>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 6861 :

 19
99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS C 6861:1999

  全プラスチックマルチモード光ファイバ機械特性試験法

IEC 60793-2 : 1992

  Optical fibres Part 2 : Product specifications

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の

対策

適用範囲

○  全プラスチックマルチモー

ド光ファイバの機械特性試

験方法を規定

IEC 60793-2

及び

60794-1 

○ 機械特性の試験方法については,

60793-2

の中で,個別に 60794-1

を参照している。

試験方法

○  引張試験,圧壊試験,衝撃試

験,繰返し曲げ試験,コード
曲げ試験,コードねじり試験
について規定

IEC 60793-2

及び

60794-1 

○ 引張試験,圧壊試験,衝撃試験,

繰返し曲げ試験,コード曲げ試
験,コードねじり試験について規
定。

≠ 引張試験について,JIS は素

線については引張降伏強さ
及び伸びを規定,コードは

5%

伸び張力を規定。IEC 

は 5%伸び状態での引張強度
と損失の変化を測定するよ
う規定。

IEC

の製品規格内の引張試

験方法の部分を,JIS と整合
するよう改訂を提案予定。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等ではない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。