>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

C 3405 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS C 3405 : 1998

(自動車−高圧電線)

ISO 3808-13808-2

(自動車−非遮へい高圧電線)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格

番号

(III)

国 際 規 格 の

規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

○  自動車に使用す

る高圧電線につ
いて規定。

(1)

適用範囲




○  自動車非遮へい

高 圧 電 線 の 寸
法,一般要求事

項,試験方法,
等級,種類,適
用される試験,

特殊な要求事項
について規定。

ISO 3808-1 

ISO 3808-2

○ 自 動 車 非 遮

へ い 高 圧 電
線 の 寸 法 一

般要求事項,
試験方法,等
級,種類,適

用 さ れ る 試
験,特殊な要
求 事 項 に つ

いて規定。

ADP JIS

本体と国

際 規 格 と は
異なるが,附
属 書 と 国 際

規 格 は 同 じ
規定内容。

JIS

は制定以来の歴史があ

り,国際規格試験方法実施
に期間が必要。

JIS

本体の国際規格整合の

時期を 2000 年までに明確
にする。

○ AIRN, AIRV の 2

種類について規
定。

(2)

用語,記号



−  規定なし。

同上

− 規定なし。

− JIS 本体だけ

規 定 さ れ て
い る が , JIS
附 属 書 及 び

国 際 規 格 は
規定なし。

○  自動車用クロロ

プレンシース高
圧電線及び自動
車用ビニルシー

ス高圧電線につ
いて規定。

同上

ADP JIS

本体と国

際 規 格 と は
異なるが,JIS
附 属 書 と 国

際 規 格 は 同
じ規定内容。

(3)

種類,等級



○  種類

1.

銅より電線

2.

鋼より電線

3.

抵抗電線

4.

巻 線 抵 抗 電

等級

A

  105  ℃

B

  120  ℃

C

  155  ℃

D

  180  ℃

E

  220  ℃

F

  250  ℃

を規定。

○ 種類

1.

銅より電

2.

鋼より電

3.

抵抗電線

4.

巻線抵抗

電線

等級

A

  105  ℃

B

  120  ℃

C

  155  ℃

D

  180  ℃

E

  220  ℃

F

  250  ℃

を規定。


2

C 3405 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格
番号

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策


○  耐電圧,耐油,

耐低温,耐ライ

フサイクル,耐
高温について規
定。

(4)

性能




○  納品のすべてに

対する絶縁欠陥

試験,30 分試験
電圧及び絶縁破
壊電圧,静電容

量,耐コロナ放
電性,高温下で
の加圧試験,熱

過負荷試験,熱
収縮,難燃性,
耐低温性,引張

試験,絶縁体の
はく離性,耐油
性,耐燃料油性,

加速寿命試験に
ついて規定。

ISO 3808-1 

ISO 3808-2

○ 納 品 の す べ

て に 対 す る

絶 縁 欠 陥 試
験,30 分試験
電 圧 及 び 絶

縁破壊電圧,
静電容量,耐
コ ロ ナ 放 電

性,高温下で
の加圧試験,
熱 過 負 荷 試

験,熱収縮,
難燃性,耐低
温性,引張試

験,絶縁体の
はく離性,耐
油性,耐燃料

油性,加速寿
命 試 験 に つ
いて規定。

ADP JIS

本体と国

際 規 格 と は

異なるが,JIS
附 属 書 と 国
際 規 格 は 同

じ規定内容。


○  仕上がり外径 7.0

±0.3 mm,ほか
に導体構成を規

(5)

形状,寸法
及 び 寸 法
許容差



○  電線外径

8

±0.3 mm

7

±0.3 mm

5

+0.3
  0

mm

を規定。

同上

○ 電線外径

8

±0.3 mm

7

±0.3 mm

5

+0.3
  0

mm

を規定。

ADP JIS

本体の規

定 は 国 際 規
格 の 中 の 一

つ と 同 一 で
ある。

JIS

附属書と

国 際 規 格 は
同 じ 規 定 内
容。

(6)

材料,原料  本

○  導体:すずめっ

き軟銅より線 
絶縁体:天然ゴ
ム,合成ゴム,

天然ゴムと合成
ゴムとの混和物 
シース:クロロ

プレン,ビニル
について規定。

同上

− JIS 本体には

規 定 が あ る
が,JIS 附属
書 及 び 国 際

規格には,規
定なし。

安全性の面から,材料,原

料の規定を設けている。


3

C 3405 : 1998

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国際規格
番号

(III)

国 際 規 格 の
規定内容

(IV) JIS

と国際規

格との相違点

(V)  JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(6)

材料,原料  附



−  規定なし。

ISO 3808-1 

ISO 3808-2

− 規定なし。


○ 6.の 5 項目の試

験方法を規定。

(7)

試験方法




○ 5.の 14 項目の試

験方法を規定。

同上

○ 5.の 14 項目

の 試 験 方 法
を規定。

ADP JIS

本体と国

際 規 格 と は

異なるが,JIS
附 属 書 と 国
際 規 格 は 同

じ規定内容。


○  種類又は記号に

よる。

(8)

呼び方



−  規定なし。

同上

− 規定なし。

≡ JIS 本体には

規 定 が あ る
が,JIS 附属

書 及 び 国 際
規格には,規
定なし。

国内慣習として,広く普及
しているため,取り除くこ
とは現状では困難。

○ a)  名 称 又 は 記

b)

長さ

c)

質量

d)

製 造 業 者 名
又 は そ の 略

e)

製造年月

を規定。

(9)

表示



−  規定なし。

同上

− 規定なし。

≡ JIS 本体には

規 定 が あ る
が,JIS 附属
書 及 び 国 際

規格には,規
定なし。

国内慣習として,広く普及

しているため,取り除くこ
とは現状では困難。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を

示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“ADP”  (ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用し

ている。

“−”

:該当項目がない場合。