>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 0057

:2002(IEC 60068-2-57:1999)

( 1 )

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲及び目的

2

2.

  引用規格

2

3.

  定義

2

3.1

  臨界振動数(critical frequency)

2 

3.2

  減衰(damping)

3 

3.3

  臨界減衰(critical damping)

3 

3.4

  減衰比(damping ratio)

3

3.5

  シグナルトレランス(signal tolerance)

3 

3.6

  固定点(fixing point)

3 

3.7

  g

n

3 

3.8

  応答の高いピーク(high peaks of the response)

3 

3.9

  計測点(measuring point)

3 

3.9.1

  監視点(check point)

3 

3.9.2

  基準点(reference point)

4 

3.10

  固有振動数(natural frequency)

4 

3.11

  実測時刻歴(natural time-history)

4 

3.12

  振動系(oscillator)

4 

3.13

  休止(pause)

4 

3.14

  推奨試験軸(preferred testing axis)

4 

3.15

  ランダム振動の標本(random motion sample)

4 

3.16

  要求応答スペクトル(required response spectrum)

4 

3.17

  応答スペクトル(response spectrum)

4 

3.18

  サンプリング周波数(sampling frequency)

4 

3.19

  要求応答スペクトルの強い部位(strong part of the required response spectrum)

4 

3.20

  時刻歴の強い部位(strong part of the time-history)

4 

3.21

  掃引サイクル(sweep cycle)

4 

3.22

  合成時刻歴(synthesized time-history)

4 

3.23

  試験レベル(test level)

4 

3.24

  試験応答スペクトル(test response spectrum)

4 

3.25

  時刻歴(time-history)

4 

3.26

  ゼロ周期加速度(zero period acceleration)

5

4.

  一般要求事項

5

5.

  試験要求事項

5

5.1

  振動応答検査

5


C 0057

:2002(IEC 60068-2-57:1999)

目次

( 2 )

ページ 

5.1.1

  基本運動

5

5.1.2

  スプリアス運動

5

5.1.2.1

  横運動

5

5.1.2.2

  回転運動

5

5.1.3

  シグナルトレランス

5

5.1.4

  振動振幅の許容差

6

5.1.4.1

  基準点

6

5.1.4.2

  監視点

6

5.1.5

  振動数の許容差

6

5.1.6

  掃引

6

5.1.7

  減衰比

6

5.2

  時刻歴振動試験

6

5.2.1

  基本運動

6

5.2.2

  横運動

7

5.2.3

  回転運動

7

5.2.4

  要求応答スペクトルの許容範囲

7

5.2.5

  振動数範囲

7

5.2.6

  試験応答スペクトルの計算

7

5.3

  取付け

8

6.

  厳しさ

8

6.1

  試験振動数範囲

8

6.2

  要求応答スペクトル

9

6.3

  時刻歴の回数及び持続時間

9

6.3.1

  時刻歴の回数

9

6.3.2

  時刻歴の持続時間

9

6.3.3

  時刻歴の強い部位の持続時間

9

6.4

  応答の高いピーク数

9

7.

  前処理

9

8.

  初期測定

10

9.

  試験

10

9.1

  概要

10

9.2

  振動応答検査

10

9.3

  時刻歴振動試験

10

9.3.1

  単軸試験

10

9.3.2

  軸試験

10

9.3.3

  軸試験

11

10.

  中間測定

11

11.

  後処理

11

12.

  最終測定

11


C 0057

:2002(IEC 60068-2-57:1999)

目次

( 3 )

ページ

13.

  製品規格に規定する事項

11

附属書 (参考)  人工時刻歴の合成:指針

18

附属書 (参考)  試験振動数範囲

22

解説

23