>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 61300-3-34

:2012 (IEC 61300-3-34:2009)

(1) 

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  概要 

2

3.1

  測定方法  

2

3.2

  注意点  

2

4

  装置 

2

4.1

  光源(S  

2

4.2

  励振器(E  

3

4.3

  光パワーメータ(D  

3

5

  手順 

3

5.1

  方法 1  

3

5.2

  方法 2  

5

5.3

  測定結果の分析  

7

6

  個別規格に規定する事項  

7


C 61300-3-34

:2012 (IEC 61300-3-34:2009)

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人光産業技術振興協会(OITDA)

及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS C 61300

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

C

61300-1

  第 1 部:通則

JIS

C

61300-2-1

  第 2-1 部:正弦波振動試験

JIS

C

61300-2-2

  第 2-2 部:繰返しかん合試験

JIS

C

61300-2-9

  第 2-9 部:衝撃試験

JIS

C

61300-2-12

  第 2-12 部:落下衝撃試験

JIS

C

61300-2-14

  第 2-14 部:光パワー損傷のしきい値試験

JIS

C

61300-2-15

  第 2-15 部:結合部ねじり試験

JIS

C

61300-2-17

  第 2-17 部:低温試験

JIS

C

61300-2-18

  第 2-18 部:高温試験

JIS

C

61300-2-19

  第 2-19 部:高温高湿試験(定常状態)

JIS

C

61300-2-21

  第 2-21 部:混合温湿度サイクル試験

JIS

C

61300-2-22

  第 2-22 部:温度サイクル試験

JIS

C

61300-2-45

  第 2-45 部:浸水試験

JIS

C

61300-2-46

  第 2-46 部:湿熱サイクル試験

JIS

C

61300-2-47

  第 2-47 部:熱衝撃試験

JIS

C

61300-2-48

  第 2-48 部:温湿度サイクル試験

JIS

C

61300-3-2

  第 3-2 部:シングルモード光デバイスの光損失の偏光依存性

JIS

C

61300-3-3

  第 3-3 部:挿入損失及び反射減衰量変化のモニタ方法

JIS

C

61300-3-4

  第 3-4 部:損失測定

JIS

C

61300-3-6

  第 3-6 部:反射減衰量測定

JIS

C

61300-3-7

  第 3-7 部:シングルモード光部品の光損失及び反射減衰量の波長依存性測定

JIS

C

61300-3-15

  第 3-15 部:球面研磨光ファイバコネクタのフェルール端面の頂点偏心量測定

JIS

C

61300-3-16

  第 3-16 部:球面研磨光ファイバコネクタのフェルール端面の曲率半径測定

JIS

C

61300-3-20

  第 3-20 部:波長選択性のない光ブランチングデバイスのディレクティビティ測定

JIS

C

61300-3-24

  第 3-24 部:偏波面保存光ファイバ付き光ファイバコネクタのキー位置精度測定

JIS

C

61300-3-26

  第 3-26 部:光ファイバとフェルール軸との角度ずれの測定

JIS

C

61300-3-27

  第 3-27 部:多心光ファイバコネクタプラグの穴位置測定

JIS

C

61300-3-28

  第 3-28 部:過渡損失測定


C 61300-3-34

:2012 (IEC 61300-3-34:2009)

(3) 

JIS

C

61300-3-30

  第 3-30 部:多心光ファイバコネクタ用フェルールの研磨角度及び光ファイバ位置

測定

JIS

C

61300-3-31

  第 3-31 部:光ファイバ光源の結合パワー比測定

JIS

C

61300-3-34

  第 3-34 部:ランダム接続時の挿入損失

JIS

C

61300-3-36

  第 3-36 部:光ファイバコネクタフェルールの内径及び外径の測定

JIS

C

61300-3-43

  第 3-43 部:光ファイバ光源のモードトランスファファンクション測定


   

日本工業規格

JIS

 C

61300-3-34

:2012

(IEC 61300-3-34

:2009

)

光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−

基本試験及び測定手順−

第 3-34 部:ランダム接続時の挿入損失

Fiber optic interconnecting devices and passive components-

Basic test and measurement procedures-

Part 3-34: Examinations and measurements-

Attenuation of random mated connectors

序文 

この規格は,2009 年に第 3 版として発行された IEC 61300-3-34 を基に,技術的内容及び構成を変更する

ことなく作成した日本工業規格である。

適用範囲 

この規格は,ランダム接続時の光コネクタの挿入損失の平均値及び統計分布の測定方法について規定す

る。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61300-3-34:2009

,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic test and

measurement procedures

−Part 3-34: Examinations and measurements−Attenuation of random

mated connectors

(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 61300-1

  光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第 1 部:通則

注記  対応国際規格:IEC 61300-1,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic

test and measurement procedures

−Part 1: General and guidance(IDT)

IEC 61300-3-1

,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic test and measurement

procedures

−Part 3-1: Examinations and measurements−Visual examination


2

C 61300-3-34

:2012 (IEC 61300-3-34:2009)

   

概要 

3.1 

測定方法 

ランダム接続時の光コネクタの挿入損失の測定方法には,次の二つの方法がある。

いずれの測定方法も,

実際に光システム内で使用する場合と同じように,ロットから選んだパッチコード(必要であれば,アダ

プタを含む。

を用いて平均的特性を評価するために用いる。

このためには,

パッチコード及びアダプタは,

測定値が偏らないようにランダムに選ぶ。

a)

方法 15.1 参照)  方法 1 は,複数の製造業者間での一つの設計検証手段として用いる。

方法 1 は,10 本のパッチコード(20 個の光コネクタ)及び 10 個のアダプタを用いる。この場合,

10

個の全てのプラグを,順番に基準プラグとして用いる。基準プラグと残りのプラグとを用いて挿入

損失を測定する。その測定値を,

図 に示す 360 個の試験マトリクスに記入する。

b)

方法 25.2 参照)  方法 2 は,製造工程管理における品質維持を確認する手段として用いる。

方法 2 は,15 本のパッチコードを用いる。その 15 本のうち 5 本を基準パッチコードとして選び,

それぞれの片端のプラグを基準プラグとして用いる。5 本の基準プラグと残りの 10 本のパッチコード

とを,それぞれ接続して挿入損失を測定する。その測定値を,

図 に示す 100 個の試験マトリクスに

記入する。

方法 1 及び方法 2 の用い方は,次による。

c)

方法 1 は,基準の測定方法として用いる。ただし,その測定に用いる数が,日常的な検査数としては

多く,現実的な検査数ではないため,一度検証を実施すれば,次回からは方法 2 を適用できる。

d)

方法 2 において,測定値に疑義が発生した場合は,方法 1 で検証する。

注記  測定方法における基準プラグ及び基準パッチコードは,ロットからランダムに選定した部品

である。例えば,スクリーニング試験を実施した部品のように,特別に選定又は製造した部

品ではない。

3.2 

注意点 

測定を行う場合,次の要求事項に適合しなければならない。

a)

クラッドモードは,除去する。

b)

光パワーP

1

図 参照)の測定と光パワーP

2

図 参照)の測定との間で,曲げによる挿入損失の変

化を避けるため,試験中の光ファイバの位置は固定する。

c)

測定器の安定度の規定値は,被測定部品の挿入損失の変動として 0.05 dB 以下,又は挿入損失の期待

値の 10 %以下の最も低い値とする。この安定度は,試験時間及び動作温度範囲内で規定値以下に維持

する。また,測定器の分解能は,マルチモード光ファイバ及びシングルモード光ファイバにおいて

0.01 dB

以下とする。

d)

安定した結果を得るために,測定の前に全ての光コネクタ及びアダプタの清掃及び点検を実施しなけ

ればならない。外観検査は,IEC 61300-3-1 に従って行う。

e)

光ファイバ中のパワーは,非線形散乱効果が生じないレベルとする。

装置 

4.1 

光源(S 

光源は,発光素子,光コネクタ接続機構及び電気駆動回路によって構成する。光パワーを測定する間,

出力光は,規定の範囲で安定していなければならない。光源は,次の特性とする。


3

C 61300-3-34

:2012 (IEC 61300-3-34:2009)

a)

中心波長    :個別規格に規定する。

b)

スペクトル幅:150 nm  以下の半値全幅(FWHM)をもつ LED

c)

スペクトル幅:10 nm 未満の半値全幅(FWHM)をもつ LD

光源には,次のいずれかを用いる。

d)

マルチモード光ファイバ用は,LED のような広帯域波長光源を用いる。

e)

シングルモード光ファイバ用には,LED 又は LD を用いる。

注記  コヒーレント光を用いる場合,マルチモード光ファイバ内部でモード間干渉が生じる。これ

らは,光ファイバの出射パターンにスポット状の明暗模様が生じ,エネルギー分布又は位相

のゆらぎとなる。ゆらぎは,検出器の測定時間よりも長い周期をもつため,光パワー変動の

ような現象が生じる。したがって,マルチモード光ファイバの測定では,OTDR 光源を含む

レーザダイオード光源を用いることを避け,LED 又は非可干渉性(インコヒーレント)光源

を用いることが望ましい。

4.2 

励振器(E 

励振器の励振条件は,JIS C 61300-1 

附属書 B(励振条件)による。

4.3 

光パワーメータ(D 

光パワーメータは,光検出器,接続機構及び電子部品によって構成する。受光部への接続は,光コネク

タプラグ形状に適応したアダプタを用いる。受光部は,光コネクタプラグからの光量を全て受光しなけれ

ばならない。

さらに,安定度及び分解能の要求事項に適合するため,光パワーメータは,次の特性をもっていなけれ

ばならない。

直線性:マルチモード光ファイバの場合,    ±0.25 dB(−5dBm∼−60 dBm)

シングルモード光ファイバの場合,  ±0.1 dB(−5dBm∼−60 dBm)

注記  光パワーメータの直線性は,使用波長において−23 dBm の光パワーレベルが基準となる。

光パワーメータの安定度は,測定の間,規定値以下でなければならない。光パワーP

1

の測定と光パワー

P

2

の測定との間で,光コネクタと受光部とは一度切断するが,光コネクタを再結合したときの結合効率の

再現性は,挿入損失の変動として 0.05 dB 以下又は挿入損失の期待値の 10 %以下の最も低い値とする。し

たがって,光検出器は,受光領域の広いものが望ましい。

光検出器の精度は,測定の要求事項に適合しなければならない。光パワーメータは,測定波長において

供試品から出る光出力レベルを測定できる感度及びダイナミックレンジをもっていなければならない。

手順 

5.1 

方法 

方法 1 の測定方法は,次による。

a)

測定用としてランダムに 10 本のパッチコードを選ぶ。それぞれのパッチコードの両端のプラグには,

順番に 1a から 10b まで(1a-1b,2a-2b,3a-3b,…,10a-10b)ラベルを貼る。

b)

ランダムに 10 個のアダプタを選ぶ。それぞれのアダプタには,順番に 1 から 10 までラベルを貼る。

c)

図 に示す測定系において,パッチコード 1a-1b を挿入する。プラグ 1a を“基準”プラグとして光パ

ワーP

1

を測定する。


4

C 61300-3-34

:2012 (IEC 61300-3-34:2009)

   

図 1−方法 の“基準”パッチコードの測定 

d)

図 に示す測定系において,パッチコード 2a-2b とアダプタ 1 とを挿入し,光パワーP

2

を測定する。

図 2−方法 1  の供試パッチコードの測定 

e)

光コネクタ 1a/2a 及びアダプタ 1 の損失は,式(1)によって求める。

挿入損失=[10 log(P

1

/P

2

)]

−(A×L)    (1)

ここに,

A

km

当たりの光ファイバ減衰量(dB/km)

L

光ファイバ長(km)

注記  供試パッチコードの光ファイバ長が 10 m 以下の場合,A×の値は無視してもよい。

f)

図 のマトリクスに挿入損失の値を記入する。

g)

アダプタ 1 を用いて接続した光コネクタ 1a/2b の挿入損失を測定するために,

パッチコード 2a-2b を逆

にして光パワーP

2

を測定する。

h)  f)

を繰り返す。

i)

プラグ 1a とアダプタ 1 とを“基準”構成として維持し,パッチコード 2a-2b をパッチコード 3a-3b に

置き換える。

j)

P

2

を測定する。

k)

残りの供試パッチコードの全てのプラグが,

“基準”プラグ 1a に対して測定が終わるまで i)及び j)

繰り返す。

l)

k)

が完了した後,プラグ 1b が“基準”プラグとなるように,

“基準”パッチコードを逆に接続する。

m)

“基準”プラグ 1b 及びアダプタ 1 に対して全ての供試プラグの接続損失を測定する。

n)  m)

が完了した後,プラグ 2a とアダプタ 2 とを“基準”構成となるように,

“基準”プラグ及びアダプ

タを置き換える。

o)

“基準”プラグ 2a 及びアダプタ 2 に対して全ての供試プラグの挿入損失を測定する。

p)

プラグ 2b が“基準”プラグとなるように l)を繰り返す。

q)

全てのプラグが順番に“基準”プラグとして,残りのパッチコード及びアダプタに対して測定が終わ

るまでこの手順を継続する。

r)

図 に示す試験マトリクスに,挿入損失測定結果を記入する。

“基準”パッチコード

供試パッチコード

S E

プラグ 
  1a

プラグ 
  2a

D

P

2

 

プラグ 
  2b

プラグ 
  1b

アダプタ 1

光 フ ァ イ バ 長

S E

D

“基準”パッチコード

プラグ

  1b

プラグ

  1a

P

1

 


5

C 61300-3-34

:2012 (IEC 61300-3-34:2009)

基準” 
構成

供試パッチコード

1a 1b 2a 2b 3a 3b

4a

4b

5a

5b

6a

6b

7a

7b

8a 8b 9a 9b 10a 10b

アダプタ 1

1a

1b

アダプタ 2

2a

2b

アダプタ 3

3

3b

アダプタ 4

4

4b

アダプタ 5

5

5b

アダプタ 6

6

6b

アダプタ 7

7

7b

アダプタ 8

8

8b

アダプタ 9

9

9b

アダプタ 10

0

10b

平均値

最大値

標準偏差値

統計値

平均値

最大値

標準偏差値

図 3−方法 の試験マトリクス 

5.2 

方法 

方法 2 の測定方法は,次による。

a)

測定用に 15 本のパッチコード及び 5 個のアダプタをランダムに選ぶ。

b)

この 15 本から,ランダムに 5 本のパッチコードを選び,それぞれのパッチコードの片端のプラグにラ

ベルを貼る。これらは“基準”プラグとなる。同様に,アダプタにも 1 から 5 まで(1,2,3,4,5)

ラベルを貼る。残りのプラグには,順番に 1a から 10b まで(1a-1b,2a-2b,3a-3b,…,10a-10b)ラ

ベルを貼る。

c)

図 に示す測定系で,プラグ 1 を“基準”プラグとして光パワーP

1

を測定する。

図 4−方法 2  の“基準”パッチコードの測定 

 
 

S

E

D

基準”パッチコード

プラグ

1

P

1

 


6

C 61300-3-34

:2012 (IEC 61300-3-34:2009)

   

d)

図 に示す測定系において,供試パッチコード 1a-1b とアダプタ 1 とを挿入し,光パワーP

2

を測定す

る。

図 5−方法 2  の供試パッチコードの測定 

e)

光コネクタ 1a/2a 及びアダプタ 1 の損失は,式(2)によって求める。

挿入損失=[10 log(P

1

/P

2

)]

−(A×L)    (2)

ここに,

A

km

当たりの光ファイバ減衰量(dB/km)

L

光ファイバ長(km)

注記  供試パッチコードの光ファイバ長が 10 m 以下の場合,A×の値は無視してもよい。

f)

“基準”プラグとアダプタとで接続した供試プラグ 1/1b の挿入損失を得るために,パッチコード 1a-1b

を逆に接続して光パワーP

2

を測定する。

g)

残りの供試パッチコードの全てのプラグが“基準”プラグ 1 及びアダプタ 1 に対して測定が終わるま

で,d)f)を繰り返す。

h)  g)

が完了したら,

“基準”プラグ 2 及びアダプタ 2 が“基準”構成となるように“基準”プラグを置き

換える。

i)

“基準”プラグ 2 及びアダプタ 2 に対して全ての供試プラグの接続損失を測定する。

j)

全ての“基準”プラグ及びアダプタを順番に用い,全ての供試パッチコードに対して測定が終わるま

で,この手順を継続する。

k)

図 に示す試験マトリクスに,挿入損失測定結果を記入する。

S

E

プラグ

1

1a

D

P

2

1b

アダプタ 1

プラグ

プラグ

“基準”パッチコード

供試パッチコード

ファイバ長  L


7

C 61300-3-34

:2012 (IEC 61300-3-34:2009)

“基準”構成

供試プラグ

1 2 3 4 5

平均値

最大値

標準偏差値

1a

1b

2a

2b

3a

3b

4a

4b

5a

5b

6a

6b

7a

7b

8a

8b

9a

9b

10a

10b

平均値

最大値

標準偏差値

統計値

平均値

最大値

標準偏差値

図 6−方法 2  の試験マトリクス 

5.3 

測定結果の分析 

方法 1 又は方法 2 の試験マトリクスの平均値及び最大値を計算する。それらの値は,関連する光コネク

タ性能標準の規定値を満足しなければならない。

個別規格に規定する事項 

必要がある場合,次の事項を製品規格などの個別規格に規定する。

−  性能・特性(許容損失及び統計ばらつき)

−  光源波長

− km 当たりの光ファイバ減衰量

−  この規格の測定方法との差異