>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 3663-8:2017

(1)

追補 1 のまえがき

この JIS C 3663-8 の追補 1 は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大

臣が JIS C 3663-8:2010 を改正した内容だけを示すものである。

JIS C 3663-8:2010 は,この追補 1 の内容の改正がされ,JIS C 3663-8:2017 となる。


   

日本工業規格

JIS

 C

3663-8

:2017

定格電圧 450/750 V 以下のゴム絶縁ケーブル-

第 8 部:高可とう性コード

(追補 1)

Rubber insulated cables-Rated voltages up to and including 450/750 V-

Part 8: Cords for applications requiring high flexibility

(Amendment 1)

JIS C 3663-8:2010 を,次のように改正する。

序文の第 1 段落を,次の文に置き換える。

この規格は,2012 年に第 1.2 版として発行された IEC 60245-8 を基に,電気用品の技術上の基準を定め

る省令の解釈に合わせるために,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

1.1(適用範囲)の第 1 段落を,次の文に置き換える。

この規格は,定格電圧 450/750 V 以下のゴム絶縁ケーブルのうち,電気アイロン等に使用する高可とう

性の定格電圧 300/300 V のゴム絶縁編組コードについて規定する。

1.1(適用範囲)の注記 を削除し,

“注記 2”を次に置き換える。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60245-8:2012,Rubber insulated cables-Rated voltages up to and including 450/750 V-Part 8:

Cords for applications requiring high flexibility(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,“修正している”

ことを示す。

1.2(引用規格)の JIS C 3660-1-1:2003 の注記を,次に置き換える。

注記 1  対応国際規格:IEC 60811-1-1:1993,Common test methods for insulating and sheathing materials

of electric cables and optical cables-Part 1-1: Methods for general application-Measurement of

thickness and overall dimensions - Tests for determining the mechanical properties 及 び

Amendment 1 (2001)(IDT)

注記 2  IEC 60811 の規格群は,部の再編成のため改正中である。IEC 60811-100 に現在及び計画中

の部編成の相互参照表がある。以下,JIS C 3660 の規格群の対応国際規格に関する注記に

おいて同じ。


2

C 3663-8:2017

   

1.2(引用規格)の JIS C 3660-1-2:2003 の注記を,次に置き換える。

注記  対応国際規格:IEC 60811-1-2:1985,Common test methods for insulating and sheathing materials of

electric cables-Part 1-2: Methods for general application-Thermal ageing methods,Amendment 1

(1989)  及び Amendment 2 (2000)(IDT)

1.2(引用規格)の JIS C 3660-2-1:2003 の注記を,次に置き換える。

注記  対応国際規格:IEC 60811-2-1:1998,Common test methods for insulating and sheathing materials of

electric and optical cables-Part 2-1: Methods specific to elastomeric compounds-Ozone resistance,

hot set and mineral oil immersion tests 及び Amendment 1 (2001)(IDT)

1.2(引用規格)の JIS C 3663-1:2010 の注記を,次に置き換える。

注記  対応国際規格:IEC 60245-1:2003,Rubber insulated cables-Rated voltages up to and including

450/750 V-Part 1: General requirements 及び Amendment 1 (2007)(MOD)

1.2(引用規格)の JIS C 3663-2:2003 の注記を,次に置き換える。

注記  対応国際規格:IEC 60245-2:1994,Rubber insulated cables-Rated voltages up to and including

450/750 V-Part 2: Test methods,Amendment 1 (1997)  及び Amendment 2 (1997)(MOD)

1.2(引用規格)の JIS C 3664:2007 の注記を,次に置き換える。

注記  対応国際規格:IEC 60228,Conductors of insulated cables

箇条 2(高可とう性ゴム絶縁シースコード)の全文(表 及び表 を含む。)を削除し,次に置き換える。

(予備) 

箇条 4[高可とう性架橋塩化ビニル(XLPVC)絶縁・架橋塩化ビニル(XLPVC)シースコード]の全文を

削除し,次に置き換える。

(予備) 

附属書 A(規定)[架橋塩化ビニル(XLPVC)の非電気的試験の要求事項]の全文を削除し,次に置き換

える。

附属書 A  (予備) 

参考文献の IEC 60719:1992 を,次に置き換える。

IEC 60719,Calculation of the lower and upper limits for the average outer dimensions of cables with circular

copper conductors and of rated voltages up to and including 450/750 V

附属書 JA(参考)(JIS と対応国際規格との対比表)のうち,“箇条番号及び題名”の欄が“2.4  試験”の

行,“箇条 4  高可とう性架橋塩化ビニル(XLPVC)絶縁・架橋塩化ビニル(XLPVC)シースコード”の行,

及び“附属書 A(規定)”の行を削除する。


3

C 3663-8:2017

附属書 JA(参考)(JIS と対応国際規格との対比表)の表右上の対応国際規格名称及び表下部の JIS と国

際規格との対応の程度の全体評価の“IEC 60245-8:2004”を“IEC 60245-8:2012”に置き換える。