>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 60068-3-5

:2006 (IEC 60068-3-5:2001)

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本電子部品信頼性センター(RCJ)

/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日

本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 60068-3-5:2001,Environmental

testing

−Part 3-5: Supporting documentation and guidance−Confirmatiom of the performance of temperature

chambers

を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS C 60068

の規格群には,次に示す部編成がある。

  JIS C 60068-1 

電気・電子−通則

JIS C 60068-3-1

電気・電子−低音試験及び高温試験を理解するための必す(須)情報

JIS C 60068-3-2

電気・電子−第 3-2 部:温度/減圧複合試験を理解するための必す(須)情報

JIS C 60068-3-3

電気・電子−機器の耐震試験方法の指針

JIS C 60068-3-4

電気・電子−第 3-4 部:高温高湿試験の指針

JIS C 60068-3-5 

電気・電子−第 3-5 部:温度試験槽の性能確認の指針


C 60068-3-5

:2006 (IEC 60068-3-5:2001)

(2)

目  次

ページ

序文  

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  定義

2

4.

  温度試験槽の性能測定 

4

4.1

  試験場所の環境

4

4.2

  温度測定システム

4

4.3

  温度試験槽の試験用負荷 

4

4.4

  温度検出器の設置

4

4.5

  温度性能の決定

5

5.

  標準的温度検査手順

6

6.

  評価基準

6

7.

  性能試験報告書に記述する事項

6

 


日本工業規格

JIS

 C

60068-3-5

:2006

(IEC 60068-3-5

:2001

)

環境試験方法−電気・電子−

第 3-5 部:温度試験槽の性能確認の指針

Environmental testing

−Part 3-5: Supporting documentation and guidance−

Confirmation of the performance of temperature chambers

序文  この規格は,2001 年に第 1 版として発行された  IEC 60068-3-5,Environmental testing−Part 3-5:

Supporting documentation and guidance

−Confirmation of the performance of temperature chambers を翻訳し,技

術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある“参考”は,原国際規格にはない事項である。

JIS C 60068

の規格群は,環境試験方法及び試験の厳しさに関する基本的情報を規定している。

“環境条件”又は“環境試験”という表現には,部品又は機器がさらされるであろう自然界及び人工的

環境が含まれ,実際にさらされる可能性のある,使用,輸送及び貯蔵条件の下での性能の評価ができるよ

うになっている。

“環境条件”又は“環境試験”のために用いる温度試験槽については,どんな刊行物にも記載されてい

ない。しかし,温度及び/又は湿度を保持して測定する手段は,試験結果に大きな影響を与える。試験槽

の物理的特性もまた試験結果に影響する。

1. 

適用範囲  この規格は,負荷がない温度試験槽が,JIS C 60068-1 及びほかの標準環境試験方法に規定

されている耐侯性試験の要求事項に適合しているかどうかを確認するための,統一的で再現性のある手段

について規定する。この規格は,使用者が通常の試験槽の性能を点検する場合を想定している。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 60068-3-5:2001

,Environmental testing−Part 3-5: Supporting documentation and guidance−

Confirmation of the performance of temperature chambers (IDT)

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発効年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構

成するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年又は発行年を付記していない引用規

格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 1602: 1995

  熱電対

備考  IEC 60584-1:1977,Thermocouples−Part 1: Reference tables  からの引用事項は,この規格の該

当事項と同等である。


2

C 60068-3-5

:2006 (IEC 60068-3-5:2001)

JIS C 1604:1997

  測温抵抗体

備考  IEC 60751:1995,Industrial platinum resistance thermometer sensors  からの引用事項は,この規

格の該当事項と同等である。

JIS C 60068-1:1993

  環境試験方法−電気・電子−通則

備考  IEC 60068-1:1988,Environmental testing−Part1: General and guidance が,この規格と一致して

いる。

JIS C 60068-2

(すべての部)

備考  IEC 60068-2(all parts),Environmental testing−Part 2: Tests が,この規格と一致している。

IEC 60068-3-6

,Environmental testing−Part 3-6: Supporting documentation and guidance−Confirmation of

the performance of temperature/humidity chambers

IEC 60068-3-7

,Environmental testing−Part 3-7: Supporting documentation and guidance−Measurements in

temperature chambers for tests A and B (with load)

ISO 10012

,Measurement management systems−Requirments for measurment processes and measuring

equipment

参考  原国際規格は,ISO 10012-1,Quality assurance requirements for measuring equipment−Part 1:

Metrological confirmation system for measuring equipment

及び  ISO 10012-2,Quality assurance

for measuring equipment

−Part 2: Guidelines for control of measurement processes  を引用規格と

しているが,この二つの規格は 2003 年 4 月に廃止されて,ISO 10012: 2003 に置き換わって

いる。

3. 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

3.1 

温度試験槽  (temperature test chamber)  JIS C 60068-2 規格群に規定する温度条件を満たす囲い又

は空間。

3.2 

設定温度  (temperature setpoint)  試験槽の温度制御器で設定した所望の温度。

3.3 

到達温度  (achieved temperature)  安定化した後の試験槽内の,有効空間内の任意の点での温度。

3.4 

温度の安定状態  (temperature stabilization)  有効空間中のすべての点において,設定温度に到達し,

かつ,許容範囲内に保持されている状態。

3.5 

温度変動  (temperature fluctuation)  規定された時間間隔の間,有効空間内の任意の点での安定化し

た後の最高温度及び最低温度の差。

3.6 

有効空間  (working space)  規定した条件が許容値内に制御できる試験槽の部分(図 参照)。


3

C 60068-3-5

:2006 (IEC 60068-3-5:2001)

寸法

大きさ

体積

L

長さ X

mm

X

(最小)

mm

≦1 000

L/10 50

1

 000<,≦2 000

L/10 100

2

 000<

L/10 150

備考  構造上すべての試験槽が立方体とは限らない。

  1  有効空間

3.7 

温度こう配  (temperature gradient)  安定化した後の,時間的に任意の瞬間における有効空間内の,

別々の 2 点間の平均温度の差の最大値。

3.8 

温度変化速度  (temperature rate of change)  1 分間当たりの温度で示される,有効空間の中心で測定

される二つの規定温度間を変化する速度。

3.9 

空間温度偏差  (temperature variation in space)  安定化後の任意の瞬間における,有効空間の中心の

平均温度と有効空間内の別の任意点の平均温度との差。

温度

時間

有効空間の中心から外れた
点の温度変動(3.5 参照)

有効空間の中心の温度変動
3.6 参照)

有効空間の中心から外れた
点の温度変動(3.5 参照)

偏差

3.

9

参照

こう

3.7

参照


4

C 60068-3-5

:2006 (IEC 60068-3-5:2001)

  2  温度差の例

3.10 

温度極値  (temperature extremes)  温度安定化後に,有効空間内で観測された到達温度の最高値及び

最低値。

4. 

温度試験槽の性能測定

4.1 

試験場所の環境  試験槽の周りの環境が,試験槽内の条件に影響を与えることがある。試験槽の性

能確認は,標準大気条件下で行うことが望ましい。

参考  測定及び試験のための標準大気条件は,JIS C 60068-1 の 5.3.1 に次のように規定されている。

温度: 15 ℃∼35  ℃,相対湿度: 25 %∼75  %,気圧: 86 kPa∼106 kPa

次の事項を考慮することが望ましい。

−  JIS C 60068-1 に規定する雰囲気条件を,基本的に満足しているか。

−  試験槽は,太陽光に直接さらされていないか。

−  試験槽は,電磁的干渉を受けていないか。

−  試験槽は,水平に保たれているか。

−  試験槽は,すべての機械的及び音響的振動の干渉を受けないような場所に固定されているか。

製造業者からの電力供給の要求事項に関する注意及び環境条件を考慮することが望ましい。

通常と異なることがあるときは,記録しておくことが望ましい。

4.2 

温度測定システム  測定システムの出力に関する測定の不確かさは,国際規格(ISO 10012 参照)に

従ったトレーサブルな校正方法によって決定されていることが望ましい。通常用いる温度計は,抵抗形(JIS 

C 1604

に準拠しているもの)又は熱電対形(JIS C 1602 に準拠しているもの)であることが望ましい。温

度計の大気中での 50  %応答時間は,10 秒∼40 秒の間になければならない。システム全体の応答時間も,

40

秒より短いことが望ましい。

−200  ℃∼+200  ℃の温度範囲における温度計の測定の不確かさは,JIS C 1604 のクラス A に準拠して

いることが望ましい。

4.3 

温度試験槽の試験用負荷  次に規定するすべての測定は,有効空間内が空の状態で行う。試験槽全

体を空にできない場合は,その旨記録しておく。試験用負荷がある場合の測定については(発熱のあるな

しにかかわらず)

IEC 60068-3-7 によるのが望ましい。

4.4 

温度検出器の設置  温度測定用検出器は,有効空間のそれぞれの隅及び中心に置く(図 参照,最

少 9 個の検出器)

。容量が 2 000 L を超える試験槽の場合は,各壁面の中心の前にも検出器を追加して置く

のが望ましい(

図 参照,最少 15 個の検出器)。測定システムは,空の試験槽の温度分布に影響を与えな

いように配置する。到達温度を自動記録することが望ましい。


5

C 60068-3-5

:2006 (IEC 60068-3-5:2001)

  3  2 000 L 以下の試験槽のための温度検出器の位置

  4  2 000 L を超える試験槽のための最小限追加する必要がある温度検出器の位置

試験槽確認のための監視では,少なくとも 1 分間当たり 1 回のデータを記録するのが望ましい。試験槽

監視用検出器からのデータを記録するために用いる装置は,試験槽制御システムとは別系統になっている

ことが望ましい。

4.5 

温度性能の決定

4.5.1 

到達温度,温度変動,空間温度偏差及び温度こう配  試験槽の温度が安定した後に,温度測定シス

テムの出力(

図 及び図 参照)によって,到達温度,温度変動及び有効空間内の温度こう配が決定され

る。温度測定システムの測定の不確かさを考慮して,その不確かさの大きさから許容度を算定することが

望ましい。

4.5.2 

温度変化速度  温度変化速度を決定する手順は,次による。

−  試験槽を最低規定温度に合わせ,安定化するまで待つ。

−  試験槽を最高規定温度に合わせ,温度範囲の 10  %点と 90  %点との間の時間を監視する。

−  試験槽が最高規定温度で安定化するまで待つ。

−  試験槽を最低規定温度に合わせ,温度範囲の 90  %点と 10  %点との間の時間を監視する。

これによって,加熱及び冷却するための温度変化速度を K/min の単位で決定する(

図 参照)。


6

C 60068-3-5

:2006 (IEC 60068-3-5:2001)

  5  試験槽を加熱及び冷却するための温度変化速度

5. 

標準的温度検査手順  温度試験槽の性能確認に必要なデータを得るためには,次の検査手順による。

ただし,この手順は,推奨する最低限のものである。試験場所の条件は,4.1 に従うことが望ましい。検査

手順を,次に示す。

−  試験室の温度条件から開始する。

−  試験槽を最高規定温度に合わせ,試験槽が安定化するまで待つ。

−  最高温度で性能を測定する。

−  試験槽を最低規定温度に合わせ,変化速度を監視し,試験槽が安定化するまで待つ。

−  最低温度で性能を測定する。

−  試験槽を最高規定温度に合わせ,変化速度を監視する。

−  試験槽を標準大気条件に合わせ,試験槽が安定化するまで待つ。

−  標準大気条件で性能を測定する。

6. 

評価基準  温度試験槽の性能は,すべての結果が JIS C 60068 規格群の関連する規格の規定限界の範

囲内にあれば確認できる。

7. 

性能試験報告書に記述する事項

−  試験場所の大気条件

−  試験槽及びその有効空間の,寸法及び体積

−  5.の各温度段階の温度変動,空間温度偏差及び温度こう配

−  加熱及び冷却の温度変化速度

−  温度極値

−  偏差(例えば,オーバシュートなど。

−  試験用負荷(使用した場合)

加熱時間

冷却時間

時間


7

C 60068-3-5

:2006 (IEC 60068-3-5:2001)

−  データ収集システムの詳細

−  測定の不確かさの評価