>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  概要  

1

3

  かん合標準  

1


C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般財団法人光産業技術振興協会(OITDA)

及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出

があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS C 5964

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS C 5964-4

  第 4 部:SC 形光ファイバコネクタ類(F04 形)

JIS C 5964-4-1

  第 4-1 部:SC 形光ファイバコネクタ類−SC-PC 簡易レセプタクル(F16 形)

JIS C 5964-5

  第 5 部:MT コネクタ類(F12 形)

JIS C 5964-6

  第 6 部:MU 形光ファイバコネクタ類(F14 形)

JIS C 5964-6-1

  第 6-1 部:MU 形光ファイバコネクタ類−MU-PC 簡易レセプタクル(F17 形)

JIS C 5964-7

  第 7 部:MPO コネクタ類(F13)

JIS C 5964-18

  第 18 部:MT-RJ コネクタ類(F19 形)

JIS C 5964-20

  第 20 部:LC 形光コネクタ類


日本工業規格

JIS

 C

5964-18

:2014

(IEC 61754-18

:2001

)

光ファイバコネクタかん合標準−

第 18 部:MT-RJ コネクタ類(F19 形)

Fiber optic connector interfaces-

Part 18: Type MT-RJ connector family (F19 type)

序文 

この規格は,2001 年に第 1 版として発行された IEC 61754-18 を基に,技術的内容及び構成を変更する

ことなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,MT-RJ コネクタ類のかん合構造及び互換寸法について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 61754-18:2001

,Fibre optic connector interfaces−Part 18: Type MT-RJ connector family(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

概要 

この MT-RJ コネクタ類は,直径 0.7 mm の 2 本のピンを利用して,通常 4.4 mm×2.45 mm の角形フェル

ールが整列したことを特徴とする多心光コネクタプラグである。フェルール端面に位置するガイドピン又

はガイドピン穴間に,4 心までの光ファイバを配列することが可能である。

この光コネクタプラグは,レバーロック構造及びガイドピンで整列するフェルール構造を備えたプラグ

(接栓)−アダプタ−プラグ及びプラグ−レセプタクルによって接続する,一般的に MT-RJ コネクタと呼

ぶ F19 形光ファイバコネクタを示す。

かん合標準 

この規格は,次のかん合標準を対象とする。

−  かん合標準 IEC 61754-18-1:MT-RJ F 形光コネクタプラグ(ガイドピンなし)かん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-1-1:1 心形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-1-2:2 心光ファイバピッチ 0.25 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-1-3:2 心光ファイバピッチ 0.75 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-1-4:4 心光ファイバピッチ 0.25 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-2:MT-RJ M 形光コネクタプラグ(ガイドピンあり)かん合標準


2

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

−  かん合標準 IEC 61754-18-2-1:1 心形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-2-2:2 心光ファイバピッチ 0.25 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-2-3:2 心光ファイバピッチ 0.75 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-2-4:4 心光ファイバピッチ 0.25 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-3:MT-RJ 光アダプタかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-4:MT-RJ 光レセプタクル(リブなし)かん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-4-1:1 心形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-4-2:2 心光ファイバピッチ 0.25 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-4-3:2 心光ファイバピッチ 0.75 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-4-4:4 心光ファイバピッチ 0.25 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-5:MT-RJ 光レセプタクル(リブあり)かん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-5-1:1 心形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-5-2:2 心光ファイバピッチ 0.25 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-5-3:2 心光ファイバピッチ 0.75 mm 形のかん合標準

−  かん合標準 IEC 61754-18-5-4:4 心光ファイバピッチ 0.25 mm 形のかん合標準

かん合できる組合せを

表 0A,表 0B 及び表 0C に示す。

注記  対応国際規格に表番号を箇条番号で記載する誤りがあるため,この規格では対応国際規格の 3.1

3.3 

表 0A∼表 0C と記載している。

表 0A−光コネクタプラグ−光アダプタ−光コネクタプラグ

F 形光コネクタプラグ

光アダプタ

M 形光コネクタプラグ

IEC 61754-18-1-1

IEC 61754-18-3

IEC 61754-18-2-1

IEC 61754-18-1-2

IEC 61754-18-3

IEC 61754-18-2-2

IEC 61754-18-1-3

IEC 61754-18-3

IEC 61754-18-2-3

IEC 61754-18-1-4

IEC 61754-18-3

IEC 61754-18-2-4

表 0B−光コネクタプラグ−光レセプタクル(リブなし)

F 形光コネクタプラグ

光レセプタクル(ピンあり)

IEC 61754-18-1-1

IEC 61754-18-4-1

IEC 61754-18-1-2

IEC 61754-18-4-2

IEC 61754-18-1-3

IEC 61754-18-4-3

IEC 61754-18-1-4

IEC 61754-18-4-4

表 0C−光コネクタプラグ−光レセプタクル(リブあり)

F 形光コネクタプラグ

光レセプタクル(ピンあり)

IEC 61754-18-1-1

IEC 61754-18-5-1

IEC 61754-18-1-2

IEC 61754-18-5-2

IEC 61754-18-1-3

IEC 61754-18-5-3

IEC 61754-18-1-4

IEC 61754-18-5-4


3

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

MT-RJ F 形光コネクタプラグかん合部(ガイドピンなし)を図 に示し,光ファイバ心線配列を図 

示す。また,MT-RJ F 形光コネクタプラグかん合部(ガイドピンなし)寸法を

表 に規定し,等級ごとの

W

寸法を

表 に規定する。

ピンゲージを

図 に示し,ピンケージの寸法を表 に規定する。

プラグゲージを

図 に示し,プラグゲージの寸法を表 に規定する。

注記  対応国際規格の図番号及び表番号の記載方法が誤っているため,この規格では対応国際規格の

図 1a∼図 1d を図 1∼図 と記載し,対応国際規格の表 1a∼表 1d を表 1∼表 と記載している。

また,この規格では以降も,対応国際規格の

図 2∼図 を図 5∼図 と記載し,対応国際規格

表 2a∼表 5b を表 5∼表 11 と記載している。

a)

  X は,二つのガイドピン穴中心を結ぶ直線とし,Y は,二つのガイドピン穴中心の中点を通る X と垂直

な直線とする。

図 1形光コネクタプラグかん合部(ガイドピンなし)

C

C

 

BB 

AA 

M

φ

図 参照

(機械的基準面)

a) 

a) 

B

 

A

 


4

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

表 1形光コネクタプラグかん合部(ガイドピンなし)寸法

a)

単位  mm

記号

寸法

注記

最小値

最大値

4.61 4.69

7.11 7.19

2.4 2.5

4.35 4.45

3.8 4

2.597 2.603

1.45 1.55

− 5.3

0.25 0.5  半径

5.1

L

b)

 9.35  9.75

7.9 9

N

(°) 82

88

角度

3.8 4

− 0.8 半径

0.9 1.1

W

c)

表 による

AA 

0.63 1.2

BB 

1.27 1.42

CC 

0.6 0.77

a)

  光コネクタプラグ加工後の寸法とする。

b)

  フェルール押圧力は,が 9.1 mm の場合は 11.8 N 以下とし,が 9.3 mm の場合は 7.8 N 以上と

する。フェルール押圧力の測定方法は,JIS C 61300-3-22 を参照する。また表中の は,かん合

しておらず,フェルールに押圧力を加えない場合の寸法である。

c)

  各ガイドピン穴において,図 に示すピンゲージを 5.5 mm 挿入するときの挿入力は 1.7 N 以下

とする。また,

図 に示すプラグゲージを 5.5 mm 挿入するときの挿入力は 3.4 N 以下とする。

表 2−等級ごとの 寸法

単位  mm

等級

a)

寸法

注記

最小値

最大値

1 0.699  0.700

2 0.699  0.701

a)

  かん合標準を示す番号に公差等級を付ける。


5

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

単位  mm

1 心形

2 心形光ファイバピッチ 0.25 mm

2 心形光ファイバピッチ 0.75 mm

4 心形光ファイバピッチ 0.25 mm

図 2形光コネクタプラグかん合部(ガイドピンなし)−光ファイバ心線配列

図 3形光コネクタプラグかん合部(ガイドピンなし)−ピンケージ

表 3−ピンゲージ寸法

単位  mm

記号

寸法

注記

最小値

最大値

0.698 5

0.699

BA 

0.2 0.4

BB 

0.2 0.5

BC 

5.5

a) 

a)

  BC 寸法部の表面粗さ Ra は,0.1 μm 以下とする。

BC 

BB 

φ

BA 

φ


6

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

図 4形光コネクタプラグかん合部(ガイドピンなし)−プラグゲージ

表 4−プラグゲージ寸法

単位  mm

記号

寸法

注記

最小値

最大値

0.698 5

0.699

2.599 5

2.600 5

BA 

0.2 0.4

BB 

0.2 0.5

BC 

6 6.5

a) 

a)

  BC 寸法部の表面粗さ Ra は,0.1 μm 以下とする。

φ

φ

BA 

BB 

BC 


7

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

かん合部(ガイドピンあり)の形状・寸法を

図 及び表 に,等級ごとの 寸法を表 に規定する。

図 5形光コネクタプラグかん合部(ガイドピンあり)

FF 

φ

φ

CC 

BB 

AA 

図 参照

(機械的基準面)


8

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

表 5形光コネクタプラグかん合部(ガイドピンあり)

a)

寸法

単位  mm

記号

寸法

注記

最小値

最大値

4.61 4.69

7.11 7.19

2.4 2.5

4.35 4.45

3.8 4

2.597 2.603

1.45 1.55

− 5.3

0.25 0.5  半径

5.1

L

b)

 9.35  9.75

7.9 9

N

(°) 82

88

角度

3.8 4

− 2.25

− 0.8 半径

0.9 1.1

0.15

− 0.4

表 による

AA 

0.63 1.2

BB 

1.27 1.42

CC 

0.6 0.77

FF 

1.5

a)

  光コネクタプラグ加工後の寸法とする。

b)

  フェルール押圧力は,が 9.1 mm の場合は 11.8 N 以下とし,が 9.3 mm の場合は 7.8 N 以上と

する。フェルール押圧力の測定方法は,JIS C 61300-3-22 を参照する。また表中の は,かん合
しておらず,フェルールに押圧力を加えない場合の寸法である。

表 6−等級ごとの 寸法

単位  mm

等級

a)

寸法

注記

最小値

最大値

1 0.698  0.699

2 0.697  0.699

a)

  かん合標準を示す番号に公差等級を付ける。


9

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

MT-RJ 光アダプタかん合部の形状を,図 に示し,MT-RJ 光アダプタかん合部の寸法を,表 に規定す

る。

図 6−光アダプタかん合部

S

×45°

DD 

EE 

(機械的基準面)

(光学的基準面)

A T 


10

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

表 7−光アダプタかん合部寸法

単位  mm

記号

寸法

注記

最小値

最大値

4.7 4.78

7.2 7.28

2.51 2.61

4.46 4.56

4.1 5

1.15 1.25

5.45 5.85

− 0.25

半径

− 5

9.1 9.3

2.1

N

(°) 82

88

角度

4.1

0.8

1.43 1.53

DD 

0.45 0.55

EE

(°) 25

35

角度


11

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

光レセプタクルかん合部(リブなし)の形状・寸法を

図 及び表 に,等級ごとの 寸法を表 に規定

する。

図 7−光レセプタクルかん合部(リブなし)

FF 

φ

  S×45°

(光学的基準面)

(機械的基準面)

φ


12

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

表 8−光レセプタクルかん合部(リブなし)寸法

単位  mm

記号

寸法

注記

最小値

最大値

4.7 4.78

7.2 7.28

2.51 2.61

4.46 4.56

4.1 5

2.597 2.603

− 0.25

半径

− 5

9.1 9.3

2.1

N

(°) 82

88

角度

4.1

− 3.3

0.8

1.43 1.53

0.15

− 0.4

表 による

FF 

0.35

表 9−等級ごとの 寸法

単位  mm

等級

a)

寸法

注記

最小値

最大値

1 0.698  0.699

2 0.697  0.699

a)

  かん合標準を示す番号に公差等級を付ける。


13

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

光レセプタクルかん合部(リブあり)の形状・寸法を

図 及び表 10 に,等級ごとの 寸法を表 11 に規

定する。

図 8−光レセプタクルかん合部(リブあり)

DD 

K H 

    S×45°

φ

EE 

FF 

φ

(機械的基準面)

(光学的基準面)


14

C 5964-18

:2014 (IEC 61754-18:2001)

表 10−光レセプタクルかん合部(リブあり)寸法

単位  mm

記号

寸法

注記

最小値

最大値

4.7 4.78

7.2 7.28

2.51 2.61

4.46 4.56

4.1 5

2.597 2.603

1.15 1.25

5.45 5.85

− 0.25

半径

− 5

9.1 9.3

2.1

N

(°) 82

88

角度

4.1

− 2.8

0.8

1.43 1.53

0.15

− 0.4

表 11 による

DD 

0.45 0.55

EE

(°) 25

35

角度

FF 

0.35

表 11−等級ごとの 寸法

単位  mm

等級

a)

寸法

注記

最小値

最大値

1 0.698  0.699

2 0.697  0.699

a)

  かん合標準を示す番号に公差等級を付ける。

参考文献

JIS C 61300-3-22

  光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第 3-22 部:フェ

ルール押圧力測定