>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 6123-1

:2015 (IEC 61291-2:2012)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語,定義及び略語  

3

3.1

  用語及び定義  

3

3.2

  略語  

3

4

  光ブースタアンプの性能仕様テンプレート  

3

5

  光プリアンプの性能仕様テンプレート  

5

6

  光ラインアンプの性能仕様テンプレート  

6

7

  電磁両立性(EMC)に関する必要条件  

7


C 6123-1

:2015 (IEC 61291-2:2012)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人光産

業技術振興協会(OITDA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業

規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業

規格である。

これによって,JIS C 6123-1:2005 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS C 6123

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS C 6123-1

  第 1 部:単一チャネル用光増幅器

JIS C 6123-4

  第 4 部:マルチチャネル用光増幅器


日本工業規格

JIS

 C

6123-1

:2015

(IEC 61291-2

:2012

)

光増幅器−性能仕様テンプレート−

第 1 部:単一チャネル用光増幅器

Optical amplifiers-Performance specification template-

Part 1: Optical amplifiers for single channel applications

序文 

この規格は,2012 年に第 3 版として発行された IEC 61291-2 を基に,技術的内容及び構成を変更するこ

となく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,単一チャネル用光増幅器(OA)デバイスで使用する性能仕様書を作成するための性能仕様

テンプレートについて規定する。マルチチャネル用光増幅器については,JIS C 6123-4 に規定する。

性能仕様書作成者は,

個々の用途のために仕様パラメータ及び/又は仕様パラメータ群を加えてもよい。

しかし,この規格で規定する仕様パラメータを省いてはならない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61291-2:2012

, Optical amplifiers − Part 2: Digital applications − Performance specification

template

(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 6121

  光増幅器−通則

注記  対応国際規格:IEC 61291-1,Optical amplifiers−Part 1: Generic specification(IDT)

JIS C 6121-5-2

  光増幅器−第 5-2 部:品質評価規格−光ファイバ増幅器の信頼性評価

注記  対応国際規格:IEC 61291-5-2,Optical amplifiers−Part 5-2: Qualification specifications−

Reliability qualification for optical fibre amplifiers

(IDT)

JIS C 6122-1

規格群  光増幅器−測定方法

注記 1

対応国際規格:IEC 61290-1 series,Optical amplifiers−Test methods(IDT)

注記 2

対応国際規格では,この箇条で IEC 61290 (all parts),Optical amplifiers−Test methods と記

載している。次に挙げる JIS C 6122-3JIS C 6122-3-1JIS C 6122-3-2JIS C 6122-5-1

JIS C 6122-6

及び JIS C 6122-11-1 に対しても同様である。


2

C 6123-1

:2015 (IEC 61291-2:2012)

JIS C 6122-3

  光増幅器−測定方法−第 3 部:雑音指数パラメータ

注記  対応国際規格:IEC 61290-3,Optical amplifiers−Test methods−Part 3: Noise figure parameters

(IDT)

JIS C 6122-3-1

  光増幅器−測定方法−第 3-1 部:雑音指数パラメータ−光スペクトラムアナライザ法

注記  対 応国際 規格 : IEC 61290-3-1 ,Optical amplifiers− Test methods − Part 3-1: Noise figure

parameters

−Optical spectrum analyzer method(IDT)

JIS C 6122-3-2

  光増幅器−測定方法−第 3-2 部:雑音指数パラメータ−電気スペクトラムアナライザ

試験方法

注記  対 応国際 規格 : IEC 61290-3-2 ,Optical amplifiers− Test methods − Part 3-2: Noise figure

parameters

−Electrical spectrum analyzer method(IDT)

JIS C 6122-5-1

  光ファイバ増幅器−測定方法−第 5-1 部:光反射率パラメータ測定方法−光スペクト

ラムアナライザを用いた測定方法

注記 1

対応国際規格:IEC 61290-5-1,Optical amplifiers−Test methods−Part 5-1: Reflectance

parameters

−Optical spectrum analyzer method(IDT)

注記 2

対応国際規格では,IEC 61290-5 series と記載しているが,その規格群には,IEC 61290-5-2

及び IEC 61290-5-3 を含んでいる。

JIS C 6122-6

  光ファイバ増幅器−測定方法−第 6 部:漏れ励起光パラメータ測定方法

注記 1

対応国際規格:IEC 61290-6 series,Optical fibre amplifiers−Basic specification(IDT)

注記 2

対応国際規格では,IEC 61290-6 series と記載しているが,その規格群は,IEC 61290-6-1

だけである。

JIS C 6122-11-1

  光増幅器−測定方法−第 11-1 部:偏波モード分散パラメータ−ジョーンズマトリク

ス固有値解析(JME)法

注記 

対応国際規格:IEC 61290-11 series,Optical amplifiers−Test methods(IDT)

注記 2

対応国際規格では,IEC 61290-11 series と記載しているが,その規格群には,IEC 61290-11-2

を含んでいる。

JIS C 6123-4

  光増幅器−性能仕様テンプレート−第 4 部:マルチチャネル用光増幅器

JIS C 6802

  レーザ製品の安全基準

注記  対応国際規格:IEC 60825-1:1993,Safety of laser products−Part 1: Equipment classification and

requirements

(IDT)

IEC 61290-3-3

,Optical amplifiers−Test methods−Part 3-3: Noise figure parameters−Signal power to total

ASE power ratio

IEC 61290-5-2

,Optical amplifiers−Test methods−Part 5-2: Reflectance parameters−Electrical spectrum

analyser method

IEC 61290-5-3

,Basic specification for optical amplifier test methods−Part 5-3: Test methods for reflectance

parameters

−Reflectance tolerance test method using electrical spectrum analyzer

IEC 61290-11-2

,Optical amplifiers−Test methods−Part 11-2: Polarization mode dispersion parameter−

Poincaré sphere analysis method


3

C 6123-1

:2015 (IEC 61291-2:2012)

用語,定義及び略語 

3.1 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS C 6121 による。

注記  単一チャネル用 OA に固有の補足定義は,性能仕様書にて規定してもよい。

3.2 

略語 

この規格で用いる主な略語は,次による。

OA

光増幅器 (optical

amplifier)

EMC

電磁両立性 (electromagnetic

compatibility)

ESD

静電気放電 (electrostatic

discharge)

光ブースタアンプの性能仕様テンプレート 

単一チャネル用途の光ブースタアンプとして用いる OA デバイスの性能仕様書を作成するための性能仕

様テンプレートは,

表 による。表 には,最低限規定する仕様パラメータのリスト,及び対応する標準

試験方法も規定する。また,要求事項(最大値及び最小値)の欄も記載する。


4

C 6123-1

:2015 (IEC 61291-2:2012)

表 1−性能仕様テンプレート  単一チャネル用途の光ブースタアンプに最低限規定する 

関連仕様パラメータのリスト 

パラメータ

単位

最小値

最大値

標準試験方法

伝送特性

入力光パワー範囲 dBm

JIS C 6122-1

規格群

出力光パワー範囲 dBm

JIS C 6122-1

規格群

波長帯域 nm

JIS C 6122-1

規格群

利得 dB

JIS C 6122-1

規格群

信号光−増幅された自然放出光(Amplified

Spontaneous Emission

,ASE)間雑音指数

dB

JIS C 6122-3 

JIS C 6122-3-1 

JIS C 6122-3-2 

IEC 61290-3-3 

偏波依存利得 dB

JIS C 6122-1

規格群

逆方向 ASE パワーレベル dBm

JIS C 6122-3 

JIS C 6122-3-1 

JIS C 6122-3-2 

IEC 61290-3-3 

入力端光反射率 dB

JIS C 6122-5-1 

IEC 61290-5-2 

IEC 61290-5-3 

最大入力端許容反射率 dB

JIS C 6122-5-1 

IEC 61290-5-2 

IEC 61290-5-3 

最大出力端許容反射率 dB

JIS C 6122-5-1 

IEC 61290-5-2 

IEC 61290-5-3 

入力漏れ励起光パワー

a)

 dBm

JIS C 6122-6 

出力漏れ励起光パワー

a)

 dBm

JIS C 6122-6 

最大総出力光パワー dBm

JIS C 6122-1

規格群

環 境 信 頼 性

及 び 安 全 性

パラメータ

レーザ安全性分類

b) 

JIS C 6802 

動作温度

JIS C 6121-5-2 

最大動作相対湿度 %

JIS C 6121-5-2 

許容最大動作振動条件

振動数範囲

Hz

JIS C 6121-5-2 

全振幅 mm −

JIS C 6121-5-2 

保存温度

JIS C 6121-5-2 

最大保存相対湿度 %

JIS C 6121-5-2 

許容最大衝撃条件,自然落下  落下高さ mm

  JIS C 6121-5-2 

故障率 FIT

JIS C 6121-5-2 

最大値及び最小値の欄の空欄は数値を規定し,

“−”は適用しないことを表す。

a)

半導体光増幅器に対しては適用しない。

b)

レーザの安全性の程度に応じて分類するレーザ安全クラスを記載する。


5

C 6123-1

:2015 (IEC 61291-2:2012)

光プリアンプの性能仕様テンプレート 

単一チャネル用途の光プリアンプとして用いる OA デバイスの性能仕様書を作成するための性能仕様テ

ンプレートは,

表 による。表 には,最低限規定する仕様パラメータのリスト,及び対応する標準試験

方法も規定する。また,要求事項(最大値及び最小値)の欄も記載する。

表 2−性能仕様テンプレート  単一チャネル用途の光プリアンプに最低限規定する 

関連仕様パラメータのリスト 

パラメータ

単位

最小値

最大値

標準試験方法

伝送特性

入力光パワー範囲 dBm

JIS C 6122-1

規格群

出力光パワー範囲 dBm

JIS C 6122-1

規格群

波長帯域 nm

JIS C 6122-1

規格群

使用可能波長帯域

a)

 nm

JIS C 6122-1

規格群

利得 dB

JIS C 6122-1

規格群

信号光-ASE 間雑音指数 dB

JIS C 6122-3 

JIS C 6122-3-1 
JIS C 6122-3-2 
IEC 61290-3-3 

偏波依存利得 dB

JIS C 6122-1

規格群

順方向 ASE パワーレベル dBm

JIS C 6122-3 

JIS C 6122-3-1 
JIS C 6122-3-2 
IEC 61290-3-3 

逆方向 ASE パワーレベル dBm

JIS C 6122-3 

JIS C 6122-3-1 
JIS C 6122-3-2 
IEC 61290-3-3 

入力端光反射率 dB

JIS C 6122-5-1 

IEC 61290-5-2 
IEC 61290-5-3 

最大入力端許容反射率 dB

JIS C 6122-5-1 

IEC 61290-5-2 
IEC 61290-5-3 

最大出力端許容反射率 dB

JIS C 6122-5-1 

IEC 61290-5-2 
IEC 61290-5-3 

入力漏れ励起光パワー

b)

 dBm

JIS C 6122-6 

出力漏れ励起光パワー

b)

 dBm

JIS C 6122-6 

最大総出力光パワー dBm

JIS C 6122-1

規格群

環 境 及 び 安

全 性 パ ラ メ

ータ

レーザ安全性分類

c) 

JIS C 6802 

動作温度

JIS C 6121-5-2 

最大動作相対湿度 %

JIS C 6121-5-2 

許容最大動作振動条件

振動数範囲

Hz

JIS C 6121-5-2 

全振幅 mm −

JIS C 6121-5-2 

保存温度

JIS C 6121-5-2 

最大保存相対湿度 %

JIS C 6121-5-2 

許容最大衝撃条件,自然落下  落下高さ mm

  JIS C 6121-5-2 

最大値及び最小値の欄の空欄は数値を規定し,

“−”は適用しないことを表す。

a)

光フィルタを内蔵する光プリアンプに対して適用する。

b)

半導体光増幅器に対しては適用しない。

c)

レーザの安全性の程度に応じて分類するレーザ安全クラスを記載する。


6

C 6123-1

:2015 (IEC 61291-2:2012)

光ラインアンプの性能仕様テンプレート 

単一チャネル用途の光ラインアンプとして用いる OA デバイスの性能仕様書を作成するための性能仕様

テンプレートは,

表 による。表 には,最低限規定する仕様パラメータのリスト,及び対応する標準試

験方法も規定する。また,要求事項(最大値及び最小値)の欄も記載する。

表 3−性能仕様テンプレート  単一チャネル用途の光ラインアンプに最低限規定する 

関連仕様パラメータのリスト 

パラメータ

単位

最小値

最大値

標準試験方法

伝送特性

入力光パワー範囲 dBm

JIS C 6122-1

規格群

出力光パワー範囲 dBm

JIS C 6122-1

規格群

飽和出力光パワー dBm

JIS C 6122-1

規格群

波長帯域 nm

JIS C 6122-1

規格群

信号光-ASE 間雑音指数 dB

JIS C 6122-3 

JIS C 6122-3-1 
JIS C 6122-3-2 
IEC 61290-3-3 

偏波依存利得 dB

JIS C 6122-1

規格群

順方向 ASE パワーレベル dBm

JIS C 6122-3 

JIS C 6122-3-1 
JIS C 6122-3-2 
IEC 61290-3-3 

逆方向 ASE パワーレベル dBm

JIS C 6122-3 

JIS C 6122-3-1 
JIS C 6122-3-2 
IEC 61290-3-3 

入力端光反射率 dB

JIS C 6122-5-1 

IEC 61290-5-2 
IEC 61290-5-3 

最大入力端許容反射率 dB

JIS C 6122-5-1 

IEC 61290-5-2 
IEC 61290-5-3 

最大出力端許容反射率 dB

JIS C 6122-5-1 

IEC 61290-5-2 
IEC 61290-5-3 

入力漏れ励起光パワー

a)

 dBm

JIS C 6122-6 

出力漏れ励起光パワー

a)

 dBm

JIS C 6122-6 

最大総出力光パワー dBm

JIS C 6122-1

規格群

偏波モード分散 ps

JIS C 6122-11-1 

IEC 61290-11-2 

環 境 及 び 安

全 性 パ ラ メ

ータ

レーザ安全性分類

b) 

JIS C 6802 

動作温度

JIS C 6121-5-2 

最大動作相対湿度 %

JIS C 6121-5-2 

許容最大動作振動条件

振動数範囲

Hz

JIS C 6121-5-2 

全振幅 mm −

JIS C 6121-5-2 

保存温度

JIS C 6121-5-2 

最大保存相対湿度 %

JIS C 6121-5-2 

許容最大衝撃条件,自然落下  落下高さ mm

  JIS C 6121-5-2 

最大値及び最小値の欄の空欄は数値を規定し,

“−”は適用しないことを表す。

a)

半導体光増幅器に対しては適用しない。

b)

レーザの安全性の程度に応じて分類するレーザ安全クラスを記載する。


7

C 6123-1

:2015 (IEC 61291-2:2012)

電磁両立性(EMC)に関する必要条件 

この規格の対象となる部品及びアセンブリは,それらを組み込む個別の使用方法又は環境によって,電

磁両立性のための必要条件を,エミッション及びイミュニティの両面において満足しなければならない。

注記  このような電磁両立性のための必要条件の文書化についての手引は,IEC Guide 107 に記載が

ある。静電気放電(ESD)に対する手引については,現在,IEC で審議中である。

参考文献  IEC 61280 (all parts),Fibre optic communication subsystem basic test procedures

IEC Guide 107

,Electromagnetic compatibility−Guide to the drafting of electromagnetic compatibility

publications

ITU-T Recommendation G.957

,Optical interfaces for equipments and systems relating to the

synchronous digital hierarchy