>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 6870-2

:2006

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人光産業技術振興協会(OITDA)/財団

法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

制定に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,IEC 60794-2:2002,Optical fibre cables

−Part 2: Indoor cables−Sectional specification を基礎として用いた。

この規格の一部が,技術的性質を持つ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準審査会

は,このような技術的性質を持つ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS C 6870-2

には,次に示す附属書がある。

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表


C 6870-2

:2006

目  次

ページ

序文 

1

1.

  適用範囲  

1

2.

  引用規格

1

3.

  光ファイバケーブル構成部材及び構造 

2

3.1

  光ファイバ及び一次被覆 

2

3.2

  バッファ 

3

3.3

  補強光ファイバ

3

3.4

  溝付きコア 

3

3.5

  チューブ 

3

3.6

  テープ形光ファイバ心線(リボン)構造 

3

3.7

  抗張力及び抗座屈体

3

3.8

  シース

3

3.9

  シースマーキング

3

3.10

  識別

3

4.

  光ファイバケーブルの試験 

3

4.1

  寸法

3

4.2

  機械特性要求事項

3

4.3

  耐環境特性要求事項

4

4.4

  伝送特性要求事項

4

4.5

  燃焼特性 

4

5.

  包装

4

6.

  品質保証

4

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

5

 


日本工業規格

JIS

 C

6870-2

:2006

光ファイバケーブル

第 2 部:屋内ケーブルー品種別通則

Indoor optical fiber cables

−Part 2: Sectional specification

序文  この規格は,2002 年に第 3 版として発行された IEC 60794-2,Optical fibre cables−Part 2: Indoor cables

−Sectional specification を翻訳し,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変更の一覧

表をその説明を付けて,

附属書(参考)に示す。

1. 

適用範囲  この規格は,電話,データ伝送及びその周辺機器並びに伝送ネットワークに使用される屋

内用光ファイバケーブルに対する要求事項について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

IEC 60794-2:2002

,Optical fibre cables−Part 2: Indoor cables−Sectional specification (MOD)

2. 

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 3666-2

  電気ケーブルの燃焼時発生ガス測定試験方法−第 2 部:電気ケーブル材料の燃焼時にお

ける pH 及び導電率による発生ガスの酸性度測定

備考 IEC 

60754-2

,Test on gases evolved during combustion of electric cables−Part 2: Determination of

degree of acidity of gases evolved during the combustion of materials taken from electric cables by

measuring pH and conductivity

が,この規格と一致している。

JIS C 6820

  光ファイバ通則

備考 IEC 

60793-1-1

,Optical fibres−Part 1-1: Measurement methods and test procedures−General and

guidance

及び IEC 60793-2,Optical fibres−Part 2: Product specifications−General からの引用事

項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS C 6822

  マルチモード光ファイバ構造パラメータ試験方法

JIS C 6825

  シングルモード光ファイバ構造パラメータ試験方法

備考 IEC 

60793-1-20

,Optical fibres−Part 1-20: Measurement methods and test procedures−Fibre

geometry

及 び IEC 60793-1-21 , Optical fibres − Part 1-21: Measurement methods and test

procedures

−Coating geometry からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS C 6832

  石英系マルチモード光ファイバ素線

JIS C 6833

  多成分系マルチモード光ファイバ素線


2

C 6870-2

:2006

備考  IEC 60793-2,Optical fibres−Part 2: Product specifications からの引用事項は,この規格の該当

事項と同等である。

JIS C 6835

  石英系シングルモード光ファイバ素線

備考 IEC 

60793-2

,Optical fibres−Part 2: Product specifications 及び IEC 60793-2-50,Optical fibres

−Part 2-50: Product specifications−Sectional specification for class B single-mode fibres からの引

用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS C 6838

  テープ形光ファイバ心線

備考 IEC 

60794-1-2

,Optical fibre cables−Part 1-2: Generic specification−Basic optical cable test

procedures

及び IEC 60794-3,Optical fibre cables−Part 3: Telecommunication cables−Sectional

specification

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS C 6850

  光ファイバケーブル通則

備考 IEC 

60794-1-1

,Optical fibre cables−Part 1-1: Generic specification−General からの引用事項は,

この規格の該当事項と同等である。

JIS C 6851

  光ファイバケーブル特性試験方法

備考 IEC 

60794-1-2

,Optical fibre cables−Part 1-2: Generic specification−Basic optical cable test

procedures

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

IEC 60189-1

,Low-frequency cables and wires with PVC insulation and PVC sheath−Part 1: General test and

measuring methods

IEC 60304

,Standard colours for insulation for low-frequency cables and wires

IEC 60332-1-1

,Tests on electric and optical fibre cables under fire conditions−Part 1-1: Test for vertical flame

propagation for a single insulated wire or cable

−Apparatus

IEC 60332-3-24

,Tests on electric cables under fire conditions−Part 3-24: Test for vertical flame spread of

vertically-mounted bunched wires or cables

−Category C

IEC 60754-1

,Test on gases evolved during combustion of materials from cables−Part 1: Determination of the

amount of halogen acid gas

IEC 61034-1

,Measurement of smoke density of cables burning under defined conditions−Part 1: Test

apparatus

IEC 61034-2

,Measurement of smoke density of cables burning under defined conditions−Part 2: Test

procedure and requirements

3. 

光ファイバケーブル構成部材及び構造

3.1 

光ファイバ及び一次被覆  光ファイバ及びその一次被覆は,JIS C 6820 及び JIS C 6832JIS C 6833

又は JIS C 6835 の要求事項を満足しなければならない。

3.2 

バッファ  バッファが存在する場合,バッファは,光ファイバ素線上に適切な材料によってルース

又はタイトに施す。光ファイバ素線とルースバッファとのすき間は,適切で容易に変形する材料によって

充てんされていてもよい。バッファは,容易に除去可能でなければならない。

3.3 

補強光ファイバ  タイトに二次被覆された光ファイバに対し,1 本又は 2 本の非金属抗張力体を埋め

込んだ適切な材料のシースで覆うことによって,更に保護を施してもよい。


3

C 6870-2

:2006

3.4 

溝付きコア  溝付きコアは,決められた数のら旋又は SZ 形状の溝をコアの長手方向に付けながら,

適切な材料を押し出すことによって製造する。1 本又は複数本の一次被覆光ファイバ若しくはテープ形光

ファイバ心線又は光ファイババンドルのような光学部材をそれぞれの溝の中に配置する。

3.5 

チューブ  光ファイバがチューブの中に配置されている場合には,1 本又は複数本の一次被覆光ファ

イバ又はテープ形光ファイバ心線が,1 本のチューブにルース構造又はそれ以外の構造で収納され,チュ

ーブの中は充てん材で満たされていてもよい。チューブは,複合的な外装で補強してもよい。

3.6 

テープ形光ファイバ心線(リボン)構造  光ファイバを,テープ形光ファイバ心線(リボン)の形

態で使用する場合の構造は,JIS C 6838 の 6.(材料,形状及び寸法)による。テープ形光ファイバ心線は,

一般的に 2,4,8 又は 12 心の光ファイバで構成する。テープ形光ファイバ心線の中の光ファイバは,全長

にわたって平行であり,交差してはならない。

3.7 

抗張力及び抗座屈体  一般的にケーブルは,光ファイバが受渡当事者間で合意した限界値を超える

ひずみを受けることがないよう,布設及び運用条件を満足するのに十分な抗張力体及び/又は抗座屈体を

使用して設計しなければならない。

抗張力及び/又は抗座屈体は,金属又は非金属材料で,ケーブルコアの内部及び/又はシースの内側及

び/又はシース内部に位置していてもよい。

3.8 

シース  ケーブルコアは,保護シースによって一様に覆われていなければならない。

3.9 

シースマーキング  要求がある場合には,ケーブルは,受渡当事者間で合意した方法でマーキング

を施さなければならない。

3.10 

識別  採用する識別システムは,受渡当事者間の合意による。被覆光ファイバ又はバッファ付光フ

ァイバの識別には,色分け又は位置による識別のほか,リングマーキング,間けつ(歇)マーキング,ト

レーサによる方法などがある。また,ケーブル中のチューブの識別には,番号付け,色分けなどの方法が

ある。色分けによる識別には,可能な限り IEC 60304 に準じた標準色を使用することが望ましい。ケーブ

ルシースは,色分けするか又はシース内の印刷によって,例えば,光ファイバ種別がコア/クラッドが

50/125

µm のマルチモード光ファイバであると分かるようにしてもよい。

4. 

光ファイバケーブルの試験  関連するケーブル規格の要求に沿って試験を実施することによって,4.1

から 4.5 の規格要求事項を満足することを確認しなければならない。受渡当事者は,すべての試験を実施

する必要はなく,また,試験頻度は,受渡当事者間の合意によって決める。

備考  パッチコードとして使用するケーブルに対する試験は,検討中である。

4.1 

寸法  光ファイバの寸法及び公差の試験方法は,JIS C 6822 又は JIS C 6825 による。バッファ及び

ケーブルの外径並びにシースの厚さは,IEC 60189-1 に従って測定する。

4.2 

機械特性要求事項

4.2.1 

引張特性  JIS C 6851 の 5.IEC 60794-1-2 方法 E1)による。

4.2.2 

圧壊  JIS C 6851 の 7.IEC 60794-1-2 方法 E3)による。

4.2.3 

衝撃  JIS C 6851 の 8.IEC 60794-1-2 方法 E4)による。

4.2.4 

曲げ  JIS C 6851 の 14.IEC 60794-1-2 方法 E11)による。

4.2.5 

繰返し曲げ  JIS C 6851 の 10.IEC 60794-1-2 方法 E6)による。

4.2.6 

張力下での曲げ  JIS C 6851 の 20.IEC 60794-1-2 方法 E18)による。

4.2.7 

低温下での曲げ  JIS C 6851 の 14.IEC 60794-1-2 方法 E11)による。

4.2.8 

フレキシング  JIS C 6851 の 12.IEC 60794-1-2 方法 E8)による。


4

C 6870-2

:2006

4.2.9 

ねじり  JIS C 6851 の 11.IEC 60794-1-2 方法 E7)による。

4.2.10 

キンク  JIS C 6851 の 13.IEC 60794-1-2 方法 E10)による。

4.3 

耐環境特性要求事項

4.3.1 

温度サイクル  JIS C 6851 の 23.IEC 60794-1-2 方法 F1)による。

4.4 

伝送特性要求事項  伝送特性要求事項は,受渡当事者間で合意され,JIS C 6832JIS C 6833 又は

JIS C 6835

に従って確認するものとする。ケーブル伝送損失の最大値は,JIS C 6850 の規定を満足しなけ

ればならない。

4.5 

燃焼特性  JIS C 3666-2IEC 60332-1-1IEC 60332-3-24IEC 60754-1IEC 61034-1,若しくは IEC 

61034-2

によるか,又は受渡当事者間で合意したほかの試験方法による。

5. 

包装  ケーブルは,リール巻き又は束取りの状態で供給され,輸送に耐える適切な保護,ケーブル両

端末の封止,及び必要な場合には,防湿処置を施さなければならない。

6. 

品質保証  規格要求事項に対するケーブルの適合性は,4.の該当する項目に規定する試験を実施する

ことによって検証する。

製品がこの規格の要求事項を満足することを確実にする品質管理手順によって,品質保証体制を確立す

ることは,製造業者の責任である。購入者が,ほかの品質手順によって受入検査を行う場合には,発注時

に受渡当事者間で基本的な合意がなされているものとする。


5

C 6870-2

:2006

附属書(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

JIS C 6820-2:2006

  屋内用光ファイバケーブル

IEC 60794-2:2002

,光ファイバケーブル−第 2 部:室内ケーブル−品種別通

(

Ⅰ) JIS の規定

(

Ⅲ)  国際規格の規定

(

Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容 
  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線

項目 
番号

内容

(

Ⅱ)  国際

規格番号

項目 
番号

内容

項目ごとの
評価

技術的差異の内容

(

Ⅴ)  JIS と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

1.

適用 範

屋 内 用 光 フ ァ イ バ ケー ブ
ルについて規定。

IEC 

60794-2 

1

JIS

に同じ

IDT

2.

引用 規

JIS C 3666-2

JIS C 6820

JIS C 6822

JIS C 6825 

JIS C 6832

JIS C 6833 

JIS C 6835

JIS C 6838 

JIS C 6850

JIS C 6851

IEC 60189-1

IEC 60304

IEC 60332-1-1

IEC60332-3-24

IEC 60754-1

IEC 61034-1

IEC 61034-2 

2

IEC 60189-1

IEC

60304

IEC 60332-1-1

IEC 60332-3-24

IEC 

60754-2

IEC 60793-2

IEC 60793-1-20

IEC 

60793-1-21

IEC  

60794-1-1

IEC  

60794-1-2

IEC 

61034-1

IEC 61034-2

MOD

/変更  JIS からの引用事項

は,対応 IEC 規格の
該当事項と同等であ

る。

実質的な差異はない。

3.

光フ ァ

イバケー
ブル構成
部材及び

構造

光ファイバ及び一次被覆,

バ ッ フ ァ , 補 強 光 ファ イ
バ,溝付きコア,チューブ,
テ ー プ 形 光 フ ァ イ バ心 線

構 造 , 抗 張 力 及 び 抗座 屈
体,シース,シースマーキ
ング,識別

3

構造

MOD

/変更

内容記述のない規定

の追加,削除及び光
ファイバ,ケーブル
シースの色コード事

例 を 解 説 に 移 行 し
た。

色コードの事例は,位置付けが不明確

で,国内の一般化しているものと異な
るため,規定から削除した。

4.

光フ ァ

イバケー
ブルの試

寸法,機械特性要求事項,
耐環境特性要求事項,伝送
特性要求事項,燃焼特性

4

JIS

にほぼ同じ

MOD

/変更

JIS

は,具体的な個別

規格を引用し,規定
した。

実質的な差異はない。

5

C XX

XX

0000

5

C

6870-2:2006


6

C 6870-2

:2006

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  IDT………………  技術的差異がない。

    ―  MOD/変更………  国際規格の規定内容を変更している。

2.

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―  MOD……………  国際規格を修正している。