>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

C

 3301 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表 

  JIS C 3301 : 2000

  ゴムコード

IEC 60245-4 : 1994

  定格電圧 450/750V 以下のゴム絶縁ケーブル−第 4 部:コード及び可とうケーブル及び Amendment l : 1997

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目

番号

内容

(II)

国 際 規

格番号

項目

番号

内容

項目ごと

の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

1.

適用範囲

定格電圧  300V 以下

IEC 

60245-4 

1.

定格電圧 450/750V 以下

NEQ

定格電圧範囲が異なる。

定格電圧は,その国の配電事情によって
異なるため,今後も差異を設けることに

なる。

2.

引用規格

JIS C 3005 

JIS C 3102 

JIS C 3152

IEC 

60245-4 

1.2

IEC 60811-1-1 

IEC 60811-1-2 

IEC 60811-1-4 

IEC 60811-2-1 

IEC 60245-1 

IEC 60245-2 

IEC 60228

NEQ

IEC

は 多 数 の 規 格 を 引

用。

規格体系が異なる。

国際規格  (IEC)  と整合時に検討する。

3.

表 1

種類及び記号

ゴム絶縁よりコード (TF)

ゴム絶縁袋打コード (FF)  
ゴム絶縁丸打コード (RF)

IEC 

60245-4 

2.

規定なし 
規定なし

編組付コード (type 60245

IEC 51)

定格電圧:300/300V

規定なし

NEQ

規定する種類が異なる。

IEC

は規格番号をベース

とした記号である。

JIS

は用途,材料,構造

を示す記号である。

記号の付け方が異なる。 
国際規格に合わせると混乱が生じ危険

である。 
国際規格と整合時に検討する。

SBR

絶縁単心コード (SSF)

SBR

絶 縁 よ り コ ー ド

(STF)

SRR

絶縁袋打コード (SFF)

SBR

絶 縁 丸 打 コ ー ド

(SRF)

SBR

絶 縁 平 形 コ ー ド

(SSFF)

クロロプレンゴム絶縁袋

打コード (NFF)

規定なし

規定なし 
規定なし

規定なし

規定なし

規定なし


2

C

 3301 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

3.

表 1

クロロプレンゴム絶縁丸

打コード (NRF)

クロロプレンゴム絶縁平

形コード (NNFF)

EP

ゴ ム 絶 縁 袋 打 コ ー ド

(EPFF)

EP

ゴ ム 絶 縁 丸 打 コ ー ド

(EPRF)

EP

ゴ ム 絶 縁 平 形 コ ー ド

(EPPFF)

クロロスルホン化ポリエ

チレンゴム絶縁袋打コ

ード (HFF)

クロロスルホン化ポリエ

チレンゴム絶縁丸打コ

ード (HRF)

クロロスルホン化ポリエ

チレンゴム絶縁平形コ

ード (HHFF)

規定なし

規定なし

規定なし

規定なし

規定なし

規定なし

規定なし

ゴム絶縁キャブタイヤ丸

形コード (CTF)

ゴム絶縁キャブタイヤ長

円形コード (CTFK)

 3.

Ordinary

toug

ゴムシース

付 き コ ー ド (type 60245

IEC 53)

定格電圧:300/500V


3

C

 3301 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

3.

表 1

ゴム絶縁クロロプレンゴ

ムシースキャブタイヤ
丸形コード (RNCTF)

ゴム絶縁クロロプレンゴ

ムシースキャブタイヤ

コ ー

(RNCTFK)

EP

ゴム絶縁クロロプレン

ゴムシースキャブタイ

ヤ丸形コード (PNCTF)

EP

ゴム絶縁クロロプレン

ゴムシースキャブタイ

ヤ 長 円 形 コ ー ド

(PNCTFK)

 4.

Ordinary

クロロプレンシ

ー ス 付 き コ ー ド

(type

60245 IEC 57)

定格電圧:300/500V

規定なし

規定なし

規定なし

導体抵抗

導体抵抗

(20

℃)

Ω/km 以

type 60245 IEC 51, type

60245  IEC 53, type 60245

IEC 57

最大導体抵抗 (20℃)

記号  サイズ

めっき

なし

めっき

あり

0.75mm

2

  25.1 26.6

公称

断面積

mm

2

めっきなし

Ω/km

めっきあり

Ω/km

1.25mm

2

  15.1 16.0

0.75  26.0

26.7

2.0mm

2

9.79 10.2

1.0

19.5

20.0

3.5mm

2

 5.24  5.54

1.5

13.3

13.7

RF

5.5mm

2

 3.37  3.56

2.5

7.98

8.21

0.75mm

2

  25.1 26.6

4

4.95

5.09

1.25mm

2

  15.1 16.0

6

3.30

3.39

CTF

RNCTF

2.0mm

2

9.79 10.2

4.

表 2

IEC 

60245-4 

表 3

NEQ

要求値が異なる。

標準サイズの採用方法の違いによって
断面積が違っている。また同じ断面積で
の数値の違いは,素線構成及び算出方法

の数値の丸め方などによって違ってい
る。 
国内法規(電気用品技術基準)と国際規

格との整合時に改正する。


4

C

 3301 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

4.

表 2 

耐電圧

a)

水中:1 000V 1 分間

b)

空中:2 000V 1 分間

c)

スパーク:5000 V 0.15
秒間以上

IEC 

60245-4 

表 2

表 4 
表 6 

type 60245 IEC 51

線心耐電圧  :2 000 V/5

完成品耐電圧:2 000 V/5

type 60245 IEC 53, type

60245 IEC 57 

線心耐電圧:1 500V/5 分

完成品耐電圧:2 000 V/5

NEQ

電圧・印加時間が異なる。国際規格は,印加時間が長くそのため経

済的負担が増える。国内法規が国際規格
と整合されこの規格を改正する時点で

検討する。

絶縁抵抗

規定温度  20℃

RF

2, 3, 4

×0.75mm

2

 : 400M

Ω・

km

以上

2, 3, 4

×1.25mm

2

 : 400M

Ω・

km

以上

2, 3, 4

×2.0mm

2

 : 400M

Ω・

km

以上

2, 3, 4

×3.5mm

2

 : 600M

Ω・

km

以上

2, 3, 4

×5.5mm

2

 : 600M

Ω・

km

以上

規定なし NEQ

IEC

に規定なし

国内法規が国際規格と整合されこの規
格を改正する時点で検討する。


5

C

 3301 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

4.

表 2 

CTF, RNCTF

2, 3, 4

×0.75mm

2

 : 400M

Ω・

km

以上

2, 3, 4

×1.25mm

2

 : 400M

Ω・

km

以上

2, 3, 4

×2.0mm

2

 : 400M

Ω・

km

以上

導体加熱変色

導体にめっきを施したも
のは除く。 
導体表面が著しく変色し

ないこと。

規定なし NEQ

IEC

に規定なし

国内法規が国際規格と整合されこの規

格を改正する時点で検討する。

絶縁体及びシースの引張り 
天然ゴム絶縁体

引張強さ 6MPa 以上 
伸び 250%以上

SBR

絶縁体

引張強さ 5MPa 以上 
伸び 300%以上

クロロプレンゴム絶縁体

引張強さ 6MPa 以上 
伸び 250%以上

EP

ゴム絶縁体

引張強さ 4MPa 以上 
伸び 300%以上

IEC 

60245-4 

表 2

表 4

表 6

表 1 

type 60245 IEC 51 : type

IE1

type 60245 IEC 53 : type

IE1

                  type

SE3

type 60245 IEC 57 : type

IE1

                  type

SE4

type IE 1 :

引張強さ 5.0

N/mm

2

以上

          伸び    250% 
以上

NEQ

要求値が異なる。

国内法規が国際規格と整合されこの規
格を改正する時点で検討する。


6

C

 3301 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

4.

表 2

表 2

type SE3 :

引 張 強 さ 7.0

N/mm

2

伸び    300%    以上

type SE4 :

引張強さ 10.0

N/mm

2

以上

伸 び

300%

    以上

クロロスルホン化ポリエチ

レンゴム絶縁体

引張強さ 8MPa 以上 
伸び 300%以上

天然ゴムシース

引張強さ 8MPa 以上 
伸び 300%以上

クロロプレンゴムシース

引張強さ 10MPa 以上 
伸び 300%以上

加熱 
加熱条件

天然ゴム絶縁体

加熱条件:100℃, 48h 
引張強さ:加熱前の値の

60%

以上

伸び    :加熱前の値の

60%

以上

IEC

60245-4 

表 1 

type IE 1

加熱条件 80℃, 7×24h
引張強さ 4.2N/mm

2

上 
伸び 250%以上 
引張強さの変化率  ±

25%

以内

伸びの変化率

±

25%

以内

NEQ

試験条件・要求値が異な
る。

試験条件の差異によって規格値が違って
いる。 
国際規格は,加熱時間が長く経済的負担

が増える。 
国内法規が国際規格と整合されこの規格
を改正する時点で検討する。


7

C

 3301 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

4.

表 2 SBR 絶縁体

加熱条件:100℃, 96h 
引張強さ:加熱前の値の

70%

以上

伸び    :加熱前の値の

70%

以上

クロロプレンゴム絶縁体

加熱条件:100℃, 48h 
引張強さ:加熱前の値の

60%

以上

伸び    :加熱前の値の

60%

以上

EP

ゴム絶縁体

加熱条件:100℃, 96h 
引張強さ:加熱前の値の

80%

以上.

伸び    :加熱前の値の

80%

以上

表 2 

type SE 3

加熱条件 70 ℃ , 10 ×

24h

引張強さ  − 
伸び 250%以上 
引張強さの変化率  ±

20%

以内

伸びの変化率

±

20%

以内

type SE 4

加熱条件 70 ℃ , 10 ×

24h

引張強さ  − 
伸び 250%以上 
引張強さの変化率  −

15%

以下

伸びの変化率

15%

以下

クロロスルホン化ポリエ
チレンゴム絶縁体

加熱条件:120℃, 120h 
引張強さ:加熱前の値の

80%

以上

伸び    :加熱前の値の

70%

以上


8

C

 3301 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

4.

表 2

天然ゴムシース

加熱条件:100℃, 48h 
引張強さ:加熱前の値の

50%

以上

伸び    :加熱前の値の

50%

以上

クロロプレンゴムシース

加熱条件:100℃, 48h 
引張強さ:加熱前の値の

65%

以上

伸び    :加熱前の値の

65%

以上

難燃

傾斜試験

ク ロ ロ プ レ ン ゴ ム 及 び
ク ロ ロ ス ル ホ ン 化 ポ リ
エチレンゴムに適用

規定なし NEQ

IEC

に規定なし

国内法規が国際規格と整合されこの規
格を改正する時点で検討する。

曲げ

平 形 コ ー ド に つ い て 適
用。

規定なし NEQ

IEC

に規定なし

国内法規が国際規格と整合されこの規
格を改正する時点で検討する。

より合わせ

3.5mm

2

以上のものは除

く。

規定なし NEQ

IEC

に規定なし

国内法規が国際規格と整合されこの規
格を改正する時点で検討する。


9

C

 3301 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

導体は IEC 60228 の Class5
による。 
素線は金属めっきあり又

はなし。 
最大素線径を規定してい
る。

より線のピッチ,より方向
の規定はない。 
各導体の素線径は,すべて

同一公称径。

公称断面積

最大素線径

0.5mm

2

∼1mm

2

0.21mm

以下

1.5mm

2

2.5mm

2

0.26mm

以下

5.a)

材料,構造及び加工方法 
導体

導体は,JIS C 3102 に規定

する軟銅線をより合わせた
もの,若しくは硬銅線をより
合わせた後焼きなまして軟

銅にしたもの,又は JIS C 

3152

に規定されたすずめっ

き軟銅線をより合わせたも

のとする。ただし,すずめっ
きの代わりにすず鉛合金め
っきを施してもよい。また,

導体上に必要によって,糸を
横巻きにするか,適切なテー
プを施してもよい。

公称断面積範囲

RF

: 0.75mm

2

5.5mm

2

CTF

: 0.75mm

2

2mm

2

RNCTF : 0.75mm

2

∼2mm

2

IEC 

60245-4 

2.3.1

3.3.1

4.3.1

type 60245 IEC 51 :

0.75mm

2

∼1.5mm

2

type 60245 IEC 53

:

0.75mm

2

∼2.5mm

2

type 60245 IEC 57 :

0.75mm

2

∼2.5mm

2

NEQ

要求値が異なる。

標準サイズの採用方法の違いによって
断面積が違っている。 
国内法規と国際規格と整合されこの規

格を改正する時点で検討する。

5.b)

絶縁体

絶縁体厚さ

RF

:天然ゴム混合物

0.75mm

2

∼2.0mm

2

 :

0.8mm

以上

3.5mm

2

∼5.5mm

2

 :

1.1mm

以上

IEC

60245-4

2.3.3

3.3.3

type 60245 IEC 51 :

天然ゴム混合物 : type

IE 1

2, 3

×0.75mm

2

∼1.5mm

2

:

0.8mm

type 60245 IEC 53 :

天然ゴム混合物 : type

IE 1

NEQ

要求値が異なる。

国内法規と国際規格と整合されこの規
格を改正する時点で検討する。


10

C

 3301 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

5.b) CTF

:天然ゴム混合物

0.75mm

2

∼2.0mm

2

 :

0.6mm

以上

RNCTF

:天然ゴム混合物

0.75mm

2

2.0mm2 :

0.6mm

以上

平均厚さ:付表の値の 90%
以上

最小厚さ:付表の値の 80%
以上

IEC

60245-4

4.3.3

2, 3, 4, 5

× 0.75mm

2

1mm

2

 : 0.6mm

2, 3, 4, 5

× 1.5mm

2

:

0.8mm

2, 3, 4, 5

× 2.5mm

2

:

0.9mm

type 60245 IEC 57 :

天然ゴム混合物:type IE

1

2, 3, 4, 5

× 0.75mm

2

,

1mm

2

 : 0.6mm

2, 3, 4, 5

× 0.5mm

2

:

0.8mm

2, 3, 4, 5

× 2.5mm

2

:

0.9mm

5.d)

線心の識別

下打編組に入れる糸の色,

ゴム引布テープの色又は絶
縁体の色などによって行う。

2

心:黒,白

3

心:黒,白,赤又は黒,

白,緑

4

心:黒,白,赤,緑

IEC 

60245-4 

4.

絶縁体の色による方法

type 60245 IEC 51

2

心:規定なし

3

心:緑/黄,空,茶又

は空,黒,茶

type 60245 IEC 53, type

60245 IEC 57

2

心:規定なし

3

心:緑/黄,空,茶又

は空,黒,茶

NEQ

要求値が異なる。

国内法規と国際規格と整合されこの規
格を改正する時点で検討する。


11

C

 3301 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

4

心:緑/黄,空,黒,

茶又は空,黒,茶,
黒若しくは茶

5

心:緑/黄,空,黒,

茶又は空,黒,茶,
黒若しくは茶,黒

若しくは茶

5.f)

シース

CTF, RNCTF

材質:天然ゴム,クロロプ
レン

厚さ:

2, 3

×0.75mm

2

 : 1.0mm

4

  ×0.75mm

2

 : 1.1mm

2, 3

×1.25mm

2

   : 1.0mm

2

  ×2.0mm

2

  :

1.lmm

4

  ×1.25mm

2

   : 1.2mm

3, 4

×2mm

2

:

1.2mm

平 均 厚 さ は 付 表 の 値 の

90%

以上

最 小 厚 さ は 付 表 の 値 の

70%

以上

IEC 

60245-4 

3.3.5

4.3.5

表 3, 
表 5

type 60245 IEC 53

材質:天然ゴム混合物

type SE 3

線心間のすき間を埋め

ること。

type 60245 IEC 57 :

材質:クロロプレンゴム

混合物

type SE 4

線心間のすき間を埋め

ること。

type 60245 IEC 53, type

60245 IEC 57

2

    ×0.75mm

2

 :

0.8mm

3, 4

  ×0.75mm

2

 :

0.9mm

2, 3, 4

×lmm

2

 :

0.9mm

2, 3

  ×1.5mm

2

 :

1.0mm

5

    ×0.75mm

2

∼1mm

2

NEQ

要求値が異なる。

国内法規と国際規格と整合されこの規

格を改正する時点で検討する。


12

C

 3301 :

 20
00
 解


 :

1.0mm


13

C

 3301 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

3

    ×2.5mm

2

 :

1.1mm

4, 5

  ×1.5mm

2

 :

1.1mm

4

    ×2.5mm

2

 :

1.2mm

5

    ×2.5mm

2

 :

1.3mm

5.j)

ゴム絶縁丸打コード (RF)

糸を介在させて円形によ
り合わせる。

ピッチは層心径の 30 倍以

IEC 

60245-4 

2.3.5 type

60245

IEC 51

線心と介在は互いによ
り合わせる。

ピッチは層心径の 10 倍
以下。

NEQ

要求値が異なる。

国内法規と国際規格と整合されこの規
格を改正する時点で検討する。

5.1)

ゴム絶縁キャブタイヤ丸形

コード (CTF)

線心所要条数をより合わ
せる。

ピッチ:層心径の 20 倍以
下 
ゴム材料で線心間のすき

間を埋める。

介在物に,綿糸,その他繊

維又はテープを巻いてもよ

い。

IEC

60245-4

3.3.4 type

60245

IEC 53

互いにより合わせる。
中心介在物を使用して
もよい。

NEQ

要求値が異なる。

国内法規と国際規格と整合されこの規

格を改正する時点で検討する。

ゴム絶縁クロロプレンキャ

ブ タ イ ヤ 丸 形 コ ー ド

(RNCTF)

線心所要条数をより合わ

せる。

IEC 

60245-4 

4.3.4 type

60245

IEC 57

クロロプレンゴム混合

物 (SE4) で線心間のすき
間を埋める。

NEQ

要求値が異なる。

国内法規と国際規格と整合されこの規

格を改正する時点で検討する。


14

C

 3301 :

 20
00
 解


ピッチ:層心径の 20 倍以


15

C

 3301 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

ゴム材料で線心間のすき
間を埋める。

介在物に,綿糸,その他繊

維又はテープを巻いてもよ
い。

6.

6.1

6.2

6.3

6.4

6.4.a)

6.4.b)

6.4.c)

6.5

6.6

6.7

試験方法

外観 
構造

導体抵抗 
耐電圧

水中

空中 
スパーク

絶縁抵抗

導体加熱変色

絶縁体及びシースの引張

IEC 

60245-4 

記述なし。

IEC は各試験

項目に規定) 
構造

導体抵抗 
線心耐電圧試験 
完成品の耐電圧試験

スパーク規定なし。 
絶縁抵抗の規定なし。

導体加熱変色の規定なし。
機械的特性:老化前の引張
試験

NEQ

IEC

は記述なし

試験条件が異なる項目

構造 
耐電圧 
加熱

試験方法が異なる項目

曲げ

より合わせ 
加熱

(それぞれの試験項目の欄を参照)

6.8

6.9

6.10

6.11

加熱 
難燃

曲げ 
より合わせ

老化後の引張試験

エアオーブン

酸素加圧老化後 
ホットセット試験

編組の耐熱性 
完成品ケーブルの機械的
強度

屈曲後の水中耐電圧試
験 
耐摩耗試験


16

C

 3301 :

 20
00
 解


解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

難燃は規定なし。 
曲げは規定なし。 
より合わせは規定なし。

7.

検査

6.

と同じ

IEC 

60245-4 

6.

と同じ

NEQ

6.

と同じ

6.

と同じ

8.

製品の呼び方

製品の呼び方は,種類,線

心数及び公称断面積又は記

号,線心数及び公称断面積に
よる。

IEC 

60245-4 

規定なし NEQ

IEC

には規定なし

国際規格と整合時に検討する。

9.1

コードの表示

製造業者名又はその略号 
絶縁体の種類

IEC 

60245-4 

3.1

製造業者の識別:製造業者
名若しくは商標の反復 
絶縁体若しくはシースの

上に印刷又は凸凹で表示
するか,又は補強テープ若
しくはセパレータテープ

に印刷してもよい。

NEQ

要求値が異なる。

国際規格と整合時に検討する。

9.2 

包装の表示

a)

種類又は記号

b)

導体の種類を表す記号

c)

線心数及び公称断面積

d)

導体構成(平形コードの

細 線 化 し た も の に 限
る。

e)

長さ

f)

質量

規定なし NEQ

IEC

には規定なし。

国際規格と整合時に検討する。


17

C

 3301 :

 20
00
 解

解説表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

項目 
番号

内容

(II)

国 際 規
格番号

項目 
番号

内容

項目ごと
の評価

技術的差異の内容

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

 g)

製 造 業 者 名 又 は そ の 略

h)

製造年月又はその略号

9.3

包装

包装は,運搬中損傷しない

ように適切な方法で行う。

規定なし NEQ

IEC

には規定なし。

国際規格と整合時に検討する。

導体最高許容温度:規定なし 
(電気用品取締法では 60℃)

IEC 

60245-4 

2.5

3.5

4.5

使用指針 
導体最高許容温度  70℃

NEQ

導体最高許容温度が異な
る。

導体最高許容温度は,その国の事情によ
り異なるため,差異がある。

今後統一できるか検討する。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価  NEQ

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―NEQ……………技術的差異があり,かつ,それがはっきりと識別されていない。

2. JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

―NEQ……………技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。