>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

C 3410

:2010

(1)

目  次

ページ

序文

1

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  種類及び記号

2

4

  特性

6

5

  材料

8

5.1

  素線

8

5.2

  絶縁体

8

5.3

  ガラス糸

10

5.4

  耐火テープ

10

5.5

  テープ

10

5.6

  ガラステープ

10

5.7

  アルミニウムはく付きプラスチックテープ

10

5.8

  銅テープ

10

5.9

  介在

10

5.10

  シース

10

5.11

  がい装

12

5.12

  れき青質コンパウンド

12

5.13

  ペイント

12

6

  構造

12

6.1

  導体

12

6.2

  セパレータ層

12

6.3

  耐火層

12

6.4

  内部半導電層

12

6.5

  絶縁体

12

6.6

  外部半導電層

13

6.7

  テープ層

13

6.8

  ガラス糸編組

13

6.9

  ガラス糸編組上の塗料

13

6.10

  識別

13

6.11

  対より及びより合せ

14

6.12

  接地線

14

6.13

  遮へい

14

6.14

  シース

14

6.15

  座床

15


C 3410

:2010  目次

(2)

ページ

6.16

  あじろがい装

15

6.17

  防食層

16

6.18

  仕上外径許容差

16

7

  試験方法

16

7.1

  構造

16

7.2

  導体抵抗

16

7.3

  耐電圧

16

7.4

  絶縁抵抗

16

7.5

  曲げ

16

7.6

  耐炎性(ケーブル,コード及び絶縁電線 条の延焼試験)

17

7.7

  耐延焼性(束ねたケーブルの延焼試験)

17

7.8

  耐火性

17

7.9

  材料

17

7.10

  部分放電

18

7.11

  曲げ後の部分放電

18

7.12

  誘電正接の電圧特性

18

7.13

  誘電正接の温度特性

18

7.14

  ヒートサイクル後の部分放電

19

7.15

  衝撃耐電圧後の商用周波耐電圧

19

8

  検査

19

9

  包装

19

10

  製品の呼び方

20

11

  表示

20

11.1

  製品の表示

20

11.2

  ドラム又は束の表示

20

附属書 JA(参考)電線の許容電流

44

附属書 JB(参考)電圧降下

47

附属書 JC(参考)短絡時許容電流

49

附属書 JD(参考)JIS と対応国際規格との対比表

51

解  説

59


C 3410

:2010

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本電線

工業会(JCMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべ

きとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣及び国土交通大臣が改正した日本工

業規格である。

これによって,JIS C 3410:1999 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣,国土交通大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の

特許出願及び実用新案権にかかわる確認について,責任はもたない。


C 3410

:2010

(4)

白      紙


   

日本工業規格

JIS

 C

3410

:2010

船用電線

Cables and flexible cords for electrical equipment of ships

序文

この規格は,2004 年に第 3 版として発行された IEC 60092-351,1995 年に第 2 版として発行された IEC 

60092-353

及び Amendment 1(2001)

,2003 年に第 2 版として発行された IEC 60092-354,1987 年に第 1 版

として発行された IEC 60092-359,Amendment 1(1994)及び Amendment 2(1999)

,並びに 2003 年に第 2

版として発行された IEC 60092-376 を基に,我が国の実情に合わせた船用電線の規格とするため,技術的

内容を変更して作成した日本工業規格である。変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JD に示す。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所並びに

附属書 JA,附属書 JB 及び附属書 JC は,

対応国際規格にはない事項である。

1

適用範囲

この規格は,船内の電気設備に用いるケーブル,コード及び絶縁電線について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

IEC 60092-351:2004

,Electrical installations in ships−Part 351: Insulating materials for shipboard and

offshore units, power, control, instrumentation, telecommunication and data cables

IEC 60092-353:1995

,Electrical installations in ships−Part 353: Single and multicore non-radial field

power cables with extruded solid insulation for rated voltages 1 kV and 3 kV 及び Amendment

1:2001

IEC 60092-354:2003

,Electrical installations in ships−Part 354: Single- and three-core power cables

with extruded solid insulation for rated voltages 6 kV (U

m

=7.2 kV) up to 30 kV (U

m

=36 kV)

IEC 60092-359:1987

,Electrical installations in ships−Part 359: Sheathing materials for shipboard

power and telecommunication cables,Amendment 1:1994 及び Amendment 2:1999

IEC 60092-376:2003

,Electrical installations in ships−Part 376: Cables for control and instrumentation

circuits 150/250 V (300 V)

(全体評価:MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“修正している”

ことを示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

)は適用しない。

JIS C 3005:2000

  ゴム・プラスチック絶縁電線試験方法


2

C 3410

:2010

JIS C 3411:2010

  船用電気設備−船及びオフショア用の電力,制御及び計装ケーブルの一般構造及び

試験方法

注記  対 応 国 際 規 格 : IEC 60092-350:2008 , Electrical installations in ships − Part 350: General

construction and test methods of power, control and instrumentation cables for shipboard and offshore

applications(IDT)

JIS C 3660-1-2:2003

  電気・光ケーブルの絶縁体及びシース材料の共通試験方法−第 1-2 部:試験法総

則−熱老化試験方法

注記  対応国際規格:IEC 60811-1-2:1985,Common test methods for insulating and sheathing materials of

electric cables−Part 1: Methods for general application−Section Two: Thermal ageing methods

(IDT)

IEC 60230:1966

,Impulse tests on cables and their accessories

IEC 60331-21:1999

,Tests for electric cables under fire conditions−Circuit integrity−Part 21: Procedures and

requirements−Cables of rated voltage up to and including 0.6/1.0 kV

IEC 60331-31:2002

,Tests for electric cables under fire conditions−Circuit integrity−Part 31: Procedures and

requirements for fire with shock−Cables of rated voltage up to and including 0.6/1 kV

IEC 60885-2:1987

,Electrical test methods for electric cables. Part 2: Partial discharge tests

3

種類及び記号

種類及び記号は,

表 による。

なお,この表の記号に使用した文字の意味は,

表 及び表 による。

表 1−種類及び記号

種類

記号

表番号

0.6/1 kV  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  SPYC 15

0.6/1 kV  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  SPYCY

0.6/1 kV  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  FA-SPYC

0.6/1 kV  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  FA-SPYCY

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル 0.6/1

kV  DPY 16

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  DPYC

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  DPYCY

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル 0.6/1

kV  FA-DPY

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  FA-DPYC

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  FA-DPYCY

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル 0.6/1

kV  TPY 17

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  TPYC

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  TPYCY

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル 0.6/1

kV  FA-TPY

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  FA-TPYC

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  FA-TPYCY


3

C 3410

:2010

表 1−種類及び記号(続き)

種類

記号

表番号

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 
          (一括遮へい付)

0.6/1 kV  DPYCSLA 18

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 
          (一括遮へい付)

0.6/1 kV  TPYCSLA

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 
          (一括遮へい付)

0.6/1 kV  DPYCYSLA

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 
          (一括遮へい付)

0.6/1 kV  TPYCYSLA

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 
          (一括遮へい付)

0.6/1 kV   
FA-DPYCSLA

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 
          (一括遮へい付)

0.6/1 kV 
FA-TPYCSLA

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 
          (一括遮へい付)

0.6/1 kV   
FA-DPYCYSLA

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 
          (一括遮へい付)

0.6/1 kV 
FA-TPYCYSLA

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  DPLC 19

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  TPLC

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  DPLCY

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  TPLCY

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  FA-DPLC

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル   0.6/1

kV  FA-TPLC

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  FA-DPLCY

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ビニル防食ケーブル 0.6/1

kV  FA-TPLCY

0.6/1 kV  耐炎性 2 心けい素ゴム絶縁あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  DSRC 20

0.6/1 kV  耐炎性 3 心けい素ゴム絶縁あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  TSRC

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心けい素ゴム絶縁あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  FA-DSRC

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心けい素ゴム絶縁あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  FA-TSRC

0.6/1 kV  耐炎性 2 心けい素ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  DSRLC 21

0.6/1 kV  耐炎性 3 心けい素ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  TSRLC

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心けい素ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  FA-DSRLC

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心けい素ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル 0.6/1

kV  FA-TSRLC

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル 150/250

V  MPY 22

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 150/250

V  MPYC

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 150/250

V  MPYCY

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル 150/250

V  FA-MPY

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 150/250

V  FA-MPYC

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 150/250 V

FA-MPYCY

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 
          (一括遮へい付)

150/250 V  MPYCSLA

23

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 
          (一括遮へい付)

150/250 V 
MPYCYSLA

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 
          (一括遮へい付)

150/250 V 
FA-MPYCSLA

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル
          (一括遮へい付)

150/250 V 
FA-MPYCYSLA


4

C 3410

:2010

表 1−種類及び記号(続き)

種類

記号

表番号

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 
          (各心遮へい付)

150/250 V  MPYC-S 24

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 
          (各心遮へい付)

150/250 V  MPYCY-S

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 
          (各心遮へい付)

150/250 V 
FA-MPYC-S

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル

  (各心遮へい付)

150/250 V   
FA-MPYCY-S

150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースケーブル 150/250

V  TTY 25

150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 150/250

V  TTYC

150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 150/250

V  TTYCY

150/250 V  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースケーブル 150/250

V  FA-TTY

150/250 V  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 150/250

V  FA-TTYC

150/250 V  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 150/250 V  FA-TTYCY

150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 

(一括遮へい付)

150/250 V  TTYCSLA

26

150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 

(一括遮へい付)

150/250 V 
TTYCYSLA

150/250 V  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 

(一括遮へい付)

150/250 V 
FA-TTYCSLA

150/250 V  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル

(一括遮へい付)

150/250 V 
FA-TTYCYSLA

150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 

(各対遮へい付)

150/250 V   
TTYC-SLA

27

150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 

(各対遮へい付)

150/250 V 
TTYCY-SLA

150/250 V  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 

(各対遮へい付)

150/250 V 
FA-TTYC-SLA

150/250 V  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル

(各対遮へい付)

150/250 V 
FA-TTYCY-SLA

0.6/1 kV  2 心 EP ゴム絶縁クロロプレンゴムシースキャブタイヤコード 0.6/1

kV  DPNP 28

0.6/1 kV  3 心 EP ゴム絶縁クロロプレンゴムシースキャブタイヤコード 0.6/1

kV  TPNP

0.6/1 kV  4 心 EP ゴム絶縁クロロプレンゴムシースキャブタイヤコード 0.6/1

kV  FPNP

0.6/1 kV  配電盤用可とう難燃架橋ポリエチレン絶縁電線 0.6/1

kV  SCP 29

0.6/1 kV  制御機器配線用ビニル絶縁電線 0.6/1

kV  SYP 30

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル 0.6/1

kV  FR-DPY 31

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル 0.6/1

kV  FR-DPYC

0.6/1 kV  耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル 0.6/1 kV  FR-DPYCY  
0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル 0.6/1

kV  FR-FA-DPY

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル 0.6/1

kV  FR-FA-DPYC

0.6/1 kV  耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブ

0.6/1 kV 
FR-FA-DPYCY


5

C 3410

:2010

表 1−種類及び記号(続き)

種類

記号

表番号

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル 0.6/1

kV  FR-TPY 32

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル 0.6/1

kV  FR-TPYC

0.6/1 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル 0.6/1 kV  FR-TPYCY  
0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル 0.6/1

kV  FR-FA-TPY

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル 0.6/1

kV  FR-FA-TPYC

0.6/1 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブ

0.6/1 kV 
FR-FA-TPYCY

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル 150/250

V  FR-MPY

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル 150/250

V  FR-MPYC

150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブ

150/250 V  FR-MPYCY

33

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル 150/25 V

FR-FA-MPY

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル 150/250

V

FR-FA-MPYC

150/250 V  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケー

ブル

150/250 V 
FR-FA-MPYCY

3.6/6 kV  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ケーブル 3.6/6

kV  SPYCB 34

3.6/6 kV  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ビニル防食ケー

ブル

3.6/6 kV  SPYCBY

3.6/6 kV  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ケーブル 3.6/6

kV  FA-SPYCB

3.6/6 kV  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ビニル防食ケ

ーブル

3.6/6 kV  FA-SPYCBY

3.6/6 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 3.6/6

kV  TPYC 35

3.6/6 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 3.6/6

kV  TPYCY

3.6/6 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 3.6/6

kV  FA-TPYC

3.6/6 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 3.6/6

kV  FA-TPYCY

6/10 kV  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ケーブル 6/10

kV  SPYCB 36

6/10 kV  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ビニル防食ケー

ブル

6/10 kV  SPYCBY

6/10 kV  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ケーブル 6/10

kV  FA-SPYCB

6/10 kV  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ビニル防食ケ

ーブル

6/10 kV  FA-SPYCBY

6/10 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 6/10

kV  TPYC 37

6/10 kV  耐炎性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 6/10

kV  TPYCY

6/10 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 6/10

kV  FA-TPYC

6/10 kV  耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 6/10

kV  FA-TPYCY

注記 1 150/250

V,0.6/1 kV,3.6/6 kV 及び 6/10 kV は,ケーブルの定格電圧を示し,次による。

− 150/250

V:150 V は対地電圧(交流),250 V は線間電圧(交流)をいう。

− 0.6/1

kV:0.6 kV は対地電圧(交流),1 kV は線間電圧(交流)をいう。

− 3.6/6

kV:3.6 kV は対地電圧(交流),6 kV は線間電圧(交流)をいう。

− 6/10

kV:6 kV は対地電圧(交流),10 kV は線間電圧(交流)をいう。

注記 2 EP ゴムとは,エチレンプロピレンゴムをいう。


6

C 3410

:2010

表 2−線心数及び用途の記号の意味

記号

線心数・用途

記号

線心数・用途

FA

耐延焼性 F

4 心電灯及び動力用

FR

耐火 M

多心制御用及び信号用

S

単心電灯及び動力用 TT

電話用及び計装用

D 2 心電灯及び動力用 P

移動用又は可とう

T 3 心電灯及び動力用

表 3−構成材料の記号の意味

絶縁記号及び意味

a)

外被記号

及び意味

b)

がい装記号 
及び意味

c)

防食層記号

及び意味

その他の記号及び意味

d)

P

SR


C

EP ゴム絶縁 
けい素ゴム絶縁 
ビニル絶縁

難燃架橋ポリエチレン 
絶縁



N

ビニルシース 
鉛被 
ク ロ ロ プ レ ン

ゴムシース

C

CB

あじろがい装 
銅合金線あじろ
がい装

Y ビニル防食 -S

SLA

 
 

-SLA

 
 

E

各心遮へい 
(編組) 
一括遮へい

( ア ル ミ ニ ウ ム
は く 付 き プ ラ ス
チックテープ)

各対遮へい 
( ア ル ミ ニ ウ ム
は く 付 き プ ラ ス

チックテープ) 
接地線

a)

  電話用ケーブルにおいて,ビニル絶縁体は,絶縁記号を省略する。

b)

 EP ゴム絶縁ケーブルにあって,ビニルシースに代わりクロロプレンゴムシースとする場合には,表 の記号の

Y の代わりに N とする。

c)

  銅合金線あじろがい装の場合には,C の代わりに CB とする。

d)

  接地線入ケーブルの場合には,表 の記号の後に E を付ける。

4

特性

特性は,箇条 によって試験を行ったとき,

表 による。また,許容電流及び電圧降下については,参

考として

附属書 JA∼附属書 JC に示す。


7

C 3410

:2010

表 4−特性

項目

特性

試験方法
適用箇条

該当種類

構造

箇条 に規定する構造及び

表 15∼表 37 に適合しなければなら

ない。

7.1 

耐炎性ケーブル,耐延焼
性ケーブル,キャブタイ
ヤコード,配電盤用電線

及び制御機器配線用電線

導体抵抗

表 15∼表 37 の値以下。接地線は,表 に規定する値以下。

7.2 

耐炎性ケーブル,耐延焼
性ケーブル,キャブタイ

ヤコード,配電盤用電線
及び制御機器配線用電線

耐電圧

表 15∼表 37 に規定した試験電圧に 5 分間耐えなければならな
い。

7.3 

耐炎性ケーブル,耐延焼
性ケーブル,キャブタイ
ヤコード,配電盤用電線

及び制御機器配線用電線

絶縁抵抗

表 15∼表 37 の値以上。

7.4 

耐炎性ケーブル,耐延焼

性ケーブル,キャブタイ
ヤコード,配電盤用電線
及び制御機器配線用電線

曲げ

シースにき裂を生じないで,各線心の導体素線の断線は 30 %
を超えてはならない。

7.5 

キャブタイヤコード

耐炎性

上部支持具の下端と炭化の開始点との距離が 50 mm 以上で,
かつ,燃焼が上部支持具の下端から 540 mm 以上下方に広がっ
てはならない。

7.6 

耐炎性ケーブル,耐延焼
性ケーブル,キャブタイ
ヤコード,配電盤用電線

及び制御機器配線用電線

耐延焼性

延焼による損傷は,バーナの下端から上側に 2.5 m を超える高

さに達してはならない。

7.7 

耐延焼性ケーブル

耐火性

試験中,ヒューズ切れ又はブレーカが遮断してはならない。

さらに,試験中,導通確認のための表示が消えてはならない。

7.8 

耐火ケーブル

材料

箇条 に規定する材料に適合しなければならない。

7.9 

耐炎性ケーブル,耐延焼

性ケーブル,キャブタイ
ヤコード,配電盤用電線
及び制御機器配線用電線

部分放電

定格対地電圧の 1.73 倍の電圧をかけた状態で,放電電荷量が
5 pC を超えてはならない。

7.10 

3.6/6 kV,6/10 kV 
ケーブル

曲げ後の 
部分放電

定格対地電圧の 1.73 倍の電圧をかけた状態で,放電電荷量が
5 pC を超えてはならない。

7.11 

3.6/6 kV,6/10 kV 
ケーブル

誘電正接の 
電圧特性

表 11 の値を超えてはならない。

7.12 

3.6/6 kV,6/10 kV 
ケーブル

誘電正接の 
温度特性

表 12 の値を超えてはならない。

7.13 

3.6/6 kV,6/10 kV 
ケーブル

ヒートサイ

クル後の部
分放電

定格対地電圧の 1.73 倍の電圧をかけた状態で,放電電荷量が
5 pC を超えてはならない。

7.14 

3.6/6 kV,6/10 kV 
ケーブル

衝撃耐電圧
後の商用周
波耐電圧

絶縁破壊が生じてはならない。

7.15 

3.6/6 kV,6/10 kV 
ケーブル


8

C 3410

:2010

5

材料

5.1

素線

素線は,次に示す,すずめっき軟銅線又は軟銅線とする。

a)

すずめっき軟銅線は完成品から試料をとり,目視で確認したとき表面が滑らかで,かつ,均一で光沢

があり,絶縁体を導体から容易には(剥)がすことができなければならない。

b)

軟銅線は,適合性試験を行った後,導体の表面が滑らかで,絶縁体を導体から容易には(剥)がすこ

とができなければならない。

5.2

絶縁体

5.2.1

EP

ゴム,けい素ゴム,ビニル及び難燃架橋ポリエチレン

EP ゴム,けい素ゴム,ビニル及び難燃架橋ポリエチレンは,完成品から試料をとって 7.9.2 又は 7.9.3

及び 7.9.5 によって試験を行ったとき,

表 を満足しなければならない。

表 5−絶縁体の特性

絶縁体の種類  EP ゴム

けい素ゴム

ビニル

難燃架橋

ポリエチレン

導体許容温度

℃ 90

95

70

75 90

引張強さ

MPa 4.2 以上 5.0 以上 12.5 以上 15.0 以上 9.0 以上

伸び %

200 以上 150 以上 150 以上 125 以上 120 以上

加熱温度

℃ 135±2 200±3 100±2 100±2 135±2

加熱時間

h  168

240

168

240

168

加熱後の引張強さ MPa  − 4.0 以上 12.5 以上

70 以上 75 以上 80 以上 70 以上

引張


加熱後の残率 %

130 以下

125 以下 120 以下 130 以下

加熱後の伸び %

− 120 以上 150 以上

− 100 以上

70 以上 75 以上 80 以上 70 以上

耐空



伸び

加熱後の残率 %

130 以下

125 以下 120 以下 130 以下

圧力 MPa

0.55±0.02

加熱温度

℃ 127±1

加熱時間 h

40 
70 以上

引張強さの残率 %

130 以下 
70 以上

耐加



化性

伸びの残率 %

130 以下

加熱温度

℃ 100±2 105±2 80±2

− 100±2

加熱時間 h

168

168

168

− 168

加熱後の引張強さ MPa  − 4.0 以上 12.5 以上

70 以上 75 以上

− 70 以上

引張


加熱後の残率 %

130 以下

125 以下

− 130 以下

加熱後の伸び %

− 120 以上 150 以上

70 以上 75 以上

− 70 以上

機械

的特

適合性

伸び

加熱後の残率 %

130 以下

125 以下

− 130 以下

加熱温度

− 80±2 80±2

加熱時間 h

4

4

熱可


特性

耐加熱変

形性

減少率 %

50 以下 50 以下


9

C 3410

:2010

表 5−絶縁体の特性(続き)

絶縁体の種類

EP ゴム

けい素ゴム

ビニル

難燃架橋

ポリエチレン

導体許容温度

℃ 90

95

70

75 90

冷却温度

−15±2

−15±2

冷却時間 h

16

16

曲げ試験 
(絶縁外径 
12.5 mm 以
下)

曲 げ後 の

結果

き裂を生じて

はならない。

き裂を生じて

はならない。

冷却温度

−15±2

−15±2

冷却時間 h

4

4

伸び試験

(絶縁外径 
12.5 mm 超
え)

伸び %

30 以上 30 以上

冷却温度

−15±2

−15±2

冷却時間 h

16

16

熱可


特性

(続

低温


低温衝

試験後の結果

き裂を生じて
はならない。

き裂を生じて
はならない。

4  試験電圧(0.6/1kV)

V

1 800

1 800

試験時間 h

4

時間耐電

試験後の結果

破壊してはな
らない。

破 壊 し て は
ならない。

試験温度

℃ 90±2 95±2 70±2 75±2 90±2

高温絶


抵抗

絶縁抵抗定数 K

i

3.67 以上

2 以上 0.037 以上 0.5 以上 0.35 以上

1 日後と 14 日後
との間の増加率

% 15 以下 15 以下 15 以下 15 以下 15 以下

電気的


静電容


50  ℃
の温水
に浸せ

7 日後と 14 日後
との間の増加率

% 5 以下

5 以下

5 以下

5 以下

5 以下

空気の温度

− 80±2 100±2

加熱時間 h

168 120

耐加熱減量性

加熱減量 mg/cm

2

2 以下

2 以下

加熱温度

− 150±3 150±3

加熱時間 h

1 1

耐巻

付加熱性

加熱後の結果

き裂を生じて
はならない。

き裂を生じて
はならない。

オゾン濃度 

% 0.025∼0.030

試験時間

h

30

  

耐オ


試験後の結果

き裂を生じて
はならない。

加熱温度

℃ 250±3 250±3

− 200±3

荷重 N/cm

2

 20

20

20

試験時間 min

15

15

15

許容伸び %

175 以下 175 以下

175 以下

その



試 

永久伸び %

15 以下 25 以下

15 以下

注記  導体許容温度 70  ℃のビニルは,電話用ケーブルに使用する。


10

C 3410

:2010

5.3

ガラス糸

ガラス糸は,長繊維の電気絶縁用ガラス糸とする。

5.4

耐火テープ

耐火テープは,マイカを主成分とする。

5.5

テープ

テープは,紙,綿,合成繊維又はプラスチックとする。

5.6

ガラステープ

ガラステープは,耐熱性コンパウンド又はワニスで処理したテープとする。

5.7

アルミニウムはく付きプラスチックテープ

アルミニウムはく付きプラスチックテープは,厚さ 0.02 mm 以上のアルミニウムはく付きプラスチック

テープとする。

5.8

銅テープ

銅テープは,厚さ約 0.1 mm のすずめっき軟銅テープ又は軟銅テープとする。

5.9

介在

介在は,ジュート,紙,ゴムひも又はプラスチックひもとする。

5.10

シース

5.10.1

鉛合金

鉛合金は,次のいずれかとする。

a)

すずを 1.8∼2.2 %含有するもの

b)

アンチモンを 0.7∼0.95 %含有するもの

c)

すずを 0.35∼0.45 %及びアンチモンを 0.15∼0.25 %含有するもの

5.10.2

クロロプレンゴム及びビニル

クロロプレンゴム及びビニルは,

完成品から試料をとって 7.9.2 又は 7.9.3 及び 7.9.5 によって試験を行っ

たとき,

表 を満足しなければならい。

表 6−シースの特性

シースの種類

クロロプレンゴム

ビニル

導体許容温度

℃ 90

70

90

引張強さ MPa

10.0 以上 12.5 以上 12.5 以上

伸び %

300 以上 150 以上 150 以上

加熱温度

℃ 100±2 100±2 100±2

加熱時間 h

168

168

168

加熱後の引張強さ MPa

− 12.5 以上 12.5 以上

加熱後の残率 %

70 以上 75 以上 75 以上

引張


130 以下 125 以下 125 以下

加熱後の伸び %

250 以上 150 以上 150 以上

加熱後の残率 %

60 以上 75 以上 75 以上

機械

的特

耐空



伸び

140 以下 125 以下 125 以下


11

C 3410

:2010

表 6−シースの特性(続き)

シースの種類

クロロプレンゴム

ビニル

導体許容温度

℃ 90

70

90

加熱温度

℃ 100±2 80±2 100±2

加熱時間 h

168

168

168

加熱後の引張強さ MPa

− 12.5 以上 12.5 以上

70 以上 75 以上 75 以上

引張


加熱後の残率   %

130 以下 125 以下 125 以下

加熱後の伸び %

250 以上 150 以上 150 以上 
60 以上 75 以上 75 以上

機械

的特

性(
続き

適合性試

伸び

加熱後の残率 %

140 以下 125 以下 125 以下

加熱温度

℃ 100±2

浸せき時間 h

24

60 以上

引張強さの残率 %

140 以下

60 以上

耐油性

伸びの残率 %

140 以下

加熱温度

− 80±2 80±2

外径 12.5 mm 以下 h

4

4

加熱時

外径 12.5 mm 超え h

6

6

耐加熱変

形性

減少率 %

50 以下 50 以下

冷却温度

−15±2

−15±2

冷却時間 h

16

16

曲げ試験(外
径 12.5 mm 以

下)

曲げ後の結果

き裂を生じてはならない。  き裂を生じてはならない。

冷却温度

−15±2

−15±2

冷却時間 h

4

4

伸び試験(外
径 12.5 mm 超

え)

伸び %

20 以上 20 以上

冷却温度

−15±2

−15±2

冷却時間 h

16 16

熱可


特性

低温


低温衝



試験後の結果

き裂を生じてはならない。  き裂を生じてはならない。

空気の温度

− 100±2

加熱時間 h

168

耐加熱減量性

加熱減量 mg/cm

2

1.5 以下

加熱温度

− 150±3 150±3

加熱時間 h

1 1

耐巻

付加熱性

加熱後の結果

き裂を生じてはならない。  き裂を生じてはならない。

加熱温度

℃ 200±3

荷重 N/cm

2

 20

試験時間 min

15

許容伸び %

175 以下

その



試 

永久伸び %

15 以下

注記  導体許容温度 70  ℃のビニルは,電話用ケーブルに使用する。


12

C 3410

:2010

5.11

がい装

5.11.1

亜鉛めっき鋼線

亜鉛めっき鋼線は,次による。

a)

亜鉛めっき  完成品から試料をとり,7.9.4 によって試験を行ったとき,表面に密着性金属銅が析出し

てはならない。

b)

素線径  素線径は,0.3 mm 及び 0.4 mm を標準とする。素線径の範囲は,表 による。

表 7−がい装素線径の範囲

単位  mm

標準素線径

最大

最小

0.3 0.36 0.24 
0.4 0.47 0.33

5.11.2

銅合金線

銅合金線は,けい銅線,りん青銅線など,銅を主体とした合金線とする。完成品から試料をとり試験し

たとき,素線径は,0.3 mm 及び 0.4 mm を標準とし,素線径の範囲は,

表 による。

5.12

れき青質コンパウンド

れき青質コンパウンドは,鉛被及びテープに悪い影響を与えず,かつ,低温でき裂を生じたり,電線の

使用温度で流出したりしてはならない。

5.13

ペイント

ペイントは,塗装後容易にはがれてはならない。

6

構造

構造は,

表 15∼表 37 によるほか,次による。

6.1

導体

導体は,5.1 に規定する素線をより合わせたものを用い,その表面は,滑らかで,きず,突起,素線の緩

みなどの絶縁体に影響を与える欠陥があってはならない。

6.1.1

より合せの方法

より合せの方法は,通常,素線を各層ごとに同心状に反対方向により合わせる。ただし,

表 28∼表 30

に示す可とうより線は,所要素線を同一方向により合わせるなどの適切な方法による。

6.1.2

より線の接続

より線の接続は,全部の素線を同一箇所で接続してはならない。

6.2

セパレータ層

セパレータ層は,導体と絶縁体との間に 5.5 に規定するテープを施してもよい。

6.3

耐火層

耐火層は,導体と絶縁体との間に 5.4 に規定する耐火テープを施す。

6.4

内部半導電層

内部半導電層は,導体と絶縁体との中間に半導電性テープ,半導電性コンパウンド,又は半導電性テー

プと半導電性コンパウンドとを組み合わせたものを施す。

6.5

絶縁体


13

C 3410

:2010

絶縁体は,5.2 に規定する EP ゴム,けい素ゴム,ビニル又は難燃架橋ポリエチレンのいずれかを導体上,

耐火層上,セパレータ層上又は内部半導電層上に被覆しなければならない。絶縁体の平均厚さは,

表 15

表 37 の値以上とする。絶縁体の最小部分厚さは,表 15∼表 24 及び表 28∼表 37 の場合は表の値の 90 %か

ら 0.1 mm を減じた値以上とし,

表 25∼表 27 の場合は表の値の 80 %から 0.1 mm を減じた値以上とする。

6.5.1

EP

ゴム絶縁体

5.2.1

に規定する EP ゴム絶縁体を導体と同心状に被覆する。

6.5.2

けい素ゴム絶縁体

5.2.1

に規定するけい素ゴム絶縁体を導体と同心状に被覆する。

6.5.3

ビニル絶縁体

5.2.1

に規定するビニル絶縁体を導体と同心状に被覆する。

6.5.4

難燃架橋ポリエチレン絶縁体

5.2.1

に規定する難燃架橋ポリエチレン絶縁体を導体と同心状に被覆する。

6.6

外部半導電層

外部半導電層は,絶縁体上に半導電性テープ,半導電性コンパウンド,又は半導電性テープと半導電性

コンパウンドとを組み合わせたものを施す。

6.7

テープ層

テープ層は,絶縁体上,遮へい層上又はより合せ上に,5.5 に規定する紙以外のテープ又は 5.6 に規定す

るガラステープを施す。

6.8

ガラス糸編組

ガラス糸編組は,5.3 に規定するガラス糸によって行い,

表 20 及び表 21 のとおり一重又は二重とし,二

重の場合は,内部の編組を 5.6 に規定するガラステープをら旋状に巻いて編組に代えてもよい。

6.9

ガラス糸編組上の塗料

ガラス糸編組上の塗料は,耐熱性塗料を含浸する。ただし,二重ガラス糸編組の場合の内部編組には,

耐熱性塗料を施さなくてもよい。塗料の色は,識別用に使用する場合を除き,白(自然色)又は黒とする。

6.10

識別

6.10.1

識別の種類

識別の種類は,次による。

a)

色による識別  色による識別は,絶縁体,半導電性テープ,テープ,編組,編組上の塗料の色又はそ

の他適切な方法によって行い,次による。

−  単心:黒

−  2 心:黒,白

−  3 心:

− 0.6/1

kV の場合は,  黒,白,赤

− 3.6/6

kV 及び 6/10 kV の場合は,白,赤,青

−  4 心:黒,白,赤,緑

b)

ナンバリングによる識別  ナンバリングによる識別は,絶縁体上又は絶縁体上のテープに判別しやす

い色の算用数字を印刷して行う。

なお,テープを用いる場合は,印刷面を外にする。

6.10.2

識別の適用

識別の適用は,次による。


14

C 3410

:2010

a)

線心の識別  多心制御用及び信号用ケーブルは,6.10.1 b)によって識別する。その他は,6.10.1 a)によ

って識別する。

b)

対の識別  電話用及び計装用ケーブルは,通常,絶縁体の色を白とし,対内の 1 線心だけを 6.10.1 b)

によって識別する。

6.11

対より及びより合せ

6.11.1

対より

対よりは,絶縁を施した線心 2 条を 120 mm 以下のピッチでより合わせる。

6.11.2

より合せ

より合せは,絶縁を施した線心又は対を,通常,同心状により合わせる。

円形にするために線心又は対相互間を介在によって埋める必要がある場合,

表 20 及び表 21 に材料の規

定があるものでは 5.3 に規定するガラス糸とし,

表 16∼表 19,表 22∼表 28,表 31∼表 33,表 35 及び表

37

に材料の規定がないものでは 5.9 に規定するジュート,紙,ゴムひも又はプラスチックひもを介在物と

して入れながらより合わせる。ただし,クロロプレンゴムシースキャブタイヤコードの場合は,線心のす

き間を埋めてシースを施す。

6.12

接地線

接地線は,5.1 に示す素線をより合わせたすずめっき軟銅線又は軟銅線を用いたより線とし,絶縁線心間

により合わせる。接地線の構成及び導体抵抗は,

表 による。

表 8−接地線の構成及び導体抵抗

接地線の導体抵抗(20  ℃)

Ω/km

導体の公称断面積

mm

2

接地線の構成

本/mm

めっきなし

めっきあり

1.5 7/0.52

12.1

12.2

2.5 7/0.67

7.41

7.56

4 7/0.85

4.61

4.70

6.13

遮へい

6.13.1

編組

編組は,5.1 に規定するすずめっき軟銅線又は軟銅線を用いて,均一に編組する。素線径は,通常,

24

による。

6.13.2

アルミニウムはく付きプラスチックテープ

アルミニウムはく付きプラスチックテープは,

5.7

に規定するアルミニウムはく付きプラスチックテープ

を,公称断面積 0.5 mm

2

のすずめっき軟銅より線又は軟銅より線にアルミニウム面が接するように施す。

6.13.3

銅テープ(3.6/6 kV 及び 6/10 kV の場合)

銅テープは,5.8 に規定する銅テープを施す。

6.14

シース

シースは,5.10 の鉛合金による鉛被,クロロプレンゴムシース又はビニルシースのいずれかでなければ

ならない。シースの平均厚さは,

表 15∼表 19,表 21∼表 28 及び表 31∼表 37 の値以上とする。鉛被の場

合の最小部分厚さは,

表 19 及び表 21 の値の 90 %から 0.1 mm を減じた値以上とし,鉛被以外のシースで

は,

表 15∼表 18,表 22∼表 27 及び表 31∼表 37 の値の 85 %から 0.1 mm を減じた値以上とする。ただし,


15

C 3410

:2010

クロロプレンゴムシースキャブタイヤコードの場合には,

表 28 の値の 80 %から 0.2 mm を減じた値以上と

する。

6.14.1

鉛被

鉛被は,5.10.1 に規定する鉛合金を被覆する。

6.14.2

クロロプレンゴムシース

クロロプレンゴムシースは,5.10.2 に規定するクロロプレンゴムを被覆する。色は,通常,黒とする。

6.14.3

ビニルシース

ビニルシースは,5.10.2 に規定するビニルを被覆する。色は,通常,黒とする。

6.14.4

シース及び仕上外径許容差

シース及び仕上外径許容差は,

表 15∼表 19,表 21∼表 28 及び表 31∼表 37 による。

6.15

座床

座床は,次による。

a)

鉛被ケーブルの場合は,鉛被の表面に 5.12 に規定するれき青質コンパウンドを薄く塗布した後,5.5

に規定する紙以外のテープを 1 枚又は 2 枚施す。ただし,絶縁体がけい素ゴムの場合は,鉛被の表面

に直接 5.6 に規定するガラステープを 1 枚又は 2 枚施さなければならない。

b)

クロロプレンゴムシースケーブルの場合は,シース表面に 5.5 に規定する紙以外のテープを施さなけ

ればならない。

6.16

あじろがい装

あじろがい装は,次のとおりとし,均一で,表面にきずがあってはならない。

a)

素線  素線は,5.11.1 に規定する亜鉛めっき鋼線又は 5.11.2 に規定する銅合金線とする。

b)

編組方法  編組方法は,1 本越し編組又は 2 本越し編組のいずれかとするが,編組密度 G(%)は,

90 %以上とする。

編組密度は,次の式によって算出する。

100

2

π

×

× F

G

 
 
 

α

P

Ncd

F

sin

2

 
 
 

( )

2

2

π

π

sin

P

D

D

α

ここに,

G:  編組密度(%)

N:  1 打ちのもち数

P:  編組のピッチ(mm)

c:  打ち数

d:  素線径(mm)

α

:  ケーブル縦軸に対する素線の角度(°)

D:  編組下径(mm)

F:  編組密度の最小値を得るための の最小値は 0.573

c)

ペイント  ペイントは,あじろがい装上に 5.13 に規定するペイントをはがれることのないように均一

に塗布する。色は,通常,0.6/1 kV 及び 150/250 V の場合は白,3.6/6 kV 及び 6/10 kV の場合は赤とす

る。


16

C 3410

:2010

6.17

防食層

防食層は,5.10.2 に規定するビニルを被覆する。色は,通常,0.6/1 kV 及び 150/250 V の場合は白,3.6/6

kV 及び 6/10 kV の場合は赤とする。耐火ケーブルは,通常,灰色とする。防食層の平均厚さは,表 15∼表

19

表 22∼表 27 及び表 31∼表 37 の値以上とし,最小部分厚さは,表 15∼表 19,表 22∼表 27 及び表 31

表 37 の値の 85 %から 0.1 mm を減じた値以上とする。

6.18

仕上外径許容差

仕上外径許容差は,

表 15∼表 37 による。

7

試験方法

7.1

構造

構造は,JIS C 3411 の 6.56.7 による。

7.2

導体抵抗

導体抵抗は,JIS C 3411 の 5.2.2 による。

7.3

耐電圧

耐電圧は,JIS C 3411 の 5.2.3 による。

7.4

絶縁抵抗

絶縁抵抗は,完成品として,7.3 の耐電圧試験終了後,JIS C 3005 の 4.7.1 によって測定を行う。ただし,

測定電圧は 80∼500 V の直流電圧とする。

絶縁抵抗を測定した温度が 20  ℃以外の場合は,

表 及び JIS C 3005 の表 によって 20  ℃の値に換算

する。

表 9−難燃架橋ポリエチレンの絶縁抵抗温度換算係数

温度

係数

温度

係数

温度

係数

温度

係数

0 0.10 9 0.28 18 0.79 27 2.2 
1 0.12 10 0.32 19 0.90 28 2.5 
2 0.13 11 0.36 20 1.0 29 2.8 
3 0.14 12 0.40 21 1.2 30 3.2 
4 0.16 13 0.45 22 1.3 31 3.6 
5 0.18 14 0.51 23 1.4 32 4.0 
6 0.20 15 0.57 24 1.6 33 4.5 
7 0.22 16 0.63 25 1.8 34 5.1 
8 0.25 17 0.70 26 2.0 35 5.7

7.5

曲げ

曲げは,JIS C 3005 の 4.27.1 による。回転半径(r)及び固定距離(l)は,

表 10 による。

表 10−回転半径及び固定距離

導体の公称断面積

mm

2

回転半径 r

mm

固定距離 l

mm

6 以上のもの 100 300 
4 以下のもの 150 200


17

C 3410

:2010

7.6

耐炎性(ケーブル,コード及び絶縁電線 条の延焼試験)

耐炎性は,JIS C 3411 の 8.16.1 による。

7.7

耐延焼性(束ねたケーブルの延焼試験)

耐延焼性は,JIS C 3411 の 8.16.2 による。

7.8

耐火性

耐火性は,IEC 60331-21(外径が 20 mm 以下)又は IEC 60331-31(外径が 20 mm を超える)による。

7.9

材料

7.9.1

素線

素線は,次によって試験を行う。

a)

すずめっき軟銅線の場合,JIS C 3411 の 8.10  による。

b)

軟銅線の場合,JIS C 3411 の 8.5.3 による。

7.9.2

ゴム及び難燃架橋ポリエチレン

ゴム及び難燃架橋ポリエチレンは,次によって試験を行う。

a)

引張強さ及び伸び  引張強さ及び伸びは,JIS C 3411 の 8.3 及び 8.4 による。

b)

耐空気老化性  耐空気老化性は,JIS C 3411 の 8.3 及び 8.4 による。

老化条件は,

表 又は表 による。

c)

耐加圧空気老化性  耐加圧空気老化性は,JIS C 3660-1-2 の 8.2 による。

老化条件は,

表 による。

d)

耐油性  耐油性は,JIS C 3411 の 8.14 による。

e)

耐オゾン性  耐オゾン性は,JIS C 3411 の 8.13 による。

f)

ホットセット  ホットセットは,JIS C 3411 の 6.8  による。

g)  4

時間耐電圧  4 時間耐電圧は,JIS C 3411 の 7.4 による。

h)

高温絶縁抵抗  高温絶縁抵抗は,JIS C 3411 の 7.2.2 による。

i)

静電容量特性  静電容量特性は,JIS C 3411 の 7.3 による。

7.9.3

ビニル

ビニルは,次によって試験を行う。

a)

引張強さ及び伸び  引張強さ及び伸びは,JIS C 3411 の 8.3 及び 8.4 による。

b)

耐空気老化性  耐空気老化性は,JIS C 3411 の 8.3 及び 8.4 による。

老化条件は,5.2 又は 5.10 による。

c)

耐加熱変形性  耐加熱変形性は,JIS C 3411 の 8.7 による。

d)

低温特性  低温特性は,JIS C 3411 の 8.8 による。

e)

耐巻付加熱性  耐巻付加熱性は,JIS C 3411 の 8.12 による。

f)

耐加熱減量性  耐加熱減量性は,JIS C 3411 の 8.6 による。

g)

高温絶縁抵抗  高温絶縁抵抗は,JIS C 3411 の 7.2.2 による。

h)

静電容量特性  静電容量特性は,JIS C 3411 の 7.3 による。

7.9.4

がい装線

がい装は,次によって試験を行う。

a)

亜鉛めっき試験  亜鉛めっき試験は,JIS C 3411 の 8.11 による。

7.9.5

適合性

適合性は,JIS C 3411 の 8.5 による。


18

C 3410

:2010

7.10

部分放電

部分放電試験は,IEC 60885-2 による。

7.11

曲げ後の部分放電

曲げ後の部分放電は,次によって試験を行う。

a)

試料は,完成品から長さ 10∼15 m をとる。ただし,その長さには,端末部品の長さは含まない。

b)

試料は,室温において試験用の円筒(例えば,ドラムの胴)に 1 回以上巻き付ける。

試料が逆方向に巻き戻されないように巻き付け,これを繰り返す。

巻き付けの操作(正方向及び逆方向)は,3 回実施する。

c)

円筒の径は,次による。

−  単心ケーブル:20 (d),許容差±5 %

−  3 心ケーブル:15 (d),許容差±5 %

ここに,

D:  ケーブルの仕上外径(mm)

d:  導体外径(mm)

d)

この試験後,7.10 によって,部分放電試験を行う。

7.12

誘電正接の電圧特性

誘電正接の電圧特性は,次によって試験を行う。

a)

試料は,完成品から長さ 10∼15 m をとる。ただし,その長さには,端末部品の長さは含まない。

b)

誘電正接を室温で商用周波の定格対地電圧の 0.5,1.0 及び 2.0 倍の交流電圧を加え測定する。

c)

定格対地電圧における最大誘電正接及び定格対地電圧の 0.5∼2.0 倍での最大誘電正接増加量は,

表 11

の値を超えてはならない。

表 11−誘電正接及び電圧

誘電正接 EP ゴム

定格対地電圧における最大誘電正接(×10

4

) 200

定格対地電圧の 0.5∼2.0 倍での最大誘電正接増加量(×10

4

 25

7.13

誘電正接の温度特性

誘電正接の温度特性は,次によって試験を行う。

a)

試料は,完成品から長さ 10∼15 m をとる。ただし,その長さには,端末部品の長さは含まない。

b)

試料は,液体の容器若しくはオーブンに入れる又は絶縁体上の遮へいに電流を流すことによって加熱

する。温度は,導体許容温度に達するまで徐々に上げ,それぞれの方法での導体温度は,導体抵抗の

測定,又は水槽,恒温槽若しくは遮へいの表面の温度計によって決める。

c)

誘電正接は,b)で決めた温度において,交流商用周波電圧 2 kV で測定する。

d)

周囲温度における最大誘電正接及び許容温度における最大誘電正接は,

表 12 の値を超えてはならな

い。

表 12−誘電正接及び温度

誘電正接 EP ゴム

周囲温度における最大誘電正接(×10

4

) 200

許容温度(90  ℃)における最大誘電正接(×10

4

400


19

C 3410

:2010

7.14

ヒートサイクル後の部分放電

ヒートサイクル後の部分放電は,次によって試験を行う。

a)

試料は,完成品から長さ 10∼15 m をとる。ただし,その長さには,端末部品の長さは含まない。

b)

絶縁体の導体許容温度から 10  ℃高くなるまで交流電流を導体に加える。

多心ケーブルでは,加熱電流をすべての導体に加える。

加熱電流は 2 時間以上加え,引き続き 4 時間以上,空気中で自然冷却する。

この加熱電流の負荷時間及び自然冷却時間を 1 サイクルとして,3 回繰り返す。

c) 3

サイクル後,7.10 によって,部分放電試験を行う。

7.15

衝撃耐電圧後の商用周波耐電圧

衝撃耐電圧後の商用周波耐電圧は,次によって試験を行う。

a)

試料は,完成品から長さ 10∼15 m をとる。ただし,その長さには,端末部品の長さは含まない。

b)

この試験は,導体温度が絶縁体の導体許容温度から 5  ℃高い状態の試料で実施する。

衝撃耐電圧は,IEC 60230 の試験方法によって印加する。

c)

電線の定格対地電圧によって,

表 13 に規定する衝撃電圧を,正極及び負極にそれぞれ 10 回印加する。

表 13−衝撃試験電圧

単位  kV

電線の定格対地電圧

3.6 6.0

試験電圧(ピーク値)

60 75

d)  b)

及び c)に示す試験後,試料を室温にさらし,商用周波電圧を各線心に 15 分間印加する。

試験電圧の値は,

表 14 による。

表 14−商用周波試験電圧

単位  kV

電線の定格対地電圧

3.6 6.0

試験電圧(ピーク値)

12.5 21

8

検査

検査は,箇条 に規定する試験方法によって行い,箇条 4,箇条 5,箇条 及び箇条 11 の規定に適合し

なければならない。ただし,検査項目については,受渡当事者間の協定によって,その一部又は全部を省

略することができる。

9

包装

包装は,製品の両端を密封した後,1 条ずつドラム巻き又は束巻きとし,運搬中損傷しないように適切

な方法で行う。


20

C 3410

:2010

10

製品の呼び方

製品の呼び方は,次の例のように,種類及び公称断面積,又は記号及び公称断面積による。ただし,多

心,電話用及び計装用ケーブルの場合は,種類及び線心数(対数)又は記号及び線心数(対数)による。

例 1 0.6/1

kV 耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 120 mm

2

又は 0.6/1 kV

SPYC-120

例 2 0.6/1

kV 耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 120 mm

2

又は 0.6/1 kV

FA-SPYC-120

例 3 150/250

V 耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 12 心又は

150/250 V MPYCY-12

例 4 150/250

V 耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 12 心又は

150/250 V FA-MPYCY-12

例 5 150/250

V 耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 10 対又は 150/250 V

TTYC-10

例 6 150/250

V 耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル 10 対又は 150/250 V

FA-TTYC-10

例 7 150/250

V 耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)12 心又

は 150/250 V MPYCSLA-12

例 8 150/250

V 耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)12 心

又は 150/250 V FA-MPYCSLA-12

例 9 0.6/1

kV 耐炎性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル 2.5 mm

2

又は 0.6/1 kV

FR-DPYC-2.5

例 10 0.6/1 kV 耐延焼性 2 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル 2.5 mm

2

又は 0.6/1

kV FR-FA-DPYC-2.5

例 11 150/250 V 耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル 12 心又

は 150/250 V FR-MPYCY-12

例 12 150/250 V 耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル 12 心

又は 150/250 V FR-FA-MPYCY-12

例 13 3.6/6 kV 耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ケーブル 50 mm

2

又は 3.6/6

kV SPYCB-50

例 14 6/10 kV 耐延焼性 3 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル 50 mm

2

又は

6/10 kV FA-TPYCY-50

11

表示

11.1

製品の表示

製品の表示は,製造業者名又はその略号,及び製造年を容易に消えない方法で適切な箇所に連続して行

う。

11.2

ドラム又は束の表示

ドラムには,その側面に次の事項を表示し,束には,次の事項を表示した荷札を添付する。

a)

種類又は記号

b)

公称断面積(mm

2

。ただし,多心ケーブルの場合は線心数,電話用及び計装用ケーブルの場合は対数。


21

C 3410

:2010

c)

長さ(m)

d)

質量(kg)

(ただし,ドラム巻きの場合は総質量も併記する。

e)

製造業者名又はその略号

f)

製造年月又はその略号


22

C

 3410


2

010

22

C

 3410


2

010

表 150.6/1 kV  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  SPYC

0.6/1 kV

  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  SPYCY

0.6/1 kV

  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  FA-SPYC  

0.6/1 kV

  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  FA-SPYCY

導体 SPYC

FA-SPYC

SPYCY

FA-SPYCY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称
断面

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

シース

外径

あじろ
がい装

線径

仕上
外径

シース及び
仕上外径許

容差

防食層

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

めっき

なし

めっき

あり

試験電圧 絶縁抵抗

(20  ℃)

SPYC

FA-SPYC

SPYCY

FA-SPYCY

標準条長

線心数

mm

2

 mm  mm mm mm mm

mm

mm

±mm mm

mm

±mm

Ω/km

Ω/km

V M

Ω・km

kg/km

kg/km m

1 1.5 7/0.52 1.56 1.0  1.0  5.9

0.3 7.2

0.4  0.8 9.0

0.4

12.1  12.2

3

500

1

300

100

135  500

 2.5 7/0.67

2.01

6.3

7.6

9.4

7.41 7.56

 1 100    120    150

 4  7/0.85

2.55

6.9

8.2

10.0

4.61 4.70

 1 000    140    175

 6  7/1.04

3.12

7.4

8.7

10.5

3.08 3.11

 800   170   205

 10  7/1.35 4.05

1.1 8.6

9.9

11.7

0.5 1.83  1.84

 700   225   270

 16  7/1.70 5.10

9.6

10.9

0.9 12.9

1.15 1.16

 600   300   350

 25  7/2.14 6.42 1.2  1.2 11.5

12.8

0.5

14.8

0.6 0.727  0.734

 500   425   485

 35  7/2.52 7.56

12.7

14.0

0.6 1.0

16.2

0.524 0.529

 450   535   610

 50  19/1.78 8.90 1.4  1.3 14.6

15.9

18.1

0.7 0.387  0.391

700

780

 70  19/2.14

10.7

1.4 16.6

17.9

0.7

20.1

0.8 0.268  0.270

940

1

030

 95  19/2.52

12.6  1.6  1.5 19.3

20.6

0.8 1.1

23.0

0.9

0.193

0.195

400

  1 260

  1 370

250

 120  37/2.03 14.2

20.9

22.2

0.9 1.2

24.8

1.0

0.153

0.154

350

  1 520

  1 650

 150  37/2.25 15.8  1.8  1.6  23.1

24.4

1.0

27.0

1.1 0.124  0.126

  1 840

  1 980

 185  37/2.52 17.6  2.0  1.7  25.5

26.8

1.1 1.3

29.6

1.2

0.099

1

0.100

  2 260

  2 430

 240  61/2.25 20.3  2.2  1.8  28.8

30.1

1.2

1.4

33.1

1.3

0.075 4

0.076 2

  2 920

  3 130

100

 300  61/2.52 22.7  2.4  1.9  31.8

0.4  33.6

1.3

36.6

1.5

0.060 1

0.060 7

  3 700

  3 930

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b) EP

ゴム絶縁体(識別)

c)

ビニルシース

d)

あじろがい装

e)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

 
f)

ビニル防食層

 
 
 
 

注記 1  導体上に適切なセパレータテープを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV  以下 
  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃ 


23

C

 3410


2

010

23

C

 3410


2

010

表 160.6/1 kV  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル(0.6/1 kV  DPY

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  DPYC

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  DPYCY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル(0.6/1 kV  FA-DPY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  FA-DPYC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  FA-DPYCY

導体 DPY

FA-DPY

DPYC

FA-DPYC

DPYCY

FA-DPYCY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

標準

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

あじろ
がい装

線径 仕上

外径

シース及
び仕上外
径許容差

防食層

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

めっき

なし

めっき

あり

試験
電圧

絶縁抵抗
(20  ℃)

DPY

FA-DPY

DPYC

FA-DPYC

DPYCY

FA-DPYCY

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm mm ±mm

mm

mm

±mm

mm

mm ±mm

Ω/km

Ω/km

V

M

Ω・km kg/km

kg/km kg/km m

2 1.5

7/0.52

1.56

1.0 1.1

10.4

0.5

0.3

11.7

0.5

0.9

13.7

0.5  12.1

12.2

3 500   1 300

120

205

260

500

 2.5

7/0.67

2.01   1.2

11.5

   12.8

 14.8

0.6 7.41 7.56

1

100

 155  250

 305

 4 7/0.85

2.55    12.6

0.6   13.9

0.6   15.9

  4.61 4.70

1

000

 200  300

 365

 6 7/1.04

3.12   1.3

13.9

   15.2

  1.0

17.4

0.7 3.08 3.11    800

 255  370

 445

 10  7/1.35

4.05

 15.8

0.7    17.1

0.7

 19.3

0.8 1.83 1.84    700

 360  490

 575

 16  7/1.70

5.10   1.4 18.1

0.8    19.4

0.8  1.1

21.8

0.9 1.15 1.16    600

 515  660

 765

 25  7/2.14

6.42

1.2  1.5 21.7

0.9    23.0

0.9  1.2 25.6

1.0  0.727

0.734

    500   770   945  1

080  250

 35  7/2.52

7.56   1.6 24.2

1.0    25.5

1.0

  28.1

1.1  0.524

0.529

    450  1

010  1

200  1

350

 50 19/1.78

8.90

1.4  1.8 28.1

1.2    29.4

1.2  1.3 32.2

1.3  0.387

0.391

 1

360  1

580  1

770  100

 70 19/2.14

10.7    1.9 31.9

1.3  0.4 33.7

1.3  1.4 36.7

1.5  0.268

0.270

 1

860  2

210  2

440

 95 19/2.52

12.6 1.6  2.1 37.3

1.6    39.1

1.6

1.6 42.7

1.6  0.193

0.195

    400  2

550  2

960  3

280

 120  37/2.03

14.2

2.3 40.9

  42.7

1.7 46.5

1.7  0.153

0.154

    350  3

150  3

600  3

970

 150  37/2.25

15.8  1.8  2.4 45.1

1.7

  46.9

1.7

1.8 50.9

1.8  0.124

0.126

 3

840  4

340  4

760

 185  37/2.52

17.6  2.0  2.6 49.9

1.9

51.7

1.9

1.9

55.9

1.9

0.099 1 0.100

  4 780

5 320

5 810

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b) EP

ゴム絶縁体(識別)

c)

より合せ(介在物)

d)

より合せ上テープ

e)

ビニルシース

 
f)

あじろがい装

g)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

h)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータテープを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV  以下 
  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃ 


24

C

 3410


2

010

24

C

 3410


2

010

表 170.6/1 kV  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル(0.6/1 kV  TPY

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  TPYC

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  TPYCY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル(0.6/1 kV  FA-TPY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  FA-TPYC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  FA-TPYCY

導体 TPY

FA-TPY

TPYC

FA-TPYC

TPYCY

FA-TPYCY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

標準

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

あじろ
がい装

線径

仕上
外径

シース及
び仕上外
径許容差

防食層

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

めっき

なし

めっき

あり

試験
電圧

絶縁抵抗

(20  ℃)

TPY

FA-TPY

TPYC

FA-TPYC

TPYCY

FA-TPYCY

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm mm ±mm

mm

mm

±mm

mm mm ±mm

Ω/km Ω/km

V

M

Ω・km

kg/km

kg/km kg/km m

3 1.5

7/0.52

1.56

1.0 1.2 11.2

0.5  0.3 12.5

0.5

0.9 14.5

0.6 12.1  12.2 3

500

1

300  150  245   300  500

 2.5

7/0.67

2.01

12.2

13.5

 15.5

  7.41  7.56

  1

100  195  295   355

 4

7/0.85

2.55

13.4

0.6

14.7

0.6  1.0 16.9

0.7 4.61  4.70

  1

000  255  365   440

 6

7/1.04

3.12

 1.3

14.8

16.1

 18.3

  3.08  3.11

  800  335  455   535

 10 7/1.35

4.05

  1.4

17.0

0.7   18.3

0.7  1.1 20.7

0.8  1.83  1.84

  700  485  625   725

 16 7/1.70

5.10

  1.5

19.5

0.8   20.8

0.8

  23.2

0.9 1.15  1.16

  600  700  855   970  250

  25 7/2.14

6.42

1.2 1.6 23.4

1.0   24.7

1.0  1.2 27.3

1.1  0.727

0.734

  500

1

060

1

240  1 390

 35 7/2.52

7.56

  1.7

26.1

1.1   27.4

1.1  1.3

30.2

1.2

0.524

0.529

450

  1 390    1 600

1 770

 50

19/1.78

8.90

1.4 1.9

30.2

1.3 0.4

32.0

1.3

1.4

35.0

1.4

0.387

0.391

  1 870    2 200

2 420

100

 70

19/2.14

10.7   2.0

34.3

1.4  36.1

1.4  1.5

39.5

1.6

0.268

0.270

  2 570    2 950

3 220

 95

19/2.52

12.6

1.6 2.2

40.1

1.6

41.9

1.6

1.6

45.5

1.7

0.193

0.195

400

  3 530    3 980

4 310

 120 37/2.03

14.2    2.4 44.0

1.7    45.8

1.7

1.7 49.6

1.8

0.153

0.154

350

  4 370    4 860

5 250

 150 37/2.25

15.8 1.8  2.5 48.5

1.8    50.3

1.8

1.9

54.5

1.9

0.124

0.126

  5 340    5 870

6 350

 185 37/2.52

17.6 2.0  2.7 53.6

1.9

55.4

1.9

2.0

59.8

2.0

0.099 1 0.100

  6 640    7 230

7 770

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b) EP

ゴム絶縁体(識別)

c)

より合せ(介在物)

d)

より合せ上テープ

e)

ビニルシース

f)

あじろがい装

g)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

h)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータテープを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV  以下

  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃ 


25

C

 3410


2

010

25

C

 3410


2

010

表 180.6/1 kV  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)(0.6/1 kV  DPYCSLA

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)(0.6/1 kV  TPYCSLA

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(一括遮へい付)(0.6/1 kV  DPYCYSLA

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(一括遮へい付)(0.6/1 kV  TPYCYSLA

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)(0.6/1 kV  FA-DPYCSLA

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)(0.6/1 kV  FA-TPYCSLA

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(一括遮へい付)(0.6/1 kV  FA-DPYCYSLA

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(一括遮へい付)(0.6/1 kV  FA-TPYCYSLA  

導体 DPYCSLA

TPYCSLA

FA-DPYCSLA
FA-TPYCSLA

DPYCYSLA

TPYCYSLA

FA-DPYCYSLA 
FA-TPYCYSLA

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

アルミニ
ウムはく

付きプラ
スチック
テープ遮

へい厚さ

(約)

シース

厚さ

シース

外径

あじろ
がい装

線径

仕上
外径

シース
及び仕
上外径

許容差

防食層

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

めっき

なし

めっき

あり

試験
電圧

絶縁抵抗
(20  ℃)

DPYCSLA

TPYCSLA

FA-DPYCSLA

FA-TPYCSLA

DPYCYSLA

TPYCYSLA

FA-DPYCYSLA

FA-TPYCYSLA

標準
条長

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm  mm

mm

mm

mm

±mm

mm

mm ±mm

Ω/km Ω/km

V

M

Ω・km

kg/km kg/km

m

2 1.5  7/0.52 1.56  1.0

0.05

1.1  10.6

0.3 11.9

0.5  0.9 13.9

0.6 12.1 12.2 3

500 1

300

215

270

500

 2.5  7/0.67

2.01

1.2  11.7

  13.0

15.0

7.41

7.56

1

100  260

320

 4  7/0.85

2.55

  12.8

  14.1

0.6  1.0 16.3

0.7  4.61

4.70

  1

000

310

385

3 1.5  7/0.52 1.56

11.4

  12.7

0.5 0.9

14.7

0.6 12.1 12.2   1

300

255

315

 2.5 7/0.67

2.01

  12.4

 13.7

15.7

7.41

7.56

1

100  305

365

 4  7/0.85

2.55

  13.6

 14.9

0.6 1.0 17.1

0.7  4.61

4.70

  1

000

375

450

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b) EP

ゴム絶縁体(識別)

c)

より合せ(介在物)

d)

より合せ上テープ

e)

アルミニウムはく付きプラスチックテープ遮へい

f)

ビニルシース

g)

あじろがい装

h)

ペイント(防食層付きの場合は塗布し

なくてもよい。

i)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータテープを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV  以下

  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃ 


26

C

 3410


2

010

26

C

 3410


2

010

表 190.6/1 kV  耐炎性 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  DPLC

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  TPLC

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  DPLCY

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  TPLCY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  FA-DPLC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  FA-TPLC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  FA-DPLCY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁鉛被あじろがい装ビニル防食ケーブル(0.6/1 kV  FA-TPLCY

導体 DPLC

TPLC

FA-DPLC

FA-TPLC

DPLCY

TPLCY

FA-DPLCY

FA-TPLCY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

シース

外径

あじろ
がい装

線径

仕上
外径

シース
及び仕
上外径

許容差

防食層

厚さ

仕上
外径

仕上
外径

許容差

めっき

なし

めっき

あり

試験電圧 絶縁抵抗

(20  ℃)

DPLC

TPLC

FA-DPLC

FA-TPLC

DPLCY

TPLCY

FA-DPLCY

FA-TPLCY

標準
条長

線心数

mm

2

  mm mm mm mm mm

mm

mm ±mm

mm

mm ±mm

Ω/km  Ω/km

V M

Ω・km

kg/km kg/km

m

2 1.5  7/0.52

1.56 1.0  1.0 10.2

0.3 12.5

0.5

0.9

14.5

0.6

12.1

12.2

3 500

1 300

510

565

500

2.5 7/0.67

2.01

  11.1

  13.4

 15.4

  7.41 7.56

1

100

570

635

4 7/0.85

2.55

    12.2

 14.5

0.6 1.0 16.7

0.7  4.61  4.70

1

000

660

735

3 1.5  7/0.52

1.56

10.8

  13.1

0.5  0.9 15.1

0.6  12.1  12.2

1

300

555

620

2.5 7/0.67

2.01

  11.8

  14.1

0.6  1.0 16.3

0.7  7.41  7.56

1

100

640

710

4 7/0.85

2.55

    13.0

 15.3

   17.5

 4.61

4.70

 1

000  750

825

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b) EP

ゴム絶縁(識別)

c)

より合せ(介在物)

d)

より合せ上テープ

e)

鉛被

f)

れき青質コンパウンド

g)

座床

h)

あじろがい装

i)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

j)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータテープを用いてもよい。 
注記 2

絶縁体上にテープを施して識別してもよい。

注記 3

定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV  以下

  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 4

導体許容温度  90  ℃


27

C

 3410


2

010

27

C

 3410


2

010

表 200.6/1 kV  耐炎性 心けい素ゴム絶縁あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  DSRC

0.6/1 kV

  耐炎性 心けい素ゴム絶縁あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  TSRC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心けい素ゴム絶縁あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  FA-DSRC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心けい素ゴム絶縁あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  FA-TSRC

導体

導体抵抗

(20  ℃)

注記

公称断面積  素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

一重

ガラス

編組
厚さ

二重

ガラス

編組
厚さ

あじろ

がい装

線径

仕上外径 仕上外径

許容差

めっきなし めっきあり

試験電圧 絶縁抵抗

(20  ℃)

概算質量 標準条長

線心数

mm

2

  mm mm mm mm mm mm  mm  ±mm

Ω/km

Ω/km V

M

Ω・km

kg/km m

2 1.5  7/0.52

1.56 1.0 0.3 0.55

0.3 11.3  0.5  12.1

12.2  3

500 600  195  500

2.5

7/0.67

2.01

    12.2   7.41 7.56  450

235

4 7/0.85

2.55

    13.3   4.61  4.70      285

3

1.5

7/0.52

1.56

    12.0   12.1 12.2   600

235

2.5

7/0.67

2.01

    13.0   7.41 7.56  450

285

4 7/0.85

2.55

    14.2

0.6  4.61  4.70      355

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

けい素ゴム絶縁

c)

一重ガラス編組(識別)

d)

塗料

e)

より合せ(ガラス糸介在)

f)

二重ガラス編組

g)

塗料

h)

あじろがい装

i)

ペイント

注記 1  導体上に適切なセパレータテープを用いてもよい。 
注記 2  より合せ上に適切なセパレータテープを用いてもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV 以下 
  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 4  導体許容温度  95  ℃ 


28

C

 3410


2

010

28

C

 3410


2

010

表 210.6/1 kV  耐炎性 心けい素ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  DSRLC

0.6/1 kV

  耐炎性 心けい素ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  TSRLC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心けい素ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  FA-DSRLC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心けい素ゴム絶縁鉛被あじろがい装ケーブル(0.6/1 kV  FA-TSRLC

導体

導体抵抗

(20  ℃)

注記

公称断面積  素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

一重

ガラス

編組
厚さ

シース

厚さ

シース

外径

あじろ

がい装

線径

仕上外径 仕上外径

許容差

めっきなし めっきあり

試験電圧 絶縁抵抗

(20  ℃)

概算質量 標準条長

線心数

mm

2

  mm mm mm mm mm mm mm  mm  ±mm

Ω/km

Ω/km V

M

Ω

・km

kg/km m

2 1.5  7/0.52

1.56 1.0 0.3 1.0 11.4

0.3 13.2 0.5 12.1  12.2  3

500 600 575 500

 2.5  7/0.67

2.01      12.3

  14.1

0.6 7.41 7.56   450

645

 4  7/0.85

2.55      13.4

  15.2

4.61  4.70

  735

3 1.5  7/0.52

1.56

  12.1

13.9

12.1 12.2   600

640

 2.5

7/0.67

2.01

13.1

14.9

7.41 7.56   450

725

 4  7/0.85

2.55

14.3

 16.1

4.61  4.70      835

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

けい素ゴム絶縁体

c)

一重ガラス編組(識別)

d)

塗料

e)

より合せ(ガラス糸介在)

 
f)

テープ(ガラステープ)

g)

鉛被

h)

座床(ガラステープ)

i)

あじろがい装

j)

ペイント

注記 1  導体上に適切なセパレータテープを用いてもよい。 
注記 2  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV 以下 
  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 3  導体許容温度  95  ℃ 


29

C

 3410


2

010

29

C

 3410


2

010

表 22150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル(150/250 V  MPY

150/250 V

  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(150/250 V  MPYC

150/250 V

  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(150/250 V  MPYCY

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースケーブル(150/250 V  FA-MPY

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(150/250 V  FA-MPYC

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(150/250 V  FA-MPYCY

導体 MPY

FA-MPY

MPYC

FA-MPYC

MPYCY

FA-MPYCY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

MPY

FA-MPY

MPYC

FA-MPYC

MPYCY

FA-MPYCY

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

仕上
外径

仕上
外径

許容差

あじろ
がい装

線径 仕上

外径

シース
及び仕
上外径

許容差

防食層

厚さ

仕上
外径

仕上
外径

許容差

めっき

なし

めっき

あり

試験
電圧

絶縁抵抗
(20  ℃)

標準
条長

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm  mm ±mm

mm

mm ±mm

mm

mm ±mm

Ω/km  Ω/km

V

M

Ω・km

kg/km kg/km kg/km m

2 1  7/0.43

1.29 0.6  1.1  8.7

0.4

0.3

10.0

0.4

0.9

12.0

0.5

19.2

19.3 1 500

1 000

85

155

205

500

4

  9.9

 11.2

 13.2

   125  205  260

7

      1.2 11.9

0.5

 13.2

0.5

 15.2

0.6

   190  290  350

12

      1.3 15.5

0.7

 16.8

0.7

1.0

19.0

0.8

   315  440  525  250

19

      1.4 18.3

0.8

 19.6

0.8

1.1

22.0

0.9

   465  615  720

27

      1.6 22.1

0.9

 23.4

0.9

1.2

26.0

1.0

   665  840  980

37

     1.7

24.8

1.0

26.1

1.0

1.3

28.9

1.2

870

1

070

1

240

44

1.8  28.0

1.2

  29.3

1.2

  32.1

1.3

   1

060   1

290   1

470

77

2.1  35.9

1.5

0.4

37.7

1.5

1.5  41.1

1.6

   1

790   2

190   2

480

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b) EP

ゴム絶縁体(識別)

c)

より合せ(介在物)

d)

より合せ上テープ

e)

ビニルシース

 
f)

あじろがい装

g)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

h)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:150/250 V 以下 
  D.C.:225/375 V 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃


30

C

 3410


2

010

30

C

 3410


2

010

表 23150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)(150/250 V  MPYCSLA

150/250 V

  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(一括遮へい付)(150/250 V  MPYCYSLA

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)(150/250 V  FA-MPYCSLA

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(一括遮へい付)(150/250 V  FA-MPYCYSLA

導体 MPYCSLA

FA-MPYCSLA

MPYCYSLA

FA-MPYCYSLA

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

アルミニ

ウムはく
付きプラ
スチック

テープ遮
へい厚さ

(約)

シース

厚さ

シース

外径

あじろ

がい装

線径 仕上

外径

シース及

び仕上外
径許容差

防食層

厚さ

仕上

外径

仕上

外径

許容差

めっき

なし

めっき

あり

試験

電圧

絶縁抵抗

(20  ℃)

MPYCSLA

FA-MPYCSLA

MPYCYSLA

FA-MPYCYSLA

標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm  mm

mm

mm

mm

±mm

mm

mm ±mm

Ω/km Ω/km

V

M

Ω・km

kg/km kg/km

m

2 1 7/0.43

1.29

0.6  0.05  1.1 8.9

0.3

10.2

0.4 0.9

12.0

0.5

19.2

19.3

1500

1

000

 160  200  500

4

 10.1

11.4

0.5

13.4

          210  260

7

  1.2

12.1

13.4

15.4

0.6         290  355

12

  1.3

15.7

17.0

0.7 1.0

19.2

0.8         445  530  250

19

  1.4

18.5

19.8

0.8 1.1

22.2

0.9         615  725

27

  1.6

22.3

23.6

0.9 1.2

26.2

1.0         845  985

37

1.7 25.0

 26.3

1.1  1.3

29.1

1.2

   1

070   1

240

44

1.8 28.2

 29.5

1.2

 32.5

1.3

   1

290   1

490

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b) EP

ゴム絶縁体(識別)

c)

より合せ(介在物)

d)

より合せ上テープ

e)

アルミニウムはく付きプラスチックテープ遮へい

 
f)

ビニルシース

g)

あじろがい装

h)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくて
もよい。

i)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:150/250 V 以下 
  D.C.:225/375 V 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃


31

C

 3410


2

010

31

C

 3410


2

010

表 24150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(各心遮へい付)(150/250 V  MPYC-S

150/250 V

  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(各心遮へい付)(150/250 V  MPYCY-S

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(各心遮へい付)(150/250 V  FA-MPYC-S

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(各心遮へい付)(150/250 V  FA-MPYCY-S

導体 MPYC-S

FA-MPYC-S

MPYCY-S

FA-MPYCY-S

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

遮へい

編組線

シース

厚さ

シース

外径

あじろ

がい装

線径

仕上

外径

シース及

び仕上外
径許容差

防食層

厚さ

仕上

外径

仕上

外径

許容差

めっき

なし

めっき

あり

試験

電圧

絶縁抵抗

(20  ℃)

MPYC-S

FA-MPYC-S

MPYCY-S

FA-MPYCY-S

標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm  mm

mm

mm

mm

±mm

mm

mm

±mm

Ω/km Ω/km

V

M

Ω・km

kg/km kg/km

m

2 1 7/0.43

1.29 0.6 0.12 1.1 10.1

0.3 11.4

0.5  0.9 13.4

0.5  19.2

19.3

1

500

1

000

180

235  500

4

       1.2

11.8

13.1

15.1

0.6

 305

 365

7

       1.3

14.2

15.5

0.6 1.0

17.7

0.7

 445

 525

12

       1.4

18.7

20.0

0.8 1.1

22.4

0.9

 705

 815

250

19           1.6 22.2

 23.5

0.9  1.2

26.1

1.0

  1

020  1

160

27           1.7 26.6

 27.9

1.1  1.3

30.7

1.2

  1

400  1

570

37           1.9 30.1

 31.4

1.3  1.4

34.4

1.4

  1

820  2

030

44           2.0 34.0

0.4

35.8

1.4  1.5

39.0

1.6

  2

290  2

550

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b) EP

ゴム絶縁体(識別)

c)

遮へい編組

d)

セパレータテープ

e)

より合せ(介在物)

 
f)

より合せ上テープ

g)

ビニルシース

h)

あじろがい装

i)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

j)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:150/250 V 以下 
  D.C.:225/375 V 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃


32

C

 3410


2

010

32

C

 3410


2

010

表 25150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースケーブル(150/250 V  TTY

150/250 V

  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(150/250 V  TTYC

150/250 V

  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(150/250 V  TTYCY

150/250 V

  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースケーブル(150/250 V  FA-TTY

150/250 V

  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(150/250 V  FA-TTYC

150/250 V

  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(150/250 V  FA-TTYCY

導体 TTY

FA-TTY

TTYC

FA-TTYC

TTYCY

FA-TTYCY

注記

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

あじろ
がい装

線径

仕上
外径

シース
及び仕
上外径

許容差

防食層

厚さ

仕上
外径

仕上 
外径

許容差

導体 
抵抗

(20  ℃)

試験
電圧

絶縁 
抵抗

(20  ℃)

TTY

FA-TTY

TTYC

FA-TTYC

TTYCY

FA-TTYCY

標準
条長

対数

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm mm ±mm

mm

mm ±mm

mm

mm

±mm

Ω/km

V

M

Ω・km

kg/km kg/km  kg/km m

1 2 0.75  7/0.37 1.11  0.6

1.0  7.9

0.4

0.3

9.2

0.4 0.8

11.0

0.4 26.0

1

500

20   65

  130

  170 500

1T

3

1.1

8.6

9.9

11.7

0.5

85

160

200

1Q

4

9.3

10.6

0.9

12.6

105

180

230

4

8

  1.3 14.2

0.6

  15.5

0.6  1.0 17.7

0.7

  205   320   400

7

14

  1.4 16.9

0.7

  18.2

0.7  1.1 20.6

0.8

  310   445   545

10

20

  1.5 21.7

0.9

  23.0

0.9  1.2 25.6

1.0

  465   640   775  250

14 28

1.6  23.5

1.0

24.8

1.0

27.4

1.1

585

775

920

19

38

  1.7 26.4

1.1

  27.7

1.1  1.3 30.5

1.2

  755   965   1

140

24  48

1.9

31.9

1.3

0.4

33.7

1.3

1.4

36.7

1.5

1 030

1 380

1 610

30  60

2.0

34.0

1.4

35.8

1.4

1.5

39.2

1.6

1 220

1 590

1 870

37  74

2.1

36.9

1.5

38.7

1.5

1.6

42.3

1 450

1 860

2 180

48  96

2.3

42.8

1.7

44.6

1.7

1.7

48.4

1.8

1 910

2 380

2 760

構成は,次による。

a)

軟銅より線

b)

ビニル絶縁体(識別)

c)

対より(3 個より,4 個よりは除く。

d)

より合せ(介在物)

e)

より合せ上テープ

f)

ビニルシース

g)

あじろがい装

h)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

i)

ビニル防食層

注記 1  定格電圧

  A.C.:150/250 V 以下 
  D.C.:225/375 V 以下

注記 2  導体許容温度  70 ℃


33

C

 3410


2

010

33

C

 3410


2

010

表 26150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)(150/250 V  TTYCSLA

150/250 V

  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(一括遮へい付)(150/250 V  TTYCYSLA

150/250 V

  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(一括遮へい付)(150/250 V  FA-TTYCSLA

150/250 V

  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(一括遮へい付)(150/250 V  FA-TTYCYSLA

導体 TTYCSLA

FA-TTYCSLA

TTYCYSLA

FA-TTYCYSLA

注記

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

アルミニ

ウムはく
付きプラ
スチック

テープ遮
へい厚さ

(約)

シース

厚さ

シース

外径

あじろ

がい装

線径

仕上

外径

シース

及び仕
上外径
許容差

防食層

厚さ

仕上

外径

仕上

外径

許容差

導体

抵抗

(20  ℃)

試験

電圧

絶縁

抵抗

(20  ℃)

TTYCSLA

FA-TTYCSLA

TTYCYSLA

FA-TTYCYSLA

標準

条長

対数

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm  mm

mm

mm

mm

±mm

mm

mm  ±mm

Ω/km V

M

Ω・km

kg/km kg/km

m

 1

2  0.75  7/0.37  1.11  0.6

0.05 1.0 8.1

0.3

9.4

0.4

0.8

11.2

0.4 26.0

1

500

20

 140

 180  500

1T

3

  1.1 8.8

10.1

 0.9

12.1

0.5

 170

 215

1Q

4

 

9.5

10.8

12.8

190

240

4

8

  1.3

14.4

15.7

0.6

1.0

17.9

0.7

 335

 410

7

14

  1.4

17.1

18.4

0.7

1.1

20.8

0.8

 460

 560

10

20

  1.6

22.1

23.4

0.9

1.2

26.0

1.0

 665

 805  250

14

28

 

23.7

25.0

1.0

27.6

1.1

790

935

19 38

1.7  26.6

  27.9

1.1  1.3 30.7 1.2

985    1

160

24

48

1.9 32.1

0.4

33.9

1.4  1.4

36.9

1.5

 1

400  1

630

30

60

2.0 34.2

 36.0

  1.5

39.4

1.6

 1

610  1

890

37

74

2.1 37.1

 38.9

1.6  1.6

42.5

 1

880  2

200

48

96

2.3 43.0

 44.8

1.7  1.7

48.6

1.7

 2

410  2

790

構成は,次による。

a)

軟銅より線

b)

ビニル絶縁体(識別)

c)

対より(3 個より,4 個よりは除く。

d)

より合せ(介在物)

e)

より合せ上テープ

f)

アルミニウムはく付きプラスチックテープ遮へい

g)

ビニルシース

h)

あじろがい装

i)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

j)

ビニル防食層

注記 1  定格電圧

  A.C.:150/250 V 以下 
  D.C.:225/375 V 以下

注記 2  導体許容温度 70  ℃


34

C

 3410


2

010

34

C

 3410


2

010

表 27150/250 V  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(各対遮へい付)(150/250 V  TTYC-SLA

150/250 V

  耐炎性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(各対遮へい付)(150/250 V  TTYCY-SLA

150/250 V

  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(各対遮へい付)(150/250 V  FA-TTYC-SLA

150/250 V

  耐延焼性電話用ビニル絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(各対遮へい付)(150/250 V  FA-TTYCY-SLA

導体 TTYC-SLA

FA-TTYC-SLA

TTYCY-SLA

FA-TTYCY-SLA

注記

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

アルミニウ

ムはく付き
プラスチッ
クテープ遮

へい厚さ

(約)

シース

厚さ

シース

外径

あじろ

がい装

線径

仕上

外径

シース

及び仕
上外径
許容差

防食層

厚さ

仕上

外径

仕上

外径
許容

導体

抵抗

(20  ℃)

試験

電圧

絶縁

抵抗

(20  ℃)

TTYC-SLA

FA-TTYC-SLA

TTYCY-SLA

FA-TTYCY-SLA

標準

条長

対数

線心数

mm

2

 mm mm mm

mm

mm

mm

mm

mm

±mm

mm

mm  ±mm

Ω/km

V M

Ω・km

kg/km kg/km

m

4 8 0.75 7/0.37

1.11 0.6

0.05

1.3

16.0

0.3

17.3

0.7

1.0

19.5

0.8

26.0

1

500

20

 380

 465 500

7

14

   1.5

19.5

20.8

0.8

1.1

23.2

0.9

545

660

10

20

   1.7

25.2

26.5

1.1

1.3

29.3

1.2

805

970

250

14

28

   1.8

27.6

28.9

1.2

31.7

1.3

980

1

160

19

38

1.9

30.9

0.4 32.7

1.3 1.4

35.7

1.4

 1

320  1

540

24

48

2.1

36.6

  38.4

1.5 1.6

42.0

1.6

 1

710  2

020

30

60

2.2

39.1

  40.9

1.6   44.5

1.7

 1

970  2

300

37

74

2.3

42.3

  44.1

1.7 1.7

47.9

1.8

 2

300  2

670

48

96

2.6

49.1

  50.9

1.9 1.9

55.1

1.9

 2

960  3

440

構成は,次による。

a)

軟銅より線

b)

ビニル絶縁体(識別)

c)

対より

d)

アルミニウムはく付きプラスチックテープ遮へい

e)

セパレータ

f)

より合せ(介在物)

g)

より合せ上テープ

h)

ビニルシース

i)

あじろがい装

j)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

k)

ビニル防食層

注記 1  定格電圧

  A.C.:150/250 V 以下 
  D.C.:225/375 V 以下

注記 2  導体許容温度  70  ℃


35

C 3410

:2010

表 280.6/1 kV  心 EP ゴム絶縁クロロプレンゴムシースキャブタイヤコード(0.6/1 kV  DPNP

0.6/1 kV

  心 EP ゴム絶縁クロロプレンゴムシースキャブタイヤコード(0.6/1 kV  TPNP

0.6/1 kV

  心 EP ゴム絶縁クロロプレンゴムシースキャブタイヤコード(0.6/1 kV  FPNP

導体

導体抵抗

(20  ℃)

注記

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

仕上
外径

仕上
外径

許容差 めっき

なし

めっき

あり

試験
電圧

絶縁抵抗

(20  ℃)

概算質量 標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm mm mm ±mm

Ω/km

Ω/km

V M

Ω・km kg/km  m

2 0.75

24/0.20

1.13

1.0 1.4  9.7

0.4

26.0

26.7

3 500   1 600

130

200

 1 32/0.20

1.27     9.9   19.5

20.0

1

500  135

 1.5

30/0.25

1.58   1.5

10.8   13.3

13.7

1

300  165

 2.5

49/0.25

2.02   1.6

11.8 0.5 7.98

8.21

1

100  205

 4 55/0.30

2.57   1.7

13.1    4.95

5.09

900  265

 6 82/0.30

3.14   1.8

14.5 0.6 3.30

3.39

800  340

3 0.75

24/0.20

1.13   1.4 10.2 0.4

26.0

26.7

1

600  145

 1 32/0.20

1.27   1.5

10.7   19.5

20.0

1

500  160

 1.5

30/0.25

1.58    11.4 0.5

13.3

13.7

1

300  190

 2.5

49/0.25

2.02   1.6

12.5    7.98

8.21

1

100  240

 4 55/0.30

2.57   1.8

14.1 0.6 4.95

5.09

900  325

 6 82/0.30

3.14   1.9

15.6    3.30

3.39

800  420

4 0.75

24/0.20

1.13   1.5 11.3 0.5

26.0

26.7

1

600  180

 1 32/0.20

1.27   1.6

11.8   19.5

20.0

1

500  200

 1.5

30/0.25

1.58    12.6   13.3

13.7

1

300  235

 2.5

49/0.25

2.02   1.8

14.1 0.6 7.98

8.21

1

100  310

 4 55/0.30

2.57   1.9

15.6    4.95

5.09

900  410

 6 82/0.30

3.14   2.0

17.2 0.7 3.30

3.39

800  525

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

セパレータ

c) EP

ゴム絶縁体(識別)

d)

より合せ(介在物)

e)

クロロプレンゴムシース

注記 1  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV 以下 
  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 2  導体許容温度  90  ℃


36

C 3410

:2010

表 290.6/1 kV  配電盤用可とう難燃架橋ポリエチレン絶縁電線(0.6/1 kV  SCP

導体

導体抵抗

(20  ℃)

注記

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

仕上
外径

仕上
外径

許容差 めっきなし めっきあり

試験 
電圧

絶縁抵抗

(20  ℃)

概算質量 標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm

mm

mm

±mm

Ω/km

Ω/km V

M

Ω・km kg/km

m

1 1.5

30/0.25

1.58

0.9 3.7

0.4 13.3  13.7 3

500

70

25

200

 2.5

49/0.25

2.02

1.0

4.3

7.98

8.21

38

 4

55/0.30

2.57

4.9

4.95

5.09

60

55

 6

82/0.30

3.14

5.4

3.30

3.39

50

75

 10

80/0.40

4.13

1.1

6.6

1.91

1.95

40

120

 16

7/18/0.40

5.88

8.4

1.21

1.24

30

185

 25

7/28/0.40

7.32

1.2

10.0

0.780

0.795

275

 35

7/39/0.40

8.67

1.4

11.8

0.5

0.554

0.565

380

 50

19/21/0.40

10.3

13.4

0.386

0.393

535

 70

19/19/0.50

12.2

1.6

15.9

0.6

0.272

0.277

755

 95

19/25/0.50

14.0

1.7

17.9

0.7

0.206

0.210

980

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

セパレータ

c)

難燃架橋ポリエチレン絶縁体

注記 1  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV 以下 
  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 2  導体許容温度  90  ℃

表 300.6/1 kV  制御機器配線用ビニル絶縁電線(0.6/1 kV  SYP

導体

導体抵抗

(20  ℃)

注記

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

仕上
外径

仕上
外径

許容差 めっきなし めっきあり

試験 
電圧

絶縁抵

(20

℃) 概算質量 標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm

mm

mm

±mm

Ω/km

Ω/km V

M

Ω・km kg/km

m

1 0.75

24/0.20

1.13

1.2 3.7 0.4 26.0  26.7 3

500

400

20

200

 1

32/0.20

1.27

3.9

  19.5

20.0

350

23

 1.5

30/0.25

1.58

4.2

  13.3

13.7

29

 2.5

49/0.25

2.02

4.6

  7.98

8.21

300

40

 4

55/0.30

2.57

5.2

  4.95

5.09

250

60

 6

82/0.30

3.14

5.7

  3.30

3.39

200

80

 10

80/0.40

4.13

6.7

1.91 1.95

150

125

 16

7/18/0.40

5.88

1.3

8.7

1.21 1.24

190

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

ビニル絶縁体

注記 1  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV 以下

  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 2  導体許容温度  75  ℃


37

C

 3410


2

010

37

C

 3410


2

010

表 310.6/1 kV  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-DPY

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-DPYC

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-DPYCY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-FA-DPY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-FA-DPYC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-FA-DPYCY

注記

導体 FR-DPY

FR-FA-DPY

FR-DPYC

FR-FA-DPYC

FR-DPYCY

FR-FA-DPYCY

導体抵抗

(20  ℃)

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

耐火層

厚さ

(約)

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

仕上
外径

シース及
び仕上外

径許容差

あじろ
がい装

線径 仕上

外径

シース及
び仕上外

径許容差

防食層

厚さ

仕上 
外径

仕上外
径許容

めっき

なし

めっき

あり

試験
電圧

絶縁抵抗
(20  ℃)

FR-DPY

FR-FA-

DPY

FR-DPYC

FR-FA-

DPYC

FR-DPYCY

FR-FA-DP

YCY

標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm  mm

mm

±mm

mm

mm

±mm

mm

mm ±mm

Ω/km Ω/km

V M

Ω・km kg/km

kg/km kg/km m

2 1.5

7/0.52

1.56

0.5  1.0  1.2

12.8

0.6 0.3

14.1

0.6 1.0

16.3

0.7  12.1

12.2

3 500   1 000

165

270

340

500

 2.5

7/0.67

2.01

   1.3

13.9

15.2

    17.4

  7.41  7.56

   900

 205  320   395

 4

7/0.85

2.55

15.0

0.7

16.3

0.7

  18.5

  4.61  4.70

   800

 255  375   455

6

7/1.04

3.12

16.1

17.4

19.6

0.8 3.08  3.11

   700

 310  440   530

 10 7/1.35

4.05

  1.4

18.2

0.8   19.5

0.8  1.1 21.9

0.9 1.83  1.84

   600

 430  575   685

 16 7/1.70

5.10

  1.5

20.5

0.9   21.8

0.9    24.4

1.0 1.15  1.16

   500

 590  755   875

  25 7/2.14

6.42   1.2 1.6

24.1

1.0

 25.4

1.0  1.2 28.0

1.1 0.727

0.734    450

 860

1

060  1

210  250

 35 7/2.52

7.56

  1.7

26.6

1.1   27.9

1.1  1.3

30.7

1.2

0.524

0.529

400

  1 110   1 320

1 500

 50

19/1.78

8.90   1.4 1.9

30.5

1.3

0.4

32.3

1.3

1.4  35.3

1.4

0.387

0.391

  1 480   1 820

2 030

100

 70

19/2.14

10.7

  2.0

34.3

1.4   36.1

1.4  1.5

39.5

1.6

0.268

0.270

350

  1 990   2 370

2 640

 95

19/2.52

12.6   1.6 2.2

39.7

1.6   41.5

1.6  1.6  45.1

1.7

0.193

0.195

  2 700   3 140

3 480

 120 37/2.03

14.2

  2.3 43.1

1.7

  44.9

1.7  1.7  48.7

1.8

0.153

0.154

  3 300   3 770

4 160

 150 37/2.25

15.8    1.8  2.5 47.5

1.8

  49.3

1.8  1.8  53.3

1.9

0.124

0.126

  4 030   4 550

4 990

 185 37/2.52

17.6    2.0  2.7 52.3

1.9

  54.1

1.9  2.0  58.5

2.0

0.099 1 0.100

  4 980   5 550

6 080

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

耐火層

c) EP

ゴム絶縁体(識別)

d)

より合せ(介在物)

e)

より合せ上テープ

f)

ビニルシース

g)

あじろがい装

h)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

i)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV 以下 
  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃


38

C

 3410


2

010

38

C

 3410


2

010

表 320.6/1 kV  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-TPY

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-TPYC

0.6/1 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-TPYCY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-FA-TPY

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-FA-TPYC

0.6/1 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル(0.6/1 kV  FR-FA-TPYCY

注記

導体 FR-TPY

FR-FA-TPY

FR-TPYC

FR-FA-TPYC

FR-TPYCY

FR-FA-TPYCY

導体抵抗

(20  ℃)

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

耐火層

厚さ

(約)

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

仕上
外径

シース及
び仕上外

径許容差

あじろ
がい装

線径 仕上

外径

シース及
び仕上外

径許容差

防食層

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

めっき

なし

めっき

あり

試験
電圧

絶縁抵抗
(20  ℃)

FR-TPY

FR-FA-

TPY

FR-TPYC

FR-FA-

TPYC

FR-TPYCY

FR-FA-

TPYCY

標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm mm mm

mm

±mm

mm mm

±mm

mm

mm  ±mm

Ω/km Ω/km

V

M

Ω・km kg/km

kg/km

kg/km m

3 1.5

7/0.52

1.56

0.5 1.0 1.2

13.6

0.6 0.3

14.9

0.6 1.0

17.1

0.7  12.1

12.2  3 500   1 000

205

315

390

500

 2.5

7/0.67

2.01

   1.3

14.8

16.1

18.3    7.41  7.56

 900  255   375   460

 4

7/0.85

2.55

16.0

0.7

17.3

0.7    19.5 0.8  4.61  4.70

 800  320   450   540

 6

7/1.04

3.12

   1.4

17.4

18.7

  1.1

21.1    3.08  3.11

 700  410   550   650

 10 7/1.35

4.05

    1.5

19.6

0.8   20.9

0.8    23.3 0.9  1.83  1.84

 600  570   730   845

 16 7/1.70

5.10

    1.6

22.1

0.9   23.4

0.9 1.2 26.0 1.0  1.15  1.16

 500  795   975  1

110  250

 25 7/2.14

6.42

  1.2 1.7

26.0

1.1   27.3

1.1 1.3  30.1  1.2

0.727

0.734

450

  1 170   1 380

1 550

 35 7/2.52

7.56

    1.8

28.6

1.2   29.9

1.2   32.7  1.3

0.524

0.529

400

  1 520   1 740

1 930

 50

19/1.78

8.90

  1.4 2.0

32.8

1.4 0.4

34.6

1.4 1.5

38.0

1.5

0.387

0.391

  2 010   2 380

2 640

100

 70

19/2.14

10.7     2.1

36.9

1.5   38.7

1.5 1.6

42.3  1.6

0.268

0.270

350

  2 730   3 140

3 450

 95

19/2.52

12.6   1.6 2.3

42.7

1.7   44.5

1.7 1.7  48.3  1.8

0.193

0.195

  3 730   4 200

4 580

 120 37/2.03

14.2

  2.5

46.5

1.8

  48.3

1.8  1.8  52.3  1.9

0.153

0.154

  4 580   5 090

5 520

 150 37/2.25

15.8    1.8  2.6

51.1

1.9

  52.9

1.9  1.9  57.1  2.0

0.124

0.126

  5 570   6 130

6 630

 185 37/2.52

17.6    2.0  2.8

56.2

2.0

58.0

2.0

2.1  62.6  2.1

0.099 1 0.100

  6 890   7 510

8 110

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

耐火層

c) EP

ゴム絶縁体(識別)

d)

より合せ(介在物)

e)

より合せ上テープ

f)

ビニルシース

g)

あじろがい装

h)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

i)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:0.6/1 kV 以下 
  D.C.:0.9/1.5 kV 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃


39

C

 3410


2

010

39

C

 3410


2

010

表 33150/250 V  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル(150/250 V  FR-MPY

150/250 V

  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル(150/250 V  FR-MPYC

150/250 V

  耐炎性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル(150/250 V  FR-MPYCY

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシース耐火ケーブル(150/250 V  FR-FA-MPY

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装耐火ケーブル(150/250 V FR-FA-MPYC

150/250 V

  耐延焼性多心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食耐火ケーブル(150/250 V  FR-FA-MPYCY

導体 FR-MPY

FR-FA-

MPY

FR-MPYC

FR-FA-

MPYC

FR-MPYCY

FR-FA-MPYCY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称 
断面

素線数

素線径

外径

耐火層

厚さ

(約)

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

あじろ
がい装

線径

仕上
外径

シース
及び仕

上外径
許容差

防食層

厚さ

仕上
外径

仕上外
径許容

めっき

なし

めっき

あり

試験
電圧

絶縁抵抗
(20  ℃)

FR-MPY

FR-FA-

MPY

FR-MPYC

FR-FA-

MPYC

FR-MPYCY

FR-FA-

MPYCY

標準
条長

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm  mm

mm ±mm

mm

mm ±mm

mm

mm ±mm

Ω/km Ω/km

V

M

Ω・km kg/km

kg/km kg/km m

2 1 7/0.43

1.29 0.5  0.6  1.1 10.9

0.5  0.3  12.2

0.5  0.9 14.2

0.6  19.2

19.3 1

500

700    120   210

265  500

4

1.2  12.8

0.6

  14.1

0.6  1.0 16.3

0.7

    185   290

360

7

  1.3

15.4

0.7   16.7

0.7   18.9

0.8

   285

  410   490

12

1.5  20.5

0.9

  21.8

0.9  1.1 24.2

1.0

    485   650

765  250

19

1.6  24.2

1.0

  25.5

1.0  1.2 28.1

1.1

    705   900    1

050

27

1.8

29.3

1.2

30.6

1.2

1.4  33.6

1.3

  1 010

1 250

1 450

37

2.0

33.1

1.4

0.4

34.9

1.4

1.5  38.3

1.5

  1 330

1 700

1 970

44

2.1

37.4

1.6

39.2

1.6

1.6  42.8

1.7

  1 630

2 040

2 360

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

耐火層

c) EP

ゴム絶縁体(識別)

d)

より合せ(介在物)

e)

より合せ上テープ

f)

ビニルシース

g)

あじろがい装

h)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

i)

ビニル防食層

注記 1  導体上に適切なセパレータを用いてもよい。 
注記 2  絶縁体上にテープを施して識別してもよい。 
注記 3  定格電圧

  A.C.:150/250 V 以下 
  D.C.:225/375 V 以下

注記 4  導体許容温度  90  ℃


40

C

 3410


2

010

40

C

 3410


2

010

表 343.6/6 kV  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ケーブル(3.6/6 kV  SPYCB

3.6/6 kV

  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ビニル防食ケーブル(3.6/6 kV  SPYCBY

3.6/6 kV

  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ケーブル(3.6/6 kV  FA-SPYCB

3.6/6 kV

  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ビニル防食ケーブル(3.6/6 kV  FA-SPYCBY

導体 SPYCB

FA-SPYCB

SPYCBY

FA-SPYCBY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称断

面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

シース

外径

あじろ

がい装

線径

仕上

外径

シース及

び仕上外
径許容差

防食層

厚さ

仕上

外径

仕上外

径許容

めっき

なし

めっき

あり

試験

電圧

絶縁抵抗

(20  ℃)

SPYCB

FA-SPYCB

SPYCBY

FA-SPYCBY

標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm mm mm

mm

mm

±mm mm mm

±mm

Ω/km

Ω/km

kV

M

Ω・km

kg/km kg/km

m

1   10   7/1.35  4.05  2.5

1.3

16.3

0.3  17.6

0.7 1.0

19.8

0.8

1.83

1.84

12.5

1

000

 560

640

500

  16

7/1.70 5.10

1.4  17.5

  18.8

0.8 1.1

21.2

1.15

1.16

900

 660

755

  25

7/2.14 6.42

  18.8

  20.1

22.5

0.9 0.727  0.734    800   795    895

  35

7/2.52 7.56

1.5  20.2

  21.5

0.9

  23.9

1.0 0.524  0.529    700   940   1

050

  50

19/1.78 8.90

  21.5

  22.8

1.2  25.4

0.387

0.391

1 110

1 230

  70

19/2.14

10.7

1.6  23.5

  24.8

1.0

27.4

1.1 0.268  0.270    600   1

380   1

520

  95

19/2.52

12.6

1.7  25.6

  26.9

1.1

1.3  29.7

1.2 0.193  0.195    500   1

710   1

870  250

120

37/2.03

14.2

1.8  27.4

  28.7

31.5

1.3 0.153  0.154    450   2

010   2

180

150

37/2.25

15.8

  29.0

  30.3

1.2

1.4

33.3

0.124

0.126

400

2 330

2 520

185

37/2.52

17.6

1.9  31.0

0.4 32.8

1.3

35.8

1.4

0.099 1

0.100

2 890

3 090

240

61/2.25

20.3  2.6  2.0  34.1

  35.9

1.4

1.5

39.3

1.6

0.075 4

0.076 2

350

3 590

3 830

100

300

61/2.52

22.7  2.8  2.1  37.1

  38.9

1.6

1.6

42.5

0.060 1

0.060 7

4 330

4 610

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

内部半導電層

c) EP

ゴム絶縁体

d)

外部半導電層(識別)

e)

遮へい軟銅テープ

f)

テープ

g)

ビニルシース

h)

銅合金線あじろがい装

i)

ビニル防食層

注記 1  定格電圧

  A.C.:3.6/6 kV  以下

注記 2  導体許容温度  90  ℃


41

C

 3410


2

010

41

C

 3410


2

010

表 353.6/6 kV  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(3.6/6 kV  TPYC

3.6/6 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(3.6/6 kV  TPYCY

3.6/6 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(3.6/6 kV  FA-TPYC

3.6/6 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(3.6/6 kV  FA-TPYCY

導体 TPYC

FA-TPYC

TPYCY

FA-TPYCY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

シース

外径

あじろ

がい装

線径

仕上

外径

シース及

び仕上外
径許容差

防食層

厚さ

仕上

外径

仕上外径

許容差

めっき

なし

めっき

あり

試験

電圧

絶縁抵抗

(20  ℃)

TPYC

FA-TPYC

TPYCY

FA-TPYCY

標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm  mm

mm

mm

mm

±mm

mm

mm

±mm

Ω/km Ω/km

kV M

Ω・km

kg/km kg/km

m

3 10 7/1.35

4.05 2.5  1.9 32.3

0.4 34.1

1.4  1.5

37.5

1.5

1.83

1.84

12.5   1 000

1 620

1 850

500

  16 7/1.70

5.10   2.0 34.7

 36.5

1.5

 39.9

1.6  1.15

1.16

  900  1

920   2

170  250

 25

7/2.14

6.42

 2.1

37.8

39.6

1.6 1.6

43.2

1.7  0.727

0.734

  800  2

370   2

650

 35

7/2.52

7.56

 2.2

40.4

42.2

  1.7

46.0

0.524

0.529

  700  2

800   3

120

 50

19/1.78

8.90

 2.4

43.7

45.5

1.7

49.3

1.8  0.387

0.391

 3

360   3

710  100

 70

19/2.14

10.7  2.5

47.8

49.6

1.8 1.8

53.6

1.9  0.268

0.270

  600  4

210   4

610

 95

19/2.52

12.6  2.7

52.3

54.1

1.9 2.0

58.5

2.0  0.193

0.195

  500  5

260   5

740

 120

37/2.03

14.2    2.8 56.0

 57.8

2.0

 62.2

2.1  0.153

0.154

  450  6

210   6

720

 150

37/2.25

15.8    3.0 59.8

 61.6

2.1  2.1

66.2

2.2  0.124

0.126

  400  7

250   7

820

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

内部半導電層

c) EP

ゴム絶縁体

d)

外部半導電層(識別)

e)

遮へい軟銅テープ

f)

より合せ(介在物)

g)

より合せ上テープ

h)

ビニルシース

i)

あじろがい装

j)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

k)

ビニル防食層

注記 1  識別は,半導電性テープ又はそ

の他適切な方法による。

注記 2  定格電圧

  A.C.:3.6/6 kV 以下

注記 3  導体許容温度  90  ℃


42

C

 3410


2

010

42

C

 3410


2

010

表 366/10 kV  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ケーブル(6/10 kV  SPYCB

6/10 kV

  耐炎性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ビニル防食ケーブル(6/10 kV  SPYCBY

6/10 kV

  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ケーブル(6/10 kV  FA-SPYCB

6/10 kV

  耐延焼性単心 EP ゴム絶縁ビニルシース銅合金線あじろがい装ビニル防食ケーブル(6/10 kV  FA-SPYCBY

導体 SPYCB

FA-SPYCB

SPYCBY

FA-SPYCBY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称断

面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

シース

外径

あじろ

がい装

線径

仕上

外径

シース及

び仕上外
径許容差

防食層

厚さ

仕上

外径

仕上外径

許容差

めっき

なし

めっき

あり

試験

電圧

絶縁抵抗

(20  ℃)

SPYCB

FA-SPYCB

SPYCBY

FA-SPYCBY

標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm mm

mm

mm

mm

±mm mm

mm

±mm

Ω/km

Ω/km

kV

M

Ω・km

kg/km kg/km m

1

 16  7/1.70 5.10 3.4  1.5  19.5

0.3 20.8

0.8

1.1 23.2

0.9  1.15  1.16  21

1

100   765    870  500

  25 7/2.14 6.42

  20.8

  22.1

0.9

1.2 24.7

1.0

0.727

0.734

  1 000

910

1 030

  35 7/2.52 7.56

1.6  22.2

  23.5

  26.1

0.524

0.529

900

  1 060

1 190

50

19/1.78

8.90

23.5

24.8

1.0

27.4

1.1

0.387

0.391

800

  1 230

1 360

70

19/2.14

10.7  1.7

25.5

26.8

1.1 1.3

29.6

1.2

0.268

0.270

700

  1 510

1 670

  95 19/2.52

12.6

1.8  27.6

  28.9

1.2

  31.7

1.3

0.193

0.195

  1 850

2 020

250

120 37/2.03

14.2

  29.2

  30.5

1.4 33.5

0.153

0.154

600

  2 150

2 340

150 37/2.25

15.8

1.9  31.0

0.4 32.8

1.3

35.8

1.4

0.124

0.126

  2 610

2 820

185

37/2.52

17.6  2.0

33.0

34.8

1.4 1.5

38.2

1.5

0.099 1 0.100

500

  3 060

3 290

240 61/2.25

20.3

2.1  35.9

  37.7

1.5

  41.1

1.6

0.075 4 0.076 2

450

  3 760

4 010

100

300

61/2.52

22.7  2.2

38.5

40.3

1.6 1.6

43.9

1.7

0.060 1 0.060 7

400

  4 470

4 760

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

内部半導電層

c) EP

ゴム絶縁体

d)

外部半導電層(識別)

e)

遮へい軟銅テープ

f)

テープ

g)

ビニルシース

h)

銅合金線あじろがい装

i)

ビニル防食層

注記 1  定格電圧

  A.C.:6/10 kV  以下

注記 2  導体許容温度  90  ℃


43

C

 3410


2

010

43

C

 3410


2

010

表 376/10 kV  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(6/10 kV  TPYC

6/10 kV

  耐炎性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(6/10 kV  TPYCY

6/10 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブル(6/10 kV  FA-TPYC

6/10 kV

  耐延焼性 心 EP ゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ビニル防食ケーブル(6/10 kV  FA-TPYCY

導体 TPYC

FA-TPYC

TPYCY

FA-TPYCY

導体抵抗

(20  ℃)

注記

概算質量

公称

断面積

素線数

素線径

外径

絶縁体

厚さ

シース

厚さ

シース

外径

あじろ

がい装

線径

仕上

外径

シース及

び仕上外
径許容差

防食層

厚さ

仕上

外径

仕上外径

許容差

めっき

なし

めっき

あり

試験

電圧

絶縁抵抗

(20  ℃)

TPYC

FA-TPYC

TPYCY

FA-TPYCY

標準

条長

線心数

mm

2

 mm mm mm mm mm

mm mm

±mm mm mm

±mm

Ω/km

Ω/km

kV

M

Ω・km

kg/km kg/km m

3   16

7/1.70  5.10  3.4

2.2

39.2

0.4  41.0

1.6

1.6

44.6

1.7

1.15

1.16

21    1 100

2 290

2 590

250

  25  7/2.14

6.42

2.3  42.3

  44.1

1.7

1.7

47.9

1.8

0.727

0.734

  1 000

2 760

3 100

  35  7/2.52

7.56

2.4  44.9

  46.7

1.8 50.7

0.524

0.529

  900

3

220

3

590

  50 19/1.78

8.90

2.5  48.0

  49.8

1.8

53.8

1.9

0.387

0.391

800

3 780

4 180

100

  70 19/2.14

10.7

2.7  52.3

  54.1

1.9

2.0 58.5

2.0  0.268

0.270

  700

4

690

5

170

  95 19/2.52

12.6

2.8  56.6

  58.4

2.0

2.1 63.0

2.1  0.193

0.195

5

740

6

290

120 37/2.03

14.2

3.0  60.5

  62.3

2.1

2.2 67.1

2.2  0.153

0.154

  600

6

750

7

360

150 37/2.25

15.8

3.1  64.1

  65.9

2.2

70.7

2.3

0.124

0.126

7 790

8 440

構成は,次による。

a)

すずめっき軟銅より線又は軟銅より線

b)

内部半導電層

c) EP

ゴム絶縁体

d)

外部半導電層(識別)

e)

遮へい軟銅テープ

f)

より合せ(介在物)

g)

より合せ上テープ

h)

ビニルシース

i)

あじろがい装

j)

ペイント(防食層付きの場合は塗布しなくてもよい。

k)

ビニル防食層

注記 1  識別は,半導電性テープ又はその他適切な方

法による。

注記 2  定格電圧

  A.C.:6/10 kV 以下

注記 3  導体許容温度  90  ℃

 


44

C 3410

:2010

附属書 JA

参考)

電線の許容電流

表 JA.1EP ゴム絶縁ケーブル許容電流(交流・直流)

単位  A

単心

2 心

3 心

周囲温度

周囲温度

周囲温度

40  ℃ 45

℃ 50

℃ 40

℃ 45

℃ 50

℃ 40

℃ 45

℃ 50

短時間

短時間

短時間

短時間

短時間

短時間

短時間

短時間

短時間

  連続

30 1

連続

30 1

連続

30 1

連続

30

1

連続

30

1

連続

30

1

連続

30

1

連続

30 1

連続

30

1

公称断面積

 

分間

時間

分間

時間

分間

時間

分間

時間

分間

時間

分間

時間

分間

時間

分間

時間

分間

時間

mm

2

1.5  24 26 26 23  24 24 22 23 23 21 22 22 20 21 21 19 20 20 17 18 18 16 17 17 15 16 16
2.5  32 33 33 30  32 32 28 30 30 27 29 29 26 28 28 24 26 26 22 24 23 21 23 22 20 21 21
4  42 44 44 40  42 42 38 40 40 36 38 38 34 37 36 32 34 34 29 32 31 28 30 30 26 28 28
6  55 58 58 52  55 55 49 52 52 46 50 49 44 48 47 41 45 44 38 41 40 36 39 38 34 37 36

10  76 80 80 72  76 76 68 72 72 64 70 68 61 67 65 57 63 61 53 58 56 50 55 53 47 52 50
16  101 107 107 96 102 102 90 96 96 86 96 92 82 92 87 77 86 82 70 80 75 67 76 72 63 71 67
25  133 143 141 127  136 134 119 128 126 113 132 122 108 125 116 102 118 109 93 111 101  89 105  96  84 99 90
35  165 177 175 157  169 166 148 159 156 140 167 151 133 159 144 125 149 135 116 141 126 110 134 120 103 126 113
50  206 224 218 196  213 208 184 200 195 175 219 193 167 208 184 157 196 173 144 185 161 137 176 153 129 165 144
70  254 281 270 242  267 257 227 251 242 216 283 244 206 270 232 194 253 218 177 239 203 169 227 193 159 214 182
95  308 349 328 293  332 313 275 312 294 261 363 305 249 346 290 234 325 273 215 308 256 205 293 243 193 276 229

120  356 410 381 339  390 363 319 367 341 302 437 361 288 416 344 271 391 323 249 371 303 237 353 289 223 332 272
150  408 481 441 389  459 420 366 431 394 348 523 426 331 498 406 311 469 382 286 445 359 272 424 342 256 398 321
185  466 564 508 444  537 484 417 505 454 396 626 503 377 596 479 354 560 450 327 535 425 311 509 405 292 479 381
240  548 689 606 522  656 577 491 617 543

300  631 825 711 601  786 678 565 739 637

注記 1  この表の値は,0.6/1 kV EP ゴム絶縁ケーブルの単心,2 心及び 3 心ケーブルの値,3.6/6 kV  及び 6/10 kV の単

心及び 3 心ケーブルの値を示す。ただし,単心ケーブルを交流配線で使用する場合は,銅合金線(非磁性)あ
じろがい装ケーブルとする。

注記 2  この表の値は 6 条以下の場合のもので,7 条以上の場合はこの表の値の 85 %とする。 
注記 3  交流の場合の周波数は,60 Hz とする。 
注記 4  短時間許容電流は,JIS F 8071 によって計算している。 


45

C 3410

:2010

表 JA.2−多心 EP ゴム絶縁ケーブル許容電流(交流・直流)

単位  A

周囲温度

線心数

40  ℃ 45

℃ 50

2 16 15 14 
4 13 13 12 
7 10  10  9

12 9 8 8 
19 8 7 7 
27 6 5 5 
37 5 5 4 
44 4 4 3 
77 4 4 3

注記 1  この表の値は 6 条以下の場合のもので,7 条以上の場合はこの

表の値の 85 %とする。

注記 2  交流の場合の周波数は,60 Hz とする。 

表 JA.3−けい素ゴム絶縁ケーブル許容電流(交流・直流)

単位  A

単心

2 心

3 心

周囲温度

周囲温度

周囲温度

公称

断面積

mm

2

40  ℃ 45

℃ 50

℃ 40

℃ 45

℃ 50

℃ 40

℃ 45

℃ 50

1.5 27 26 25 23 22 21 19 18 17 
2.5 34 32 30 28 27 26 23 22 21 
4  45 43 41 39 37 35 32 30 29 
6  58 55 52 49 47 45 41 39 37

10  80 76 72 68 65 62 56 53 50

注記 1  この表の値は,導体温度 95  ℃として計算したものである。 
注記 2  また,この表の値は 6 条以下の場合のもので,7 条以上の場合はこの表の値の 85 %とする。 
注記 3  交流の場合の周波数は,60 Hz とする。 

表 JA.4EP ゴム絶縁クロロプレンゴムシースキャブタイヤコード許容電流(交流・直流)

単位  A

2 心

3 心

4 心

周囲温度

周囲温度

周囲温度

公称

断面積

mm

2

40  ℃ 45

℃ 50

℃ 40

℃ 45

℃ 50

℃ 40

℃ 45

℃ 50

0.75

13 12 11 11 10  9 11 10  9

1  16 15 14 13 12 12 13 12 12 
1.5 19 18 17 16 15 14 16 15 14 
2.5 26 25 25 22 21 20 22 21 20 
4  36 34 33 30 29 28 30 29 28 
6  45 44 42 38 36 34 38 36 34

注記  交流の場合の周波数は,60 Hz とする。 


46

C 3410

:2010

表 JA.5−配電盤用可とう難燃架橋ポリエチレン絶縁電線許容電流(交流・直流)

単位  A

周囲温度

公称

断面積

mm

2

40  ℃ 45

℃ 50

1.5 22

21

20

2.5 32

30

28

4 42  40  38 
6 54  51  48

10 75  71  67 
16 100  95

91

25 134  127  121 
35 162  154  145 
50 201  191  181 
70 252  239  227 
95 308 292 277

注記 1  この表の値は 6 条以下の場合のもので,7 条以上の場合はこの

表の値の 85 %とする。

注記 2  交流の場合の周波数は,60 Hz とする。 

表 JA.6−制御機器配線用ビニル絶縁電線許容電流(交流・直流)

単位  A

周囲温度

公称

断面積

mm

2

40  ℃ 45

℃ 50

0.75 12

11

10

1 14 13 12 
1.5

18 17 15

2.5

26 24 22

4 35 32 29 
6 44 41 37

10 62 57 52 
16 82 76 69

注記 1  この表の値は 6 条以下の場合のもので,7 条以上の場合はこの

表の値の 85 %とする。

注記 2  交流の場合の周波数は,60 Hz とする。 


47

C 3410

:2010

附属書 JB

参考)

電圧降下

電圧降下の計算は,次の式による。

a)

直流回路の場合

V

d

=2×I×L×R

dc

b)

交流回路の場合

単相 3 線式

V

d

=2×I×L×(R

ac

cos θXsin θ )

三相 3 線式

V

d

= 3 ×I×L×(R

ac

cos θXsin θ )

ここに,

V

d

電圧降下(V)

I: 通電電流(A)

L: ケーブル長(km)

R

dc

90  ℃における直流導体抵抗(Ω/km)

R

ac

90  ℃における交流導体抵抗(Ω/km)

X: リアクタンス(Ω/km)

cos θ: 力率(sin

2

θ=1−cos

2

θ

表 JB.10.6/1 kV  EP ゴム絶縁ケーブル(2 心又は 3 心,導体最高許容温度 90 ℃の場合)

導体公称断面積 90

℃における 90

℃における

インダクタンス

リアクタンス(X

直流導体抵抗(R

dc

交流導体抵抗(R

ac

mm

2

Ω/km

Ω/km mH/km Ω/km

1.5 15.6  15.6

0.370 0.140

2.5 9.64  9.64  0.341

0.129

4 5.99 5.99 0.317

0.120

6 3.97 3.97 0.299

0.113

10 2.35 2.35 0.279

0.105

16 1.48 1.48 0.263

0.0

1

25 0.936

0.936

0.259

0.0

6

35 0.675

0.675

0.250

0.0

2

50 0.499

0.499

0.248

0.0

5

70 0.344

0.345

0.240

0.0

5

95 0.249

0.250

0.240

0.0

5

120 0.196

0.198

0.235

0.0

6

150 0.161

0.163

0.235

0.0

6

185 0.128

0.130

0.234

0.0

2


48

C 3410

:2010

表 JB.23.6/6 kV  EP ゴム絶縁ケーブル(3 心,導体最高許容温度 90 ℃の場合)

導体公称断面積 90

℃における

インダクタンス

リアクタンス(X

交流導体抵抗(R

ac

mm

2

Ω/km mH/km Ω/km

10 2.35

0.399

0.150

16 1.48

0.370

0.140

25

0.936 0.343 0.129

35

0.675 0.327 0.123

50 0.499

0.311

0.117

70

0.345 0.295 0.111

95

0.250 0.282 0.106

120

0.198 0.273 0.103

150

0.162 0.266 0.100

表 JB.36/10 kV  EP ゴム絶縁ケーブル(3 心,導体最高許容温度 90 ℃の場合)

導体公称断面積 90

℃における

インダクタンス

リアクタンス(X

交流導体抵抗(R

ac

mm

2

Ω/km mH/km Ω/km

16 1.48

0.399

0.150

25 0.936

0.370

0.140

35 0.675

0.351

0.132

50 0.499

0.334

0.126

70 0.345

0.316

0.119

95 0.250

0.301

0.114

120 0.198

0.291

0.110

150 0.162

0.283

0.107


49

C 3410

:2010

附属書 JC

参考)

短絡時許容電流

短絡時許容電流は,IEC 60724IEC 60949 及び IEC 60986 によって算出する。

短絡時許容電流と短絡継続時間との関係は,次の式による。

⎟⎟

⎜⎜

+

+

×

×

=

×

5

.

234

5

.

234

log

226

2

1

e

2

2

2

θ

θ

S

t

I

したがって,短絡時許容電流値は,次の式によって算出する。

⎟⎟

⎜⎜

+

+

×

×

×

=

5

.

234

5

.

234

log

226

1

2

1

e

2

2

θ

θ

S

t

I

ここに,

I: 短絡時許容電流(A)

t: 継続時間(秒):最大 5 秒

S: 導体公称断面積(mm

2

θ

1

短絡時導体許容温度=250  ℃(EP ゴム絶縁体の場合)

θ

2

連続通電時導体許容温度=90  ℃(EP ゴム絶縁体の場合)


50

C

 3410


2

010

50

C

 3410


20
1

0

図 JC.1−短絡時許容電流


51

C

 3410


2

010

51

C

 3410


20
1

0

附属書 JD

参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS C 3410:2010

  船用電線

IEC 60092-351:2004

,Electrical installations in ships−Part 351: Insulating materials for shipboard and offshore units, power, control,

instrumentation, telecommunication and data cables 
IEC 60092-353:1995

,Electrical installations in ships−Part 353: Single and multicore non-radial field power cables with extruded solid

insulation for rated voltages 1 kV and 3 kV 及び Amendment 1: 2001 
IEC 60092-354:2003

,Electrical installations in ships−Part 354: Single- and three-core power cables with extruded solid insulation for rated

voltages 6 kV(U

m

= 7.2 kV) up to 30 kV (U

m

= 36 kV)

IEC 60092-359:1987

,Electrical installations in ships−Part 359: Sheathing materials for shipboard power and telecommunication cables,

Amendment 1: 1994 及び Amendment 2: 1999 
IEC 60092-376:2003

,Electrical installations in ships−Part 376: Cables for control and instumentation circuits 150/250 V (300 V)

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇

条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号

及び題名

内容

(II)

国際規格番号

箇条

番号

内容

箇条ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異

の理由及び今後の対策

1  適 用 範

船 内 の 電 気 設 備 に
用いるケーブル,コ

ード及び絶縁電線

IEC 60092-353

IEC 60092-354

IEC 60092-376



1

船内及び海上設備で用い
る電力,制御,計装,通

信及びデータ送信ケーブ

追加

船内 で 使 用す る 鉛被 付き
ケーブル,耐火ケーブル,

コー ド 及 び絶 縁 電線 を追
加した。

船内では,ケーブル以外にもコード
及び絶縁電線が使用されており,船

内で使用する製品をすべて網羅する
ためにコード及び絶縁電線を追加し
た。

耐火ケーブルについても IEC 規格と
しての製品規格がなく追加した。

削除

JIS

は,船用電線として規

定しており,海上設備で用
いる部分を削除した。

3  種 類 及
び記号

種 類 及 び 記 号 を 規
定 

規定なし

追加

ケー ブ ル 種類 及 び記 号を
追加した。

船用電線の種類及び記号に ついて
は,過去の JIS からの経緯があり,

それに基づいて規定した。

 
 


52

C

 3410


2

010

52

C

 3410


20
1

0

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(II) 
国際規格番号

箇条
番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

4  特性

構造

導体抵抗 
耐電圧 
絶縁抵抗

曲げ

IEC 60092-353
 
 



10.2
15.2
18

JIS

とほぼ同じ

変更

室温での“絶縁抵抗(体積

固有抵抗の測定)

”を“

(完

成品の絶縁抵抗測定)”に
変更した。

IEC

規格においては,

“絶縁抵抗(体

積固有抵抗の測定)

”が規定されてい

るが,今までの JIS は,製品として
の絶縁抵抗測定試験を行っているた

め変更した。

耐炎性

耐延焼性 
耐火性

IEC 60092-376

10.2
15.2
17

追加

“曲げ”の試験方法を追加

した。

“曲げ”は,IEC 規格に規定がない

製品(コード)の試験であるため追
加した。

材料 
部分放電

曲げ後の部分放電 
誘 電 正 接 の 電 圧 特

誘 電 正 接 の 温 度 特
性 
ヒ ー ト サ イ ク ル 後

の部分放電 
衝 撃 耐 電 圧 後 の 商
用周波耐電圧

“耐火性”の試験方法を追
加した。

IEC

規格では規定がないが,各国の

船級には要求があるため,追加した。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


53

C

 3410


2

010

53

C

 3410


20
1

0

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(II) 
国際規格番号

箇条
番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

5  材料 5.2

絶 縁 体 に つ い

ては,次のものを規
定。 
− EP ゴ ム ( =

EPR)

−  け い 素 ゴ ム

(=S95)

−  ビニル[70  ℃]

(=PVC)

−  ビニル[75  ℃]

−  難 燃 架 橋 ポ リ

エチレン

 
 
 

IEC 60092-351

IEC 60092-353

IEC 60092-354

IEC 60092-376
 
 
 
 
 



10 
10 
 
 
 
 

絶縁体については,次の

ものを規定 
− EPR 
− HF

EPR

− HEPR 
− HF

HEPR

− XLPE

− HF

XLPE

− HF

90

− PVC

− S95 
− HF

S95

 
 

変更

絶縁体の材料については,

次のものを追加した。 
−  導体許容温度 75  ℃の

ビニル

−  難 燃 架 橋 ポ リ エ チ レ

また,我が国において使用

実績 の な い次 の 材料 を削
除した。 
− HF

EPR

− HEPR 
− HF

HEPR

− XLPE

− HF

XLPE

− HF

90

− HF

S95

IEC

規格に規定がない材料について

は,追加した。 
また,絶縁体及びシース材料につい
ては,我が国において使用実績が少

ないものを削除しているが,今後の
国内の需要動向により追加を検討す
る。

 5.10

シース材料に

ついては,次のもの

を規定。 
−  ビニル[70  ℃]

(=ST1)

−  ビニル[90  ℃]

(=ST2)

−  ク ロ ロ プ レ ン

ゴム(=SH)

シース材料については,
次のものを規定

− ST1(導体最高許容温

度 60  ℃)

− ST2(導体最高許容温

度 85  ℃)

− SHF1(導体最高許容

温度 85  ℃)

− SE1(導体最高許容温

度 85  ℃)

− SH(導体最高許容温

度 85  ℃)

− SHF2(導体最高許容

温度 85  ℃)

シース材料については,我
が国 に お いて 使 用実 績の

ない次の材料を削除した。
− SHF1 
− SE1

− SHF2 
 
シー ス 材 料が 対 応す る導

体最 高 許 容温 度 につ いて
は,IEC 60092-351 による
ものとし,IEC 60092-359

とは異なる値とした。 


54

C

 3410


2

010

54

C

 3410


20
1

0

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(II) 
国際規格番号

箇条
番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

5  材料 
(続き)

5.1  素線 
5.3  ガラス糸 
5.4  耐火テープ 
5.5  テープ 
5.6  ガラステープ 
5.7  ア ル ミ ニ ウ ム
は く 付 き プ ラ ス チ

ックテープ 
5.8  銅テープ 
5.9  介在 
5.11  がい装 
5.12  れき青質コン
パウンド 
5.13  ペイント

IEC 60092-353
 
 
IEC 60092-354
 
 
 
 
IEC 60092-376

3.2 
3.4 
3.8 

10 
12 
13 
16 

11 
12 
15

JIS

とほぼ同じ

追加

次のものを追加した。 
5.3  ガラス糸 
5.4  耐火テープ(耐火ケー
ブルに適用) 
5.5  テープ 
5.6  ガラステープ(けい素
ゴム絶縁ケーブルに適用)
5.9  (介在に)ジュート,
紙 
5.10 (シースに)鉛合金(鉛
被付ケーブルに適用) 
5.12  れき青質コンパウン
ド( 鉛 被 付ケ ー ブル に適

用) 
5.13  ペイント(防食層がな
いケーブルに適用) 

IEC

規格に規定がない材料について

は,追加した。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


55

C

 3410


2

010

55

C

 3410


20
1

0

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(II) 
国際規格番号

箇条
番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

6  構造 6.1

導体

6.2  セパレータ層 
6.3  耐火層 
6.4  内部半導電層 
6.5  絶縁体 
6.6  外部半導電層 
6.7  テープ層 
6.8  ガラス糸編組 
6.9  ガ ラ ス 糸 編 組
上の塗料 
6.10  識別 
6.11  対より及びよ
り合せ 
6.12  接地線 
6.13  遮へい 
6.14  シース 
6.15  座床 
6.16  あじろがい装 
6.17  防食層 
6.18  仕上外径許容

IEC 60092-353

IEC 60092-354
 
 
 
IEC 60092-376


9 ∼
11 
15 
16 
9 ∼
12 
14 
15

JIS

とほぼ同じ

追加

次の規定を追加した。 
6.3  耐火層(耐火ケーブル
に適用) 
6.4  (内部半導電層に)半
導電性テープ 
6.5  (絶縁体に)難燃架橋
ポリエチレン 
6.6  (外部半導電層に)半
導電性テープ 
6.8  ガラス糸編組(けい素
ゴム絶縁ケーブルに適用)
6.9  ガラス糸編組上の塗料
(け い 素 ゴム 絶 縁ケ ーブ

ルに適用) 
6.10  識別 
6.11 (より合せに)ジュー
ト,紙 
6.12  接地線 
6.14.1  鉛被 
6.14.4  シ ー ス 及 び 仕 上 外
径許容差 
6.15  座床 
6.16 c)  ペイント(防食層が
ないケーブルに適用) 
6.18  仕上外径許容差

IEC

規格に規定がない構造について

規定及び構造表を追加した。

 
 
 
 
 


56

C

 3410


2

010

56

C

 3410


20
1

0

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(II) 
国際規格番号

箇条
番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

7  試 験 方

7.1  構造 
7.2  導体抵抗 
7.3  耐電圧 
7.4  絶縁抵抗 
7.5  曲げ

IEC 60092-351

IEC 60092-353

IEC 60092-354

IEC 60092-359

IEC 60092-376



18 

17

JIS

とほぼ同じ

変更

室温での“絶縁抵抗(体積

固有 抵 抗 の測 定 )” を,
“( 完 成 品の 絶 縁抵 抗測
定)”に変更した。

IEC

規格においては,

“絶縁抵抗(体

積固有抵抗の測定)

”が規定されてい

るが,今までの JIS は,製品として
の絶縁抵抗測定試験を行っているた

め変更した。

 7.6

耐炎性

7.7  耐延焼性 
7.8  耐火性

追加

“曲げ”の試験方法を追加

した。

“曲げ”は,IEC 規格に規定がない

製品(コード)の試験であるため追
加した。 

 7.9

材料

7.10  部分放電

“耐火性”の試験方法を追
加した。

IEC

規格では規定がないが,各国の

船級には要求があるため,追加した。

 7.11

曲げ後の部分

放電 
7.12  誘電正接の電
圧特性 
7.13  誘電正接の温
度特性 
7.14  ヒートサイク
ル後の部分放電 
7.15  衝撃耐電圧後
の商用周波耐電圧

7.9

(材料)に難燃架橋ポ

リエチレンを追加した。

IEC

規格に規定がない材料を追加し

た。 

8  検査

検 査 方 法 及 び 検 査
項目 

規定なし 

追加

検査 項 目 の規 定 につ いて
追加した。

IEC

規格では,

“Routine”

“Special”

及び“Type”として試験項目が規定

されているが,検査項目については,
受渡当事者間の協定によることを追
加した。

9  包装

包装

 

規定なし

追加

包装 の 方 法に つ いて 追加
した。

IEC

規格に規定がないために追加し

た。

10  製 品 の
呼び方

製品の呼び方 

規定なし

追加

製品 の 呼 び方 に つい て追

加した。

製品の呼び方については, 過去の

JIS

からの経緯があり,それに基づ

いて規定している。 


57

C

 3410


2

010

57

C

 3410


20
1

0

(I)JIS の規定

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇 条 番 号
及び題名

内容

(I) 
国際規格番号

箇条
番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

11.1 
製 品 の 表
示 

製 品 の 表 示 内 容 及

び方法

IEC 60092-353

IEC 60092-354

IEC 60092-376

2.4 

7

次の表示が規定されてい

る。 
−  製造者 
−  公称電圧

−  ケーブル構造 
−  その他の追加項目

変更

製造業者名又はその略号,

及び 製 造 年を 表 示す るこ
ととした。

ケーブルの表示内容については,客

先要求により個別に対応する場合が
多く,最低限表示する内容とした。

11.2 
ド ラ ム 又
は 束 の 表

ド ラ ム 又 は 束 の 表

示 内 容 及 び 表 示 方

規定なし

追加

ドラ ム 又 は束 の 表示 内容

及び 表 示 方法 に つい て規
定した。

IEC

規格に規定がないために追加し

た。

附 属 書 JA
(参考)電

線 の 許 容
電流

電線の許容電流表

附 属 書 JB
(参考) 
電圧降下

電圧降下

附 属 書 JC
(参考) 
短 絡 時 許

容電流

短絡時許容電流

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:

IEC 60092-351:2004,IEC 60092-353:1995,Amd.1:2001,IEC 60092-354:2003,IEC 60092-359:1987,Amd.1:1994,Amd.2:1999

及び IEC 60092-376:2003,MOD) 

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。


58

C 3410

:2010

参考文献  JIS F 8071  船用電気設備−第 352 部:電力用系統用ケーブルの選択及び敷設

注記  対応国際規格:IEC 60092-352 Electrical installation in ships−Part 352: Choice and

installation of electrical cables(IDT)

IEC 60332-1-1

,Tests on electric and optical fibre cables under fire conditions−Part 1-1: Test for

vertical flame propagation for a single insulated wire or cable−Apparatus

IEC 60332-1-2

,Tests on electric and optical fibre cables under fire conditions−Part 1-2: Test for

vertical flame propagation for a single insulated wire or cable−Procedure for 1 kW pre-mixed 
flame

IEC 60332-3-10

,Tests on electric cables under fire conditions−Part 3-10: Test for vertical flame spread

of vertically-mounted bunched wires or cables−Apparatus

IEC 60332-3-22

,Tests on electric cables under fire conditions−Part 3-10: Test for vertical flame spread

of vertically-mounted bunched wires or cables−Category A  F/R

IEC 60724:2000

,Short-circuit temperature limits of electric cables with rated voltages of 1 kV (U

m

=1.2

kV) and 3 kV (U

m

=3.6 kV)

IEC 60949:1988

,Calculation of thermally permissible short-circuit currents, taking into account

non-adiabatic heating effects

IEC 60986:2000

,Short-circuit temperature limits of electric cables with rated voltages of 6 kV (U

m

=7.2

kV) up to 30 kV (U

m

=36 kV)