>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 6834 :

 19
99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS C 6834:1999

  プラスチッククラッドマルチモード光ファイバ素線

IEC 60793-2 : 1992

  Optical fibres-Part 2 : Product specifications

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の対策

適用範囲

○  プラスチッククラッドマル

チモード光ファイバの特性,

材料,構造を規定

IEC 60793-2 

○ 石英系グレーデッドインデック

ス形,同ステップインデックス

形,プラスチッククラッド,全プ
ラスチック光ファイバについて
規定

= JIS ではプラスチックマルチ

モード光ファイバだけにつ

いて規定

伝送特性及び構
造パラメータ性

○  4 種類のタイプについて規定 IEC 60793-2 

(18.4

21) 

○ 3 種類の製品について規定

× JIS では低 NA,広帯域のタ

イプ 1 種類を追加して規定

(

他の 3 種類は一致)

低 NA,広帯域のタイプを国
際規格に提案中

光ファイバ被膜

及び着色

IEC 60793-2 

(18.2

18.319)

○ 一次被膜,二次被膜材質及び着色

について概略の要求事項を規定

× 左記

他の種類の光ファイバ心線

と併せて JIS C 6831 の中で
整合化を検討する。

環境特性

IEC 60793-2 

(22) 

○ 温度特性測定法について規定

× 左記

光ファイバ心線全般の試験

方法として JIS C 6831 等で
整合化を検討する。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”(ADOPTION の略):JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。

ただし,採用した部分において,JIS として必要な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不
採用としている。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。