>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 5962 : 2001

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本

工業規格である。これによって JIS C 5692 : 1997 は改正され,この規格に置き換えられる。今回の改正で

は,関連する JIS C 5976(F07 形 2 心光ファイバコネクタ)

JIS C 5982(F13 形多心光ファイバコネクタ)

の改正及び光ファイバコード付き光コネクタ通則,F15 形光ファイバコネクタ,F16 形光ファイバコネク

タの新規制定に伴い,規格内容の変更を行うことにしたが,これについては解説にその詳細を記述した。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることについて注意を喚起する。主務大臣及び日本工業標準調査

会は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用

新案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS C 5962

には,次に示す附属書がある。

附属書 1(参考)  光ファイバコード付き光コネクタ


日本工業規格

JIS

 C

5962

: 2001

光ファイバコネクタ通則

General rules of connectors for optical fiber cables

1.

適用範囲  この規格は,電子機器に使用する光ファイバコネクタ(以下,光コネクタという。)の一般

共通事項について規定する。

なお,この規格と個別規格との間に規定の相違がある場合は,個別規格の規定による。

2.

引用規格  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS C 0010

  環境試験方法−電気・電子−通則

備考  IEC60068-1 : 1988  Environmental testing. Part 1 : General and guidance からのすべての引用事

項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS C 5401

  電子機器用コネクタ通則

JIS C 5410

  高周波同軸コネクタ通則

備考  IEC 60169-1 : 1987Radio-frequency connectors. Part 1 : General requirements and measuring

methods

からのすべての引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS C 5961

  光ファイバコネクタ試験方法

備考  IEC 61300-2-1 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic test and

measurement procedures

−Part 2-1 : Tests−Vibration (sinusoidal), IEC 61300-2-2 : 1995 Fibre

optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures

−Part 2-2 : Tests−Mating durability, IEC 61300-2-3 : 1995 Fibre optic interconnecting devices

and passive components

−Basic test and measurement procedures−Part 2-3 : Tests−Static

shear load, IEC 61300-2-4 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

Basic test and measurement procedures

− Part 2-4 : Tests − Fibre/cable retention, IEC 

61300-2-5 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and

measurement procedures

−Part 2-5 : Tests−Torsion/twist,  IEC 61300-2-6 : 1995 Fibre optic

interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures−Part

2-6 : Tests

−Tensile strength of coupling mechanism, IEC 61300-2-7 : 1995 Fibre optic

interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures−Part

2-7 : Tests

−Bending moment, IEC 61300-2-9 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and

passive components

−Basic test and measurement procedures  −Part 2-9 : Tests−Shock,  IEC 

61300-2-11 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test

measurement procedures

−Part 2-11 : Tests−Axial compression, IEC 61300-2-12 : 1995 Fibre

optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures

−Part 2-12 : Tests−Impact,  IEC 61300-2-15 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and


2

C 5962 : 2001

passive components

−Basic test and measurement procedures−Part 2-15 : Tests−Torque

strength of coupling mechanism, IEC 61300-2-17 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and

passive components

−Basic test and measurement procedures−Part 2-17 : Tests−Cold,  IEC 

61300-2-18 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and

measurement procedures

−Part 2-18 : Tests−Dry heat−High temperature endurance, IEC 

61300-2-19 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and

measurement procedures

−Part 2-19 : Tests−Damp heat (steady state), IEC 61300-2-21 : 1995

Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement

procedures

−Part 2-21 : Tests−Composite temperature-humidity cyclic test, IEC 61300-2-22 :

1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement

procedures

−Part 2-22 : Tests−Change of temperature, IEC 61300-2-26 : 1995 Fibre optic

interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures−Part

2-26 : Tests

−Salt mist, IEC 61300-2-27 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive

components

−Basic test and measurement procedures−Part 2-27 : Tests−Dust−Laminar flow,

IEC 61300-3-1 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test

and measurement procedures

−Part 3-1 : Examinations and measurements−Visual examination,

IEC 61300-3-4 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test

and measurement procedures

−Part 3-4 : Examination and measurements−Attenuation,  IEC 

61300-3-6 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and

measurement procedures

− Part 3-6 : Examinations and measurements− Return loss, IEC 

61300-3-10 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and

measurement procedures

−Part 3-10 : Examinations and measurements−Gauge retention force,

IEC 61300-3-11 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test

and measurement procedures

−Part 3-11 : Examinations and measurements−Engagement and

separation forces, IEC 61300-3-15 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive

components

−Basic test and measurement procedures−Part 3-15 : Measurements−Eccentricity

of a convex polished ferrule endface, IEC 61300-3-16 : 1995 Fibre optic interconnecting devices

and passive components

−Basic test and measurement procedures−Part 3-16 : Examinations

and measurements

−Endface radius of spherically polished ferrules, IEC 61300-3-17 : 1995

Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement

procedures

−Part 3-17 : Examinations and measurements−Endface angle of angle-polished

ferrules, IEC 61300-3-18 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

Basic test and measurement procedures

−Part 3-18 : Examinations and measurements−Keying

accuracy of an angled endface connector, IEC 61300-3-22 : 1995 Fibre optic interconnecting

devices and passive components

− Basic test and measurement procedures − Part 3-22 :

Examinations and measurements

−Ferrule compression force, IEC 61300-3 -25 : 1995 Fibre

optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures

−Part 3-25 : Examinations and measurements−Concentricity of the ferrules and ferrules with

fibre installed, IEC 61300-3-26 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive

compo-nents

− Basic test and measurement procedures − Part 3-26 : Examinations and


3

C 5962 : 2001

measurements

−Measurement of the angular misalignment between fibre and ferrules axes, IEC 

61300-3-27 : 1995 Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and

measurement procedures

−Part 3-27 : Examinations and measurements−Measurement method

for the hole location of a multiway connector plug, IEC 61300-3-33 : 1995 Fibre optic

interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures−Part

3-33 : Examinations and measurements

−Ferrule withdrawal force からのすべての引用事項は,

この規格の該当事項と同等である。

JIS C 6820

  光ファイバ通則

備考  IEC 60793-1 : 1995 Optical fibres からのすべての引用事項は,この規格の該当事項と同等であ

る。

JIS C 6830

  光ファイバコード

備考  IEC 60794-2 : 1992 Optical fibre cables. Part 2 : Product specifications からのすべての引用事項は,

この規格の該当事項と同等である。

JIS C 6831

  光ファイバ心線

備考  IEC 60793-2 : 1998 Optical fibres−Part 2 : Product specifications からのすべての引用事項は,こ

の規格の該当事項と同等である。

JIS C 6836

  全プラスチックマルチモード光ファイバコード

備考  IEC 60793-2 : 1998 Optical fibres−Part 2 : Product specifications からのすべての引用事項は,こ

の規格の該当事項と同等である。

JIS C 6838

  テープ形光ファイバ心線

JIS C 6839

  テープ形光ファイバコード

JIS Z 8120

  光学用語

3.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 5401JIS C 5410 及び JIS Z 8120 の規定に

よるほか,次による。

a)

フェルール  外形又は,ガイドピンによって整列し,プラグ(接栓)内で,光ファイバを保持固定す

る部材。

b)

スリーブ  光ファイバの接続のために用いる管状のフェルール整列部材。

c)

光学的基準面  光コネクタが接続されたときの光学的な基準面。

d)

機械的基準面  光コネクタが接続されたときの機械的な基準面。

e)

光接続コード  両端又は片端に取り付けられている光コネクタによって,他の光ファイバコードや光

デバイスと接続が可能な光ファイバコード。

f)

ピグテイル  片端にだけ光コネクタが取り付けられており,他の片端には光コネクタが取り付けられ

ていない光ファイバコード。

g)

PC (Physical Contact) 

接続  光ファイバのコアを密着させ,フレネル反射を少なくするような接続。

h)

ジャック  プラグと結合して,光学的な接続を行う雌コネクタ。

i)

ハウジング  フェルール又はスリーブなどを収容し,光コネクタとして使用するための部材。若しく

は,プラグ又はジャックなどを収容し,多機能な光コネクタとして使用するための部材。

j)

ガイドピン  フェルールのガイドピン穴に挿入することによって,二つのフェルールを整列する部材。

k)

ガイドピン穴  フェルールに設けた整列用基準穴。


4

C 5962 : 2001

4.

形名

4.1

形名の構成  形名の構成は,次の配列による。ただし,該当する項目がない場合は,順次繰り上げ

た配列で構成する。

コネク
タを表

す記号

形式を
表す記

光コネ
クタ形

状を表
す記号

フェル

ール,ス

リーブ
などの
収容可

能な数
を表す

記号

フェル
ール整

列部形
状を表
す記号

フェル
ール穴

径を表
す記号

等級を
表す記

適用光
ファイ

バコー
ドを表
す記号

耐環境
性を表

す記号

[

]

そ の
他 の

特 殊
構 造
を 表

す 記

4.2.1 

4.2.2

4.2.3

4.2.4

4.2.5

4.2.6

4.2.7

4.2.8

4.2.9

4.2.10

例  CN  F04

SP    2

M

125

B

1   W

1

4.2

記号

4.2.1

コネクタを表す記号  コネクタを表す記号は,CN とする。

4.2.2

形式を表す記号  光コネクタの形式を表す記号は,F と 2 数字で表す。

なお,2 数字は,光コネクタの形式[光学的結合方式(バットジョイント方式,レンズ方式)

・機械的結

合方式(プラグ−アダプタ−プラグ方式,プラグ−ジャック方式など)

・光ファイバ整列方式(フェルール

構造など)及び締結構造並びにかん合に必要な構造寸法]などによって区分し,個別規格の規定による。

4.2.3

光コネクタ形状を表す記号  光コネクタ形状を表す記号は,表 による。

なお,

表 に規定のない特殊な光コネクタ形状を表す記号は,2 文字の英字で表し,個別規格の規定に

よる。

表 1  光コネクタ形状を表す記号

記号

光コネクタ形状(

図 参照)

SP

結合部軸と光ファイバコード挿入口軸が直線上にあるプラグ及びジャック

LP

結合部軸と光ファイバコード挿入口軸が直交する L 形プラグ及びジャック

SA

二つの結合部軸が直線上にありかつパネル,シャーシとの取付け部を有しないアダプタ

LA

二つの結合部軸が直交する L 形アダプタ

PA

二つの結合部軸とパネル,シャーシとの取付面が直交するアダプタ

BA

二つの結合部軸とパネル,シャーシとの取付面が平行するアダプタ

CR

光ファイバコードが接続できるレセプタクル(接栓座)

DR

光伝送部品が接続できるレセプタクル


5

C 5962 : 2001

図 1  光コネクタ機能図

4.2.4

フェルール,スリーブなどの収容可能な数を表す記号  フェルール,スリーブなどの収容可能な数

を表す記号は,

フェルール,

スリーブなどのハウジングに収容可能な数を 1 けた又は 2 けたの数字で表す。

なお,単心光コネクタの場合及び個別規格においてこの数字が 1 種類だけである場合には省略できる。

4.2.5

フェルール整列部形状を表す記号  フェルールの整列部形状を表す記号は,表 による。

表 2  フェルール整列部形状を表す記号

記号

フェルール整列部形状

M

外形によって整列するフェルールを有しスリーブをもたないもの。又はガイドピン及

びガイドピンをもつもの。

F

スリーブをもつもの。又はガイドピン穴があるもの。

X

その他のもの。

4.2.6

フェルール穴径を表す記号  フェルール穴径を表す記号は,個別規格で規定された寸法(

μm 単位)

を整数の 3 けた又は 4 けたの数字で表す。

例  125 : 125

μm          1 080 : 1 080μm

4.2.7

等級を表す記号  等級を表す記号は,光コネクタの挿入損失の範囲によって区分し,表 による。

表 3  等級を表す記号

記号

挿入損失  dB

適用光ファイバの形名例

石英系シングル 
モード光ファイバ

石英系マルチ 
モード光ファイバ

多成分系マルチ 
モード光ファイバ

プラスチッククラ
ッドマルチモード

光ファイバ

全プラスチックマ
ルチモード光ファ

イバ

(SSMA-9.5/125) (SGI-50/125) (CSI-200/250-H)

(RSI-200/230-A)

(RSI-200/300)

(PSI-980/1000-A)

A 0.5

以下

B 1.0

以下

(0.4 以下)

C

(1.6 以下) 0.6 以下

D

− 0.8 以下

E

− 1.0 以下

F

− 1.5 以下


6

C 5962 : 2001

記号

挿入損失  dB

適用光ファイバの形名例

石英系シングル 
モード光ファイバ

石英系マルチ 
モード光ファイバ

多成分系マルチ 
モード光ファイバ

プラスチッククラ
ッドマルチモード
光ファイバ

全プラスチックマ
ルチモード光ファ
イバ

(SSMA-9.5/125) (SGI-50/125) (CSI-200/250-H)

(RSI-200/230-A)

(RSI-200/300)

(PSI-980/1000-A)

G

− 2.0 以下

H

− 1.5 以下

1

− 2.0 以下

J

− 2.5 以下

K

− 1.5 以下

L

− 2.0 以下

M

− 2.5 以下 1.5 以下

N

− 2.0 以下

P

− 2.5 以下

Q

− 3.0 以下

X

規定しない(

1

)

(

1

)

受渡当事者間の協定による。 

備考1.  挿入損失は,フレネル損失(ガラスファイバで約0.3dB)を含んだ値で,適正な光ファイバを用い適正な

組立を行い,JIS C 5961によって試験を行った値である。

2.

−は,該当品が考えられなかったため規定しなかった。 

3.

括弧内の値は,参考値として,概略を示す。

4.

適用光ファイバの形名は,JIS C 6820 による。

4.2.8

適用光ファイバコードを表す記号  適用光ファイバコードを表す記号は,プラグ,ジャック及び光

ファイバが接続できるレセプタクルに適用し,

表 による。

表 4  適用光ファイバコードを表す記号

記号

適用光ファイバコード

記号

適用光ファイバコード

1

シース外径:2.8±0.2mm 
光ファイバ心線径:0.9±0.1mm

光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミ
ド系繊維をほぼ同心円状に密接して配置してい

るもの。

7

シース外径:2.2±0.2mm 
光ファイバ心線径:0.5±0.05mm

光ファイバ心線 2 次被覆材質:ふつ素系樹脂 
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミ
ド系繊維をほぼ同心円状に密接して配置してい

るもの。

2

シース外径:2.0±0.2mm

光ファイバ心線径:0.9±0.1mm 
光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミ

ド系繊維をほぼ同心円状に密接して配置してい
るもの。

8

光ファイバ心線径:0.9±0.1mm

光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂

9

テープ形光ファイバコードシース短径:2.5±

0.3mm

テープ形光ファイバコードシース長径:3.5±

0.4mm

テープ形光ファイバファイバ心線厚さ:

(0.25

∼0.4)

2

.

0

2

.

0

+

mm

テープ形光ファイバファイバ心線 2 次被覆材

質:UV 硬化樹脂 
抗張力体:テープ形光ファイバ心線上に芳香族
ポリアミド系繊維を密接して配置しているも

の。

3

シース外径:2.8±0.2mm 
光ファイバ心線径:0.6±0.1mm 
光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂

抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミ
ド系繊維をほぼ同心円状に密接して配置してい
るもの。


7

C 5962 : 2001

記号

適用光ファイバコード

記号

適用光ファイバコード

4

シース外径:2.0±0.2mm 
光ファイバ心線径:0.6±0.1mm

光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミ
ド系繊維をほぼ同心円状に密接して配置してい

るもの。

10

テープ形光ファイバ心線厚さ: (0.25∼0.4)  ±

0.08mm

テープ形光ファイバ心線 2 次被覆材質:UV 硬
化樹脂

11

シース外径:4.3±0.2mm

光ファイバ心線径:0.9±0.1mm 
光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミ

ド系繊維をほぼ同心円状に密接して配置してい
るもの。

5

シース外径:2.2±0.2mm 
光ファイバ素線径:1.0±0.1mm

99

その他のもの

6

シース外径:2.2±0.2mm

光ファイバ心線径:0.9±0.1mm 
光ファイバ心線 2 次被覆材質:ポリアミド樹脂
抗張力体:光ファイバ心線上に芳香族ポリアミ

ド系繊維をほぼ同心円状に密接して配置してい
るもの。

備考  適用光ファイバコードは JIS C 6820 によるほか,JIS C 6830JIS C 6831JIS C 6836JIS C 6838 及び JIS 

C 6839

の規定による。

4.2.9

耐環境性を表す記号  耐環境性を表す記号は,耐環境性に関する特殊構造をもつものに適用し,表

5

による。

表 5  耐環境性を表す記号

記号

特殊構造

W

屋外で使用できる防水構造のもの

P

耐気圧形で使用できる気密構造のもの

T

高温若しくは低温,又は双方に耐える構造のもの

X

その他のもの

4.2.10

その他特殊構造を表す記号  その他特殊構造を表す記号は,数字,英字又は記号を用い,これらの

合計を 5 文字以内とし,個別規格の規定による。

5.

性能  性能は,表 に示す性能項目を選び,個別規格に規定する。

表 6  性能項目

番号

性能項目

試験方法

(JIS C 5961)

1

かん合性

4.

(外観及び構造)

2

挿入損失

6.1

(挿入損失)

3

反射減衰量

6.2

(反射減衰量)

4

耐振性

7.1

(耐振性)

5

耐衝撃性

7.2

(耐衝撃性)

6

繰返し動作

7.3

(繰返し動作)

7

フェルール引抜き力

7.4

(フェルール引抜き力)

8

フェルール押圧力

7.5

(フェルール押圧力)

9

結合部接続強度(軸方向)

7.6

[結合部接続強度(軸方向)

10

光コネクタ取付部強度(軸方向)

7.7

[光コネクタ取付部強度(軸方向)

11

光コネクタ取付部強度(トルク)

7.8

[光コネクタ取付部強度(トルク)

12

光コネクタ取付部強度(横方向)

7.9

[光コネクタ取付部強度(横方向)


8

C 5962 : 2001

番号

性能項目

試験方法

(JIS C 5961)

13

落下強度(光ファイバコード付き)

7.10

[落下強度(光ファイバコード付き)

14

光ファイバコードクランプ強度

7.11

[光ファイバコードクランプ強度

(軸方向への引張り)

    (軸方向への引張り)

15

光ファイバコードクランプ強度(屈曲)

7.12

[光ファイバコードクランプ強度(屈曲)

16

結合力及び離脱力

7.13

(結合力及び離脱力)

17

結合部接続強度(トルク)

7.14

[結合部接続強度(トルク)

18

結合部接続強度(横方向)

7.15

[結合部接続強度(横方向)

19

光ファイバコードクランプ強度(軸方向圧縮) 7.16[光ファイバコードクランプ強度(軸方向圧縮)

20

光ファイバコードクランプ強度(ねじり)

7.17

[光ファイバコードクランプ強度(ねじり)

21

ハンマ衝撃

7.18

(ハンマ衝撃)

22

ゲージ保持力

7.19

(ゲージ保持力)

23

耐腐食性(塩水噴霧)

8.1

(塩水噴霧)

24

温度サイクル

8.2

(温度サイクル)

25

耐湿性(定常状態)

8.3

[耐湿性(定常状態)

26

耐湿性(温湿度サイクル)

8.4

[耐湿性(温湿度サイクル)

27

耐熱性

8.5

(耐熱性)

28

耐寒性

8.6

(耐寒性)

29

ダスト

8.7

(ダスト)

6.

構造

6.1

構造,形状及び寸法  構造,形状及び寸法は,次の事項を個別規格に規定する。

a)

結合部寸法 

b)

外形寸法 

c)

光コネクタ取付部寸法 

d)

その他互換性に必要な寸法 

なお,寸法許容差の規定がない場合の許容差は,基準寸法が小数点以下 1 けたまで規定していると

きは±0.4mm,2 けたまで規定しているときは±0.13mm とする。角度は,±30'とする。

6.2

材料及び仕上げ  材料及び仕上げは,5.の性能を満足しなければならない。

7.

試験

7.1

試験場所の標準状態  試験は,規定がない限り JIS C 0010 の 5.3[測定及び試験のための標準大気条

件(標準状態)

]に規定の標準状態(温度 15∼35℃,相対湿度 25∼75%,気圧 86∼106kPa)で行う。ただ

し,判定に疑義が生じたときは,JIS C 0010 の 5.2[判定測定及び判定試験のための標準大気条件(判定状

態)

]の表中の値(温度 20±2℃,相対湿度 60∼70%,気圧 86∼106kPa)で行う。

7.2

試験の種類  試験の種類は,次のとおりとする。

a)

一般試験  一般試験は,非破壊試験で,試験に要する時間が短く比較的容易に実施できる試験である。

b)

特殊試験  特殊試験は,破壊試験及び比較的長時間を要する非破壊試験である。

7.3

試験項目  試験項目は,表 による。


9

C 5962 : 2001

表 7  試験項目

試験項目

適用箇条

備考



構造,形状及び寸法

6.1

表示

8.

挿入損失

表 の番号 2

アダプタに適用

フェルール引抜き力

表 の番号 7

プラグを除く

フェルール押圧力

表 の番号 8

プラグを仮組立して試験



かん合性

表 の番号 1

挿入損失

表 の番号 2

プラグ又はジャックに適用

反射減衰量

表 の番号 3

プラグ又はジャックに適用

耐振性

表 の番号 4

耐衝撃性

表 の番号 5

繰返し動作

表 の番号 6

結合部接続強度(軸方向)

表 の番号 9

光コネクタ取付部強度(軸方向)

表 の番号 10

光コネクタ取付部強度(トルク)

表 の番号 11

光コネクタ取付部強度(横方向)

表 の番号 12

落下強度(光ファイバコード付き)

表 の番号 13

光ファイバコードクランプ強度(軸方向への引張り)

表 の番号 14

光ファイバコードクランプ強度(屈曲)

表 の番号 15

結合力及び離脱力

表 の番号 16

結合部接続強度(トルク)

表 の番号 17

結合部接続強度(横方向)

表 の番号 18

光ファイバコードクランプ強度(軸方向圧縮)

表 の番号 19

光ファイバコードクランプ強度(ねじり)

表 の番号 20

ハンマ衝撃

表 の番号 21

ゲージ保持力

表 の番号 22

耐腐食性(塩水噴霧)

表 の番号 23

温度サイクル

表 の番号 24

耐湿性(定常状態)

表 の番号 25

耐湿性(温湿度サイクル)

表 の番号 26

耐熱性

表 の番号 27

耐寒性

表 の番号 28

ダスト

表 の番号 29

8.

表示  光コネクタには見やすい箇所に,次の事項を表示する。ただし,個々の光コネクタに表示する

ことが困難な場合は,包装に表示してもよい。

a)

形式を表す記号 

b)

光コネクタ形状を表す記号 

c)

製造業者名又はその略号 


10

C 5962 : 2001

附属書 1(参考)  光ファイバコード付き光コネクタ

この附属書(参考)は,本体の規定に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

光ファイバコネクタ通則に規定される光コネクタと光ファイバコードを組み立てて取り付けた状態の光

ファイバコード付き光コネクタ規格は,光コネクタ形式の組合せ,光ファイバコードの種類,光コネクタ

の等級など複雑な組合せを考える必要があり,JIS C 5963(光ファイバコード付き光コネクタ通則)とし

て新たに制定された。

しかし,参考として改版されない個別規格のために,従来の光ファイバコード付き光コネクタに関する

形名,性能,試験及び表示の決め方を以下に示す。

1.

適用範囲  この参考は,本体に規定された光コネクタを光ファイバコードに取り付けた光ファイバコ

ード付き光コネクタ(以下,コード付き光コネクタという。

)の構造,性能などを定める場合の基準につい

て示す。

2.

形名

2.1

形名の構造  形名の構造は,次の配列による。

ただし,該当する項目がない場合は,順次繰り上げた配列で構成する。

コード付き
光コネクタ
を表す記号

光 コ ネ ク タ
の 形 式 を 表
す記号

コ ー ド 付 き
光 コ ネ ク タ
の 形 状 を 表

す記号

光コネクタの
等級を表す記

光 フ ァ イ バ
コ ー ド を 表
す記号

光ファイバコード
の長さを表す記号

2.2.1

2.2.2

2.2.3

2.2.4

2.2.5

2.2.6

例 CNA

F01

P1P1

A

1

− 5

2.2

記号

2.2.1

コード付き光コネクタを表す記号  コード付き光コネクタを表す記号は,CNA とする。

2.2.2

光コネクタの形式を表す記号  光コネクタの形式を表す記号は,本体 4.2.2 による。

2.2.3

コード付き光コネクタの形状を表す記号  コード付き光コネクタの形状を表す記号は,個別規格に

よる。

2.2.4

光コネクタの等級を表す記号  光コネクタの等級を表す記号は,本体 4.2.7 による。

2.2.5

適用光ファイバコードを表す記号  適用光ファイバコードを表す記号は,本体 4.2.8 による。

2.2.6

適用光ファイバコードの長さを表す記号  適用光ファイバコードの長さを表す記号は,メートル単

位で表した数字とする。

3.

性能及び構造  性能及び構造は,本体の 5.及び 6.による。ただし,詳細は,受渡当事者間の協定によ

る。

4.

試験  試験場所の状態は,本体 7.によることとし,試験の項目は,受渡当事者間の協定による。

5.

表示  コード付き光コネクタには見やすい箇所に,次の事項を表示する。


11

C 5962 : 2001

a)

光コネクタの種類(光コネクタの形式,形状だけ) 

b)

光ファイバの種類 

c)

製造業者名又はその略号 

光コネクタ標準化委員  構成表

氏名

所属

(委員長)

住  田      真

日本電信電話株式会社フォトニクス研究所

朝  倉  宏  之

松下電器産業株式会社デバイスエンジニアリング開発センター

有  馬  脩  二

ヒロセ電機株式会社技術本部

上  田  知  彦

住友電気工業株式会社横浜研究所

小野川  明  浩

日本航空電子工業株式会社コネクタ事業部

香  月  陽一郎

沖電気工業株式会社オプチカルコンポーネントカンパニー

金  子      聡

日本オプネクスト株式会社製造本部

椎  野  雅  人

古河電気工業株式会社光線路開発部

品  川  雄  二

三和電気工業株式会社技術部

島  田  和  宏

株式会社東芝セミコンダクター社

島  田  友  弘

セイコーインスツルメンツ株式会社コンポーネント事業本部

高  松  道  弘

富士通株式会社トランスポート事業本部

田  中      勉

経済産業省産業技術環境局基準認証ユニット

中  野  敏  昭

本多通信工業株式会社設計部

橋  本  雅  之

財団法人日本規格協会

橋  本      実

三菱電機株式会社鎌倉製作所

八  田      勲

経済産業省産業技術環境局基準認証ユニット

林      幸  生

株式会社フジクラ通信部品事業部

福  田  伸  次

第一電子工業株式会社産機・光製品事業部

山  村  修  蔵

財団法人日本規格協会

柚  木  周  一

日本電気株式会社 NEC ネットワークス光ネットワーク事業本部

(事務局)

増  田  岳  夫

財団法人光産業技術振興協会

雑  喉  利  明

財団法人光産業技術振興協会

高  地  正  彦

財団法人光産業技術振興協会

田  口  剣  申

財団法人光産業技術振興協会