>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

1A

  引用規格  

1

2

  概要 

1

3

  互換パラメータ  

2

附属書 A(参考)光ファイバ引込み量の許容値  

7


 
C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人光産業技術振興協会(OITDA)

及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があ

り,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS C 5965

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

C

5965-1

  第 1 部:シングルモード(1 310 nm ゼロ分散形)光ファイバ用光学互換標準の通則

JIS

C

5965-2-1

  第 2-1 部:シングルモード直角 PC 端面光ファイバ光学互換標準の指針

JIS

C

5965-2-2

  第 2-2 部:シングルモード斜め PC 端面光ファイバ光学互換標準の指針

JIS

C

5965-3-1

  第 3-1 部:シングルモード光ファイバ用直径 2.5 mm 及び 1.25 mm 円筒形全ジルコニ

ア直角 PC 端面フェルール光学互換標準

JIS

C

5965-3-2

  第 3-2 部:シングルモード光ファイバ用直径 2.5 mm 及び 1.25 mm 円筒形全ジルコニ

ア 8 度斜め PC 端面フェルール光学互換標準


   

日本工業規格

JIS

 C

5965-3-1

:2011

(IEC 61755-3-1

:2006

)

光ファイバコネクタ光学互換−第 3-1 部:シングル

モード光ファイバ用直径 2.5 mm 及び 1.25 mm 円筒形

全ジルコニア直角 PC 端面フェルール光学互換標準

Fiber optic connector optical interfaces-Part 3-1: Optical interface, 2.5 mm

and 1.25 mm diameter cylindrical full zirconia PC ferrule, single mode fiber

序文 

この規格は,2006 年に第 1 版として発行された IEC 61755-3-1 を基に,技術的内容を変更することなく

作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,直角 PC(Physical Contact)端面をもつ,直径 2.5 mm 及び 1.25 mm の円筒形全ジルコニア

(ZrO

2

)フェルール(以下,PC 端面フェルールという。

)を用いたシングルモード光ファイバ同士の接続

において,挿入損失の要求性能を満足する許容寸法限度について規定する。この規格は,IEC 61753-1 

環境カテゴリ C,U,E 及び O での使用に適合するシングルモード 1 310 nm ゼロ分散形光ファイバに適用

する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61755-3-1:2006

,Fibre optic connector optical interfaces−Part 3-1: Optical interface, 2.5 mm and

1.25 mm diameter cylindrical full zirconia PC ferrule, single mode fibre(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

1A 

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 5965-1

  光ファイバコネクタ光学互換−第 1 部:シングルモード(1 310 nm ゼロ分散形)光フ

ァイバ用光学互換標準の通則

IEC 61753-1

,Fibre optic interconnecting devices and passive components performance standard−Part 1:

General and guidance for performance standards

概要 

PC 端面フェルールを用いた光学互換の性能は,相互のフェルールの光学的基準点の位置決め精度によっ



C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

   

て決まる。光学的基準点の位置決めに影響を及ぼす要件は,軸ずれ,角度ずれ及び端面の軸方向の位置ず

れの三つがある。

光ファイバ中心軸の軸ずれ及び角度ずれに影響を与えるパラメータを,次に示す。

−  フェルールの外径(D

−  フェルール外径に対する光ファイバ挿入穴の同心度

−  フェルール外径中心軸に対する光ファイバ挿入穴の角度

−  フェルールの光ファイバ挿入穴と光ファイバのクラッド外径との間隙

−  整列スリーブの内径

−  光ファイバのクラッド外径に対する光ファイバコアの同心度

−  光コネクタプラグのキーに対する光ファイバコアの偏心方向

光ファイバ中心軸における端面の軸方向の位置ずれに影響を与えるパラメータを,次に示す。

−  フェルール端面の曲率半径(B

−  フェルール端面の頂点偏心量(C

−  フェルール端面からの光ファイバ引込み量(A

−  フェルール押圧力

−  フェルール及び光ファイバの材料物性値

−  整列スリーブのフェルール引抜き力

注記  AB及び は,箇条 に規定する互換パラメータの記号を示す。

なお,その他の互換パラメータについては,複数のパラメータの影響が複合しているため,

記号は記載しない。

互換パラメータ 

PC 端面フェルールの端面形状を図 に,光ファイバのコア位置を図 に,PC 端面フェルールの先端形

状を

図 に示す。また,互換パラメータ値(寸法)を,表 1∼表 に示す。図 2,表 及び表 に記載の

等級(挿入損失等級)は,JIS C 5965-1 

表 2(測定波長 1 310 nm 及び 1 550 nm におけるシングルモード

の挿入損失等級)による。

注記  光ファイバ中心軸の軸ずれ及び角度ずれが挿入損失に与える影響については,JIS C 5965-2-1

の 3.1(挿入損失の等級及び基準)を参照。


3

C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

図 1PC 端面フェルールの端面形状 



C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

   

光コネクタプラグの

光コネクタプラグの

キー

キー

a)

  等級 及び等級 C

b)

  等級 D

F

及び は,フェルールの光学的基準点に対する光ファイバコア中心の限界位置(極座標系の半径及び角度)

を示す。

図 2−光ファイバのコア位置 


5

C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

表 1−直径 2.5 mm PC 端面フェルールの互換パラメータ値 

記号

パラメータ値

注記

等級 A

等級 B

等級 C

等級 D

最小値  最大値  最小値  最大値

最小値

最大値

最小値

最大値

A

b)

 

−100

a) 

−100

a) 

−100

a) 

nm

− 5 30 5 30

5

30

半径,mm

− 0 70 0 70

0

70

μm

2.498 5  2.499 5

2.498 5

2.499 5

2.498 5

2.499 5

直径,mm

−  0 0.2 0 0.3

0

0.6

0

0.001 2

0

0.001 5

0

0.001 6

半径,mm

0 0.000

3

0 0.000

3

規定しない

規定しない

半径,mm

− 0 50 0 50

規定しない

規定しない

注記  等級 A は,将来のアプリケーション用のため,規定値は検討中である。 

a)

  光ファイバ引込み量の最大許容値(A

maximum

)は,次の式によって求める。詳細については,

附属書 

参照。

60

10

10

10

988

1

3

2

6

2

6

795

.

0

maximum

×

×

+

×

×

=

C

B

B

B

A

ここに,

フェルール押圧力

最小値 4.9 N

フェルール材質

3 mol %イットリア部分安定化ジルコニア

材料物性値(公称)

縦弾性係数  200±20 GPa

ポアソン比  0.30∼0.31

b)

  負の値は,光ファイバの突出し量を表す。

表 2−直径 1.25 mm PC 端面フェルールの互換パラメータ値 

記号

パラメータ値

注記

等級 A

等級 B

等級 C

等級 D

最小値  最大値  最小値  最大値  最小値

最大値

最小値

最大値

A

b)

 

−100

a) 

−100

a) 

−100

a) 

nm

− 5 30 5 30

5

30

半径,mm

− 0 70 0 70

0

70

μm

1.248 5  1.249 5  1.248 5

1.249 5

1.248 5

1.249 5

直径,mm

−  0 0.2 0 0.3

0

0.6

0 0.001

2 0 0.001

5

0

0.001

6

半径,mm

0 0.000

3 0 0.000

3

規定しない

規定しない

半径,mm

− 0 50 0 50

規定しない

規定しない

注記  等級 A は,将来のアプリケーション用のため,規定値は検討中である。 

a)

  光ファイバ引込み量の最大許容値(A

maximum

)は,次の式によって求める。詳細については,

附属書 

参照。

60

10

10

10

798

1

3

2

6

2

6

795

.

0

maximum

×

×

+

×

×

=

C

B

B

B

A

ここに,

フェルール押圧力

最小値 2.9 N

フェルール材質

3 mol %イットリア部分安定化ジルコニア

材料物性値(公称)

縦弾性係数  200±20 GPa

ポアソン比  0.30∼0.31

b)

  負の値は,光ファイバの突出し量を表す。



C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

   

J

及び は,フェルールに共通する寸法として規定する。

図 3PC 端面フェルールの先端形状 

表 3PC 端面フェルールの互換パラメータ値 

単位  mm

記号

直径 2.5 mm フェルールの

パラメータ値

直径 1.25 mm フェルールの

パラメータ値

注記

最小値

最大値

最小値

最大値

0.8

規定しない

0.6

規定しない

直径

規定しない 1.8 規定しない

1.0


7

C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

附属書 A

(参考)

光ファイバ引込み量の許容値

球面からの光ファイバ引込み量の最大許容値 A

maximum

は,光ファイバ中心軸における端面の軸方向の位

置ずれに影響を与えるパラメータの相互作用によって決まり,式(1)によって求める。

PFW

DTE

3

2

6

2

6

1

maximum

10

10

10

2

D

D

C

B

B

B

k

A

k

×

×

+

×

×

=

  (1)

ここに,

A

maximum

PC 接続での球面からの光ファイバ引込み量の最大許容
値(nm)

k

1

フェルール押圧力及び材料物性に基づく係数

k

2

フェルール押圧力及び材料物性に基づく指数

B

フェルール端面の曲率半径(mm)

C

フェルール端面の頂点偏心量(μm)

D

DTE

動作温度の上限でのフェルール材質と石英光ファイバ
との熱膨張の差による軸方向の位置ずれ(nm)

D

PFW

式(1)のはじめの 3 項で表される一時的な光ファイバの
移動量を除いた永久引込み量(nm)

フェルール押圧力,曲率半径及び材料物性の作用による端面の変形は,式(2)による。

2

1

k

B

k

×

  (2)

光ファイバ中心軸からの頂点偏心量についての幾何学的な補正は,式(3)による。

3

2

6

2

6

10

10

10

×

×

+

×

C

B

B

  (3)

直径 2.5 mm PC 端面フェルール及び直径 1.25 mm PC 端面フェルールの光ファイバ引込み量の許容値を,

図 A.1 及び図 A.2 に示す。



C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

   

0

10

20

30

40

50

60

70

5

10

15

20

25

30

-100

0

100

200

300

400

500

600

60

10

10

10

988

1

3

2

6

2

6

795

.

0

maximum

×

×

+

×

×

=

C

B

B

B

A

図 A.1−直径 2.5 mm PC 端面フェルールの曲率半径と頂点偏心量との作用による 

光ファイバ引込み量の許容値−最小フェルール押圧力 4.9 N 

0

10

20

30

40

50

60

70

5

10

15

20

25

30

-100

0

100

200

300

400

500

600

60

10

10

10

798

1

3

2

6

2

6

795

.

0

maximum

×

×

+

×

×

=

C

B

B

B

A

図 A.2−直径 1.25 mm PC 端面フェルールの曲率半径と頂点偏心量との作用による 

光ファイバ引込み量の許容値−最小フェルール押圧力 2.9 N 

曲率半径(mm)

頂点偏心量(μm)

許容光ファイバ引込み量(

nm

曲率半径(mm)

頂点偏心量(μm)

許容光ファイバ引込み量(

nm


9

C 5965-3-1:2011 (IEC 61755-3-1:2006)

参考文献  JIS C 5965-2-1  光ファイバコネクタ光学互換−第 2-1 部:シングルモード直角 PC 端面光ファ

イバ光学互換標準の指針 

注記  対応国際規格:IEC 61755-2-1,Fibre optic connector optical interfaces−Part 2-1: Optical

interface standard single mode non-angled physically contacting fibres(IDT)