>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 3818 :

 19
99
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS C 3818 : 1999

  ステーションポストがいし

IEC 60273 : 1990

  公称電圧が 1000V を超える系統用の屋内及び屋外用ポストがいしの特性

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  本 体 規 格 に は , 公 称 電 圧

6.6kV

以上の電路に用いる中

実磁器製のステーションポ
ストがいしを規定。 
附属書は,対応国際規格 IEC

60273

中の磁器又はガラス製

の屋外用ポストがいしにつ
いて規定。

IEC 60273 

○ 公称電圧が 1000V を超える電気

設備又は電気装置に使用する屋

内及び屋外用ポストがいし。

ADP

国際規格の内容以外に,本体
部分に独自規定を追加。

(2)

用語

○  本体規格の用語の定義は,

JIS C 3803

による。

IEC 60273 

○ 用語の定義は,本体による。

ADP

同上

(3)

種類

○  本体規格には 17 種類,附属

書には 380 種類のがいしを規

定。

IEC 60273 

○ 磁器又はガラス製の屋外用ポス

トがいしについて 380 種類のが

いしを規定。

ADP

同上

(4)

性能

○  本体規格には,電気特性(商

用周波注水耐電圧,雷インパ

ルス耐電圧),機械特性(引
張破壊荷重,曲げ破壊荷重,
ねじり破壊荷重)及びその他

(冷熱,吸湿性,亜鉛めっき)
を規定。 
附属書は,対応国際規格 IEC 

60273

中の磁器又はガラス製

の屋外用ポストがいしの性
能を規定。

IEC 60273 

○ 電気特性(商用周波注水耐電圧,

雷インパルス耐電圧,注水開閉

インパルス耐電圧)

,機械特性(曲

げ破壊荷重,ねじり破壊荷重)及
びその他(冷熱,吸湿性,亜鉛め

っき)を規定。

ADP

同上

JIS

は,完全に普及してお

り,寸法,電気的特性及び機

械的特性が異なることから,
互換性の問題がある。このた
め,今回は,従来 JIS に,対

応国際規格を附属書(規定)
として規定することで整合
化を図った。電気事業法では

JIS

以外の製品も認めてい

るが,安全性の観点から従来
がいしとの混在が不可能な

ため,ADP 部分は TBT 例外
事項として扱う。


 

2

C

 3818 :

 19
99
 解


解説付表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS C 3818 : 1999

  ステーションポストがいし

IEC 60273 : 1990

  公称電圧が 1000V を超える系統用の屋内及び屋外用ポストがいしの特性

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

整合が困難な理由及び今

後の対策

(5)

形 状 及 び 寸

○  本体規格には,寸法(高さ,

かさ径,胴径,金具外径)及

び寸法許容差(高さ,振れ,
ねじれ,平行度)を規定。
附属書は,対応国際規格 IEC

60273

中の磁器又はガラス製

の屋外用ポストがいしの寸
法及び一部の寸法許容差を

規定。

IEC 60273 

○ 寸法(高さ,漏れ距離,絶縁外径)

及び寸法許容差(高さ,同心度,

振れ,ねじれ,平行度,曲がり,
漏れ距離,かさ角度)を規定。

ADP

同上

(6)

外観

○  本体規格には,実用上有害な

欠陥がないこと及び磁器部
の外観上の欠点の許容限度
は JIS C 3802 によることを

規定。

IEC 60273 

○ 実用上有害な欠陥がないこと,及

び磁器部の外観上の欠点の許容
限度は本体中の規格値による。

ADP

国際規格の内容以外に,本体

部分に独自規定を追加。

(7)

材 料 及 び 組

○  本体規格には,絶縁部,金具

及びセメントの材料を規定。
附属書は,対応国際規格 IEC 

60273

中の磁器又はガラス製

の屋外用ポストがいしの絶
縁部の材料を規定。

IEC 60273 

○ 絶縁部の材料だけを規定。

ADP

同上

(8)

試験方法

○  本体規格には,JIS C 3801 

該当項を引用するように規
定。 
附属書は,IEC 60168 : 1994

が試験についての一般的な
定義と方法を示しているこ
とを記載。

IEC 60273 

○ 電気的試験,機械的試験,その他

の試験及び各寸法試験方法を規
定。

ADP

同上


 

3

C

 3818 :

 19
99
 解

解説付表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS C 3818 : 1999

  ステーションポストがいし

IEC 60273 : 1990

  公称電圧が 1000V を超える系統用の屋内及び屋外用ポストがいしの特性

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

整合が困難な理由及び今

後の対策

(9)

検査

○  本体規格には,形式検査と受

渡検査について,検査項目と

合否判定方法を規定。 
附属書は,IEC 60168 : 1994
が試験(検査を含む)につい

ての一般的な定義と方法を
示していることを記載。

IEC 60273 

○ 抜取及び全数検査について項目,

方法及び規格値を規定。

ADP

同上

(10)

製 品 の 呼 び

○  本体規格には,名称及び種類

によることを規定。 
附属書は,対応国際規格 IEC 

60273

中の磁器又はガラス製

の屋外用ポストがいしのが
いし種類の表し方を規定。

IEC 60273 

○ 種類を表す記号による。

ADP

同上

(11)

表示

○  本体規格には,表示箇所(磁

器部)と内容を規定。

IEC 60273 

○ 製造業者の名称又は商標,製造年

及び参照マークを規定。

ADP

国際規格の内容以外に,本体
部分に独自規定を追加。

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“ADP”は,JIS は国際規格を技術的内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを示す。

3.

この JIS の対応国際規格の一つである IEC 60168 : 1994 は,JIS C 3801-2(がいし試験方法−第 2 部:発変電所用ポストがいし)の附属書(規定)として取り
込まれている。他の JIS との内容の重複を避けるため,この JIS の附属書への採用は見合わせた。