が指定された

場合,テキストオブジェクト実体 2 内の font 要素によって bold="no"が指定され

ている文字を除き,全ての文字がボールド体で表示される。

"yes"

ボールド体で表示する。

"no"

ボールド体で表示しない。

color_space,color,opacity 

本文データを表示するときの推奨する文字色を指定する。この設定値をユーザが

変更することはできない。Color 形式で指定する。color 属性が省略されたときは,

ビューアによって適切な値が設定される。

rubysize

ルビサイズ。ビューアで表示中のフォントサイズを基準とした%値で指定する。

省略可能。省略されたときは,ビューアによって適切な値が設定される。

ruby_flag

本文データをルビ表示設定で表示するかどうかを指定する。

属性値は次のとおり。

省略されたときは,ビューアによって適切な値が設定される。"yes"又は"yes_only"

が指定された場合,テキストオブジェクト実体 2 内の ruby 要素に挟まれた文字列

はルビ表示される。

"yes"

ルビ表示に設定する。ユーザはルビを非表示にもできる。

"yes_only"  ルビ表示設定だけ有効とする。ユーザは非表示に変更することがで

きない。ただし,ルビ表示設定ができないビューアではこの設定は

適用されない。

"no"

ルビ非表示に設定する。ユーザの好みなどに応じて,ルビ表示設定

にしてもよい。

"no_only"  ルビ非表示設定を有効とし,ユーザが設定を変更することはできな

い。ただし,ルビ非表示設定にできないビューアではこの設定は適

用されない。


144

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

fsize_autochange_flag

このフラグが on の場合,layout_info 要素の display_size 属性で指定した画面サイ

ズと,ビューアの画面サイズとの比率に応じて,フォントサイズを自動的に変更

する。このフラグが off の場合は,画面サイズの比率に応じたフォントサイズの

変更は行わない。省略されたときは"off"。

"on" layout_info 要素の display_size 属性で指定した画面サイズと,ビュー

アの画面サイズとの比率に応じて,フォントサイズを自動的に変更

する。

"off"

フォントサイズの自動変更は行わない。

B.4.7.4.6.6 

段組指定 layout_default_columns 

この要素を記述した場合,次の各属性の指定値に基づいて,ビューア側で自動で段組数を決定し,表示

する。要素省略されたときは段組表示不可とする。この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
line_character_max_count

一行に表示する最大の文字数を設定する。省略されたときは,ビューアによって

適切な値が設定される。

line_character_min_count

一行に表示する最小の文字数を設定する。省略されたときは,ビューアによって

適切な値が設定される。

tray_spacing

段間の設定。ビューアで表示中のフォントサイズを基準とした%値で指定する。

省略可能。省略されたときはビューアによって適切な値が設定される。

[子要素] 
columns_ruled_line

段間のけい線の設定。要素省略されたときはけい線なしとする。この要素は,次

の属性及び子要素をもつ。

[属性]

width

段間のけい線の太さの設定。ポイント又はドットを単位とする数値

を指定する。省略可能。省略されたときはビューアによって適切な

値が設定される。src 属性でけい線画像を指定した場合は無効となる。

color_space,color,opacity 

段間のけい線の色の設定。Color 形式で指定する。省略可能。省略

されたときはビューアによって適切な値が設定される。src 属性でけ

い線画像を指定した場合は無効となる。

align

段間のけい線の位置を指定する。段の縦幅(横書きの場合。縦書き

の場合は,横幅)よりも線の長さが短い場合に有効。次の属性値が

有効。省略可能。省略されたときはビューアによって,"center"が指

定された場合と同様の処理がなされる。

"top"

横書きならば左側,縦書きならば上側に寄せて表示

"center"

中央寄せで表示

"bottom"  横書きなら右側,縦書きなら下側に寄せて表示


145

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

length

段間のけい線の長さを指定する。em を単位とした数値又は段の縦幅

(横書きの場合。縦書きの場合は,横幅)に対する%値,のいずれ

かで指定する。省略されたときは,ビューアによって,"100%"が指

定された場合と同様の処理がなされる。

v_src

縦書き表示用の段間のけい線用画像の設定。1 パターン分の画像を

Filename 形 式 で 指 定 。 こ の 属 性 で の 指 定 は , "width" 属 性 及 び
"color_space,color,opacity"属性での設定より優先される。ビュー

ア側では繰り返し表示する。このとき,描画範囲の途中で 1 パター

ン分が途切れても可。ビューアは,指定されたファイルをそれぞれ

の表示モードのときに,そのまま(回転せずに)表示する。

なお,横書き・縦書き表示で切り替える必要がない場合,一方の

属性指定だけも可。

なお,けい線自体は横方向の線になることに注意。

この規格では,PNG 形式又は JPEG 形式の画像ファイルだけ指定

可能。type 属性が指定されたときは省略不可。src 属性及び type 属

性が共に省略されたときは,指定なしとする。この属性で指定され

たファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプを

確認する。

h_src

横書き表示用の段間のけい線用画像の設定。1 パターン分の画像を

Filename 形式で指定。この属性での指定は"width"及び"color_space,

color,opacity"属性での設定より優先される。ビューア側で繰り返し

表示する。このとき,描画範囲の途中で 1 パターン分が途切れても

可。ビューアは,指定されたファイルをそれぞれの表示モードのと

きに,そのまま(回転せずに)表示する。

なお,横書き・縦書き表示で切り替える必要がない場合,一方の

属性指定だけも可。

なお,けい線自体は縦方向の線になることに注意。

この規格では,PNG 形式又は JPEG 形式の画像ファイルだけ指定

可能。type 属性が指定されたときは省略不可。src 属性及び type 属

性が共に省略されたときは,指定なしとする。この属性で指定され

たファイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプを

確認する。

type

けい線画像のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格で

は,次の形式だけ有効。src 属性が指定されたときは省略不可。

PNG 形式 "image/png"

JPEG 形式 "image/jpeg"

[子要素] 
permission_info

 src 属性で指定されたけい線画像の許可情報。Permission 形式で指定。

省略可能。src 属性にけい線画像が指定されていない場合,この許可


146

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

情報の内容は無視される。

B.4.7.5 

画像オブジェクト実体 

テキストオブジェクト実体内の object 要素(B.4.7.2.3 参照)で指定される画像ファイルである。この規

格では PNG 形式,JPEG 形式,及び CCF 形式だけ有効とする。

B.4.7.6 

音声オブジェクト実体 

音声オブジェクト登録モジュール sound_object_entry 要素又は連続静止画アニメーション flip_animation

要素内で指定される音声ファイルである。この規格では,MP3 形式,AAC 形式,SMAF 形式,3GPP 形式

及び MP4 形式だけ有効とする。

B.4.7.7 

アニメーションオブジェクト実体 

次の形式だけ記述可能とする。

指定された時間間隔で静止画像を切り替えていくことで,アニメーションを実現する。次のように XML

形式で記述する。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS" ?> 
 
<flip_animation renewal_time="500ms"> 
 ... 
</flip_animation>

flip_animation 要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
renewal_time

各静止画像の切替え間隔。Time 形式で指定する。60 秒未満の値を指定可能。省

略されたときは"1s"。ただし,ビューアによっては処理が間に合わず,指定され

た間隔で切り替えられないことがある。

あいうえお      はひふへほ

かきくけこ      まみむめも

・・・・・      ・・・・・

・・・・・      ・・・・・

・・・・・      ・・・・・

・・・・・      ・・・・・

・・・・・      ・・・・・

横書きの場合

段の縦幅

段の横幅

段間のけい線

段間のけい線の太さ

(width)

段間のけい線の長さ

(length)

あいうえお

はひふ

へほ

かきくけこ

まみむ

めも

・・・・・

・・・

・・

・・・・・

・・・

・・

・・・・・

・・・

・・

・・・・・

・・・

・・

・・・・・

・・・

・・

縦書きの場合

段の横幅

段の縦幅


147

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

[子要素] 
flip_animation_sound

アニメーションと同時に再生する音声を指定する。音声をつけない場合は,この

要素を省略する。次の属性をもつ。

[属性]

type MIME で規定されているメディアタイプ形式を指定する。この規格

では"audio/mp3"だけ指定可能。省略不可。

src

出力する音声のファイル名を指定する。Filename 形式。省略不可。

この属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指定され

たファイルタイプを確認する。

flip_animation_source

各静止画像を登録する。静止画像ごとにこの要素を用いて記述する。この要素は

一つ以上存在する必要がある。複数の静止画像を記録する場合,src 属性で指定さ

れる各画像のサイズは同じでなければならない。次の属性をもつ。

type src 属性で指定する画像のファイルタイプを,MIME で規定されてい

るメディアタイプ形式で指定する。この規格では,次の形式だけ有

効。省略不可。

PNG 形式 "image/png" 
JPEG 形式 "image/jpeg" 
CCF 形式 "image/x-ccf"

src

ファイル名。Filename 形式で指定。省略不可。この規格では,PNG

形式,JPEG 形式又は CCF 形式の画像ファイルだけ指定可能。この

属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指定されたフ

ァイルタイプを確認する。

renewal_time

次の静止画像へ切り替える間隔を Time 形式で指定する。60 秒未満

の値を指定可能。省略可能。省略した場合は flip_animation 要素の

renewal_time 属性で指定した値が使用される。

なお,このアニメーションオブジェクト実体をループ再生するように指定(

例  object 要素の loop 属性

で属性値を“1”以上にした場合)された場合,ループ時の同期を次のようにとる。

・  音声ファイルが指定されている場合

音声及び静止画像の再生のうち再生時間の長い方の再生が終了次第,音声及び静止画像の再生を開

始するようにする。静止画像のループ再生は最初の画像から行われなければならない。

・  音声ファイルが指定されていない場合

flip_animation_source 要素で指定された全静止画像の再生が終了次第,静止画像の再生を開始するよ

うにする。


148

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<flip_animation renewal_time="500ms" > 

<flip_animation_source src="aaa1.jpg" type="image/jpeg"/>

<flip_animation_source src="aaa2.jpg" type="image/jpeg"/>

 ... 

<flip_animation_source src="aaan.jpg" type="image/jpeg" renewal_time="1s" />

</flip_animation>

B.4.7.8 

動画オブジェクト実体 

動画オブジェクト登録モジュール movie_object_entry 要素で指定される動画ファイルである(B.4.6.5 

参照)

。この規格では 3GPP2 形式,3GPP 形式又は MP4 形式だけ有効とする。

B.4.7.9 

検索画面オブジェクト実体 search_page 

検索画面オブジェクト実体 search_page は,次のように XML 形式で記述する。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?> 
 
<search_page> 
 <search_page_title

type="image/png" src="image1.png">

  Foobar

dictionary

 </search_page_title> 
 <key_input_region

table_id="ST0001" search_type="matches_first">

  ... 
 </key_input_region> 
 <key_input_region

table_id="ST0002" search_type="match_only">

  ... 
 </key_input_region> 
 <search_link_item char_id="CR0001"> ... </search_link_item> 
 <search_link_item char_id="CR0002"> ... </search_link_item> 
 ... 
</search_page>

また,

図 B.7 に検索画面オブジェクト実体をビューアで表示した場合の一例を示す。図 B.7 に示すよう

に検索画面は四つの領域から構成される。各領域の内容は次のとおり。

なお,これらの領域の構成はビューアの実装に依存し,ビューアによっては表示されない領域もある。

・  タイトル文字列

検索画面のタイトル文字列が表示される領域。

search_page_title 要素で設定する。

・  タイトル画像

検索画面のタイトル画像が表示される領域。

search_page_title 要素で設定する。

・  見出し語入力領域

検索したい見出し語をユーザに入力させるための領域。

“読み?”

“スペル?”などの入力する文字

列に関する説明などを表示する領域及び文字列を入力する領域から構成される。一つの行と一つの検

索テーブルとが対応付けられており,文字列を入力すると対応付けられた検索テーブルを探索し,そ

の結果を表示する。

key_input_region 要素で設定する。


149

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

・  リンク先一覧

リンク先の一覧を表示する領域。この領域に表示されたリンクを選択すると,別の検索画面,単語

説明(テキストオブジェクト実体内)などへジャンプする。

search_link_item 要素で設定する。

図 B.7−検索ページオブジェクトの描画例 

search_page 要素は,次の要素をもつ。

[要素] 
search_page_title

検索画面のタイトル及び画像を設定する。

タイトル及び画像を共に省略する場合,

要素を省略可能。次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
type src 属性で指定する画像ファイルのファイルタイプを MIME 形式で

指定する。この規格では,次の形式だけ有効。src 属性によってタイ

トル画像を指定する場合は省略できない。

PNG 形式 "image/png"

JPEG 形式 "image/jpeg"

src

タイトルに使用する画像ファイル名。Filename 形式で指定する。タ

イトル画像を指定しない場合,省略可能。この属性で指定されたフ

ァイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプを確認

する。

[子要素]

タイトルを拡張文字列及び external_char 要素の組合せで指定。

<search_page_title type="image/jpeg" src="image.jpg"> 
 Foobar

dictionary

</search_page_title>

key_input_region

見出し語入力領域に関する情報を設定する。一つの検索画面オブジェクト実体内

で,一つ又は二つだけ設定可能。ビューアは,この情報を基に見出し語入力領域

○○辞典 
 
  読み? 
 
スペル?

タイトル文字列

image1.png

複合語検索

山【やま】 
...

タイトル画像

見出し語入力領域

リンク先一覧


150

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

を表示し,ユーザからの入力に応じて検索処理を実行する。次の属性及び子要素

をもつ。

[属性] 
table_id

見出し語入力領域と対応付ける検索テーブルの ID を指定する。対

応付ける検索テーブルの ID は search_table_def 要素で設定される

B.4.4.2.6 参照)

。省略不可。

search_type

検索方法を指定する。次のいずれかで指定。省略可能。省略された

ときはビューアによって,"matches_only 又は siborikomi"が指定され

た場合と同様の処理がなされる。

"matches_only"(又は)"siborikomi"

絞り込み検索。見出し語入力領域に入力された文字列

と,先頭文字から比較して一致する部分をもつ見出し

語だけを検索結果として表示する。

なお,入力文字列と見出し語との比較を行うとき,

table_id 属性で指定された検索テーブルに設定されて

いる正規化規則(B.4.4.2.6 key_normalization 要素の説

明を参照)が両文字列に適用され,正規化後の文字列

で一致するかどうかが判定される。

検索結果例

"matches_first"(又は)"atama-dasi"

頭だし検索。

見出し語入力文字に入力された文字列と,

先頭文字から比較して一致する部分をもつ見出し語と,

その見出し語の次以降に登録されている見出し語とを

検索結果として表示する。検索方法は"matches_only"・

"siborikomi"と同じであるが,検索結果の表示が少し異

なる。

検索結果には正規化された検索語を含む単語と,

それに続く単語とが検索結果に表示される。

"dict"の場合の例

・ dictate

・ dictation

・ dictator

・ dictatorial

・ dictatorship

・ diction

・ dictionary

・ dictum


151

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

検索結果例

[子要素] 
key_input_region_prompt

見出し語入力領域に入力する文字列に関する説明などを記録する。

図 B.7 中にある"読み?","スペル?"などのように,ビューアでは

見出し語入力領域の近辺にこの文字列は表示される。次の子要素を

もつ。省略不可。

[子要素] 

拡張文字列及び external_char 要素の組合せ

enable_key_type

見出し語入力領域に入力可能な文字の種類を設定する。この要素で

指 定 可 能 な 属 性 及 び 子 要 素 に つ い て は 検 索 テ ー ブ ル デ ー タ

B.4.4.2.6)内の enable_key_type 要素と同じである。ただし,この

検索画面オブジェクト実体内で指定される enable_key_type 要素の

設定(これを前者とする。

)は,検索テーブルデータ内の設定(これ

を後者とする。

)のサブセットになる。すなわち,後者の設定で入力

可能に設定されている文字種を,前者の設定で入力禁止にすること

は可能であるが,逆に後者の設定で入力禁止に設定されている文字

種を前者の設定で入力可能にすることはできない。省略不可。

<key_input_region table_id="ST0001" search_type="matches_first"> 
 <key_input_region_prompt>Reading?</key_input_

region_prompt>

 <enable_key_type

number="no" alphabet="yes" kana="yes"/>

</key_input_region> 
 
<key_input_region table_id="ST0002" search_type="match_only"> 
 <key_input_region_prompt>Spelling?</key_inpu region_prompt> 
 <enable_key_type

number="no" alphabet="no" kana="yes"/>

</key_input_region>

search_link_item

リンク先一覧に関する情報を設定する。この要素からのリンク,例えば,別の検

"dict"の場合の例

・ dictate

・ dictation

・ dictator

・ dictatorial

・ dictatorship

・ diction

・ dictionary

・ dictum

・ didactic

・ didactical 

  :


152

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

索画面,テキストフロー内の特定の位置へのジャンプは,trigger_pointer(B.4.5.3

参照)及び action_page_jump(B.4.5.4.3 参照)を使い,このテキストオブジェク

ト実体を本文とするフローのイベントデータ(B.4.5.2 参照)として記録する必要

がある。次の属性及び子要素をもつ。省略可能。

[属性]

char_id

この要素に文字列 ID 番号を設定する。Char_ID 形式で指定。省略不

可。

[子要素]

search_link_title

リンク先一覧に表示するタイトル,すなわちリンクのように表示さ

れ,動作するテキストを指定する。リンク先のタイトルは外字拡張

文字付き文字列で表される。次の子要素をもつ。省略不可。

[子要素] 

拡張文字列及び external_char 要素の組合せ

<search_link_item char_id="CR0001"> 
 <search_link_title>Alternate search</search_link_title> 
</search_link_item> 
 
<search_link_item char_id="CR0002"> 
 <search_link_title>Index</search_link_title> 
</search_link_item>

B.4.7.10 

コミックオブジェクト実体 comic_data 

B.4.7.10.1 comic_data

要素 

コミック形式のオブジェクト実体。コミックオブジェクト実体の概略を

図 B.8 に示す。次のとおり,コ

ミックオブジェクト実体は複数のセル,及び複数のページから構成され,各セルには複数のシーンが設定

される。例えば,コミックオブジェクト実体の一例は,マンガコンテンツである。一般に紙の漫画は,複

数のページから構成され,更に各ページは複数のコマから構成されている。この紙の漫画をこの規格で記

述する場合,例えば,このコマがこの規格のセルに相当することになる。


153

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

図 B.8−コミックオブジェクト実体 

ビューアは,次の手順でコミックオブジェクトを表示する。

a)

一つ目のセルの一つ目のシーンを表示。

b)

ユーザからのスクロールのためのキー操作を待つ。

c)

一つ目のセルの二つ目のシーンへ移動。

d)

ユーザからのスクロールのためのキー操作を待つ。

 
 

シーン 

セル

コミックオブジェクト実体

一つのセルには複数の

シーンが設定される

複数のページから構成。

<comic_page_type_body>タグで記述

複数のセル(コマ)から構成。

<comic_cell_type_body>タグで記述

複数の見開きページから構成。

<comic_page_set_type_body>タグで記述

セル−見開きページの関連付けは,次の属性で行う。

詳細は各項目の説明を参照。 
 
・<cell>タグの char_id 属性及び page_jump_id 属性

・<page_set_item>タグの page_id 属性

・<cell_region_in_page>タグの cell_id 属性


154

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

e)

二つ目のセルの一つ目のシーンを表示。

上記のように,シーンごとに順番に再生していき,セル内の全てのシーンの再生が終われば,ユーザの

キー操作を合図に次のセルを同様に表示していく。また,セル−ページ間の表示切替えも可能であり,ペ

ージも記録順に表示していく。

一つのコミックオブジェクト実体に記録するセルデータ量(セル数)及びページデータ量(ページ数)

は,コンテンツ作成者に委ねる。例えば,コミック 1 話分のデータをコミックオブジェクト実体内に記録

してもよいし,コミック 1 冊分のデータをコミックオブジェクト実体内に記録してもよい。

コミックオブジェクト実体 comic_data は,次の要素を子要素にもつ。

[子要素] 
comic_body

このコミック形式のオブジェクト実体の本文データを格納するための領域。一つ

だけ存在。省略不可。詳細は,B.4.7.10.2 を参照。

B.4.7.10.2 

コミック本文データ comic_body 

コミックの本文データを格納するための領域。本文データには,実際に表示するコミックデータの内容

を記録する。この規格では,セル単位で表示するためのセル表示用コミック本文データ形式,及び見開き

ページ単位で表示するための見開きページ表示用コミック本文データ形式で記録できる。

[属性]

もたない。

[子要素]

comic_cell_type_body

セル及びシーン表示用コミック本文データを格納するための領域。

一つ存在する。

省略不可。詳細は,B.4.7.10.3 を参照。

comic_page_set_type_body

見開きページ表示用コミック本文データを格納するための領域。一つ存在する。

省略可能。詳細は,B.4.7.10.7 を参照。

B.4.7.10.3 

セル表示用コミック本文データ comic_cell_type_body 

セル表示用コミック本文データを格納するための領域。次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

bg_color,bg_color_space,bg_opacity 

このセル表示用コミック本文データ内の各セル・シーン画像を表示するときの画

像表示領域内の背景色を Color 形式で指定する。この設定値をユーザが変更する

ことはできない。ただし,セルごとに背景色を指定している場合[cell 要素

B.4.7.10.4 参照)の bg_color 属性,bg_color_space 属性及び bg_opacity 属性で指

定]

,各セルの設定が優先される。省略可能。comic_cell_type_body 要素及び cell

要素が共に背景色の指定をもたない場合は,flow_default_background 要素の背景

色の設定値が使用される。flow_default_background 要素も背景色の指定がない場

合は,ビューアによって適切な値が設定される。このときは,ユーザによる設定

の変更は可能とする。

scroll_free

このセル表示用コミック本文データ内の各セル画像を,ユーザが自由にスクロー


155

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

ルすることを許可するかどうかを指定する。スクロールを許可する場合は,

"permit"を指定する。省略した場合は,自由スクロールを許可しない。

"permit"

ユーザによる自由スクロールを許可する。

magnify

このセル表示用コミック本文データ内のセル画像を,ユーザが自由に拡大・縮小

することを許可するかどうかを指定する。拡大・縮小を許可する場合は,"permit"

を指定する。省略した場合は,ユーザによる拡大・縮小を許可しない。

"permit"

ユーザによる拡大・縮小を許可する。

[子要素]

comic_background_music

このセル表示用コミック本文データを表示するときに再生する BGM 音声を指定

する。要素が省略されたときは BGM なしとする。次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
type BGM 音声のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格で

は,次の形式だけ有効。省略不可。

MP3 形式 "audio./mp3" 
AAC 形式 "audio/3gpp2" 
SMAF 形式 "application/x-smaf"

3GPP 形式 "audio/3gpp" 
MP4 形式 "audio/mp4"

src BGM 音声のファイル名。Filename 形式で指定する。この規格では,

MP3 形式(拡張子 mp3),AAC 形式(拡張子 3g2),SMAF 形式(拡

張子 mmf)

,3GPP 形式(拡張子 3gp)

,及び MP4 形式(拡張子 mp4)

の画像ファイルだけ指定可能。省略不可。この属性で指定されたフ

ァイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプを確認

する。

loop src 属性で指定された BGM 音声を繰り返し再生するかどうかを指定

する。次の属性値のいずれかで指定する。省略されたときは"no"。

後述の sync 属性で"yes"を指定した場合は,この属性は"no"である必

要がある。

"yes"

ループ再生する。

"no"

ループ再生しない。

sync src 属性で指定された BGM 音声に同期して,セル表示を進めていく

かどうかを指定する。次の属性値のいずれかで指定する。省略され

たときは"no"。前述の loop 属性で"yes"を指定した場合は,この属性

は"no"である必要がある。

"yes" BGM に同期してセル表示を進める。 
"no" BGM とセル表示とは同期しない。 
"yes"が設定された場合,あるシーンから次のシーンへスクロール

する速さは cell_scene 要素の"bgm_sync"属性で設定する必要がある。

[子要素]


156

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

permission_info

 src 属性で指定された BGM 音声の許可情報。Permission 形式で指定。

省略可能。

cell

個々のセルデータの情報を格納するための領域。セル数分だけ,この要素は記録

される。この要素は必ず一つ以上存在しなければならない。このセルデータの登

録順にビューアで表示される。この要素の書式は,B.4.7.10.4 を参照。

B.4.7.10.4 

セルデータ cell 

一つのセルデータの情報を格納するための領域。次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
src

このセルの画像を指定する。Filename 形式。この規格では,PNG 形式及び JPEG

形式の画像ファイルだけ指定可能。省略不可。この属性で指定されたファイルを

開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプを確認する。セル画像は cell

要素のほかの属性,及び cell_scene 要素(B.4.7.10.4 及び B.4.7.10.5 を参照)の各

属性に基づき,ビューアによって表示される。

type src 属性で指定する画像のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格で

は,次の形式だけ有効とする。src 属性が省略されている場合だけ省略可能。可能

な属性値は次のものである。

PNG 形式 "image/png" 
JPEG 形式 "image/jpeg"

char_id

このセルに文字列 ID 番号を設定する。Char_ID 形式。ビューアのメニューからの

ジャンプのとき,又は,テキストオブジェクト実体からのリンクジャンプのジャ

ンプ先をみるときに使われ,更に,見開きページ表示データ内のページとこのセ

ルとの関連付けを行うときにも参照される。見開きページ表示用コミック本文デ

ータ(comic_page_set_type_body 要素)が存在する場合は,省略不可。

bg_color,bg_color_space,bg_opacity 

画像表示領域内の背景色を Color 形式で指定する。この設定値をユーザが変更す

ることはできない。この設定は comic_cell_type_body 要素の対応する属性の設定

より優先される(B.4.7.10.3 を参照)

。省略可能。comic_cell_type_body 要素及び cell

要素が共に背景色の指定をもたない場合,flow_default_background 要素の背景色

の設定値が使用される。flow_default_background 要素も背景色の指定がない場合

は,ビューアによって適切な値が設定される。このときは,ユーザによる設定の

変更は可能とする。

fit bvf 要素の display_size 属性で指定した推奨画面サイズ(シーンのサイズに相当)

より,ビューアがインストールされている端末の表示画面サイズの方が小さい場

合に(B.4.2 を参照)

,シーンの Fit 表示(アスペクト比は保存)を許可するかど

うかを設定する。属性値は次のとおり。省略されたときは"no"とする。

"yes"

Fit 表示を許可する。

"no"

Fit 表示を許可しない。

ビューアでの Fit 表示のとき,コマ画像全体が表示画面に収まるように縮小さ

れるのではなく,シーンを中心とする推奨画面サイズの長方形領域が表示画面に


157

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

収まる倍率で縮小される。

なお,この属性によって Fit 表示が許可された場合であっても,次の場合は Fit

表示がされない。

・  セル内のシーンに一つでもスクロール設定がある場合

(scroll_time 属性で 1

∼10 を指定する場合)

・  推奨画面サイズより,端末の表示画面サイズの方が大きい場合

・  ビューアが Fit 表示に対応していない場合

effect

一つ前のセル画像からこのセル画像を表示するときの表示効果を指定する。属性

値は次のとおり。省略されたときは表示効果なしとする。

"fade-in"  画像表示領域を背景色で表示後,セル画像を徐々に表示する。 
"dissolve"  前のセル画像の上に次のセル画像を徐々に表示する。これは新しい

セルを表示するときに背景色が設定されていない場合を除いて

fade-in の効果と類似している。

"slide-right"

画像表示領域を背景色で表示後,セル画像を左から右へスライド表

示する。

"slide-left"  画像表示領域を背景色で表示後,セル画像を右から左へスライド表

示する。

"slide-up"  画像表示領域を背景色で表示後,セル画像を下から上へスライド表

示する。

"slide-down"

画像表示領域を背景色で表示後,セル画像を上から下へスライド表

示する。

"overwrite-right"

前のセル画像の上に次のセル画像を左から右へ上書き表示する。

"overwrite-left"

前のセル画像の上に次のセル画像を右から左へ上書き表示する。

"overwrite-up"

前のセル画像の上に次のセル画像を下から上へ上書き表示する。

"overwrite-down"

前のセル画像の上に次のセル画像を上から下へ上書き表示する。

"box-center"

画像表示領域を背景色で表示後,真ん中から四方向へセル画像を四

角拡大表示する。

"box-rightdown"

画像表示領域を背景色で表示後,左上から右下へセル画像を四角拡

大表示する。

"box-leftdown"

画像表示領域を背景色で表示後,右上から左下へセル画像を四角拡

大表示する。


158

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

"box-rightup"

画像表示領域を背景色で表示後,左下から右上へセル画像を四角拡

大表示する。

"box-leftup"

画像表示領域を背景色で表示後,右下から左上へセル画像を四角拡

大表示する。

"box-free"  画像表示領域を背景色で表示後,セル画像の任意の位置からセル画

像を四角拡大表示する。四角拡大表示の開始位置は effect_pos 属性

で指定する。

"pushout-right"

前のセル画像を左から右へ押し出しながら次のセル画像を表示す

る。

"pushout-left"

前のセル画像を右から左へ押し出しながら次のセル画像を表示す

る。

"pushout-up"

前のセル画像を下から上へ押し出しながら次のセル画像を表示す

る。

"pushout-down"

前のセル画像を上から下へ押し出しながら次のセル画像を表示す

る。

"wipe-right"

前のセル画像を左から右へ次のセル画像に切り替えながら表示す

る。

"wipe-left"  前のセル画像を右から左へ次のセル画像に切り替えながら表示す

る。

"wipe-up"  前のセル画像を下から上へ次のセル画像に切り替えながら表示す

る。

"wipe-down"

前のセル画像を上から下へ次のセル画像に切り替えながら表示す

る。

"wipe-vertical-in"

前のセル画像を上下から中央へ次のセル画像に切り替えながら表示

する。

"wipe-vertical-out"

前のセル画像を中央から上下へ次のセル画像に切り替えながら表示

する。

"wipe-horizontal-in"

前のセル画像を左右から中央へ次のセル画像に切り替えながら表示

する。


159

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

"wipe-horizontal-out"

前のセル画像を中央から左右へ次のセル画像に切り替えながら表示

する。

"wipe-center-in"

前のセル画像を四隅から中央へ次のセル画像に切り替えながら表示

する。

"wipe-center-out"

前のセル画像を中央から四隅へ次のセル画像に切り替えながら表示

する。

"randomblock"

前のセル画像の上に次のセル画像をランダムにブロック単位で徐々

に表示する。

effect_time effect 属性で指定する表示効果の時間を 1(速い)∼10(遅い)の 10 段階の相対

時間で設定する。各段階の実際の時間はビューアがインストールされている各端

末によって異なる。端末ごとに適切な時間に変換されて処理される。省略された

ときは 5 とする。

effect_pos

表示効果として任意位置からの四角拡大表示を指定(effect 属性で"box-free"を指

定)する場合の開始位置を Xy 形式で指定する。effect 属性で"box-free"を指定され

たときは省略不可。ほかの値が指定されている場合は無視される。

なお,指定できる開始位置の範囲はシーン内とする。

scroll

セルのスクロール方法を指定する。属性値は次のとおり。省略されたときは"no"

とする。

"custom"  セル画像の任意座標位置(cell_scene 要素の position 属性で指定)に

シーンを設定し,設定したシーン間をスクロール表示する。

"up"

セル画像の下端から上端へスクロール表示する。

"down"

セル画像の上端から下端へスクロール表示する。

"left"

セル画像の右端から左端へスクロール表示する。

"right"

セル画像の左端から右端へスクロール表示する。

"no"

スクロール表示しない(セル画像の中心座標をシーンの中心に設定

して表示する。

scroll_time

スクロールする速さを 1∼10 で設定する。1 が最速,10 が最も遅い。ただし,実

際の速度は使用するビューア及び機器に依存する。省略された場合は 5 に設定さ

れる。ビューア上の表示で,スムーズなスクロール表示をせずに,初期位置から

最後の位置へジャンプさせる場合は 0 を設定する。scroll 属性が"custom"に設定さ

れている場合は,この属性は無視される。cell_scene 要素の scroll_time 属性を代わ

りに使用することが推奨されている。

vibration

セルを表示するときに,ビューアが機器を振動させるかどうかを設定する。可能

な属性値は"on"及び"off"である。省略された場合は"off"に設定される。振動及び

画像とは,同時に始まることが望ましい。scroll 属性が"custom"に指定されている

場合,この属性は無視される。cell_scene 要素の vibration 属性を代わりに使用す


160

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

ることが推奨されている。

display_vibration

シーンを表示するときに表示画面を振動させるかどうかを設定する。可能な属性

値は"on"及び"off"である。省略した場合は"off"に設定される。振動と重ね合わせ

る画像(重ね合わせ画像が定義されていないシーン)の表示とは,同時に開始す

る必要がある。次に示す backlight 属性の属性値が"on"で,バックライトの点滅が

設定されていた場合は,この設定は使用されない。cell_scene の display_vibration

属性の使用が推奨されている。

"on"

表示画像の振動を行う。

"off"

振動は行わない。

vibration_direction

表示画像の振動方向を設定する。可能な属性値は"vertical"及び"holizontal"である。

省 略 さ れ た 場 合 は "vertical" が 設 定 さ れ る 。 代 わ り に cell_scene 要 素 の

vibration_direction 属性を使用することが推奨されている。

"vertical"

縦方向

"holizontal"  水平方向

vibration_time

 vibration 属性の属性値が"on"の場合,この属性でどの程度振動が続くかを設定す

る。5 段階で設定でき,"1"が最短,"5"が最長である。実際の振動時間はビューア

を使用している機器に依存する。省略されたときには"3"が設定される。scroll 属

性が"custom"に設定されている場合,この属性は無視される。cell_scene 要素の

vibration_time 属性の使用が推奨されている。

backlight

シーンが表示されたときにバックライトを点滅させるかどうかを設定する。可能

な属性値は"on"及び"off"である。省略されたときは"off"に設定される。バックラ

イトの点滅と(重ね合わせ画像が定義されていないシーンの画像と)重ね合わせ

る画像の表示とは,

同時に始める必要がある。

display_vibration 属性の属性値が"on"

の場合は設定は使用されない。cell_scene 要素の backlight 属性の使用が推奨され

ている。

"on"

バックライトが点滅する。

"off"

バックライトは点滅しない。

backlight_time  バックライトが点滅する時間を 1∼5 の数字で設定する。省略された場合は"3"に

設定される。vibration 属性及び backlight 属性が共に有効な場合は,バックライト

の点滅及び機器の振動は同時に始まる必要がある。その際は(vibration_time 属性

で設定した)振動の継続時間は無視される。cell_scene 要素の backlight_time 属性

の使用が推奨されている。

backlight_cycle  点滅の周期を設定する。1 が最も短く,3 が最も長い。実際の点滅速度は使用して

いるビューア又は機器に影響される。省略されたときには 2 が設定される。

cell_scene 要素の backlight_cycle 属性の使用が推奨されている。

sound

画像が表示されたときに再生する音声ファイルをファイル名フォーマットで指定

する。音声ファイルは 1 回だけ再生される。この属性で指定されている音声ファ


161

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

イルを開く前に,sound_type 属性の内容をチェックする必要がある。省略した場

合は音声の再生は行われない。scroll 属性の属性値が"custom"に設定されている場

合は,この属性は無視される。cell_scene の sound_type 属性の使用が推奨されて

いる。

sound_type

音声ファイルの MIME タイプを設定する。sound 属性を設定している場合は省略

不可。可能な属性値は次のとおりである。scroll 属性の属性値が"custom"の場合は,

この属性は参照されない。

cell_scene の sound_type 属性の使用が推奨されている。

"audio/mp3"

"audio/3gpp2"

"application/x-smaf"

url_jump Web サイトの URL を現在のセルと結び付ける。URL は,"http://",又は"https://"

で始まるアドレスだけ有効とし,RFC3986 で規定されている書式に従って記録す

る。省略されたときにはセルは Web サイトと関連付けられない。scroll 属性に

"custom"属性値が設定されていると,この属性は参照されない。cell_scene 要素の

url_jump 属性の使用が推奨されている。

id

セルの ID 番号を設定する。comic_body 要素の中で cell 要素で指定されるセルデ

ータ及び page 要素で指定されるページデータに対して一意の ID を設定する必要

がある。ID はページベースの表示からセルベースの表示へのジャンプ先として使

用される。むしろ char_id の使用が望ましい。一方で,見開きのコミックコンテン

ツ(comic_page_set_type_body 要素)がある場合は省略できない。

page_jump_id  このセルと関連するページを,後述する page_set_item 要素の page_id 属性に記録

された ID によって指定する。Char_ID 形式で指定。見開きページ表示用コミック

本文データ(comic_page_set_type_body 要素)が存在する場合,省略不可。セル表

示からページ表示へ切り替えるときのジャンプ先などで利用される。

[子要素] 
cell_scene

個々のシーンデータの情報を格納するための領域。

この cell_scene 要素の個数は,

scroll 属性の値によって,次のように変化する。

a) scroll="custom"

の場合

必要なシーン数分だけ,この要素を記録しなければならない。

b) scroll="up"

,"down","left","right"の場合

必ず二つの cell_scene 要素を記録しなければならない。

c) scroll="no"

の場合

必ず一つの cell_scene 要素を記録しなければならない。


162

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

セル表示用コミック本文データ形式だけの場合

<comic_data> 

<!—- Content area -->

 <comic_body> 
  <comic_cell_type_body

bg_color=“white”>

   <!—-

The

first

cell

-->

 

<cell

src=“cell001.png”

type=“image/png” char_id=“CR0001”

bg_color=“blue” effect=“fade-in” scroll=“custom”> 
    <cell_scene

...

/>

    <cell_scen

...

/>

.

</ l

   <!—-

The

second

cell

-->

   <cell

src=“cell002.png”

type=“image/png” char_id=“CR0002”

scroll=“custom”> 
    <cell_scen

...

/>

   

<cell_scene

..

/>

.

</ l

   <!—-

The

third

cell

-->

  <cell

src=“cell003.png”

type=“image/png” fit=“yes” scroll=“no” >

<cell_scene  ...  />

</ l

  <cell

src=“cell004.png”

type=“image/png” scroll=“up” />

<cell_scene  ...  />

<cell_scene  ...  />

  </cell> 

<!—- The fourth cell -->

 </comic_cell_type_body> 
 </comic_body> 
</comic_data>


163

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

セル表示用コミック本文データ形式及び見開きページ表示用コミック本文データ形式が含まれる場合

<comic_data> 

<!—- Content area -->

 <comic_body> 
  <comic_cell_type_body

bg_color=“white”>

   <!—-

The

first

cell

-->

   <cell

src=“cell01.png”

type=“image/png” scroll=“custom”

char_id=“CR0001” page_jump_id=“CRpg01”> 
   

<cell_scene

..

/>

    <cell_scen

...

/>

.

</ l

   <!—-

The

second

cell

-->

   <cell

src=“cell02.png”

type=“image/png”002” scroll=“custom”

char_id=“CR0002” page_jump_id=“CRpg01”> 
    <cell_scen

...

/>

   

<cell_scene

..

/>

.

</ l

.

   </comic_cell_type_body> 
  <comic_page_set_type_body bg_color=“white” ... > 

 </comic_page_set_type_body> 
 </comic_body> 
</comic_data>

B.4.7.10.5 

セルシーンデータ cell_scene 

シーンデータの情報を格納するための領域。次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

position

このシーンで画像表示領域の中心に表示するセル画像の座標を Xy 形式で指定す

る。ビューアでは,この属性で指定されたセル画像の座標を画像表示領域の中心

にしてセル画像が表示される。省略可能。cell 要素の scroll 属性の値が"custom"以

外の場合,この position 属性の値は無視される。cell 要素の scroll 属性の値が

"custom"の場合で,この position 属性が省略されている場合は,セル画像の中心座

標が指定されたものと扱う。

scroll_time

このシーンから次のシーンへの移動時のスクロール時間を 1(速い)∼10(遅い)

の 10 段階の相対時間で指定する。

各段階の実際の時間はビューアがインストール

されている各端末によって異なる。端末ごとに適切な時間に変換されて処理され

る。省略されたときは 5 とする。

なお,0 を指定するとスクロール表示は行われない。また,このシーンがセル

内の最終シーン(cell 要素内に記録された複数の cell_scene 要素のうち,最後の

cell_scene 要素)の場合,この設定は無効とする。

draw_image_time

シーンを表示した後に,重ね合わせ画像を表示するまでの時間を 1(短い)∼3(長


164

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

い)の 3 段階の相対時間で設定する。各段階の実際の時間はビューアがインスト

ールされている各端末によって異なる。端末ごとに適切な時間に変換されて処理

される。省略されたときは,シーン表示と同時に重ね合わせ画像を表示する。子

要素に cell_draw_image が存在しない場合,この設定は無視される。

vibration

このシーンを表示するときに端末を振動させるかどうかを設定する。属性値は次

のとおり。省略されたときは"off"とする。

なお,ビューアでは,端末振動の実行は重ね合わせ画像の表示(重ね合わせ画

像がない場合は,シーンの表示)と同時に行われる。

"on"

振動あり。

"off"

振動なし。

display_vibration

このシーンを表示する際に画面振動させるかどうかを設定する。属性値は次のと

おり。省略されたときは"off"とする。

なお,ビューアでは,画面振動の実行は重ね合わせ画像の表示(重ね合わせ画

像がない場合は,シーンの表示)と同時に行われる。バックライトの点滅を設定

している場合(backlight 属性で"on"指定)

,画面振動を設定することはできない。

"on"

振動あり。

"off"

振動なし。

vibration_direction

画面振動の方向を設定する。属性値は次のとおり。省略されたときは"vertical"と

する。

"vertical"

縦方向

"horizontal"  横方向

vibration_time  端末の振動時間及び画面振動時間を 1(短い)∼5(長い)の 5 段階の相対時間で

設定する。各段階の実際の時間はビューアがインストールされている各端末によ

って異なる。端末ごとに適切な時間に変換されて処理される。省略されたときは

3 とする。

backlight

このシーンを表示するときにバックライトを点滅させるかどうかを設定する。属

性値は次のとおり。省略されたときは"off"とする。

なお,ビューアでは,バックライト点滅の実行は重ね合わせ画像の表示(重ね

合わせ画像がない場合は,シーンの表示)と同時に行われる。また,画面振動を

設定している場合(display_vibration 属性で"on"指定)

,バックライトの点滅を設

定することはできない。

"on"

バックライト点滅あり。

"off"

バックライト点滅なし。

backlight_time  バックライトの点滅回数を 1∼5 の 5 段階で設定する。省略されたときは 3 とする。

なお,ビューアでは,バックライト点滅及び端末振動が設定されている場合,

両機能の実行を同期させる。このとき,振動時間の設定値(vibration_time 属性で

指定)は無視される。

backlight_cycle  バックライトの点滅周期を 1(短い)∼3(長い)の 3 段階の相対時間で設定する。


165

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

各段階の実際の時間はビューアがインストールされている各端末によって異なる。

端末ごとに適切な時間に変換されて処理される。省略されたときは 2 とする。

sound

このシーンを表示するときの効果音を指定する。Filename 形式。この規格では,

MP3 形式(拡張子 mp3),AAC 形式(拡張子 3g2),SMAF 形式(拡張子 mmf),
3GPP 形式(拡張子 3gp)及び MP4 形式(拡張子 mp4)の音声ファイルだけ指定

可能。この属性で指定されたファイルを開く前には,sound_type 属性で指定され

たファイルタイプを確認する。再生は重ね合わせ画像の表示(重ね合わせ画像が

ない場合は,シーンの表示)と同時に行われ,1 回とする。sound_type 属性が指

定されたときは省略不可。sound 属性及び sound_type 属性が共に省略されたとき

は効果音なしとする。

sound_type sound 属性で指定する効果音のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規

格では,次の形式だけ有効とする。sound 属性が指定されたときは省略不可。

MP3 形式 "audio/mp3" 
AAC 形式 "audio/3gpp2"

SMAF 形式 "application/x-smaf" 
3GPP 形式 "audio/3gpp" 
MP4 形式 "audio/mp4"

url_jump

このシーンに関連する Web サイト(html 形式に限定)の URL アドレス,又はコ

ンテンツ内のほかの箇所を指定する。次の書式が有効。省略されたときは,関連

先がないと判断して処理する。

a) Web

サイトの URL アドレスを記録する場合

URL アドレスは,"http://",又は"https://"で始まるアドレスだけ有効とし,

RFC3986 で規定されている書式に従って記録する。

b)

コンテンツ内のほかの箇所を記録する場合

フローの先頭を指定するか,又はフローの途中を指定するかに応じて,

次の書式で記録する。

・  フローの先頭を指定する場合

リ ン ク 先 の フ ロ ー デ ー タ の ペ ー ジ ID 番 号 を 記 録 す る 。

"local://Page_ID 形式"で指定する(例  url_jump="local://PG0001")。

・  フローの途中を指定する場合

リンク先を"local://Page_ID 形式/Object_ID 形式/Char_ID 形式"で指定

する(

例  url_jump="local://PG0001/OB0001/CR0001")。Page_ID には,

リンク先のフローデータの ID 番号,Object_ID にはそのフローデータ

の本文データであるオブジェクトの ID 番号,Char_ID にはそのオブジ

ェクト内で定義されている文字列 ID を指定する。

bgm_sync BGM に合わせてシーンを移動させる場合,このシーンから次のシーンへ移動す

べき時間を,BGM 音声の再生開始時点からの経過時間で指定する。Time 形式で

指定。省略可能。ただし,この cell_scene 要素を含むセル表示用コミック本文デ

ータに BGM の設定をする comic_background_music 要素の sync 属性に"yes"が指定

されている場合には,このシーンがフロー内の最後のシーンである場合を除き,


166

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

この属性を省略できない。一方,この sync 属性に"yes"が指定されていない場合,

又は"yes"が指定されていてもフロー内の最後のシーンである場合は,bgm_sync

属性の設定値は無視される。

[子要素] 
cell_draw_image

セル画像上に重ねて表示する画像(重ね合わせ画像)の情報を格納するための領

域。複数指定可能。省略可能。ビューアでは,この要素が複数指定されている場

合,指定されている複数の画像を同時に表示する。このとき,画像の位置が重な

る場合,指定順に重ねて表示する。つまり,後の方に指定されている要素に対応

する画像ほど,上に重ねて表示する。シーン表示後の重ね合わせ画像の表示タイ

ミングは,cell_scene 要素の draw_image_time 属性で指定する。

シーンスクロール中,

表示効果実行中の重ね合わせ画像の表示仕様は次のとおり。

・  重ね合わせ画像が表示されたシーンから次のシーンへスクロールする場

合,前のシーンの重ね合わせ画像は表示されたままスクロールする。ただ

し,一つ前のシーンの重ね合わせ画像までとする。

・  表示効果実行中は,そのセルのシーンの重ね合わせ画像は表示されず,表

示効果実行後に,draw_image_time 属性で指定された表示タイミングで表示

される。

なお,前のセル画像を表示したまま表示効果を実行する場合(cell 要素の effect

属性で"overwrite-right","pushout-left"などを指定する場合)

,前のセルのシーンの

重ね合わせ画像は表示されたままで表示効果を実行する。

B.4.7.10.6 

重ね合わせ画像データ cell_draw_image 

セル画像上に重ねて表示する画像の情報を格納する領域。次の属性をもつ。

[属性] 
src

セル画像上に表示する重ね合わせ画像を指定する。例えば,吹き出し部分を拡大

した画像を指定する。Filename 形式。この規格では,PNG 形式及び JPEG 形式の

画像ファイルだけ指定可能。省略不可。この属性で指定されたファイルを開く前

には,type 属性で指定されたファイルタイプを確認する。

type src 属性で指定する画像のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格で

は,次の形式だけ有効とする。省略不可。

PNG 形式 "image/png" 
JPEG 形式 "image/jpeg"

position src 属性で指定する重ね合わせ画像のセル画像上での表示位置を Xy 形式で指定す

る。ビューアでは,この属性で指定されたセル画像の座標に,重ね合わせ画像の

左上頂点位置が一致するように表示される。省略不可。


167

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

例 BGM 設定がない場合

<cell src=“cell001.png” type=“image/png” char_id=“CR0001” bg_color=“blue”> 

<!—- The first scene -->

<cell_scene position=“(30,50)” scroll_time=“1” sound=“sound001.mp3” sound_type=“audio/mp3”

  backlight=“on”

backlight_time=“5” backlight_cycle=“1”/>

<!—- The second scene -->

 <cell_scene position=“(100,200)” vibration=“on” vibration_time=“4” 
url_jump=“http://www.sharp.co.jp/” 
 

draw_image_time=“1”>

  <cell_draw_image

src=“ballon001.png” type=“image/png” position=“(100,200)”/>

    ・・・

  </cell_scene> 

            ・・・

</cell>

 BGM 設定がある場合

<cell src=“cell001.png” type=“image/png” char_id=“CR0001” bg_color=“blue”> 

<!—- The first scene -->

    <cell_scene position=“(30,50)” scroll_time=“1” backlight=“on” backlight_time=“5” backlight_cycle=“1” 

    bgm_sync=“5s” />

<!—- The second scene -->

  <cell_scene

position=“(100,200)”

vibration=“on” vibration_time=“4”

url_jump=“http://www.sharp.co.jp/” 
 

draw_image_time=“1”

bgm_sync=“10s”

>

  <cell_draw_image

src=“ballon001.png” type=“image/png” position=“(100,200)”/>

・・・

  </cell_scene> 

            ・・・

</cell>

B.4.7.10.7 

見開き表示用本文データ comic_page_set_type_body 

見開きページ表示用コミック本文データを格納するための領域。次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

bg_color,bg_color_space,bg_opacity 

この見開きページ表示用コミック本文データ内の各見開きページ画像を表示する

ときの画像表示領域の背景色のデフォルト値を Color 形式で指定する。この設定

値をユーザが変更することはできない。ただし,見開きページごとに画像表示領

域の背景色を指定している場合[page_set 要素(B.4.7.10.8 参照)の bg_color 属性,

bg_color_space 属性及び bg_opacity 属性で指定],各見開きページの設定が優先さ

れる。省略可能。comic_page_set_type_body 要素及び page_set 要素が共に背景色の

指定をもたない場合は,flow_default_background 要素の背景色の設定値が使用さ

れる。flow_default_background 要素(flow_default_attribute 要素の子要素。B.4.4.2.3

参照)も背景色の指定がない場合は,ビューアによって適切な値が設定される。

このときは,ユーザによる設定の変更は可能とする。

binding

この見開きページ表示用コミック本文データ内のページ画像のと(綴)じ方を指

定する。この属性値によって,後述の page_set_item 要素で指定されたページ画像


168

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

の左右の並びが決まる(page_set_item 要素で定義されている。B.4.7.10.9 参照)

属性値は次のとおり。省略されたときは"right"。

"right"

右と(綴)じ。page_set 要素内に記録された page_set_item 要素の順

に,右側→左側と表示する。

"left"

左と(綴)じ。page_set 要素内に記録された page_set_item 要素の順

に,左側→右側と表示する。

page_size

この見開きページ表示用コミック本文データ内の各見開きページ画像を表示する

ときの左右のページ表示領域のデフォルトサイズを指定する。Xy 形式で指定する。

ただし,見開きページごとにサイズを指定している場合[page_set 要素(B.4.7.10.8

参照)の page_size 属性]

,各見開きページの設定が優先される。省略不可。

central_margin  この見開きページ表示用コミック本文データ内の各見開きページ画像を表示する

ときの左右のページ表示領域の間の幅(のど幅)のデフォルトサイズを画素数で

指定する。ただし,見開きページごとにサイズを指定している場合[page_set 要

素(B.4.7.10.8 参照)の page_size 属性]

,各見開きページの設定が優先される。省

略されたときは 0。

[子要素] 
page_set

個々の見開きページデータの情報を格納するための領域。

見開きページ数分だけ,

この要素を記録する。必ず一つ以上存在しなければならない。この見開きページ

データの登録順に見開きページのページ画像がビューアで表示される。

page_size 属性と central_margin 属性との関係は次のとおり。

左右のページ表示領域及びのど部を含む領域(次の点線長方形部)の画像表示領域における表示位置は

ビューア依存とする。

B.4.7.10.8 

見開きページデータ page_set 

見開きページデータを格納する領域。この要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

type

この見開きページのページ画像の種類を指定する。属性値は次のとおり。省略可

能。

省略されたときはページが左右の 2 枚の画像に分かれていることを意味する。

type="spread"と記録されている場合は,page_set の子要素に記録する page_set_item

central_margin 属性で指定

pagesize 属性で指定

横幅

縦幅

ページ表示領域

(左)

横幅

縦幅

ページ表示領域

(右)

のど幅

bg_color 属性, 
bg_color_space 属性, 
及び bg_opacity 属性で指定

画像表示領域


169

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

要素は一つ,type 属性が記録されていない場合は二つとする(一つは右側,もう

一つは左側のページになる。B.4.7.10.9 を参照)

"spread"

左右のページを 1 枚に連結したページである。

page_size

この見開きページのページ画像(page_set_item 要素で指定。B.4.7.10.9 を参照)を

表示するときのページ表示領域のサイズを Xy 形式で指定する。この見開きペー

ジ画像に対して,デフォルトと異なるページ表示領域のサイズを適用したい場合

に指定する。この page_set 要素において type="spread"と記録されている場合,

page_size 属性は省略不可。それ以外の場合は省略可能であり,省略されたときは,

comic_page_set_type_body 要素の page_size 属性の値が使用される。

central_margin  この見開きページのページ画像(page_set_item 要素で指定。B.4.7.10.9 を参照)を

表示するときののど幅を画素数で指定する。この見開きページに対して,デフォ

ルトと異なるのど幅を適用したい場合に指定する。

省略可能。

省略されたときは,

comic_page_set_type_body 要素の central_margin 属性の値を使用。この page_set 要

素において type="spread"と記録されている場合,こののど幅の値は無視される。

bg_color,bg_color_space,bg_opacity 

この見開きページのページ画像(page_set_item 要素で指定。B.4.7.10.9 を参照)を

表示するときの画像表示領域内の背景色を Color 形式で指定する。この設定値を

ユーザが変更することはできない。この見開きページに対して,デフォルトと異

なる色を適用したい場合に指定する。省略可能。省略されたときは,見開きペー

ジ表示用コミック本文データの設定値(comic_page_set_type_body 要素の bg_color

属 性 , bg_color_space 属 性 及 び bg_opacity 属 性 で 指 定 ) が 使 用 さ れ る 。

comic_page_set_type_body 要素及び page_set 要素が共に背景色の指定がない場合

は , flow_default_background 要 素 の 背 景 色 の 設 定 値 が 使 用 さ れ る 。

flow_default_background 要素も背景色の指定がない場合は,ビューアによって適

切な値が設定される。このときは,ユーザによる設定の変更は可能とする。

[子要素]

page_set_item  見開きページを構成する個々のページデータの情報を格納するための領域。

page_set 要素において,type="spread"と記録されている場合,page_set_item 要素は

一 つ だ け と な り , type 属 性 が 省 略 さ れ て い る 場 合 は , 必 ず 二 つ と な る 。

comic_page_set_type_body 要素において,binding="right"と記録されている場合,

一つ目の page_set_item 要素が右側ページ,二つ目の page_set_item 要素が左側ペ

ー ジ に な る の に 対 し , binding="left" と 記 録 さ れ て い る 場 合 は , 一 つ 目 の

page_set_item 要素が左側ページ,二つ目の page_set_item 要素が右側ページになる。

B.4.7.10.9 

ページデータ page_set_item 

見開きページを構成する個々のページデータを格納する領域。

この要素は,

次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
src

表示するページ画像のファイル名を指定する。Filename 形式で指定する。この規

格では,PNG 形式及び JPEG 形式の画像ファイルだけ指定可能。省略されたとき

は空ページとする。この属性で指定されたファイルを開く前には,type 属性で指

定されたファイルタイプを確認する。


170

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

type src 属性で指定する画像のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格で

は,次の形式だけ有効とする。src 属性が指定されたときは省略不可。

PNG 形式 "image/png" 
JPEG 形式 "image/jpeg"

position

表示領域(comic_page_set_type_body 要素の page_size 属性及び page_set 要素の

page_size 属性で指定される領域)におけるページ画像の表示位置を指定する。src

属性で指定されたページ画像の左上頂点を置く表示領域の座標を Xy 形式で指定

する。省略可能。省略されたときは表示領域の左上を意味する x=0,y=0 とする。

page_id

このページに設定するページ ID を指定する。

Char_ID 形式で指定する。省略可能。

省略されたときは ID の設定なし。

[子要素]

cell_region_in_page

このページに含まれるセルの情報を,セルごとにこの要素を使って記録する。次

の属性及び子要素をもつ。page_set_item の src 属性及び type 属性が記述されてい

る場合は,省略不可。

[属性] 
cell_id

この領域に関連するセルの ID を Char_ID 形式で記録する。省略不

可。cell 要素の char_id 属性で指定されている ID を記録する。

position 属性とページ表示領域(comic_page_set_type_body 要素の page_size 属性又は page_set 要素の

page_size 属性で指定)との関係は次のとおり。

なお,ページ表示領域自体の画像表示領域における表示位置はビューア依存とする。

position 属性で指定

ページ画像

ページ画像

ページ表示領域

(左)

ページ表示領域

(右)

ページ画像

ページ画像


171

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<comic_page_set_type_body binding=“right” page_size=“(600,800)” central_margin=“20” 
bg_color=“white”> 
<page_set> 
    <page_set_item/> 
    <page_set_item src=“page01.png” page_id=“CRpg01” bgm_sync=“5s” > 
      <cell_region_in_page cell_id=“CR0001”/> 
      <cell_region_in_page cell_id=“CR0002”/> 
              … 
    <page_set_item/> 
  </page_set> 
  <page_set> 
    <page_set_item src=“page02.png” position=“(10,10)” page_id=“CRpg02” > 
      <cell_region_in_page cell_id=“CR0010”> 
      <cell_region_in_page /> 
              … 
    <page_set_item src=“page03.png” page_id=“CRpg03” > 
      <cell_region_in_page cell_id=“CR0020”/> 
              … 
    <page_set_item/> 
  </page_set> 
  <page_set type=“spread” page_size=“(1000,800)”> 
    <page_set_item src=“page04.png” page_id=“CRpg04” > 

      <cell_region_in_page cell_id=“CR0030”/>

              … 
    <page_set_item/> 
  </page_set> 
  <page_set> 
        … 
</page_set> 
    … 
</comic_page_set_type_body>

B.4.7.11 

辞書データオブジェクト実体 dict_data 要素 

B.4.7.11.1 dict_data

要素 

辞書データオブジェクト実体 dict_data 要素は,次の子要素をもつ。

[子要素]

dict_default_attribute

辞書データデフォルト属性領域(B.4.7.11.2 参照)

。省略不可。

dict_body

辞書データ本文領域(B.4.7.11.3 参照)

。省略不可。

B.4.7.11.2 

辞書データデフォルト属性領域 dict_default_attribute 要素 

この辞書データオブジェクト実体を表示するときの表示パラメータを記録する領域。指定された値及び

方法は推奨値であり(次の説明で明記したものは除く。

,ビューアで実装できない場合,又はユーザの指

示した値を使用したい場合には,この要素で指定された値に従った表示をしなくてもよい。

なお,フロー型コンテンツの場合,一部のパラメータは各フローの全本文データに対する推奨値を指定

することができる。設定値の優先順位は,この dict_default_attribute 要素の方が高いため,本文データに指

定されたオブジェクトが辞書データオブジェクトの場合は,全本文データに対する推奨値と異なる値だけ


172

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

をこの dict_default_attribute 要素を使用して記録すればよい。この dict_default_attribute 要素内で指定しなか

った(次の記載では"指定なし"と記述)項目は,全本文データに対する指定をもとに表示されることにな

る。

辞書データデフォルト属性領域 dict_default_attribute 要素は,次の属性及び子要素をもつ。

[属性]

baseline

この辞書データオブジェクト実体を表示するときのベースラインの方向を,次の

属性値のいずれかで指定する。省略されたときは指定なしとする。

"right"

横書き(左から右)を推奨する。ユーザの好みなどに応じて,ほか

の方向で表示してもよい。

"right_only"

横書き(左から右)だけ有効。この値は推奨値ではなく,ユーザの

好みに応じて変更することができない。ただし,横書き(左から右)

を実装できないビューアはこの限りではない。

"down"

縦書きを推奨する。ユーザの好みなどに応じて,ほかの方向で表示

してもよい。

"down_only"

縦書きだけ有効。この値は推奨値ではなく,ユーザの好みに応じて

変更することができない。ただし,縦書きを実装できないビューア

はこの限りではない。

valign

この辞書データオブジェクト実体の,行進行方向(

例  縦書きの場合は,水平方

向)に対する配置方法を指定する。次の属性値を指定可能。省略されたときは,

通常どおり,表示領域の先頭から表示される。

"middle" dict_body 要素内の表示内容を,表示領域の中央に寄せて表示する。

表示内容が表示領域内に収まらない場合,この属性の値は無視され

る。

[子要素]

dict_default_font

このオブジェクト実体を表示するときのデフォルトのフォント名及び文字色を設

定する。この要素で指定された値は推奨値として扱う。要素省略されたときは

flow_default_attribute 要素での設定値が使用される。

この要素は,次のような属性をもつ。

[属性]

fontname  デフォルトフォント名。複数のフォント名を指定することも可能。

この場合,fontname="○○ゴシック,△△ゴシック,.

."のように,

","(Unicode で 0x2C)を用いて連結する。ビューアは,先頭から順

に 表 示 で き る も の を 使 用 し て 表 示 す る 。 省 略 さ れ た と き は

flow_default_attribute 要素での設定値を使用する。

color_space,color,opacity

デフォルトの文字色を Color 形式で指定する。color 属性が省略され

たときは指定なしとする。


173

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

ruby_flag  本文データをルビ表示設定で表示するかどうかを指定する。属性値

は次のとおり。省略されたときは指定なし。"yes"又は"yes_only"が

指定された場合,辞書データオブジェクト実体内の ruby 要素に挟ま

れた文字列はルビ表示される。

"yes"

ルビ表示設定を推奨する。

ユーザの好みなどに応じて,

ルビ非表示設定にしてもよい。

"yes_only"  ルビ表示設定だけ有効とする。この値は推奨値ではな

く,ユーザの好みに応じて変更することができない。

ただし,ルビ表示設定にできないビューアはこの限り

ではない。

"no"

ルビ非表示設定を推奨する。ユーザの好みなどに応じ

て,ルビ表示設定にしてもよい。

"no_only"  ルビ非表示設定だけ有効とする。この値は推奨値では

なく,

ユーザの好みに応じて変更することができない。

ただし,ルビ非表示設定にできないビューアはこの限

りではない。

dict_default_background

このオブジェクト実体を表示するときの表示画面の背景に関する指定(背景色及

び背景画像)を行う背景色及び背景画像が共に指定されている場合,背景色で表

示画面が塗りつぶされた上に背景画像が画面の中央に表示され,その上にオブジ

ェクト実体の本文である dict_body 要素の内容が表示される。

要素が省略されたと

きは指定なしとし,扱いは次の属性の省略されたときの扱いと同様とする。

次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
color_space,color,opacity 

表示画面の背景色を Color 形式で指定する。color 属性が省略された

ときは,指定なしとする。

type

背景画像のファイルタイプを MIME 形式で指定する。

この規格では,

次の形式だけ有効。src 属性が指定されたときは省略不可。

PNG 形式 "image/png" 
JPEG 形式 "image/jpeg" 
CCF 形式 "image/x-ccf"

src

背景画像のファイル名。Filename 形式で指定するこの規格では,PNG

形式,JPEG 形式及び CCF 形式の画像ファイルだけ指定可能。type

属性が指定されたときは省略不可。src 属性及び type 属性が共に省

略されたときは,指定なしとする。この属性で指定されたファイル

を開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプを確認する。

[子要素]

permission_info

 src 属性で指定された背景画像の許可情報。Permission 形式で指定。


174

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

省略可能。src 属性に背景画像が指定されていない場合,この許可情

報の内容は無視される。

dict_default_background_music

このオブジェクト実体を表示するときに再生する BGM 音声を指定する。要素省

略されたときは BGM なしとする。

次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
type BGM 音声のファイルタイプを MIME 形式で指定する。この規格で

は,次の形式だけ有効。省略不可。

MP3 形式 "audio/mp3" 
AAC 形式 "audio/3gpp2"

SMAF 形式 "application/x-smaf" 
3GPP 形式 "audio/3gpp" 
MP4 形式 "audio/mp4"

src BGM 音声のファイル名。Filename 形式で指定する。この規格では,

MP3 形式(拡張子 mp3),AAC 形式(拡張子 3g2),SMAF 形式(拡

張子 mmf)

,3GPP 形式(拡張子 3gp)及び MP4 形式(拡張子 mp4)

の音声ファイルだけ指定可能。省略不可。この属性で指定されたフ

ァイルを開く前には,type 属性で指定されたファイルタイプを確認

する。

loop

属性で指定された BGM 音声を繰り返し再生するかどうかを指定す

る。次の属性値のいずれかで指定する。省略されたときは"no"。

"yes"

ループ再生する。

"no"

ループ再生しない。

[子要素] 
permission_info 要素

 src 属性で指定された BGM 音声の許可情報。Permission 形式で指定。

省略可能。

line_breaking_method(又は)kinsoku

このオブジェクト実体を表示するときの推奨する禁則処理方法を指定する。省略

可能。要素省略されたときは指定なしとし,扱いは次の属性の省略されたときの

扱いと同様とする。次の属性及び子要素をもつ。

[属性] 
method

禁則処理の方法を指定する。次の属性のいずれかで指定する。省略

されたときは指定なし。

"none"

禁則処理なし

"run down"  追い出し処理優先(行の先頭及び末尾にくるべきでな

い文字を前・次の行の先頭,又は末尾に移動させる。

hanging_punctuation

ぶら下げ処理対象文字が行末にきたとき,ぶら下げ処理をするか否


175

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

かを指定する。次の属性のいずれかで指定する。省略されたときは

指定なし。

"yes"

ぶら下げ処理する。

"no"

ぶら下げ処理しない。

[子要素]

top_prohibit_char

行の先頭にきてはならない文字を列挙する。"、

。.,"の形式で,拡張

文字列で指定される。要素が省略されたときは,指定なしとする。

end_prohibit_char

行末にきてはならない文字を列挙する。"、

。.,"の形式で,拡張文字

列で指定される。要素が省略されたときは,指定なしとする。

hanging_char

ぶら下げ対象文字を列挙する。"、

。.,"の形式で,拡張文字列で指定

される。要素が省略されたときは,指定なしとする。

B.4.7.11.3 

辞書データ本文領域 dict_body 

辞書データの本文を格納する領域。次の子要素をもつ。

[子要素]

word

個々の単語の情報を格納するための領域。

単語数分だけ,

この要素は記録される。

この要素は必ず一つ以上存在しなければならない。

B.4.7.11.4 

単語データ word 

一つの単語に関する辞書情報(見出し語,単語の説明など)を格納するための領域。次の属性及び子要

素をもつ。

[属性]

page_break

この word 要素の末尾で改ページするか否かを指定する。次の属性値が有効。省

略されたときは"no"。

"yes"

改ページする。

"no"

改ページしない。

turning_page_control

上記 page_break 属性で"yes"を指定する場合,通常のスクロール操作時に,この単

語の末尾の改ページ位置から前後のデータへの移動を禁止するかどうかを制御す

る。次のいずれかの値を指定可能

"on"

前後のデータのいずれにも移動できない。

"off"

前後のデータのいずれにも移動できる。

"forword"  前のデータには移動できるが,後のデータに移動できない。 
"back"

前のデータには移動できないが,後のデータには移動できる。

省略されたときは,このオブジェクト実体を本文とするフローデータの設定

(flow_data 要素の turning_page_control 属性)に従う。

head_button_control

上記 page_break 属性で"yes"を指定する場合,ビューアに用意された見出し前後ボ

タンを押したときに,この単語の末尾の改ページ位置から前後のデータへの移動


176

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

を禁止するかどうかを制御する。次のいずれかの値を指定可能

"on"

前後のデータのいずれにも移動できない。

"off"

前後のデータのいずれにも移動できる。

"forword"  前のデータには移動できるが,後のデータに移動できない。 
"back"

前のデータには移動できないが,後のデータには移動できる。

省略されたときは,このオブジェクト実体を本文とするフローデータの設定

(flow_data 要素の head_button_control 属性)に従う。

revision

この単語データ word 要素を追加するときのコンテンツの改訂バージョンを指定

する。例えば,改訂 1 回目であれば 1,2 回目であれば 2 を指定する。省略可能。

省略されたときは改訂バージョンの指定なし,つまり,このコンテンツのデータ

が初版となる。

delete

この単語データ word 要素の内容を削除するかどうかを指定する。次の属性値が

有効。省略されたときは"no"。この属性の値は,コンテンツを改訂するときに使

用される。

なお,ある改訂バージョンで,この属性を"yes"指定して削除した単語を,次以

降の改訂バージョンにて,再び追加する場合は,delete 属性を"yes"指定した word

要素に revison 属性を指定するのではなく,新規に word 要素を追加し,その要素

で revision 属性を指定する必要がある。

"yes"

削除する。

"no"

削除しない。

[子要素]

単語データ word 要素内には,テキスト本文領域 text_body 要素内に記述できる要素のうち,次

の要素を記述できる。各要素の内容については,B.4.7.2.3 を参照。

p,br/,hr/,font,ruby,external_char,mask,char_id,key_entry,object,scrolling_text(又

は telop)

,holizontal(又は yoko)

なお,検索用の見出し語情報を設定するための key_entry 要素,及び子要素の key_item 要素に

ついて,次の注意事項がある。

・ key_entry 要素は,単語データ word 要素内の先頭に必ず一つ存在しなければならない。

・ key_entry 要素内には,key_item 要素が必ず一つ以上存在しなければならない。

なお,key_item 要素を複数指定した場合,ビューアの辞書用しおり機能又は単語帳機能

に使用されるのは,先頭に記録した key_item 要素の情報となる。

・ key_item 要素の子要素には,external_char 要素を記述できない。


177

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

<dict_data> 
  <dict_default_attribute> 
            : 
  </dict_default_attribute> 
 <dict_body> 
   <word page_break=“yes” turning_page_control=“off” head_button_control=“off”> 
          <key_entry> 
       <key_item table_id=“ST0001” search_word=“Mountain”>Mountain [mountain] </key_item> 
       <key_item table_id=“ST0001” search_word=“Mountain”>Mountain [mountain] </key_item> 
          </key_entry> 
     <!-- What follows is what will be displayed as the result of the search --> 
          <font color=“red” size=“150%” bold=“yes”> Mountain [mountain] </font><br/> 
    Higher than the flatlands...<br/> 
                  : 
     [1]... 
     [2]... 
   </word> 
   <word ...  revision=“2”>  ...  </word> 
   <word ... revision=“1” delete=“yes”>  ...  </word> 
              : 
  </dict_body> 
</dict_data>

B.5 

使用できる色名について 

Color 形式の color 属性で使用できる色名及びその RGB 値を表 B.6 に示す。

表 B.6−色名 

色名

White

Black

Red

Green

Blue

RGB 値

#FFFFFF

#000000

#FF0000

#008000

#0000FF

色名 Yellow

Purple

Aqua

Maroon

Navy

RGB 値 #FFFF00

#800080

#00FFFF

#800000

#000080

色名

Olive

Teal

Gray

Silver

SlateBlue

RGB 値

#808000

#008080

#808080

#C0C0C0

#6A5ACD

色名 MediumBlue  RoyalBlue

DodgerBlue  SkyBlue

SteelBlue

RGB 値 #0000CD

#4169E1

#1E90FF

#87CEEB

#4682B4

色名

LightBlue

PaleTurquoise

Turquoise

Cyan

LightCyan

RGB 値

#ADD8E6

#AFEEEE

#40E0D0

#00FFFF

#E0FFFF

色名 Aquamarine

DarkGreen

SeaGreen

LightGreen

Chartreuse

RGB 値 #7FFFD4

#006400

#2E8B57

#90EE90

#7FFF00

色名

GreenYellow

LimeGreen

YellowGreen

OliveDrab

DarkKhaki

RGB 値

#ADFF2F

#32CD32

#9ACD32

#6B8E23

#BDB76B

色名 PaleGoldenrod LightYellow

Gold

Goldenrod

DarkGoldenrod

RGB 値 #EEE8AA

#FFFFE0

#FFD700

#DAA520

#B8860B

色名

RosyBrown

IndianRed

SaddleBrown

Sienna

Peru

RGB 値

#BC8F8F

#CD5C5C

#8B4513

#A0522D

#CD853F

色名 Burlywood

Beige

Wheat

SandyBrown  Tan

RGB 値 #DEB887

#F5F5DC

#F5DEB3

#F4A460

#D2B48C


178

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

表 B.6−色名(続き) 

色名

Chocolate

Firebrick

Brown

Salmon

Orange

RGB 値

#D2691E

#B22222

#A52A2A

#FA8072

#FFA500

色名 Coral

Tomato

HotPink

Pink

DeepPink

RGB 値 #FF7F50

#FF6347

#FF69B4

#FFC0CB

#FF1493

色名

PaleVioletRed

Magenta

Violet

Plum

Orchid

RGB 値

#DB7093

#FF00FF

EE82EE

#DDA0DD

#DA70D6

色名 DarkViolet

BlueViolet

MediumPurple Thistle

Lavender

RGB 値 #9400D3

#8A2BE2

#9370DB

#D8BFD8

#E6E6FA

色名

MistyRose

Ivory

LemonChiffon

Moccasin

RGB 値

#FFE4E1

#FFFFF0

#FFFACD

#FFE4B5

B.6 

地域化 

B.6.1 

可能な追加 

特定の言語に対する,地域化のために可能な追加の例を示す。この地域化の部分は特定の言語にこの規

格を適用するときの,言語固有の部分を標準化する際の課題である。

B.6.2 

標準文字 

地域化のための,異なる言語の文字セットの例を

表 B.7 に示す。

表 B.7−異なる言語における標準文字セットの例 

ターゲット

とする言語

名称

内容

日本語

"JIS X 0201,JIS X 0208:1997"

Shift_JIS の範囲の文字

英語 "ISO

646-IRV"

7 ビットアスキーの文字

フランス語 "ISO

8859-15"

ISO 8859-15

(Latin-9)の範囲の文字

B.6.3 

電子書籍に使用可能な文字 

電子書籍に使用可能な,言語固有の文字を

表 B.8 に示す。

表 B.8−各言語で使用可能な追加文字の例 

ターゲット

とする言語

名称

内容

日本語

全角片仮名

ァアィイゥウェエォオカガキギクグケゲコゴサザシジスズセゼソゾタダチヂ

ッツヅテデトドナニヌネノハバパヒビピフブプヘベペホボポマミムメモャヤ

ュユョヨラリルレロヮワヰヱヲンヴヵヶ(0x30A1 to 0x30F6)

日本語

長音

ー(0x30FC)

フランス語

フ ラ ン ス 語 用 拡 張

アルファベット

À(0x00C0)

Â(0x00C2)

Æ(0x00C6)

Ç(0x00C7)

È(0x00C8)

É(0x00C9)

Ê(0x00CA)

Ë(0x00CB)

Î(0x00CE)

Ï(0x00CF)

Ô(0x00D4)

Ö(0x00D6)

Ù(0x00D9)

Û(0x00DB)

Ü(0x00DC)

Ÿ(0x00DF)

à(0x00E0)

â(0x00E2)

æ(0x00E6)

ç(0x00E7)

è(0x00E8)

é(0x00E9)

ê(0x00EA)

ë(0x00EB)

î(0x00EE)

ï(0x00EF)

ô(0x00F4)

ù(0x00F9)

û(0x00FB)

ü(0x00FC)

ÿ(0x0FF)

Œ(0x0152)

œ(0x0153)


179

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

B.6.4 search_table_def

要素における並べ替え規則 

表 B.9 に示した方法は,各言語での追加的な並べ替え規則の例である。

表 B.9−追加的な並べ替え規則の例 

ターゲット

とする言語

名称

内容

日本語 shift_jis

各文字は,Shift_JIS エンコーディングによるコード値に従って順序づけられ

る。同エンコーディングによるコード値が存在しない文字の順序については

定めない。

英語 en

各文字は,ASCII エンコーディングによるコード値に従って順序づけられる。

同エンコーディングによるコード値が存在しない文字の順序については定め

ない。

フランス語 fr

各文字は,次に示す順序で並べられる。 
A À  ƠB C Ç E É È Ê Ë F G H I Î Ï J K L M N O Ô Ö ŒP Q R S T U Ù Û Ü V W 
X Y Ÿ Z 
小文字についても,同様の順序で並べられる。これ以外の文字についての順

序は定めず,現在のエンコーディング又はユニコードのコード値の順序で並

べてもよい。

B.6.5 enable_key_type

要素に対する追加属性 

B.4.4.2.6

で示す,enable_key_type 要素に関する追加の言語特有の拡張属性の例を

表 B.10 に示す。属性の

設定方法は B.4.4.2.6 に示したものと同じである。

表 B.10enable_key_type 要素に対する言語固有の属性の例 

ターゲット

とする言語

名称

内容

フランス語 French_alphabet_

extensions

À(0x00C0)

Â(0x00C2)

Æ(0x00C6)

Ç(0x00C7)

È(0x00C8)

É(0x00C9)

Ê(0x00CA)

Ë(0x00CB)

Î(0x00CE)

Ï(0x00CF)

Ô(0x00D4)

Ö(0x00D6)

Ù(0x00D9)

Û(0x00DB)

Ü(0x00DC)

Ÿ(0x00DF)

à(0x00E0)

â(0x00E2)

æ(0x00E6)

ç(0x00E7)

è(0x00E8)

é(0x00E9)

ê(0x00EA)

ë(0x00EB)

î(0x00EE)

ï(0x00EF)

ô(0x00F4)

ù(0x00F9)

û(0x00FB)

ü(0x00FC)

ÿ(0x0FF)

Œ(0x0152)

œ(0x0153)

B.7 RELAX 

NG 

compact

構文における XMDF XML フォーマットの仕様 

B.7.1 

一般 

RELAX NG compact 構文データとしての XMDF XMF フォーマットの構文を示す。このデータは必ずし

も RELAX NG スキーマの形式に最適化されているわけではない。

B.7.2 

オブジェクト,書籍情報及びコンテンツ構造関連のほかのデータのためのデータ要素及び属性 

namespace a = "http://relaxng.org/ns/compatibility/annotations/1.0"

Yes_No = "yes" | "no"

Trigger_List = trigger_pointer

Action_List = action_play | action_page_jump


180

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

TextWithGaiji = (text | external_char)*

FiveSize = "maximum" | "big" | "medium" | "small" | "minimum"

BaseLine = "right" | "right_only" | "down" | "down_only"

ViewType = "portrait" | "portrait_only" | "landscape" | "landscape_only"

HoldFlag = "scope" | "on_power" | "save"

Turn_Page_Val = "on" | "off" | "forward" | "back"

personal_name =

  element personal_name {

    personal_name_attlist,

    ((first_name?, middle_name?, last_name?)

     | (first_name?, last_name?, middle_name?)

     | (last_name?, first_name?, middle_name?)

     | (last_name?, middle_name?, first_name?))

    }

personal_name_attlist &= empty

first_name = element first_name { first_name_attlist, TextWithGaiji }

first_name_attlist &= attribute reading { text }?

middle_name = element middle_name { middle_name_attlist, TextWithGaiji }

middle_name_attlist &= attribute reading { text }?

last_name = element last_name { last_name_attlist, TextWithGaiji }

last_name_attlist &= attribute reading { text }?

organization_name =

    element organization_name { organization_name_attlist, TextWithGaiji }

organization_name_attlist &= attribute reading { text }?

address_info =

  element address_info {

    address_info_attlist,

        ( postal_code? | zipcode? ) ,

        address?,

    telephone?,

        fax?,

        mail_address?,

    website?,

    address_other_info?

    }

address_info_attlist &= empty

postal_code = element postal_code { postal_code_attlist, text }

postal_code_attlist &= empty

zipcode = element zipcode { zipcode_attlist, text }

zipcode_attlist &= empty


181

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

address = element address { address_attlist, TextWithGaiji }

address_attlist &= empty

telephone = element telephone { telephone_attlist, text }

telephone_attlist &= empty

fax = element fax { fax_attlist, text }

fax_attlist &= empty

mail_address = element mail_address { mail_address_attlist, text }

mail_address_attlist &= empty

website = element website { website_attlist, text }

website_attlist &= empty

address_other_info =

  element address_other_info {

    address_other_info_attlist, TextWithGaiji

    }

address_other_info_attlist &=

    [ a:defaultValue = "preserve" ]

  attribute xml:space { "default" | "preserve" }?

permission_info =

  element permission_info {

    permission_info_attlist, print_permission?, copy_permission?

    }

permission_info_attlist &= empty

print_permission =

    element print_permission { print_permission_attlist, empty }

print_permission_attlist &=

    [ a:defaultValue = "no" ]

    attribute permission { "authorized" | "no" }?

copy_permission =

    element copy_permission { copy_permission_attlist, empty }

copy_permission_attlist &=

    [ a:defaultValue = "no" ]

    attribute permission { "authorized" | "in_device_only" | "no" }?

keyword_list = element keyword_list { keyword_list_attlist, keyword+ }

keyword_list_attlist &= empty

keyword = element keyword { keyword_attlist, TextWithGaiji }

keyword_attlist &=

    attribute category { text }?,

    attribute reading { text }?

vertex = element vertex { vertex_attlist, empty }

vertex_attlist &= attribute position { text }


182

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

bvf = element bvf { bvf_attlist, book_info, body_module, parts_module }

bvf_attlist &=

    [ a:defaultValue = "1.00" ] attribute bvf_version { text }?,

    attribute id_type { text }?,

    attribute id { text }?,

    attribute default_ccs { text },

    [ a:defaultValue = "bvf_flow:3.00D" ]

    attribute sub_version { string "bvf_flow:3.00D" }?,

    attribute display_size { text }?

book_info =

  element book_info {

    book_info_attlist,

    title_info,

    author_info?,

    publisher_info?,

    seller_info?,

    book_id_info?,

    classification_info?,

    rating?,

    publication_place?,

    publication_date_info?,

    net_price_info?,

    book_abstract?,

    front_cover_image?,

    spine_cover_image?,

    keyword_list?,

    other_book_info?

    }

book_info_attlist &= empty

title_info =

  element title_info {

    title_info_attlist,

    series_title?,

    title,

    subtitle?,

    edition_info?,

    title_other_info?

    }

title_info_attlist &= empty


183

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

series_title =

    element series_title { series_title_attlist, TextWithGaiji }

series_title_attlist &= attribute reading { text }?

title = element title { title_attlist, TextWithGaiji }

title_attlist &= attribute reading { text }?

subtitle = element subtitle { subtitle_attlist, TextWithGaiji }

subtitle_attlist &= attribute reading { text }?

edition_info =

    element edition_info { edition_info_attlist, TextWithGaiji }

edition_info_attlist &=

    attribute this_version { text }?,

    [ a:defaultValue = "preserve" ]

  attribute xml:space { "default" | "preserve" }?

title_other_info =

    element title_other_info { title_other_info_attlist, TextWithGaiji }

title_other_info_attlist &=

    [ a:defaultValue = "preserve" ]

  attribute xml:space { "default" | "preserve" }?

author_info = element author_info { author_info_attlist, author+ }

author_info_attlist &= attribute structured { "no" }?

author =

  element author {

    author_attlist,

    (personal_name | organization_name),

        address_info?,

    author_other_info?

    }

author_attlist &=

    [ a:defaultValue = "author" ]

  attribute role {

    "author"

        | "editor"

    | "translator"

        | "supervisor"

        | "designer"

    | "photographer"

    | "illustrator"

        | "binder"

    | "planner"

        | "other"


184

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

    }?

author_other_info =

    element author_other_info { author_other_info_attlist, TextWithGaiji }

author_other_info_attlist &=

    [ a:defaultValue = "preserve" ]

  attribute xml:space { "default" | "preserve" }?

publisher_info =

  element publisher_info {

    publisher_info_attlist,

        ((publisher, publisher_office) | publisher | publisher_office),

    publisher_other_info?

    }

publisher_info_attlist &= empty

publisher =

    element publisher { publisher_attlist, publisher_name, address_info? }

publisher_attlist &= empty

publisher_name =

    element publisher_name { publisher_name_attlist, TextWithGaiji }

publisher_name_attlist &= attribute reading { text }?

publisher_office =

  element publisher_office {

    publisher_office_attlist, organization_name, address_info?

    }

publisher_office_attlist &= attribute publisher_code { text }?

publisher_other_info =

  element publisher_other_info {

    publisher_other_info_attlist, TextWithGaiji

    }

publisher_other_info_attlist &=

    [ a:defaultValue = "preserve" ]

  attribute xml:space { "default" | "preserve" }?

seller_info =

  element seller_info {

    seller_info_attlist,

        ((seller, seller_office) | seller | seller_office),

    seller_other_info?

    }

seller_info_attlist &= empty


185

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

seller = element seller { seller_attlist, seller_name, address_info? }

seller_attlist &= empty

seller_name = element seller_name { seller_name_attlist, TextWithGaiji }

seller_name_attlist &= attribute reading { text }?

seller_office =

  element seller_office {

    seller_office_attlist, organization_name, address_info?

    }

seller_office_attlist &= attribute seller_code { text }?

seller_other_info =

    element seller_other_info { seller_other_info_attlist, TextWithGaiji }

seller_other_info_attlist &=

    [ a:defaultValue = "preserve" ]

  attribute xml:space { "default" | "preserve" }?

book_id_info = element book_id_info { book_id_info_attlist, book_id+ }

book_id_info_attlist &= empty

book_id = element book_id { book_id_attlist, text }

book_id_attlist &= attribute type { text }

classification_info =

  element classification_info {

    classification_info_attlist, classification+

    }

classification_info_attlist &= empty

classification =

    element classification { classification_attlist, TextWithGaiji }

classification_attlist &= attribute type { text }

rating = element rating { rating_attlist, empty }

rating_attlist &=

    [ a:defaultValue = "no" ] attribute adult { Yes_No }?,

    [ a:defaultValue = "no" ] attribute violence { Yes_No }?

publication_place =

  element publication_place { publication_place_attlist, text }

publication_place_attlist &= empty

publication_date_info =

  element publication_date_info {

    publication_date_info_attlist, publication_date+

    }

publication_date_info_attlist &= empty


186

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

publication_date =

    element publication_date { publication_date_attlist, text }

publication_date_attlist &=

    [ a:defaultValue = "publish" ] attribute type { "publish" | "sale" }?

net_price_info =

    element net_price_info { net_price_info_attlist, net_price+ }

net_price_info_attlist &= empty

net_price = element net_price { net_price_attlist, text }

net_price_attlist &=

    attribute country { text }?,

    attribute unit { text },

    attribute other_info { text }?

book_abstract =

    element book_abstract { book_abstract_attlist, TextWithGaiji }

book_abstract_attlist &=

    [ a:defaultValue = "preserve" ]

  attribute xml:space { "default" | "preserve" }?

front_cover_image =

    element front_cover_image { front_cover_image_attlist, text }

front_cover_image_attlist &= attribute type { text }

spine_cover_image =

    element spine_cover_image { spine_cover_image_attlist, text }

spine_cover_image_attlist &= attribute type { text }

other_book_info =

    element other_book_info { other_book_info_attlist, TextWithGaiji }

other_book_info_attlist &=

    [ a:defaultValue = "preserve" ]

  attribute xml:space { "default" | "preserve" }?

body_module =

    element body_module { body_module_attlist, flow_type_body }

body_module_attlist &= empty

flow_type_body =

  element flow_type_body {

    flow_type_body_attlist,

    flow_entry,

    special_page_link?,

        search_table?

    }

flow_type_body_attlist &= empty


187

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

flow_entry =

  element flow_entry {

    flow_entry_attlist, flow_default_attribute?, flow_data+

    }

flow_entry_attlist &= empty

flow_default_attribute =

  element flow_default_attribute {

    flow_default_attribute_attlist,

    flow_default_size?,

    flow_default_font?,

    flow_default_background?,

    ( flow_default_line_breaking_method? | flow_default_kinsoku? )

    }

flow_default_attribute_attlist &=

    attribute baseline { BaseLine }?,

  attribute view_type { ViewType }?

flow_default_size =

    element flow_default_size { flow_default_size_attlist, empty }

flow_default_size_attlist &=

    attribute letter_spacing { FiveSize }?,

    attribute line_pitch { FiveSize }?,

    attribute margin { "big" | "medium" | "small" }?

flow_default_font =

    element flow_default_font { flow_default_font_attlist, empty }

flow_default_font_attlist &=

    attribute fontname { text }?,

    attribute fontsize { text }?,

  attribute bold_flag { Yes_No }?,

    attribute color_space { "RGB" }?,

    attribute opacity { "100" }?,

    attribute color { text }?,

    attribute ruby_flag { "yes" | "yes_only" | "no" | "no_only" }?

flow_default_background =

  element flow_default_background {

    flow_default_background_attlist, empty

    }

flow_default_background_attlist &=

    attribute color_space { "RGB" }?,

    attribute opacity { "100" }?,

    attribute color { text }?


188

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

flow_default_line_breaking_method =

  element flow_default_line_breaking_method {

    flow_default_kinsoku_attlist,

    top_prohibit_char?,

    end_prohibit_char?,

    hanging_char?

    }

flow_default_kinsoku_attlist &=

    [ a:defaultValue = "none" ] attribute method { "none" | "run_down" }?,

    [ a:defaultValue = "yes" ] attribute hanging_punctuation { Yes_No }?

flow_default_kinsoku =

  element flow_default_kinsoku {

    flow_default_kinsoku_attlist,

    top_prohibit_char?,

    end_prohibit_char?,

    hanging_char?

    }

top_prohibit_char =

    element top_prohibit_char { top_prohibit_char_attlist, text }

top_prohibit_char_attlist &= empty

end_prohibit_char =

    element end_prohibit_char { end_prohibit_char_attlist, text }

end_prohibit_char_attlist &= empty

hanging_char = element hanging_char { hanging_char_attlist, text }

hanging_char_attlist &= empty

flow_data = element flow_data { flow_data_attlist, event_info? }

flow_data_attlist &=

    attribute flow_id { text }?,

    attribute body_id { text },

    [ a:defaultValue = "off" ]

    attribute turning_page_control { Turn_Page_Val }?,

    [ a:defaultValue = "on" ]

  attribute head_button_control { Turn_Page_Val }?

special_page_link =

    element special_page_link { special_page_link_attlist, special_page+ }

special_page_link_attlist &= empty

special_page = element special_page { special_page_attlist, text }

special_page_attlist &=

    [ a:defaultValue = "other" ]

  attribute kind {


189

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

        "cover"

    | "title_page"

    | "preface"

        | "contents"

        | "body"

    | "column"

        | "note"

        | "figure"

        | "ad"

    | "afterword"

    | "appendix"

        | "answer"

        | "glossary"

    | "bibliography"

    | "commentary"

        | "index"

    | "imprint"

        | "author_info"

        | "other"

    | "flow_title"

    }?,

    attribute title { text }?

search_table =

    element search_table { search_table_attlist, search_table_def+ }

search_table_attlist &=

    [ a:defaultValue = "no" ] attribute bookmark { Yes_No }?,

    [ a:defaultValue = "no" ] attribute wordbook { Yes_No }?,

    [ a:defaultValue = "yes" ] attribute jump_search_root { Yes_No }?,

    [ a:defaultValue = "yes" ] attribute jump_search { Yes_No }?,

    [ a:defaultValue = "yes" ] attribute all_search { Yes_No }?

search_table_def =

  element search_table_def {

    search_table_def_attlist, enable_key_type, key_normalization

    }

search_table_def_attlist &=

    attribute id { text },

    [ a:defaultValue = "no" ] attribute use_default { Yes_No }?,

    attribute name { text }?,

    [ a:defaultValue = "otherunicode" ] attribute sorting_rule { "otherunicode" | "implicit" | "unicode" | "other"}?,

    attribute short_name { text }?,


190

C 62448

:2016 (IEC 62448:2013)

    [ a:defaultValue = "no" ] attribute wild { Yes_No }?,

    [ a:defaultValue = "no" ] attribute blank { Yes_No }?,

    [ a:defaultValue = "no" ] attribute end { Yes_No }?,

    attribute help_page_id { text }?

enable_key_ty