>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 6492 :

 19
98
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS C 6492:1998

  プリント配線板用銅張積層板一耐燃性ガラス布基材ビスマレイミ

ドトリアジン・エポキシ樹脂

IEC 60249-2-18:1992

  プリント配線板用銅張積層板(耐燃性ガラス布基材ピスマレイミド/ト

リアジン/エポキシ樹脂)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  ガラス布基材ピスマレイミ

ドトリアジン・エポキシ樹脂
を用いたプリント配線板用
銅張積層板について規定す

る。

○ 同左

≡ 特になし

(2)

用語・記号

○  材料・性能を表す記号につい

て規定する。

○ 同左

≡ 特になし

(3)

種類・等級

○  標準品・高品質品について規

定する。

○ 同左

≡ 特になし

(4)

性能

○  電気的・非電気的性能及び外

観について規定する。

○ 同左

≠ JIS においては,下記の項目を

任意項目とした。

・表面電食性 
・端部電食性

・200℃での表面抵抗 
・200℃での体積抵抗率

新たに“絶縁抵抗”の項目を
追加した。

“表面電食性”及び“端部電
食性”については,日本にお

いては品質改善によって考
慮する必要のないレベルに
早くから達しており,省略し

ても問題はない。もし,絶縁
材料部分の異常があれば新
しく追加した“絶縁抵抗”の

測定において異常値が検出
できる。 
  “200℃での表面抵抗”及

び“200℃での体積抵抗率“の
試験項目は,使用条件を無視
し,ガラス転移温度に近い温

度条件下における測定であ
り,手間のかかるわりには得
られる情報の少ない測定法

であるため,特に要求のない
限り省略すべき試験項目で
ある。


 

2

C

 6492 :

 19
98
 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

  なお,前述の試験項目を任
意項目とすること及び“絶縁
抵抗”試験の追加について

は,提案中である。 

(5)

成分・化学的

性質,物理的
性質

○  銅はくの接着に関係する特

性及び打ち抜き・機械加工性
について規定する。

○ 同左

≠ JIS においては,下記の項目を

任意項目とした。

・ランド引きはがし強さ

・175℃加熱後の銅はく引き

はがし強さ

・溶媒蒸気にさらされた後の

銅はく引きはがし強さ

・受渡当事者間で合意した溶

媒にさらされた後の銅は

く引きはがし強さ

・めっき模擬実験後の銅はく

引きはがし強さ

IEC

に規定されている方法

の多くは,銅はくの接着力が
極めて不安定であったころ
に制定されたものであるた

め,数多くの条件を想定して
試験法と規格値を定めてい
るが,現在ではいずれの項目

も問題なく合格できるレベ
ルであり,はんだ付けを考慮
想定した熱処理後の引きは

がし強さの測定と銅はく面
の異常の調査で十分と考え
られるため,JIS においては

任意項目とした。 
  なお,前述の試験項目を任
意項目とすることについて

は,提案中である。

(6)

形状・寸法及
び 寸 法 許 容

○  銅張積層板の寸法とその許

容差について規定する。

○ 同左

= 日本の取引の現状を考慮し

て,銅張積層板の寸法につい

てはメートル系のものを推
奨することとした。

メートル系のものについて
は , 日 本 か ら の 提 案 に よ っ

て,IEC にも追加規定された
ものである。

(7)

材料・原料

○  用いる材料と,その構成につ

いて規定する。

○ 同左

(8)

試験方法

○  JIS C 6481,IEC 60249-1 及び

IEC 6189-2

による

○ IEC 60249-1 及び IEC 6189-2 によ

= 新たに“絶縁抵抗“の項目を

追加したことによってその
試験方法は,JIS C 6481 によ
ることとした。

“絶縁抵抗”については,提

案中である。


 

3

C

 6492 :

 19
98
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(9)

表示

○  対応規格番号,耐燃性及び構

成について表不する。

○ 同左

備考1.  比項目(1)及び(Ⅲ)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。