>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 60050-551

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人電気学会(IEEJ)/財団法人日本規格

協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の

審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 60050-551:1998,International

Electrotechnical Vocabulary

−Part 551 : Power electronics 及び IEC 60050-551-20:2000,International

Electrotechnical Vocabulary

−Part 551-20 : Power electronics を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS C 60050-551

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


C 60050-551

:2005

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲

1

2.

  用語の分類 

1

3.

  定義

1

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

25

 


日本工業規格

JIS

 C

60050-551

:2005

電気技術用語−第 551 部:パワーエレクトロニクス

International Electrotechnical Vocabulary

−Part551 : Power electronics

序文  この規格は,1998 年に第 2 版として発行された IEC 60050-551,International Electrotechnical Vocabulary

−Part 551 : Power electronics 及び 2001 年に第 1 版として発行された IEC 60050-551-20,International

Electrotechnical Vocabulary

−Part 551-20 : Power electronics−Harnonic analysis を翻訳し,技術的内容を変更し

て作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変

更の一覧表をその説明を付けて,

附属書 1(参考)に示す。

1. 

適用範囲  この規格は,電気技術用語のうち,パワーエレクトロニクスに関する用語について規定す

る。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 60050-551:1998

,International Electrotechnical Vocabulary−Part 551: Power electronics (MOD)

IEC 60050-551-20:2001

,International Electrotechnical Vocabulary−Part 551-20 : Power electronics

−Harmonic analysis(MOD)

2. 

用語の分類  用語の分類は,次による。

なお,分類番号は,IEC 60050-551 及び IEC 60050-551-20 の番号を示す。

551-11  

一般

551-12  

電子電力変換装置の種類

551-13  

電子電力スイッチ及び電子交流電力調整装置

551-14  

パワーエレクトロニクス装置の基本構成要素

551-15  

パワーエレクトロニクス装置のアーム及び接続

551-16  

パワーエレクトロニクス装置の動作

551-17  

パワーエレクトロニクス装置の基本特性

551-18  

電子電力変換装置の出力特性曲線

551-19  

安定化電源

551-20  

高調波解析

3. 

定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次による。

なお,対応英語を参考として示す。

備考  丸括弧“( )”を付けてあるものは,対応英語の括弧に対応し,省略可能な語を示す。また,角


2

C 60050-551

:2005

括弧“[ ]”内の用字は,誤解を生じない限り省略することができる。

551-11  

一般

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-11-01 

パワーエレクト 

ロニクス

電力,電子及び制御の技術を総合した,電子

電力変換及び電子電力開閉に関する技術分

野。

power electronics 

551-11-02 

(

電子) (電力)

変換

電子バルブデバイスを用いて,電気的特性の

一つ又はそれ以上を実質的な電力損失なし

に変える作用。

備考  電気的特性には,電圧,電流,周波数

(直流を含む。),位相,相数,波形な

どがある。

(electronic) (power) conversion 

551-11-03 

電子(電力)開閉

電子バルブデバイスを用いた電力の開閉。

electronic (power) switching

551-11-04 

(

電子) (電力)

抵抗値制御

電子デバイスの抵抗値を連続的に変化させ

る制御。

備考  電子デバイスの抵抗値を連続的に変

化させる制御は,実質的な電力損失を

伴うためパワーエレクトロニクスの

範囲外である。

(electronic) (power) resistance control

551-11-05 

(

電子)交直(電

力)変換

交流と直流との間の電力変換。

(electronic) AC/DC (power) conversion

551-11-06 

(

電子) (電力)順

変換,整流

交流から直流への電力変換。

(electronic) (power) rectification

551-11-07 

(

電子) (電力)逆

変換

直流から交流への電力変換。

(electronic) (power) inversion

551-11-08 

(

電子)交流(電

力)変換

交流からほかの交流への電力変換。

(electronic) AC (power) conversion

551-11-09 

(

電子)直流(電

力)変換

直流からほかの直流への電力変換。

(electronic) DC (power) conversion

551-11-10 

直接(電力)変換

中間に直流も交流も介さない電力変換。

direct (power) conversion

551-11-11 

間接(電力)変換

中間に直流又は交流を介した電力変換。

indirect (power) conversion


3

C 60050-551

:2005

551-12  

電子電力変換装置の種類  基本的な電子電力変換装置の例を図 に示す。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-12-01 

(

電子)(電力)変

換装置,(電

子)(パワー)

コンバータ

1

台又はそれ以上の電子電力変換器,及び必

要によって変換装置用変圧器,制御装置,

附属装置などを組み合わせたもので,電力

変換を行う装置(図 1 参照)

(electronic) (power) converter

(electronic) (power) convertor

備考  対応英語では“convertor”が用

いられることもあるが,以降の対
応英語では,

“converter”だけを記載する。

551-12-01A 

[

電子][電力]変

換器

1

台又はそれ以上のバルブデバイスアセン

ブリで構成され,必要に応じて変換装置用

変圧器,制御装置,附属装置などと組み合

わされて,電力変換を行う電気機器。

converter

551-12-02 

交直変換装置

交直変換を行う変換装置。

AC/DC converter

551-12-03 

電圧形[交直]変 

換装置

直流回路が電圧源特性をもつ交直変換装

置。

voltage stiff AC/DC converter 

551-12-04 

電流形[交直]変 

換装置

直流回路が電流源特性をもつ交直変換装

置。

current stiff AC/DC converter 

551-12-05 

直接交直変換装 

中間に直流も交流も介さない交直変換装

置。

direct AC/DC converter 

551-12-06 

間接交直変換装 

中間に直流又は交流を介した交直変換装

置。

indirect AC/DC converter 

551-12-07 

順変換装置,整 

流装置

順変換を行う交直変換装置。

rectifier 

551-12-08 

直接順変換装置

中間に直流も交流も介さない順変換装置。

direct rectifier

551-12-09 

間接順変換装置

中間に直流又は交流を介した順変換装置。

indirect rectifier

551-12-10 

逆変換装置,イ 

ンバータ

逆変換を行う交直変換装置。 

inverter

,invertor

備考  対応英語では“invertor”が用

いられることもあるが,以降の対
応英語では,

“inverter”だけを記載

する。

551-12-11 

電圧形逆変換装 

置,電圧形イ

ンバータ

直流回路が電圧源特性をもつ逆変換装置。

voltage source inverter

,voltage fed

inverter

551-12-12 

電流形逆変換装 

置,電流形イ

ンバータ

直流回路が電流源特性をもつ逆変換装置。

current source inverter

,current fed

inverter

551-12-13 

直接逆変換装置

中間に直流を介さない逆変換装置。

direct inverter

551-12-14 

間接逆変換装置

中間に直流を介する逆変換装置。

indirect inverter

551-12-15 

無効電力補償装 

変換装置の損失以外に有効電力の流れがな

く,無効電力を生成又は消費して無効電力

の補償を行う変換装置。

reactive power converter 

551-12-16 

[

電力用]    アク

ティブフ    ィル
タ,アク    ティ
ブパワー    フィ
ルタ

電力回路に存在する高調波又はリプルの抑

制を目的とする変換装置。

electronic power filter

,active power

filter

551-12-17 

交流変換装置

交流変換を行う変換装置。

AC converter


4

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-12-17A 

他励変換装置

他励転流を用いた変換装置。

externally commutated converter

備考  “line commutated converter”を

用いてもほとんど支障はない。

551-12-17B 

自励変換装置

自励転流を用いた変換装置。

self-commutated converter

551-12-18 

直接交流変換装 

中間に直流を介さない交流変換装置。

direct AC converter

551-12-19 

間接交流変換装 

中間に直流を介した交流変換装置。

indirect AC converter

551-12-20 

電流リンク形間 

接交流変換装

中間の直流回路が電流源特性をもつ間接交

流変換装置。

indirect current link AC converter

551-12-21 

電圧リンク形間 

接交流変換装

中間の直流回路が電圧源特性をもつ間接交

流変換装置。

indirect voltage link AC converter

551-12-22 

周波数変換装置

周波数を変換する交流変換装置。

備考  周波数に加え,電圧,及び必要な場

合,相数も変える交流変換装置も周

波数変換装置と呼ぶ。

frequency converter 

551-12-23 

サイクロコンバ 

ータ

直接変換による周波数変換装置。

備考 1.  サイクロコンバータは,他励転流に

よって,交流電圧からより低い周波

数の交流電圧を出力する。

2.

サイクロコンバータは,自励転流に

よって,交流電圧から適切な周波数

及び期間でサンプルして,より高い

又はより低い周波数の交流電圧を

出力する。

cycloconverter 

551-12-24 

相数変換装置

相数を変える交流変換装置。

phase converter

551-12-25 

交流電圧変換装 

電圧を変える交流変換装置。

AC voltage converter

551-12-26 

共振形変換装置

転流を行う,又はスイッチング損失を低減

する目的で共振回路を用いた変換装置。

resonant converter

551-12-27 

直流変換装置 

直流変換を行う変換装置。

DC converter

551-12-28 

直接直流変換装 

置,直流チョ

ッパ

中間に交流を介さない直流変換装置。

direct DC converter

,DC chopper

551-12-29 

間接直流変換装 

中間に交流を介した直流変換装置。

indirect DC converter 

551-12-30 

フォワードコン 

バータ

可制御主アームの通流期間に電源から負荷

にエネルギーを供給する直流変換装置。

forward converter


5

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-12-31 

フライバックコ 

ンバータ

インダクタンスにエネルギーを蓄積した

後,可制御主アームの非通流期間に,蓄積

したエネルギーを負荷に供給する直流変換

装置。

flyback converter

551-12-32 

ブーストコンバ 

ータ,昇圧チ

ョッパ

入力電圧より高い出力電圧に変換する直接

直流変換装置。

boost converter

,step-up converter

551-12-33 

バックコンバー 

タ,降圧チョ

ッパ

入力電圧より低い出力電圧に変換する直接

直流変換装置。

buck converter

,step-down converter

551-12-33A 

バックブースト 

コンバータ,

昇降圧チョッ

昇圧・降圧の両機能を併せもつ直接直流変

換装置。

buck-boost converter

551-12-34 

一象限変換装置

直流電力の流れる方向が一方向だけの交直

又は直流変換装置。

one-quadrant converter

551-12-35 

二象限変換装置

直流電流が一方向,かつ,直流電圧が両極

性で,又は直流電圧が片極性,かつ,直流

電流が双方向で,直流電力の流れる方向を

双方向にできる交直又は直流変換装置。

two-quadrant converter

551-12-36 

四象限変換装置

直流電圧が両極性,かつ,直流電流が双方

向で,直流電力の流れる方向が双方向の交

直又は直流変換装置。

four-quadrant converter

551-12-37 

可逆変換装置

有効電力の流れを可逆にできる変換装置。

reversible converter

551-12-37A 

双方向変換装置

有効電力の流れを双方向にできる変換装

置。

bidirectional converter

551-12-38

単変換装置

直流電流が一方向だけの電流形可逆交直変

換装置。

single converter

551-12-39 

複変換装置

直流電流が双方向の電流形可逆交直変換装

置。

double converter

551-12-40 

[

複変換装置

の]変換部

直流端子からみたとき,直流電流が常に同

じ方向に流れる,複変換装置の部分。

converter section of a double converter

551-12-41 

多重[接続]変換 

装置

変換器を 2 台以上,並列若しくは直列又は

直並列に多重接続して構成した変換装置。

multi-connected converter

551-12-42 

半導体変換装置

半導体バルブデバイスを用いた変換装置。

備考  用いる半導体バルブデバイスに応じ

て,例えば,サイリスタ変換装置,

トランジスタインバータなどの類似

の用語を用いる。

semiconductor converter


6

C 60050-551

:2005

551-13  

電子電力スイッチ及び電子交流電力調整装置

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-13-01 

電子(電力)スイ 

ッチ

少なくとも一つの可制御バルブデバイスで

構成された,電子電力開閉を行うスイッチ。

electronic (power) switch

551-13-02 

電子交流(電力) 

スイッチ

交流を開閉できる電子スイッチ。

electronic AC (power) switch

551-13-03 

電子直流(電力) 

スイッチ

直流を開閉できる電子スイッチ。

electronic DC (power) switch

551-13-04 

[

電子]交流電力

調整装置

電子交流スイッチを兼ね,位相制御,オン

オフ制御などによって交流電力を調整する

直接交流変換装置。

electronic AC power controller 

551-13-05 

半導体スイッチ

半導体バルブデバイスで構成された電子ス

イッチ。

備考  用いる半導体バルブデバイスに応じ

て,電子スイッチ又は交流電力調整装

置に類似の用語を用いる。例えば,ト

ランジスタスイッチ,サイリスタ電力

調整装置。

semiconductor switch 

551-14  

パワーエレクトロニクス装置の基本構成要素

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-14-01 

[

電子]デバイス  半導体,真空又は電離気体中のキャリアの動

きを利用して機能させるものの総称。

electronic device

551-14-02 

[

電子] [バル

ブ]デバイス

可制御又は非可制御によらず,

実質的な電力

損失なしに一方向だけに通電する機能をも

ち,

電力変換又は電子開閉に用いられる最小

単位電子デバイス。

備考 1.  代表的なバルブデバイスには,サイ

リスタ,整流ダイオード,バイポー

ラトランジスタ,電界効果トランジ

スタ(FET)又は絶縁ゲートバイポ

ーラトランジスタ(IGBT)がある。

2.

二つ以上のバルブデバイスが同じ

半 導 体 チ ッ プ 上 に 一 体 化 さ れ る

(

例:逆導通サイリスタにおけるサ

イリスタ及び整流ダイオード,逆ダ

イオードをもつ電界効果トランジ

スタ)か,又は同じケース内に収納

されること(パワー半導体モジュー

ル)がある。これらは,別々のバル

ブデバイスの組合せとみなす。

electronic valve device 


7

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-14-03 

可制御[バルブ] 

デバイス

順方向に対してオン及び/又はオフ制御が

可能なバルブデバイス。

controllable valve device 

551-14-04 

非可制御[バル 

ブ]デバイ

ス,[整流]ダ

イオード

順方向に対しては制御信号を必要とせず,

ン状態となり,

逆方向に対しては通電を阻止

するバルブデバイス。

non-controllable valve device

,rectifier

diode

551-14-05 

逆阻止[バルブ] 

デバイス

逆方向に対して指定された電圧まで阻止す

ることができるバルブデバイス。

reverse blocking valve device   

551-14-06 

非逆阻止[バル 

ブ]デバイス

逆電圧を実質的に阻止できない可制御バル

ブデバイス。

備考  パワーエレクトロニクス回路におい

て,非逆阻止バルブデバイスに,例え

ば,非可制御バルブデバイス(整流ダ

イオード)を逆並列に接続して,逆電

圧が加わらないような手段が必要な

場合がある。

non-reverse blocking valve device 

551-14-07 

ラッチ形[バル 

ブ]デバイス

ターンオンした後,制御信号(トリガ信号)

を取り去ってもオン状態を持続する可制御

バルブデバイス。

備考 1.  ほとんどのラッチ形バルブデバイ

スは,外部の手段で通電電流を遮断

することによってターンオフする

ことが可能である。

2.

ゲートターンオフサイリスタ(GTO)

は,制御信号によってターンオフが

可能なラッチ形バルブデバイスで

ある。

3.

ラッチ形バルブデバイスは,逆阻止

バルブデバイス又は非逆阻止バル

ブデバイスのいずれでもよい。

latching valve device 

551-14-07A 

非ラッチ形[バ 

ルブ]デバイ

ターンオンした後のオン状態を持続するた

めに制御信号(オン信号)を継続させる必要

があり,

取り去るとターンオフする可制御バ

ルブデバイス。

non-latching valve device

551-14-08 

オンオフ制御 

[

バルブ]デバ

イス

制御端子への制御信号によって,

オン状態及

びオフ状態の双方向に制御可能な可制御バ

ルブデバイス。

switched valve device 

551-14-08A 

オン制御[バル 

ブ]デバイス

オン状態にだけ可制御で,ターンオフは,主

電流が外部主回路の作用でゼロになって行

われる可制御バルブデバイス。

switched-on valve device


8

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-14-09 

半導体[バルブ] 

デバイス

半導体中のキャリアの動きを利用したバル

ブデバイス。

備考  半導体デバイスの製品分野であるパ

ワー

[半導体]デバイスは,半導体バル

ブデバイス以外も含む。

semiconductor valve device 

551-14-10 

真空[バルブ]デ 

バイス

イオン化の影響が無視できる程度に内部の

真空度を高めたバルブデバイス。

high vacuum valve device 

551-14-11 

イオン[バルブ] 

デバイス,ガ

ス[バルブ]デ

バイス

内部のイオン化したガスが主要な役割を行

うバルブデバイス。

ionic valve device

,gas-filled valve

device

551-14-12 

[

バルブデバイ

ス]スタック

1

個又はそれ以上のバルブデバイスを附属

物とともに一体に組み合わせた構造物。

valve device stack 

551-14-13 

[

バルブデバイ

ス]アセンブ

バルブデバイス又はスタックを,

附属物とと

もに取り付け,電気的に接続した構造物。

備考  特定のバルブデバイスだけで構成さ

れたスタック又はアセンブリにも類

似の用語が用いられる。例えば,ダイ

オードスタック(整流ダイオードだけ

で構成された構造物),サイリスタア

センブリ(サイリスタだけ,又は整流

ダイオードと組み合わせて構成され

た構造物)。

valve device assembly 

551-14-14 

転流リアクトル  転流インダクタンスを指定の値とするため

に転流回路に挿入されるリアクトル。

commutation reactor 

551-14-15 

転流コンデンサ  転流電圧を供給するために転流回路に挿入

されるコンデンサ。

commutation capacitor 

551-14-16 

相間リアクトル  同じ鉄心に巻かれた巻線間の電磁結合によ

って位相が異なる 2 組以上の転流群間の並

列運転を可能にするリアクトル。

interphase transformer 

551-14-17 

スナバ(回路)

バルブデバイスに印加される過電圧,

スイッ

チング損失,電流又は電圧の急しゅん(峻)

な立上がりなどを低減するために,

一つ又は

それ以上のバルブデバイスに接続される回

路要素。

備考  スナバには,アールシー(RC)スナバ,

並列スナバ,交流側スナバなどがあ

る。

snubber (circuit)

551-14-18 

直流フィルタ

変換装置の直流側に接続され,

リプルを低減

するためのフィルタ。

DC filter 


9

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-14-19 

交流フィルタ

変換装置の交流側に接続され,

高調波を低減

するためのフィルタ。

AC filter 

551-15  

パワーエレクトロニクス装置のアーム及び接続

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-15-01 

(

バルブ)アーム

変換装置又は電子スイッチの回路におい

て,同時に通電する 1 個又はそれ以上のバ

ルブデバイス及び必要によってその他の回

路部品を含む,交流又は直流の任意の 2 端

子間に接続された部分。

(valve) arm 

551-15-02 

主アーム

変換装置又は電子スイッチの,入力側と出

力側との間での電力の主要な伝達に関与す

るアーム。

備考  動作モードによって,主アームが補

助アームとして動作することも,又

は,反対に補助アームが主アームと

して動作することもある。

principal arm 

551-15-03 

アーム対

同じ向きに直列接続された 2 組のアーム。

備考  アーム対の共通部端子を中点端子,

それ以外の端子を外側端子と呼ぶ。

pair of arms 

551-15-04 

逆並列アーム対

逆向きに並列接続された 2 組のアーム。

pair of antiparallel arms

551-15-05 

補助アーム

主アーム以外のアーム。

備考  補助アームは,次に示す機能のうち,

複数の機能を果たすことがある。バ

イパスアーム,環流アーム,ターン

オフアーム又は回生アーム。

auxiliary arm 

551-15-06 

バイパスアーム

入力側と出力側との間での電力授受なしに

主回路電流を環流させるための補助アー

ム。

by-pass arm 

551-15-07 

環流アーム

非可制御バルブデバイスだけで構成された

バイパスアーム。

free-wheeling arm 

551-15-08 

ターンオフアー 

制御信号でターンオフできない 1 個又はそ

れ以上のラッチ形バルブデバイスで構成さ

れた通電している主アームから電流を一時

的に受け取り,主アームをターンオフさせ

るための補助アーム。

turn-off arm 

551-15-09 

回生アーム

出力側から入力側に電力の一部を回生する

アーム。

regenerative arm 


10

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-15-10 

変換接続

変換装置の主回路のアーム,その他の回路

部品の電気的構成。

converter connection 

551-15-11 

基本変換接続

変換装置内の主アームの電気的接続。

basic converter connection

551-15-12 

(

変換装置の)単

向接続

交流端子に流れる電流が一方向の変換接

続。

single-way connection (of a converter) 

551-15-13 

(

変換装置の)双

向接続

交流端子に流れる電流が双方向の変換接

続。

double-way connection (of a converter)

551-15-14 

ブリッジ[接続]

複数のアーム対の各中点端子を交流端子と

し,外側端子は,同じ極性ごとに並列接続

してそれぞれを直流端子とした双向接続。

bridge connection 

551-15-15 

均一[アーム]接 

すべての主アームが可制御又は非可制御の

いずれか一方だけで構成した変換接続。

uniform connection 

551-15-16 

非可制御[アー 

ム]接続

すべての主アームを非可制御とした均一ア

ーム接続。

non-controllable connection 

551-15-17 

全可制御[アー 

ム]接続

すべての主アームを可制御とした均一アー

ム接続。

fully controllable connection 

551-15-18 

混合[アーム]接 

可制御及び非可制御両方の主アームで構成

した変換接続。

non-uniform connection 

551-15-19 

半数可制御[ア 

ーム]接続

半数の主アームを可制御とした混合アーム

接続。

half-controllable connection 

551-15-19A 

レグ

ブリッジ接続又はマルチレベル接続の 1 相

分を構成するアーム群。

leg

551-15-19B 

マルチレベル接 

レグの交流端子の電位が三つ以上の異なる

値を取る交直変換接続。

multilevel connection

551-15-20 

(

転流群の)多重

接続

同時に転流することがない 2 組以上の転流

群を,相間リアクトルなどを介して並列に

接続した変換接続。

multiple connection (of commutating

groups)

551-15-20A 

(

自励変換装置

の)多重接続

適切な位相関係(パルス位相を含む。)をも

つ 2 組以上の自励変換器を組み合わせて構

成した変換接続。

multi connection (of self-commutated

converters)

551-15-21 

昇降圧接続

個別に制御を行って直流電圧を昇圧又は降

圧する 2 組以上の変換器の直列接続。

boost and buck connection 

551-15-22 

(

直列接続の)段

直列接続された変換器の 1 直列分。1 直列

分が,並列に多重接続された複数の変換器

の場合もある。

stage (of a series connection) 


11

C 60050-551

:2005

551-16  

パワーエレクトロニクス装置の動作

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-16-01 

転流

変換装置において,通電しているアームか

ら次に通電するアームへ,両アームが同時

に通電しながら電流が断続することなく行

われる電流の移り変わり。

commutation 

551-16-02 

転流電圧

転流を行わせる電圧。

commutating voltage

551-16-03 

転流回路

転流が行われる複数のアーム,及び転流電

圧源から構成される回路。

commutation circuit 

551-16-04 

転流期間

転流が行われる複数アームが主電流を同時

に通電している期間。

commutation interval

551-16-05 

重なり角

電気角で表された転流期間。

angle of overlap

551-16-06 

転流ノッチ

電源転流又は回転機転流による変換器の交

流側電圧に,転流によって現れる周期的過

渡電圧。

commutation notch 

551-16-07 

転流インダクタ 

ンス

転流回路に含まれる直列インダクタンスの

合計値。

commutation inductance

551-16-08 

転流群

ほかの主アームへの転流が行われることな

く,相互間だけで周期的に転流が行われる

主アーム群。

commutating group 

551-16-09 

直接転流

補助アームを介さずに,二つの主アーム間

で直接行われる転流。

direct commutation

551-16-10 

間接転流

一つ又はそれ以上の補助アームを介して,

電流が一つの主アームからほかの主アーム

に移り変わる,又は元の主アームに戻る転

流。

indirect commutation 

551-16-11 

他励[転流]

転流電圧が変換装置又は電子スイッチの外

部から与えられる転流。

external commutation

551-16-12 

電源転流

転流電圧が交流電源から与えられる他励転

流。

line commutation

551-16-13 

負荷転流

転流電圧が負荷機器から与えられる他励転

流。

load commutation

551-16-14 

回転機転流

転流電圧が回転機から与えられる他励転

流。

machine commutation

551-16-15 

自励[転流]

転流電圧が変換装置又は電子スイッチの内

部で与えられる転流。

self-commutation

551-16-16 

デバイス転流

制御信号でバルブデバイスをターンオフす

ることによって転流電圧が発生する自励転

流。

備考  次に通電するバルブデバイスが同時

にターンオンする。

valve device commutation 


12

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-16-17 

コンデンサ転流

転流電圧が転流回路内のコンデンサから与

えられる自励転流。

capacitor commutation

551-16-17A 

共振負荷転流

転流電圧が共振負荷から与えられる負荷転

流。

resonant load commutation

551-16-18 

順次転流

転流電圧が次に通電する主アームのターン

オンに起因して与えられるコンデンサ転

流。

auto-sequential commutation 

551-16-19 

消流

転流を伴わない,アーム電流の消滅。

quenching

551-16-20 

デバイス消流

バルブデバイス自身のターンオフ機能によ

って行われる消流。

valve device quenching

551-16-21 

外部消流

バルブデバイスの外部にある要因で行われ

る消流。

external quenching

551-16-22 

消流電圧

消流を行わせる電圧。

quenching voltage

551-16-23 

位相制御

バルブデバイス又はアームの,ターンオン

又はターンオフの位相を変える制御。

phase control 

551-16-24 

対称[位相]制御

全可制御アーム接続又は全可制御転流群の

すべての主アームの制御遅れ角を同一とし

た位相制御。

symmetrical phase control 

551-16-25 

非対称[位相]制 

変換接続又は転流群の主アームの制御遅れ

角を同一とはしない位相制御。

asymmetrical phase control 

551-16-26 

順序[位相]制御

あらかじめ指定された順序に従って制御遅

れ角が決められる非対称位相制御。

sequential phase control 

551-16-27 

パルス制御

繰り返し通電する主アームの電流の,通電

開始点若しくは通電終了時点又はその両方

を変化させる制御。

pulse control 

551-16-28 

パルス幅制御

パルスの繰返し周波数を一定とし,そのパ

ルス幅を変えるパルス制御。

pulse duration control 

551-16-29 

パルス周波数制 

パルス幅を一定とし,そのパルスの繰返し

周波数を変えるパルス制御。

pulse frequency control 

551-16-30 

パルス幅変調制 

御,PWM 制

御(略語)

ある波形を得るために基本波の 1 周期中

に,パルス列の幅若しくは周波数又はその

両方を変調するパルス制御。

pulse width modulation control

,PWM

control (abbreviation)

551-16-31 

サイクル制御

交流の電流を通電するサイクル数と通電し

ないサイクル数との割合を変化させる制

御。

multicycle control 

551-16-32 

電流遅れ角

位相制御によってターンオンを遅らせる時

間を表す電気角。

current delay angle 


13

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-16-33 

[

制御]遅れ角

位相制御においてトリガパルスを基準時点

から遅らせる時間を表す電気角。

備考  他励変換装置における基準時点は,

新たにオン状態となるアームに印加

される電圧が正に転じる時点であ

る。交流電力調整装置においては,

電源電圧が正に転じる時点である。

誘導性負荷の交流電力調整装置で

は,制御遅れ角は,負荷位相角と電

流遅れ角との和である。

trigger delay angle 

551-16-34 

[

制御]進み角

位相制御においてトリガパルスを基準時点

から進める時間を表す電気角。

備考  他励変換装置における基準時点は,

新たにオン状態となるアームに印加

される電圧が負に転じる時点であ

る。

trigger advance angle 

551-16-35 

固有遅れ角

多重転流重なりの運転状態において位相制

御しなくても生じる電流の遅れ角。

備考  多重転流重なりは,例えば,他励 12

パルス変換装置で重なり角が 30 度を

超えた場合に発生する。

inherent delay angle 

551-16-36 

[

電圧]制御率

位相制御において,その他の電圧降下をす

べてゼロと仮定した場合,位相制御してい

ないときの直流電圧に対する,ある遅れ角

における直流電圧の比。

phase control factor 

551-16-37 

サイクル制御率

サイクル制御における通電するサイクル数

と通電しないサイクル数との和に対する,

通電するサイクル数の比。

multicycle control factor 

551-16-38 

パルス幅制御率

重なり角を無視した理想状態を仮定したと

きの,パルス幅制御における主アームの通

流率。

pulse control factor 

551-16-38A 

変調率

パルス幅変調制御における,搬送波振幅に

対する信号波の比。

modulation index

551-16-39 

(

直流変換装置

の)電圧変換

直流変換装置における,入力電圧に対する

出力電圧の比。

transfer factor (of a DC converter)

551-16-40 

オン状態,通流 

状態

バルブデバイス又はアームに電流が流れて

いる状態。

on state

,conduction state

551-16-41 

オフ状態,順阻 

止状態

可制御バルブデバイス又はそれで構成され

たアームが,ターンオン信号が与えられず

に順方向の電流を阻止している状態。

off state

,forward blocking state


14

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-16-42 

逆阻止状態

逆阻止バルブデバイス又はそれで構成され

たアームの主端子(電極)の間に逆電圧が印

加され,電流が流れない状態。

reverse blocking state 

551-16-43 

(

バルブデバイ

ス又はアーム

の)順方向

バルブデバイス又はアームが通電できる方

向。

conducting direction (of an electronic

valve device or of a valve arm)

551-16-44 

(

バルブデバイ

ス又はアーム

の)逆方向

順方向の逆で,バルブデバイス又はアーム

が通電できない方向。

non-conducting direction (of an

electronic valve device or of a valve

arm)

551-16-45 

ホールドオフ期 

ラッチ形バルブデバイスのオン電流がゼロ

となったときから,そのバルブデバイスに

オフ電圧が再び印加されるまでの期間。

hold-off interval 

551-16-46 

素周期

周期的に繰り返される現象の 1 サイクルの

時間。

elementary period 

551-16-47 

素周波数

素周期の逆数。

elementary frequency

551-16-48 

(

アームの)通流

期間

アームに電流が流れている,素周期中の期

間。

conduction interval (of a valve arm)

551-16-49 

(

アームの)非通

流期間

アームに電流が流れていない,素周期中の

期間。

idle interval (of a valve arm)

551-16-50 

通流率

通流期間及び非通流期間の和に対する通流

期間の比。

conduction ratio 

551-16-51 

逆阻止期間

逆阻止バルブデバイス又はそれで構成され

たアームが逆阻止状態にある期間。

circuit reverse blocking interval 

551-16-52 

オフ期間,順阻 

止期間

可制御バルブデバイス又はそれで構成され

たアームがオフ状態にある期間。

circuit off-state interval 

551-16-53 

最大動作オフ電 

可制御バルブデバイス又はそれで構成され

たアームに加わるオフ電圧のうち,繰返し

過渡電圧及び非繰返し過渡電圧を除外した

最大の瞬時値。

circuit crest working off-state voltage 

551-16-54 

ピーク繰返しオ 

フ電圧

可制御バルブデバイス又はそれで構成され

たアームに加わるオフ電圧のうち,繰返し

過渡電圧をすべて含み,非繰返し過渡電圧

をすべて除外した最大の瞬時値。

circuit repetitive peak off-state voltage 

551-16-55 

ピーク非繰返し 

オフ電圧

可制御バルブデバイス又はそれで構成され

たアームに加わるオフ電圧のうち,非繰返

し過渡電圧の最大の瞬時値。

circuit non-repetitive peak off-state

voltage

551-16-56 

最大動作逆電圧

逆阻止バルブデバイス又はそれで構成され

たアームに加わる逆電圧のうち,繰返し過

渡電圧及び非繰返し過渡電圧を除外した最

大の瞬時値。

circuit crest working reverse voltage 


15

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-16-57 

ピーク繰返し逆 

電圧

逆阻止バルブデバイス又はそれで構成され

たアームに加わる逆電圧のうち,繰返し過

渡電圧をすべて含み,非繰返し過渡電圧を

すべて除外した最大の瞬時値。

circuit repetitive peak reverse voltage 

551-16-58 

ピーク非繰返し 

逆電圧

逆阻止バルブデバイス又はそれで構成され

たアームに加わる逆電圧のうち,非繰返し

過渡電圧の最大の瞬時値。

circuit non-repetitive peak reverse

voltage 

551-16-59 

転流失敗

通電しているアームから次のアームへの転

流が行われない異常現象。

commutation failure

551-16-60 

ブレークスルー

可制御バルブデバイス又はそれで構成され

たアームが順阻止期間に阻止能力を失う異

常現象。

breakthrough 

551-16-61 

トリガ

ラッチ形バルブデバイス又はそれで構成さ

れたアームをターンオンさせるための制御

操作。

triggering 

551-16-62 

点弧

ラッチ形バルブデバイス又はそれで構成さ

れたアームの順方向に電流が確立する現

象。

firing 

551-16-62A 

ターンオン

バルブデバイス又はアームの,オフ状態か

らオン状態への切換え。

備考  ラッチ形バルブデバイス又はそれで

構成されたアームの場合は,点弧と

も呼ぶ。

turn-on 

551-16-62B 

ターンオフ

バルブデバイス又はアームのオン状態から

オフ状態への切換え。

turn-off

551-16-62C 

スイッチング

バルブデバイスのターンオン及びターンオ

フの動作。

switching

551-16-63 

誤点弧

ラッチ形バルブデバイス又はそれで構成さ

れたアームが誤った時点で点弧する異常現

象。

false firing 

551-16-64 

通弧

逆変換動作において,アームの通常の通流

期間又はホールドオフ期間の終了時点にお

いて通電を続ける異常現象。

conduction through 

551-16-65 

点弧失敗

ラッチ形バルブデバイス又はそれで構成さ

れたアームが通流期間に通電しない異常現

象。

firing failure 

551-16-66 

(

バルブデバイ

ス又はアーム

の)ブレーク

ダウン

バルブデバイス又はアームが電圧阻止能力

を永久的に失う異常現象。

breakdown (of an electronic valve device

or of a valve arm)


16

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-16-67 

順ブレークダウ 

可制御バルブデバイス又はそれで構成され

たアームが順電圧の阻止能力を永久的に失

う異常現象。

forward breakdown 

551-16-68 

逆ブレークダウ 

逆阻止バルブデバイス又はそれで構成され

たアームが逆電圧の阻止能力を永久的に失

う異常現象。

reverse breakdown 

551-16-69 

[

バルブデバイ

ス]ブロック

可制御バルブデバイス又はそれで構成され

たアームへの制御信号を停止して,新たな

ターンオンを阻止するとともに,オンオフ

制御バルブデバイス又はそれで構成された

アームではターンオフさせる操作。

valve device blocking 

551-16-69A 

ゲートシフト

制御遅れ角を指定された角度に向かって増

加させる操作。

gate shift

551-16-70 

(

直流電流の)断

続通流

周期的に中断する直流電流。

intermittent flow (of direct current)

551-16-71 

(

直流電流の)連

続通流

中断しない直流電流。

continuous flow (of direct current)

551-17  

パワーエレクトロニクス装置の基本特性

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-17-01 

パルス数

素周期中の同時に生じることがない直接

又は間接転流の数。

pulse number 

551-17-01A 

(PWM)

パルス数

PWM

制御自励電圧形変換装置の交流基本

波の半周期中における同一レグ内の転流

回数。

備考  交流基本波の 1 周期中の 1 アームの

ターンオン回数に等しい。

(PWM) pulse number

551-17-01B 

合成周波数

多重接続交直又は直流変換装置の,入力又

は出力側の直流リプル基本周波数。

resultant frequency

551-17-02 

偏位角

順変換接続において,交流側相電圧のピー

クと,電流遅れ角がゼロのときの滑らかで

ない直流電圧の同時又は次のピークとの

位相角。

circuit angle 

551-17-03 

転流数

各転流群における素周期内の転流の数。

commutation number

551-17-04

(欠番) 

551-17-05

(欠番) 

551-17-06

(欠番) 

551-17-07


17

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

(欠番) 

551-17-08 

基本波電力

電圧及び電流の基本波成分によって決ま

る有効電力。

fundamental power

551-17-09 

直流電力

直流電圧(平均値)と直流電流(平均値)と

の積で決まる電力。

DC power

551-17-10 

変換率

入力基本波電力又は入力直流電力に対す

る,出力基本波電力又は出力直流電力の

比。

conversion factor (in general)

551-17-11 

順変換率

順変換における,入力基本波電力に対する

直流電力の比。

rectification factor

551-17-12 

逆変換率

逆変換における,直流電力に対する出力基

本波電力の比。

inversion factor

551-17-13 

交流変換率

交流変換における,入力基本波電力に対す

る出力基本波電力の比。

AC conversion factor 

551-17-14 

直流変換率

直流変換における,電源側直流電力に対す

る負荷側直流電力の比。

DC conversion factor 

551-17-15 

理想無負荷直流 

電圧

位相制御がなく,かつ,バルブデバイスの

立上がり電圧による電圧降下及び微小負

荷における電圧上昇を無視した場合の,交

直変換装置の理論的な無負荷直流電圧。

ideal no-load direct voltage 

551-17-16 

理想制御無負荷 

直流電圧

特定の制御遅れ角で,かつ,バルブデバイ

スの立上がり電圧による電圧降下及び微

小負荷における電圧上昇を無視した場合

の,交直変換装置の理論的な無負荷直流電

圧。

controlled ideal no-load direct voltage 

551-17-17 

規約無負荷直流 

電圧

位相制御なしで,直流電流が連続する範囲

の直流電圧電流出力特性を外挿して得ら

れる無負荷直流電圧。

conventional no-load direct voltage 

551-17-18 

規約制御無負荷 

直流電圧

特定の制御遅れ角で,直流電流が連続する

範囲の直流電圧電流出力特性を外挿して

得られる無負荷直流電圧。

controlled conventional no-load direct

voltage

551-17-19 

実無負荷直流電 

実際の無負荷直流電圧。

real no-load direct voltage 

551-17-20 

臨界電流

電流を減らした場合に転流群の直流電流

が断続する限界の,変換接続の直流電流。

transition current 

551-17-21 

[

他励変換装置

の]直流電圧変

同一制御遅れ角における規約無負荷直流

電圧と負荷時直流電圧との差。電圧安定化

手段がある場合は,その効果を除外する。

direct voltage regulation 


18

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-17-22 

固有直流電圧変 

交流側インピーダンスの影響を除いた直

流電圧変動。

inherent direct voltage regulation 

551-17-23 

総合直流電圧変. 

交流側インピーダンスの影響を含めた直

流電圧変動。

total direct voltage regulation 

551-17-24 

抵抗分直流電圧 

変動

抵抗(バルブデバイスの立上がり電圧を除

く。)による直流電圧変動。

resistive direct voltage regulation 

551-17-25 

誘導分直流電圧 

変動

転流インダクタンスによる直流電圧変動。 inductive direct voltage regulation

551-17-26 

(

バルブデバイス

の)立上がり電

バルブデバイスのオン状態特性を近似す

る直線が電圧軸と交わる点の電圧。

threshold voltage (of an electronic valve

device)

551-17-27 

(

直流側の)リプ

ル電圧

変換装置の直流側電圧に含まれる交流電

圧成分。

ripple voltage (on the DC side)

551-17-28 

直流波形率

直流成分をもつ周期的な変化量の,1 周期

における平均値に対する実効値の比。

DC form factor 

551-17-29 

振幅脈動率

脈動する直流電流の平均値に対する最大

値と最小値との差の半分の比。

備考  振幅脈動率が小さい場合は,最大値

と最小値との和に対する最大値と

最小値との差の比で近似できる。

DC ripple factor 

551-18  

電子電力変換装置の出力特性曲線

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-18-01 

(

変換装置の)出

力特性(曲線)

出力電圧と出力電流との関係を表す曲線。 characteristic (curve) (of a converter)

551-18-02 

(他励変換装置 

の)無制御出力

特性

変圧器,バルブデバイスアセンブリなど,

変換装置の基本構成部品だけで決定され

る出力特性。

natural characteristic (of a line

commutated converter)

551-18-03 

(他励変換装置 

の)制御出力特

外乱量が指定された変動範囲内において,

安定化など付加手段を加えることによっ

て得られる出力特性。

forced characteristic (of a line

commutated converter)

551-18-04 

安定化出力特性

外乱量の変化に対して安定化された出力

特性。

stabilized output characteristic

551-18-05 

安定化電圧出力 

特性

電圧が安定化された出力特性。

stabilized voltage characteristic

551-18-06 

安定化電流出力 

特性

電流が安定化された出力特性。

stabilized current characteristic

551-18-07 

自動始動

変換装置の,自動的に始動する特性。

automatic switching on

551-18-08 

自動停止

変換装置の,自動的に停止する特性。

automatic switching off


19

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-18-09 

出力切換わり特 

安定化機能のあらかじめ決められた値を

変化させることなどによって,ある特性か

ら別の特性に切り換える変換装置の特性。

jumping characteristic 

551-18-10 

複合出力特性

安定化電圧出力特性の部分と安定化電流

出力特性との部分からなる出力特性。

composite characteristic

551-19  

安定化電源

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-19-01 

外乱量

パワーエレクトロニクス分野において,一

般に電源外部から,電源の性能に影響を及

ぼす因子。

influence quantity

551-19-02 

安定化

パワーエレクトロニクス分野において,外

乱量変動の影響による出力値変動を低減

させる作用。

stabilization

551-19-03 

安定化電源

パワーエレクトロニクス分野において,電

気エネルギーを受電し,装置内で安定化し

て,一つ又は複数の出力を供給する電源。

stabilized power supply

551-19-04 

定電圧電源

外乱量の変動に対して出力電圧を安定化

した電源。

constant voltage power supply

551-19-05 

定電流電源

外乱量の変動に対して出力電流を安定化

した電源。

constant current power supply

551-19-06 

定電圧又は定電 

流電源

負荷の状態に応じて定電圧電源又は定電

流電源として動作する安定化電源。

constant voltage or constant current

power supply

551-19-07 

許容変動幅

安定化電源の出力設定値(例えば,公称出

力値)に対する実際の出力値の定常状態に

おける偏差の許容範囲。

tolerance band

551-19-08 

定電圧定電流切 

換わり

出力電流がある設定値に達したときに,定

電圧動作モードから定電流動作モードへ,

又は定電流動作モードから定電圧動作モ

ードへ自動的に切り換わる安定化電源の

動作。

constant voltage to constant current

crossover


20

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-19-09 

[

制御]切換わり

領域

安定化電源において,動作モードの切換わ

り,例えば,定電圧動作モードから定電流

動作モードへの切換わりが生じる出力値

の範囲。

備考 1.  制御切換わり領域内では,出力値

は明確には決まらない。

2.

特に指定がない限り,制御切換わ

り領域は,負荷変動による出力電

圧変動幅と出力電流変動幅,又は

出力電圧許容変動幅と出力電流許

容変動幅とが重なり合った領域で

ある。

crossover area

551-19-10 

制御切換わり点

安定化電源に関して,二つの安定化された

出力の特性曲線(公称値)が互いに交わる

点。通常,制御切換わり領域の中心点であ

る。

crossover point

551-19-11 

[

安定化電源の]

並列運転

類似した出力をもつ安定化電源の出力を

並列に接続し,全負荷電流をこれらのすべ

ての電源で分担し合うように制御する運

転モード。

parallel operation

551-19-12 

スレーブ運転, 

従属運転

安定化電源において,特定の電源(マスタ

電源)の設定値に従って,相互に接続した

電源をこれに整合するように制御する運

転モード。

slave operation

551-20  

高調波解析

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-20-01 

(

フーリエ級数

の)基本波成

分,基本波

周期的に変化する量をフーリエ級数展開

したときの,元の波形と同じ周波数の正弦

波成分。

備考 実際には,十分に長い期間の波形を

とって,それを周期波形とみなして

フーリエ級数展開することがある。

fundamental component (of a Fourier

series)

,fundamental


21

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-20-02 

基準基本波[成 

分]

周期的に変化する量をフーリエ級数展開

したときの,基本波成分の周波数以外です

べての成分の基準となる周波数の正弦波

成分。

備考 1. 基準基本波成分を用いたことが文

脈から明らかなときは,

“基準”を

省略してもよいが,この規格では,

省略しないことを推奨する。

2.

実際には,十分に長い期間の波形を

とって,それを周期波形とみなして

フーリエ級数展開することがある。

3.

パワーエレクトロニクスの分野で

は,交流電源の周波数又は変換装置

の出力量の周波数の正弦波成分を

基準基本波成分として用いること

が多い。

reference fundamental component 

551-20-03 

基本波周波数

基本波成分の周波数。

fundamental frequency

551-20-04 

基準基本波周波 

基準基本波成分の周波数。

備考 基準基本波成分を用いたことが文脈

から明らかなときは,

“基準”を省略

してもよいが,この規格では,省略

しないことを推奨する。

reference fundamental frequency 

551-20-05 

高調波周波数

基本波周波数又は基準基本波周波数の,2

以上の整数倍の周波数。

harmonic frequency 

551-20-06 

次数間高調波周 

波数

基準基本波周波数の非整数倍の周波数。 

interharmonic frequency 

551-20-07 

高調波[成分]

周期的に変化する量の,高調波周波数の正

弦波成分。

備考 実際には,十分に長い期間の波形を

とって,それを周期波形とみなして

フーリエ級数展開することがある。

harmonic component 

551-20-08 

次数間高調波[成 

分]

周期的に変化する量の,次数間高調波周波

数の正弦波成分。

備考 実際には,十分に長い期間の波形を

とって,それを周期波形とみなして

フーリエ級数展開することがある。

interharmonic component 

551-20-09 

[

高調波]次数

ある正弦波成分の周波数の,基本波周波数

又は基準基本波周波数に対する比。

備考 基本波周波数又は基準基本波周波数

の高調波次数は,1 である。

harmonic order 


22

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-20-10 

分数調波[成分]

高調波次数が 1 未満の次数間高調波成分。

備考 分数調波成分を整数分の 1 の高調波

次数の成分だけとしている応用分野

もある。

sub-harmonic component 

551-20-11 

[

総合]ひずみ含

有量

交流量から基本波成分又は基準基本波成

分を差し引いた量。

備考 1.  総合ひずみ含有量は,高調波成分

のほか,次数間高調波成分がある

場合は,それも含む。

2. 

総合ひずみ含有量は,基本波成分

に基準基本波成分を用いたかどう

かによって違ってくる。いずれを

用いたかが明らかでない場合は,

明記することが望ましい。

3. 

総合ひずみ含有量は,時間の関数

である。

4.

交流量とは,直流成分を含まない,

周期的に変化する量である。

total distortion content 

551-20-12 

高調波含有量

周期的に変化する量の高調波成分の和。

備考 1.  高調波含有量は,時間の関数であ

る。

2.

実際には,十分に長い期間の波形

をとって,それを周期波形とみな

してフーリエ級数展開することが

ある。

3. 

高調波含有量は,基本波成分に基

準基本波成分を用いたかどうかに

よって違ってくる。いずれを用い

たかが明らかでない場合は,明記

することが望ましい。

harmonic content 

551-20-13 

[

総合]高調波ひ

ずみ率,THD

  (

略語)

交流量の基本波成分又は基準基本波成分

の実効値に対する,高調波含有量の実効値

の比。

備考 1.  基本波成分に基準基本波成分を用

いたかどうかによっ て違っ てく

る。いずれを用いたかが明らかで

ない場合は,明記することが望ま

しい。

2.

総合高調波ひずみ率は,ある高調

波次数の範囲に限定して求めても

よい。この場合,そのことを記載

する。

total harmonic ratio

,total harmonic

distortion

,THD(abbreviation)


23

C 60050-551

:2005

番号

用語

定義

対応英語(参考)

551-20-13A 

n

次高調波比

交流量の基準基本波成分の実効値に対す

る,次高調波成分又は 次次数間高調波

成分(分数調波成分も含む。)の実効値の

比。

nth harmonic ratio

551-20-14 

[

総合]ひずみ率

交流量の基本波実効値又は基準基本波実

効値に対する,総合ひずみ含有量の実効値

の比。

備考 1.  総合ひずみ率は,基本波成分に基

準基本波成分を用いたかどうかに

よって違ってくる。いずれを用い

たかが明らかでない場合は,明記

することが望ましい。

2.

総合ひずみ率は,ある高調波次数

の範囲に限定して求めてもよい。

この場合,そのことを記載する。

total distortion ratio 

551-20-15 

[

総合]高調波含

有率

交流量の全実効値に対する,高調波含有量

の実効値の比。

備考  総合高調波含有率は,基本波成分に

基準基本波成分を用いたかどうかに

よって違ってくる。いずれを用いた

かが明らかでない場合は,明記する

ことが望ましい。

total harmonic factor 

551-20-16 

[

総合]ひずみ含

有率

交流量の全実効値に対する,総合ひずみ含

有量の実効値の比。

備考  総合ひずみ含有率は,基本波成分に

基準基本波成分を用いたかどうかに

よって違ってくる。いずれを用いた

かが明らかでない場合は,明記する

ことが望ましい。

total distortion factor 

551-20-17 

基本波含有率, 

基本波率

交流量の全実効値に対する,基本波成分又

は基準基本波成分の比。

備考  基本波含有率は,基本波成分に基準

基本波成分を用いたかどうかによっ

て違ってくる。いずれを用いたかが

明らかでない場合は,明記すること

が望ましい。

fundamental factor 


24

C 60050-551

:2005

  1  基本的な電子電力変換装置の例


25

C 60050-551

:2005

附属書 1(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS C 60050-551

:2005  国際電気技術用語−第 551 部:

パワーエレクトロニクス

IEC 60050-551:1998

国際電気技術用語−第 551 部:パワーエレクトロニクス

IEC 60050-551-20:2001

国際電気技術用語−第 551-20 部:パワーエレクトロニクス−高調波解析

( I ) JIS の規定

(II)  国際

規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV)  JIS と国際規格との技術的差異の項目

ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体 
表示方法:点線の下線又は側線

(V)  JIS と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

1.

適用範囲  適用範囲を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

補足的追加であり,技術的差異
はない。

対策は不要。

2.

用語の分

用語の分類を追加し
た。

なし

なし

MOD/

追加

補足的追加であり,技術的差異
はない。

対策は不要。

3.

定義

誤解を生じない限り

省略可能な語の部分
を角括弧“[  ]”でく
くるようにした。ま

た,丸括弧“(  )”及
び角括弧“[  ]”の説
明を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

日本では一部の語を省略した

短縮形が広く用いられており,
短縮形を適用してよいように
した。技術的差異はない。角括

弧“[  ]”の個々の追加箇所の
指摘は,省略する。

日本語だけの省略形であり,

対策は不要。

551-11-01  

次のよ う

に定義した。“電力,

電子及び制御の技術
を総合した電子電力
変換及び電子電力開

閉 に 関 す る 技 術 分
野。

IEC 60050-551

IEC 60050-551 

-20

551-11-01 IEC

の 定 義 の 直 訳

は,“電力制御の有

無にかかわりなく,
電 子 電 力 変 換 又 は
電 子 電 力 開 閉 を 扱

う エ レ ク ト ロ ニ ク
スの分野。

MOD/

変更

日本で広くいきわたっている

Dr. Newell

の定義を考慮した。

実際的な技術的差異はない。

パワーエレクトロニクスの定
義が明確になるので,次回改

正時に変更を提案する。

 
 

25

C

 60050-551


2004

25

C

 60050-551


2005


26

C 60050-551

:2005

( I ) JIS の規定

(II)  国際 
規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV)  JIS と国際規格との技術的差異の項
目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は側線

(V) JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

3.

定義

(続き)

551-11-02  

備考に“電

流”

“位相”及び“波

形”を追加した。

551-11-02 

なし

MOD/

追加

日本では広く用いられてい
る用語の追加であり,技術

的差異はない。

日本語の追加であり,次回改正
時に修正を提案する。

551-11-03  

用語を“電

子(電力)開閉”に変更

した。

551-11-03 

電子(電力)スイッチ
ング

MOD/

変更

パワーエレクトロニクスの
技術分野を表すには“電子

(電力)開閉”のほうが適切
であり,変更した。単なる
“ ス イ ッ チ ン グ ” は ,

551-16-62C

“スイッチング”

として追加した。

日本語の変更であり,次回改正
時に修正を提案する。

551-11-04  

備 考 を 追

加した。

551-11-04 

備考は,ない。

MOD/

追加

パワーエレクトロニクスの
対象外であることを補足説
明した。技術的差異ではな

い。

備考があったほうがパワーエ
レクトロニクスの定義が明確
になるので,次回改正時に追加

を提案する。

551-11-05  

対 応 英 語

の“a.c./d.c.”を“AC/

DC

”に変更した。

551-11-05 

a.c.

/d.c.

MOD/

変更

日本では一般に米国式に大
文字で表しており,それに

ならった。技術的差異はな
い。このほか,多くの用語
の英語で“a.c.”を“AC”に,

“d.c.”を“DC”に変更した。
個々の修正箇所の指摘は省
略する。

IEV 551

全体でも大文字と小文

字とが混在してしまっている。

エディトリアルな見落としで
ある。次回改正時に見直しを提
案する。

551-11-06  

用語に“整

流”を追加した。

551-11-06 

“(電子)(電力)順変
換”だけである。

MOD/

追加

日本では広く用いられてい
る用語の追加であり,技術

的差異はない。

日本語の追加であり,対策は不
要。

 
 

26

C

 60050-551


2005

26

C

 60050-551


2004


27

C 60050-551

:2005

( I ) JIS の規定

(II)  国際 
規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV)  JIS と国際規格との技術的差異の項
目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は側線

(V) JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

3.

定義

(続き)

551-12-01  

用語に電子

電力変換器,制御装置

を追加した。

551-12-01

1

台又はそれ以上の

電子バル ブデ バイ

ス,並びに必要に応
じて変換 装置 用変
圧器,フィルタ及び

附属装置 とで 構成
された,電力変換を
行う装置。

MOD/

変更

日本では電子バルブデバイ
スで構成した部分を変換器

と呼称しているため,この
呼 称 に 合 わ せ る 定 義 と し
た。

制御装置の記載がないため
追加した。 
フィルタは附属装置の一部

であるので削除した。日本
での表現の差異であり技術
的差異はない。

変換器は,日本での使い分けで
あり対策は不要。制御装置は,

次回改正時に追加を提案する。

551-12-01A

“[電子]

 [電力]変換器”を追加
した。

なし

なし

MOD/

追加

日本では変換装置と変換器
とが使い分けられているた
め,追加した。実際上の技

術的差異はない。

日本での使い分けによる追加
であり,対策は不要。

551-12-03 

“電圧型”を

“電圧形”に変更した。

551-12-03 

電圧型交 直変 換装

MOD/

変更

“型”を“形”に改めた。

技術的差異ではない。この
ほか多くの用語で同様に変
更したが,個々の修正箇所

の指摘は省略する。

日本語の修正であり,次回改正

時に修正を提案する。

551-12-07  

用語に“整

流装置”を追加した。

551-12-07 

“順変換装置”だけ
である。

MOD/

追加

日本では広く用いられてい
る用語の追加であり,技術

的差異はない。

日本語の追加であり,対策は不
要。

551-12-11 

用語に“電圧

形インバータ”を追加
した。

551-12-11 

“電圧形 逆変 換装

置”だけである。

MOD/

追加

日本では広く用いられてい

る用語の追加であり,技術
的差異はない。

日本語の追加であり,対策は不

要。

 

27

C

 60050-551


2004

27

C

 60050-551


2005


28

C 60050-551

:2005

( I ) JIS の規定

(II)  国際 
規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV) JIS と国際規格との技術的差異の項目
ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は側線

(V) JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項 目 ご と の
評価

技術的差異の内容

3.

定義

(続き)

551-12-12 

用語に

“電流

形インバータ”を追加

した。

551-12-12 

“電流形逆変換装
置”だけである。

MOD/

追加

日本では広く用いられてい
る用語の追加であり,技術

的差異はない。

日本語の追加であり,対策は不
要。

551-12-17A

“他励変換

装置”を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

日本では広く用いられてい
る用語の追加であり,技術

的差異はない。

次回改正時に追加を提案する。

551-12-17A  

対応英語

に備考を追加した。

なし

なし MOD/追加

対応する英語についての説

明 で あ り 技 術 的 差 異 は な
い。

対策は不要。

551-12-17B

“自励変換

装置”を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

日本では広く用いられてい

る用語の追加であり,技術
的差異はない。

次回改正時に追加を提案する。

551-12-23  

備 考 1. に

“他励転流によって,

を追加した。

551-12-23 

追加した説明は,記
載されていない。

MOD/

追加

備考の説明をより分かりや
すくしたものであり,技術
的差異ではない。

対策は不要。

551-12-23  

備 考 2. に

“自励転流によって,

を追加した。

551-12-23 

追加した説明は,記
載されていない。

MOD/

追加

備考の説明をより分かりや
すくしたものであり,技術
的差異ではない。

対策は不要。

551-12-33A

“バックブ

ーストコンバータ,昇

降圧チョッパ”を追加
した。

なし

なし

MOD/

追加

日本で広く用いられている
用語の追加である。

次回改正時に追加を提案する。

551-12-37A

“双方向変

換装置”を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

日本で広く用いられている

用語の追加である。

次回改正時に追加を提案する。

551-13-04  

用語を

“[電

子]交流電力調整装置”
に変更した。

551-13-04 

交流電力調整装置

MOD/

追加

英語との対応を考慮して省

略できる語として“電子”
を追加した。

対策は不要。

28

C

 60050-551


2005

28

C

 60050-551


2004


29

C 60050-551

:2005

( I ) JIS の規定

(II)  国際 
規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV) JIS と国際規格との技術的差異の項目
ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は側線

(V) JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

3.

定義

(続き)

551-13-04  

定義の一部

を“位相制御,オンオ

フ制御などによって交
流電力を調整する直接
交流変換装置。

”に修正

した。

551-13-04 

可制御直接交流電
圧変換装置として

動作できるユニッ
ト。

MOD/

変更

 

より分かりやすく修正した。 より分かりやすく訳したもの

であり,次回改正時に変更を提

案する。

551-14-02  

用語を“[電

子][バルブ]デバイス”

に変更した。

551-14-02 

バルブデバイス

MOD/

追加

英語との対応を考慮して省
略できる語として“電子”を

追加した。

対策は不要。

551-14-02 

定義に“実質

的な電力損失なしに”
を追加した。

551-14-02 

なし

MOD/

追加

電力変換の定義に対応させ

て,より分かりやすくしたも
のである。

より分かりやすく訳したもの

であり,次回改正時に追加を提
案する。

551-14-06  

定義の一部

を“逆電圧を実質的に
阻止できない”に変更
した。

551-14-06

数ボルト以上の逆

電圧を阻止できな
い。

MOD/

変更

数ボルトと明確に区分でき

ないため表現を変更した。

次回改正時に追加を提案する。

551-14-07A

“非ラッチ

形[バルブ]デバイス”

を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

すべての種類のバルブデバ
イスを説明するために必要

であり追加した。

次回改正時に追加を提案する。

551-14-08 

用語を“オン

オフ制御[バルブ]デバ

イス”とした。

551-14-08 

ゲートターンオフ
バルブデバイス

MOD/

変更

より適切な用語に変更した。 日本語の修正であり,次回改正

時に修正を提案する。

551-14-08A

“オン制御

[バルブ]デバイス”を
追加した。

なし

なし

MOD/

追加

すべての種類のバルブデバ

イスを説明するために必要
であり追加した。

次回改正時に追加を提案する。

551-14-09  

備考を追加

した。

551-14-09 

なし MOD/追加

通常用いられている用語“パ

ワー半導体デバイス”との違
いの説明であり,技術的差異
ではない。 

対策は不要。

29

C

 60050-551


2004

29

C

 60050-551


2005


30

C 60050-551

:2005

 

( I ) JIS の規定

(II)  国際 
規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV)  JIS と国際規格との技術的差異の項
目ごとの評価及びその内容

表示箇所:本体 
表示方法:点線の下線又は側線

(V) JIS と国際規格との技術的
差異の理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

3.

定義

(続き)

551-14-14  

定 義 の 一 部

を“転流インダクタンス
を 指 定 の 値 と す る た め
に”に変更した。 

551-14-14 

転 流 イ ン ダ ク タ ン

ス を 増 加 さ せ る た
めに

MOD/

変更

単なる増加ではなく必要な

値にするためなので,積極
的な表現に変更した。日本
語表現の違いであり技術的

差異はない。

対策は不要。

551-15-03  

備 考 を 追 加

した。

551-15-03 

なし

MOD/

追加

551-15-14

“ブリッジ接続”

の定義でも用いられる日本
語を追加した。

対策は不要。

551-15-19A

“レグ”を追

加した。

なし

なし

MOD/

追加

用語の標準化のために必要

であり,追加した。

次回改正時に追加を提案する。

551-15-19B

“マルチレベ

ル接続”を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

近年広く適用されている接

続であり,追加した。

次回改正時に追加を提案する。

551-15-20

定義に“相間リ

アクトルなどを介して”

を追加した。

551-15-20 

なし

MOD/

追加

具体的例を示してより分か
りやすくしたものであり,

技術的差異ではない。

対策は不要。

551-15-20A

“(自励変換装

置の)多重接続”を追加し
た。

なし

なし

MOD/

追加

広く適用されている接続で

あり,追加した。551-15-20
“(転流群の)多重接続”と
は別用語である。

次回改正時に追加を提案する。

551-16-17A

“共振負荷転

流”を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

近年広く適用されている接
続であり,追加した。

次回改正時に追加を提案する。

551-16-23

定義に“又はタ

ーンオフ”を追加した。

551-16-23 

“ タ ー ン オ ン の 位
相を変える制御”だ
けである。

MOD/

追加

自励転流も考慮した定義と
して修正した。

次回改正時に追加を提案する。

551-16-33

備考に“他励

変換装置”を追加した。

551-16-33 

追加された説明は,
記載されていない。

MOD/

追加

備考の説明をより分かりや
すくしたものであり,技術
的差異ではない。

次回改正時に追加を提案する。

30

C

 60050-551


2005

30

C

 60050-551


2004


31

C 60050-551

:2005

( I ) JIS の規定

(II)  国際 
規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV) JIS と国際規格との技術的差異の項目
ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は側線

(V)  JIS と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

3.

定義

(続き)

551-16-34 

備考に“他励

変換装置”を追加した。 

551-16-34 

追加された説明は,
記載されていない。

MOD/

追加

備考の説明をより分かりや
すくしたものであり,技術的

差異ではない。

次 回 改 正 時 に 追 加 を 提 案 す
る。

551-16-35 

備考を“多重

転流重なりは,例えば,

他励 12 パルス変換装置
で重なり角が 30 度を超
えた場合に発生する。

”と

変更した。

551-16-35 

多重転流重なりは,
電 源 転 流 変 換 装 置

で 重 な り 角 が 大 き
く な っ た と き に 起
きる。

MOD/

変更

具体的例を示してより分か
りやすくしたものであり,技

術的差異ではない。

対策は不要。

551-16-38A

“変調率”を

追加した。

なし

なし

MOD/

追加

自励変換装置で重要な値で

あり,追加した。

自励変換装置の適用拡大を考

慮すると追加するべきと考え
られ,次回改正時に追加を提案
する。

551-16-62A

“ターンオン”

を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

日本語として必要であ 
り,追加した。

英語圏では一般用語であり,
対策は不要。

551-16-62B

“ターンオフ”

を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

日本語として必要であ 
り,追加した。

英語圏では一般用語であり,
対策は不要。

551-16-62C

“スイッチン

グ”を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

日本語として必要であ

り,追加した。

英語圏では一般用語であり,

対策は不要。

551-16-69  

定義に“オン

オフ制御バルブデバイス
又はそれで構成されたア
ームではターンオフさせ

る”を追加した。 

551-16-69

“ 新 た な タ ー ン オ

ンを阻止する”だけ
である。

MOD/

追加

自励転流の場合も考慮した

定義として修正した。

次 回 改 正 時 に 追 加 を 提 案 す

る。

551-16-69A

“ゲートシフ

ト”を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

一般的に採用されている方
式であり,追加した。

次 回 改 正 時 に 追 加 を 提 案 す
る。

551-17-01A

“(PWM)パル

ス数”を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

一般的に利用されている用
語であり,追加した。

次 回 改 正 時 に 追 加 を 提 案 す
る。

31

C

 60050-551


2004

31

C

 60050-551


2005


32

C 60050-551

:2005

( I ) JIS の規定

(II)  国際 
規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV) JIS と国際規格との技術的差異の項目
ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は側線

(V)  JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後の
対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

551-17-01B

“合成周波数”

を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

一般的に利用されている用
語であり,追加した。

次回改正時に追加を提案す
る。

3.

定義

(続き)

551-17-04

“高調波含有量”

を欠番とした。

551-17-04 

高調波含有量

MOD/

変更

551-20-12

に置き換えられて

おり,欠番とした。

対策は不要。

551-17-05

“(総合)高調波

含有率”を欠番とした。

551-17-05 

(総合)高調波含有率

MOD/

変更

551-20-15

に置き換えられて

おり,欠番とした。

対策は不要。

551-17-06

“総合ひずみ率”

を欠番とした。

551-17-06 

総合ひずみ率

MOD/

変更

551-20-14

に置き換えられて

おり,欠番とした。

対策は不要。

551-17-07

“基本波率”を

欠番とした。

551-17-07 

基本波率

MOD/

変更

551-20-17

に置き換えられて

おり,欠番とした。

対策は不要。

551-17-21 

用語を“[他励

変換装置の]直流電圧変

動”に修正した。

551-17-21 

直流電圧変動率

MOD/

変更

用語の適用範囲が他励変換
装置であることを明確化し

た。“率”が付いているのは
誤りであり,削除した。

日本語の誤りであり,次回
改正時に追加及び修正を提

案する。

551-17-22

用語を“固有直

流電圧変動”に修正した。

551-17-22 

固有直流電圧変動率

MOD/

変更

“率”が付いているのは誤り
であり,削除した。

日本語の誤りであり,次回
改正時に修正を提案する。

551-17-23

用語を“総合直

流電圧変動”に修正した。

551-17-23 

総合直流電圧変動率

MOD/

変更

“率”が付いているのは誤り

であり,削除した。

日本語の誤りであり,次回

改正時に修正を提案する。

551-17-24

用語を“抵抗分

直流電圧変動”に修正し
た。

551-17-24 

抵抗分直流電圧変動

MOD/

変更

“率”が付いているのは誤り

であり,削除した。

日本語の誤りであり,次回

改正時に修正を提案する。

551-17-25

用語を“誘導分

直流電圧変動”に修正し
た。

551-17-25 

誘導分直流電圧変動

MOD/

変更

“率”が付いているのは誤り

であり,削除した。

日本語の誤りであり,次回

改正時に修正を提案する。

32

C

 60050-551


2005

32

C

 60050-551


2004


33

C 60050-551

:2005

( I ) JIS の規定

(II)  国 際
規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV) JIS と国際規格との技術的差異の項目
ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は側線

(V)  JIS と国際規格との技
術的差異の理由及び今後の
対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

551-17-26

用語を“(バル

ブデバイスの)立上がり

電圧”に修正した。 

551-17-26 

(バルブデバイスの)
立上り電圧

MOD/

変更

“立上り”を“立上がり”と
改めた。

日本語の修正であり,次回
改正時に修正を提案する。

3.

定義

(続き)

551-18-02

用語を“(他励

変換装置の)無制御出力

特性”に修正した。

551-18-02 

(他励変換装置の)自
然出力特性

MOD/

変更

用語をより分かりやすく修
正した。

日本語の修正であり,次回
改正時に修正を提案する。

551-18-03

用語を“(他励

変換装置の)制御出力特
性”に修正した。

551-18-03 

(他励変換装置の)強

制出力特性

MOD/

変更

用語をより分かりやすく修

正した。

日本語の修正であり,次回

改正時に修正を提案する。

551-19-06 

用語を“定電圧

又は定電流電源”に変更
した。

551-19-06 

定電圧/定電流電源

MOD/

変更

英語に直接対応した用語に

変更した。

日本語の修正であり,次回

改正時に修正を提案する。

551-19-11 

定義に“[安定

化電源の]

”を追加した。 

551-19-11 

追加された説明は,
記載されていない。

MOD/

追加

定義をより分かりやすくし
たものであり,技術的差異で
はない。

次回改正時に追加を提案す
る。

551-19-12  

用語に“従属

運転”を追加した。

551-19-12 

“スレーブ運転”だ
けである。

MOD/

追加

日本では広く用いられてい
る用語の追加であり,技術的
差異はない。

対策は不要。

551-19-12 

定義の一部 を

“特定の電源(マスタ電

源)の”とした。

551-19-12 

マスタ電源だけの

MOD/

変更

より分かりやすく訳した。

対策は不要。

551-20-01 

備考を“実際に

は,十分に長い期間の波

形をとって,それを周期
波形とみなしてフーリエ
級 数 展 開 す る こ と が あ

る。

”とした。

551-20-01 

備考    実際の解析で
は,周期性について

の近似が必要になる
ことがある。

MOD/

変更

より分かりやすく訳した。

対策は不要。

 

33

C

 60050-551


2004

33

C

 60050-551


2005


34

C 60050-551

:2005

( I ) JIS の規定

(II)  国 際

規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV)  JIS と国際規格との技術的差異の項

目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体 
表示方法:点線の下線又は側線

(V)  JIS と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

3.

定義

(続き)

551-20-02 

備考 2.を“実際

には,十分に長い期間の
波形をとって,それを周

期波形とみなしてフーリ
エ級数展開することがあ
る。

”とした。

551-20-02 

備考    実際の解析で
は,周期性について
の近似が必要になる

ことがある。

MOD/

変更

より分かりやすく訳した。

対策は不要。

551-20-07 

備考を“実際に

は,十分に長い期間の波
形をとって,それを周期

波形とみなしてフーリエ
級 数 展 開 す る こ と が あ
る。

”とした。

551-20-07 

備考    実際の解析で
は,周期性について
の近似が必要になる

ことがある。

MOD/

変更

より分かりやすく訳した。

対策は不要。

551-20-08 

備考を“実際に

は,十分に長い期間の波
形をとって,それを周期
波形と見なしてフーリエ
級 数 展 開 す る こ と が あ
る。

”とした。

551-20-08 

備考    実際の解析で
は,周期性について

の近似が必要になる
ことがある。

MOD/

変更

より分かりやすく訳した。

対策は不要。

551-20-12 

備考 2.を“実際

には,十分に長い期間の
波形をとって,それを周
期波形とみなしてフーリ
エ級数展開することがあ
る。

”とした。

551-20-12 

備考    実際の解析で
は,周期性について

の近似が必要になる
ことがある。

MOD/

変更

より分かりやすく訳した。

対策は不要。

551-20-13A

次高調波

比”を追加した。

なし

なし

MOD/

追加

関連用語として必要であり

追加した。

 

次回 改 正 時に 追 加を 提 案す

る。

34

C

 60050-551


2005

34

C

 60050-551


2004


35

C 60050-551

:2005

( I ) JIS の規定

(II)  国 際
規格番号

(III)  国際規格の規定

(IV)  JIS と国際規格との技術的差異の項
目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体

表示方法:点線の下線又は側線

(V)  JIS と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対策

項目 
番号

内容

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

3.

定義

(続き)

551-20-17 

用語に“基本波

率”を追加した。

551-20-16 

用語は,“基本波含
有率”だけである。

MOD/

追加

日本では広く用いられてい
る用語の追加であり,技術

的差異はない。

対策は不要。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

− IDT 技術的差異がない。 
− MOD/追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
− MOD/変更  国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

− MOD  国際規格を修正している。

35

C

 60050-551


2004

35

C

 60050-551


2005