>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 6821 :

 19
99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS C 6821:1999

  光ファイバ機械特性試験方法

IEC 60793-1-3 : 1995

  Optical fibres-Part 1 : Generic specification

Section 3 : Measuring methods for mechanical characteristics

IEC 60793-1-3 : 1996

  Amendment 1

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

適用範囲

○  光ファイバ素線,光ファイバ

心線並びに光ファイバコー
ドの機械特性試験方法につ

いて適用。

IEC 60793-1-3 

○ 光ファイバ素線,光ファイバ心線

の機械特性試験方法について適
用。

≠ IEC では,光ファイバ素線,光

ファイバ心線だけ記載。

JIS

では,上記 IEC 以外に,光

ファイバコード試験方法も
記載。

測定方法の種類  ○  光ファイバ素線,光ファイバ

心線の試験方法

・スクリーニング試験方法

・短尺光ファイバの引張強

度測定法

・被履除去性の測定法

・動的疲労係数測定法 
・静的疲労係数測定法

・光ファイバカールの測定

光ファイバコードの試験方

・引張試験法 
・圧壊試験法 
・衝撃試験法

・繰返し曲げ試験法 
・コード曲げ試験法 
・コードねじり試験法

IEC 60793-1-3 

○ 光ファイバ素線,光ファイバ心線

の試験方法

・スクリーニング試験方法

・短尺光ファイバの引張強度測

定法

・被覆除去性の測定法

・動的疲労係数測定法 
・静的疲労係数測定法 
・光ファイバカールの測定法

≠ 上記と同じ。

現状の IEC では,光ファイバ
コードの試験方法が規定さ
れていないため,JIS と整合

するように IEC 規格の改訂
を今後提案予定。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次のとおりである。

“≠”

JIS と国際規格と技術的に同等でない(JIS の要求事項が多いため)。