>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 3404 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS C 3404 : 2000

  溶接用ケーブル

IEC 60245-6 : 1994

  定格電圧 450/750 V 以下のゴム絶縁ケーブル−第 6 部:ア

ーク溶接電極ケーブル及び Amendment 1:1997

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目 
番号

内容

項目ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

1.

適用範囲

主としてアーク溶接機の

二次側に用いる溶接用ケー
ブル

IEC

60245-6

1.1

アーク溶接電極ケーブル

IDT

2.

引用規格

JIS C 3005 

JIS C 3102 

JIS C 3152

IEC 

60245-6 

1.2

IEC 60245-1 

IEC 60245-2 

IEC 60811-1-1 

IEC 60811-1-2 

IEC 60811-2-1

NEQ

IEC

は多数の規格を引

用。

規格体系が異なる。 
国際規格  (IEC)  と整合時に検討する。

3.

種類及び記号

名称:溶接用ケーブル 
記号:WCT

:WNCT

:WHCT 
:WRCT 
:WRNCT

:WRHCT

定格電圧:規定なし

IEC 

60245-6 

2.1

名称:アーク溶接電極ケ
ーブル 
記号

245 IEC 81

245 IEC 82

定格電圧:規定なし

NEQ

IEC

は規格番号をベー

スとした記号である。

JIS

は用途,材料,構造

を示す記号である。

記号の付け方が異なる。

国際規格に合わせると混乱が生じ危険で
ある。 
国際規格と整合時に検討する。

4.

表 2

特性

導体抵抗 
(めっきなし導体,20  ℃

の値の比較) 
例:導線用ケーブル

14 mm

2

 1.32

Ω/km

22 mm

2

 0.844

Ω/km

38 mm

2

 0.496

Ω/km

IEC 

60245-6 

2.1

(めっきなし導体,

20

の値の比較)

例:16 mm

2

1.16

Ω/km

25 mm

2

0.758

Ω/km

35 mm

2

0.536

Ω/km

NEQ

公称断面積が異なる。

JIS

は導線用,ホルダ用

と区別している。

標準サイズの採用方法の違いによって断
面積が違っている。 
また,同じ断面積での数値の違いは,素

線構成及び算出方法の数値の丸め方など
によって違っている。 
国内法規(電気用品技術基準)が国際規

格と整合されこの規格を改正する時点で
検討する。


 

2

C

 3404 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

項目

番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目

番号

内容

項目ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

耐電圧

(導線用ケープル)

水中 1000 V/1 分 
(ホルダ用ケーブル) 
水中 1500 V/1 分

IEC 

60245-6 

2.2

水中 2500 V/5 分

NEQ

電圧・印加時間が異な
る。IEC は試験方法が水

中に限られている。

国際規格は,印加時間が長くそのため経
済的負担が増える。

国内法規が国際規格と整合されこの規格
を改正する時点で検討する。

4.

表 2

絶縁体及びシースの引張り

絶縁体

天然ゴム

引張強さ  6 MPa 以上 
伸び    250 %以上

シース

天然ゴム

引張強さ  14 MPa 以

上 
伸び    430 %以上

クロロプレンゴム

引張強さ  13 MPa 以
上 
伸び    300 %以上

クロロスルホン化ポリ
エチレンゴム

引張強さ  13 MPa 以

上 
伸び    300 %以上

IEC 

60245-6 

表 1 
表 2

5 N/mm

2

(MPa)

250 %

以上

7 N/mm

2

 (MPa)

300 %

以上

10 N/mm

2

 (MPa)

300 %

以上

規定なし

NEQ

要求値が異なる。

国内法規が国際規格と整合されこの規格
を改正する時点で検討する。


 

3

C

 3404 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

項目

番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

4.

表 2

加熱

絶縁体

天然ゴム

引張強さ  加熱前の値の

50 %

以上

伸び      加熱前の値の

50 %

以上

(加熱条件:100±2  ℃,

48 h

シース

天然ゴム

引張強さ  加熱前の値の

50 %

以上

伸び      加熱前の値の

50 %

以上

(加熱条件:100±2  ℃,

48 h

クロロプレンゴム

引張強さ  加熱前の値の

65 %

以上

伸び      加熱前の値の

65 %

以上

(加熱条件:100±2  ℃,

48 h

IEC 

60245-6 

表 1 
表 2 

4.2 N/mm

2

  変 化 率 ±

25 %

250 %

  変化率土 250 %

(加熱条件:80±2  ℃,

7

×24 h)

  −  変化率±20 %

250 %

  変化率±20 %

(加熱条件:70±2  ℃,

10

×24 h)

  −  変化率−15 %

250 %

  変化率−20 %

(加熱条件:70±2  ℃,

10

×24 h)

NEQ

要求値が異なる。

試験条件の差異によって規格値が違って
いる。

国際規格は,加熱時間が長く,経済的負
担が増える。 
国内法規が国際規格と整合され,この規

格を改正する時点で検討する。


 

4

C

 3404 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

項目

番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

4.

表 2 

クロロスルホン化ポリエ
チレンゴム

引張強さ  加熱前の値の

80 %

以上

伸び      加熱前の値の

70 %

以上

(加熱条件:120±2  ℃,

120 h

規定なし

耐油

クロロプレンゴム

引張強さ  加熱前の値の

60 %

以上

伸び      加熱前の値の

60 %

以上

(加熱条件:120±2  ℃,

18 h

クロロスルホン化ポリエ
チレンゴム

引張強さ  加熱前の値の

60 %

以上

伸び      加熱前の値の

60 %

以上

(加熱条件:120±2  ℃,

18 h

IEC

60245-6

表 2

  −  変化率±40 %

  −  変化率±40 %

(浸油条件:100±2  ℃,

24 h

規定なし

NEQ

試験条件・要求値が異な
る。

試験条件の差異によって規格値が違って
いる。

国際規格は,加熱時間が長く,経済的負
担が増える。 
国内法規が国際規格と整合され,この規

格を改正する時点で検討する。


 

5

C

 3404 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

項目

番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

難燃

60

秒以内で自然に消えな

ければならない。

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

衝撃

破損又はひび及び割れが

生じず,かつ導体素線の断線
率が 30 %を超えてはならな

い。

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

真円度

規定なし

IEC

60245-6

1.12

ケーブルの同一断面に

置いて 2 か所測定する。

NEQ

JIS

に規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

加熱伸長(ホットセット)

規定なし

IEC 

60245-6 

9.1

試験条件又は試験要求
事項は,現在なし。

NEQ

JIS

に規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

引裂試験 (Tear test)

規定なし

IEC 

60245-6 

検討中 NEQ

JIS

に規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

4.

表 2

静的可とう性試験

規定なし

IEC 

60245-6 

3.2

長さ 3 cm の試料が二つ
の金具間で U 字形を形
成する距離が規定の値

以下のこと。

NEQ

JIS

に規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

5.

a)

材料,構造及び加工方法

導体

JIS  C 3102

に規定する軟

銅線 JIS  C 3152 に規定する

すずめっき軟銅線より方向
は S よりとする。導体構成は
構造表に規定。

IEC 

60245-6 

2.3.1

素線は,めっきなし又は
めっきありでもよい。

NEQ

IEC

により方向に規定

なし。 
導体構成規定なく,最大
素線径を規定。

標準サイズの採用方法の違いによって断

面積が違っている。 
国内法規と国際規格と整合されこの規格
を改正する時点で検討する。

b)

セパレータ

導体上には適切なセパレ

ータを施してもよい。

IEC 

60245-6 

2.3.2

導体上には適切な材料
のセパレータを施す。

NEQ

セパレータを施すこと
を規定。

国際規格と整合時に検討する。


 

6

C

 3404 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

項目

番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

5.

c)

絶縁体

導体上(又は“セパレータ

上”)に付表の厚さの天然ゴ
ムを同心円上に被覆する。

平均厚さ:付表の値の 90 %

以上 
最小厚さ:付表の値の 80 %
以上

IEC 

60245-6 

NEQ

要求値が異なる。

国内法規が国際規格と整合されこの規格
を改正する時点で検討する。

d)

シース

導体上(又は“セパレータ

上”)又は絶縁体上に天然ゴ
ム,クロロプレンゴム又はク
ロロスルホン化ポリエチレ

ンゴムを付表の厚さに被覆
する。

平均厚さ:付表の値の 90 %

以上 
最小厚さ:付表の値の 80 %
以上

IEC 

60245-6 

2.3.3.1

2.3.3.2

2.3.3.3 

被覆①シースと同様絶
縁体も構成している最

小引張強さが 12 N/mm

2

の type SE 3 ゴムコンパ
ウンドを被覆する。②シ

ースと同様絶縁体も構
成している  type SE 4 の
クロロプレン,又は他の

同等の合成エラストマ
ーコンパウンドを被覆
する。③type IE 1 のゴム

コンパウンド絶縁体,任
意の織物テープ,及びク
ロロプレン又はこれと

同等の type SE 4 の合成
エラストマーシースに
よって成る混成被覆。そ

の合計の被覆厚さは

表 1

の規定値によるものと
し,シースの厚さは,

1

の規定値による。

また,

絶縁体は押出による場
合以外は少なくとも二

層から成るものとする。

NEQ

要求値が異なる。

国内法規が国際規格と整合されこの規格
を改正する時点で検討する。

6.

試験方法

外観 
構造 
導体抵抗

IEC 

60245-6 

以下の項目は IEC に規

定なし。

外観 
衝撃

NEQ

試験条件が異なる項目

耐電圧 
加熱 
耐油

(それぞれの試験項目の欄を参照)


 

7

C

 3404 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

項目

番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

耐電圧

絶縁体及びシースの引張
り 
加熱

耐油 
難燃 
衝撃

以下の項目は JIS に規定
なし。

真円度 
加熱伸長(ホットセッ
ト)

引張試験 (Tear test) 
静的可とう性試験

相当する試験がない項

左記のとおり

試験方法が異なる項目

なし

7.

検査

6.

と同じ

IEC 

60245-6 

表 2

6.

と同じ

NEQ

6.

と同じ

6.

と同じ

8.

製品の呼び方

種類及び公称断面積又は

記号及び公称断面積による。

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

9.

9.1

表示及び包装

ケーブルの表示

ケーブルの表示は適切な

ところに次の事項を容易に
消えない方法で連続表示す

る。

a)

製 造 業 者 名 又 は そ の

略号

b)

製造年又はその略号

IEC 

60245-6 

3.

製造業者の識別がなけ
ればならない。識別は,

製造業者名若しくは商
標の反復表示又は識別
糸のいずれかとする。

表示は,絶縁体若しくは
シースの上に印刷又は
凹凸で表示するか,又は

補強テープ若しくはセ
パレータに印刷しても
よい。一連の表示の終わ

りと次の表示の始まり
の間隔は次による。

NEQ

IEC

は表示間隔,耐久性

及び判読性についても

規定。JIS は製造年を記
載し,安全性を考慮。

国際規格と整合時に検討する。


 

8

C

 3404 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (III)

国際規格の規定 (IV)

JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

項目

番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目

番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理

由及び今後の対策

シース上の場合:500

mm

以下絶縁体上又はテ

ープ上の場合:200 mm
以下印刷された表示は
耐久性があるものとす

る。すべての表示は,明
りょうでなければなら
ない。

9.2

包装の表示

包装の表示は,適切な方法

で次の事項を表示する。

a)

種類又は記号

b)

公称断面積

c)

長さ

d)

質量(ドラム巻きの場

合 は 総 質 量 も 併 記 す

る。)

e)

ドラムの回転方向

f)

製 造 業 者 名 又 は そ の

略号

g)

製造年又はその略号

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

9.3

包装は 1 条ずつドラム巻き又
はたば巻きとし,運搬中損傷
しないように適切な方法で

行う。

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:NEQ


 

9

C

 3404 :

 20
00
 解

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−IDT………………技術的差異がない。 
−NEQ………………技術的差異があり,かつ,それがはっきりと識別されていない。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

−NEQ………………技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。