>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

(1) 

目  次

ページ

序文 

1

1

  適用範囲

1

2

  用語及び定義 

1

3

  分類

1

4

  材料

2

4.1

  一般事項 

2

4.2

  単線のアルミニウム導体 

2

4.3

  断面が円形又は扇形のより線のアルミニウム導体 

2

5

  単線の導体及びより線の導体

2

5.1

  単線(クラス 1

2

5.2

  より線の円形非圧縮導体(クラス 2) 

3

5.3

  より線の円形圧縮導体及び扇形導体(クラス 2) 

3

6

  可とう導体(クラス 及びクラス 6) 

3

6.1

  構造

3

6.2

  導体抵抗 

3

7

  箇条 及び箇条 への適合性の確認 

3

附属書 A(規定)導体抵抗の測定 

8

附属書 B(参考)温度補正係数を求めるための正確な式 

10

附属書 C(参考)円形導体の外径範囲の指針 

11


C 3664

:2007 IEC 60228:2004

(2) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本電線

工業会(JCMA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査

会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS C 3664:1998 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認について,責任は

もたない。


   

日本工業規格

JIS

 C

3664

:2007

(IEC 60228

:2004

)

絶縁ケーブルの導体

Conductors of insulated cables

序文 

この規格は,2004 年に第 3 版として発行された IEC 60228 を基に,技術的内容を変更することなく作成

した日本工業規格である。

適用範囲 

この規格は,広範な種類の電力ケーブル及び可とうコードの公称断面積が 0.5 mm

2

∼2 500 mm

2

の素線構

成及び導体の特性について規定する。導体は,固定配線用ケーブル用の銅線,アルミニウム線及びアルミ

ニウム合金線の単線及びより線並びに可とう銅導体について規定する。

この規格は,電気通信を目的とした導体については適用しない。

この規格の特殊ケーブルへの適用可否は,その種類のケーブルを扱う個別規格で規定する。

この規格は,完成品ケーブルの導体に関する規定であり,特に規定する場合を除き,裸線又は半製品の

ケーブルの導体には適用しない。

導体抵抗の温度補正係数(

附属書 B)及び円形導体の外径範囲(附属書 C)の補足情報は,参考とする。

注記 1  この規格は,絶縁ケーブルの導体について公称値を規定するものであって,この規格によっ

て適合性評価を行うことは意図していない。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60228:2004

,Conductors of insulated cables (IDT)

なお,対応の程度を表す記号(IDT)は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,一致していることを示

す。

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

2.1 

金属めっき 

すず又はすず合金のような金属の薄い層で覆うこと。

2.2 

公称断面積 

導体のサイズを特定するための値。直接測定によって確認する必要はない。

注記  この規格の各導体サイズは,最大導体抵抗値の規定を満足しなければならない。

分類 


2

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

   

導体の区分は,1,2,5 及び 6 の 4 クラスとする。

クラス 1 及びクラス 2 は,固定配線に使用するもので,クラス 1 は単線導体に,クラス 2 はより線導体

に用いる。

クラス 5 及びクラス 6 は,主として可とうケーブル及びコードに使用するが,

固定配線に用いてもよい。

−  クラス 1:単線の導体

−  クラス 2:より線の導体

−  クラス 5:可とう導体

−  クラス 6:高可とう導体(クラス 5 よりも可とう性がある。

材料 

4.1 

一般事項 

導体は,次のいずれかとする。

−  金属めっきなし又は金属めっきありの軟銅線

−  アルミニウム線又はアルミニウム合金線

4.2 

単線のアルミニウム導体 

断面が円形又は扇形の単線のアルミニウム導体は,完成品における導体の引張強さが

表 の範囲内とな

るアルミニウム材料とする。

表 1−単線のアルミニウム導体の引張強さ 

公称断面積

mm

引張強さ

N/mm

10

,16

            110

∼165

25

,35

              60

∼130

50

       60

∼110

70

以上

              60

∼ 90

注記  表 の値は,単線のアルミニウム合金導体には適用しない。

4.3 

断面が円形又は扇形のより線のアルミニウム導体 

より線のアルミニウム導体は,素線における引張強さが

表 の範囲内となるアルミニウム材料とする。

表 2−より線のアルミニウム導体の引張強さ 

公称断面積

mm

引張強さ

N/mm

10 200

以下

16

以上 125∼205

注記 1  表 の値は,より線のアルミニウム合金導体には適用しない。

注記 2  表 は,より線にする前の素線について確認するもので,より線後の導体から採取した素線

には適用しない。

単線の導体及びより線の導体 

5.1 

単線(クラス 1 

5.1.1 

構造 

a) 

単線導体(クラス 1)は,箇条 に規定する中の一つの材料とする。

b) 

単線は,断面が円形とする。


3

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

注記  公称断面積 25 mm

2

以上の単線は,MI ケーブル用であり,一般用ではない。

c) 

10 mm

2

∼35 mm

2

の単線のアルミニウム導体及びアルミニウム合金導体は,断面が円形とする。それよ

り大きいサイズの単線のアルミニウム導体は,単心ケーブル用については断面が円形とするが,多心

ケーブル用については断面が円形又は扇形のいずれでもよい。

5.1.2 

導体抵抗 

各導体の 20  ℃における抵抗は,箇条 によって試験したとき,

表 の最大値以下とする。

注記  単線のアルミニウム合金導体は,製造業者と購入者との間で合意がない限り,表 の単線のア

ルミニウム導体の同一サイズの導体抵抗の値に 1.162 の係数を乗じた値を用いる。

5.2 

より線の円形非圧縮導体(クラス 2 

5.2.1 

構造 

a)

より線の円形非圧縮導体(クラス 2)は,箇条 の要求事項に適合するもののうちの一つとする。

b)

より線のアルミニウム導体又はアルミニウム合金導体は,公称断面積が 10 mm

2

以上とする。

c)

各導体の素線は,すべて同一の公称径とする。

d)

各導体の素線数は,

表 の本数以上とする。

5.2.2 

導体抵抗 

各導体の 20  ℃における抵抗は,箇条 によって試験したとき,

表 の最大値以下とする。 

5.3 

より線の円形圧縮導体及び扇形導体(クラス 2 

5.3.1 

構造 

より線の円形圧縮導体及び扇形導体の構造は,次の要求事項に適合しなければならない。

a)

より線の円形圧縮導体及び扇形導体(クラス 2)は,箇条 の要求事項に適合するもののうちの一つ

とする。より線のアルミニウム導体又はアルミニウム合金導体は,公称断面積が 10 mm

2

以上とする。

より線の扇形の銅導体,アルミニウム導体又はアルミニウム合金導体は,公称断面積が 25 mm

2

以上

とする。

b)

同一導体の二つの異なる素線の直径比は,2 倍以下とする。

c)

各導体の素線数は,

表 の本数以上とする。

注記  この要求事項は,圧縮前の円形断面をもつ導体に適用し,組合せ前の扇形の導体には適用し

ない。

5.3.2 

導体抵抗 

各導体の 20  ℃における抵抗は,箇条 によって試験したとき,

表 の最大値以下とする。

可とう導体(クラス 及びクラス 6 

6.1 

構造 

可とう導体の構造は,次の要求事項に適合しなければならない。

a)

導体(クラス 5 及びクラス 6)は,金属めっきなし又は金属めっきありの軟銅線とする。

b)

各導体の素線は,すべて同一の公称径とする。

c)

各導体の素線径は,

表 又は表 の最大値以下とする。

6.2 

導体抵抗 

各導体の 20  ℃における抵抗は,箇条 によって試験したとき,

表 又は表 の最大値以下とする。 

箇条 及び箇条 への適合性の確認 


4

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

   

5.1.1

5.2.15.3.1 及び 6.1 の要求事項に適合しているかどうかは,完成品の検査及び測定によって確認

する。

5.1.2

5.2.25.3.2 及び 6.2 は,

附属書 によって導体抵抗を測定し,表 A.1 の温度係数で補正した導体

抵抗によって確認する。

表 3−クラス 1  単心及び多心ケーブル用の単線導体 

1 2  3

4

公称断面積

最大導体抵抗

(20

℃)

円形軟銅導体

円形又は扇形

c)

めっきなし

めっきあり

アルミニウム導体

mm

2

Ω/km

Ω/km

Ω/km

0.5 36.0  36.7

0.75 24.5

24.8

1.0 18.1  18.2

1.5 12.1  12.2

2.5 7.41  7.56

4 4.61

4.70

6 3.08

3.11

10 1.83

1.84  3.08

a)

16 1.15

1.16  1.91

a)

25 0.727

b)

− 1.20

a)

35 0.524

b)

− 0.868

a)

50 0.387

b)

− 0.641

70 0.268

b)

− 0.443

95 0.193

b)

− 0.320

d)

120 0.153

b)

− 0.253

d)

150 0.124

b)

− 0.206

d)

185 0.101

b)

− 0.164

d)

240 0.0

5

b)

− 0.125

d)

300 0.0

0

b)

− 0.100

d)

400 0.0

5

b)

− 0.0

8

500

− 0.0

5

630

− 0.0

9

800

− 0.0

7

1 000

− 0.0

1

1 200

− 0.0

7

a)

アルミニウム導体の 10 mm

2

∼35 mm

2

は,円形だけとする[5.1.1 

c) 

参照]

 

b)

  5.1.1 b)

注記を参照する。

c)

  5.1.2

注記を参照する。

d)

単心ケーブルでは,4 個の扇形導体をセグメントよりをして円

形セグメントより導体とする。円形セグメントより導体の最大
導体抵抗は,各扇形導体の導体抵抗の 25  %となる。


5

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

表 4−クラス 2  単心及び多心ケーブル用のより線導体 

1

2 3 4 5 6 7

8

9

10

公称断面積

導体中の最小本数

最大導体抵抗 (20 ℃)

円形導体

円形圧縮

扇形導体

軟銅導体

アルミニウム導体

(非圧縮)

導体

めっきなし

めっきあり

又はアルミニウム

Cu Al

Cu Al Cu

Al

合金導体

c)

mm

2

Ω/km

Ω/km

Ω/km

0.5

7

36.0 36.7

0.75

7

24.5 24.8

1.0

7

18.1 18.2

1.5

7

 6

12.1 12.2

2.5

7

 6

7.41 7.56

4

7

 6

4.61 4.70

6

7

 6

3.08 3.11

10

 7

7

 6

6

1.83 1.84

3.08

16

 7

7

 6

 6

1.15 1.16

1.91

25

 7

7

 6

 6

 6

 6

0.727

0.734

1.20

35

 7

7

 6

 6

 6

 6

0.524

0.529

0.868

50

19

19

 6

 6

 6

 6

0.387

0.391

0.641

70

19 19

12 12 12

12

0.268

0.270

0.443

95

19 19

15 15 15

15

0.193

0.195

0.320

120

37 37

18 15 18

15

0.153

0.154

0.253

150

37 37

18 15 18

15

0.124

0.126

0.206

185

37 37

30 30 30

30

0.099

1

0.100

0.164

240

37 37

34 30 34

30

0.075

4

0.076

2

0.125

300

61 61

34 30 34

30

0.060

1

0.060

7

0.100

400

61

61

53

53

53

53

0.047 0

0.047 5

0.077 8

500

61

61

53

53

53

53

0.036 6

0.036 9

0.060 5

630

91

91

53

53

53

53

0.028 3

0.028 6

0.046 9

800

91 91

53 53

0.022 1

0.022 4

0.036 7

1

000

91 91

53 53

0.017 6

0.017 7

0.029 1

1 200

b)

0.015 1

0.015 1

0.024 7

1 400

a)

b)

0.012 9

0.012 9

0.021 2

1 600

b)

0.011 3

0.011 3

0.018 6

1 800

a)

b)

0.010 1

0.010 1

0.016 5

2 000

b)

0.009 0

0.009 0

0.014 9

2 500

b) 

0.007 2

0.007 2

0.012 7

a)

このサイズは,望ましくない。ある特定の条件下で推奨しないサイズがほかにもあるが,この規
格で取り扱う範囲でない。 

b)

最小素線数は,規定しない。これらのサイズは,4,5 又は 6 個の等しいセグメント導体で構成す

る(セグメント分割導体)

c)

アルミニウム導体と同一断面積をもつより線のアルミニウム合金導体の導体抵抗は,製造業者と
購入者の間の合意による。 


6

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

   

表 5−クラス 5  単心及び多心ケーブル用の可とう銅導体 

1 2 3 4

最大導体抵抗 (20 ℃)

公称断面積

mm

2

最大素線径

mm

めっきなし

Ω/km

めっきあり

Ω/km

0.5 0.21

39.0 40.1

0.75 0.21

26.0  26.7

1.0 0.21

19.5 20.0

1.5 0.26

13.3 13.7

2.5 0.26

7.98

8.21

4 0.31

4.95

5.09

6 0.31

3.30

3.39

10 0.41

1.91

1.95

16 0.41

1.21

1.24

25 0.41

0.780

0.795

35 0.41

0.554

0.565

50 0.41

0.386

0.393

70 0.51

0.272

0.277

95 0.51

0.206

0.210

120 0.51

0.161

0.164

150 0.51

0.129

0.132

185 0.51

0.106

0.108

240

0.51

0.080 1

0.081 7

300

0.51

0.064 1

0.065 4

400

0.51

0.048 6

0.049 5

500

0.61

0.038 4

0.039 1

630

0.61

0.028 7

0.029 2


7

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

表 6−クラス 6  単心及び多心ケーブル用の高可とう銅導体 

1 2 3 4

最大導体抵抗 (20 ℃)

公称断面積

mm

2

最大素線径

mm

めっきなし

Ω/km

めっきあり

Ω/km

0.5 0.16

39.0 40.1

0.75 0.16

26.0  26.7

1.0 0.16

19.5 20.0

1.5 0.16

13.3 13.7

2.5 0.16

7.98 8.21

4 0.16

4.95

5.09

6 0.21

3.30

3.39

10 0.21

1.91

1.95

16 0.21

1.21

1.24

25 0.21

0.780

0.795

35 0.21

0.554

0.565

50 0.31

0.386

0.393

70 0.31

0.272

0.277

95 0.31

0.206

0.210

120 0.31

0.161

0.164

150 0.31

0.129

0.132

185 0.41

0.106

0.108

240

0.41

0.080 1

0.081 7

300

0.41

0.064 1

0.065 4


8

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

   

附属書 A

(規定)

導体抵抗の測定

温度補正係数を使用した正確な導体抵抗の測定のため,導体温度が周囲温度に到達するまでの必要な時

間,ケーブルを試験場所に放置する。

直流導体抵抗は,ケーブル又は可とうコードの完成品全長又は長さ 1 m 以上の試料について室温で測定

し,測定時の室温を記録する。

表 A.1 の補正係数を用いて測定導体抵抗を換算する。

導体抵抗の 1 km 長さへの換算は,各線心又は素線の長さによらず,完成品ケーブルの長さで行う。

20

℃,1 km 長さへの換算は,次の計算式によって,必要に応じて行う。

L

 

K

R

R

000

1

t

t

20

×

×

=

ここに,

K

t

 

表 A.1 の温度補正係数

R

20

  20  ℃における抵抗  (

Ω/km)

R

t

  測定導体抵抗  (

Ω)

L

  ケーブルの長さ (m)


9

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

表 A.1t  ℃∼20  ℃への導体抵抗温度補正係数 K

t

1 2  1 2

導体測定温度

温度補正係数

K

t

 

導体測定温度

t

温度補正係数

K

t

 

0 1.087 21

0.996

1 1.082 22

0.992

2 1.078 23

0.988

3 1.073 24

0.984

4 1.068 25

0.980

5 1.064 26

0.977

6 1.059 27

0.973

7 1.055 28

0.969

8 1.050 29

0.965

9 1.046 30

0.962

10 1.042  31 0.958

11 1.037  32 0.954

12 1.033  33 0.951

13 1.029  34 0.947

14 1.025  35 0.943

15 1.020  36 0.940

16 1.016  37 0.936

17 1.012  38 0.933

18 1.008  39 0.929

19 1.004  40 0.926

20 1.000

注記  表中の補正係数 K

t

は,20  ℃における抵抗温度係数を 0.004 /℃

とする。

2

欄の温度補正係数は概数値であるが,導体温度及びケーブ

ル又は可とうコードの長さをしかるべき精度で正確に測定する
限り,実用上は問題のない導体抵抗値が得られる。

さらに,精度の高い銅及びアルミニウムの温度補正係数が必

要な場合は,

附属書 を参照する。

なお,規定の最大導体抵抗を満足するか否かを評価する合否

試験では,

附属書 による係数は適用しない。


10

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

   

附属書 B

(参考)

温度補正係数を求めるための正確な式

a)

銅導体:金属めっきなし又は金属めっきありのもの

)

20

(

93

003

.

0

1

1

5

.

234

5

.

254

cu

t,

+

=

+

=

t

t

K

b)

アルミニウム導体

)

20

(

03

004

.

0

1

1

228

248

Al

t,

+

=

+

=

t

t

K

注記  アルミニウム合金に関する温度補正係数を求めるための正確な式は,製造業者に照会して対

処することが望ましい。

上記のいずれの場合も,は測定時の導体の温度を℃で示す。


11

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

附属書 C 
(参考)

円形導体の外径範囲の指針

C.1 

目的 

この附属書は,導体とコネクタの互換性を確実化する一助としてケーブル製造業者及びコネクタ製造業

者の指針とする。指針は,この規格に規定する次の導体種別ごとの外径範囲を与える。

a)

銅,アルミニウム及びアルミニウム合金の円形の単線導体(クラス 1)

b)

銅,アルミニウム及びアルミニウム合金の円形及び円形圧縮のより線導体(クラス 2)

c)

銅の可とう導体(クラス 5 及びクラス 6)

C.2 

円形の銅導体の外径範囲 

円形銅導体の外径は,

表 C.1 の値以下とする。

クラス 1 の円形銅導体の最小外径が必要ならば,

表 C.3 の単線の円形アルミニウム導体及びアルミニウ

ム合金導体の最小外径を参照してもよい。

C.3 

円形圧縮より線の銅,アルミニウム導体及びアルミニウム合金導体の外径範囲 

円形圧縮より線の銅,アルミニウム導体及びアルミニウム合金導体の外径は,

表 C.2 の最大値以下,か

つ,最小値以上とする。

例外として,非円形圧縮より線のアルミニウム導体及びアルミニウム合金導体の最大外径は,

表 C.1 

3

欄の銅導体の該当する値を超えてはならない。

C.4 

円形単線のアルミニウム導体の外径範囲 

円形単線のアルミニウム導体及びアルミニウム合金導体の外径は,

表 C.3 の最大値以下,かつ,最小値

以上とする。


12

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

   

表 C.1−円形の銅導体の最大外径 

単線,非圧縮より線及び可とう導体 

1 2

3

4

固定配線用ケーブルの導体

公称断面積

mm

2

単線

(クラス 1)

mm

より線

(クラス 2)

mm

可とう導体

(クラス 5 及び

クラス 6)

mm

   0.5

    0.75

   1.0

   1.5

   2.5

 4

 6

10

16

    25

a)

    35

a)

    50

a)

    70

a)

    95

a)

 120

a)

 150

a)

185

240

300

400

500

630

800

   1 000

 0.9

 1.0

 1.2

 1.5

 1.9

 2.4

 2.9

 3.7

 4.6

 5.7

 6.7

 7.8

 9.4

11.0

12.4

13.8

15.4

17.6

19.8

22.2

− 
− 

 1.1

 1.2

 1.4

 1.7

 2.2

 2.7

 3.3

 4.2

 5.3

 6.6

 7.9

 9.1

11.0

12.9

14.5

16.2

18.0

20.6

23.1

26.1

29.2

33.2

37.6

42.2

 1.1

 1.3

 1.5

 1.8

 2.4

 3.0

 3.9

 5.1

 6.3

 7.8

 9.2

11.0

13.1

15.1

17.0

19.0

21.0

24.0

27.0

31.0

35.0

39.0

− 

注記  可とう導体用の値は,クラス 5 及びクラス 6 の両方に用いる。 

a)

  5.1.1 b)

を参照する。


13

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

表 C.2−円形圧縮より線の銅導体,アルミニウム導体及びアルミニウム合金導体の最小及び最大外径 

1 2

3

円形圧縮より線の銅導体(クラス 2)

公称断面積

mm

2

最小外径

mm

最大外径

mm

 10

 16

 25

 35

 50

 70

 95

120

150

185

240

300

400

500

630

 3.6

 4.6

 5.6

 6.6

 7.7

 9.3

11.0

12.3

13.7

15.3

17.6

19.7

22.3

25.3

28.7

 4.0

 5.2

 6.5

 7.5

 8.6

10.2

12.0

13.5

15.0

16.8

19.2

21.6

24.6

27.6

32.5

注記 1  アルミニウム導体の公称断面積が 630 mm

2

を超

える場合の外径範囲は,その一般的な圧縮技術が
確立されていないため,記載していない。

注記 2  圧縮銅導体の 1.5 mm

2

∼6 mm

2

のサイズ範囲は,

記載していない。

表 C.3−単線の円形アルミニウム導体の最小及び最大外径 

1 2  3

単線導体(クラス 1)

公称断面積

mm

2

最小外径

mm

最大外径

mm

 10

 16

 25

 35

 50

 70

 95

120

150

185

240

300

400

500

630

800

   1 000

   1 200

 3.4

 4.1

 5.2

 6.1

 7.2

 8.7

10.3

11.6

12.9

14.5

16.7

18.8

21.2

24.0

27.3

30.9

34.8

37.8

 3.7

 4.6

 5.7

 6.7

 7.8

 9.4

11.0

12.4

13.8

15.4

17.6

19.8

22.2

25.1

28.4

32.1

36.0

39.0


14

C 3664

:2007 IEC 60228:2004

   

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

参考文献  JIS C 3102  電気用軟銅線

JIS C 3108

  電気用硬アルミニウム線

JIS C 3109

  硬アルミニウムより線