>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

C 3316:2008  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS C 3316:2000は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

  

日本工業規格          JIS 

 

C 3316:2008 

 

電気機器用ビニル絶縁電線 

(追補1) 

Polyvinyl chloride insulated wires for electrical apparatus 

(Amendment 1) 

 

JIS C 3316:2000を,次のように改正する。 

 

 

4.(特性)の表2(特性)を,次に置き換える(“耐電圧”の欄に“水中”の行を追加)。 

 

表2 特性 

項目 

特性 

試験方法 
適用箇条 

電気機器用ビニル絶縁電線 

電気機器用二種ビニル絶縁電線 

導体抵抗 

付表1の値以下 

6.3 

耐電圧 

水中 

付表1の試験電圧に1分間耐えなければならない。 

6.4 a) 

スパーク 

付表1の試験電圧に耐えなければならない。 

6.4 b) 

高温絶縁抵抗 

60 ℃ 

付表1の値以下 

− 

6.5 

75 ℃ 

− 

付表1の値以下 

絶縁体の引張
り 

引張強さ 

10 MPa以上 

15 MPa以上 

6.6 

伸び 

100 %以上 

150 %以上 

加熱 

引張強さ 

加熱前の値の85 %以上 

加熱前の値の90 %以上 

6.7 

伸び 

加熱前の値の80 %以上 

耐油 

引張強さ 

浸油前の値の85 %以上 

6.8 

伸び 

巻付加熱 

表面にひび及び割れが生じてはならない。 

6.9 

低温巻付け 

6.10 

加熱収縮 

3 %以下 

6.11 

加熱変形 

厚さの減少率40 %以下 

厚さの減少率30 %以下 

6.12 

難燃 

60 秒以内で自然に消えなければならない。 

6.13 

 

6.(試験方法)の6.4(耐電圧)を,次の文に置き換える。 

耐電圧は,次のa)又はb)のいずれかによる。 

a) 水中 水中は,JIS C 3005の4.6 a)(水中)による。 

b) スパーク スパークは,JIS C 3005の4.6 c)(スパーク)による。 

 

9.(表示及び包装)の9.2(包装の表示)のa) を,次の文に置き換える。 

a) 種類又はその記号 


C 3316:2008  

  

付表1(電気機器用ビニル絶縁電線及び電気機器用二種ビニル絶縁電線)を,次に置き換える(“試験電圧”

の欄に“水中”の列を追加)。 

 

付表1 電気機器用ビニル絶縁電線及び電気機器用二種ビニル絶縁電線 

導体 

絶縁
体厚

さ 

 
 

mm 

仕上外
径(参

考) 

 
 

mm 

導体抵抗 

(20 ℃) 

圀一 洀

試験電圧 

 

高温絶縁抵抗(M

埿攀

  参考 

公称 
断面

積 

 

mm2 

構成 

素線数/素線

径 

 

mm 


径 

 
 

mm 

電気機器用
ビニル絶縁

電線 

 

電気機器用
二種ビニル

絶縁電線 

 

概算質

量 

 
 

kg/km 

標準条

長 

 
 

包装 

めっ
きあ

り 

めっ
きな

し 

水中 

スパー

ク 

60 ℃ 

75 ℃ 

0.75 

30/0.18 

1.1 

0.8 

2.7 

25.8 

24.4 

2 000 

7 500 

0.2 

0.05 

14 

300 

たば 

1.25 

50/0.18 

1.5 

3.1 

15.5 

14.7 

20 

37/0.26 

1.8 

3.4 

9.91 

9.50 

0.15 

28 

3.5 

45/0.32 

2.5 

4.1 

5.38 

5.09 

46 

5.5 

70/0.32 

3.1 

1.0 

5.1 

3.46 

3.27 

70 

50/0.45 

3.7 

1.2 

6.1 

2.45 

2.32 

100 

14 

88/0.45 

4.9 

1.4 

7.7 

1.39 

1.32 

10 000 

0.1 

0.04 

170