>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

C

 3307 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS C 3307 : 2000

  600 V ビニル絶縁電線

(IV)

IEC 60227-3 : 1997

  定格電圧 450/750V 以下のビニル絶縁ケーブル−第 3 部:固定配線用シースなしケーブル

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差

異の項目ごとの評価及びその
内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目

番号

内容

項目

番号

内容

項 目 ご

と の 評

技術的差異の内容

1.

適用範囲

600 V

以下の一般電気工作物や電気機

器の配線に用いる塩化ビニル樹脂で

絶縁された単心の絶縁電線

IEC 60227-3

1.1

定格電圧 400/750 V 以下の固定配線用
ビニル絶縁単心シースなしケーブル

NEQ

定 格 電 圧 範 囲 が 異 な
る。

定格電圧は,その国の配電
事情によって異なるため,
今後も差異を設けることに

なる。

2.

引用規格

JIS C 3005 

JIS C 3101 

JIS C 3102 

JIS C 3152

IEC 60227-3

1.2

IEC 60227-1 Part 1 

IEC 60227-2 Part 2 

IEC 60228 

IEC 60332-1 

IEC 60811-1-1 Part 1 

IEC 60811-1-2 Part 1 

IEC 60811-1-4 Part 1 

IEC 60811-3-1 

IEC 60811-3-2 

NEQ

IEC

は,多数の規格を

引用

規格体系が異なる。

国 際 規 格   (IEC)  と 整 合 時
に検討する。

3.

記号

IV

IEC 60227-3

2.1

60227 IEC 01 

NEQ

IEC

は,規格番号をベ

ー ス と し た 記 号 で あ
る。

JIS

は,用途,材料,構

造を示す記号である。

記号の付け方が異なる。

国際規格に合わせると混乱
が生じ危険である。 
国際規格と整合時に検討す

る。


 

2

C

 3307 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差

異の項目ごとの評価及びその
内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご
と の 評

技術的差異の内容

4.

表 1

特性 
導体抵抗

(めっきなし導体 20  ℃の値の比

較) 
例) 150

mm

2

  0.118

Ω/km

IEC 60227-3

表 2

例) 150

mm

2

  0.124

Ω/km

NEQ

全体的に JIS の規定値

の方が低い。

標準サイズの採用方法の違
いによって断面積が違って
いる。また,同し断面積で

の数値の違いは,素線構成
及び算出方法の数値の丸め
方 な ど に よ っ て 違 っ て い

る。国内法規(電気用品技
術基準)が国際規格と整合
され,この規格を改正する

時点で検討する。

耐電圧

導体サイズによって異なる

1500 V

∼3500 V・1 分

IEC 60227-3

表 2

2500 V

・5 分

NEQ

電圧・印加時間が異な
る。

国際規格は,印加時間が長

く,そのため経済的負担が
増える。国内法規が国際規
格と整合され,この規格を

改正する時点で検討する。

絶縁抵抗

20

℃で規定

IEC 60227-3

表 1

70

℃で規定

NEQ

測定温度・要求値が異
なる。

国内法規が国際規格と整合

され,この規格を改正する
時点で検討する。

絶縁体の引張り

引張強さ 10

MPa

以上

伸び 100

%

以上

IEC 60227-3

表 2

引張強さ 12.5 N/mm

2

以上

伸び 125

%

以上

NEQ

要求値が異なる。

国内法規が国際規格と整合

され,この規格を改正する
時点で検討する。

加熱(加熱前に対して)100  ℃,48 h

引張強さ 85

%

以上

伸び 80

%

以上

IEC 60227-3

表 2

80

℃,18 h

引張強さ 12.5 N/mm

2

以上

伸び 125

%

以上

変化率

±20 %以内

NEQ

試験条件・要求値が異
なる。

試験条件の差異によって,
規格値が違っている。 
国際規格は,加熱時間が長

く経済的負担が増える。 
国内法規が国際規格と整合
され,この規格を改正する

時点で検討する。


 

3

C

 3307 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差

異の項目ごとの評価及びその
内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご
と の 評

技術的差異の内容

4.

表 1

耐油(浸油前の値に対して)

引張強さ  管状 85

%

以上

ダンベル 80 %以上

伸び

管状 85

%

以上

ダンベル 60 %以上

IEC 60227-3

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国内法規が国際規格と整合
され,この規格を改正する
時点で検討する。

巻付加熱

巻付温度 120

℃, 1 h

表面にひび及び割れを生じてはな

らない。

IEC 60227-3

表 2

巻付温度 150  ℃, 1 h 
クラックが発生しないこと。

NEQ

試験方法,条件が異な
る。

試験条件が違っている。 
国内法規が国際規格と整合
され,この規格を改正する

時点で検討する。

低温巻付け

冷却温度 -10

℃, 1 h

表面にひび及び割れを生じてはな

らない。

IEC 60227-3

表 2

冷却温度−15  ℃, 4 h

クラックが発生しないこと。

NEQ

試験方法,条件が異な
る。

試験条件が違っている。

国内法規が国際規格と整合
され,この規格を改正する
時点で検討する。

加熱収縮

3 %

以下

IEC 60227-3

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国際規格と整合された時点
で検討する。

加熱変形

120

予備加熱 30 分

加 熱

30

厚さ減少率 50

%

以下

加熱条件 120 ℃±3  ℃1 h

IEC 60227-3

表 2

加熱条件 80  ℃, 4 h∼6 h 
侵入深さの中心値 50 %以下

NEQ

試験方法・条件が異な
る。

試験条件の差異によって,
規格値が違っている。 
国内法規が国際規格と整合

され,この規格を改正する
時点で検討する。

難燃

傾斜 60°

60

秒以下で自然に消えなければな

らない。

IEC 60227-3

表 2

垂直

燃えた部分が上部の金具の下端から

50 mm

以上に達してはならない。

NEQ

試験方法・条件が異な
る。

試験条件が違っている。

国内法規が国際規格と整合
され,この規格を改正する
時点で検討する。


 

4

C

 3307 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差

異の項目ごとの評価及びその
内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご
と の 評

技術的差異の内容

加熱減量試験

規定なし

IEC 60227-3

表 2 80

℃, 168 h

最大 2.0 mg/cm

2

NEQ

JIS

に規定なし。

試験条件が違っている。 
国内法規が国際規格と整合
され,この規格を改正する

時点で検討する。

低温伸び

規定なし

IEC 60227-3

表 2

冷却温度−15  ℃, 4 h

最小伸び 20 %以下

NEQ

JIS

に規定なし。

試験条件が違っている。

国内法規が国際規格と整合
され,この規格を改正する
時点で検討する。

低温衝撃

規定なし

IEC 60227-3

表 2

冷却温度−15  ℃, 4 h 
クラックが発生しないこと。

NEQ

JIS

に規定なし。

試験条件が違っている。 
国内法規が国際規格と整合

され,この規格を改正する
時点で検討する。

5.a)

材料,構造及び加工方法

導体

JIS C 3102

に規定された軟銅線

JIS C 3101

に規定された硬銅線

IEC 60227-3

2.3.1

IEC 60228

に規定された

単線導体は class 1

より線導体は class 2 でめっきあり,な
しの軟銅線。

NEQ

要求が異なる。

標準サイズの採用方法の違

いによって,断面積が違っ
ている。 
国内法規と国際規格と整合

され,この規格を改正する
時点で検討する。

JIS C 3152

に規定されたすずめっ

き軟銅線 
より方向は,S よりとする。

IEC

にはより方向及び導体構成の規

定はなく,最大素線径を規定。

5.b)

絶縁体

導体構成は構造表に規定。

導体上に付表の厚さのビニルを同

心円上に被覆する。

平均厚さは付表の値の±10 % 
最小厚さは付表の値の 80 %以上

IEC 60227-3

2.3.2 Type

PVC/C

を導体上に施す。

絶縁体厚さは付表の値以上部分最小
厚さは既定値 90 %−0.1 mm 以上

NEQ

要求値が異なる。

国内法規と国際規格と整合
され,この規格を改正する
時点で検討する。


 

5

C

 3307 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差

異の項目ごとの評価及びその
内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご
と の 評

技術的差異の内容

5.c)

電線の色

軟銅の場合

黒・白・赤・緑・黄・青

硬銅の場合

黒・白・青

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国内法規と国際規格が整合
され,この規格を改正する
時点で検討する。

6.

試験方法

JIS C 3005

と JIS C 3307 による。

外観

構造 
導体抵抗 
耐電圧

絶縁抵抗 
絶縁体の引張り 
加熱

耐油 
巻付加熱 
低温巻付け

加熱収縮 
加熱変形 
難燃

IEC 60227-3

次の項目は,IEC に規定なし。 
外観 
耐油

加熱収縮

NEQ

試験条件が異なる項目

構造 
耐電圧

絶縁抵抗 
加熱 
巻付加熱

低温巻付

該当する試験がない項

左記のとおり。

試験方法が異なる項目

加熱変形 
難燃

(それぞれの試験項目の欄
を参照)

次の項目は規定なし 
加熱減量

汚損 
低温伸び 
低温衝撃

7.

検査

6.

と同じ

IEC 60227-3

表 2

6.

と同じ

NEQ

6.

と同じ

6.

と同じ


 

6

C

 3307 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差

異の項目ごとの評価及びその
内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご
と の 評

技術的差異の内容

8.

製品の呼び方

名称,導体の種類を表す記号及び導

体径若しくは公称断面積など

規定なし NEQ

IEC

に規定なし

国際規格と整合時に検討す
る。

9.

表示及び包装

IEC 60227-3

NEQ

国際規格と整合時に検討す
る。

9.1

電線の表示

電線の表示は適切な方法で,次の事

項を容易に消えない方法で連絡表示
する。 
製造業者名又はその略号

製造年又はその略号

 3.

表示は,絶縁体若しくは内部へ印刷又
は凹凸によって,表示を施してもよ

い。 
一連の表示の終わりと次の表示の始
まりの間隔は,200mm 以下のこと。

印刷された表示は,IEC 60227-2 の 1.8
に規定された耐久性があるものとす
る。製造業者名若しくは商標の反復表

示又は識別糸。

JIS

は,製造年を入れ安

全性を考慮。

9.2

包装の表示

適切な方法で,次の事項を表示す

る。

名称又は記号 
導体径又は公称断面積

導体の種類を表す記号 
電線の色 
長さ

質量 
ドラムの回転方向 
製造業者名又はその略号

製造年又はその略号

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国際規格と整合時に検討す
る。


 

7

C

 3307 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き) 

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規 格

番号

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差

異の項目ごとの評価及びその
内容

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご
と の 評

技術的差異の内容

9.3

包装

1

条ずつドラム巻き又はたば巻きと

し,運搬中損傷のないように適切な方

法で行う。

規定なし NEQ

IEC

に規定なし。

国際規格と整合時に検討す
る。

導体最高許容温度:規定なし

(電気用品取締法では 60  ℃)

IEC 60227-3

2.5

使用指針

導体最高許容温度  70  ℃

NEQ

導体最高許容温度が異

なる。

導体最高許容温度は,その

国の事情にようて異なるた
め,差異がある。 
今 後 統 一 で き る か 検 討 す

る。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:NEQ

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―NEQ……………技術的差異があり,かつ,それがはっきりと識別されていない。

2. JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―NEQ……………技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。