>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 C

3840

-1975

低圧ノッブがいし

Knob Insulators

1.

適用範囲  この規格は,磁器製の低圧ノッブがいし(以下,ノッブという。)について規定する。

引用規格:

JIS C 3802

  電気用磁器類の外観検査

2.

種類  種類は,その形状により,次の 4 種類とする。

小ノッブ

中ノッブ

大ノッブ

特大ノッブ

3.

材料  材料は,表 のものを用いなければならない。

表 1

名称

材料

磁器部

露出部に,

付図に鎖線を施した部分を除き,全面一様に

うわ薬を施した磁器。 
色の指定がないときは,白色とする。

備考  下面のへこみ及び内面に,うわ薬を施してもよい。

4.

形状及び寸法  形状及び寸法は,付図のとおりとする。

5.

外観  外観は,JIS C 3802(電気用磁器類の外観検査)の規定による。

6.

製品の呼び方  製品の呼び方は,種類による。

例:小ノッブ

7.

表示  表示は,製造業者名又はその略号を容易に消えない方法で,ノッブの磁器部に記さなければな

らない。


2

C 3840-1975

付図

単位  mm

種類

D

H

a

b

c

d

1

d

2

d

3

d

4

小ノッブ

30 42 27

9

8

7

2
0

16

18 22

中ノッブ

45 50 27

14

10

7

2
0

22

30 31

大ノッブ

60 57 27

20

12

8

2
0

25

40 40

特大ノッブ  75 65 27

26

15

8

2
0

32

50 49

備考  許容差のない数値は,基準寸法とする。

電気材料部会  がいし専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

巽      良  知

社団法人電気学会

中  島  好  忠

横浜国立大学工学部

鈴  木  玄八郎

通商産業省生活産業局

児  玉  勝  臣

資源エネルギー庁公益事業部

常  沢  秀  夫

工業技術院標準部

加  藤      勲

電磁器協会

新  宮  行  太

朝日碍子株式会社技術部

中  島

  一

愛知県陶磁器工業組合

百  田  弥之助

株式会社香蘭社碍子工場

藤  村  哲  夫

日本碍子株式会社技術部

松  岡  志  郎

会津碍子株式会社

三  田  保  三

大トー株式会社佐野工場

石  井  豊  章

東京電力株式会社工務部

浦  下      康

中部電力株式会社東京支社

津  田      宏

関西電力株式会社工務部

平  田  康  夫

三菱電機株式会社伊丹製作所

宮  崎  邦  夫

日本国有鉄道電気局

村  野      稔

東京芝浦電気株式会社電機技術研究所

山  田  信  義

社団法人日本電機工業会

(事務局)

武  笠  二  郎

工業技術院標準部電気規格課

中  林  賢  司

工業技術院標準部電気規格課