>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 5952-11

:2008 (IEC 62148-11:2003)

(1) 

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  用語及び定義

2

4

  分類

2

5

  仕様

2

5.1

  ピグテイル形インタフェース

2

5.2

  電気的インタフェース

2

6

  変調器集積 LD 送信モジュールの外形及びフットプリント

3

6.1

  きょう(筐)体外形図

3

6.2

  フットプリント図

4


C 5952-11

:2008 (IEC 62148-11:2003)

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人光産業技術振興協会 (OITDA) 及び

財団法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日

本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案出願登録に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。

JIS C 5952

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS

C

5952-1

第 1 部:総則

JIS

C

5952-2

第 2 部:MT-RJ(F19 形)コネクタ付 10 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-3

第 3 部:MT-RJ(F19 形)コネクタ付 20 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-4

第 4 部:PN コネクタ付 1×9 ピンプラスチック光ファイバ光トランシーバ

JIS

C

5952-5

第 5 部:SC(F04 形)コネクタ付 1×9 ピン光送信・受信モジュール及び光トランシーバ

JIS

C

5952-6

第 6 部:ATM-PON 用光トランシーバ

JIS

C

5952-7

第 7 部:LC コネクタ付 10 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-8

第 8 部:LC コネクタ付 20 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-9

第 9 部:MU(F14 形)コネクタ付 10 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-10

第 10 部:MU(F14 形)コネクタ付 20 ピン SFF 形光トランシーバ

JIS

C

5952-11

第 11 部:14 ピン変調器集積形半導体レーザ送信モジュール

JIS

C

5952-12

第 12 部:同軸形高周波コネクタ付半導体レーザ送信モジュール


   

日本工業規格

JIS

 C

5952-11

:2008

(IEC 62148-11

:2003

)

光伝送用能動部品−

パッケージ及びインタフェース標準−

第 11 部:14 ピン変調器集積形

半導体レーザ送信モジュール

Fibre optic active components and devices-Package and interface standards-

Part 11 : 14-pin modulator-integrated laser diode transmitters

序文

この規格は,2003 年に第 1 版として発行された IEC 62148-11 を基に,技術的内容及び対応国際規格の

構成を変更することなく作成した日本工業規格である。

1

適用範囲

この規格は,

光通信に用いられる 14 ピン変調機器集積形半導体レーザ送信モジュールについて規定する。

この規格は,異なる製造業者間における物理インタフェースの互換性を確立することを目的とする。

なお,変調器集積形半導体レーザ送信モジュールとは,電子冷却素子を内蔵する 14 ピンのバタフライパ

ッケージをいう。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 62148-11 : 2003

,Fibre optic active components and devices−Package and interface standards−

Part 11 : 14-pin modulator-integrated laser diode transmitters (IDT)

なお,対応の程度を表す記号 (IDT) は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,一致していることを示

す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 5952-1

  光伝送用能動部品−パッケージ及びインタフェース標準−第 1 部:総則

注記  対応国際規格:IEC 62148-1 : 2002  Fibre optic active components and devices−Package and

interface standards

−Part 1 : General and guidance (IDT)

IEC 60793 (all parts)

  Optical fibres

IEC 60874 (all parts)

  Connectors for optical fibres and cables

ITU-T G .652

  Characteristics of a single-mode optical fibre cable

ITU-T G .653

  Characteristics of a dispersion-shifted single-mode optical fibre cable


2

C 5952-11

:2008 (IEC 62148-11:2003)

   

ITU-T G .654

  Characteristics of a cut-off shifted single-mode optical fibre and cable

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語の定義は,JIS C 5952-1 の箇条 3(用語及び定義)によるほか,次による。

3.1

PD (Photo Diode)

モニタ用フォトダイオード。

3.2

TEC (Thermo Electric Cooler)

電子冷却素子。

4

分類

この規格で扱う変調器集積半導体レーザモジュールは,JIS C 5952-1 のデバイス分類上タイプ 3 に分類

される。

5

仕様

5.1

ピグテイル形インタフェース

光ファイバは,IEC 60793 並びに ITU-T 勧告の G .652G .653 及び G .654 で規定するものを用いる。光

ファイバがコネクタ付きの場合は,IEC 60874 で規定するものを用いる。

5.2

電気的インタフェース

5.2.1

一般事項

電気的インタフェースでは,各端子の基本機能だけ規定する。

5.2.2

電気端子番号

電気端子配置番号は,

図 による(図は,モジュール上面図)。

図 1−電気端子番号


3

C 5952-11

:2008 (IEC 62148-11:2003)

5.2.3

電気端子配置

電気端子配置は,

表 による。

表 1−端子配置

端子番号

記号

機能

1

サーミスタ 1

a)

2

サーミスタ 2

a)

3

LD

A

半導体レーザアノード

4

PD

A

モニタ PD アノード

5

PD

K

モニタ PD カソード

6

TEC

A

電子冷却素子  アノード

b)

7

TEC

K

電子冷却素子  カソード

b)

8

きょう(筐)体接地

9

きょう(筐)体接地

10

NC

又は,きょう(筐)体接地

11

半導体レーザ/信号接地

12

変調器高速信号入力  アノード

13

半導体レーザ/信号接地

14

NC

又は,きょう(筐)体接地

a)

二端子間の抵抗値は,きょう(筐)体温度を示す。

b)

熱伝素子は,表中に示した電流印加方向で半導体レーザ素子冷却素子
として動作する。逆方向に電流印加した場合は,加熱素子として動作

する。

6

変調器集積 LD 送信モジュールの外形及びフットプリント

6.1

きょう(筐)体外形図

きょう(筐)体外形図は,

図 による。


4

C 5952-11

:2008 (IEC 62148-11:2003)

   

単位  mm

参照箇所

最小値

最大値

 8.7

 9.1

25.9 26.2

 2.4

 2.6

6.7

− 10.0

14.9 15.5

 4.6

 5.8

 2.5

 2.8

a)

 

 5.2

 5.6

 0.3

 0.7

a)

 

a)

製造業者によって,個別に規定する。

図 2−きょう(筐)体外形図

6.2

フットプリント図

フットプリント図及び寸法は,

図 による。


5

C 5952-11

:2008 (IEC 62148-11:2003)

単位  mm

参照箇所

最小値

最大値

説明

 8.89

理論的に正確な寸法

26.04

理論的に正確な寸法

15.5

 2.67

理論的に正確な寸法

 30.22

注記  IEC の単純ミスであるので,“理論的に正確な寸法”abを□で囲んだ。

図 3−フットプリント図