>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 3816 :

 19
99
 解

解説付表 2  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS C 3816 :1999

  長幹がいし

IEC 60120 : 1984

  懸垂がいし及び長幹がいしのボールソケット連結部−寸法

IEC 60433 : 1980

  長幹がいし−特性

IEC 60471 : 1977

懸垂がいし及び長幹がいしのクレビス・タング連結部−寸法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  本体規格には,架空送電線用

クレビス−クレビス形磁器
製長幹がいし

附属書は国際規格の内容

IEC 60433 

IEC 60471 

○ 1000V を超える架空線路用磁器

製長幹がいし(クレビス・ボール
ソケット)

(2)

用語・記号

○  本体規格の用語の定義は,

JIS C 3803

による

附属書は国際規格の内容

IEC 60433 

IEC 60471 

IEC 60120 

○ 当該規格に用いる用語の定義を

規定

ADP

国際規格の内容以外に本体

部分に独自規定を追加

(3)

種類・等級

○  本体規定には 7 種類,附属書

に 44 種類を規定 
附属書は国際規格の内容

IEC 60433 

IEC 60471 

IEC 60120 

○ 44 種類を規定

クレビスの種類は 7 種類 
ボールソケットは 6 種類

ADP

同上

(4)

性能

○  本体規定には,寸法,電気特

性及び機械特性を数値で規
定。

附属書は国際規格の内容

IEC 60433 

○ 寸法,電気特性,及び機械特性を

数値で規定

ADP

同上

(5)

形状・寸法及

び 寸 法 許 容

○  本体規定には,全長(公差含

む),胴径,かさ径,かさ間
隔,及びかさ枚数を規定。及
び割ピン,連結部の寸法を規

定。 
附属書は国際規格の内容

IEC 60433 

IEC 60471 

IEC 60120 

○ 全長,有効長,表面漏れ距離,胴

径,かさ径,かさ間隔,及びかさ
枚数を規定

ADP

同上

(6)

材質・原料

○  本体規格には磁器,キャッ

プ,コッタ,割ピン及びセメ
ント材料を規定。

IEC 60471 

IEC 60120 

− タングは,鋼,クレビスは,可鍛

鋳鉄機械特性が満足すれば材質
不問

同上

JIS

は,完全に普及してお

り,寸法,電気特性,機械特
性上が異なることから,互換

性の問題がある。 
このため,今回は,従来 JIS
に関連 IEC 規格を附属書

(規

定)として規定することで整
合化を図った。 
電気事業法では,JIS 以外の

製品も認めているが,安全性
の観点から従来がいしとの
混在が不可能なため,ADP

部分は TBT 例外事項として
扱う。


 

2

C

 3816 :

 19
99
 解


解説付表 2  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

JIS C 3816 :1999

  長幹がいし

IEC 60120 : 1984

  懸垂がいし及び長幹がいしのボールソケット連結部−寸法

IEC 60433 : 1980

  長幹がいし−特性

IEC 60471 : 1977

懸垂がいし及び長幹がいしのクレビス・タング連結部−寸法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

整合が困難な理由及び今
後の対策

(7)

試験方法・検

○  JIS C 3801-1 に規定

本体規格の検査項目は,9 項
目を規定

附属書は国際規格の内容

IEC 60433 

○ IEC 383-1 に規定

検査項目は,14 項目を規定する

ADP

国際規格の内容以外に本体
部分に独自規定を追加

(8)

呼び方

○  本体規格には,種類を表す記

号又は,名称で規定 
附属書は国際規格の内容

IEC 60433 

IEC 60471 

○ 種類を表す記号による

ADP

同上

(9)

表示

○  本体規格は,磁器部に表示す

る 
附属書は国際規格の内容

IEC 60433 

○ 絶縁部又は金具に表示する

ADP

同上

備考1.  表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定していないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術内容が同等であることを示す。 
“ADP”は,JIS は国際規格内容の変更なしで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを示す。